自動 ブレーキ 補助 金 自治体。 自動ブレーキは後付けできるの?メーカー別の後付け装置から補助金のまとめ

高齢者ドライバーの事故防止にトヨタが対象車種拡大…“後付け”できる「踏み間違い加速抑制システム」とは?

自動 ブレーキ 補助 金 自治体

最近、高齢ドライバーによる交通事故がニュースで取り上げられて大きな社会問題になっています。 特にアクセルとブレーキの踏み間違いによる重大事故が多く、事故防止に向けた装置の開発および装着をはじめ、免許制度の抜本的な改革などが政府で検討されています。 東京都は、ほかの地方自治体に先駆けて「令和元年度 東京都高齢者安全運転支援装置設置補助制度」を開始しました。 これは、高齢ドライバーによる事故を防止するため、一定の基準を満たした安全運転支援装置の費用を東京都が負担する制度です。 今回は、東京都が発表した「令和元年度 東京都高齢者安全運転支援装置設置補助制度」の基本知識や安全運転支援装置の概要、トヨタの踏み間違い加速抑制システムなど、高齢ドライバーの事故防止につながる情報をご紹介します。 トヨタモビリティ東京も東京都高齢者安全運転支援装置設置補助制度の取扱事業者ですので、現役で運転される高齢者の皆様はもちろん、ご高齢のご家族をお持ちの皆様からのご相談を承っております。 ご不明点があれば、お気軽にご相談ください。 新聞やニュースでも大きく取り上げられていますが、高齢ドライバーによるアクセルとブレーキの踏み間違いによる事故が近年増加しています。 交通事故総合分析センターがまとめた年齢別のペダル踏み間違い事故割合によると、ペダルの踏み違えによる人身事故の割合(平成24~28年調べ)は、24歳以下が約1. 5%、25~54歳は0. 8%、55~64歳は0. 9%、65~74歳は1. 5%、75歳以上では3. 1%となっています。 ペダルの踏み間違いによる事故は、高齢ドライバーだけの問題ではなく、24歳以下の若いドライバーでも多いことがわかります。 ただし、65歳以上の高齢ドライバーのうち、特に75歳以上で事故の発生率が高くなっています。 この傾向は、10年前(平成14〜18年)と近年(平成24〜28年)で変わらず、加齢による運転能力低下が原因と考えられ、高齢ドライバーの特徴的な事故の傾向と言えるでしょう。 また、年齢に関係なくペダルの踏み間違いによる事故を起こす可能性がありますが、特に高齢ドライバーのほうが重大事故につながりやすいと言われています。 若いドライバーは、踏み間違いに気づいてすぐに踏み直したり、アクセルを緩めたりすることで被害を軽減できることに対し、高齢ドライバーは判断や行動が遅れてしまうことが要因です。 また、超高齢化社会の日本では、この10年で運転免許を保有する高齢者の人数が約2倍に増え、今後もペダルの踏み間違い事故が増加すると予想されています。 そこで政府や地方自治体では、免許の自主返納や免許制度の改正などが検討され、さらに事故の軽減および回避を目的に安全運転サポート車の普及などを推進しています。 高齢ドライバーによる事故増加を背景に運転を控えるという動きも活発になっていますが、地域によってはクルマがないと生活ができないというケースもあります。 しかし、危険を顧みずに運転してよいというわけでもありません。 高齢ドライバーの皆さんは、ご自身の運転能力を再確認し、予防策を講じるということが大切です。 その最も効果的な手段として「急発進防止装置」や「ペダル踏み間違い時加速抑制装置」と呼ばれる、安全運転装置の導入に注目が集まっています。 高齢ドライバーによる交通事故防止に向けた緊急対策として東京都は、7月12日に「令和元年度 東京都高齢者安全運転支援装置設置補助制度」を発表しました。 概要は以下のとおりです。 簡単にまとめると、東京在住の70歳以上を対象に、急発進防止装置やペダル踏み間違い装置の装着費用9割を東京都が負担するという制度です。 この制度を利用すれば、急発進防止装置やペダル踏み間違い装置を1割(4000〜1万円程度)の負担額で取り付け可能です。 東京都高齢者安全運転支援装置設置補助制度は、東京都が指定した取扱い事業者で取り付けを行うことが条件です。 トヨタモビリティ東京も取扱い事業者に認定を受けており、200を超える店舗でご相談を受け付けております。 最小限の負担で安全な装備をご提案・取り付けさせていただきますので、高齢者の皆様はもちろん、高齢者のご家族をお持ちの人もお気軽にご相談ください。 3 相談から設置・支払いまでの流れ 1. 装置の購入・設置を希望する高齢運転者は、取扱い事業者の店舗に相談 2. 店舗で、車の状態や要件について確認を受け、設置日を予約 3. 予約日に、本人が来店し申込書等を提出 4. 店舗にて本人確認のうえ装置販売・設置、使用方法を説明 5. metro. tokyo. html) トヨタモビリティ東京では、後から装着できるトヨタの安全運転支援装置設置「踏み間違い加速抑制システム」をご提案しております。 踏み間違い加速抑制システムは、アクセルとブレーキを踏み間違えたときに加速を抑制する後付純正用品です。 前後に2つずつ、計4つの超音波センサーを車両に取り付け、間違って発進しようとしている前方および後方の約3m以内にある壁を超音波センサーで検知して、シフトレバーの入れ間違えをブザーとランプで警告。 さらに強くアクセルを踏み込んだときには、加速を制御することで衝突の被害を軽減します。 また、カメラではなく超音波センサーなので透明なガラスもしっかり検知可能です!例えばガラス張りのコンビニの壁面なども検知できるので、駐車場で踏み間違いによる衝突事故防止に効果的です。 通常価格は、55,080円(消費税抜き 51,000円)ですが、東京都の「東京都高齢者安全運転支援装置設置補助制度」を利用すれば、東京都が9割を負担、ユーザーの負担は1割となります。 通常価格55,080円であれば、ユーザー負担は5,508円のみです。 上記価格のほか、取付費用が必要ですが、それらの費用も東京都の9割負担となるので数千円で踏み間違い加速抑制システムが取り付けられるというわけです!取付工賃を含んだ詳しい金額については、トヨタモビリティ東京各店にお問い合わせください。 踏み間違い加速抑制システムの取付可能車種は、2019年7月現在、12車種となっています。 年式やグレードによって対応が異なりますので、詳しくはトヨタモビリティ東京までお問い合わせください。 U-Car含む *グレード・オプション・車両状態等により装着できない場合があります。 詳しくはトヨタモビリティ東京へお問い合わせください。 踏み間違い加速抑制システムは、あくまで加速を制御するもので、自動で停止する機能ではありません。 必ずドライバーがブレーキを踏んで停止してください。 本システムはあくまで運転を支援する機能です。 システムを過信せず、必ずドライバーが責任を持って周囲の状況を把握し、安全運転を心がけてください。 道路状況、車両状態、天候状態およびドライバーの操作状態によっては、システムが正しく作動しないことがあります。 踏み間違い加速抑制システムは、以下のような状況では正常に作動しない場合があります。 詳しくは、トヨタモビリティ東京にお聞きいただくか、ご使用の際は取扱説明書にてご確認ください。 価格、取付費は販売店が独自に定めています。 グレード・装備品等により装着条件が異なる場合があります。 また、車両の状態や装着品によって、取り付けられない場合があります。 装着可能車種については販売店にご確認ください。 また、センサーの感知範囲、作動速度には限界があります。 さらに、衝突の可能性が無くてもシステムが作動する場合があります。 加速抑制することを目的として設計しており、ブレーキ制御はありません。 加速抑制中は車両が前進・後退する、坂道などでは車が下がる場合があります。 必ずご自身でブレーキを踏んでください。 システムを過信せず、必ずドライバーが責任をもって周囲の状況を把握し、安全運転を心がけてください。 踏み込み量によってはそのまま発進します。 障害物との衝突を回避するためには、ご自身でブレーキを踏んでください。 低速での走行時には、作動する障害物までの距離を保証するものではありません。 坂道や傾斜した場所、アクセル操作によっては速度が出ることがあります。 必ずご自身でブレーキを踏み、安全を確認して走行してください。 停止状態を継続することはできません。 またブザーの音量を変更することはできません。 本システムの詳細につきましては、取扱書または販売店にご確認ください。 また、ご使用前に必ず取扱書をご覧ください。 衝突被害軽減ブレーキ(AEBS)認定制度は、運転者の安全運転を支援する機能を備えた「安全運転サポート車(サポカー/サポカーS)」の普及啓発の一環として、走行中または停止中の車両に対する衝突被害軽減ブレーキ等が一定の性能を有していることを国土交通省が認定する制度です。 高齢運転者による交通事故を防止するために設置された「安全運転サポート車」の普及啓発を目的とした制度で、2018年3月に創設した衝突被害軽減ブレーキの性能認定制度においてトヨタの9車種が認定を受けています。 衝突被害軽減ブレーキ認定制度における認定要件は、以下の1~3の要件を満たしていることで安全安心なクルマの証です。 [3][1]及び[2]の衝突被害軽減ブレーキによる制動制御の少なくとも0. 8秒前までに、衝突のおそれがある前方車両の存在を運転者に知らせるための警報が作動すること。 「セーフティ・サポートカー(略称:サポカー)」は、自動(被害軽減)ブレーキをはじめとする予防安全機能を備えたクルマの愛称です。 高齢運転者を含めたすべてのドライバーによる交通事故の発生防止・被害軽減の一貫として国が推奨している自動車安全コンセプトです。 サポカーは、性能評価ではなく、どんな安全装置が装着されているのかによって大きく「サポカー」「サポカーS」の2種類に分けられます。 また、サポカーSは、搭載機能によって3つの区分に分かれています。 トヨタはサポカー対象車種数No. セダンやSUVはもちろん、ミニバンやコンパクトカーといった数多くの車種がサポカーの対象です。 車種やグレードによって内容が異なりますので、気になる人はお近くのトヨタモビリティ東京各店にご相談ください。 2017年12月現在。 【関連記事】 【サポカー】 自動(被害軽減)ブレーキを搭載したクルマが対象。 必要機能:自動(被害軽減)ブレーキ 【サポカーS】 自動(被害軽減)ブレーキに加えて、高齢者に多いと言われている踏み間違い事故防止をサポートする機能を搭載したクルマが対象。 衝突被害軽減ブレーキ(AEBS)認定も受けているので、安全安心なクルマをお探しならぜひご相談ください。 さらに全車ナビとDCM *4(専用通信機)を標準装備し、ネットワークにつながるコネクティッドカーです。 トヨタスマートセンターと通信でつながり、ドライバー1人ひとりに寄り添ったカーライフを充実させるサービス(T-Connect for CROWN)を3年間無料*5で提供します。 詳しくは、以下の車種情報ページや関連記事をご覧ください。 マニュアル車は除く *2. 車線維持支援装置でも可 *3. 本機能を過信せず、必ずドライバーが責任を持って運転してください。 DCM:Data Communication Module *5. 初度登録日より初回の36ヶ月点検(車検)月の末日まで。 4年目以降は16,000円/年(消費税抜き)となります。 デビューしてからちょうど1年が経過した現行モデルのクラウンは、トヨタの伝統と革新が詰まった1台です!安全装備の充実はもちろん、スポーティでエレガントなスタイリングに加え、高い運動性能とセダンらしい乗り心地の良さは、年令問わず走る楽しみを感じていただけます。 展示車や試乗車を用意して皆様のお越しをお待ちしております。 【関連記事】.

次の

高齢者の先進安全自動車(AVS)補助金支給がある県

自動 ブレーキ 補助 金 自治体

自動ブレーキ補助金 高齢ドライバーによる交通事故を防ぐため、政府は自動ブレーキなどを装備した自動車の購入に最大10万円の補助金を出すこととなりました。 補助金の交付対象となる期間は、2020年2月から2021年1月までとなる見込みだ。 2019年12月13日に新たな経済対策として政府が閣議決定したのは高齢者への自動ブレーキ補助金である。 政府は必要な経費として今年度の補正予算案に1130億円程度を計上することとした。 高齢ドライバーによる事故の対策として自動ブレーキなどが搭載された「安全運転サポート車」の購入を支援することを補助金を交付することにより普及を図る。 補助の対象となる人は令和元年度中に満65歳以上となるドライバーで、補助金の額は、普通車や小型車などの登録車を購入する場合は最大で10万円、軽自動車は最大で7万円、中古車は最大で4万円とすることになった。 補助の対象となる車種は国が設置する委員会の審査を経て決まる予定であるが、現行のサポカーの制度からするとサポカーS また、すでに持っている車にアクセルとブレーキを踏み間違った際に急発進などを防ぐ装置を後付けする場合も補助の対象とし、金額は最大で4万円ももらえる。 サポカーの種類 サポカーといっても安全装備によって種類が分かれている。 現行の安全装備では以下のような種類に区分されている。 サポカー• サポカーSベーシック• サポカーSベーシック+• サポカーSワイド サポカー サポカーとは『セーフティー・サポートカー』の略称である。 対車両への追突防止自動ブレーキが搭載されているものがサポカーである。 自動ブレーキが搭載されているサポカーの中でも更にペダル踏み間違い時の加速抑制装置が搭載されている車両がサポカーSと呼ばれる。 サポカーSの中にも更に搭載されている安全装置によって細かく区分されている。 サポカーSベーシック 対車両の自動ブレーキ、ペダル踏み間違い時加速抑制装置が搭載されている。 サポカーSワイド 車両だけでなく対歩行者でも作動する自動ブレーキ、ペダル踏み間違い時加速抑制装置、車線逸脱警報(車線維持支援も可)、先進ライト(自動切替型前照灯、自動防眩型前照灯または配光可変型前照灯など)が搭載されている。 自動ブレーキ補助金の対象車種 2019年度予算案に1130億円もの予算が計上されているが、2017年から香川県ではサポカー補助金が交付されている。 その香川県での交付対象車種はサポカーSワイドに対しての補助金であったので今回の政府の補助金もサポカーSワイドに対して交付こととなる。 サポカーSワイドの特徴 サポカーSワイドは自動ブレーキが対車両だけでなく対歩行者にも反応する点が特徴である。 高齢者が起こす事故の中でも歩行者をはねてしまう事故が後を絶たない。 そういった事故が少しでも減らすことができるようにサポカーSワイドに区分される車種が普及することが大切である。 サポカーSワイドに区分される車種一覧 コンパクトカー• カローラスポーツ• アクア• ヴィッツ• スペイド• ポルテ• タンク• ルーミー• パッソ ミニバン• アルファード• ヴェルファイア• ヴォクシー• エスクァイア• グランエース• シエンタ セダン• クラウン• カムリ• プリウス• プリウスPHV• カローラ• MIRAI ワゴン• カローラツーリング SUV スポーツ• RAV4• ハリアー• C-HR• ライズ• スープラ 人気記事ベスト• ゴルフをやる人ならクルマの買い替えを検討するときにゴルフバッグが横向きに積めるかは気になるところですよね。 229件のビュー• トヨタの新型車に続々と標準設定されているディスプレイオーディオ。 難点はCDやDVDが再生できないということ。 172件のビュー• 現在新車で発売している車種のほとんどがパンク修理キットを標準搭載している。 スペアタイヤはメーカーオプション設定... 68件のビュー• 2017年にトヨタ自動車より発表されていたが、あまりその時は話題にならなかった不具合がある。 アクア、シエンタ、... 53件のビュー• エンジン回転数が低くてエンストしそうになったことはありませんか?そういったときの対処法を教えます。... 45件のビュー• 画面収録の可否 答えから言うと、iPhoneの画面収録機能でAmazon prime videoの映像を... 41件のビュー• 新型コロナウイルスの感染予防の観点で、PTAのいろいろな行事を中止にしていかなければならない。 将来的には負担軽... 31件のビュー• Apple Storeにネット注文アップルストアにネットで注文したMacBook Proがどれくらいの日数で自... 27件のビュー• アクアドアミラー故障アクアのドアミラーを開こうとしたときに動かないことはありませんか? まるでドアミラーのヒ... 26件のビュー• 2006年に発売以来、ミニバンのトップランナーとして走り続けてきたエスティマがついにフルモデルチェンジ。 25件のビュー.

次の

後付け安全装置は「自動ブレーキ」ではない?正しい「踏み間違い防止装置」の仕組みや機能を解説

自動 ブレーキ 補助 金 自治体

あなたのクルマには、「」が装備されているでしょうか?によると、2016年に日本で生産された新車のうち、66. 日本政府が進めている「」により、2021年11月以降段階を追って、発売される新型モデルの自動車へ自動ブレーキの装備義務化が予定されています。 自動ブレーキ義務化は現状、新車のみが対象の予定です。 現在乗っているクルマにできる対策はあるのでしょうか? 今回は、現在乗っているクルマに自動ブレーキを後付けできるのかご紹介します。 長く大切に乗っているクルマをこれから先も安心して乗れるのか気になっている方も多いでしょう。 ぜひ、読んで頭に入れておきましょう! 目次• adobe. com なぜ、自動ブレーキの義務化が進められているのでしょうか。 2017年1月より、国連自動車基準調和世界フォーラム(WP29)上で日本が提案し議長として衝突被害軽減ブレーキの国際基準のガイドラインを検討してきました。 「高齢者の運転による事故」「子どもを巻き込んだ事故の撲滅」が主な目的です。 2年間もの期間をかけて、2019年6月に国際基準が成立しています。 このような世界的な自動ブレーキに対する取り組みが自動ブレーキの義務化が薦められている理由の1つ考えられるでしょう。 では、実際に自動車メーカーでは自動ブレーキ義務化にどう対応しているのか紹介していきます。 adobe. com 経済産業省によると、に衝突被害軽減ブレーキが搭載しているとのデータが公表されています。 各自動車メーカーの自動ブレーキ義務化の対応は? 各自動車メーカーが取り組んでいる自動ブレーキ義務化の対応を紹介します。 トヨタ「Toyota Safety Sense」 「」の特徴は以下の3つです。 「カメラ」&「レーダー」の検知で夜間でも自動ブレーキに対応• 交差点で対向車線のクルマや歩行者横断を検知してくれる• 夜間の歩行者や自動車まで検知を可能としている カメラによる画像認識と、レーダーによる感知で歩行者や先行するクルマ、対向車線のクルマまで検知できるのです。 雨や霧などの状況変化にも対応し、遠距離感知もしてくれる優れた技術を持っています。 「Toyota Safety Sense」は4種類の自動ブレーキが存在し、車種によって異なります。 「Toyota Safety Sense」の種類 ・交差点の対向車種および右左折時の横断者検知 ・対歩行者・対車両(昼・夜)自転車運転者(昼) ・対歩行者(昼)・対車両 ・対車両 スバル「アイサイト Ver. 3」 の特徴は以下の3つです。 プリクラッシュブレーキによる2段階のブレーキ補助と3段階の警告• 後退時のブレーキアシスト機能で駐車時も安心• AT誤発進抑制制御による衝突回避の補助 しています。 前を走る車両に対し車間距離で追突の危険を伝える3段階の警告と、2段階のブレーキアシストで被害を最低限に食い止めるシステムを自動ブレーキに採用しています。 また、後退時の衝突回避用のブレーキアシストや誤発進を抑えるシステムを備えているのです。 日産自動車「インテリジェント エマージェンシーブレーキ」 は以下の3つです。 緩い減速から緊急ブレーキの2段階で衝突を回避する操作をドライバーに伝える• 前方の車両や歩行者の有無をカメラで感知し、距離を測定できる• 一部車種にて夜間走行中の検知が可能に 前方の車両や歩行者に衝突する危険性を判断し、音による警告と自動的に弱いブレーキを作動させます。 ドライバーによる危険回避操作が認識されなかった場合は、自動で衝突直前に強いブレーキが作動するのです。 よって、衝突を回避する、あるいは被害の軽減を手助けする効果があります。 ホンダ「Honda SENSING」 は以下の3つです。 ミリ波レーダーで車両を認識• 軽い自動ブレーキから強い自動ブレーキの2段階で被害軽減をアシスト• 対向車に接近した場合、ステアリングの振動による警告システムを装備 ミリ波レーダーにより、前を走行する車両や対向車線の車両を感知します。 衝突の可能性が高まると警告をうながし、自動ブレーキが状況に応じて2段階かかる仕組みです。 対向車線のクルマに接近した場合は、ステアリング振動で警告をうながし、危険回避の操作を手助けしてくれるのです。 マツダ「i-ACTIVSENSE」 は以下の2つです。 時速30kmまでの低速走行時の衝突被害をブレーキがアシスト• 近赤外線センサーで目の前の車両をとらえ、ブレーキを自動制御 フロントガラスに設置した近赤外線センサーにより、時速30kmまでの低速走行時に前方のクルマに衝突する可能性が高いとブレーキを自動正業するシステムが働きます。 ドライバー自身がブレーキペダルを踏むと即座に強い制御が働くので、衝突の回避をサポートしてくれるのです。 adobe. com 実は、衝突被害軽減ブレーキの後付け対応をしている自動車メーカーは現時点で見当たらず、後付けキットの発売予定もありません。 現状では自動ブレーキを装備している新車、もしくは中古車を購入するしか方法が存在しないのです。 ただし、衝突被害を軽減する自動ブレーキは後付けできませんが、踏み間違い防止装置であれば一部メーカー、及びカー用品店から発売されています。 「踏み間違い加速抑制システム」(トヨタ自動車)• 商品の特徴を紹介します。 前後に合計4つのセンサーを設置して障害物をとらえる• ガラスでも反応するセンサーを装備• バックの時にアクセルを踏んでしまっても加速を抑える 前後に2つ、合計4つの超音波センサーを設置して障害物をとらえます。 誤ってペダルを踏み間違えても加速を抑えるので、衝突の被害を軽くできるのです。 車内に設置する表示機のランプ点滅でドライバーに知らせます。 加えて、ガラスも障害物として検知します。 スーパーマーケットや小売店の駐車場スペースで駐車時にぺダルを踏み間違えても、センサーが反応し店舗へ飛び込む危険を回避するよう手助けをしてくれるのです。 ただし「踏み間違い加速抑制システム」は運転をアシストしてくれる機能。 ドライバー自身が安全確認をしなければならないので注意が必要です。 「踏み間違い加速抑制システム」の対応車種は以下の通りです。 対応車種(安全装置非装備の車種。 商品の特徴を紹介します。 短時間で急激なペダルの踏み込みを感知するとシステムが作動• 軽自動車からまで200車種以上に対応 停車時もしくは時速10km未満で走行している時、急なペダルの踏み込みを感知すると、「急発進防止装置」が働き急発進を防止してくれるのです。 システムが作動すると「クリープ現象」の状態でゆっくり進みます。 落ち着いてブレーキペダルを踏むとクルマを止められる補助装置の役割を果たすのです。 ただし、ブレーキ制御の装置ではありません。 自動で減速はしない点に注意しましょう。 は以下の通りです。 市販の軽自動車やミニバンまで200車種以上に対応しています。 adobe. com 自動ブレーキの後付けについて補助金制度を設けている自治体が日本各地に存在します。 以下、事例を政府が実施している補助金制度と合わせての紹介です。 今すぐ購入を検討しているならば、参考にしてください。 国土交通省「サポカー補助金」 現在、国土交通省が実施している「補助金」の例です。 衝突被害軽減ブレーキ、ペダル踏み間違い急発進等抑制装置を装備した新車の購入時に補助金が降りる制度ですが、後付けの装置に関しては以下の説明がされています。 サポカー補助金の対象となる後付けペダル踏み間違い急発進抑制装置については、当該審査委員会における審査結果が、国土交通省による先行個別認定を受けている装置であるものとして、併せてとりまとめられました。 なお、対象期間及び販売・取付事業者については、今後可及的速やかにお知らせします。 現状、補助金制度の適用については触れられていないので注意しましょう。 今後、国土交通省より対象商品や対象期間などの詳細が発表となる予定です。 各地自治体の補助金制度 全国各地の自治体で実施している補助金制度の例を挙げていきます。 東京都「高齢者安全運転支援装置設置促進事業補助金」 東京都が実施している「」は交通事故対策を目的とした、高齢者ドライバーによるペダル踏み間違い抑制装置の購入費用を補助する制度です。 都内在住で令和元年中に70歳以上となり、有効な運転免許証を所有する人が対象• 自家用車と認可され、安全運転支援装置の搭載が可能な車種が対象• 対象となるクルマの所有者と使用者の名義が同一である、もしくは住所が同一である必要がある 安全運転支援装置の購入を、東京都から販売事業者に費用の9割を負担します。 購入した高齢者ドライバーの負担が1割で済むようになる制度です。 よって、年金や老後の貯蓄で生活している高齢者でも安心してペダル踏み間違え抑制装置が購入できます。 愛知県豊田市「後付け安全運転支援装置設置費補助金」 愛知県豊田市が実施している「」は、自動車運転を必要とする高齢者ドライバーを対象としたペダル踏み間違え抑制装置の購入を補助する制度です。 補助制度実施期間は令和元年12月1日から令和3年3月31日まで• 市内在住で申請年度末時点までに70歳以上となり、有効な運転免許証を所有する人が対象• 豊田市内で登録した自家用車であり、対象の期間以降に安全装置を設置した人が対象• 上限6万円まで、1人1台分までが対象 安全運転支援装置の設置に対して、豊田市が販売事業者に設置費総額(安全装置本体+部品+工賃)の9割を負担します。 購入する高齢者ドライバーの費用負担が1割に抑えられるのです。 ただし、豊田市の場合は令和元年12月より、令和3年3月31日までと期限が決まっているので注意しましょう。 まとめ ここまで、自動ブレーキの後付け装置について紹介してきました。 以下、簡単なおさらいをしましょう。 「自動ブレーキ義務化」が進み交通事故の撲滅が進んでいる• 75歳以上の「ペダル踏み間違い」による事故が後を絶たない• 「衝突被害軽減ブレーキ」の後付けは現状不可能• 「ペダル踏み間違え抑制装置」であれば後付けが可能• 各自治体により装置の購入補助金制度が設けられている 国際基準で自動ブレーキ義務化が進む中で、高齢者ドライバーの運転中の事故や子どもを巻き込んだ交通事故などの撲滅を目指していく方向に向かいつつあります。 現状、衝突被害軽減ブレーキの後付けができない状況ですが、ペダル踏み間違え抑制装置については所有しているクルマでも対応が可能です。 しかし、最後はドライバーの責任が問われます。 自動ブレーキは運転を「手助け」してくれるシステムです。 ハンドルを握るドライバーが常に安全運転を心掛けなければならないと改めて頭の中に入れて、快適なドライブを続けていきましょう!.

次の