イヤホン色。 iPhoneの純正イヤホンがピンク色に変色!?原因と元に戻す方法は?

ソニー「1000X・3兄弟」に最強ノイキャンのネックバンド型Bluetoothイヤホン

イヤホン色

【イヤホンの選び方のポイントと基礎知識】• 【タイプ別おすすめイヤホン】• 完全ワイヤレスイヤホン• ネックバンド・ケーブル一体型ワイヤレスイヤホン• 有線イヤホン• ながら聴きイヤホン• スポーツイヤホン• 【関連リンク】 イヤホンの選び方のポイントと基礎知識 1. 音漏れを気にする方が増えているため、最近ではカナル型タイプの製品が主流になってきていますが、インナーイヤー型タイプの製品もまだまだ残っています。 それぞれの特徴を理解し、利用シーンにあったものを選びましょう。 現在、イヤホンで主流となっているタイプ。 耳の奥までしっかりと差し込んで装着するため、遮音性が高く、音漏れが少ないのが特徴です。 また、耳の奥まで音をダイレクトに伝える構造のため、音質面でも有利と言われています。 耳の上に乗せるように浅く装着する形状のため、長時間のリスニングでも疲れにくいという特徴があります。 また、カナル型に比べると遮音性が低いため、比較的音漏れしやすく、周囲の音が入りやすいです。 電車内など、不特定多数の人がいる場所で大音量で使用する際は音漏れに注意しましょう。 イヤホンで使われているドライバーユニットの駆動方式は大きく3種類 イヤホンでは、スマートフォンやオーディオプレーヤーから届く電気信号をドライバーユニットで振動に変換して音を鳴らしています。 ドライバーユニットの駆動方式はいくつかありますが、イヤホンで主流になっているのは、「ダイナミック型」と「バランスド・アーマチュア型」の2種類で、それぞれ音にも特徴があります。 ダイナミック型ドライバーでは、ボイスコイルと呼ばれる磁器回路に電気信号を流して電磁力を発生させ、ボイスコイル周辺に配置させたマグネットとの反応を利用し、ダイアフラム(振動板)を前後に振動させて音を鳴らしています。 原理上、小型化にあまり向いていないですが、1つのドライバーユニットで広い再生周波数帯域をカバーできるため、多くのイヤホンで採用されています。 サウンド的には中低域の厚みに定評があり、バランスド・アーマチュア型ドライバーに比べてパワフルなサウンドを楽しめます。 ダイナミック型ドライバーは、イヤホンで使われるもっともポピュラーなタイプのドライバーです。 ダイアフラム 振動板 が大きいと音質的に有利とされており、ヘッドホンの場合は、ほとんどがダイナミック型ドライバーを採用しています バランスド・アーマチュア型ドライバー(BAドライバー)は、ボイスコイルとマグネットの反応を利用した振幅で音を鳴らすという点はダイナミック型ドライナーと同じですが、こちらはアーマチュアと呼ばれる金属の鉄片の振動を細い棒(ドライブロッド)で振動板に伝えて振動させています。 ダイナミック型より小型化が容易で、小さくても高い感度 出力 が出せるため、これまで補聴器などで採用実績がありました。 解像度が高く、明瞭なサウンドが特徴ですが、原理上、ダイナミック型ドライバーに比べて周波数帯域が狭いため、ハイエンドイヤホンではバランスド・アーマチュア型ドライバーを複数搭載し、広い周波数帯域を確保しているものもあります。 米粒ほどの非常に小さな筺体を採用するバランスド・アーマチュア型ドライバー。 製品開発・製造が非常に難しく、開発から製造まですべて内製しているメーカーは、KnowlesやSONION、ソニーなど非常に限られています(写真はKnowles「RAB-32257」) ちなみに、最近ではダイナミック型ドライバーとバランスド・アーマチュア型ドライバーを組み合わせたハイブリット型の製品も登場してきています。 ダイナミック型ドライバーのパワフルなサウンドと、バランスド・アーマチュア型ドライバーの解像度の高いサウンドの両方を兼ね備えているのが特徴ですが、現時点では高価なハイエンド製品での採用が中心となっています。 ダイナミック型ドライバーとバランスド・アーマチュア型ドライバーを組み合わせたハイブリット型製品も増えています(写真は) 3. イヤホン選びに役立つスペックの見方 イヤホンのパッケージやカタログ、製品ページなどには必ずスペックが書かれています。 ここでは、イヤホン選びに役立つスペックについて簡単に説明します。 再生周波数帯域(単位:Hz) イヤホンが再生できる音の周波数の下限から上限までを表現したもので、単位はHzになります。 数値の幅が大きいほど、広いレンジの音を再生できるわけですが、カタログやパッケージなどに表示するスペックについての厳密なルールがなく、実際に聴こえる可聴域を載せているメーカーもあれば、機器で計測した数値を載せているメーカーもあります。 あくまでも目安としてとらえ、製品選びの際は実際に試聴するのがいいでしょう。 なお、ハイレゾロゴマークのついたイヤホンは、高域再生性能が40000Hz以上のものになります。 同じボリュームであれば、数値が大きいほうがより大きな音量を得ることができます。 最大入力 単位:mW イヤホンに入力できる瞬間的な最大電力を表す数値で、単位はmWです。 プレーヤー側の出力を上回っていれば問題ありません。 インピーダンスが大きいと音が小さく、逆に小さいと音が大きくなります。 完全ワイヤレスイヤホン Bluetoothでスマートフォンの音楽をワイヤレスで楽しみたいけど、イヤホンのケーブルがからまるのはイヤ!という人には、ケーブルレスのBluetoothイヤホンがおすすめ。 耳栓のように耳に挿し込むだけで音楽を楽しめるので、煩わしいケーブルから一気に解放されますよ! 最近では、ノイズキャンセリング機能や防滴・防水を備えた高機能モデルも登場。 専用チップの進化も進んでおり、課題だったバッテリー駆動時間や接続性が改善されたモデルも増えてきています。 なお、完全ワイヤレスについてはで選び方や最新モデルのレビューを紹介していますので、ぜひこちらも参考にしてください。 1-1. 「AirPods Pro(アップル)」 iPhoneといっしょに使いたい完全ワイヤレスイヤホンの新定番 アップル「AirPods Pro」 iPhoneを製造するアップルが手がけた完全ワイヤレスイヤホン「AirPods」シリーズは、iPhoneと組み合わせて使用することで付属の充電ケースから取り出すだけで簡単にペアリングできる機能や、耳に差し込むだけで自動的に電源がオンになってiPhoneと自動でつながる機能など、非常に便利な機能が利用できるということで、特にiPhoneユーザーから人気を得ています。 そんな「AirPods」シリーズで初めてアクティブノイズキャンセリング機能を備えたのが「AirPods Pro」です。 ノイズキャンセリングは強力にノイズをかき消すというよりナチュラルに消すイメージで、耳への圧迫も少なく、長時間のリスニングにもぴったり。 また、「AirPods」シリーズとして初めて外音取り込み機能を搭載したのもポイントで、特に取り込んだ周囲の音の自然さが高い評価を得ています。 形状もこれまでのインナーイヤー型からカナル型となり、従来の「AirPods」シリーズに比べて遮音性や音漏れ低減効果もアップしているのも魅力的ですね。 バッテリー駆動時間は、ノイズキャンセリングONで最大4. 5時間となります。 1-2. 「WF-1000XM3(ソニー)」 ノイズキャンセリング性能にさらに磨きをかけた注目モデル ソニー「WF-1000XM3」 ソニーのアクティブノイズキャンセリング機能搭載完全ワイヤレスイヤホン「WF-1000XM3」は、長年ノイズキャンセリング機能付きのオーディオ製品を手がけてきたソニーらしく、周囲のノイズをしっかりと遮断する高精度なノイスキャンセリング性能と、高音質の両方のバランスにすぐれているのが特徴です。 なお、バッテリー駆動時間は、ノイズキャンセリングONで最大6時間です。 1-3. 「ATH-CKS5TW(オーディオテクニカ)」 1回の充電で最大15時間! スタミナ自慢の完全ワイヤレスイヤホン オーディオテクニカ「ATH-CKS5TW」 「ATH-CKS5TW」は、オーディオテクニカが展開する重低音をウリにした「SOLID BASS」シリーズに属する完全ワイヤレスイヤホンです。 パワフルな重低音再生を実現するために、完全ワイヤレスイヤホンとしてはかなり大口径となる10mm径のダイナミック型ドライバーを搭載。 そのため、イヤホン本体もやや大きめなサイズとなっていますが、その分バッテリーも大型のものを搭載し、イヤホン単体で最大15時間という驚異的なバッテリー性能を実現しています。 パワフルな低音を楽しみたい人や、とにかく長時間使えるバッテリー重視の人には、ぴったりな1台と言えるでしょう。 ネックバンド・ケーブル一体型ワイヤレスイヤホン 通勤・通学の満員電車の中でワイヤレスイヤホンを使ってスマートフォンの中の音楽を楽しんでいる際に、途中で音がブチブチ切れてイライラしたことがありませんか? そういった人にうってつけなのが、ネックバンド・ケーブル一体型ワイヤレスイヤホンです。 完全ワイヤレスイヤホンタイプよりもアンテナ部分の面積を確保しやすく、接続が安定しているので、音飛びや音切れが起きにくくなっています。 また、バッテリーも比較的大容量のものが搭載できるため、完全ワイヤレスイヤホンに比べて連続再生時間が長い製品が多いのも特徴。 耳の穴の中にイヤーピースを差し込むカナル型(耳栓型)なら、遮音性も高く、音漏れを気にせずに音楽を楽しめますよ。 2-1. 「WI-1000XM2」 有線接続対応で飛行機でも使える注目のノイズキャンセリングイヤホン ソニー「WI-1000XM2」 ソニー製ノイズキャンセリングイヤホンの最上位モデルとなる「WI-1000XM2」。 その最大の特徴は、なんといっても多機能なノイズキャンセリング機能です。 ノイズキャンセリングイヤホンとしてはかなり高価なモデルですが、気圧などの使用環境に合わせてノイズキャンセリング特性を最適化する「NCオプティマイザー」や、ユーザーの行動にあわせてノイズキャンセリング機能と外音取り込み機能のバランスを自動で調整する「アダプティブサウンドコントロール」など、非常に便利な機能が備わっていますまた、先代の「WI-1000XM」は金属製のネックバンドで折り畳むことができず、持ち運びに不便でしたが、「WI-1000XM2」はネックバンド部の素材がシリコン素材となり、コンパクトに折り畳んで持ち運びできるようになったのもポイント。 ノイズキャンセリング機能ON時で最大10時間というバッテリーライフに加え、航空機用プラグアダプターを使った有線接続にも対応しており、海外旅行などで長時間フライトするときにも積極的に使えるのも魅力的です。 2-2. 「BeatsX(beats by dr. dre)」 iPhoneとの組み合わせにぴったりなネックバンド型イヤホン beats by dr. dre「BeatsX」 「BeatsX」は、アップルの「AirPods」にも搭載されている「Apple W1チップ」を搭載し、iPhoneと簡単にペアリングできるなど、iPhoneとの相性抜群なネックバンド型のBluetoothイヤホンです。 カナル型なので「AirPods」のような音漏れもほとんどありません。 イヤホンケーブルの途中に3ボタンリモコンを搭載しており、「AirPods」のようにSiriを使わず、曲送りやボリューム調整を直接行えるのもうれしいポイントですね。 なお、内蔵バッテリーでの連続再生時間は約8時間になります。 2-3. 翌年には、バリエーションモデルとして低域に厚みを持たせた「SE215 Special Edition」も発売され、いまだに根強い人気を誇っています。 付属のBluetoothアクセサリーケーブルは、独自設計の高性能ヘッドホンアンプを組み合わせた最新の「RMCE-BT2」で、コーデックはハイレゾ相当をワイヤレス伝送できるaptX HDまでサポートしています。 「SE215 Special Edition」とBluetoothアクセサリーケーブルを別々に購入するよりも非常にお買い得になっているのもうれしいですね。 なお、バッテリー駆動時間は最大10時間となっています。 2-4. 「WI-C310(ソニー)」 エントリーモデルとは思えない充実のスペック! アンダー5千円で買える高コスパBluetoothイヤホン ソニー「WI-C310」 ソニーのBluetoothイヤホンの準エントリーモデル「WI-C310」。 アンダー5千円で購入できるモデルですが、最大15時間ものロングスタミナバッテリーをはじめ、10分の充電で60分の再生が可能なクイック充電機能、充電端子のUSB Type-C採用など、エントリーモデルとは思えない充実のスペックを備えているのが特徴です。 ちなみに、ケーブルはからみにくいフラットコードを採用。 バッテリーボックスとコントロールボックスを左右均等に配置し、首回りのバランスにもしっかりと配慮されているのもポイントです。 有線イヤホン スマートフォンの普及が進み、イヤホンもワイヤレスタイプのものが増えつつありますが、有線接続のイヤホンもいまだに根強い人気を誇っています。 有線イヤホンは、電池切れがなく、イヤホンジャックに差すだけでいつでも使える、ワイヤレスイヤホンのように音を圧縮して伝送する必要がなくて音質的に有利、通信ユニットがない分ワイヤレスイヤホンに比べて安価なモデルが多いのが特徴。 1kHz を上回る情報量を持つ高音質なハイレゾ音源に対応した安価なモデルも増えつつあります。 3-1. 「IE 40 PRO(ゼンハイザー)」 プロオーディオの技術をふんだんに盛り込んだ注目イヤホン ゼンハイザー 「IE 40 PRO」 「IE 40 PRO」は、プロオーディオ製品も手がけるゼンハイザーが、プロオーディオの世界で培った技術をベースに開発した耳掛けタイプのカナル型イヤホン。 耳掛けタイプのイヤホンとしては比較的大きめの10mm口径のダイナミック型ドライバーユニットを搭載していますが、耳にしっかりとフィットする薄型デザインのイヤホン本体と、装着位置を微調整できる独自形状のイヤーピースのおかげで装着感や遮音性も抜群です。 なお、ケーブルは不用意に外れないように配慮した独自ケーブルダクト採用の着脱式ケーブルを採用。 プロユースを想定したモデルということで、リモコンやマイクなどは用意されていないので注意してください。 3-2. 「SE-CH3T(パイオニア)」 3千円台で買えるハイレゾ対応の高コスパ有線イヤホン パイオニア 「SE-CH3T」 パイオニア「SE-CH3T」は、3千円台で買える高コスパが魅力のハイレゾ対応有線イヤホンです。 ドライバーユニットは、ダイヤモンドよりも硬いグラフェンコート振動板を採用。 5mm径という比較的小型のユニットですが、タイトな低域とクリアでシャープな中高音よるキレのあるサウンドが楽しめます。 また、ドライバーユニットが小口径のため、イヤホン本体が細身で、耳穴にスッと収まるのもポイント。 ファッションスタイルや好みに合わせて選べる全5色のカラーバリエーションもうれしいですね。 3-3. ビクターブランドを象徴するニッパー犬をあしらったブラックウッドハウジングもプレミアム感があってカッコイイですね。 3-4. 「E3000(final)」 耳にスッと入る超小型のハイレゾ対応イヤホン 新進気鋭の国産イヤホンブランドfinalが、高音質、シンプルなデザイン、使い勝手のよさ、手が届く価格のすべてを満たす製品を目標に開発したEシリーズ。 そのシリーズ第1弾モデルとして発表されたのが「E3000」です。 新開発の6. 4mmダイナミック型ドライバーユニットを組み合わせたステンレス削り出しのスリムな筺体と、耳道の傾きにフィットするように設計された独自のイヤーピーススウィングフィット機構により、耳穴にダイレクトにフィットするすぐれた装着感と、5,000円前後の製品とは思えないフラットでピュアなサウンドを実現。 comプロダクトアワード2017のイヤホン・ヘッドホン部門で銅賞を受賞したのも大いに頷けます。 ながら聴きイヤホン 近年、スポーツや料理中など、周囲の音を確認しながら音楽を安全に楽しみたいという人に向けて、耳を完全にふさがないで音楽を楽しめる「ながら聴きイヤホン」というジャンルの製品が増えてきています。 細い音導管を耳元近くまで伸ばして音を届けるイヤーカプタイプや、人の骨を振動させることで音を届ける骨伝導タイプなどがあり、最近では有線接続だけでなく、Bluetoothを使ったワイヤレス接続タイプの製品も登場してきています。 耳をふさがないという構造上、音質面でフリと言われていましたが、最近の技術進歩で高音質なモデルも増えつつあります。 4-1. 「Xtrainerz(AfterShokz)」 IP68対応で水の中でも使える! スマホなしでも音楽が楽しめるワイヤレス骨伝導イヤホン AfterShokz「Xtrainerz」 骨伝導に特化してイヤホンを開発するAfterShokzの最新ワイヤレス骨伝導イヤホン「Xtrainerz」。 耳をふさがず、振動する物体を頭部にあてて聴覚神経に直接音を届ける骨伝導技術のメリットを生かし、空気伝導で音を伝える一般的なイヤホンでは実現が難しい水中でも音楽を楽しめるのが最大の特徴です。 本体は、水深2mの水中で最大2時間耐えられるIP68相当の防水性能を確保。 Bluetoothの電波が阻害される水中でも音楽を途切れずに楽しめるように、4GBの内蔵メモリーをする音楽プレーヤー機能も備えており、汗をかくスポーツシーンはもちろん、プールの水泳時などにも使用できます。 なお、防水性を確保するため、充電端子が独自形状となっていますが、標準で充電ケーブルが2本付属しているので安心です。 バッテリー駆動時間は最大8時間となります。 4-2. ドライバーユニットには、13. 6mm径の大型のものを採用。 下掛けスタイルのボディ内にドライバーユニットを収めることで、装着感と耳穴をふさがないことによる音抜けをしっかりカバーしています。 ちなみに、耳をふさがずに周りの音を確認できるため、日常シーン以外にランニングなどのスポーツシーンにも使えるのではと思われる方もいるかと思いますが、「SBH82D」は防水・防水性能を有していないため、汗をかくスポーツシーンでの利用は厳しい点は注意が必要です。 バッテリー駆動時間は最大7. 5時間となっています。 スポーツイヤホン 音楽を聴きながらランニングやジョギングといったスポーツを楽しむ人が増えていますが、そんな人にぴったりなのがスポーツタイプのイヤホンです。 各社からさまざまなタイプの製品が登場していますが、屋外でのランニングやジョギングで利用するなら、外の音が聞こえるインナーイヤー型の製品がおすすめです。 また、汗や雨による故障を防ぐなら、防汗・防滴仕様は必須。 激しいスポーツで使うなら、ケーブルが短くてじゃまにならないワイヤレスタイプで、装着感の高い製品を選ぶのがいいでしょう。 5-1. 「SoundSport wireless headphones(Bose)」 激しい動きでも外れにくい独自のイヤーピースを採用したスポーツ向けBluetoothイヤホン Bose初となるBluetooth対応のスポーツイヤホン。 ケーブル途中に用意されたインラインリモコン部にはNFCも搭載されており、対応デバイスとワンタッチでペアリングできるもの便利なポイントです。 バッテリー駆動時間は約6時間となっています。

次の

イヤホンの色は白か黒か?オススメは〇〇に合うやつ!

イヤホン色

女性ボーカル曲におすすめイヤホンの選び方のポイント 女性ボーカルの曲をクリアに聞くためには、音域の広いイヤホンを選ぶことがポイントです。 特に最近の女性ボーカル曲は高音の曲も多いです。 選ぶ際のおすすめポイント3つをご紹介します。 音域の広いイヤホンを選ぶ 音には大きく分けると「高音・中音・低音」の3つの音域があり高音は女性ボーカルが歌うことが多いアニソンやギター音など、低音はベース音やドラム音などをしっかり聞き取ることができるイヤホンがおすすめです。 音域が狭いと音割れの原因になるので、音域の広いイヤホンを選びましょう。 イヤホンの形状を考える イヤホンの形状も選ぶ際の大切なポイントです。 イヤホンにはカナル型イヤホンとインナーイヤー型イヤホンという2つの形状があります。 カナル型は耳栓のように耳の穴に押し込むタイプのイヤホンです。 高い遮音性があり音漏れしづらいのが特徴です。 インナーイヤー型は耳の隙間に乗せるといったイメージです。 カナル型より遮音性が低く、音漏れも多いタイプです。 価格帯からイヤホンを選ぶ 高いイヤホンだと、10万円を超えます。 金額が上がればより遮音性、音域、フィット感が上がるのは当然です。 ただ10万円のイヤホンでなければ女性ボーカル曲の高音もクリアに聞けないのかというとそうではありません。 ご自身の予算に合わせて金額別から選ぶのも1つの方法です。 女性ボーカル曲用イヤホンで気をつけたいこと イヤホン選びの際に気を付けないといけない点があります。 しっかりとポイントを把握しておきましょう。 音を大きくした際の音割れ 低価格のイヤホンにありがちな音割れ。 小さい音で聞いているときには気にならなくても気分を上げたいときに音割れすると、ちょっと残念な気分になりませんか?音割れは高音と低音どちらもちゃんと拾ってくれるイヤホンを選べば起こりずらくなります。 長時間つけていても耳が痛くならないか カナル型は耳に入れる部分が小さいのが特徴です。 逆にインナーイヤー型はヘッドの部分が大きいため自分の耳のサイズに合ったイヤホンを選ぶようにしましょう。 ソニーの女性ボーカルにおすすめのイヤホン ソニー(SONY)XBA-100 SONY XBA-100のおすすめポイント3つ• クリアな中高音• フィット感抜群• 真鍮をハウジングに採用 SONY XBA-100のレビューと評価 抜群のフィット感で女性ボーカル曲をあなたの耳に フィット感が抜群だから耳に直接音楽が入ってくる。 音域の幅も広く特に女性ボーカル曲を聞くのに最適なイヤホンです。 トランペットやトロンボーン使われる真鍮をハウジングに使用することで邪魔な振動を制御し透き通った綺麗な音をサポートします。 SONY XBA-100の仕様・製品情報 ケーブル長さ 1. 2m 色 ゴールド 重量 4g 形状 カナル型 5000円以下で選ぶ女性ボーカルにおすすめのイヤホン Auglamour オーグラマー R8 Auglamour R8のおすすめポイント3つ• クリアで落ち着いた高音• 付属品が充実• ワイヤー入りケーブルで耳にフィット Auglamour R8のレビューと評価 耳にフィットするため長時間再生も快適 Auglamour R8のケーブルにはワイヤーが入っており自由に形を変えられます。 自分の耳にフィットさせることで長時間の装着も苦になりません。 綺麗な高音が出るため、女性ボーカル曲をよく聴く人におすすめです。 付属品としてケーブルを留めるクリップ、持ち運びに便利なハードケース、大きさの違うイヤーピースが4種類ついてきます。 Auglamour R8の仕様・製品情報 ケーブル長さ 1. 2m 色 ブラック 重量 不明 形状 カナル型 MUIX ミュイクス IX1000 MUIX IX1000のおすすめポイント3つ• 音色の切り替えが可能• 手軽に操作できるリモコン搭載• 4色のカラーバリエーション MUIX IX1000のレビューと評価 曲に合わせて音色を簡単切り替え MUIX IX1000にはサウンドコントローラーがついており2種類の音色を楽しめます。 女性アーティストの曲を聴く際は高音と低音のバランスを自動調整してくれるフラットサウンドが向いています。 一方のアクティブベースは低音を重視しているため音楽の迫力を感じたいときにおすすめです。 MUIX IX1000の仕様・製品情報 ケーブル長さ 1. 2m 色 ブラック、ホワイト、グリーン、レッド 重量 不明 形状 カナル型 SONY ソニー XBA-C10 SONY XBA-C10のおすすめポイント3つ• 伸びのあるクリアな音質• 高い遮音性• 絡みを防止するセレーションコード SONY XBA-C10のレビューと評価 高度な技術が詰め込まれたコスパ最高のイヤホン SONY XBA-C10は、解像度が高く広範囲の音域をクリアに響かせます。 フラット形状のエアーダクト構造を採用していて女性ボーカル曲の高音パートも綺麗に聴こえます。 また、遮音性が優れているため騒音に邪魔されることはありません。 耳にフィットする形状で違和感なく装着可能です。 SONY XBA-C10の仕様・製品情報 ケーブル長さ 1. 2m 色 ブラック、ホワイト、グリーン、レッド 重量 不明 形状 カナル型 5000円以上で選ぶ女性ボーカルにおすすめのイヤホン AKG エーケージー N25 AKG N25のおすすめポイント3つ• 高い遮音性とフィット感• 低域から広域までをクリアに再生可能• 快適に使えるケーブル AKG N25のレビューと評価 音域の広さとフィット感が魅力のイヤホン AKG N25はデュアル・ダイナミック・ドライバー方式を取り入れているため音域の幅が広いです。 女性ボーカル曲の高音部分でも音割れしにくいので快適に聴けます。 ケーブルはiPhoneとAndroidの切り替えが可能、柔らかい被覆を使うことにより断線しにくい構造になっています。 耳に装着した際のフィット感と遮音性の高さも魅力の一つです。 AKG N25の仕様・製品情報 ケーブル長さ 1. 2m 色 ブラック、ベージュ、ティールグリーン 重量 15g 形状 カナル型 TFZ ティーエフゼット EXCLUSIVE KING TFZ EXCLUSIVE KINGのおすすめポイント3つ• 繊細な高音と弾力を感じる低音• 着脱式でカスタマイズを楽しめる• スタイリッシュで高級感のあるデザイン TFZ EXCLUSIVE KINGのレビューと評価 女性ボーカルの高音ボイスをクリアに響かせる TFZ EXCLUSIVE KINGは、最新技術を駆使した高品質なイヤホンです。 低音から高音に渡ってクリアなサウンドを実現しており音域幅の広い女性ボーカル曲にも適しています。 貴金属を使用しているためスタイリッシュで高級感のあるデザインです。 ケーブルは着脱可能でカスタマイズも自由自在です。 TFZ EXCLUSIVE KINGの仕様・製品情報 ケーブル長さ 1. 2m 色 ダークグレー、アイスブルー 重量 31. 8g 形状 カナル型 SONY ソニー MDR-EX31BN SONY MDR-EX31BNのおすすめポイント3つ• ワイヤレスでBluetoothの操作も簡単• ノイズキャンセリング機能を搭載• 音楽を連続9時間再生可能 SONY MDR-EX31BNのレビューと評価 鮮明な音を楽しめるワイヤレスイヤホン SONY MDR-EX31BNは、音域の幅が広いため女性ボーカル曲をクリアに再生できるイヤホンです。 Bluetooth対応機器とペアリングすることによってワイヤレスで音楽を楽しめます。 ワンタッチで接続できるため面倒な操作は不要です。 ノイズキャンセリング機能が搭載されており騒音は自動的に打ち消されます。 SONY MDR-EX31BNの仕様・製品情報 ケーブル長さ 不明 色 ブラック、ホワイト、レッド 重量 34g 形状 密閉ダイナミック型 まとめ いかがでしたか?女性ボーカルの曲に最適なイヤホンを厳選してご紹介しました。 ポイントは音域の広さと遮音性の高さです。 高音をより綺麗に響かせるには5000円以上の製品がおすすめです。 ただし必ずしも値段と品質が比例するわけではないので注意して下さい。 低価格帯の中にも優れた性能を誇るイヤホンはありますよ。 音に対する好みは人によって違うので自分に合うモデルを根気強く探してみてください!.

次の

【2020年版】イヤホンおすすめ21選|オーディオ専門家のランキング付き

イヤホン色

2014. 29 普段使っているイヤホンの色でわかる、近々訪れる幸せと人生の変化• 最近のイヤホンはデザインや色も多彩で、いろいろ楽しめるようになってきました。 人相学で耳は、人気運や金運など運を呼び込む力をあらわしています。 また、好きな色はあなたの深層心理を暗示。 つまり、無意識に選んだイヤホンで、どのような運がもたらされるのかがわかるのです。 普段使っているイヤホンの色から、あなたの現在の状況、そして、近々訪れる幸せと人生の変化を探っていきましょう。 ピンク系……愛する幸せ ピンク系のイヤホンを選んだあなたが女性の場合、甘く、ロマンティックなことへの憧れが強いでしょう。 しかし、受動的であるため、不安を感じることも多くなります。 男性の場合は、甘くせつないものへの郷愁がある様子。 男女共に「愛されたい!」という思いが強いですが、あなたに訪れるのは「愛する幸せ」。 ピンク色を好む人は、やさしさと愛情にあふれています。 信頼できる人や動物など、愛する存在が近々あらわれるでしょう。 また、人を助けたいという思いからボランティア活動に参加するかもしれません。 赤系……勝利による幸せ 赤系のイヤホンを選んだあなたは、情熱的で行動力にあふれているでしょう。 「一番になりたい」「人よりも秀でたい」という思いが強く、リーダーの素質も十分あるはず。 そんなあなたに訪れるのは「勝利による幸せ」。 近々、競争を強いられる出来事があるでしょう。 勝つためには、さまざまなトラブルも起こってきます。 しかし、ポジティブな言葉を信じ、自分もそれを発していきましょう。 恐れることなく自分の道を進んでいけば、成功者となれるはずです。 紫……運命の分かれ道 紫のイヤホンを選んだあなたは、スピリチュアルなパワーにあふれているでしょう。 直感力に優れ、芸術的才能も開花する可能性大。 そんなあなたに訪れるのは「運命の分かれ道」。 近々、環境が大きな変化する暗示です。 どちらの道に進むか選択を迫られますが、最終的に後悔のない道を選ぶでしょう。 欲望を捨てて、純粋に自分がやりたいことを目指してください。 なかなか方向性が見えてこない場合は、1人で寺院を訪れてみると吉。 白……一歩踏み出す勇気 白のイヤホンを選んだあなたは、理想主義者。 やや頑固な面がありますが、地道に努力を続ける真面目なタイプです。 そんなあなたに訪れるのは「一歩踏み出す勇気」。 これまで失敗を恐れて、あきらめてしまったことはありませんか? たとえば、好きな人に告白できなかったり、留学する自信がなかったなど。 しかし、同じように頑張っている人をみて、「自分もやってみよう!」という気持ちになるでしょう。 一歩前進した自分に、幸せを実感するはずです。 黒……逆転による幸せ 黒のイヤホンを選んだあなたは、強さや権威への憧れがあるでしょう。 そして、何かを乗り越えるために、人知れず努力しているはずです。 そんなあなたに訪れるのは「逆転による幸せ」。 あなたは、人に言えないコンプレックスや問題を抱えている様子。 しかし、近々、コンプレックスを武器にすることで、人気運がアップする暗示です。 たとえば、人前で話すのが苦手だったけれど、イラストや動画でアピールし人気者になった……など。 今後は、精力的に活動の場を広げていくといいでしょう。 ブルー系……仕事以外での収入 ブルー系のイヤホンを選んだあなたは、知的好奇心が高まっています。 物事を冷静に判断し、周りから落ち着いた人という印象をもたれているはず。 そんなあなたに訪れるのは「仕事以外での収入」。 趣味や独自に勉強していることによって、金運がアップする予感。 今まで以上に新しい情報をインプットし、それを発表していきましょう。 最先端のものを取り入れるようにすると、お金の流れもよくなっていきます。 また、新しい分野の音楽も聞いて、脳を活性化させて! グリーン系……内なる幸せ グリーン系のイヤホンを選んだあなたは、癒やしのパワーにあふれています。 自分では気がつかないかもしれませんが、周囲の人たちはあなたがいてくれると「ほっとする」「場がなごむ」と感じているでしょう。 そんなあなたに近々訪れるのは「内なる幸せ」。 人から褒められたり認められたことがきっかけで、自分に自信を持ったり、心が安定し、幸せに満たされるはずです。 その幸せを持続させる秘訣は、花や緑を育てること。 あなたにあったヒーリング方法となるでしょう。 黄色、オレンジ系……人との交流による幸せ 黄色やオレンジ系のイヤホンを選んだあなたは、笑いや喜びのパワーにあふれているでしょう。 「自己主張したい」「目立ちたい」という願望も高まっています。 そんなあなたに近々訪れるのは、「人との交流による幸せ」。 人との交流が多くなり、新しい世界が広がっていく暗示です。 少々甘えん坊なあなたですが、愛嬌のよさでカバー。 人を通じて、金運もアップしていくでしょう。 お笑い、漫才、落語など、笑いの達人たちの話術を聞いて会話力を磨くのもよさそう! 「この色が好き!」というときは、その色の持つパワーを求めているとき。 結果を参考にし、まもなく訪れる幸せを手に入れていきましょう! (金森藍加).

次の