顔 ひっかき 傷。 寝ている間に細い針でひっかいたような謎の傷が身体にできるのですが何...

顔など目立つところに傷ができたら!医師がすすめる「傷痕が残りにくい4つの方法」

顔 ひっかき 傷

娘の顔には傷があります。 3歳のときについたそれは6歳になった今でも消えることはなく痕になっています。 生まれつきの痣やほらチャームポイントとして受け入れることができたかもしれません。 でもこの傷を見るたびにわたしは心が痛むのです。 娘の顔のひっかき傷が痕になった原因 娘の顔の傷は保育園でのお友達とのトラブルでした。 担任の先生からはおもちゃの取り合いで喧嘩になり、相手の子が爪でひっかいたとの説明を受けました。 ・相手の子の爪がすごく長かった ・強く引っかかれた ・だからとはいかず今も痕になって残っている 今までもその子には顔をひっかかれたり肩を噛まれて歯形がついていたりもしましたが、 子ども同士のことだし、きっとお互い様だろうと先生の説明を受け入れてきました。 それでも繰り返される生傷にどうしたものかと頭を悩ませ、 結局は引っ越しの関係も相まって早々に転園を決意し、事態は収束したのです。 娘の顔をみると これでよかったのだろうか。 こうなる前にもっとできることはあったのではないかとわたしは胸が苦しくなります。 息子の保育園でこういうことがありました実は先日、息子の通う保育園でいつものお知らせ用紙と一緒にこんな文章が回ってきました。 〇〇保育園 施設長殿 児童保護者への爪切り指導の徹底に向けての要望書 1.要望の趣旨 昨年同じクラスの児童に顔を爪で引っかかれ傷ができてしまいました。 その際に、相手のお母様に今後の爪切りを徹底するよう直接口頭にてお願いいたしましたが、その後も同じ児童から顔を爪で引っかかれて傷ができました。 そのため、施設長、担任の先生に話し合いの場を設けていただき、今後のさらなる爪切り指導の徹底をお願いいたしました。 しかしながら今年に入り、同じクラスの児童に数回に渡り引っかかれ1か月たった今でも傷が治らず、親として非常に心配で心苦しく思っています。 2.要望内容 施設長ならびに各担任の先生方が、保護者への爪切り指導を努力してくださってることは心から感謝しています。 しかしながら、現時点で残念ながら改善されておらず、安心して子供を預けることができません。 そのため再度爪切り指導を徹底して取り組んでいただきたく思います。 以下に改善策を要望いたします。 ・・・ ・・・ いうまでもなく、保護者が先生に向けた爪切り指導を呼びかける嘆願書でした。 要望の内容の次には具体的な解決策、仮にできていない子がいた場合は先生方で爪切りを実施してもらう旨の内容も記されていたのです。 さらにはこの要望書を全児童に配布し注意喚起するように記されていました。 これを見たとき、素直に感心しました。 長女の傷を見るたび、どういうわけか腑に落ちない、と感じていた理由が分かったのです。 保育園でのお友達トラブルにどこまで介入していいのか分からなかった〇親であるわたし ・園でのことは先生を信頼しよう ・もしかしたらわが子が加害者になってるときもあるかもしれないし、 ・強く訴えたとこで今後我が子が腫物扱いされても困るし が騒がれている今、わたしは園に要望を出すのをためらっていました。 〇子供を預かる先生 ・できる限り尽くしている ・被害者の親に誠意を込めて謝らなくてならない ・加害者の親にも丁寧に説明しなくてはならない 保育士不足が騒がれる中、食事やトイレ、お昼寝など日中の育児を請け負う先生。 子ども間で起こったトラブルであっても親に謝ったり指導しなくてはならないタスクも組み込まれています。 息子の園で大きく配布された要望書に翌朝の園はほかの保護者と先生方で賛否を生みました。 だからこそ、この要望書を出した保護者をわたしは尊敬したのです。 ・自分はそこまできなかった ・先生も踏み出せなかった ・みんなが考えるきっかけになった 一組の夫婦の勇気ある要望書のおかげで息子の園はきっと今までより安心安全な環境が整うように思えるのです。 子どもの爪トラブルは多い ・子供の爪は柔らかく鋭い ・子供の爪は伸びるのが早い ・子供の肌は柔らかくすぐに傷がついてしまう 幼児の爪は、幼ければ幼いほど扱いが非常に難しいものです。 こないだ切ったばかりなのにもう伸びてる! こんなに柔らかいのに、尖ってて触られただけでもちょっと痛い! なんとなく触れる我が子の爪の鋭さに驚くことだってあるのです。 同時に引っかかれてすぐに傷がついてしまう肌の柔らかさも相まって、子供の爪トラブルは集団生活の中ではよくあります。 娘の一件あって、敏感な我が家ですが、どの家庭もそうであるとは限りません。 万が一、子供が保育園でできる傷が絶えやまないのだとすれば勇気を出して、先生に改善を呼びかけること、保護者に注意を促す心構えを持ってほしい。 何もできずにいたわたしが、学んだ教訓です。 おわりに多少の喧嘩は成長過程で必要なこと 園とも保護者ともうまくやっていきたい けど我が子はなにより大切 微妙なバランスで、保育園で起こるお友達トラブルに介入しずらい事案ってたくさんあります。 でも、なにか起こってからではもう遅い いざとなったら立ち上がろう 子どもを守るためなら親が盾になるのは必須です。 相手の保護者に話をすることも 先生に相談することも 要望書を出すことも きっと今日より先は良くなるはずだから。 ふとしたところで勇気をもらった出来事でした。 mikumama.

次の

顔の傷跡が気になる!傷跡をはやく消すにはどうしたらいい?

顔 ひっかき 傷

10月末に生まれた下の子。 生後1ヶ月、2ヶ月と成長していくにつれて 『顔のひっかき傷』は増えていく一方。 上の写真はまだ傷が少なくて、かなりマシな方…。 顔をひっかく理由は?• 顔をひっかくタイミングは?• ひっかき傷をなくす方法は? 悩み抜いた末に試した、たった1つの方法で、下の子の顔は驚くほど綺麗になった。 顔をひっかく理由は大きくわけて3つ 赤ちゃんが顔をひっかく理由は大きくわけて3つ。 乳児湿疹(肌トラブル)で顔が痒い 赤ちゃんが顔をひっかく理由として、もっとも注意しなければならないのが『乳児湿疹』が原因であるもの。 新生児にきび• 新生児脂漏性湿疹• あせも• アレルギー性皮膚炎 素人が判断するには難しく、その原因も様々であるため、かかりつけの小児科、皮膚科に相談する必要がある。 肌トラブルは真っ先に病院に相談 「この薬を塗って治りました」という情報は、 あくまでもひとつの意見でしかありません。 小さな赤ちゃんの肌に合うかわからないものを、 素人判断で塗るのは危険過ぎます。 「肌トラブルが原因かも?」と思ったら、真っ先に病院に相談してあげてください。 眠たくて目をこすっている 『寝ぼけながら目元をこする赤ちゃんの姿』は、親ならば誰もが一度は見とれてしまうものですが…。 この仕草は、 もっとも顔に傷が付きやすいタイミングと言えます。 本能的に顔をさわっている 生後2~3ヶ月頃から始まるハンドリーガードと呼ばれる赤ちゃんの動作。 「自分の手をジッと見つめる仕草」が一般的ですが、自分の手足を認識したうえで、自分の意思で動かせていることを楽しむようになることを言います。 他にも、ママのお腹にいた頃のように、無意識に顔の近くに手を持っていってしまう。 などの可能性が考えられます。 ストレスが原因は考えないようにした 中には「赤ちゃんのストレスが原因だ」や「母乳の量が足りてないからだ」ということを原因とする人もいますが、 母子共に精一杯頑張っている中で「ストレスを与えてしまっている?」 は考えないようにしました。 自分の赤ちゃんが顔をひっかくタイミングを探る ネット上にある情報は、あくまでも「ウチの子の場合は」や「一般的には」というもの。 必ずしも自分の赤ちゃんに当てはまる内容とは限りません。 そこで、私は1週間ほどかけて 『自分の赤ちゃんが顔をひっかく(顔に傷ができる)タイミング』を探りました。 寝ている間に顔のひっかく赤ちゃんの対処法 「傷が増えるのは起きている時間?それとも、寝ている時間?」を中心に、妻と協力して下の子の傷が増えるタイミングを見つけ出しました。 それは 『寝て、起きたら傷が増えている』というもの。 爪を切ればいいという問題ではない 顔をひっかいてしまう赤ちゃんを育てている人には説明不要かも知れませんが、 顔をひっかいても傷つかないように、爪を切ってあげればいい。 そんな簡単な話じゃないんです。 言われるまでもなく、赤ちゃんがウトウトしている隙を伺っては爪を切っているんです。 それでも、傷だらけになってしまうんです。 ミトンは寝ている間に外れてしまう 真っ先に試したのは、かきむしり防止用手袋のミトン。 手まで隠せるカバーオールは出産祝いでいただいたクマさんと、西松屋で偶然見かけたゾウさんだけ。 しかも、どちらも上の子のおさがりでボロボロ…。 ママの負担はもちろん、下の子のためにも何着か買ってあげたいと思う気持ちに反して、お店では中々手に入らない。 最終手段とネットで「カバーオール 手を隠せる」などと調べても、楽天やAmazonのカバーオール一覧ページが表示されるだけで、手足を隠せるタイプでは絞ることができない。 辛うじて 「カバーオール 足つき」と調べれば、足を隠せるタイプのカバーオール(一部、手まで隠せるタイプ)を探すことができるので、参考まで。 関連 西松屋、ベビーザらス、その他実店舗で見つけたときは、迷わず買いです。 赤ちゃんの手を覆ってしまうことに対する賛否両論 賛否両論ある意見の中で否定理由となるのは「赤ちゃんの体温調節」の問題。 小さな赤ちゃんは体温調節が苦手で、手足を使って熱を放出したりする。 他にも指しゃぶり(吸啜反射)の妨げになるというもの。 そう言われてしまうと、親としてはミトンなどを利用することを躊躇してしまう訳で…。 しかしながら、日を追う毎に顔のひっかき傷が増えていく赤ちゃんの姿を眺めていられるほど、気持ちに余裕を持てる訳もなくて…。 なので、私は下の子が寝ている間だけ、寝巻き代わりとして手まで隠せるカバーオールを利用するということにしました。 今この時だけは、寒い季節で良かったなと思っています。 今が暑い季節だったら…。 小まめに爪を切る+適度にミトンしか選択肢はなかったかも。 赤ちゃんの顔から傷が消えて嬉しい理由 下の子の顔が綺麗になって嬉しい理由は「傷が消えて可愛くなった」というものではなく、純粋に「また顔に傷が増えてる」という妻の気苦労が目に見えて減ったこと。 パパとしては「傷があろうが、なかろうが、下の子は超可愛い」から、特に気にしていなかった(もっと成長すれば自然と治ると思っていた)けど、とにかく今この瞬間としてのベストにはもっていくことができたかなと思っている。 肌トラブルが原因だと思うなら病院に相談。 赤ちゃんの動作が原因だと思うなら適度にリスクを取り除いてあげる。 気にしすぎもよくない、気にしなさすぎもよくない。 人気 オススメ.

次の

至急お願いします。爪でひっかいてしまった傷について

顔 ひっかき 傷

ひっかき傷が出来てすぐ ひっかき傷が出来てから、どのような対処をすればいいのか、順を追って見てみましょう。 まずは、 ひっかき傷が出来た直後の対処方法からです。 出血しているなら、止血 まず、 出血しているなら、清潔な布などで傷口を軽く押さえ、圧迫止血します。 「ひっかき傷」と呼ばれるような傷なら、出血はそんなにひどくないので、すぐに血は止まるでしょう。 傷口を清潔にする 次に、水道水で綺麗に傷口を洗います。 よくティッシュを濡らせて傷口をぽんぽん、とするだけの人がいますが、あれはほとんど意味がありません。 水道水の流水で洗うのが一番です。 とはいえ、ひっかき傷の場合、そんな傷口が泥だらけになったり汚れたりしていることはほとんどないかと思いますので、ここもすんなり終わるでしょう。 消毒 10年ほど前なら、傷を負ったら消毒、というのは常識でした。 ところが、上記では「消毒」が括弧付きで「(消毒)」と表記しています。 なぜかというと、近年 「湿潤治療」という方法が知られてきたためです。 youtube. 簡単に理由を述べると、 「消毒薬は、バイ菌も殺しますが、傷口の細胞も殺すため、傷の治りが遅かったり、跡が残りやすくなったりするため」、そして「傷口表面にいるバイ菌の多くは水道水でちゃんと洗えばほとんどとれる」からです。 ただし、ひっかき傷の場合、 「動物に引っかかれた」という場合も多くあるかと思います。 この場合は、念のため、消毒しておきましょう(変な細菌が傷口の奥に残っていたら病気に発展しかねないため)。 なお、消毒は最初にちゃんとしておけば、それ以後は膿んだりしない限り、行う必要はありません。 消毒するたびに傷口が傷ついている、と考えて頂いて結構です。 創傷被覆材の貼付 創傷被覆材、というと少し難しい感じがしますが、キズパワーパッドなど、 「傷口にうるおいを保つ」ことを目的とした絆創膏のようなものです。 少しお値段がはるのが難点ですが、これが一番早く、綺麗に治ります。 お安く湿潤治療を行いたい、という場合には、 傷口にワセリン(白色ワセリン:薬局で売っています)を塗布し、サランラップで覆う、という方法もあります。 「え?サランラップ!?」と思われるかもしれませんが、火傷の治療などでは病院でもサランラップが用いられるほどですので、ご心配なく。 ひっかき傷が出来てから、傷口がだいたい治るまで キズパワーパッドなどの商品を買われたら説明書にも書いてあると思いますが、 湿潤治療においては、創傷被覆材はこまめに取り替えません。 従来の治療法では、こまめに絆創膏やガーゼを貼り替え、その都度消毒をして・・・ということが多かったでしょうが、傷口のうるおいを保つのがポイントですし、 そもそも消毒する必要もないので、絆創膏を剥がす必要性がありません。 傷口の治癒過程を確認するため、一日に一回程度、取り替えたらいいでしょう。 一点、要注意なのが、紫外線です。 この治りかけの時期に紫外線が当たると、跡が残りやすくなったり、後々シミなどになりやすくなったりします。 特にラップを用いた場合、透明ですので、上から包帯を巻くなどして、紫外線を防ぎましょう。 傷口がだいたい治ったら 新しい皮膚が薄くはってきて、傷口がだいたい治ってきたな、という頃によいのが、「ヘパリン類似物質」が配合された外用薬(ヒルドイド軟膏、アットノンなど)です。 これは、血行を促進させ、傷口の回復速度を速めてくれます。 「ひっかき傷だいぶ治ったけど跡がなかなか消えないなぁ」なんてときにも使えます。 但し、使うタイミングを間違えると逆効果になってしまうので、傷口がほとんど治ってから使うことを厳守して下さい。 この時期においても、 「傷口のうるおいを保つ」「紫外線に当てない」というのは重要です。 ここで油断すると跡が残ってしまいますので、気を抜かずに最後まで治療しましょう!.

次の