亀沢郁奈 年齢。 新築を部分リノベ。名作家具と暮らすミニマル空間

フェラクレス

亀沢郁奈 年齢

昨年末の インド旅行中、カレーに「当たって」しまった私は10日10晩を苦しみ抜いた。 インド人と日本人では胃の耐性が異なるのかもしれない。 この記事を執筆するため日本から ポケモンカレーを持ち込んでいたのだが、「逆にインド人がお腹を壊したらどうしよう」と不安になってきたぞ。 私は宿泊先で世話になっているインド人に、ポケモンカレーの件を正直に話してみることにした。 すると「俺を日本の記事に出してくれよ」とノリノリの様子である。 本人が食べたがっているんだから止めることもないわよね? ってことでさっそく準備を開始した私。 ……ところが、ここで 予想外の問題が勃発したのである。 しかし実際の年齢は26歳! 彼は紛れもない「フィローズ君」だったのである。 外国人って大人びて見えちゃうんだよネ……。 ポケモンカレーに牛肉が使用されていないことは調査済みなのだ。 ところがパッケージをシゲシゲと眺めたフィローズ君、不思議なことに「豚肉が入っているでしょう?」と 決めつけてくるではないか。 すると彼は、とんでもないことを言い出した。 フィローズ 「俺、イスラム教徒なんよ」 ・危ないとこやで 「インド人=ヒンドゥー教徒」と、 決めつけていたウッカリ者は私である。 規律の厳しいシーク教徒については以前の取材で学んだが、ターバンの有無などで見分けがつくとタカをくくっていた。 イスラム教徒が豚肉を食べられないことは周知の事実である。 フィローズ君は「ゴメンネ〜」と笑ってくれたから良かったが、熱心な信者に対して食肉を勧めることは「仮にウッカリであったとしてもメチャクチャ怒られる危険がある」のだと教わった。 危ないとこやで……! 日本は仏教国とはいえ、比較的信心深くない国民性であるように思う。 しかし他国では生活の中心に宗教があるという人も多いのだ。 もう少し考えておけばよかったと猛省した次第である。 ごめんなフィローズ君、この企画は断念することにするよ……。 豚肉を食べてはいけないけれど、豚肉料理を持つこと自体は問題ないようだ。 ・別のインド人登場 ところがしばらくして 救いの神が登場した。 たまたま遊びに来たフィローズ君の友人(ヒンドゥー教徒)が「日本のカレーを食べてもいい」と名乗り出てくれたのである。 ありがてぇ……! サモサの切れ端にポケモンカレーを乗せ、器用にすくいとる ラビさん(32)。 気になる感想は……? ラビ 「………………………………………」 長き沈黙のあと「ちょっと待ってろ」と言い残し、 ラビさんは席を立った。 怒らせてしまったのだろうか? すると数分後、どこからか「ひよこ豆カレー」を仕入れてきたラビさん。 「インドのカレーも食べてみて」ということらしい。 ひよこ豆カレーはおいしかったが、ついにラビさんの口から ポケモンカレーの感想が語られることはなかった。 ラビさんの行動が「これこそ本物のカレーだ」という無言のメッセージだったのかどうかは定かでない。 しかし「妻に食べさせたい」と余ったポケモンカレーを持ち帰ったことから推測するに、彼にとっても今回の体験は刺激的なものだったのではないだろうか。 ちなみにイスラム教徒であるフィローズ君だが、宗教上は禁止されていない「牛肉」も食べないのだとか。 理由を聞けば 「だってなんかキモいじゃん」との答えである。 よく分からないがフィローズ君がそう言うならそうなのだろう。 ひとくちに「イスラム」「ヒンドゥー」と言っても、細かくは 宗派や信仰心など個人によって異なるようだ。 「ポークがダメならビーフカレーを」とかいう単純な話ではないので、外国人と接する時は注意するようにしたい。 Report:亀沢郁奈 Photo:RocketNews24.

次の

インドでインド人にポケモンカレーを食べさせてみたら…

亀沢郁奈 年齢

昨年末の インド旅行中、カレーに「当たって」しまった私は10日10晩を苦しみ抜いた。 インド人と日本人では胃の耐性が異なるのかもしれない。 この記事を執筆するため日本から ポケモンカレーを持ち込んでいたのだが、「逆にインド人がお腹を壊したらどうしよう」と不安になってきたぞ。 私は宿泊先で世話になっているインド人に、ポケモンカレーの件を正直に話してみることにした。 すると「俺を日本の記事に出してくれよ」とノリノリの様子である。 本人が食べたがっているんだから止めることもないわよね? ってことでさっそく準備を開始した私。 ……ところが、ここで 予想外の問題が勃発したのである。 しかし実際の年齢は26歳! 彼は紛れもない「フィローズ君」だったのである。 外国人って大人びて見えちゃうんだよネ……。 ポケモンカレーに牛肉が使用されていないことは調査済みなのだ。 ところがパッケージをシゲシゲと眺めたフィローズ君、不思議なことに「豚肉が入っているでしょう?」と 決めつけてくるではないか。 すると彼は、とんでもないことを言い出した。 フィローズ 「俺、イスラム教徒なんよ」 ・危ないとこやで 「インド人=ヒンドゥー教徒」と、 決めつけていたウッカリ者は私である。 規律の厳しいシーク教徒については以前の取材で学んだが、ターバンの有無などで見分けがつくとタカをくくっていた。 イスラム教徒が豚肉を食べられないことは周知の事実である。 フィローズ君は「ゴメンネ〜」と笑ってくれたから良かったが、熱心な信者に対して食肉を勧めることは「仮にウッカリであったとしてもメチャクチャ怒られる危険がある」のだと教わった。 危ないとこやで……! 日本は仏教国とはいえ、比較的信心深くない国民性であるように思う。 しかし他国では生活の中心に宗教があるという人も多いのだ。 もう少し考えておけばよかったと猛省した次第である。 ごめんなフィローズ君、この企画は断念することにするよ……。 豚肉を食べてはいけないけれど、豚肉料理を持つこと自体は問題ないようだ。 ・別のインド人登場 ところがしばらくして 救いの神が登場した。 たまたま遊びに来たフィローズ君の友人(ヒンドゥー教徒)が「日本のカレーを食べてもいい」と名乗り出てくれたのである。 ありがてぇ……! サモサの切れ端にポケモンカレーを乗せ、器用にすくいとる ラビさん(32)。 気になる感想は……? ラビ 「………………………………………」 長き沈黙のあと「ちょっと待ってろ」と言い残し、 ラビさんは席を立った。 怒らせてしまったのだろうか? すると数分後、どこからか「ひよこ豆カレー」を仕入れてきたラビさん。 「インドのカレーも食べてみて」ということらしい。 ひよこ豆カレーはおいしかったが、ついにラビさんの口から ポケモンカレーの感想が語られることはなかった。 ラビさんの行動が「これこそ本物のカレーだ」という無言のメッセージだったのかどうかは定かでない。 しかし「妻に食べさせたい」と余ったポケモンカレーを持ち帰ったことから推測するに、彼にとっても今回の体験は刺激的なものだったのではないだろうか。 ちなみにイスラム教徒であるフィローズ君だが、宗教上は禁止されていない「牛肉」も食べないのだとか。 理由を聞けば 「だってなんかキモいじゃん」との答えである。 よく分からないがフィローズ君がそう言うならそうなのだろう。 ひとくちに「イスラム」「ヒンドゥー」と言っても、細かくは 宗派や信仰心など個人によって異なるようだ。 「ポークがダメならビーフカレーを」とかいう単純な話ではないので、外国人と接する時は注意するようにしたい。 Report:亀沢郁奈 Photo:RocketNews24.

次の

優勝賞金10万円!次世代ライター企画プレゼンイベント ENTER Presented by ヒャクマンボルト

亀沢郁奈 年齢

それは別に本能とかそういうんではなく、女が「夢を叶える最後のチャンス」と感じるのがそれくらいの年齢、ということなのではないかと思う。 ワーキングホリデー(通称ワーホリ)制度の利用には年齢制限があり、多くの国の場合30歳までにビザを取得しなければならない。 旅仲間でもある友人が悩んだ末に都内の会社を辞め、 アイルランド行きのワーホリビザを取得したのは昨年のことだ。 現在31歳。 人生最大の挑戦は、コロナウイルスに大きく翻弄されてしまっている。 ワーホリ仲間たちが次々と日本へ帰国する中、彼女はなぜ厳戒態勢が続くヨーロッパに残留を決めたのか? 実情を尋ねるべくアイルランドへ 国際電話をかけてみた。 ・憧れのワーホリ ワーホリ制度とは青少年の育成や国際交流を目的とし、若年層がアルバイトしながら外国に滞在できるビザを発給するというものだ。 滞在期間は基本的に1年間。 現在ワーホリ協定国は20以上あるが、人気の国は抽選(場合によって先着順)となる。 よって行き先に強いこだわりがなければ「ともかく当選した国へ行く」という人も多いらしい。 友人の場合も、たまたま当選したのがアイルランドとオーストラリアのワーホリビザ。 まずアイルランドで1年間を過ごし、今年6月にオーストラリアへ渡る計画だったのである。 ワーホリでアイルランドに滞在中の日本人たちの多くは、3月ごろ逃げるように帰国していったのだという。 それでも友人を含む少数は アイルランドへ残ることを選んだ。 みな数カ月後にはビザの期限を迎えるはずだが……。 友人「私を含めて残っている人たちは、1度帰国しちゃうと次にいつ来れるか分からないのが怖いんだと思う。 苦労して頑張ってやっと外国へ来れた人も多いから。 もちろん、ここを動けないままビザの期限がきたら日本に帰るしかない。 でも 状況がよくなる可能性に賭けて、みんな踏ん張ってる感じかな」 ・アイルランドの今 外務省によれば現在ロックダウン中のアイルランドにおいて、新型コロナウイルス感染者は約1万4000人(4月19日時点)。 隣国イギリスの約11万人と比較すれば差は歴然である。 それでも 「自宅から2km以上離れた場所へ不要な外出をした場合、2500ユーロ(約30万円)の罰金または6カ月以下の懲役」という厳しいルールが即座に発令されたなどと聞けば、日本とは比べものにならない厳戒態勢だ。 日本のニュースを見るかぎり欧米諸国では失業者があふれ、医療は崩壊寸前の様子。 新型コロナウイルスが中国から発生したことで、アジア人差別が巻き起こっているとの報道もある。 日本人の女が1人で生活することに 危険はないのだろうか? 友人「ロックダウン前にオランダへ行った時、すれ違いざまに黒人から『コロナ』って耳打ちされた……けどそれ以外は特に差別を感じたことはないかな。 そもそも外出しないから差別される機会もないよね。 私はシェアハウスに住んでいて、同居人は全員欧米人だけどみんな普通に接しているよ。 顔を合わせると『 エブリデイホリデイ!(毎日が休日だ)」って声かけてくれる(笑)。 みんな陽気だよ。 唯一品薄なのはパスタとか小麦粉。 パスタは主食だからみんな確保してる。 買い物のほかに運動するための外出は認められていて、テニスくらいならしてもOK。 でも複数人だと警察に注意されるかな。 順番がいつ回ってくるかサッパリ分からないんだよね。 『明日からロックダウンですからね〜』『明日から現金配りますからね〜』みたいな感じ。 それはいいんだけど、早すぎて混乱もしているよね。 例えば本当だったら私は来週からスペイン旅行の予定だったんだけど、キャンセルになったチケットは返金どころか問い合わせへの返信も一切なし。 このまま泣き寝入りかなぁ」 ・後悔したくなかった 新型コロナウイルス騒動に関して「日本政府は対応が遅い」という批判をよく耳にする。 とはいえ対応が早すぎることもまた、諸外国で様々な問題を生んでいるようだ。 国と国との間で揺れるワーホリや留学生たちへの救済については、 先が見えないのが現状らしい。 友人がアイルランドに留まっていることを「不要不急」と糾弾する人もいるのだろうか? しかし何年もかけてお金を貯め、 「行かずに後悔したくない」と会社を辞めてようやく掴んだ夢を手放すことは、彼女にとって心を奪われるほどの苦しみに違いない。 友人「心の距離も2メートル離れている感じがする」 他人とすれ違えば決まってアイコンタクトを交わしていたアイルランド人たち……そんな人々が今はお互いに避け合っている。 「コロナが収束したとき、 かつての陽気な雰囲気に戻れるのだろうか」と、友人は寂しげに話した。 参照元:外務省HP、アイルランド政府HP Report:亀沢郁奈 Photo:RocketNews24.

次の