あいのり 22話。 あいのりアジアンジャーニー2

あいのりアジアンジャーニー2

あいのり 22話

あおにゃんが出した結論 昨日は気持ちを伝えてくれてありがとう。 (中略)わたしのこのあいのりの旅が楽しくなったのもジェノベのおかげだなって思ってる。 でも、ごめんなさい。 わたしは、ジェノベのトイレみたいな存在にはなれません。 正直最初男子メンバーの中でも恋愛対象に見れないって思ったし、絶対に無理だなって思う気持ちとかが強くて、日本で一緒にいること全然想像できなくて…。 わりと早く結論が出てしまい、ジェノベとあおにゃんはカップルになることができなかったと誰もが思った…たった一人の男を除いて。 まだ諦めていないジェノベは改めてあおにゃんの説得を始めるのであった。 さすが、肉食系男子!たった一回のNGじゃ諦められないってことなんだよね。 ジェノベの説得 変わったべ、今は?俺だってそうだよ。 (中略)本当に幸せにするし、ずっと守るし、もうあおにゃんは俺のそばで笑ってくれてれば、それ以外はなにも求めない。 ずっと俺のそばで笑っててください。 ジェノベの言葉を聞いたあおにゃんは、うつむいたまま頷く。 もしかして…ひっくり返えるのか…!? ふたたび話し始めたあおにゃんは 「ジェノベが家族を大切にしているところや素敵なところをたくさん知ることができた」と素直な気持ちを伝える。 それに対し、ジェノベは 「人は見かけじゃないって、チェンジ・ザ・ワールドだよ」と…。 「チェンジ・ザ・ワールド」ってなんだよと突っこみたくなるけど、人は見た目だけじゃないよね。 見かけが良くても中身が最悪な人っていっぱいいるし。 ふたたび考え込んでいたあおにゃんから信じられない言葉が…。 あおにゃんが出した最終結論 さっき、わたしはジェノベのトイレみたいな存在にはなれないって言ったけど、まだまだジェノベのことをたくさん知りたいし、これからも一緒にいたいと思った。 思わず、ジェノベと同時に叫んじゃいました。 こんなことってあるんですね。 すごいとしか言いようがない。 もし、最初の結論でジェノベが諦めて説得していなかったら、絶対にカップルになることはなかった二人。 大切にしたい人が現れたら、一回ぐらい断られても簡単にあきらめちゃダメなんだと…自分の素直な気持ちをストレートに伝える大切さをジェノベから教わった気がします。 本当に守ってくれる?って確認し、ジェノベの胸に飛び込むあおにゃんの表情はすっごくかわいらしかった。 無事、2人はキスして帰国。 おめでとうございます。 最後の地・ザンジバル 翌日、次の街へ移動するメンバーたちは、ザンジバルに到着。 ラブワゴンを探すメンバーたちの目の前に現れたのは「たちばなようちえん」と書かれたバスだった。 車を乗せるフェリーが到着するまで、バスで旅を続けるあいのりメンバー。 ハスキーの過去 その日の夜、JOYくんを呼び出したハスキーは自分の過去を話し始める。 家庭環境が複雑だったため、人の顔を伺ってしまうようになり、本当は甘えたかったけど、 父親が変わるたびに甘えることができなくなっていたのだった。 ハスキーがこんな過去を抱えていたとは思わなかったです。 きっと、放送されたのは辛い過去のほんの一部だと思うし、そんな思いの中、ずっと明るく旅をしていたことを考えたら、切ない気持ちに…。 自分の過去を話し終えたハスキーは、 自分が弱いことを認め、本当は甘えたいと正直な気持ちをJOYくんに伝えるのであった。 手作りのラブラコン 次の日の朝、JOYくんは一人買い物にでかけ、Official髭男dismの『ビンテージ』がバックに流れながら作り始める。 6時間後、出来上がったのはハスキーにプレゼントする ピンク色の手作りブランコだった。 出来上がったブランコ(ラブラコン)を見せるためにハスキーを呼び出すJOYくん。 2人で仲良くラブラコンをこぎ、話し始めるのであった。 — あいのり African Journey AinoriJP 日が沈みかけた頃、立ち上がりハスキーの目の前にヒザをついてしゃがむJOYくんは、ハスキーへの想いを伝えるのであった。 JOYくんの告白 昨日さ、ハスキーは甘えるのが苦手で、自分の弱い部分を見せるのも苦手みたいな言ってて。 (中略)ハスキーが思いっきりワガママを言えるような存在なりたいってか…なる!俺はハスキーのことが好きだから、俺について来てほしい。 すごくまっすぐでJOYくんのやさしさがたくさん詰まった素敵な告白。 自分の辛い過去を正直に話したハスキーもJOYくんに伝えてよかったと思えただろうな…。 JOYくんとハスキーの結末 翌朝、JOYくんが待つ浜辺に姿を現したハスキー。 あらためて、ハスキーへの想いを伝えるJOYくん。 「ハスキーの気持ちがブランコみたいに揺れることがあるかもしれない。 その時は俺が柱になって支える」って、ちょっとかっこよすぎじゃないJOYくん。 そんなJOYくんの告白にはハスキー3つの質問をするのであった。 ハスキーからの質問 1.遠距離恋愛になるから頻繁に連絡とってくれますか? 2.お酒大好きだから、心配かけることもあると思うけど許してくれますか? 3.一緒におる時は手繋いでてくれますか? すべてYESと答えるJOYくん。 お酒だけは全部許しちゃうと大変なことになるかもしれないから注意した方がいいんだけどな…。 うれしくてそれどころじゃないか。 そして、最後に1つワガママをお願いするハスキー。 JOYくんからもらった「このチケットで一緒に日本に帰ろ。 」それがわたしの最初のワガママと伝えるハスキー。 なんかいい感じの2人だったな~。 お幸せに。

次の

あいのりアジアンジャーニー2(最終回22話)ネタバレ。カップル誕生!でっぱりん&じゅんき

あいのり 22話

改めてルになってラブワゴンを去ったアスカと裕ちゃん、かすがとーイの写真を眺めて、あいのりメンバーはテンションが上がっていた。 前回のでは、ーイがかすがへ告白をして、見事ルになって日本へ帰国をした回でした。 あいのりメンバーは、以下の5人。 25歳で生のあきら• 27歳で元ギャル男の社長• 22歳で許嫁がいる中国系クォーターのトム• 21歳で今まで誰とも付き合ったことがないユウちゃん• 25歳で元美容部員のかにゃ あいのりアジアンジャーニー最終話の題名は「愛のカタチ」です。 それではいってみましょう! かにゃへの想いをどうすることも出来ない社長 ラブワゴンが走るのは、マレーシアだったが、最終話でへ。 現在の相関図は以下の状況。 は、人口561万人、面積は東京23区とほぼ同じ大きさの720km2。 そんなの象徴。 そこの公園にやってきた5人だった。 いつも通り社長がかにゃを誘うが、その時突然、トムが頭痛を訴える。 すると、かにゃが介抱をする。 トムに優しくするかにゃに対して、複雑そうな表情の社長。 自分に脈がないのかと気付いてしまい、戸惑う社長。 欲しいものは、何でも親から買ってもらい、お金に困ったことはなかった。 中学生のような気持ちで、どうすれば良いのかわからなくなっていた。 海外留学で毎月40万円の仕送りをもらったり、アルバイトではホストとして、女性にチヤホヤされてきた社長。 しかし、そこで社長はある戦略を思いついた。 早速、ドライバーの知り合いの花屋さんへ。 バラが大好きなかにゃ。 以前にはバラをプレゼントしたことはあった。 そこで、今回もバラをプレゼントする作戦を思いついた。 ドライバーの知り合いの花屋さんに頼み込んで畑を耕す手伝いをした。 そこで一心不乱に作業をする社長。 6時間のアルバイトで、かにゃにプレゼントをするバラを買った。 告白を決意した社長はカンペまで用意した そして、社長が向かったのはラブワゴン! 社長はかにゃへの告白を決意した。 の中心地にかにゃを呼び出す社長。 実は社長、過去に酔って告白をしたことしかなかった。 初めてのシラフでの告白。 社長はカンペまで用意していた。 かにゃへの告白 かにゃがやってきた。 呼び出して、緊張をしている様子の社長。 社長はかにゃとの出会いを振り返る。 社長は緊張から、なかなか告白が進まずにカンペばかりをみる。 辺りが暗くなってきて、カンペがどこまできたのかわからなくなるトラブルまで、、、 そして日が暮れてしまった。 飽き気味のかにゃに対して、いきなりバラの花21本をプレゼントする。 21本にも意味があって、それはあなたに一生尽くしますという意味。 かにゃは喜んでいる。 そして、バラの数は元カノよりも少ないけど、想いの重さが全く違うという社長。 それを聞いたかにゃは泣いている。 好きだから、一緒に日本に帰って幸せになろうと告白をしてその場を後にする。 社長は過去にあんなに緊張をしたことはないと振り返っていた。 かにゃの出した答えとは 運命の朝。 社長の告白。 そこにかにゃがやってきた。 かにゃに一生をかけて尽くすから、一緒に日本に帰って欲しいと改めて告白をした。 かにゃが出した答えは!? 「えっと、わたしも。 まず、はじめに昨日真剣にわたしの為に気持ちを伝えてくれて、本当にありがとうございます。 あんなに真剣に、告白をされたことは人生で初めてだったので、すごい嬉しくて、感動をしました。 だけど、実は今わたしには気になる人ができて、その人を見ている最中で、だから社長とは一緒に帰れません。 ごめんなさい」 と告白を断った。 社長との別れ 別れの時。 社長は、感謝を伝える。 残されたあいのりメンバーも同時に社長へ感謝をして、強く抱き合う。 そしてラブワゴンは社長の元を去っていった。 残された社長だったが、自分の人生で良い経験になったと振り返る。 あいのりアジアンジャーニーの旅は終わり あいのりアジアンジャーニーはココで終了。 ユウちゃんは、あいのりに参加出来たことは、人生で最大の出来事だったと振り返る。 そしてトム。 恋に堕ちるスピードが遅かったのかと振り返るトムだったが、まだ諦めてはいなかった。 そんなトムに惹かれていたかにゃ。 社長に告白をされて時間が経っておらず、現時点でトムに告白をする気にはなれないでいた。 そしてあきらは、ウェディング状態に陥っていた。 あいのりメンバーはから日本へ戻った。 悔いを残したあきら 帰国後、スタッフの元へ1人のメンバーから連絡があった。 やってきたのは、あきらだ! 台湾であいのりに合流して、合流6日目ででっぱりんからの告白を受けたが、さすがに早いという理由で断った。 しかし、その後はでっぱりんロスの状態が続いて、あいのりの旅を終えていた。 あきらは、別れてから、でっぱりんへの気持ちが膨らんできてしまったという。 日本へ帰ってきてから、3日間寝込んだというあきら。 その時にでっぱりんの幻想をみたという。 そこで、あきらがでっぱりんへ告白をすることになった。 でっぱりんへのドッキリを企画 スタッフが考えたのは、あいのりの偽番組と称してでっぱりんを東京へ呼び出し、後ろからあきらが登場をして、告白をするという企画。 1週間後。 でっぱりんがやってきた。 何も知らずに司会をすると思っているでっぱりん。 メイクをなおしたりと意気込む。 その後ろで緊張するあきら。 何も知らずにあいのりグッズを紹介している後ろからあきらが近づいてくる。 そしてあきらの登場! 叫び出すでっぱりん。 何も聞いていないと驚く。 すると、話をしたくてとあきらが切り出す。 あきらの告白が始まった。 あきらがでっぱりんへ告白 「告白してくれたじゃない?でっぱりんが。 本当にだから俺びっくりして。 その時に。 今になって言うのもアレだけど、でっぱりんと一緒に帰るか、旅残るか、過去究極に悩んで。 でっぱりんが帰った後に、後悔することが本当に多くて。 旅の中で。 旅の最後までこう、、、ね いなくなった、でっぱりんの事が俺は頭の中にずっとあってね。 でそのまま帰ってきたんだけど。 でも、やっぱさ。 あいのりで会った以上、日本では会わないべきだと思うし、連絡は取らないべきだとも思うし。 でもやっぱり俺もう一回会いたいと思って。 絶対にこのままだったら一生後悔すると思ったから。 だからちゃんと伝えなきゃなと思ったんだけど。 でっぱりんに。 でっぱりんの事が好きです。 でっぱりんに俺の恋人になって欲しいなと思って」 でっぱりんが出した答えとは!? でっぱりんが出す答えとは!? 「ふふふ。 ちょっと待って。 お願いします」 とだけ答えて。 見事ル登場! そしてキス。 恥ずかしがる2人。 見事、あいのりアジアンジャーニー3組目のル誕生! あきら、でっぱりんおめでとう! あいのりアジアンジャーニーを振り返る あいのりアジアンジャーニーでは14人のメンバーが参加。 携帯を使わずに、お互いの良いところも悪いところも見せあってきた。 そして多くの涙があった。 裕ちゃんとアスカ。 ーイとかすが。 あきらとでっぱりん。 3組のルが誕生をした。 様々な愛を観てきたあいのりアジアンジャーニーの旅。 ラブワゴンの旅はまだ続く! 「あなたにとって真実の愛とはなんですか?」 あいのりアジアンジャーニーの動画を観たい方は、以下のフジテレビオンデマンドに登録しましょう! あいのりアジアンジャーニーのあらすじまとめはこちら! ainorifan.

次の

あいのり〜African Journey〜の動画を全話無料視聴できる動画配信まとめ

あいのり 22話

あいのり2 配信サイトと地上波テレビ放送 アジア各地を巡るピンクのラブワゴンに乗り、見知らぬ男女7人が真実の愛を探す地球無期限の旅。 告白してOKならキスして帰国、NOなら一人で帰国。 英くん(ひでくん)• じゅんき• たいぞー(元あいのりAD)• でっぱりん• みゃあ あいのり2ネタバレ22話「七転びの女」まとめ 前回のお話 あいのり22話は、3月28日 木 17時配信!! 予告動画!! モリモリ、英クン、AI、じゅんき…複数のメンズを好きになったでっぱりん。 今日は頂上を目指す日。 メンバーは気合いを入れて朝7時にスタート。 でっぱりんは前日ロッククライミング練習を途中でリタイア。 今日は、無理をしたらそこで終わりという条件付きで登れることになった。 「龍の背」という急斜面・岩だらけの難関ポイントその1 ハーネスとヘルメットをつけ、2人1組にガイド1人という体制で出発する。 最初にスタートしたのはみゃあと英クン。 でっぱりんはじゅんきとペアになりスタート。 大きな岩がゴロゴロ転がる危険なルートだが、じゅんきはでっぱりんを気遣い、励まし、同じ歩幅で登っていく。 そして5時間後、なんとか登っていくことができた。 メンバーたちは、180m先、ほぼ垂直を登れば頂上というところまで来た。 あいのりADのたいぞー、みゃあはテレビ的なリアクションはほぼなく、ひたすら岩を上り続ける。 昨日ロッククライミングを失敗しているでっぱりんは緊張の面持ち。 高所恐怖症でもあるでっぱりんはスタート地点で立ち止まってしまい、パニックに。 ガイドのアレックスさんからストップがかかり、中止を宣告される。 でっぱりんは泣いて悔しがり一旦降ろされた。 隣には無言でじゅんきが座る。 一方そのころ、みゃあ・たいぞー・英クンは頂上へ。 絶景を楽しむが場所がないためすぐ下山する。 でっぱりんはもう一度やりたいと懇願するが、ガイドさんは無理と判断。 しかし諦めきれず、ガイドさんは熱意に負け、もう一度だけ登ってみる?とOKが出た! でっぱりんは深呼吸し、ゆっくり登り始めた。 下からはじゅんきが見守る中、絶対登りたいという強い意思で、ロッククライミング成功!じゅんきは下から拍手。 ふたりはともに頂上を目指す。 頂上はふたりきりだと思っていたが…下山しそこねたたいぞーが残っていたwww スタジオトーク スタジオADのたいぞーに何で山頂に残ってたのか聞くと、ガイドさんがみゃあと英クンを降ろしたあとでっぱりんたちが登って来てしまい、動けなくなったというw 自分でもいちゃいけないと思っていたそうwww 下山、そして… 山をおりてホテルへ到着したメンバー。 しかしでっぱりんの向かった先は…ラブワゴン! ベンチでじゅんきを待つでっぱりんはかなり緊張の面持ちでドキドキ。 8か月もの旅でスタッフにも全力でぶつかったでっぱりんは、スタッフからも応援されていた。 ソワソワしているでっぱりんに、通訳のカリーナさんが駆け寄って励ます。 そして…じゅんき登場! しばらく顔が見れず、話し始められないでっぱりん 「そう、今日わたし話したい事があったの」 「やっぱり?」 でっぱりんの告白がはじまった 「キルギスきて、じゅんきとおる回数がめっちゃ増えて、本当に一緒におる時間がめっちゃ楽しくて…(涙を流す)バカみたいに本当にふざけるとことか、真面目な顔する時とか、みんな笑わしてくれるとことか、そういうとこ全部が…好きだなって思うようになって じゅんきは女の子のこと信用できないって言っとったし、いきなり気持ち変わって、絶対軽い気持ちやろって思われるだろうなって思って、どうやったら信じてもらえるかなって。 どうやったら本気って伝わるかなってめっちゃ考えた時に、登山っていうのがあって。 本当に好きっていうの伝えたくて。 この山登りました。 フフ」 じゅんきは「うん、うん」と優しい相槌を続けた。 でっぱりん「じゅんきが大好き。 一緒に帰りたいです」 チケットを差し出すでっぱりん。 じゅんきは「ありがとう」と受け取った。 スタッフの元に泣きながら駆け寄るでっぱりん。 頑張ったね、と声を掛けられてまた号泣する。 スタジオトーク でっぱりん運命の朝 お風呂にも入り、落ち着いた様子のでっぱりんだったが…朝ご飯のパンは1口しか食べられず、不安と緊張で押しつぶされそうになっていた。 みゃあ・たいぞー・英クンもラブワゴンから見守る中、じゅんきがやってきた! でっぱりん「じゅんきは自分自身が変わりたいって思えるような相手で、すぐ怒ったり、わがまま言ったり、すぐ叩いたり、子供っぽいところも直したいって思った。 一緒に日本帰って、笑いたいしふざけたりして楽しいこともしたいし、じゅんきの一番になりたいって思う。 一緒に日本に帰ってください」 頭を下げたでっぱりん じゅんきは深呼吸し、話し始めた。 「ありがとう。 本当にずっとさっきまで悩んでて、考えてて。 カザフスタンで初めて会って、あ、でっぱりんだーと思って。 で、よくふざけたら笑ってくれるし一緒にいてすごい楽しかった。 で、キルギス入ってからふざけなしで話すことも増えてきて、で、でっぱりんが山登るって宣言してうれしかったけど、口だけなんじゃないかとか、投げ出すんじゃないかなとかも思ったりして。 でも泣きながら登るでっぱりんをみて、本当に一緒に頂上行きたいなって思って。 一緒に頂上いけたのがすっごいうれしくて。 で、でっぱりんの気持ちを聞いて、本当にすごく考えて悩んで(ためいき)、だけど、一緒にいて楽しいのが助けたいとかいう思いになってて。 一緒に登れてうれしかったのとかも、たぶん、たぶんじゃなくて、好きだからだと思う」 でっぱりんは顔を覆って涙 「でっぱりんの笑い方とか、すぐ怒るとことか、泣くとことか、わがままなとことか、全部好き。 でっぱりんのことは、信じたいって思えるし一緒に帰らないと絶対後悔すると思って。 だから、でっぱりんは俺のことが好き。 シーズン1は、アスカ&裕ちゃん、シャイボーイ&かすが、でっぱりん&あきらと3組のカップルが成立しましたが、シャイかすが以外はお別れしています。

次の