きゅうり 漬物 ごま油。 きゅうりとごま油を使ったやみつき簡単レシピ17選

きゅうりとごま油を使ったやみつき簡単レシピ17選

きゅうり 漬物 ごま油

見ればわかるよね。 手順 きゅうりを切って塩とともに保存袋に入れて少しもみ、昆布を入れます。 空気をなるべく押し出しながら保存袋の口を閉め、冷蔵庫に入れて重石をします。 アレンジする前のきゅうりの漬物。 これが、結構おいしい。 しょうがや糸唐辛子を添えても。 漬物を取り出すときは必ずきれいなお箸で取り出し、雑菌を入れないようにします。 また、つけ汁は捨てないで最後まで残しておきます。 では、きゅうりの漬物のアレンジをご紹介します。 きゅうりの漬物de麻婆きゅうり・レシピ 材料(4人分)• きゅうりの漬物(乱切り)・・・・・3本分程度(350g• 豚ひき肉・・・・・・・・・・・・・200g• 干ししいたけ・・・・・・・・・・・2枚• 1 しょうが(みじん切り)・・・・小さじ1• 1 ニンニク・・・・・・・・・・・1片• 1 ねぎ・・・・・・・・・・・・・5cm• 2 豆板醤・・・・・・・・・・・・小さじ1• 2 しょうゆ・・・・・・・・・・・大さじ1• 2 酒・・・・・・・・・・・・・・大さじ1• 2 シイタケのもどし汁・・・・・・大さじ4 60cc• ごま油・・・・・・・・・・・・・適量• 片栗粉・・・・・・・・・・・・・小さじ2 手順 1. 野菜の下処理をする 干し椎茸は半日ほど前から、かぶる程度の水に浸して冷蔵庫に入れてもどし、1cm程度の幅に切ります。 人参は細切り、しょうがはみじん切り、ニンニクは叩き潰してみじん切りにします。 きゅうりの漬物は水気を切って、軽くしぼります。 きゅうり漬物を炒めて取り出す ごま油を熱して 1 のしょうが・ニンニク・ねぎを弱火で炒め、香りがたったら1のきゅうりを入れて中火で中までしっかりと炒めて取り出しておきます。 他の材料を炒める フライパンをきれいにして、ごま油を入れ、肉、人参、シイタケを中火で炒めます。 調味料を入れて煮る 肉に火が通ったら 2 の豆板醤・しょうゆ・酒・シイタケのもどし汁を入れて、人参が柔らかくなるまで煮ます。 きゅうりを戻し入れてとろみをつける フライパンにきゅうりを戻して、片栗粉でとろみをつけ、さっと混ぜたら出来上がり。 きゅうりの漬物de麻婆きゅうり中心の晩御飯の献立は? 麻婆きゅうり中心の晩御飯の献立は、こんな風でした。 麻婆きゅうりの他に• ズッキーニと新玉ねぎのサラダ• 新じゃがのスキレット焼き• カブとキノコのすまし汁 も用意しました。 シーッ! さて、次はポテトサラダを作ってみましたよ! きゅうりの漬物deポテトサラダ・レシピ 材料(4人分)• じゃがいも・・・・・・・・・・・4個• 人参・・・・・・・・・・・・・・5cm程度• ソーセージ・・・・・・・・・・・3本• 玉ねぎ(みじん切り)・・・・・・大さじ1• 1 酢・・・・・・・・・・・・・・少々• 1 はちみつ・・・・・・・・・・・少々• 2 マヨネーズ・・・・・・・・・・大さじ3• 2 塩・・・・・・・・・・・・・・少々 手順 1. 材料を蒸す じゃがいも、人参、ソーセージを蒸します。 じゃがいもは皮付きのまま、人参は皮をむきます。 ソーセージは2,3分で取り出し、じゃがいもと人参は様子を見ながら10分程度蒸します。 材料を切る 1のソーセージは1cm程度のぶつ切り、人参はイチョウに切り、じゃがいもは熱いうちに皮をむいてつぶし、 1 の酢・はちみつで下味をつけます。 玉ねぎはみじん切りにします。 材料を全て混ぜて味付けをする ボールに、水気を切って絞ったきゅうりの漬物、2を入れ、 2 のマヨネーズ・塩を加えて味付けし、全て混ぜたら出来上がりです。 きゅうりの漬物deポテトサラダの日の晩御飯の献立は? きゅうりの漬物deポテトサラダの他に• 豚肉のひつまぶし風• きゅうりの漬物 でした。 きゅうりの漬物は、漬物っぽさはほとんどなく、ポテトサラダとなじんでおいしかったです。 私は断然、生のきゅうりのポテトサラダより、きゅうりの漬物で作るポテトサラダの方が好きです。 ということで、お弁当にも入れました。 弁当箱という空間をどう埋めるか。 きゅうりの漬物活用法・ツマにもすまし汁にも 他にも、きゅうりの漬物はこんな風にも使えました。 そうなんですよ。 刺身のツマです。 大根や人参をごく細く切ったものが、お刺身に添えられることが多いですね。 夏は、断然きゅうりの漬物がおいしい。 きゅうりの漬物とお刺身は相性抜群ですよ。 きゅうりの漬物の塩加減は、薄めの方が合いますね。 この日のお刺身はヒラマサ。 きゅうりの漬物の他に、紫玉ねぎの塩もみ、大葉、もみじおろしを用意。 ポン酢・塩・しょうゆ・柚子胡椒のうち好きなものをつけるという方式でいただきました。 私のオススメはもみじおろしとポン酢か、柚子胡椒です。 もう一つは、これです。 そう、 すまし汁にきゅうりの漬物のつけ汁を入れるんです。 この時の具は、しめじと手まり麩。 きゅうりのつけ汁を60ccほど、水を300ccほど。 しめじは水から煮ました。 あとはいつもの味付け。 酒・しょうゆ・薄口しょうゆ・みりんを入れただけ。 なのに、カツオダシに負けないくらいおいしかったです。 さっぱりして夏向き。 きゅうりの青臭さはほとんど感じられません。 きゅうりの漬物はアレンジでおいしさ倍増!超便利! きゅうりの漬物はまとめて作っておけば、いろいろ使えて便利でした。 きゅうりの漬物は、 3,4日を目安に食べ切るのが安全です。 では、きゅうりの漬物の作り方・活用法などをまとめたいと思います。 基本の塩漬けの作り方と注意点• 乱切りと輪切りと両方作ると便利• 保存袋に入れてもみ空気を抜いて封をし、冷蔵庫に入れ重石を置く• 数時間後でもおいしい• 取り出す時はきれいなお箸で• つけ汁は最後まで残す• 3,4日を目安に食べきる きゅうりの漬物を使った料理• 麻婆きゅうり• ポテトサラダ きゅうりの漬物の活用• 刺身のツマ• つけ汁をすまし汁に きゅうりの漬物、まだまだ可能性がありそう! いろんな料理に使えそうですよ。 浅漬けじゃなくて、ぬか漬けがお好きな方、ぬか床がなくたって、 パン粉であっという間にぬか漬けを作る方法を、でご紹介してます!.

次の

きゅうりの漬物はすごい!アレンジしまくり和洋中!|ゴニョ研

きゅうり 漬物 ごま油

キュウリを5ミリくらいの輪切りにする• シソを千切りにする• 漬物樽か鍋に切った材料を入れ、塩と混ぜる• 重石をして、一晩おく では、画像で見てみましょう。 1)切る前の材料です。 3)漬物樽に切ったキュウリとシソを入れ、塩を小さじ1入れます。 鍋でもOKです。 私は樽を買う前は、鍋でした。 4)落し蓋をして、重石をします。 ここでは、2リットルのペットボトルを2本使っています。 5)翌日(10時間後くらい)、水分が出ていますので、 これを捨てます。 以上で、下準備は完了です。 では、味を付けていきましょう! めんつゆベースのサッパリ漬け! まずは、 めんつゆで味付けをする、お漬物からです。 下準備したキュウリ:3本分くらい• ミョウガ:4~5個• ショウガ:小1個• めんつゆ(2倍濃縮):小さじ3• お酢:小さじ2 では、味付けをしていきます^^ 1)まず、味がなじみやすいように、下準備したキュウリを ジップロックに入れます。 今回は、ごま油版も作るので、下準備したキュウリを半分ずつ分けました。 (それぞれきゅうり3本分くらいずつ) 2)ミョウガとショウガを千切りにします。 風味付けですが、食べても美味しいです^^ 3)めんつゆとお酢を入れます。 あとは、適度に袋の上からもんで、冷蔵庫に入れ、 半日(6~8時間くらい)おけば、美味しく食べられます^^ うちでは、3日くらいで食べきるようにしています。 ごま油で味付けすると子どもにも大人気! ごま油で味付けをする、キュウリの簡単漬け物です。 下準備したキュウリ:3本分くらい• ごま油:小さじ2• しょうゆ:小さじ3• 1)味がなじみやすいように、下準備したキュウリを ジップロックに入れたら、ごま油としょうゆを入れます。 (右がめんつゆ版、左がごま油版です) 2)袋の上から、適度にもんで冷蔵庫に入れ、 4時間くらいおけば、美味しく食べられます^^ 3)これで完成なんですが、大人の場合は食べる直前に、 豆板醤を少し足すと、また違った美味しさがあります。 ちょっと薄目にしておいて、あとから足すこともできますので^^.

次の

ごま油と黒胡椒がピリッと香る「きゅうりの浅漬け」を作ったらとてつもなくおつまみだった

きゅうり 漬物 ごま油

まずは基本的なきゅうりの漬物の作り方を確認しましょう。 ・基本の材料(2人分) きゅうり…2本 塩…きゅうりの重さの2% ・基本の作り方 1.きゅうりの総重量を計る。 2.塩の分量を計算する。 02=塩の量の計算式で導き出せますよ。 3.きゅうりを切る。 4.容器にきれいに並べる。 バットやプラスチック製の容器のような底が平べったい物を使うと、漬けムラがでにくいためおすすめです。 5.計算して導き出された塩の量をきゅうりに均一にふる。 6.容器に入れたきゅうりの上から同じ容器があれば重ね、ペットボトルなどに水を入れたものを重しとしてのせる。 重さは大体きゅうりの重さの2倍程度。 7.早くて3〜4時間、長くて一晩漬けて完成! 仕上がりの目安は、塩が溶けてなくなり水分が出てきたら漬けあがりの合図です!漬ける時間が長くなるほど塩気が強くなってくるので、時間を見ながらお好みの味を見つけましょう。 2.袋にごま油、めんつゆを入れてなじませ、空気を抜いて袋を縛り、冷蔵庫で30分冷やす。 3.器に盛りつけて完成! お好みでトッピングとしていりごまをふりかけても良いでしょう。 あと一品出したいときや、時間がないときにさっと作れるのでおすすめです。 ・きゅうりの中華風ピリ辛漬け 出典:photoAC <材料>2人分 きゅうり…2本 酢…大さじ2 醤油…大さじ1 砂糖…大さじ1 豆板醬…小さじ1 ごま油・ごま…適量 <作り方> 1.きゅうりをお好みの形にカットする。 2.全ての調味料を混ぜ合わせきゅうりに絡める。 2.きゅうりの水気をキッチンペーパーで拭き取って材料を全て加える。 3.時間が経つと塩加減が変わってくるのでお好みで調味料を調節して完成! きゅうりと塩昆布の相性が抜群の1品です。 ・きゅうりの味噌漬け 出典:筆者撮影 <材料>2人分 きゅうり…2本 塩…適量 ・みそだれ みそ…大さじ1 砂糖…大さじ1 みりん…大さじ1 <作り方> 出典:筆者撮影 1.きゅうりは両端を少し切り落とす。 手前と奥に割り箸を添えて、少しずつきゅうりを回しながら1〜2ミリ間隔の切り目を入れる。 いわゆる蛇腹切りです。 難しい切り方ですがこの方法なら均一の深さに切れるため、簡単に蛇腹切りができます。 2.きゅうりがしんなりしてきたら、手で一口大にちぎり、水気を絞る。 3.ボウルにみそだれの材料を合わせきゅうりと絡め、冷蔵庫で30分から一晩漬けて完成。 短時間でも味が良く馴染むレシピです。 2.ポリ袋などにお好みの量の調味料を全て入れる。 3.もみ混ぜた後、空気を抜いて袋の口をとめて冷蔵庫で寝かせる。 きゅうりに塩をふって塩もみをすることで料理の味を損なわずに作れます。 塩もみをした後は、塩気が強く残ったり、水っぽい食感になったりするので、キッチンペーパーで拭き取りましょう。 ・切り方で味が変わる 出典:photoAC きゅうりは繊維に対してどう切るかで味が変わってきます。 きゅうりは水分がにじみ出ることで甘みを感じることができます。 程良い水分を滲み出させるには、輪切りにスライスするか、斜めに切ってスライスにした後、千切りにする方法がおすすめです。 漬物を作る際には、輪切りスライスしたものを塩もみするか、きゅうりを叩いて割ることで味が馴染みやすくなります。 難しい切り方ですが、先ほど紹介した蛇腹切りもおすすめです。 ・一晩置くと味が落ち着く 作った漬物を一晩置くと味が馴染んで落ち着きます。 しかし調味料の量によっては、時間を置き過ぎると塩辛くなる場合もあるので注意しましょう。 途中で味見をしてチェックをすると良いかもしれません。 なるべく早めに食べ切るのがベター。 冷暗所での保存で4〜5日、冷蔵庫の野菜室では1週間が保存の目安です。 また、漬物のメニューによって保存期間も変わってきます。 浅漬けや本格漬けなら3〜7日ほど。 ピクルスであれば1カ月保存がきくので作り置きにおすすめです。 ・冷凍保存を活用する 出典:photoAC きゅうりのような水分を多く含んでいる野菜は冷凍保存を避ける方も多いのでは?しかし注意点に気をつければきゅうりの冷凍保存をしても問題はありません。 <注意点> 1.きゅうりを冷凍する際は新鮮なものを選びましょう。 傷み始めてしまっているきゅうりを冷凍しても意味はありません。 2.お湯をかけて解凍する方法はNGです。 あらゆる冷凍食材に当てはまることですが、冷凍食材を解凍するときの基本は「流水解凍」です。 急いでお湯をかけて解凍すると、溶けた氷が食材内で水となって、余計な水分を多く含んだぶよぶよな食感となり、質が落ちてしまいます。 これらに気をつければ、きゅうりにも冷凍保存は使えます。 漬物を冷凍保存する際には、漬物に含まれる水分をある程度抜きましょう。 解凍する際は味が薄まっているはずなので、食べるときにもう一度味づけをし直すと美味しく食べることができます。 保存がきく漬物もあるので、作り置きをしておくと時短にもつながり毎日のご飯作りが楽になるかも?クックパッドにもつくれぽ1000件を超える人気なレシピが紹介されていますので、チェックしてみてくださいね。 外部サイト.

次の