ぶつけ て ない の に あざ。 あざが黄色い3つの原因!腕や体にできるのは病気!?

内出血が治らない原因は?病気?病院は何科に行けばいい?

ぶつけ て ない の に あざ

まあ、文章だけで見ていないので紫斑病の可能性も捨て切れませんが、多くはビタミンの不足からくるものが多いです。 他に出血しているような事はないんでしょう? せいぜい歯磨き時に歯茎から血が出る程度でしょう。 もし、便や尿に出血傾向があるなら、病院へ行きましょう。 大人だと慢性の経過をしますが、確かにこれだと脳出血に結びつきます。 コンビニに行って、ビタミンCを重点的に、そのほかにビタミンAとB系統、それから蛋白質を多めに飲めば治ります。 量は、特にビタミンCは500ミリグラムを毎時間一つづつ飲んで、下痢する寸前量が現在の貴君の必要量ですから、それを覚えて、毎日タイムピルでなければ、分けて飲みましょう。 これが原因なら、短期日で止まるはずですから、試してください。 だめなら病院へ。 どうせ慢性経過中のはずですから。 これ以外と今でも多いのです。 Q どこにもぶつけたり当たったりしていないのに、青あざ(正確には青紫)が出来ます。 2週間前にも膝や手首にあったのですが、数日すると消えてしまい また今回手首に一つ出来ています。 これは十年程前に初めて出ました。 (ぶつけてないのに青あざ) 当時肝臓の数値が急上昇したり 結局は薬を服用していた為)、ストレスで毎夕方になると 熱が出たり、最終的には慢性扁桃腺手術しました。 その間にあざが出来たので(肩とかにも数個)かかりつけ医に診てもらったところ よく分からないけどアレルギー性の皮下出血ではないかという事でした。 おじいちゃん先生だったので正確な診断だったかは分かりませんが、 あざが出ても押して痛い訳でなく、色だけの症状だったので今まで特に気にしていませんでした。 ただ現在私には家庭もあり、変な病気になっても困るので今さら心配しています。 ちなみに私は基本的には抵抗力が弱く、数年前までは毎年絶対声が出ないほどの風邪を引いてました。 現在は過敏性腸症候群で、ストレスや睡眠不足が続くと慢性的な胃や腸の 痛みに襲われます。 (下痢タイプではないです) また、今年の5月から爪の甘皮がなくなり爪がでこぼこするという症状が出ています。 (これは5月の診察では貧血気味じゃないかと医師に言われました。 血液検査はしていません。 先日は甘皮が無いため細菌感染し膿が溜まったので、別の医師に診てもらったところ 乾燥が原因だと言われました) 青あざは一年に数回出ることもあれば一回しか出ないこともあります。 昨年10月に出産したのですが、妊娠中から先日までも出たことは無かったはずだと思います。 あ、それと先日献血に行ったのですが、後日検査表みたいなのが送られてきましたが 特に数値が異常な項目はありませんでした。 どんな事でもいいので何か教えてください。 どこにもぶつけたり当たったりしていないのに、青あざ(正確には青紫)が出来ます。 2週間前にも膝や手首にあったのですが、数日すると消えてしまい また今回手首に一つ出来ています。 これは十年程前に初めて出ました。 (ぶつけてないのに青あざ) 当時肝臓の数値が急上昇したり 結局は薬を服用していた為)、ストレスで毎夕方になると 熱が出たり、最終的には慢性扁桃腺手術しました。 その間にあざが出来たので(肩とかにも数個)かかりつけ医に診てもらったところ よく分からないけどアレルギー性の... A ベストアンサー 医師です。 青あざは皮下出血です。 通常はいわゆる打撲によるものがほとんどですが、血液凝固能(血を固まらせる機能)が低下すると、皮下出血などしやすい状況になります。 いわゆる紫斑病といわれる疾患群などがその代表ですが、紫斑病の特徴は全身性であることが多いので、ある部分だけできやすい、ということはあまり考えられません。 また、他にも歯肉出血(歯茎から血が出やすくなる)なども合併します。 検査所見上は、血液凝固時間の亢進がみられたり、血小板の減少がみられたりします。 血液凝固能についてはPTなどの検査値を見ますが、これが正常であればまず紫斑病は否定されます。 全身に複数の青あざができるようでしたら、内科の受診をお勧めしますが、症状を拝見する限りは、まず経過観察でよろしいかと存じます。 貧血が強く出たりするようであれば、すぐに内科を受診してくださいね。 通常その分解産物も吸収されて消えるもので全く問題がないものです。

次の

ふくらはぎの内出血(あざ)の原因は病気?痛い、痛くない場合それぞれについて解説!

ぶつけ て ない の に あざ

あざができてしまった…はやく治すには?! あざって、たまにマスタードのような粒粒な柄になって、自分でも「ちょっと気持ち悪いな…」と思うことはありませんか?それが人に見られてしまうとしたら、どうでしょう。 当然、気にしてしまいますよね。 冷やすことで、血液の流れが抑えられるので、炎症も防げます。 1日~3日冷やすのが目安ですよ! そして、 ぶつけた場所の腫れ感が引いてきたら、今度は患部を温めます。 体温程度のお湯で、タオルを濡らし、絞ってあざの場所に当てましょう!タオルが冷めてきたら、またお湯で濡らして、絞って、当てる。 この繰り返しなので、面倒に感じるかもしれませんが、あざの色を残さないためには、とても有効なんです。 温めるという点では、ぬるま湯に患部を浸す、というのも良いのでは。 ビタミンCは、果物や野菜に、鉄分はひじきやレバーに多く含まれます。 意識して多く摂するようにすると良いのではないでしょうか。 アトピー性皮膚炎の治療にも使われる、優しい成分なんですよ!うっ血(血がたまっていること)に働きかけ、治りを良くしてくれます。 ただし、ヒルドイドは医師の処方せんがなければ手に入りません。 市販薬でも、ヒルドイドと同じ成分が入ったものがあるので、探してみてはいかがでしょうか。 参考までに、ドラッグストアで購入できるものを紹介しますね。 ヘパソフトプラス(ロート製薬) 出典: 冬の乾燥肌のケアに効く商品ですが、ヒルドイドと同じ肌の修復成分も含まれています。 保湿と抗炎症作用で、あざをやさしく治療してくれるんです! HPクリーム(グラクソ・スミスクラインコンシューマーヘルスケア) 出典: こちらも、肌の修復成分が含まれますよ。 スポンサーリンク ローションとクリームがありますが、あざにはクリームの方が使いやすそうですね。 アットノン(小林製薬) 出典: やけどの痕などにも使えるアットノンも、ヒルドイドと同じ成分を含んでいますよ。 塗り薬にはめずらしいジェルタイプなので、少し値が張りますが、こちらもおすすめです。 レーザー治療 時間が経っても、何をしても、どうしてもあざが治らない(消えない)場合は、メラニン色素が沈着している可能性があります。 その場合は、 レーザーでなければ色素を取ることができないので、病院で相談してみましょう。 ここまで、あざをはやく治す方法についてお話ししました。 中でも、あざはすぐに冷却すれば早く治るもの、というのは意外に知られていなかったのではないでしょうか。 ぶつけてから3日経っていなければ、今からでも間に合いますよ!しっかり処置しましょうね。 参考: 急にあざが…これって病気?! 転んだり、ぶつけたりした覚えもないのに、あざができていたら…。 以前は、身に覚えのないあざや切り傷ができていたら、「かまいたちだ!」と言って、目に見えないイタチの仕業にしていました。 でも、かまいたちより怖いものが、忍び寄っている可能性がありますよ。 白血病 白血球が、体の中で異常な勢いで増える病気です。 血液のがん、と聞いたことがる人もいるでしょう。 この病気では、血液中の白血球が増える代わりに、血を固め、出血を止める役割のある血小板が少なくなってしまいます。 その影響で、ぶつけた覚えがなくてもあざができてしまうことがあるんです。 血小板減少性紫斑(しはん)病 白血病と同じように、血小板が減少することで起こる病気です。 血小板が減ったことで、血を止める機能が著しく低下している可能性がありますよ!ちょっとしたことで、すぐにあざができてしまう場合は、要注意です。 悪性黒色腫 別名メラノーマと言います。 皮膚がんの一種で、黒っぽいあざ(ほくろのように見えるかもしれません)ができ、その大きさは直径1cmと大きいことが特徴です。 ほくろのような見た目で、徐々に大きくなってきているものは要注意! 血管腫 生まれつきある良性の腫瘍です。 血管のない日細胞が異常に増えることで起き、表面の赤いあざや、イチゴのように赤く膨れ上がったものなど、形はさまざま。 治療をするとなると、レーザー療法が主流です。 扁平母斑(へんぺいぼはん) これは、 茶色っぽいあざで、カフェオレ斑と呼ばれることもあります。 生まれつきある場合と、思春期にできる場合がありますが、悪性はありません。 どうしても取りたい場合は、こちらもレーザー療法になることが多いようです。 いかがでしょうか。 白血病やメラノーマなど、ガンによってあざができるのは怖いことですよね。 また、生まれつきあざがある場合は、病気ではなくても、比較的目立つものが多いようです。 どうしてあざができてしまったのか、見当がつくかどうかに関わらず、病院を受診することをおすすめしますよ。 あとで、「このあざは病気が原因だったなんて…」と気づいたのでは、手遅れになることもあるんですから! 参考: まとめ 体にできてしまったあざを治すには、ぶつけたり転んだりしてから、3日以内に冷却することが大切です。 十分冷却したあとで、あたためたり塗り薬をぬったりするとより効果的ですよ!ビタミンCや、鉄分をしっかり摂取するのも大事ですね。 病院を受診すれば、ヒルドイドという薬を処方してもらえますが、どうしても病院に行く時間がない場合は、ヘパソフトプラスなどの、ヒルドイドと同じ成分の入った市販薬を試すのも良いでしょう。 また、身に覚えのないあざができた場合は、白血病やメラノーマなどの重大な病気であることが考えられるのも事実です。 おかしいな、と思うことがあれば、すぐに病院を受診すると良いでしょう。 あざには、ここで紹介したようにたくさんの種類がありますが、正しい処置をすればちゃんと治ることがほとんどです! まずは、ひやすところから始めましょう! 参考: カテゴリー•

次の

【決定版】体にできたあざの治し方と原因まとめ

ぶつけ て ない の に あざ

眠りから目が覚めた時に、ぶつけた記憶もないのに足や腕にあざができていることはありませんか? それは、夢の中でアイスホッケーをプレイしていたからではありません。 あざができていた理由は意外と単純で、その原因は私たちの皮膚構造にあったのです。 世の中にはあざができやすい人がいて、特に女性に多く見られます。 皮膚科医のJoel Cohen氏がデジタルメディア「Vice」で説明していたところによれば、あざができやすい人は、肌に含まれるコラーゲンが少ないことが多いそうです。 肌はコラーゲンをはじめとした複数の層からできていて、体の内部、とりわけ血管をダメージから守っています。 コラーゲンが不足していると、血管を守る層が薄くなって内出血が起き、あざができやすくなってしまうのです コラーゲンは「肌の主要な構成要素」で、真皮層で線維をつなげあってネットをつくり、皮膚を構成するほかの要素がばらばらにならないようにまとめています。 コラーゲンは血管の外壁にも含まれていて、何かがぶつかった時の鈍い衝撃から血管を保護する役目も持っています。 一方、真皮層の下にある皮下脂肪は、構造的には血管を守っていません。 皮下脂肪はどちらかと言うとパッドのようなものです。 「(皮下脂肪は)骨の手前にある緩衝材の一部なのです。 皮下脂肪は骨と筋肉を外部から守っています」と、Cohen氏は言います。 また、コラーゲンの層が薄いと、あざが表面に透けて見えやすくなります。 人によりますが、女性は男性よりもコラーゲンが少ないので、ちょっとしたあざが頻繁にできます。 大きなあざは大きな外傷を受けたという意味なので、放置すべきではありませんが、軽いあざは、気がつかない程度にぶつけただけでもできてしまうのです。 Vice Eric Ravenscraft(/訳:遠藤康子/ガリレオ) Photo by Shutterstock.

次の