相撲中継。 NHK大相撲中継 8%OFF

平成天皇と上皇陛下の呼び方の違いは?令和初天覧相撲中継で大失言したNHK藤井康生アナが大炎上!

相撲中継

北海道・東北• 東海・甲信越• 近畿・北陸• 中国・四国• 九州・沖縄• その日、NHKのカメラは、横綱日馬富士が支度部屋から出てくる瞬間を切り取った。 9月の秋場所、千秋楽。 意外にも柔らかな表情で、土俵へ向かう姿は映画のよう。 ツイッターにも「かっこいい」「大横綱」とファンの声があふれた。 逆転優勝をもぎとるまでの約15分間、複数のカメラが追い続けた。 大相撲中継は、年6場所で90日間放送されている。 BSとラジオを含めると約7時間(年630時間)。 視聴率は、10%台なら人気番組とも言われる今、高い時では20%を超える(関東地区、ビデオリサーチ調べ)。 土俵そばや吊(つ)り屋根からの映像など中継だから伝えられる多彩なアングル。 幕内ではカメラ14台が稼働する。 チーフ・プロデューサーの小塚修平さんは「力士がどんな表情で戦いに挑むのか、勝敗を分けた一瞬の技は何だったのか、ニュースやネット配信では見られない映像にもこだわっている」。 立ち合いのあたりが強い力士同士の取組は吊り屋根の集音マイクの音量を上げ、「ドン」という音を聞かせる。 大一番の時はアナウンサーもコメントをせず、会場の高揚感を伝える。 名古屋場所で相撲協会の関係者ですら入れない技を判定するビデオ室にも放送した。 取組の合間の企画も好評だ。 数秒で決着がつく取組もあり、放送時間の大半を「待ち時間」と感じる人もいる。 最近は、おしゃれになりつつある力士の浴衣や、まげを結い上げるくしの特集など、相撲を取り巻く文化を伝える特集も増えた。 小塚さんは「女性や外国人のファンも多く、いろいろな視点で相撲を伝えることも使命」と話す。 相撲中継が午後6時にぴたりと終わるのはなぜか。 大相撲中継の歴史は長い。 ラジオが始まったのは1928年。 それまでは制限時間はなく、互いの呼吸が合わずに50回以上立ち合いをしたこともあった。 ラジオ中継をきっかけに、制限時間が設けられ、今は幕内約4分と決められている。 休場者が続出した秋場所は、審判が仕切りの回数や、呼び出しが土俵を掃く時間を増やし、中継時間に合わせたという。 テレビは53年に開始。 その前年にも変化が起きた。 土俵に吊り屋根が導入されたのだ。 それまでは屋根は四本柱で支えており、客席からも見にくかった。 2006年には土俵を真上から写す吊り屋根カメラも本格運用。 おかげで取組を俯瞰(ふかん)した映像を楽しめる。 映像の使途は中継にとどまらな….

次の

NHK G

相撲中継

日本相撲協会の運営費はNHKが出している。 NHKにとって都合の悪い人間を処分しないといけないという話を上司から聞いたことがある。 それはNHKの大問題である大相撲である。 相撲協会との契約は6年契約で当時5億円 年間6場所で30億円。 昔大相撲は民放がやっていたが今はNHKだけ。 大相撲は視聴率が取れないから民放は撤退している。 相撲協会は暴力団と繋がっている。 暴力団と付き合うと会社自体が取引できなくなるから。 相撲協会は放送権料を5億円に値上げした。 「バカじゃないの」と思って上司に「何で相撲協会に値上げをするんですか。 こんなものに値上げしてどうするんですか?」と聞いたら 「相撲協会というのはこっちの世界としっかり繋がっているんだ。 NHKにとって都合の悪いことを言う奴を抹殺するためのカネだ」と小声で言われた。 相撲協会とNHKの共通点 日本相撲協会の相撲事業の収益は約107億6000万円 2017年。 NHKが相撲協会へ渡している放映権料が30億円とすれば、3分の1近く 27. 30億円というと一般人からすれば結構な大金であるが、NHKの年間受信料収入 約6700億円 のわずか0. お金をたくさん持っている 金銭感覚の鈍っている NHKからすれば痛くもかゆくも無いことは容易に想像できる。 相撲協会からすれば、高額な放映権収入が入ってくるため両者にとって都合のいい関係となっている。 相撲界の不祥事でNHKが大相撲中継を中止した時、相撲協会は大きな痛手を食らったが闇社会の力で過去のものになっているし、今も起こり続ける不祥事に対しても大きく変わることはない。

次の

NHK G

相撲中継

日本相撲協会の運営費はNHKが出している。 NHKにとって都合の悪い人間を処分しないといけないという話を上司から聞いたことがある。 それはNHKの大問題である大相撲である。 相撲協会との契約は6年契約で当時5億円 年間6場所で30億円。 昔大相撲は民放がやっていたが今はNHKだけ。 大相撲は視聴率が取れないから民放は撤退している。 相撲協会は暴力団と繋がっている。 暴力団と付き合うと会社自体が取引できなくなるから。 相撲協会は放送権料を5億円に値上げした。 「バカじゃないの」と思って上司に「何で相撲協会に値上げをするんですか。 こんなものに値上げしてどうするんですか?」と聞いたら 「相撲協会というのはこっちの世界としっかり繋がっているんだ。 NHKにとって都合の悪いことを言う奴を抹殺するためのカネだ」と小声で言われた。 相撲協会とNHKの共通点 日本相撲協会の相撲事業の収益は約107億6000万円 2017年。 NHKが相撲協会へ渡している放映権料が30億円とすれば、3分の1近く 27. 30億円というと一般人からすれば結構な大金であるが、NHKの年間受信料収入 約6700億円 のわずか0. お金をたくさん持っている 金銭感覚の鈍っている NHKからすれば痛くもかゆくも無いことは容易に想像できる。 相撲協会からすれば、高額な放映権収入が入ってくるため両者にとって都合のいい関係となっている。 相撲界の不祥事でNHKが大相撲中継を中止した時、相撲協会は大きな痛手を食らったが闇社会の力で過去のものになっているし、今も起こり続ける不祥事に対しても大きく変わることはない。

次の