御相伴にあずかる。 「お相伴」の読み方と意味は?使い方や類語・例文を教えて!

お相伴にあずかるの意味とは・使い方や例文を紹介!

御相伴にあずかる

ご相伴・お相伴の意味とは?読み方も ご相伴・お相伴の意味とは「行動を共にする」「おこぼれをもらう」 ご相伴・お相伴の意味とは「行動を共にする」「おこぼれをもらう」という意味です。 ご相伴・お相伴は「相」と「伴」という言葉で成り立っています。 ご相伴とは室町時代に使われた役割を示す名称のことです。 将軍についていく人のことを御相伴衆と呼んでいたことが、この言葉の由来です。 「相」という言葉は「仲間」「一向」「お互いに」といった意味合いがあり、「伴」という字には「連れ添う」「一緒に」といった意味合いがあります。 これらのことからご相伴・お相伴の意味とは「行動を共にする」という意味になります。 ご相伴・お相伴という言葉は飲み会などで使われるケースが多いと言われています。 ご相伴の読み方とは「ごしょうばん」・お相伴の読み方とは「おしょうばん」 ご相伴の読み方とは「ごしょうばん」・お相伴の読み方とは「おしょうばん」です。 相伴の読み方はいずれの場合であっても「おしょうばん」という読み方になります。 「ごあいはん」という読み方や「おあいはん」という読み方ではないので注意が必要です。 御相伴の読み方はごしょうばん・おしょうばんのどちらの読み方でもいい 御相伴の読み方は「ごしょうばん」「おしょうばん」どちらの読み方でもいいと言われています。 ご相伴・お相伴は「御相伴」と記載されるケースもあるため、読み方で迷う人が少なくありません。 通常ならしょうばんのしょうが音読みなので、ごしょうばんという読み方なのですが、御相伴は例外的な読み方をする言葉であることから「ごしょうばん」「おしょうばん」のどちらの読み方でもいいと言われています。 「御」という字の読み方は、その後の言葉を音読みする場合には「ご」と読み、その後の言葉を訓読みする場合には「お」と読むことが通常です。 しかし御相伴のように「ご」という読み方でも「お」という読み方でもいいという場合があり、その他の例として御返事などが挙げられます。 付き添いとは、ある人と一緒に連れだって行動を共にする人のことです。 そのため付き添いという言葉は、行動を共にするという意味合いを持つご相伴・お相伴の類語であるといわれています。 付き添いという言葉を使った例文としては「私は単なる付き添いですのでお構いなく」といった表現があります。 ご一緒とは、連れだって行動を共にする、ある物を1つにまとめる、区別なく同じものとして扱うといった意味合いがあります。 そのためご一緒という言葉は、行動を共にするという意味合いを持つご相伴・お相伴の類語であるといわれています。 ご一緒という言葉を使った例文としては「帰り道が同じ方向なのでご一緒させていただきます」といった表現があります。 お供とは、ついて行くこと、連れだって歩くことといった意味合いがあります。 お供という表現は主に下の立場の人が上の立場の人について行く際に使われます。 そのためお供という言葉は、行動を共にするという意味合いを持つご相伴・お相伴の類語であるといわれています。 お供という言葉を使った例文としては「旅行先で偶然お会いしたのも何かの縁でしょうから、お供させていただきます」といった表現があります。 随行とは、お供として一緒について行くこと、連れだって歩くことといった意味合いがあります。 随行という表現は主に下の立場の人が上の立場の人について行く際に使われます。 そのため随行という言葉は、行動を共にするという意味合いを持つご相伴・お相伴の類語であるといわれています。 随行という言葉を使った例文としては「今回は長旅になりますから私も随行させていただきます」といった表現があります。 随伴とは、お供として一緒について行くこと、ある事象と関連して発生する出来事といった意味合いがあります。 随伴という表現がお供として一緒についていくことといった意味合いで使われる場合は、主に下の立場の人が上の立場の人について行く際に使われます。 そのため随伴という言葉は、行動を共にするという意味合いを持つご相伴・お相伴の類語であるといわれています。 随伴という言葉を使った例文としては「私は北海道に詳しいので随伴させていただきます」といった表現があります。 単独行動とは、誰に相談することもなく、自分一人勝手気ままな行動をするといった意味合いがあります。 そのため単独行動という言葉は、行動を共にするという意味合いを持つご相伴・お相伴と反対の意味を持つ表現であると考えられます。 個人プレーとは、誰かに認めてもらったり相談することなく、自らの一存で自由気ままな行動をするといった意味合いがあります。 そのため個人プレーという言葉は、行動を共にするという意味合いを持つご相伴・お相伴と反対の意味を持つ表現であると考えられます。 スタンドプレーとは、周囲の人に合わせることなく自分勝手な言動で目立とうとすることです。 そのためスタンドプレーという言葉は、行動を共にするという意味合いを持つご相伴・お相伴と反対の意味を持つ表現であると考えられます。 自分勝手とは、周囲の人に合わせることなく自由気ままな言動をとることです。 そのため自分勝手という言葉は、行動を共にするという意味合いを持つご相伴・お相伴と反対の意味を持つ表現であると考えられます。 自由奔放とは、周囲の人に合わせることなく自分勝手な言動をとることです。 そのため自由気ままという言葉は、行動を共にするという意味合いを持つご相伴・お相伴と反対の意味を持つ表現であると考えられます。 ご相伴させていただきますという表現は「随伴させていただきます」といった意味合いです。 職場や仕事の面においては、別会社との会議などに随伴する場合などに使われます。 ご相伴にあずかるという表現は「食事などをご馳走していただく」といった意味合いです。 職場や仕事の面においては、飲み会などで奢ってもらった際などに使われます。 ぜひともご相伴にあずかりたいですという表現は「ぜひとも一緒につれて行ってください」といった意味合いです。 職場や仕事の面においては、上司などの遊びにつれて行ってもらいたいという際などに使われます。 部長のご相伴でパーティーに行くという表現は「部長の付き添いで宴会に参加する」といった意味合いです。 職場や仕事の面においては、上司などと一緒に取引先の接待などに参加する際などに使われます。 差し入れのご相伴にあずかるという表現は「上司などに対して差し入れられた物を皆に分けてもらった」といった意味合いになります。 ビジネスシーンにおいては、上司などに差し入れやお土産を持ってくることがあるので、そういった物のおこぼれをもらった時などに使われる表現です。 participationは参加する、関わる、招待されるといった意味の英訳です。 例えば、ご相伴にあずかりありがとうございますという表現の英訳は「Thank you for your kaind participation. 」という文章表現が可能です。 join youは誰かに連れ添ったり、一緒に行ったりするといった英訳です。 例えば、ご相伴にあずかりたいですという意味の英訳は「I would like to join you next party. 」という表現ができます。 ご相伴・お相伴の意味や読み方を把握しましょう ご相伴・お相伴という言葉はビジネスシーンなどで使われることがあります。 礼儀をわきまえなければいけないケースで使われる傾向があることから、いざという時のためにご相伴・お相伴の意味や読み方を把握しましょう。 最後にビジネスシーンで使える表現についての記事を紹介します。 掲げるという表現と、精悍という表現についての記事です。 表現力を豊かにすることで仕事がより円滑に進みますので、ぜひお役立てください。

次の

「ご相伴」とは?意味や使い方を解説!

御相伴にあずかる

スポンサーリンク 「お相伴にあずかる」の意味は?使い方と例文を紹介 「お相伴にあずかる」という言葉のルーツは茶道から始まっていて、元々は招待したメインのゲストではないものの茶の席に一緒に招かれる客のことを指していました。 この一緒に招かれた客の事を「相伴」と呼んでいた事から転じて、「もてなしの席で本来招待された人とは違うけれども厚意で招待してもらった」という意味で使われています。 つまり「お相伴にあずかる」というのはあくまでも本来招待されている・もてなされている人がいる事を前提としているので… この言葉を使っている人は、その人のおこぼれに預かっている立場となります。 なので、「相伴」という立場に「あずかる」という言葉になっているわけです。 招待されたメインゲストや招待した側が使うものではないと考えられていて、招待を受けたことに対する謙遜と感謝の意味を込めて使われることが多くなっています。 それ以外にも「自分は招待されていないけれども、自分も参加したい」という意思表示として利用される事もあります。 この時も謙遜の気持ちをこめて「本来であれば自分は参加する資格も招待されるいわれもないことは承知しているが、おこぼれにあずかりたい。 ついでの客として招待していただきたい」という意味で使われる場合もあるようです。 では実際にどのように使うのか、例を挙げると… 「先日、社長のお相伴にあずかった」「仲間に招かれ、鍋のお相伴にあずかった」「これから劇場に行くのであれば、お相伴にあずかるとしようか」などの使い方をします。 基本的に謙遜や感謝の気持ちを含んでいるので、目上の人に対して使うことが多くなっています。 ですが、それ以外にも友人や知人に対して使うことによって「申し訳ないが、参加させてもらいたい」という気持ちを伝える事ができるのです。 ただし使い方によっては謙遜している部分が嫌味に聞こえてしまう可能性もあるので、使う場合には相手を不快にさせていないかどうか気をつける必要があります。 スポンサーリンク.

次の

「ご相伴にあずかる」の意味と使い方、読み方、類語、漢字、敬語、英語表現

御相伴にあずかる

「ご相伴」の意味 「ご相伴」はご一緒するという意味 「ご相伴」は「ごしょうばん」と読み、「相伴」という言葉に、ていねいさや敬いの気持ちを示す接頭辞の「ご」がついたものが「ご相伴」です。 「相伴」は、「補佐する」「互いに」「仲間」を意味する「相」と、「伴う」「連れ立つ」「仲間」を意味する「伴」という漢字が合わさってできた熟語で、誰かと一緒に何かをすることや誰かと連れ立って利益を得ることという意味があります。 「ご相伴」は室町時代の役職名 「ご相伴」は、室町時代の役職名にも見られる言葉です。 殿中での饗宴や将軍が他家を訪問する際に、随従・陪席する者たちのことを「御相伴衆」といいました。 将軍に相伴する者たちだから「御相伴衆」という、分かりやすいネーミングです。 御相伴衆は、細川氏・斯波氏・畠山氏の三官領家に次ぐ高い家格を持つ山名氏や赤松氏など、管領家の一族や一部の守護大名のみに限定された役職でした。 「ご相伴」は宴会でよく使われる言葉 室町時代に将軍とともに饗宴の座に同席していた「御相伴衆」の名残をとどめ、現在でも「ご相伴」は宴会やパーティーの場でよく使われます。 正客の連れとして同席して一緒にもてなしを受けることや人のことを指す「ご相伴」は、メインゲストではない自分がお供としてもてなしを受けさせていただくことに対する、もてなしてくださる相手と正客への敬意や謙遜と感謝の心が込められた言葉です。 ご相伴に「あずかる」は「与る」と書く 「ご相伴」には「あずかる」という言葉がよく続きます。 「あずかる」は漢字では「預かる」ではなく「与る」と書き、物事に関与することや目上の人からの恩恵を受けること、分け前をもらうことという意味がある言葉です。 宴席などに同席するよう声をかけてくださった上司に対して「お言葉に甘えてご相伴にあずからせていただきます」、あるいは自分が興味のあるイベントに参加する先輩に対して「ぜひともご相伴にあずかりたいのですが・・・」などというように使うことができます。 「ご相伴」と「お相伴」の違い 「御」相伴は「ご」とも「お」とも読める 「ご相伴」は「御相伴」と書きますが、「お相伴」と読むこともあります。 「御」の読み方には「ご」「お」「おん」などがあり、「ご」と「お」の使い分けを決めるのは、後に続く言葉です。 原則として音読みする言葉があとに続く場合は「ご」、訓読みする言葉が続く場合は「お」です。 たとえば「ご」と読むものとしては「御子息」「御連絡」「御飯」、「お」と読むものとしては「御手紙」「御着物」「御車」などが挙げられます。 「ご」と「お」はどっちも正しい読み方 「御相伴」は原則から外れた例外的な言葉で、「ご相伴」「お相伴」のどちらの読み方をしても大丈夫です。 同じような読み方をするものに「御会計」「御返事」などがあり、これらも「ご」と「お」のどちらで読んでも構わない言葉です。 また、どちらの読み方をして同じ意味を持ちます。 つまり「御相伴」を口に出して言うときには、「ご相伴」でも「お相伴」でも言いやすい方を使ってよいということです。 「ご相伴」と茶道の関係 お茶席で「相伴」は正客以外を指す言葉 「ご相伴」は、茶道でも使われている言葉です。 お茶席ではお客によって座る場所が決められていて、最上位の客である正客が一番上座に座ります。 その正客とともにもてなされる連れの客や同席する客のことを、「相伴」と呼ぶのです。 またお茶席で正客以外、つまり次客から末客までが座る場所のことを「相伴席」といいます。 お茶をいただくときにも「ご相伴」が登場 最初に正客がもてなされた後、2番目の次客以降の客にも順番にお茶が出されます。 出されたお茶をいただくとき、まず上座の人に掛ける挨拶の言葉が「お相伴いたします」です。 お茶席では、同席した客同士のお互いへの思いやりと、お茶会を主催した亭主と主賓である正客に対する感謝が、「ご相伴いたします」という奥ゆかしい挨拶となって発せられるのです。 まとめ 「ご相伴」には連れ立って行動するという意味があることから、主賓とともにホストの相手を務めることも「ご相伴」には含まれていると考えられます。 便乗してもてなしを受けるだけでなく、ホストと主客を上手に立てながらもてなしを受けられるようになれば、声をかけてくださった方の面目が立ちます。 「ご相伴」の言葉としての意味だけでなく、由来としての「御相伴衆」や茶道における「相伴」の使われ方など、記事の内容を参考にしていただければ幸いです。

次の