あんみつ ぜんざい 違い。 おしることぜんざいを英語にすると?その違いは?

お汁粉ぜんざいの違い

あんみつ ぜんざい 違い

おしることぜんざいVSあんみつ おしることぜんざいは区別がつかないけど、あんみつなら分かるわ!っていう人も多いでしょう。 あんみつは「餡蜜」という漢字を書きます。 白玉団子に果物もあり、寒天も入って、あんこと甘い蜜がかかっている、あれがあんみつですね。 さらには、抹茶アイスやバニラアイスなどのアイスクリーム、はたまた生クリームなどのトッピングもあると、立派な現代風スイーツにもなります。 冷たくして食べるとおいしいですし、色とりどりの果物があると見栄えもきれいですよね。 古くから女の子たちのスイーツとして喜ばれていましたし、洋菓子よりもあんこのほうがカロリーが低いなんていって、ダイエットしている女性たちにも愛されています。 こうしてみると、おしるこやぜんざいとあんみつは全く別物だということがわかります。 では、おしることぜんざいの違いって何でしょう? 「おしるこ」と「ぜんざい」の違いとは? おしることぜんざいっていうと、どっちもあの「あんこを煮詰めて、白玉団子を入れたもの」というものを想像しますよね。 何が違うのでしょう? この違い、どうやら地域によって生まれたようですよ。 地方といえば、大きく分けて、関東と関西に分かれます。 関東と関西って味付けもちがいますし、同じ日本でも食べ物の違いもありますよね。 まずは関東から。 関東での「おしるこ」は「汁気が多いとき」にそう呼ばれるんです。 逆に「汁気が少ない時」は「ぜんざい」なんです。 え?それだけ? そうなんですが、簡単で分かりやすいですよね。 ちなみに、関東地方では、使うあんこの種類にもよって呼び名がちがうんです。 あんこには粒あんとこしあんがありますが、こしあんを使ったおしるこは「御膳汁粉」と呼び、粒あんを使ったおしるこは「田舎汁粉」と呼ぶのです。 この違いもちょっと知っておくといいかもしれませんね。 では、関西地方はどうでしょうか。 関東では汁の量の違いでしたが、関西ではなんと!あんこの種類によっておしることぜんざいが分かれるのです。 スポンサーリンク こしあんを使ったものを「おしるこ」、粒あんを使ったものを「ぜんざい」と呼んでいます。 汁の量については、おしるこもぜんざいも同じくらいなのですが、汁の量で区別している名前もあります。 汁気が多いものはおしるこ、ぜんざいなのですが、汁気が少ないものは「亀山」とか「金時」と呼ばれているのです。 いきなり何も知らない人が「亀山」とか「金時」って聞いても、なんのことかさっぱりわかりませんよね。 関西ではこう区別しているという知識があると、関西に行ったときに慌てなくて済むかもしれません。 沖縄には全く違ったぜんざいがあった!? 関東、関西と地方によっておしることぜんざいの違いがあるということがわかりましたが、ここで沖縄には全く別のぜんざいがあるというので調べてみました。 沖縄では「沖縄風ぜんざい」と呼ばれるものがありますが、これは普通にイメージするぜんざいとは全く別物。 どんなものかというと、なんと「かき氷」なのです! かき氷に、金時豆などを砂糖や黒糖で煮て、その豆と押し麦がトッピングされるのです。 それが沖縄風ぜんざい。 白玉団子などもトッピングするお店もあるんだとか。 これはビックリですね。 旅行に行ってぜんざいを注文したら、かき氷が出て来た!といって驚く前に、これも知識としてちょこっと頭の隅に置いておくと良いかも。 お隣の国、韓国にもお汁粉がある? 韓国料理グルメの方ならご存知かと思いますが、お隣の国、韓国にもおしるこやぜんざいのようなものがあるんです。 パッチュクと呼ばれるそれは、やはり小豆をぐつぐつ煮て、中には白玉団子が入っています。 「パッ」は小豆のことで、「チュク」はおかゆのこと。 なので「小豆粥」ということなのですが、これは「冬至の日」に食べるのが古くからの風習になっています。 日本から旅行に行って、このパッチュクを食べるときに見た目はおしるこやぜんざいと同じなので、そのイメージで食べるのですが・・・このパッチュク、実は「塩味」なのです。 甘くないお汁粉とでもいいましょうか。 なのでおしるこをイメージして食べると、がっくりくるかもしれません。 ^^; 小豆を煮て、団子ではなく、うどんのような麺を入れて食べるものもあります。 これは南の地方でよく食べられるものですが、これもまた塩味なので、甘くありません。 慣れるとそれなりにおいしくなると思いますけどね。 韓国でのお汁粉はスイーツではなく、食事のひとつなのですね。 まとめ お汁粉とぜんざいは地域によって違うものになってしまうんですね。 同じ日本でも沖縄に行くと、本当に全くの別物になってしまうのも驚きでした。 このおしるこやぜんざいは、古くは室町時代に、小豆汁に餅を入れたものを善哉餅として食べたという記録もあります。 邪気を払う小豆とお餅でお祝いするというお祝いの場で食べられたのでしょう。 江戸時代にも流行したとも言われますが、本当に古くから日本で親しまれてきたおしるこ・ぜんざい。 呼び方や食べ方は少し違っても、これからもずっと愛されて行くスイーツのひとつかなと思います。

次の

ぜんざいとあんみつの違い

あんみつ ぜんざい 違い

10月31日は出雲ぜんざいの日 今回は 「出雲ぜんざいの日」について解説していきます! なぜ10月31日が「出雲ぜんざいの日」なのかというと、10月31日という日付が 「ぜん(10)ざい(31)」という語呂合わせであることが由来となっています。 また、出雲地方では10月が神在月であることも由来の一つとなっているそうです。 出雲地方では旧暦の10月が神在月と呼ばれていたそうで、 神在祭に振る舞われたのが「神在もち(じんざいもち)」だったのです。 この 「神在もち(じんざいもち)」が現在のぜんざいの原型になった食べ物であったとされています。 そんな「神在もち(出雲ぜんざい)」にちなんで、「出雲ぜんざいの日」という記念日が制定されることになりました。 「出雲ぜんざいの日」については、 島根県出雲市の出雲観光協会によって制定されたそうです。 普段はあまりぜんざいを食べる機会が無いかと思いますので、ぜひこの日にはお近くのスーパーやコンビニでぜんざいを買ってみてくださいね。 和菓子の雑学 今回は「出雲ぜんざいの日」にちなんで「 ぜんざい、おしるこ、あんみつの違い」「 桜餅を包む葉には毒がある」など和菓子にまつわる面白い雑学を紹介します。 ぜんざい、おしるこ、あんみつの違い ぜんざいやおしるこ、あんみつはどれもあんこや餅、白玉団子が使われていて、よく似た食べ物ですよね。 実はこれらの和菓子の呼び分けは、 地域によって違いがあるそうなんです。 関東圏では汁気が多時には「おしるこ」と呼び、 汁気が少ない時には「ぜんざい」と呼んでいるそうです。 一方で 関西の方ではこしあんと使ったものを「おしるこ」と呼び、 粒あんを使ったものを「ぜんざい」として区別しているようです。 そして、最後にあんみつについてですが、おしるこやぜんざいと決定的に違う部分が煮込んで作らないことです。 おしるこやぜんざいが温かいものであるのに対して、 おしるこは基本的には冷たいデザートになります。 桜餅を包む葉には毒がある 桜餅といえば餅が桜の葉の塩漬けなどで包まれているのが特徴的な和菓子ですよね。 とても風情の感じられる和菓子なのですが、 実は桜の葉には毒が含まれているってご存じでしたか? 桜の葉に含まれる「クマリン」という成分が毒を生成するのですが、 桜の木の近くにあまり雑草が生えないのもこの毒のおかげなのです。 桜の葉が地面に落ちることによって、雑草などが生えてこなくなることから、桜の木が強く育つことが出来るということですね。 そして、桜餅から発するいい匂いは「クマリン」が発している匂いだったのです。 毒があるといっても 桜の葉をありえないぐらい大量に食べたりしない限りは人体に影響はないので、これからも安心して桜餅を食べてくださいね。 以上が和菓子の雑学でした、いかがでしたか?.

次の

冬に食べたくなる東京名物のぜんざいといえば

あんみつ ぜんざい 違い

和菓子といったら、"あんこ"が入っているものが多いですよね。 どら焼き、豆大福、お団子、おはぎ、お汁粉、ぜんざい、お饅頭、あんみつ等々。 いずれもお砂糖がたっぷり入っているので、食べすぎ要注意ですが、渋い緑茶と一緒なら罪悪感そこまで感じないで済みますよね😆 今日は、寒い時に食べたくなる温かいぜんざい、その中でも"あわぜんざい"が美味しい、 元祖あわぜんざいとして有名な甘味処をご紹介させて下さい。 その時にメンションしたお店の1つ、 浅草梅園。 そういえば最近行ってないな~と思い、ふと、浅草だけでなく日本橋にも支店があったのを思い出したので行ってきましたw お店の名前は既に上記にメンションしちゃいましたが、改めてご紹介させて下さい。 お店の名前は、 梅園 どんなお店? 1854年創業のあわぜんざい発祥の甘味処で、浅草寺の別院・梅園院の一隅に茶屋を開いたのが始まりで、店名の 梅園も"梅園院"から来てます。 あわぜんざいは、初代の方が考案したもので、以降、東京名物として 梅園のあわぜんざい が知られてきました。 気になる方は、下記の公式サイトのリンクにてご確認下さい。 梅園 浅草本店 席数:82席 梅園 日本橋店 席数:30席 梅園 東京ソラマチ店 席数:26席 くまは、 上野本店と 日本橋店に行ったことはありますが、 東京ソラマチ店は未訪です。 本店は、平日週末問わず混んでますが、日本橋店は、デパートの上層階、それも呉服売り場の奥まったところにあるので、比較的空いてる気がします。 平日のお昼は不明ですが、週末は、そこそこ混みあいます。 ちなみに平日の18時頃に伺った際は先客1名と非常に空いてました🤗 以下、 梅園 日本橋店の情報をご紹介させて下さい。 梅園 日本橋店の営業時間 10:00~20:00 L. 19:30 定休日:不定休 日本橋高島屋に準ずる 梅園 日本橋店へのアクセス 東京メトロ銀座線・東西線の"日本橋駅"直結の日本橋高島屋の7F、呉服売り場の奥にあります。 食べ物 2020年1月、最後に 梅園に寄ったのは半年ほど前なので、久々に食べたくなりました。 あんみつにしようか迷いましたが・・・結局オーダーしたのは下記の通り。 粟が栗に見えて、栗って季節限定だと思ったけど、1年中食べれるんだ?と勝手に勘違いしたことあるのは・・・自分だけでないと信じたいです。 笑 "黄色=栗"と思っても納得しちゃいそうですよねw 梅園のあわぜんざいの餅は、創業より変わらず"あわ"ではなく"餅きび"を使用してるとのこと。 餅きびを半搗きしに煉りあげ、蒸した餅と、じっくり炊いた漉し餡をお椀で合わせた1品なのですが、他では味わえない味です。 梅園の"あわぜんざい"を頂いた感想 アツアツで提供されるので火傷しないようお気をつけ下さい😊 サイドに紫蘇の実の塩漬けが添えられてるので、あわぜんざいと交互に食べても良しですし、最後のお口直しに食べても良しですw ここのあわぜんざいを頂いたあとだと、どうしても他で頂くものは満足できなくなるんですよね〜。 1回だけあんみつを食べたことありますが、正直・・・今ではどんな味だったか全然覚えてないです😅ですが、個人的に、 あんみつ食べるなら梅園よりみはしの方が好きって言った記憶はありますw 並ばずに東京名物の甘味を食べるなら 甘味といえば、東京より京都の方が老舗の甘味処多かったりしますよね。 ですが、東京ならではの甘味も、負けてはいないですよね! 東京で甘味を頂くなら、有名処は、浅草、日本橋、銀座に集中してたりします。

次の