ファンキー ジャグラー ツール。 ファンキージャグラー リール配列・打ち方・小役確率

ファンキージャグラー リール配列・打ち方・小役確率

ファンキー ジャグラー ツール

まだ小役確率の解析は出ていませんが、アプリで実践値集計してくださった方がいたので数値を引用させていただきました。 09 — ガリぞう garizo2 北電子の台でアプリ・実機の内部仕様が異なるケースは今のところないようなので、十分信用できる数値かと思います。 それほど大きな設定差ではないですが、数少ない貴重な判別要素なのでカウント推奨です。 もぶどう実践値に対応させておいたので是非活用してみてください。 期待収支・勝率 非等価にも対応 ファンキージャグラー 基本スペックシミュレート 設定 平均投資 平均差枚 機械割 1 32736円 -483枚 97. 設定4……103. 設定5……105. 設定6…111. できれば狙いは設定6一本に絞りたいところ…。 ですが、ファンキージャグラーに関しては正直言って設定6を使っている店自体、かなり少ないと思われます。 まず第一にマイジャグラーのようにメイン機種ではないこと。 第二に 設定4や設定5を数台入れれば簡単に設定6っぽいデータの台を作れてしまうからです。 を何回か動かしてもらうとどれだけ設定判別が難しいのかはすぐに分かります。 スペックは非常に魅力的なのですが、ジャグラーの中でも特に難しい機種ですね。

次の

ゴーゴージャグラーで設定判別ツールを使うと「惨敗」する理由

ファンキー ジャグラー ツール

コンテンツ• 1ゲームおきの公正な抽選なのか? 結論はまずありえません。 既定の公表値通りのボーナス確率で抽選していると 機械割で90%を下回ったり800G以上が理論値の10倍程度に なる事はあり得ないのです。 実機データから集計した結果を記事にしていますので そちらもご覧ください。 こちらで実機の機械割が見れます。 公表値の機械割は設定1で95%程度ですが 90%を下回っており、回せば回すほど収束するはずですが大きな乖離があります。 こちらの記事では実機の800G以降のハマリ割合が見れます。 理論値を大きく超えて800G以上のハマリが発生しており 1Gおきの公正な抽選はあり得ないのです。 こちらの記事では数学的に完全確率か実機データから検証してみました。 ある意味想像通りですが、驚くべき結果が出ています。 -スポンサーリンク- 乱数周期はどのように制御されているのか? 乱数は意図的に当たりやすい時と当たらない時に分けられて結果が偏るように出来るていると実機データからも考えられます。 北電子は4号機の時に乱数の制御について特許を申請しており5号機も類似するか同様の仕組みが考えられます。 特許は結果的に取得できていないようですが、この特許についてはで詳細に述べられています。 抽選イメージ図(以下画像はより転載) 上記の図のように乱数のはずれ領域が減少してボーナスが結果的に発生しやすくなります。 この点は当たりやすくなるので全く問題ありませんが、問題は下記です。 予定の出率より多くなっていると「 乱数幅を増加変更」、つまり 当たりにくく なっていると考えられます。 5号機ジャグラーに同じ仕組みが付与されているかわかりませんがメーカーとしてはこのようなノウハウを持っている事は間違いがないのです。 ジャグラーの乱数周期を攻略する方法はあるのか? ジャグラーの筐体を見ても、もちろん「現在低確率」などそういう機能はありません。 しかし、フローにもあるように「出玉率」つまり差枚数で制御されていると思われます。 この点は実機データから考察する記事を書いていますのでこちらもぜひご覧いただきたいと思います。 こちらの記事で紹介していますが、ある一定の差枚数以上に到達すると、設定が無い限り平均して一定の差枚数に抑えられている状態がわかります。 例えばマイジャグラー3の設定4のレンジは8,000回転で3,000枚程度出ますが 最終的な差枚数は1,650枚に平均で落ち着いています。 つまり、一定の差枚数に到達した場合、設定が無い限りそこでやめる事で ハマりの乱数を回避する事が可能になります。 どこまで出るのかの計算方法も上記の記事で詳細を記載していますので是非ごらんください。 ジャグラーの連荘の乱数周期を攻略する方法はあるのか? 先ほどはハマリの回避の方法を記載しました。 しかし、あなたもそうだと思いますが、どこから連荘するのかを知りたいですよね? どこから連荘するかを正確に測る方法はありませんがBIGが連荘するときにはいくつか条件があります。 これは設定判別が出来る必要があります。 設定別に放出可能な枚数はコチラの記事で紹介しています。 設定5や設定6などよっぽど設定が良ければ起こりえますが 設定3が蔓延している現状では、一度連荘するとハマリの後にしか連荘は発生しません。 また、中間設定以下は前回の連荘から3,000G程掛かる事も多く設定がよっぽど良くなさそうな場合は充分に待って 例えばREGに偏っている後などが結果が出ます。 -スポンサーリンク- まとめ 乱数周期が差枚数により制御されているであろうことを ここでは記載しました。 またハマリを回避するためには一定の差枚数に到達した後に 止める事をお伝えしました。 一番難しいのは今から連荘する台に座る事です。 これは以下の条件が整っていないと出来ません。 ・設定判別が出来る ・現在の差枚数が分かる ・前回の連荘との間隔が分かる 現実的に設定5以上は空きませんので、 設定4の確率を大きく超えている台が 2,000枚以上出て、差枚数0枚近くまで落ちている台を狙うと 最初は良いと思います。 今まで連荘しなかった台も、連荘するときは簡単に連荘するようになります。 この方法を是非試してみてください。 まずはこのグラフを見てください。 このグラフはアイムジャグラーの設定3です。 経験上ジャグラーの連荘するときは2種類の状態があります。 しかし、どこから上がるかはわかりません。 恐らく経験上ある程度ランダムなのか条件があると思います。 そのため、相場で言う「 ラインブレイク」を使います。 「 ラインブレイク」はトレンドラインを突破してトレンドが逆転する事ですが、ジャグラーでも同様の事が起きます。 ジャグラーはサンプルグラフの緑色のラインを 突破した後しか絶対に上昇しません。 逆に言えば 突破すると設定が許す枚数までは上昇します。 よくある事は緑色のラインで止められますので、その際は即やめて構いません。 もう一度はまります。 つまりたまたまハマリ台を打っていて、連荘した際に、 緑色のラインで止められたらハマリ継続と思ってよいという意味です。 (高設定なら別ですが) 主に中間設定でジャグラーの乱数周期を攻略するためには「 ラインブレイク」後の台のみを狙います。 安全な止め時は、強い連荘を引けた直後です。 概ね2回連続で連荘に入る事が多いのでその際に100ゲームでやめてよいです。 また、REGが連荘に絡んだ場合は、REGのコインが無くなったらやめます。 止める時はボンカレー打法を忘れずに行いましょうw管理人は効果あると思ってます。 はこちらです。 相場のラインブレイクはただのシグナルですが、ジャグラーではとてつもなく使えます! 是非、この方法をマスターして夕方からのジャグラーでお小遣いを稼いでくださいね。 最後までご覧いただきありがとうございました。 よろしければこのサイトをシェアしていただければ幸い.

次の

ゴーゴージャグラーで設定判別ツールを使うと「惨敗」する理由

ファンキー ジャグラー ツール

ファンキージャグラーのホールデータ公開 ジャグラーの中でもプレミアの煽りがかなり激しいファンキージャグラー。 ガコマシンガンとかプレミア演出発生はビッグ確定なので嬉しいけどかなりびっくりしますよねwGOGOランプの光り方も発色が鮮やかで好きです。 1 97. 0 98. 7 99. 6 102. 7 104. 0 109. 他のジャグラーと比べてレギュラー確率の設定差が少なく、その分ビッグ確率が軽くなっているスペックです。 設定1のスペックも他のジャグラーに比べて甘いです。 参考値としてマイジャグの設定1は機械割95. 2 97. 1 98. 6 99. 8 103. 9 104. 6 112. 約半年ほどのデータとなります。 設定1はメーカー発表値よりさらに甘くなり機械割97. というか設定3以外機械割高くなってますね。 設定6の機械割も112. 設定によってサンプル数に差がありますのでサンプル数を増やしていけばもう少しメーカー発表値に近づくと思いますが設定1と設定2はサンプル数が十分あるのでほぼこのくらいの値で動かないですね。 サンプル件数と投入比率 設定 サンプル件数 投入比率 1 1,599 22. ベースは設定2ですね。 設定1だとレギュラー確率相当悪いんで設定2でごまかしつつ設定1を混ぜていくのが回収日ですね。 設定6は出過ぎちゃうんでほぼ投入してないですねw設定5でもBIG40のREG33とかそこそこのデータになるんで設定6を1台入れるより設定5を2台入れる方が投入パターンとしては多いです。 16 こちらは解析値のブドウ確率です。 ホールコンピューターの集計データは各小役の出現確率は集計されませんので1,000円でどのくらい回るかしかわかりません。 設定 コイン持ち 1 34. 7 2 34. 7 3 34. 9 4 35. 1 5 35. 4 6 35. 6 設定1. 2と設定6で1,000円で1回転くらいの差がありますね。 ただ2,000回転くらいではほぼ判別できないレベルですね。 ブドウ確率は保険くらいで考えておいた方が良さそうです。 ファンキージャグラーの設定別の差枚数 設定 アウト セーフ 差 1 14,117 13,759 358 2 14,216 14,000 216 3 16,831 16,774 57 4 19,244 19,918 -674 5 19,982 20,936 -954 6 22,903 25,723 -2,820 通常営業は基本的に設定2をベースに設定1を混ぜて粗利を取っていきます。 魅せ台として設定5は1~2本ある程度稼働が見込める箇所に投入します。 設定6はほぼイベント時にしか使わないのでアウトはかなり上昇してます。 まぁ実際かなり出ているっていうのもありますが・・・。 16円 2 2. 11円 3 1. 82円 4 1. 45円 5 1. 31円 6 0. 61円 ノーマルタイプは基本的にコイン単価は低めです。 (出玉が割とすぐにできるため売上が上がりにくい。 )沖ドキや凱旋などは初期投資が大きくなりがちなのでコイン単価は高く設定1で4円ほどです。 関連記事: 参考までにこちらはマイジャグラーの実績のコイン単価です。 設定 コイン単価 1 2. 24円 2 1. 94円 3 1. 67円 4 1. 28円 5 1. 06円 6 0. 57円 マイジャグの方が高設定はわかりやすいので持ち玉で粘る傾向が高いこともあり高設定域のコイン単価はファンキーよりも低く出ていますね。 設定1に関しては機械割も低いこともありファンキーより少し高くなっています。 ノーマルタイプの設定1は大体2円ちょいくらいですね。 まとめ ファンキージャグラーは低設定が甘いので設定状況はマイジャグラーなどに比べると悪いと思います。 等価のお店なんて特に9割は設定1と設定2でしょう。 非等価であっても設定6は設定5に比べて出過ぎてしまうので設定5でごまかすホールも多いと思います。 設定判別も難しいので設定6をしっかり使うお店でないとファンキージャグラーで勝ち続けていくのは難しいです。 ホールを選びをしっかりして勝ってください! 例えばうちのようなホールはファンキージャグラー全体で見たら甘めの営業をしていますが中間設定が多く効率が悪いのでスロットで生活している方、勝ちたいという方には向いていません。 今回のデータが参考になれば幸いです。 今回は以上になります。 最後までご覧いただきありがとうございました。

次の