日本 大学 生産 工学部 ポータル サイト。 生産実習ドキュメント

マネジメント工学科

日本 大学 生産 工学部 ポータル サイト

生産工学部には2つのコースがあって、応用分子化学科の場合は 物質生命コースと国際化学技術者コースがあります。 就職は、千葉だからなのか、なぜかディズニーのスタッフとか小企業ばっか。 それにくらべて、国際化学技術者コースは必須科目も多いし、内容も理科大並に充実しており、勉強しないとついていけない状態です。 卒業すると、技術士補が取れます。 が、技術士の1次試験免除なだけで使い物にはなりません。 大学院進学向けのコースです。 専門知識はそれなりについていけるし、化学に関してはかなり上位な感じです。 偏差値は低いですが、本人のやる気次第でだいぶ進路に響くかも。 全体の雰囲気としてはまあまあ。 教授もいい方々がいますよ。 入って後悔はしないですが、やっぱり世間は学歴なので出た後後悔してる方がほとんど。 結局、上のレベルを目指して勉強してください。

次の

ホーム

日本 大学 生産 工学部 ポータル サイト

akira( nihon-u. jp) 研究室URL 学歴・職歴 1995年 日本大学生産工学部電気工学科卒業 1997年 日本大学生産工学研究科博士前期課程 電気工学専攻修了 1997年 日本大学生産工学部 副手 1999年 日本大学 助手 生産工学部 2004年 日本大学 専任講師 生産工学部 2009年 日本大学 准教授 生産工学部 2017年 日本大学 教授 生産工学部 生年月日 出身地 趣味 お薦めの本 研究テーマ・概要 研究の主題 快適な視環境の実現を目指した照明工学に基づく研究 主な研究テーマ• 照度・輝度測定や照度計算による定量的な照明設計方法と設計資料の構築• 発光ダイオード(LED)や有機ELなどの固体照明光源の有効的な利用方法の提案• 生活や作業を行う上で適切な明るさ,色,快適性を満足する人間の視覚・色覚特性の解明 研究論文• 画像処理を用いた水面上の油膜検知方法と手順に関する基礎的研究、電気設備学会誌 29-9、pp. 777-782 2009• Attempt to predict utilization factors on working plane within shadow under task ambient lighting, Journal of Light and Visual Environment, 30-3, pp. 148-155 2006• スポーツ照明において生じる影の定量評価に関する基礎的検討、日本大学生産工学部研究報告A(理工系)36-2、pp. 1-8 2003• 電飾看板発光面の輝度分布簡易予測法について、照明学会誌 87-11、pp. 891-897 2003• 電飾看板発光面の輝度分布についての基礎的検討、電気設備学会誌 23-10、pp. 803-809 2003 他 著書 所属学会及び学外での活動 所属学会:照明学会、日本照明委員会、電気設備学会、電気学会、日本色彩学会、 社 照明学会 文献情報委員会 委員、 社 照明学会 照明教室専門部会 委員.

次の

生産工学部

日本 大学 生産 工学部 ポータル サイト

実習は必修ですか? A. 実習は3年次必修です。 期間はどのくらいですか? A. 多くの実習が、3年生の夏休み期間中に、10日間(70時間)もしくは20日間(140時間)行われます。 実習の全体の流れを教えてください。 履修手順に関するガイダンスから始まり、ビジネススキル基礎講座など事前準備を経て企業へ訪問します。 生産実習終了後は実習レポートや成果報告書を作成し、生産実習で学んだことをプレゼンテーションします。 実習先は自分で選べますか? A. 自分が興味のある企業を候補として選べますが、最終的には担当の先生と相談して決めたり、先生からの推薦によって実習先を選ぶケースもあります。 実習先はどのくらいありますか? A. 約800社、さまざまな業界、業種の企業・機関が実習先として委託されています。 実習先はどのようなところですか? A. 大手企業・官公庁から個人事務所まで、あらゆるタイプの実習先があります。 オフィスの中で実習をすることもあれば、工場や研究所など、現場で実習することもあります。 実習先に大学の先生は引率しますか? A. 実習先に先生が引率することはありません。 実習に行く前にどんな準備が必要ですか? A. 実習先に行く企業の研究、自分自身がどんなことを吸収したいかなど、社会の中の一員として高い意識を持つことが重要です。 どんなことが身につきますか? A. 社会人としてのマナーはもちろんのこと、働くことの責任感、チームワークなど、実際に就職してからのイメージを掴むことができます。 就職に有利ですか? A. 自分自身がどんな職業に就きたいのか、何がやりたいのかなど確認することができますので、就職先を選ぶ上ではとても有効です。 生産実習をすることがそのまま就職に有利になるわけではありませんが、実際の職場体験をしていることで、採用面接などでは他の学生よりも具体的な話ができると思います。

次の