老人 に なれる アプリ。 インスタやツイッターで話題!子供・赤ちゃん・男・女の顔になるアプリ!スナチャとSNOWのフィルター・スタンプの使い方

老人になると話題の写真加工アプリ!Faceappの老化フィルターの使い方

老人 に なれる アプリ

このアプリは自分の写真をアップすると、将来どんな具合にハゲるのかを解析して、 それらしい頭髪の画像を返してくれるというもの。 例えばこんな感じ。 外人さんはハゲてもかっこいい……。 坊主頭になると、どんな印象になるのかすぐに分かります。 坊主になるアプリの使い方 では早速やってみましょう。 スタートボタンをポチッとな。 このアプリの注意点です。 正面から撮った写真を使いましょう• 前髪がおでこにかからないようにしましょう• 両耳がみえるようにしましょう 画像フォルダからも写真をアップできるので、友達の分もやってあげることが可能です。 今日は日本一のフリー画像素材、ぱくたその大川さんでテストしてみましょう。 いい表情です。 まずは目の位置を合わせましょう。 続いて、両耳を合わせます。 最後に眉毛の位置をあわせて、「READY?GO!」 フランシスコ・ザビエルになりました。 ちなみに、 シュミレーションと言ってしまいがちですが シミューレーションです。 英語で書くと「SIMULATION」ですから。 いろんな未来のジブンがわかる この坊主になるアプリには、いろんな自分をシミュレーションしてくれる兄弟アプリがあります。 自分が太ったらどうなるのかわかる 「FatBooth」.

次の

介護系マッチングアプリ

老人 に なれる アプリ

SPONSORED LINK 75歳を越え、世間的には「後期高齢者」に入った僕の母親は、2019年時点で「」を利用している。 シニア(高齢者)向けの携帯と言えば、以下を想像する方が多いだろう。 らくらくフォン• らくらくスマホ• フィーチャーフォン(ガラケー) 基本的には、 従来型携帯電話(フィーチャーフォン/ガラケー)を使っている方が多いと思う。 昔から変わっていない• 電話しか使わない• 料金が安い しかし、 スマホはタッチパネルという強みがある。 このため、スマホの方がシニアには向いていると思っており、色々試行錯誤したが、 利用者が多い「iPhone」を使うのが無難という結論に至った。 この記事では、以下を紹介しようと思う。 スマホがシニア(高齢者)に向いていると思う理由• シニア(高齢者)向けスマホの選び方• iPhoneとAndroidのどちらがよいか 目次• 高齢者がガラケーを使う「内的要因」 今や若者でフィーチャーフォン(ガラケー)を使っている人は、皆無と言って良いと思う。 ただ、ガラケーユーザーは根強く残っている。 僕のイメージでガラケーユーザーは、以下のような方。 複数デバイスを使いこなし、 通話専用端末として利用• 会社から支給されているなど、 業務用端末として利用• 高齢者が使い続けている 1番と2番は、ガラケーの特性を理解した上で使っている人だ。 業務上カメラやインターネットの存在が好ましくないため、敢えて電話しか連絡手段がないようなところは、例えば工場など普通に存在する。 では、3番の高齢者がガラケーを使い続けている理由って、なんなのだろうか。 ほとんどの場合、 今までと同じだからだと思う。 高齢者は「変化を望まない」 僕の親を見ても、特に慣れないモノは「今までと同じであること」が安心感に繋がっている節がある。 自分でそう考えて選ぶ分にはまあ、それでもよいかと思う。 高齢者にはガラケーよりスマホが向いていると思う理由 そんな感じで、僕の母親(1944年生まれ)は2015年から、iPhoneを使うようになった。 その前に、iPad miniを使っていたこともあるが、比較的抵抗感無く使っている。 ただ、出来ることは極めて少ない。 電話の受発信• Yahoo! アプリを使ったネット検索• 音楽を再生する これくらいだ。 「スマホ使う意味あるの?」と思うだろうが、 僕は親にスマホを使いこなして欲しいとか思っていない。 とりあえず、自分のやりたいことだけ出来てくれていれば、それでいいと割り切っている。 そう言う意味で、高齢者で親にスマホを使ってもらうメリットは以下の2点だ。 SPONSORED LINK 高齢者用スマホとして見たiPhoneのおすすめモデルは? では、親にiPhoneを買うことに決めたとして、こんどはどのモデルを買うのがよいのか? 『老眼』という避けがたい現実があるため、コンパクトであることは必ずしもメリットにはならない。 なので、ものには限度はあるがある程度画面が大きい方がよい。 2019年現在販売されているiPhoneは多数あるが、 最新モデルである「iPhone X」系はおすすめしない。 理由は単純で、価格が高いことと、 ホームボタンを搭載していない。 高齢者向けiPhoneとしては、• iPhone 6s• iPhone 7• iPhone 8 これが無難な選択肢だと思う。 ここから先は、子世代が契約している回線に依存する面があるため、一概におすすめは断言出来ないが、大枠では以下のような感じになる。 格安SIMで利用するなら、iPhone 6sかiPhone 7を買う• 大手キャリアで利用するなら、iPhone 8を買う ただ、高齢者向けとしてここまでの機能は不要と思う。 カメラの機能として重要なのは、• サクッと撮影できること• 設定などを意識せず、それなりに高画質な写真が撮影できること だと思うので、その点でいうとiPhoneのカメラはやはり使いやすい。 iPhoneのカメラは、や、iPhone 7 Plus以降のPlus系はデュアルカメラを搭載している。 前述の通りここまでの機能は不要と思うが、 光学式手ぶれ補正機能の搭載有無は大きな違いとなる。 2019年現在で一般的に購入できるモデルで比較すると、以下のようになる。 長らく販売されていた「iPhone 6s」も、2019年にはついに販売終了しそうな気配だ。 今から選ぶなら 「iPhone 7以降」が無難と思う。 無印かPlusのどちらがよいか 無印かPlusのどちらにするかは、わりと迷う面があるが、基本的には無印で良いと思う。 スペック面のポイントは光学式手ぶれ補正の有無で、これは前述の通りiPhone 7以降は全モデル対応している。 なので、基本的にはお好みで良いと思うが、母の事例を紹介しておこうと思う。 僕の母親は、2015年3月にiPhone 6 Plusを購入し、以来2年間使用した。 約2年間使って出た本人の声は、 特に不便はないが、大きいので電話の時使いづらい というもの。 スマホはデータ通信端末なので、画面が大きい方が見やすいと思っていたが、 高齢者は結局電話でのコミュニケーションが多い。 このため、電話の使い勝手が満足度に大きく左右するようなので、Plusはデカすぎるという結論になった。 その後、母はiPhone 6sを使用しており、「こっちの方が使いやすい」と本人は満足している。 ストレージ(ギガ)は最小容量で十分 ストレージもわりと悩む要素だが、 基本的には最小容量で十分だと思う。 各モデルの最小ストレージは、2019年時点では、 モデル名 最小容量 iPhone 6s系 32GB iPhone 7系 32GB iPhone 8系 64GB iPhone X以降 64GB となっており、通常利用で足りなくなることはまずない。 注意点としては、 中古スマホなどで販売されている、iPhone 6sの16GBモデルは購入しないように注意しよう。 価格だけ見れば16GBを買いたくなるが、シニア向け端末として考えると機種変更ペースは速くて2年後となる。 その間、写真を何枚撮るかは分からないが、バックアップなんてほとんどやらないと考えた場合、 ストレージはある程度余裕を見ておく必要がある。 さらに言えば、OSをバージョンアップしようとして、写真を沢山削除する必要に迫られたりして、面倒なことになりかねない(そういう作業は多くの場合、子供がやることになるので)。 ちなみに僕の母親の場合64GBを購入したのだが、 2年使っても15GB程度しか使っていなかった。 つまり、16GBでもなんとかなったが、さらに長く使うことを考えたら厳しいので、 32GBとあれば十分 と言えそうだ。 終わりに 高齢者のスマホは色々悩ましく、僕も長年試行錯誤を続けて来た。 らくらくフォン• ガラケーの拡大モード(らくらくフォン化)• タブレットとガラケー• スマホのみ(大型のiPhone 6 Plus)• スマホのみ(小型のiPhone 6s) もちろん一括りに高齢者と言っても、ICT機器に対する成熟度、年齢、性別などによって思考は異なっている。 70代の母にとっては、最終的に今の形が一番不満が少ないようなので、我が家は当分この価値になると思う。 高齢者向けスマホ選定の参考になればと思う。 高齢者 シニア 向けのスマホはどれがいい? 親に子供が携帯を買うケースは多いですが、高齢者向けと言えば「ガラケー」と思っていませんか? プランをうまく選べば安く維持出来ますし、何より子世代の僕たちと同じスマホにすれば操作に悩むこともありません。

次の

老け顔・老人になる無料アプリ2選!これが未来の自分の老後の顔!?

老人 に なれる アプリ

SPONSORED LINK 75歳を越え、世間的には「後期高齢者」に入った僕の母親は、2019年時点で「」を利用している。 シニア(高齢者)向けの携帯と言えば、以下を想像する方が多いだろう。 らくらくフォン• らくらくスマホ• フィーチャーフォン(ガラケー) 基本的には、 従来型携帯電話(フィーチャーフォン/ガラケー)を使っている方が多いと思う。 昔から変わっていない• 電話しか使わない• 料金が安い しかし、 スマホはタッチパネルという強みがある。 このため、スマホの方がシニアには向いていると思っており、色々試行錯誤したが、 利用者が多い「iPhone」を使うのが無難という結論に至った。 この記事では、以下を紹介しようと思う。 スマホがシニア(高齢者)に向いていると思う理由• シニア(高齢者)向けスマホの選び方• iPhoneとAndroidのどちらがよいか 目次• 高齢者がガラケーを使う「内的要因」 今や若者でフィーチャーフォン(ガラケー)を使っている人は、皆無と言って良いと思う。 ただ、ガラケーユーザーは根強く残っている。 僕のイメージでガラケーユーザーは、以下のような方。 複数デバイスを使いこなし、 通話専用端末として利用• 会社から支給されているなど、 業務用端末として利用• 高齢者が使い続けている 1番と2番は、ガラケーの特性を理解した上で使っている人だ。 業務上カメラやインターネットの存在が好ましくないため、敢えて電話しか連絡手段がないようなところは、例えば工場など普通に存在する。 では、3番の高齢者がガラケーを使い続けている理由って、なんなのだろうか。 ほとんどの場合、 今までと同じだからだと思う。 高齢者は「変化を望まない」 僕の親を見ても、特に慣れないモノは「今までと同じであること」が安心感に繋がっている節がある。 自分でそう考えて選ぶ分にはまあ、それでもよいかと思う。 高齢者にはガラケーよりスマホが向いていると思う理由 そんな感じで、僕の母親(1944年生まれ)は2015年から、iPhoneを使うようになった。 その前に、iPad miniを使っていたこともあるが、比較的抵抗感無く使っている。 ただ、出来ることは極めて少ない。 電話の受発信• Yahoo! アプリを使ったネット検索• 音楽を再生する これくらいだ。 「スマホ使う意味あるの?」と思うだろうが、 僕は親にスマホを使いこなして欲しいとか思っていない。 とりあえず、自分のやりたいことだけ出来てくれていれば、それでいいと割り切っている。 そう言う意味で、高齢者で親にスマホを使ってもらうメリットは以下の2点だ。 SPONSORED LINK 高齢者用スマホとして見たiPhoneのおすすめモデルは? では、親にiPhoneを買うことに決めたとして、こんどはどのモデルを買うのがよいのか? 『老眼』という避けがたい現実があるため、コンパクトであることは必ずしもメリットにはならない。 なので、ものには限度はあるがある程度画面が大きい方がよい。 2019年現在販売されているiPhoneは多数あるが、 最新モデルである「iPhone X」系はおすすめしない。 理由は単純で、価格が高いことと、 ホームボタンを搭載していない。 高齢者向けiPhoneとしては、• iPhone 6s• iPhone 7• iPhone 8 これが無難な選択肢だと思う。 ここから先は、子世代が契約している回線に依存する面があるため、一概におすすめは断言出来ないが、大枠では以下のような感じになる。 格安SIMで利用するなら、iPhone 6sかiPhone 7を買う• 大手キャリアで利用するなら、iPhone 8を買う ただ、高齢者向けとしてここまでの機能は不要と思う。 カメラの機能として重要なのは、• サクッと撮影できること• 設定などを意識せず、それなりに高画質な写真が撮影できること だと思うので、その点でいうとiPhoneのカメラはやはり使いやすい。 iPhoneのカメラは、や、iPhone 7 Plus以降のPlus系はデュアルカメラを搭載している。 前述の通りここまでの機能は不要と思うが、 光学式手ぶれ補正機能の搭載有無は大きな違いとなる。 2019年現在で一般的に購入できるモデルで比較すると、以下のようになる。 長らく販売されていた「iPhone 6s」も、2019年にはついに販売終了しそうな気配だ。 今から選ぶなら 「iPhone 7以降」が無難と思う。 無印かPlusのどちらがよいか 無印かPlusのどちらにするかは、わりと迷う面があるが、基本的には無印で良いと思う。 スペック面のポイントは光学式手ぶれ補正の有無で、これは前述の通りiPhone 7以降は全モデル対応している。 なので、基本的にはお好みで良いと思うが、母の事例を紹介しておこうと思う。 僕の母親は、2015年3月にiPhone 6 Plusを購入し、以来2年間使用した。 約2年間使って出た本人の声は、 特に不便はないが、大きいので電話の時使いづらい というもの。 スマホはデータ通信端末なので、画面が大きい方が見やすいと思っていたが、 高齢者は結局電話でのコミュニケーションが多い。 このため、電話の使い勝手が満足度に大きく左右するようなので、Plusはデカすぎるという結論になった。 その後、母はiPhone 6sを使用しており、「こっちの方が使いやすい」と本人は満足している。 ストレージ(ギガ)は最小容量で十分 ストレージもわりと悩む要素だが、 基本的には最小容量で十分だと思う。 各モデルの最小ストレージは、2019年時点では、 モデル名 最小容量 iPhone 6s系 32GB iPhone 7系 32GB iPhone 8系 64GB iPhone X以降 64GB となっており、通常利用で足りなくなることはまずない。 注意点としては、 中古スマホなどで販売されている、iPhone 6sの16GBモデルは購入しないように注意しよう。 価格だけ見れば16GBを買いたくなるが、シニア向け端末として考えると機種変更ペースは速くて2年後となる。 その間、写真を何枚撮るかは分からないが、バックアップなんてほとんどやらないと考えた場合、 ストレージはある程度余裕を見ておく必要がある。 さらに言えば、OSをバージョンアップしようとして、写真を沢山削除する必要に迫られたりして、面倒なことになりかねない(そういう作業は多くの場合、子供がやることになるので)。 ちなみに僕の母親の場合64GBを購入したのだが、 2年使っても15GB程度しか使っていなかった。 つまり、16GBでもなんとかなったが、さらに長く使うことを考えたら厳しいので、 32GBとあれば十分 と言えそうだ。 終わりに 高齢者のスマホは色々悩ましく、僕も長年試行錯誤を続けて来た。 らくらくフォン• ガラケーの拡大モード(らくらくフォン化)• タブレットとガラケー• スマホのみ(大型のiPhone 6 Plus)• スマホのみ(小型のiPhone 6s) もちろん一括りに高齢者と言っても、ICT機器に対する成熟度、年齢、性別などによって思考は異なっている。 70代の母にとっては、最終的に今の形が一番不満が少ないようなので、我が家は当分この価値になると思う。 高齢者向けスマホ選定の参考になればと思う。 高齢者 シニア 向けのスマホはどれがいい? 親に子供が携帯を買うケースは多いですが、高齢者向けと言えば「ガラケー」と思っていませんか? プランをうまく選べば安く維持出来ますし、何より子世代の僕たちと同じスマホにすれば操作に悩むこともありません。

次の