頭 が クラクラ する。 頭がクラクラする原因は?対策方法や病気について!

筋トレをすると貧血症状のように頭がくらくらします。なぜでしょうか?私...

頭 が クラクラ する

更年期にさしかかった女性は、何もしていないのに頭が急にクラクラするめまいの症状に悩まされることがあります。 これはホルモンバランスの崩れによっておこるものなので、更年期性のめまいを心配する必要はありません。 ただ、よく似ためまいはほかの深刻な疾患でも引き起こされます。 症状が長引くときは専門医を受診し、原因を早めに特定しましょう。 更年期の女性にめまいがよくみられる理由 40代以上の女性はホルモンバランスが崩れやすくなっています。 この時期に大きく減少するのは、女性ホルモンのひとつであるエストロゲンです。 エストロゲンには血管拡張作用があるため、これが減少すると体の血流が悪くなります。 脳への血流量も不足し、めまいがおきると考えられています。 更年期が原因のめまいの特徴 更年期性のめまいの一般的な特徴は、頭が突然クラクラしたり、床が揺れている感覚になったりすることです。 このめまいにはとくに前触れもなく、急に振り向くなど、首に負担をかける動作をしない場合でもおこります。 体がほてる、汗をよくかく、イライラするなど、更年期特有のほかの症状が、めまいと同時にみられることもあります。 しかし個人差も大きく、症状だけでは更年期が原因かどうかを正しく判別することはむずかしいでしょう。 気になるときは病院で受診し、必要な検査を受ける法が安心です。 更年期だからと思ってめまいを放置していると、ほかの疾患を見逃すこともあります。 更年期障害とまちがえやすい危険なめまい 首の骨の疾患である腰椎椎間板ヘルニアを患っていると、更年期障害性によく似ためまいが起きることがあります。 めまいだけでなく、強い頭痛や手や下肢にしびれがみられる場合はこの疾患を疑いましょう。 子宮筋腫や子宮内膜症が悪化したときも、全身の血流不足から頭がクラクラすることもよくあります。 床がふわふわと揺れているようなめまいは、脳腫瘍、脳血栓、脳梗塞などの脳の病気の場合にもみられます。 高血圧や自律神経失調症も、同じようなタイプのめまいを引き起こす疾患です。 めまいのほかに耳鳴りがおきる場合は、突発性難聴やメニエール病の可能性もあります。 めまいはめずらしい症状ではないため、原因の特定はかえって困難です。 しばらく休養をとってもおさまらないときは、専門の医療機関で検査を受けるほうがいいでしょう。 更年期によるめまいの治療法 更年期自体は止めることができないため、このめまいの原因を取りのぞくことは不可能です。 しかし自律神経を整える努力を続ければ、このタイプのめまいでも少しずつ改善させることができます。 睡眠不足や過労による体の疲れ、強いストレスによるメンタルの疲れなどを、なるべく溜め込まないようにしましょう。 自律神経を整える作用のある漢方薬の服用も、めまいを含む更年期障害の改善に効果があります。 更年期は40代半ばから始まり、10年近く続きます。 女性特有の更年期のめまいには、根気欲つきあっていく覚悟が必要です。

次の

「頭がクラクラする」は英語でどう言う?

頭 が クラクラ する

1・貧血で頭がくらくらする場合 頭がくらくらする時は、貧血が原因であることもあります。 特に女性は冷えによる貧血を感じることも多く、 冷えで血の巡りが悪くなって貧血になり、頭がくらくらするようなことがあります。 軽いめまいも感じるようになったら貧血が原因であることが多いので、 しばらく座って休んでみたり、 鉄分の多い食べ物を食べて改善するようにしましょう。 また、貧血はなりやすい体質などもあるので、 頻繁に頭のくらくらやめまいを感じるようであれば、貧血予防も心がけましょう。 2・熱中症で頭がくらくらする場合 夏場に頭がくらくらする時は、熱中症になっているのかもしれません。 熱中症の軽い初期段階であれば頭がくらくらしてくることがあります。 重症化してしまうと、目の前が真っ暗になってしまったり、 冷や汗が出てしまうようなことがあります。 真夏に帽子もかぶらずに外に出ているようなことがあったら、 頭を守るために日光を遮るものを利用するようにもしましょう。 帽子がなければタオルで日光を遮ってもいいでしょう。 真夏に頭がくらくらしてきたら、 熱中症が酷くならないように日陰に入って休んだり、 室内にいても、水分をたくさん摂取するようにしましょう。 スポンサードリンク 3・血圧が原因で頭がくらくらする 血圧の最高値が100mmHg以下の人は 低血圧となります。 低血圧だと、長時間立っていたり急に立ち上がった時などに、 目の前が暗くなり、めまいや頭がくらっときてしまう事があります。 低血圧と思われる方は、朝食をしっかり取りましょう。 ホウレンソウやブロッコリー等の野菜類がおすすめです。 逆に低血圧の症状もなく、いつもと変わらない生活をしているのに 急に頭がくらくらするような時は、 高血圧が原因かもしれません。 自分の血圧には無頓着な人も多いですが、 塩分の取り過ぎや運動不足で高血圧症予備軍になっている人は多く、 それは若い人でも注意しなければなりません。 血圧が上がっていると頭痛がしたり頭がくらくらしてくることがあるので、 特に病気の症状もないのにくらくらするような時は 高血圧になっていないか、血圧測定器などを使って調べてみましょう。 血圧はかなり高くならないと頭痛や異常を感じることはありませんが、 知らないうちに高血圧になっている人は多いので、 健康でも頭がくらくらする時は高血圧も疑ってみましょう。 4・目が疲れていて頭がくらくらする 目が疲れていると、頭がくらくらすることがあります。 スマートフォンの見過ぎや液晶画面の見過ぎで目が乾いていると 目が疲れを感じるようにもなり、脳に負担をかけてしまうことにもなります。 目の神経は脳とつながっているので、 目が疲れていて視界がぼやけるようなことがあると、 脳も疲れを感じるようになります。 そういった脳の疲れから頭がくらくらしてしまうこともあるので、 頭がくらくらしてきたら目の疲れを取り除くことも大事です。 特に 自律神経はストレスに敏感で、深い悩みがあって、 その悩みが解決しないとどんどん乱れてしまいます。 ですから考え事や悩み事が原因で頭がくらくらしてしまうということもあります。 そういった時はひとまず考えるのをやめて、 外で運動をしてみたり、たっぷり睡眠を取るなどしてみましょう。 栄養バランスの取れた食事や、 十分な睡眠をとることで頭がスッキリしてくらくらしなくなることも多いです。 [まとめ] 今回は、日々の生活の中に原因がある例をいくつかご紹介しました。 頭がくらくらしてしまう時というのは、 体調不良が原因になっていることもありますが、 ちょっと体を休めるだけで解決できることも多くあります。 まずは何が原因でくらくらしているのかを考えてみて、 その原因を取り除くことで解決していくといいでしょう。 しかし、日々の生活を改善しても、 めまいや頭のくらくらが続くようでしたら なんらかの病気が疑われるので、医師の診察を受けてみましょう。 重大な病気のサインという可能性もあります。 関連記事としましてはこちらの記事もご参考下さい。

次の

頭がクラクラする原因は?対策方法や病気について!

頭 が クラクラ する

生活習慣を変えると改善する、寝起きのめまいはどんなタイプ? 目覚めていざ起きかけた時にめまいがすることはありませんか? 起き上がってベッドから離れようとしたとたんにクラクラ。 嫌なものです。 めまいが起こると 「どこか悪いのかしら?」 と不安になりますが、1日の始まりにめまいが起こると、不安を抱えた1日になってしまうものです。 ただし、めまいはすべて重大な病気の予兆というわけではありません。 少し生活スタイルを改善するだけで症状が改善される寝起きのめまいもあります。 毎日の生活をちょっと変えてみるだけで改善される寝起きのめまいには3つのタイプがあるということをご存知ですか? 生活スタイルを少し見直すと改善できる寝起きのめまいの3タイプとそれぞれの対処法をご紹介します。 1.ストレスによるめまい 夜はぐっすり眠れているでしょうか?布団に入ってもなかなか寝つけない、夜中に何度も目が覚める、目覚めた時にはっきり覚えているような夢をみる。 脳が休まっていないサインです。 食欲はありますか?ぐっすり眠れない、食欲がわかないというのはストレスが溜まっている証しです。 家庭と仕事を両立させようと頑張りすぎて知らず知らずストレスを溜めてしまっているのかもしれません。 子供の世話もしなくてはならない人、親の介護で大変な方もいることでしょう。 無意識のうちに溜まったストレスが、自律神経の不調を招いて寝起きのめまいというサインを発していることがあります。 そんなときは、できるだけ自分の楽しめることを見つけましょう。 また、戸外で太陽の光を浴びるだけでも心のバランスをよくする「セロトニン」が生成され良い影響を与えるといわれています。 お天気のいい日には戸外でランチをしたり、自分で気分転換できる楽しめることを見つけてストレスを解消しましょう! 2.低血圧によるめまい 「最近ぽっちゃりが気になりだしてきたから、朝食は抜いているのよ」という女性も多いですね。 朝はフルーツジュースか牛乳だけという人も少なくないようです。 また、家族のお弁当作りに時間がかかるから、自分の朝食は抜いてしまうという人もいるようです。 しかし、朝食抜きのライフスタイルを長く続けていると、どうしても血圧が低めになってしまいます。 低血圧が進行すると、朝なかなか起きられないようになります。 ようやく起きると、起き上がったとたんクラクラ。 こうした寝起きのめまいは低血圧が進行したために起こるものです。 朝食はしっかり食べるようにしましょう! 3.良性発作性頭位めまい症 健康なはずなのに寝起きにめまい ぐっすり眠れているし、朝食も毎日食べていて健康には自信があるのに、なぜか寝起きにめまいがするという人もいます。 時には立っていられなくなってしゃがみ込んだり、吐き気を感じたりすることもあるようです。 不安になりますよね。 めまいが続くのは30~60秒くらい。 美容院でシャンプーをしてもらう時や歯医者さんで治療を受けるために仰向けになって寝る時にも同じようなめまいが起こりませんか? そうした時にもクラクラするという場合には良性発作性頭位めまい症の可能性があります。 「良性発作性頭位めまい症」とは、内耳の中にある耳石という器官の一部が剥がれ落ち、剥がれた小さなかけらが同じく内耳の中にある三半規管に入ってめまいが起こる状態です。 三半規管に耳石のかけらが入ると、三半規管は体が揺れていると思い込んでめまいという反応を引き起こすのです。 約2~3週間で自然にめまいはおさまる 耳石のかけらは内耳の暗細胞で吸収されて消失しますので、たいていは2~3週間で自然にめまいはあさまってきます。 内耳での感染で生じることもありますし、加齢に伴う変形で生じることもあります。 良性発作性頭位めまい症は更年期以降の女性に多く見られます。 そんなめまいの対処法は毎日の食事でカルシウムを積極的に摂取して骨密度をアップさせることです。 起き上がる前にできる解消法 また、良性発作性頭位めまい症は寝相が良くて寝返りをあまり打たない人に多く生じるとも言われています。 目覚めて直ぐに起き上がらず、仰向けに寝たまま、ゆっくりと頭だけ右向きにして1から10まで数え、次にゆっくりと頭を左向きにしてまた1から10まで数える。 これだけで寝起きのめまいを解消できます。 まとめ いかがでしたでしょうか。 1日の始まりに不安感を与える寝起きのめまい。 しかし、生活スタイルを少し変えるだけで解消されるものもあります。 もしあなたの寝起きのめまいがこのどれかに当てはまったら、日々の生活習慣を少し改善して気持ちいい朝が迎えられるようにしてみてくださいね!.

次の