オキシ クリーン カビ。 オキシ漬けでタオル洗濯!臭いのはカビ?時間や温度は?やり方を解説!

オキシクリーンは赤ちゃんにも安全?ベビー服に優しい洗剤の選び方!|YOURMYSTAR STYLE by ユアマイスター

オキシ クリーン カビ

オキシクリーンにはどんな効果があるの? カーテンを丸ごと洗えるというオキシクリーン。 一体どんな商品なの?と疑問を持つ方もいますよね。 オキシクリーンは、衣類などに使える 酸素系の漂白剤です。 塩素系の漂白剤は全ての色を落としてしまうため色物の洋服には使えませんが、酸素系のオキシクリーンなら大丈夫! しかも洗浄力はかなりのもの。 人気の秘密はこれなんですね。 もともとは衣類用の洗剤でしたが、その万能さから スニーカーの汚れ落とし・ 洗濯槽の丸洗い・ お風呂の床掃除などにも使われているんです! カーテンの汚れにもオキシクリーン? カーテンの裾の方にある、黒ずんだような汚れ。 これにオキシクリーンが効果的なんです。 でもその前に、そもそもカーテンの汚れって何が原因なんでしょうか? 空気中のホコリ 普段生活している部屋には、ホコリが舞っています。 このホコリが日々カーテンや絨毯などに蓄積されてしまうんです。 絨毯や床には掃除機をかけても、カーテンはほったらかしにしていませんか? ホコリは目には見えにくいですが、実はしっかり溜まっていますよ! カビ 窓のすぐ側にあるカーテン。 結露によって窓周辺の湿度は特に高くなっています。 じめっと湿った環境は、かびにとっては天国です。 ポツポツと黒いものが見えたら、それはカビかもしれません。 ニオイ汚れ 焼肉やお好み焼きをした部屋では、ニオイが充満。 カーテンはそんなニオイをしっかり吸収しています。 何種類ものニオイが混ざり合い、時間が経つと、かなりの悪臭になってしまいます。 また、タバコを吸う方は要注意。 ニオイだけでなくヤニなども付いてしまうんです。 オキシクリーンは 漂白・消臭効果を持っている洗剤。 日々の生活で溜まったこれらの汚れをしっかり洗い流してくれます! 実際にカーテンを洗ってみよう それでは早速、カーテンをオキシクリーンで洗っていきましょう! 風通しのいい場所でしっかり乾かしましょう。 湿り気が残っているとカビの原因になるので気をつけてくださいね! カーテンのカビを防ぐには? オキシクリーンで漬けて、カーテンが白くスッキリ! なんだか家全体がキレイになった気分ですよね! この綺麗なカーテンをなるべく長く保つために、日頃からできるお手入れ方法を伝えていきます。 窓のサッシのお手入れ カーテンの裾が近い窓のサッシ。 ここに泥汚れやカビが溜まっているとカーテンも汚れやすくなってしまいます。 細かく掃除しにくいですが、便利なアイテムもあるので、こまめに掃除をしてあげましょう! 窓のサッシの形に合わせたブラシ。 ささっと手軽に汚れを掃除できちゃいます! 窓の結露をとる 窓にびっしり付いている結露。 ここにカーテンが張り付くと、カーテンが濡れてしまいます。 湿ったカーテンは、カビにとっては天国。 結露をとって、窓の周りの湿度をなるべく下げておきましょう! 窓の水切りには、スクイージーが便利ですよ! 水切りに特化したワイパー「スクイージー」。 簡単にクリアな窓にできちゃいます! カーテンの丸洗い、効果は絶大ですが頻繁にやるわけには行かないですよね。 日頃から少し気をつけて、カーテンを綺麗に保ちましょう! まとめ いかがでしたか? カーテンって取り外しも大変だし、なかなか洗わないですよね。 でもカビや、見えない汚れも溜まっています。 オキシクリーンで漬ければ、カビ汚れやにおいまで一気にキレイにしてくれます! 季節の変わり目や、なんか臭うな、と思った時に洗ってしまいましょう。 頑固なカビはなかなか取れませんが、軽いうちなら大丈夫、今がチャンスです!.

次の

【オキシクリーンでお風呂の床・タイル掃除】分量・やり方は?オキシ漬けで簡単カビとり

オキシ クリーン カビ

雨風に当てられて汚れやすいのが窓枠です。 梅雨の時期など汚れを放置しているといつの間にかカビが生えている…なんてこともあります。 そんなときは、オキシクリーンを溶かしたお湯を使ってカビ退治しましょう。 できれば乾燥しているタイミングを狙って下側は掃除機などで大きなゴミを取り除きます。 窓枠の上側や側面のカビ汚れには希釈したオキシクリーンのお湯を染み込ませたキッチンペーパーをくっつけてる数十分放置します。 下側もキッチンペーパーを敷くか、または直接お湯を流して放置しておいても構いません。 しつこいカビは歯ブラシなどで磨いて取り除きましょう。 最後にキッチンペーパー取り除いて、お湯で洗い流し、乾いたキッチンペーパーで拭き取れば完了です。 オキシクリーンでカビ退治|お風呂のカビ オキシクリーンを使ったカビ取りをするときは、次の2つの点に注意して取り組みましょう。 無用なトラブルを防ぐことができますよ。 はじめに素材チェックをする オキシクリーンは何にでも使えるというわけではありません。 とくに生木や畳など水を吸い込みやすい素材は傷みや変色の原因となるので注意しましょう。 はじめて使うときは目立たない場所に少しつけ、1時間ほどしてもトラブルが起こっていないか確認してからにしましょう。 ゴム手袋で手肌を守る オキシクリーンは「漂白剤」なので直接ふれると肌荒れの原因になります。 掃除に使うときはゴム手袋をして肌を守りましょう。 触れたらすぐに悪影響があるわけではありませんが、ついたときは早めに洗い流してください。 オキシクリーンでおうちのカビがスッキリきれいに.

次の

オキシクリーンはお風呂でカビ取りに使える?パッキンには?

オキシ クリーン カビ

そもそもオキシクリーンって何? 「オキシクリーン」は 酸素系粉末漂白剤で、洗濯にはもちろん、台所回りやお風呂、家具など様々なお掃除に使える万能洗剤です。 これ一つあれば他の洗剤はいらないので、場所も取りませんし、ハイターのようなツンとした嫌な臭いもしないので、お子さんのいらっしゃる家庭でも安心して使うことができます。 「オキシクリーン」はアメリカの「チャーチ&ドワイト」社が作っており、コストコやAmazonなどでも購入することができます。 日本版の「オキシクリーン」もありますが、大きな違いは 界面活性剤の有無とコスパのようです。 安全性を重視するなら日本版で、コスパを重視するならアメリカ版といったところでしょうか。 残り湯を半分くらいに減らし 85L 、 40度~60度に追い炊きします。 お湯の中に「オキシクリーン」 アメリカ製ならスプーン4杯、日本製なら17杯、ボトル1本 500g を入れます。 シャワーを一気に泡立たせ、洗面器やイス、お風呂のふたなどの小物も一緒に投入しましょう!• そのまま2時間~一晩置き、水で綺麗にすすげば完了!イスや洗面器はスポンジで軽くこすれば綺麗になります。 オキシ液で床の黒カビも撃退! 一見綺麗そうなお風呂の床もよく見ると隅っこに黒カビが!なんてことありますよね。 床もオキシ漬けでピカピカ綺麗にしちゃいましょう!• ビニール袋に水を入れ口を閉じ、排水口の上に置き、蓋をします。 洗面器に40度~60度のお湯と「オキシクリーン」30gを入れよく溶かします。 スポンジによく浸み込ませ、オキシ液を床に塗り込むように擦っていきます。 20分~1時間放置し水で流します。 先ほどのオキシ液を作ります。 キッチンペーパーを液に浸します。 それを頑固なカビの部分に貼り付けて20分~2時間放置します。 つけ置きが終わったらブラシなどで擦ると綺麗に取れますよ。 オキシクリーンはお風呂でカビ取りに使える?パッキンには?まとめ 40度~60度のお湯を使う事と よく混ぜることがポイントのようですね。 あまり漬けすぎるとゴムパッキンが溶けたり浴槽が変色することがあるので要注意です。 完全にキレイに取るにはゴムパッキン用カビキラーなどを使うべきかと思いますが、手軽さという点でやはり「オキシクリーン」に軍配があがるように思います。

次の