キングヌー フラッシュ 歌詞。 キングヌー【King Gnu】アルバムに「白日」は?収録曲とおすすめ!?

King Gnu Flash!!! 歌詞

キングヌー フラッシュ 歌詞

「詩は歴史性に対して垂直に立つ」とは、小説家・稲垣足穂の言葉だが、いま、この時代の波のなかに垂直に突き刺さるようにして立っているKing Gnuというバンドは、その存在自体がまるで一篇の詩のようである。 実際、いまの彼らは他のどんなバンドとも違う独特の「詩性」のようなものを纏っているように思える。 その詩性は熱狂となって、いまを生きる他の誰かへ、詩から詩へと伝播していく。 バンドの首謀者・常田大希が「Srv. Vinci」を結成、メンバーチェンジを経て、去年4月に「King Gnu」へと改名し本格的なスタートを切ってからというもの、彼らは破竹の勢いで活動規模を広げている。 King Gnuは、いままさに熱狂の渦の中心にいるバンドだ。 そして、そこにいることは、彼ら自身が望んだことでもある。 今回、CINRA. NETは常田大希への単独インタビューを行った。 常田は、かつては東京藝術大学在学中に小澤征爾の楽団に在籍していた過去を持ち、現在、個人名義ではDaiki Tsuneta Millennium Parade(DTMP)などのカッティングエッジな音楽プロジェクトから、ファッションフィルム、映画、ドラマの劇伴などにも音楽監督で携わる才人。 米津玄師のアルバム『BOOTLEG』への参加を通して、その名を耳にした人も多いだろう。 King Gnuの根源にあるのは、間違いなく、この男の「詩性」である。 私たちの質問に対し、彼はゆっくりと、一つひとつの言葉を確かめるように語ってくれた。 King Gnuのメンバーも、みんなクソみたいな生活を送ってきた。 —King Gnuのライブを観るたびに思うのですが、ステージ上の常田さんは、どこか孤独に見えます。 どれだけ周りに人がいても、1人でそこに立っている……そんな印象を受けるというか。 常田:……友達はいますけどね(笑)。 —はい(笑)。 常田:そういうふうに見えるのは、俺がこれまで、集団的な生き方をしてこなかったからかもしれない。 根本的な資質だと思うんですけど、昔から、割と自然と孤立できるんですよ。 別に、それが悲しいわけでもなく、自然とそういう感じだった、というだけなんですけど。 周りもそういう連中が多いんです。 あくまでも個々の集まり、みたいな感じというか。 常田大希(King Gnu) —周りも常田さんのような人が多い? 常田:「俺みたいなヤツ」って言うと、語弊があるかもしれない。 周りにはいろんなヤツがいて、俺みたいなヤツはあんまりいないかもしれないです。 だから上手くいくんだろうけど。 でも基本的に俺も、俺の周りもフリーランスで活動してきたヤツばかりなんですよね。 どこにも所属せずに生き抜いてきたヤツって、強いじゃないですか? PERIMETRON(常田が立ち上げた、King Gnuのデザイン面なども担当するクリエイティブチーム)も、フリーの集合体っていう感じだし、King Gnu のメンバーも、みんなクソみたいなフリーの生活を送ってきたので。 そういうところでの絆はあるかなと思います。 King Gnu(左から:井口理、新井和輝、常田大希、勢喜遊) King Gnu『Tokyo Rendez-Vous』(2017年)収録曲。 映像はPERIMETRONが手がけている —その感覚は、歌詞にも表れているのかなと思います。 常田さんは基本的に、「僕たち」や「あなたたち」という視点の表現の仕方はしないですよね。 もっと「1対1」の関係を描写する歌詞が多いように思います。 常田:それはあるかもしれない。 集団に問いかける、というやり方が苦手で。 だから俺は、MCでもなにを喋ったらいいのかわからなくなるんです。 一人ひとりに対して喋ることはできるんですけど、まとめて喋るっていうことが苦手。 だから、1対1の関係の歌詞になるんだと思います。 —常田さんのなかには、集団に対する違和感があるのでしょうか? 常田:う~ん……特にそういう訳ではないですが……集団には作った人の哲学があるじゃないですか? 俺は誰かの哲学に共感して一緒に頑張りたいと思うよりも、自分の哲学に沿って何かを作り出していきたいタイプというか。 —「合わせる」という発想があまりないわけですよね。 常田:そうですね。 俺にとってはなによりも、自分のなかで腑に落ちているか? ということが重要で。 それが、物事の判断基準になるんです。 だから必然的に、自分の周りの仲間たちと育ってきたし、クリエイティブも基本的には、ジャケットも映像も含め、自分たちの周りで完結させている。 でも、このやり方ってすごく責任を伴うんですよ。 もし、かっこ悪いものになってしまったとしても、それは自分の責任ということになるから。

次の

King Gnu(キングヌー)の人気曲一覧まとめ!バナナフィッシュの主題歌もある?

キングヌー フラッシュ 歌詞

いとも簡単にキ ラーチューンを生み出してくれました!すごいぞ、King Gnu! 「Ladies and gentlemen,King Gnu」 から始まるあたり、 めちゃくちゃライブを意識していることが分かります。 絶対にアルバムの1曲目になると思う。 で、イントロ。 かなり予想外で、ピカピカしたイントロ。 初見では、「あれ、これテレフォンズ?」って思ってしまったくらい。 でも、常田(Vo&Gt)の歌声が入ると、一気にロック感が高まる。 ぼく、King Gnuが「お洒落」と言われる理由がよく分からなくて、 むしろすごく「攻撃的」で「イライラ」した音楽だと思ってます。 その大きな要因が、常田の投げやりで汚い声。 常田の声には、ヒリヒリした焦燥感があって良い。 あと、歌詞。 洋楽を模倣した歌詞ではなく、日本語を使った熱く、ドロドロした歌詞が好きだ。 「主役は誰だお前だろ」 の、 「お前だーろ!」って歌い方が最高。 でも、 やっぱりKing Gnuの核となる歌声は井口(Key&Vo)だ。 この曲で井口がメインで歌うのは1:32~2:00の約30秒に満たない。 でも、 たった30秒で十分すぎる存在感を放っている。 常田とは対照的で、透き通り、美しい声。 ちなみに、そんな 井口は実はめっちゃ変態なので、気になる人はTwitterで 「 本日の井口」で調べてみましょう。 ㅤ aikoさん、ありがとう! ㅤ しかし井口理には実感が無いようです。 話が逸れたけど、「Flash!!! 」は曲調のわりに全然わちゃわちゃしていない。 その要因は、リズム隊、特にドラムだと思う。 King Gnuのドラム(勢喜)は、 「手数が少ない」ことに特徴があると思う(とあるサイトでは真逆で「手数が多い」と書かれていたけど)。 「手数が少ない」というか、 休符の使い方が上手なんだよ。 「Flash!!! 」じゃわからないけど、「Vinyl」のドラムを聞けばよく分かると思う。 でも、その髪型はどうかと思うぞ。 恐竜みたい。 また話が逸れましたが、「Vinyl」に負けないキラーチューンをいとも簡単に作ってしまったことに驚愕しています。 今後、 ますますKing Gnuは売れていくことでしょう。 ライジングサンで見るのが楽しみだ~! King Gnuカッコよかった! けど、ライブはまだまだ発展途上かな?って感じ。 配信の音悪いから何とも言えないけど 来月ライジングサンで生で見るのが楽しみだ!!! あと、Youtubeのコメントが全盛期のニコニコ動画以下の質の悪さでちょっとびっくりした — やすぴろ@ブロガー underdog0721 以上、「King Gnu(キング・ヌー)の「Flash!!! 」かっこ良すぎない?」でした。

次の

King Gnu(キングヌー)のタイアップ曲/アニメ主題歌をまとめてみた

キングヌー フラッシュ 歌詞

A post shared by kinggnu. jp on Apr 2, 2019 at 3:46am PDT キングヌーというバンドは 一体どんなバンドなのでしょうか?! そして バンド名の由来も気になりますよね? クリエイターの(Vo, G)が、2015年にSrv. Vinciという名前で活動を開始。 その後メンバーチェンジなどもありつつ、(Drs. Sampler)、(Ba. )、井口 理さん(Vo. Key. )が加わります。 そして2017年にバンド名を King Gnu(キングヌー)に改名し新たなスタートを切ったそうです。 ヌーとは、春から少しずつ群れを増やしていき、やがて巨大な群れで行動するという習性を持っているそうなのです。 群れがどんどんデカくなっていく動物のヌーをイメージしてKing Gnuという名前を付けたので、老若男女を巻き込んで活動していきたいですね。 群れになるには声が必要なんです。 楽器を鳴らすだけだったら、群れにはならない。 人は声を聴くことで煽られたり、心にグッときたり、歌いたくなったりするということに、ちゃんと向き合っていきたいんです。 (Vo, G)がこのように語られていました。 群れを意識した音楽を作っていきたいのでしょうね。 fashion-press. 生年月日 1992年5月15日生(27歳)• 身長 175cm前後 (Dr, Sampler)• 生年月日 1992年9月2日生(27歳)• 身長 170cm前後 (B)• 生年月日 1992年10月29日生(26歳)• 身長 173cm前後 井口 理(Vo, Key)• 生年月日 1993年10月5日生(25歳)• 身長 180cm以上 詳しい身長は公表されていませんが、調べてみたところ 大体このくらいではないかという予想です。 井口 理さん(Vo, Key)は見てわかるように、メンバーの中でも一番背が高く 180cmはあるのではないかと言われています。 他のメンバーも 170cm以上はあるようなので、高身長でしかもイケメン揃いですよね! ルックスに関してもパーフェクトでは?! 年齢的にも 25歳~27歳(2019. 9現在 とお若いのにこの楽曲には驚かされますね。 (つねた だいき)• ギター、ボーカル、チェロ、キーボード、トラックメイキング担当• 出身地 長野県伊那市 東京藝術大学に在学中(後に中退)はチェロを専攻。 キングヌーの全ての楽曲の作詞作曲を担当し、バンドのリーダー兼プロデューサー。 米津玄師さんの楽曲にもアレンジで参加した功績あり。 (せき ゆう)• ドラムス、サンプラー、コーラス担当• 出身地 徳島県阿南市 両親がプロのミュージシャンであることから、3歳の頃からドラムを叩いていた。 小中学生の頃に通っていたダンススクールで、その頃はダンサーを目指していたが、じん帯の怪我で断念。 高校に入ってからは自然とドラムにシフトしていき、色々な人とセッションを楽しむ。 (あらい かずき)• ベース、シンセベース、コントラバス、コーラス担当• 出身地 東京都福生市 大学時代に音大の友達と交流があり、知識が豊富。 ジャズの世界に引き込まれる。 ちょうどその頃に勢喜 遊さんと出会う。 ベースを始めたきっかけは、バンドに誘われた際にたまたまベースがあいていたため。 井口 理(いぐち さとる)• ボーカル、キーボード担当• 出身地 長野県伊那市 東京藝術大学音楽学部声楽科卒業。 幅広い声質の持ち主。 常田 大希さんからは「嫌われない声」の持ち主と評価。 現在音楽活動と並行して、舞台役者としても活動している。 さんと 井口 理さんは小・中学校が同じであり、学年は違いますが 幼馴染の関係だそうです。 そしてさんと 井口 理さんは、ルームシェアする程 プライベートでも仲がいいそうです。 さんがたたくドラムは、かなりブラックミュージックの影響を受けていると思われます。 さんのルーツもブラックミュージックにありますので、さんと 仲良くなったきっかけになったのでしょうね。 キングヌーのメンバーの身長と年齢、個性派揃いのプロフィールを調査してみました。 キングヌーのメンバーは本当に仲が良さそうですね。 そしてそれぞれの生い立ちが個性的ですね。 この4人が出会いバンドを組んだことによって、このような独特な音楽性が出来上がったのも納得です。 これからの新世代を築いていくであろう、キングヌーの奏でる音楽を楽しみにしていきましょう! それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

次の