ポケットwifi デメリット。 ねこでもわかるポケットWi

知らないと失敗する!?置くだけWiFiのデメリットを確認しよう

ポケットwifi デメリット

ソフトバンク回線のポケットWiFiのメリット まず、オススメする理由から。 ソフトバンクのポケットWiFiはメリットが2点あります。 ソフトバンク回線を使ったWiFiレンタルサービスが多い• 安価に利用できるケースが多い それぞれ詳しく解説していきますね。 ソフトバンク回線を使ったWiFiレンタルサービスが多い ソフトバンク回線を使ったポケットWiFiは、ソフトバンクと直接契約する以外に、WiFiレンタルでも、多くの事業者が取り扱っています。 そのため、 レンタルを含めると選択肢が広く、より安くお得に使える可能性が高くなります。 安価に利用できるケースが多い レンタルだけの特徴になるのですが、ソフトバンク回線を使ったポケットWiFiは、端末の種類も豊富で、比較的安く契約できるものが多いです。 ちなみに、ソフトバンクとの直接契約の場合はドコモほどではありませんが、割高となります。 あくまでも「 レンタルの場合のみ安価で利用できるケースが多い」ということです。 ソフトバンク回線のWiFiのデメリット 次にデメリットについてもみていきましょう。 ソフトバンク自体と契約すると無制限プランがない• 料金が割高• 最大速度が遅い これらの3点のデメリットについて、より詳しくご紹介しますね。 ソフトバンク自体と契約すると無制限プランがない ソフトバンクのポケットWiFiサービスには、無制限使い放題のプランがなく、データ量の上限があるプランのみとなっています。 最大でも 7GBのプランしかないため、データ通信を使い倒したい人には向きません。 7GBなんて、動画を視聴するとあっというまに消化しちゃいますよね。 【参考:7GBって何がどのくらいできるの?】• ホームページの閲覧:約7,200ページ(データ量により変動• 動画視聴:およそ4. 5時間(画質により異なる• 音楽のダウンロード:約250曲程度 申し込む時には、無制限使い放題プランであるかどうかをしっかりチェックしておきましょう。 料金が割高 ソフトバンクのポケットWiFi料金は、 7GBで3,696円となっています。 ドコモとの直接契約に比べると安く感じますが、それは錯覚です。 同じソフトバンク回線対応の端末を他社のレンタルサービスで借りた場合、無制限使い放題で3,000円台が主流となっています。 レンタルの料金と比較すると、いかに割高かがわかると思います。 最大速度が遅い ソフトバンクのポケットWiFiは、各社のポケットWiFiの現行機種の中で、最大速度が一番下という不名誉な結果が出ています。 「Hybrid4G LTE」の技術導入により、以前よりは通信速度や安定性もかなり改善はしたものの、速度についてはドコモには及びません。 ソフトバンクのポケットWiFiはオススメしないが、レンタルならアリ 結論で示したように、ソフトバンクで直契約すると料金も高く、デメリットが大きいのでオススメしないが、例外としてレンタルであれば利用価値アリ。 ソフトバンク回線固有の速度が遅いというデメリットは、レンタルでも同様ですが、料金が安く、契約期間も最短1日から自由に選べるなど、より自分に合った内容で選択できる。 上記の理由から、 レンタルならアリ、といえるのです。 ソフトバンクのポケットWiFiをレンタルする際にチェックすること レンタル時に見落としてはいけないチェックポイントを解説します。 料金 長期契約のレンタルに多いのが、クレジットカード払いのみ、料金が安くなるケース。 一見最安値クラスなのに、口座振替だと500円高くなるなど、落とし穴があるので、しっかり確認しましょう。 最低利用期間の有無 最低利用期間と解約金については、契約後に後悔しないように必ずチェックしましょう。 これまで契約期間の縛りや解約金がなかった事業者が、方針変更により最低利用期間ありになった事例も実際にあるため、注意が必要なのです。 ネット上の情報には、古いものもたくさんあります。 鵜呑みにせず、必ず公式サイトで最新の情報をチェックするクセをつけましょう。 利用者の口コミ ツイッターなどSNS上で口コミをチェックすると、リアルな情報が得られるのでオススメです。 ソフトバンクのポケットwifi通信速度遅い上にすぐ低速になる 料金も高い 絶対契約しちゃダメだよ気をつけて — 井伊直政 iinaomasa45 速度制限についての不満がいくつか見受けられました。 ソフトバンク回線のポケットWiFiが、今朝からラインのスタンプが読み込めないぐらいに遅いんだけど… ソフトバンク回線の皆さんどうでしょうか — ちゃげ Chage68 こんな感じで、実際に使っている人の感想がわかるので、参考になりますよね。 まとめ 今回は、ソフトバンク回線を使ったWiFiサービスはおすすめできるか、というテーマで解説しました。 冒頭に書いた結論をもう一度見てください。 ソフトバンクのポケットWiFiは基本的にはオススメしないが、レンタルならアリ ソフトバンクのポケットWiFiがオススメできない理由については、デメリットで分かるとおり、「 安くもなく速くもなく、無制限プランもないのに、制限は厳しい」から。 そして、相反する結論ともいえますが、オススメはしないがレンタルならアリ、の理由は「 安値で利用できる可能性が高い」なのです。 例外として、という感じですね。 ポケットWiFiサービスが乱立しているため、各サービスのメリット・デメリットを理解することは、契約後の後悔を少なくする最大の防御策といえます。 その上で、料金や利用期間など、自分のニーズにあったものを選ぶのが良いでしょう。 ポケットWiFiのニーズが高まっている今だからこそ、利害関係が見え隠れする記事や情報に踊らされることなく、賢い選択をして下さいね!.

次の

Mugen WiFiとは?24社比較してわかったメリット・デメリット

ポケットwifi デメリット

ギガ使い放題(通信制限、速度低下なし)• 速度が速く、安定性も高い(品質が良い)• 何台繋げても遅くなりにくい(家族向け) ギガ使い放題(通信制限、速度低下なし) いわゆるギガ使い放題です。 どれだけ使っても通信制限になることはないですし、速度低下になることもありません。 ずーっと高速で使い続けることができます。 速度が速く、安定性も高い(品質が良い) 10~30Mbps程度しか出ないポケットWiFiとは違い、常時100Mbps以上出るのが光回線です。 動画を高画質で見ても固まらないし、オンラインゲームだって快適にできます。 最近はテレビでYouTubeやNetflixなどを見る方が増えてきましたが、ポケットWiFiでは厳しいことが多いですね。 何台繋げても遅くなりにくい(家族向け) 自分のスマホだけくらいであればポケットWiFiでも事足りるでしょう。 ですが、家族みんなのスマホ、リビングのテレビ、子どものタブレット、PS4でオンラインゲームといった具合に、複数台をWi-Fiに繋げたいなら光回線が必要になります。 最近は「動画が止まる!」「ゲームができない!」などが家族喧嘩の原因だそうです。 最近は「設定なし」で使える光回線が増えてきました。 その場合、コンセントを挿してケーブルを繋げるだけで、すぐにインターネット(Wi-Fi)が使えるようになります。 外では使えない 自宅に光ファイバーを引き込んで使う光回線ですから、外で使うことはできません。 あくまで家の中だけで使うインターネット(Wi-Fi)となります。 引っ越しのたびに工事・設定が必要になる 引っ越しのたびに改めて光ファイバーを引き込む必要があります。 また、その都度ルーターの設定も必要です。 3ヶ月や半年ごとに引っ越しをするような方だと、さすがに面倒かもしれません。 以上が光回線のデメリットでした。 これらのデメリットが該当しないのであれば、光回線の方が良いと思います。 ポケットWiFiとは?メリットとデメリットを確認 続いては、こちらも「わかるようで、よくわからない」ポケットWiFiの仕組みについて、特徴やメリット・デメリットと合わせて確認しましょう。 ポケットWiFiの仕組みと特徴 モバイルルーターという小型の端末を使うのがポケットWiFiです。 いわゆるモバイル回線の電波を受信し、Wi-Fiを発信しています。 パソコンやスマホをそのWi-Fiと繋げることで、インターネットができるようになるのです。 ポケットWiFiのメリット ポケットWiFiのメリットは次のとおりです。 速度がめちゃくちゃ速いわけではない• 通信制限やギガの上限がある(使いすぎると速度低下)• 通信が不安定になる場合も(切断、遅延、固まる)• エリアによっては圏外で使えない• PS4などのオンラインゲームは難しい(ラグる) 速度がめちゃくちゃ速いわけではない ポケットWiFiはしょせんモバイル回線を使ったインターネットです。 光回線のように「常に速い!」というわけにはいかず、せいぜい15~30Mbps程度しか出ません。 使用する場所、時間帯によっては10Mbpsを下回るようなこともあるので、その場合は動画が固まるなど使用に支障をきたすこともあります。 通信制限やギガの上限がある(使いすぎると速度低下) 自宅に直接ケーブルを引き込む光回線とは違い、ポケットWiFiがモバイル回線を使用します。 そのため、使えるギガには上限があり、完全な使い放題というサービスは今のところ存在しません。 「無制限」を謳っている最近流行りのクラウドWiFiも、せいぜい150~300GB程度で制限がかかるようになっています。 150~300GBも使えれば「ほぼ使い放題」とも言えます。 自分の使い方次第では、ポケットWiFiでもギガが足りるかもしれませんね。 通信が不安定になる場合も(切断、遅延、固まる) ポケットWiFiはモバイル回線を受信しないと使えないので、電波が悪いところでは通信が不安定になります。 地下街、山間部などの人があまり住んでいない場所、高い建物に囲まれた家やビルの奥まった場所などに弱いです。 そもそも圏外になったり、通信の切断や遅延といったことが起きることがあります。 エリアによっては圏外で使えない また、場所によっては完全に圏外になる場合もあります。 スマホの電波が入らない場所では、まず間違いなく圏外になるでしょう。 ポケットWiFiのメーカーによって使えるエリアは異なります。 申し込み前に必ず確認をするようにしましょう。 PS4などのオンラインゲームは難しい(ラグる) 速度や通信が安定しないため、PS4などのオンラインゲームは難しいと思った方がいいです。 いわゆる「ラグ」が頻繁に発生する可能性があります。 一緒にプレイする友人にも迷惑がかかるので、オンラインゲームをしたいのであれば光回線を選ぶのが無難ですよ。 以上がポケットWiFiのデメリットでした。 これらのデメリットが該当しないのであれば、ポケットWiFiでも良いと思います。 工事がなかったり、外でも使えるのは確かに便利ですからね。 光回線とポケットWiFiの違いを比較 光回線とポケットWiFi、それぞれのメリットとデメリットを確認したところ、もう少しだけ違いを確認しておきましょう。 料金(初期費用、月額料金など)の違い• 速度や電波の違い• 開通までと設定の違い 料金(初期費用、月額料金など)の違い、比較 色々とメリットやデメリットを見てきましたが、それよりも「料金優先」という方もいるでしょう。 回線会社によって料金は異なりますが、一般的なものを例に比較してみます。 光回線とポケットWiFiの料金比較 光回線 ポケットWiFi 契約年数 2~3年 初期費用 3,000円ほど 工事費 15,000~18,000円を分割払い なし 機器代 無料レンタルが多い 無料レンタルや0円購入など 月額料金 一戸建て:5,000円ほど マンション:4,000円ほど 4,000円前後 スマホとのセット割引 1台につき1,000円引き 一部300円ほどあり (ほとんどなし) 特典 高額キャッシュバック 月額料金の割引など 少ない スマホとのセット割引があれば光回線の方が安い 注目するべきは「スマホとのセット割引」です。 光回線を選ぶ場合は、今使っているスマホとのセット割引が適用になる会社を選ぶのが常識になりつつあります。 契約している台数が多ければ多いほど割引額が増えるので、実質無料になっている家族も少なくありません。 今は1台でも1,000円引きになるので、自ずとポケットWiFiより安くなるでしょう。 杉本 速度やギガの違い、比較 速度や電波(安定性)の違いについても確認しておきましょう。 モバイル回線を使用するポケットWiFiではどうしようもありません。 ポケットWiFiなら外でも使える 高速&安定して使える光回線ですが、あくまでも家の中でしか使えません。 その点、ポケットWiFiなら外でも使えます。 モバイルルーターを持ち運びさえすれば、どこでもWi-Fiが使えるというのは大きなメリットでしょう。 対応していないエリアもあるので要注意 ただし、ポケットWiFiが対応していないエリアもあります。 何度も繰り返しになりますが、地下街、山間部などでは電波が圏外になるかもしれません。 「絶対にどこでも使える!」というわけではないことを覚えておきましょう。 ポケットWiFiにはギガ制限あり また、ギガ完全使い放題で制限のない光回線とは違い、ポケットWiFiには上限がつきもの。 「1日3GBまで」「3日で10GB」「1ヶ月300GB」など、必ず上限があります。 使いすぎると速度が低下してしまうので、ギガを気にしながら使わなくてはいけません。 杉本 開通までと設定の違い、比較 最後に、申し込みをしてから使えるようになるまで、設定の有無などについて違いを確認しましょう。 光回線は開通工事が必要なので、最短でも2週間、混雑時は2ヶ月待ちになることも。 とにかく急いでいるならポケットWiFiを選ぶしかありません。 光回線はルーターの設定も必要 光回線は工事だけでなく、ルーターの設定も必要です。 ポケットWiFiのように届いたルーターの電源を入れるだけ、というわけにはいきません。 ギガを気にせずに使いたい• 速度と安定性が大事• 外ではWi-Fiを必要としない• 工事や立ち会いがイヤではない ギガを気にせずに使いたい せっかくWi-Fiを導入するのに「1日3GBまで」「3日で10GBまで」「1ヶ月300GBまで」などといった上限を気にするのはイヤですよね。 いちいちギガを気にせずに使いたいのであれば、光回線で間違いありません。 速度と安定性が大事 ギガを気にせず使えても、速度が遅くては意味がありません。 「Wi-Fi繋げると動画が固まる…」なんて悲惨な状況は絶対に避けたいですよね。 光回線なら常に安定した速度でネットができるので、高画質動画の視聴もオンラインゲームも快適に楽しめますよ。 外ではWi-Fiを必要としない 「外で使えなくていい」という方は、迷うことなく光回線で決まりです。 家でしか使わないのに、わざわざポケットWiFiを契約するメリットはほとんどありません。 工事や立ち会いがイヤではない 「どうしても工事や立ち会いがイヤなんです」という方は光回線をあきらめるしかありません。 ですが、工事も立ち会いも最初の一回のみです。 しかも、せいぜい1時間程度で終わります。 「それくらいなら大丈夫」ではないでしょうか。 これらがあてはまるのであれば、安心して光回線を選びましょう。 逆に、これらがあてはまらないのであれば、ポケットWiFiを選びましょう。 弊社おすすめの光回線<4選> 「それじゃあ光回線にしようかな」と思ったあなたに向けて、弊社のこれまでの実績と実際に使っている人たちの満足度調査に基づいた「おすすめ光回線」を4つ紹介いたします。 いずれも料金や品質に定評がありますが、その中からどれを選べばいいのかは次のとおりです。 携帯がドコモ:• 携帯がau:• 携帯がソフトバンク:• 携帯がワイモバイル:• 携帯がその他の格安SIM: ドコモ携帯ならドコモ光 携帯がドコモならドコモ光を選びましょう。 携帯とのセット割が使えるので、速いだけでなくオトクにネットが使えますよ。 ドコモ光の料金 ドコモ光の料金を確認しましょう。 <旧料金プラン> ドコモ光のセット割 ウルトラシェアパック100 3,500円/月OFF ウルトラシェアパック50 2,900円/月OFF ウルトラシェアパック30 2,500円/月OFF ベーシックシェアパック <ステップ4:~30GB> 1,800円/月OFF <ステップ3:~15GB> 1,800円/月OFF <ステップ2:~10GB> 1,200円/月OFF <ステップ1:~5GB> 800円/月OFF ウルトラデータLLパック(30GB) 1,600円/月OFF ウルトラデータLパック(20GB) 1,400円/月OFF ベーシックパック <ステップ4:~20GB> 800円/月OFF <ステップ3:~5GB> 800円/月OFF <ステップ2:~3GB> 200円/月OFF <ステップ1:~1GB> 100円/月OFF (参照:) あくまで携帯代からの割引となりますが、家族で2台3台使っていたりすると、かなりオトクになりますね。 IPv6(IPoE)が使える 速さの決め手となる、IPv6(IPoE)が使えます。 高性能無線ルーターが無料 IPv6(IPoE)を活かすことができる 高性能無線ルーターも無料でレンタルできます。 わざわざ購入する必要はありません。 訪問設定サポートが無料 ドコモ光は設定不要で簡単にネットが使えます。 家に届いたルーターを設置するだけです。 それでも「こういうのは苦手だから全部おまかせでやってほしい」という方もいるでしょう。 そういった方でも、 ドコモ光なら訪問設定サポートが無料で使えます。 安心して乗り換えることができますね。 今なら最大20,000円のキャッシュバック 公式のWEBサイトからドコモ光を申し込むことで、上記特典加えて 最大20,000円のキャッシュバックがもらえます。 dポイント2,000円分プレゼント ドコモ光の契約特典として、 dポイント2,000円プレゼントキャンペーンも行っています。 開通の翌々月に自動付与されますよ。 工事費が無料 さらに 今なら工事費が無料になります。 ドコモ光の申し込みはこちら ドコモ光の申し込みはキャンペーン専用の窓口から行いましょう。 まず先に受付だけ済ませておきましょう。 オペレーターからの折り返し連絡にて、申込みに関する確認があります。 不明点があれば、そこで詳しく聞くことができますよ。 au携帯ならauひかり 携帯がauならauひかりを選びましょう。 携帯とのセット割が使えるので、速いだけでなくオトクにネットが使えますよ。 auひかりの料金 auひかりの料金を確認しましょう。 工事費同等額が毎月の料金から割引されるので、実質無料となるわけです。 IPv6(IPoE)が使える 速さの決め手となる、IPv6(IPoE)が使えます。 高性能無線ルーター機能を標準搭載 IPv6(IPoE)を活かすことができる 高性能無線ルーター機能が標準で搭載されています。 わざわざ購入する必要はありません。 今なら最大61,000円のキャッシュバック 公式のWEBサイトからauひかりを申し込むことで、 最大61,000円のキャッシュバックがもらえます。 工事費が実質無料 さらに 今なら工事費が実質無料になります。 auひかりの申し込みはこちら auひかりの申し込みはキャンペーン専用の窓口から行いましょう。 So-net光プラスはほとんどのエリアに対応していますので、安心してください。 So-net光プラスの料金 So-net光プラスの料金を確認しましょう。 もちろん1年目から割引は適用になりますので、ずーっとオトクに使えますよ。 IPv6(IPoE)が使える 速さの決め手となる、IPv6(IPoE)が使えます。 高性能無線ルーターが無料 IPv6(IPoE)を活かすことができる 高性能無線ルーターも無料でレンタルできます。 わざわざ購入する必要はありません。 訪問設定サポートが無料 So-net光プラスは設定不要で簡単にネットが使えます。 家に届いたルーターを設置するだけです。 それでも「こういうのは苦手だから全部おまかせでやってほしい」という方もいるでしょう。 そういった方でも、 So-net光プラスなら訪問設定サポートが無料で使えます。 安心して乗り換えることができますね。 セキュリティソフトが5台分も無料 パソコンやスマホで使える セキュリティソフトが5台分も無料で使えます。 1台につき年間5,000円くらいの価値がありますので、今使っているものは解約して入れ替えてしまいましょう。 これからはずっとタダで使い続けることができますよ。 工事費が実質無料 さらに 今なら工事費が実質無料になります。 So-net光プラスの申し込みはこちら So-net光プラスの申し込みはキャンペーン専用の窓口から行いましょう。 So-net光プラスは公式サイトからの申し込みになります。 そのまま申し込むだけで全ての特典が適用されますので安心してください。 ソフトバンク携帯ならソフトバンク光 携帯がソフトバンクならソフトバンク光を選びましょう。 携帯とのセット割が使えるので、速いだけでなくオトクにネットが使えますよ。 ソフトバンク光の料金 ソフトバンク光の料金を確認しましょう。 あくまで携帯代からの割引となりますが、家族で4台使っていたりするとネット代が実質無料になる場合も。 IPv6(IPoE)が使える 速さの決め手となる、IPv6(IPoE)が使えます。 今なら必ず34,000円のキャッシュバック キャッシュバック専用のキャンペーンサイトから申し込むことで、 必ず34,000円のキャッシュバックがもらえます。 速度が改善して、さらにキャッシュバックまでもらえるなんてラッキーですよね。 ソフトバンク光の申し込みはこちら ソフトバンク光の申し込みはキャンペーン専用の窓口から行いましょう。 まず先にソフトバンク光の受付だけ済ませておきましょう。 オペレーターからの折り返し連絡にて、申込みの確認をすることができます。 ワイモバイル携帯ならソフトバンク光 携帯がワイモバイルならソフトバンク光を選びましょう。 携帯とのセット割が使えるので、速いだけでなくオトクにネットが使えますよ。 ソフトバンク光の料金 ソフトバンク光の料金を確認しましょう。 IPv6(IPoE)が使える 速さの決め手となる、IPv6(IPoE)が使えます。 今なら必ず34,000円のキャッシュバック キャッシュバック専用のキャンペーンサイトから申し込むことで、 必ず34,000円のキャッシュバックがもらえます。 速度が改善して、さらにキャッシュバックまでもらえるなんてラッキーですよね。 ソフトバンク光の申し込みはこちら ソフトバンク光の申し込みはキャンペーン専用の窓口から行いましょう。 まず先にソフトバンク光の受付だけ済ませておきましょう。 オペレーターからの折り返し連絡にて、申込みの確認をすることができます。 その他の格安SIM携帯ならSo-net光プラス 携帯がワイモバイル以外の格安SIMならSo-net光プラスを選びましょう。 携帯とのセット割はありませんが、2年間の月額割引があるので、速いだけでなくオトクにネットが使えますよ。 So-net光プラスの料金 So-net光プラスの料金を確認しましょう。 So-net光プラスの料金 一戸建て マンション 月額料金 2,980円 (3年目から5,580円) 1,980円 (3年目から4,480円) ひかり電話 500円 500円 工事費 24,000円 (一括もしくは60会の分割払い) IPv6(IPoE)が使える 速さの決め手となる、IPv6(IPoE)が使えます。 高性能無線ルーターが無料 IPv6(IPoE)を活かすことができる 高性能無線ルーターも無料でレンタルできます。 わざわざ購入する必要はありません。 訪問設定サポートが無料 So-net光プラスは設定不要で簡単にネットが使えます。 家に届いたルーターを設置するだけです。 それでも「こういうのは苦手だから全部おまかせでやってほしい」という方もいるでしょう。 そういった方でも、 So-net光プラスなら訪問設定サポートが無料で使えます。 安心して乗り換えることができますね。 セキュリティソフトが5台分も無料 パソコンやスマホで使える セキュリティソフトが5台分も無料で使えます。 1台につき年間5,000円くらいの価値がありますので、今使っているものは解約して入れ替えてしまいましょう。 これからはずっとタダで使い続けることができますよ。 工事費が実質無料 さらに 今なら工事費が実質無料になります。 So-net光プラスの申し込みはこちら So-net光プラスの申し込みはキャンペーン専用の窓口から行いましょう。 訪問サポートを使うという方法もあります。 プロバイダによっては無料なので、ぜひ活用してみてください。 どうしてもすぐに必要だ 光回線は申し込んでから最短でも2週間かかります。 「そんなに待てない!」という方はポケットWiFiを選ぶしかありません。 ただし、光回線を申し込んでおいて「開通までの間だけレンタルWiFiを使う」という方法もあります。 「本当は光回線がいいけど、明日にでもWi-Fiが欲しい」みたいな方は、検討してみてください。 これらがあてはまるのであれば、ポケットWiFiを選びましょう。 逆に、これらがあてはまらないのであれば、安定・高速・ギガ使い放題の光回線を選びましょう。 弊社おすすめのポケットWiFi<3選> 「それじゃあポケットWiFiにするしかないか」と思ったあなたに向けて、弊社のこれまでの実績と実際に使っている人たちの満足度調査に基づいた「おすすめポケットWiFi」を3つ紹介いたします。 なるたけコスパに優れているもの、実績が豊富なものを選びました。 とにかくコスパ:• 実績と信頼:• 安定のWiMAX: とにかくコスパ重視で選ぶなら「ポケモバCloud」 とにかくコスパを重視して、値段を優先するのであれば「ポケモバCloud」をおすすめします。 話題のクラウドWiFiで、ギガの上限はありません。 それでいて月額3,250円は、業界最安となっております。 ポケモバCloudの料金 ポケモバCloudの料金を確認しましょう。 ポケモバCloudの料金 事務手数料 3,000円 月額料金 3,250円 端末代 無料レンタル ギガが無制限 ポケモバCloudは話題のクラウドWiFiです。 「1日2GBまで」「3日で10GB」といった制限がなく、ギガが好きなだけ使えます。 3キャリアのLTE回線だから安定 ポケモバCloudはドコモ・au・ソフトバンクのLTE回線を使用します。 全国どこでも繋がりやすく、安定した速度が期待できます。 モバイルルーターは無料でレンタル 専用のモバイルルーターは無料レンタルとなります。 高い購入費を払う必要はありません。 届いたらすぐに使える ポケモバCloudは面倒な設定がありません。 電源をいれればすぐにWi-Fiが使えます。 ポケモバCloudの申し込みはこちら ポケモバCloudの申し込みはWEBサイトから行いましょう。 業界最安月額3,250円 8日以内ならクリーニングオフできます 信頼と実績で選ぶなら「THE WiFi」 なるたけ実績が豊富で運営会社がしっかりしているところのを使いたいのであれば「THE WiFi」をおすすめします。 格安SIM「スマモバ」を提供していて、親会社はマザーズに上場している「アプリックス」。 安心して利用することができるでしょう。 THE WiFiの料金 THE WiFiの料金を確認しましょう。 THE WiFiの料金 事務手数料 3,000円 月額料金 3,250円 端末代 無料レンタル ギガが無制限 THE WiFiは話題のクラウドWiFiです。 「1日2GBまで」「3日で10GB」といった制限がなく、ギガが好きなだけ使えます。 3キャリアのLTE回線だから安定 THE WiFiはドコモ・au・ソフトバンクのLTE回線を使用します。 全国どこでも繋がりやすく、安定した速度が期待できます。 モバイルルーターは無料でレンタル 専用のモバイルルーターは無料レンタルとなります。 高い購入費を払う必要はありません。 届いたらすぐに使える THE WiFiは面倒な設定がありません。 電源をいれればすぐにWi-Fiが使えます。 THE WiFiの申し込みはこちら THE WiFiの申し込みはWEBサイトから行いましょう。 WiFiスポットが使える 業界初の5Gアップデートプログラム対応 安定のWiMAXなら「GMO WiMAX」 「ポケットWiFiと言えばWiMAX」 そう思っている人も多いでしょう。 それくらいWiMAXは多くの方に愛されてきました。 その中でも一番安く使えるのが「GMO WiMAX」です。 GMO WiMAXの料金 GMO WiMAXの料金を確認しましょう。 GMO WiMAXの料金 事務手数料 3,000円 月額料金 3,609~4,263円 端末代 0円 高額なキャッシュバックがもらえる 今なら30,000円のキャッシュバックがもらえます。 毎月が安くなるキャンペーンもある キャッシュバックが3,000円に減額する代わりに、毎月の料金が安くなるキャンペーンを選ぶこともできます。 最近はこちらの方が人気です。 ギガがほぼ無制限 いわゆる「3日で10GB」の制限はあるものの、「ほぼ無制限」にギガが使えます。 制限時の速度も1Mbpsとなっていますので、SNSやネット検索、YouTube動画(360p)くらいであれば不自由なく使えます。 田舎は繋がりにくい WiMAX回線は都心部には強いですが、田舎にはちょっと弱いです。 必ず事前にエリア確認をしておきましょう。 住所で検索することができます。 >> モバイルルーターは無料でプレゼント 専用のモバイルルーターは無料でプレゼントとなります。 高い購入費を払う必要はありません。 届いたらすぐに使える GMO WiMAXは面倒な設定がありません。 電源をいれればすぐにWi-Fiが使えます。 GMO WiMAXの申し込みはこちら GMO WiMAXの申し込みはWEBサイトから行いましょう。 キャッシュバック: 月額割引: 以上が弊社の実績と評判をもとにしたおすすめのポケットWiFi<3選>でした。 自分に合ったWi-Fiを見つけましょう 自宅で仕事をするようになったり、結婚して家族で暮らすようになると、自宅にWi-Fiが欲しくなります。 一昔前までであれば「自宅のWi-Fi=光回線」というのが一般的でした。 なぜなら「ポケットWiFiは使えるギガが少なく、速度が遅い」というデメリットがあったからです。 ところが最近では「大容量」「無制限」で使えるポケットWiFiが登場し、速度もそれなりに速くなりました。 その結果、ポケットWiFiは「外でも使える」「工事がいらない」という大きなメリットがあるため「だったらポケットWiFiでいいのでは?」と考える人が増えています。 ですが、実際には光回線を使う人の方が圧倒的に多いのが現状です。 私自身、自宅では光回線を使っています。 ヤフーADSL• イーモバイル(ポケットWiFi)• WiMAX(ポケットWiFi)• フレッツ光• ドコモ光 今後ますますインターネットを使う機会は増えていきます。 自宅のWi-Fiが当たり前になればなるほど、より快適に使えるものを求めるようになるでしょう。 光回線が必要なのか、ポケットWiFiで本当に問題ないのか。 よく考えて選んでくださいね。 インターネットの選び方に関して、何か質問・相談がある方はコメント欄もしくはからお気軽にメッセージをお寄せください。 なる早で返答させていただきます。 しかしながら掲載された情報の正確性を保証するものではなく、関連して生じた一切の損害について当社は責任を負いません。 ご契約の際には必ずご自身で内容をご確認ください。

次の

ねこでもわかるポケットWi

ポケットwifi デメリット

ソフトバンク回線のポケットWiFiのメリット まず、オススメする理由から。 ソフトバンクのポケットWiFiはメリットが2点あります。 ソフトバンク回線を使ったWiFiレンタルサービスが多い• 安価に利用できるケースが多い それぞれ詳しく解説していきますね。 ソフトバンク回線を使ったWiFiレンタルサービスが多い ソフトバンク回線を使ったポケットWiFiは、ソフトバンクと直接契約する以外に、WiFiレンタルでも、多くの事業者が取り扱っています。 そのため、 レンタルを含めると選択肢が広く、より安くお得に使える可能性が高くなります。 安価に利用できるケースが多い レンタルだけの特徴になるのですが、ソフトバンク回線を使ったポケットWiFiは、端末の種類も豊富で、比較的安く契約できるものが多いです。 ちなみに、ソフトバンクとの直接契約の場合はドコモほどではありませんが、割高となります。 あくまでも「 レンタルの場合のみ安価で利用できるケースが多い」ということです。 ソフトバンク回線のWiFiのデメリット 次にデメリットについてもみていきましょう。 ソフトバンク自体と契約すると無制限プランがない• 料金が割高• 最大速度が遅い これらの3点のデメリットについて、より詳しくご紹介しますね。 ソフトバンク自体と契約すると無制限プランがない ソフトバンクのポケットWiFiサービスには、無制限使い放題のプランがなく、データ量の上限があるプランのみとなっています。 最大でも 7GBのプランしかないため、データ通信を使い倒したい人には向きません。 7GBなんて、動画を視聴するとあっというまに消化しちゃいますよね。 【参考:7GBって何がどのくらいできるの?】• ホームページの閲覧:約7,200ページ(データ量により変動• 動画視聴:およそ4. 5時間(画質により異なる• 音楽のダウンロード:約250曲程度 申し込む時には、無制限使い放題プランであるかどうかをしっかりチェックしておきましょう。 料金が割高 ソフトバンクのポケットWiFi料金は、 7GBで3,696円となっています。 ドコモとの直接契約に比べると安く感じますが、それは錯覚です。 同じソフトバンク回線対応の端末を他社のレンタルサービスで借りた場合、無制限使い放題で3,000円台が主流となっています。 レンタルの料金と比較すると、いかに割高かがわかると思います。 最大速度が遅い ソフトバンクのポケットWiFiは、各社のポケットWiFiの現行機種の中で、最大速度が一番下という不名誉な結果が出ています。 「Hybrid4G LTE」の技術導入により、以前よりは通信速度や安定性もかなり改善はしたものの、速度についてはドコモには及びません。 ソフトバンクのポケットWiFiはオススメしないが、レンタルならアリ 結論で示したように、ソフトバンクで直契約すると料金も高く、デメリットが大きいのでオススメしないが、例外としてレンタルであれば利用価値アリ。 ソフトバンク回線固有の速度が遅いというデメリットは、レンタルでも同様ですが、料金が安く、契約期間も最短1日から自由に選べるなど、より自分に合った内容で選択できる。 上記の理由から、 レンタルならアリ、といえるのです。 ソフトバンクのポケットWiFiをレンタルする際にチェックすること レンタル時に見落としてはいけないチェックポイントを解説します。 料金 長期契約のレンタルに多いのが、クレジットカード払いのみ、料金が安くなるケース。 一見最安値クラスなのに、口座振替だと500円高くなるなど、落とし穴があるので、しっかり確認しましょう。 最低利用期間の有無 最低利用期間と解約金については、契約後に後悔しないように必ずチェックしましょう。 これまで契約期間の縛りや解約金がなかった事業者が、方針変更により最低利用期間ありになった事例も実際にあるため、注意が必要なのです。 ネット上の情報には、古いものもたくさんあります。 鵜呑みにせず、必ず公式サイトで最新の情報をチェックするクセをつけましょう。 利用者の口コミ ツイッターなどSNS上で口コミをチェックすると、リアルな情報が得られるのでオススメです。 ソフトバンクのポケットwifi通信速度遅い上にすぐ低速になる 料金も高い 絶対契約しちゃダメだよ気をつけて — 井伊直政 iinaomasa45 速度制限についての不満がいくつか見受けられました。 ソフトバンク回線のポケットWiFiが、今朝からラインのスタンプが読み込めないぐらいに遅いんだけど… ソフトバンク回線の皆さんどうでしょうか — ちゃげ Chage68 こんな感じで、実際に使っている人の感想がわかるので、参考になりますよね。 まとめ 今回は、ソフトバンク回線を使ったWiFiサービスはおすすめできるか、というテーマで解説しました。 冒頭に書いた結論をもう一度見てください。 ソフトバンクのポケットWiFiは基本的にはオススメしないが、レンタルならアリ ソフトバンクのポケットWiFiがオススメできない理由については、デメリットで分かるとおり、「 安くもなく速くもなく、無制限プランもないのに、制限は厳しい」から。 そして、相反する結論ともいえますが、オススメはしないがレンタルならアリ、の理由は「 安値で利用できる可能性が高い」なのです。 例外として、という感じですね。 ポケットWiFiサービスが乱立しているため、各サービスのメリット・デメリットを理解することは、契約後の後悔を少なくする最大の防御策といえます。 その上で、料金や利用期間など、自分のニーズにあったものを選ぶのが良いでしょう。 ポケットWiFiのニーズが高まっている今だからこそ、利害関係が見え隠れする記事や情報に踊らされることなく、賢い選択をして下さいね!.

次の