ポール スミス。 Paul Reed Smith / ポールリードスミス エレキギター

カランダッシュ + ポール・スミスのコラボ第3弾は#stayhomeをよりポジティブにするボールペンと色鉛筆

ポール スミス

お届けまでの流れ• お客様お買いもの 買い物カゴから商品をご購入。 自動配信メール ご注文が完了しましたら、自動受付メールが送信されます。 ご注文承りましたメール 当店より、2営業日以内に送信します。 正式な金額・詳細をご確認ください。 発送しましたメール 商品を発送しましたら、配送業者のお荷物伝票番号をお知らせいたします。 商品到着 お客様のミュージックライフが豊かになりますようスタッフ一同願っています。 商品の発送・納期 「在庫あり」表記の商品は即日~4営業日に発送し、最短で翌日のお届けとなります。 (地域・商品により異なります。 ) 「お取り寄せ」表記の商品は、ご注文受付後に詳しいお届け日をご案内します。 返品・交換 ご注文確認メール送信後のご注文内容変更、および返品・交換は承っておりません。 (商品初期不良の場合を除きます。 その際はメールにて商品到着後7日以内にご連絡ください。 別途手順をご案内いたします。 ) 領収書 「クレジットカード」「AmazonPay」「楽天ペイ」の場合は当店にて発行します。 その他のお支払方法の場合は各機関発行のものをご利用ください。 ラッピング 当店ではラッピングを承っておりません。 商品の保証・修理 メーカーが保証規定を定めている商品についての保証・修理に関しましては、付属の保証書、並びに当店の商品購入証明が必要となります。 保証規定内の修理は無料です。

次の

Paul Smith(ポール・スミス) ファッション通販サイト[オンワード・クローゼット]

ポール スミス

来歴 [ ] 少年時代は自転車競技のレーサーを目指していたが、不慮の事故により挫折した。 17歳の時にアートスクールの学生と親しくなり、芸術の世界に魅せられたことが現在の仕事のきっかけとなる。 後の夫人で公私共に大切なパートナーとなるのテキスタイル教師で芸術家のポーリーンと出会う。 ノッティンガムに最初の店を開く。 当初は、などの商品を取り扱っていたが、徐々に自らの名を冠した商品も取り扱い始める(この店はロンドンの、ロサンゼルスのと共に最も早くを取り扱った店の一つで、デザイナーのマーガレット・ハウエルとは旧友である。 初めてのショーをで開催。 以降、毎シーズンでの新作コレクションを発表している。 ニューヨークデザイナーズコレクティブにパリのなどと共に招聘される。 に進出。 のに路面店を構える。 それ以前にも日本では大阪の、東京のなどの専門店で取り扱われていたが、との契約に基づき正式に進出したのはこの年からである(同時期に骨董通りにメンズウェアの店を構えたのとは親しく、来日の際などにたびたび川久保や青山の店を訪ねるという。 日本進出の際には、などがあるフロアとなどがあるフロアのどちらに自社の服を置くかで悩んだそうである。 に路面店を構え、と呼ばれた若いエリート層の間で一種のステイタスシンボルとなる。 この店の成功は、後に付近のエリアに進出したの出店にも影響を与えた。 英国産業デザイナー賞を受賞。 女王より()に叙勲される。 首相就任の際に親任式のスーツを担当する(以後、ブレア首相退任までの10年間の長きに渡り公務のスーツを担当した。 同年、友人でもある会長らと共にブレア政権下の「クリエイティブ産業タスクフォース」のメンバーに選ばれ、の一翼を担う。 ロンドンの高級住宅街ノッティングヒルに、念願であった邸宅を改装しのアトリエを併設した旗艦店「ウエストボーンハウス」を開店。 としてはに続き2人目となるエリザベス女王からサーの敬称で呼ばれるに叙勲される。 彼の感性はの分野にとどまらず、早くから異業種のやなどを取り扱ったり、にファッション・ブランドとして逸早くを開設したり、にはフランス大会イングランド代表チームの公式スーツやの小型車「」の内外装を手がけるなどして話題となった。 からはの公式スーツを担当している。 には映画「」にクリエイティブコンサルタントとして参加。 古くから映画やテレビドラマとは衣裳などを通して関わりがあり、メジャーなハリウッド作品からののようなカルト作品まで幅広い。 にはやとの協業が行われた。 後の会長で英国ファッション協会会長のに見出され、ノッティンガムで自身の店を経営するかたわら、ロンドンの高級専門店のコーディネーター兼デザイナーに就任して3年間同社の買い付けとデザインを担当することから本格的なファッション業界でのキャリアをスタートさせ、膨大なアイデアを書き留めたメモを元に言葉でデザインを伝えて服の製作を行うなど、いわゆる一般的なファッションデザイナーとは異なったタイプの非常に社交的でユーモアセンスにあふれ、かつ、謹厳実直さや礼儀正しさも併せ持つ優れたビジネスマンであり、独創的な店舗の建築デザインへの功績からに英国王立建築家協会(RIBA)の名誉会員に選出されるなど、多才なアイデアマンである。 に長年の英国ファッション業界への商業・クリエイティブ両面での貢献から英国ファッション大賞アウトスタンディング・アチーブメント賞を受賞。 に長年のパリ・コレクション参加などパリ市への貢献からパリ市ヴェルメイユメダルを受章。 また、、などをデビューからバックアップするなど、後進の育成にも熱心で、彼らやなどのよき理解者であり、その人柄から「ダディオブファッション」と呼ばれたりもしていた。 からにかけての新人デザイナー育成プロジェクトをやらと共に担当したり、でを専攻する学生とでとグラフィックデザインを専攻する学生とを対象にしたポール・スミス奨学金を設けたりしている。 彼の服は 、などのミュージシャン、オスカー授賞式でビスポークスーツを着用したやなどの俳優、画家のや写真家のなどの芸術家、首相や総裁のなどの政財界人、などの王侯貴族、などのスポーツ選手、日本ではやなど、数多くの著名人に愛用されている。 レーベル [ ]• Paul Smith(メンズ、レディス) メインライン(Main line)と呼ばれるファーストライン。 メンズは、レディスはで発表される。 メンズ、レディス共に海外ではイタリア製が中心だが、メンズにおいてランウェイで披露される服に代表されるデザイン性の高い、精緻な縫製技術が必要とされるものの中には日本で縫製された製品が広く導入されている。 Bespoke Service(メンズ、レディス) ポール・スミスの旗艦店であるウエストボーンハウス店に併設されているなどの技術者が常駐するテーラリングルームと呼ばれるアトリエにて製作される(注文服)のライン。 ロンドンの金融街シティにあるロイヤルエクスチェンジ店でもこのサービスの予約をすることができる。 にはニューヨークの旗艦店に技術者が渡航して注文会が行われた。 ポール・スミスの故郷ノッティンガムの旗艦店でも主に地元の顧客を対象に同種の試みが行われている。 Paul Smith COLLECTION 日本限定のプレステージライン。 ハイクオリティ、ハンドメイドフィーリング、アーティスティックフィーリングの3つのコンセプトを体現するラグジュアリーなメンズウェア。 発足当初は海外のイギリス製のメインラインより更に上質な服を提供するイタリア製中心のラインとしてハロッズなどの限られた店舗で展開されていた。 日本においても当初はイタリア製中心であったが、現在は日本製中心で日本限定での展開となっている。 海外ではメインライン自体がイタリア製中心になっていったことや、ビスポークのラインが更に上質な服を求める顧客のニーズに対応していることもあり、現在は展開されていない。 Individual Order Paul Smith COLLECTIONに併設されている注文服(パターンオーダー)のライン。 Paul Smith LONDON ロンドンライン London line と呼ばれるビジネスシーンでの着用を想定したスーツを中心としたメンズウェアのライン。 における主要なデザイナーズブランドのビジネススーツのレーベルの一つとして広く知られている。 The British Collection Paul Smith Paul Smith LONDONの中でも特に英国的な素材や仕立てに拘ったライン。 からロンドン・コレクション:メンに参加し、新作が展示会形式で発表されるようになった。 の生地工場クリソルド社との協業を開始。 Paul Smith Exclusive ニューヨークのバーニーズ・ニューヨーク限定のメンズウェアのライン。 アメリカ市場においてメインラインとロンドンラインの中間に位置する。 ビジネススーツのレーベルというよりは、メインラインをバーニーズ・ニューヨーク向けにリファインしたようなテイストのデザインが特徴。 Paul Smith BLACK ビジネスシーンでの着用を想定したレディスウェアのライン。 PS Paul Smith カジュアルウェアを中心としたメンズウェアのライン。 Paul by Paul Smith カジュアルウェアを中心としたレディスウェアのライン。 Paul Smith JEANS を中心としたメンズのカジュアルウェア。 RED EAR Paul Smith JEANSの中でも特に日本製の高品質なジーンズに拘ったライン。 Paul Smith 531 サイクルウェアを中心としたスポーツウェアのレーベル。 ポール・スミス本人が自転車大好きで始まったレーベルです。 531の名前の由来は、ツール・ド・フランスの勝者に貢献したの鋼管のレイノルズ531 からです。 ()と並ぶ有名なイギリスのスポーツウェアブランドの一つ。 Paul Smith JUNIOR(ボーイズ、ガールズ) 子供服のライン• NEWBOLD ポール・スミスの服の一部を製作していた100年以上の歴史を誇るR. NEWBOLDというファクトリーが廃業するのを惜しんだポール・スミスが、そのファクトリーを買い取ったことに端を発するカジュアルウェアのブランド。 ブランドの沿革 [ ]• 1970年 - 初の店をノッティンガムにオープン• 1974年 - に初めてシャツを販売• 1976年 - パリで初めて「ポール・スミス」を発表• 1979年 - コベントガーデンにロンドン一号店オープン• 1984年 - 青山店オープン• 1987年 - ニューヨーク店オープン• 1989年 - 史上初のコーナー展開による単独店をオープン• 1991年 - 渋谷に旗艦店オープン• 1993年 - レディスライン「ポール・スミス ウィメン」を発表• 1993年 - パリ店オープン• 1998年 - ノッティングヒルに旗艦店「ウエストボーンハウス」オープン• 1998年 - 「ウエストボーンハウス」にてビスポークサービス開始• 2000年 - 香水ブランド「ポール・スミス パルファム」を発表• 2001年 - ミラノ店オープン• 2005年 - 故郷ノッティンガムに旗艦店オープン• 2005年 - ロサンゼルス店オープン• 2006年 - 青山に旗艦店「ポール・スミス スペース」オープン• 2006年 - ニューヨークのグリーン・ストリートに旗艦店オープン• 2006年 - モスクワ店オープン• 2006年 - パリの最高級ショッピングエリアであるサントノーレ通りに旗艦店オープン• 2007年 - イスタンブール店オープン• 2007年 - ヨハネスブルグ店オープン• 2007年 - サンクト・ペテルブルグ店オープン• 2008年 - ニューデリー店オープン• 2008年 - アントワープ店オープン• 2009年 - バーニーズ・ニューヨーク限定のPaul Smith Exclusive発表• 2009年 - サンフランシスコ店オープン• 2009年 - ラスベガスの最高級ショッピングモールであるクリスタルズにラスベガス店オープン• 2010年 - 丸の内にメンズの旗艦店オープン• 2010年 - 子供服のライン「ポール・スミス ジュニア」発表• 2011年 - ソウルに旗艦店オープン• 2012年 - アムステルダム店オープン• 2012年 - メルボルン店オープン• 2012年 - 丸の内店にレディスフロアを増床しリニューアル• 2013年 - 「ポール・スミス ジュニア」六本木ヒルズ店オープン• 2013年 - 北京に旗艦店オープン• 2013年 - ロンドン・コレクション:メンにロンドンラインのThe British Collectionが参加• 2013年 - ロンドンのアルバマールストリートに旗艦店オープン ポール・スミスと日本 [ ] この節にはが含まれているおそれがあります。 問題箇所をしして、記事の改善にご協力ください。 議論はを参照してください。 ( 2013年11月) 日本でのポール・スミスはがマスターライセンシーとなり、メンズウェアは伊藤忠商事の事業会社である、レディスウェアはの二社を中心としたサブライセンシーによってとして展開されている。 海外ではメンズウェアはポール・スミスリミテッド、レディスウェアはオンワード樫山のイタリア現地法人ジボ・コー( Gibo' Co. spa )が製造販売を行っている。 海外で販売されているメンズウェアはかつては主にイギリス製であったが、イギリスの既製服産業の衰退によって90年代以降は徐々にイタリア製のスーツなど重衣料に他国での製造が増え、イギリス、イタリア、ベルギー、ポルトガル、インド、中国などの製品が並存しており、日本からはRED EARのジーンズが輸出されていたが、にはメインラインに日本製の重衣料が導入され、日本製のスーツなどが販売されている。 現在ではイギリス製品は生地以外ではビスポーク(注文服)、ニットなど僅かな既製服、靴などに限られてきている。 日本ではメンズウェアは主にイタリア製やイギリス製などの輸入生地や日本製の生地を用いて、日本で海外と同じデザインで日本向けのサイズ規格でスーツなど重衣料の製造を行っている。 海外同様イギリス、イタリア、インド、中国、ベトナムなどの製品が並存している。 それとは別にポール・スミス スペースなどの旗艦店では一部直輸入の海外向けのサイズ規格の製品も販売されている。 レディスウェアはイタリア、中国、日本などの製品が並存。 海外・日本ともに同一企業による製造販売のため双方の違いがメンズウェアよりも小さくなっている。 海外でのポール・スミスが主に路面店と高級専門店への卸を軸にラグジュアリー市場を想定したミドルエイジ中心の展開(近年のプレタポルテのラグジュアリー化などの影響もあり総じて日本よりも高価である。 )であるのに対し、日本でのポール・スミスが主にのインショップ展開と契約を軸とした、層の中でも特に若年層を意識した展開であるなど、双方に隔たりがあるのは、海外との消費傾向の違いやデザイナーズブランドそのものに対する認識の違いもあるが、多店舗展開でオンシーズンのセールを行わずにスーツの販売価格を下げるなどのローカライズ展開を長年行ってきた伊藤忠商事によるブランディングの影響が大きい。 なお、伊藤忠商事はにポール・スミスグループホールディングスの株式を40%取得して経営に参画している。 伝統的に繊維に強く、世界の一流生地メーカーにウールを提供するグループ企業をオーストラリアに所有するなど、ポール・スミスリミテッドの世界戦略上の重要なパートナーでもある。 店舗 [ ] 直営店・FC・卸を含め世界70カ国以上に進出し、数多くの販売拠点を持つが、以下都内路面店のみの記載とする。 ポール・スミス スペース 5-46-14• ポール・スミス 丸の内店 東京都3-3-1 新東京ビル1F• ポール・スミス 渋谷店 東京都渋谷区神宮前6-18-13• PS ポール・スミス キャットストリート店 東京都渋谷区神宮前5-17-5• ポール・スミス ジーンズ 代官山店 東京都渋谷区19-4 CUBE代官山B棟1F• ポール バイ ポール・スミス 代官山店 東京都渋谷区猿楽町26-13 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 脚注 [ ].

次の

カランダッシュ + ポール・スミスのコラボ第3弾は#stayhomeをよりポジティブにするボールペンと色鉛筆

ポール スミス

23区• ICB• 自由区• TOCCA• PRESS LADIES• Paul Smith• 23区GOLF• BEIGE,• JOSEPH WOMEN• DAKS GOLF• CK CALVIN KLEIN WOMEN• any SiS• Feroux• any FAM• SHARE PARK LADIES• ATON• uncrave• FeteROBE• TWO FACES• ONWARD DD• GRACE CONTINENTAL• VIA BUS STOP• Chut! INTIMATES• Tiaclasse• ONWARD J BRIDGE• WYTHE CHARM• Chacott• Chacott Cosmetics• ONWARD Reuse Park• antina gift studio• AND WOOL• muuc• AMERICAN HOLIC• koe• Green Parks• YECCA VECCA• DANSKIN• prAna• CW-X• Champion• NIKE• PeakPerformance• Wing• tsumori chisato SLEEP• Wacoal MATERNITY• San-ai Resort 三愛水着楽園• BRADELIS New York• AROMATIQUE• UCHINO• ASICS WALKING• Foot Community• MODE ET JACOMO• ROCKPORT• SOREL• ing• TOMS• Admiral Footwear• gaimo• success walk• S-Rush• MANA yukoplus Store• genten• CYPRIS• TOPKAPI• SAC• ROOTOTE• Les sacs Adam• LeSportsac• TUMI• ANNA SUI• LACOSTE• russet• IBIZA• UNBILLION• LA BAGAGERIE• Regalo Felice• GHERARDINI• MIYABIYA• LANVIN en Bleu• CLATHAS• tsumori chisato CARRY• CITIZEN• TOKYO WATCH STYLE• Hat Homes• ASTALIFT• KOTOSHINA• Hauschka• Import Cosme Selection• comoace.

次の