はらだいこ技レコード。 キョダイリザードン育成論 【はらだいこリザードン】

【ソードシールド】全わざレコード入手方法・場所(レイドバトル)|ポケモン徹底攻略

はらだいこ技レコード

カビゴン 種族値 HP 160 攻撃 110 防御 65 特攻 65 特防 110 素早 30 ノーマル 合計種族値 540 特性 めんえき どく状態にならない あついしぼう 「ほのお」「こおり」タイプの技で受けるダメージを0. 5倍にする 隠れ特性 くいしんぼう HPがかなり減ってから使う「きのみ」を、もっと早くに使う カビゴンの特徴 カビゴンの長所 HPが飛び抜けて高い カビゴンのH種族値 160は、ほかのポケモンに比べてとてつもなく高い種族値です。 HPのステータスだけで十分耐久力のあるポケモンと言えます。 D種族値110も高いので、Cが中途半端な特殊アタッカーでは太刀打ちできません。 また耐久があるうえにノーマルタイプを持つカビゴンは、シングルバトル環境で活躍しているゴーストタイプ ドラパルト、ミミッキュなど の技に対して無効を取れることも優秀な点です。 攻撃ステータスも高水準 A種族値 110は、 ルカリオや ジャラランガなどと同じ種族値です。 すべての努力値を耐久力に振っても十分に火力を確保でき、「はらだいこ」で爆発的な火力を得ることも可能です。 技「キョダイサイセイ」が使える カビゴンがキョダイマックスすると、ノーマルタイプ技が「キョダイサイセイ」に変化します。 「キョダイサイセイ」は威力130で、食べたきのみを再生することができます。 そのため、使用した「オボンのみ」や「フィラのみ」を再生し、もう一度利用することができ強力です。 カビゴンの短所 防御が低い HPと特防の種族値は高いですが、防御の種族値が 65と少ない配分となってます。 カビゴンはかくとうタイプに弱点を取られてしまいます。 かくとうタイプは物理攻撃を繰り出すことが多いため、防御の種族値が低いカビゴンに取って天敵といえます。 素早さが極端に低い 耐久力に種族値を多く配分されているため、素早さが犠牲となり極端に低いステータスとなってます。 カビゴンの育成論一覧 のろい型.

次の

【ガラル ヒヒダルマ】は強い?夢特性の【ダルマモード】が強すぎる?|ソードシールド(剣盾)

はらだいこ技レコード

物理攻撃に特化した種族値と、その攻撃性能をさらに高める2種類の専用特性を持つ。 習得技もこおりタイプの他に、原種同様にほのお技、格闘技、地面技、岩技を習得と広い。 種族値・特性・技範囲が相まって、驚異的な攻撃性能を誇る。 一方でHPこそ高いが平均以下のぼうぎょ・とくぼうと、こおりタイプの耐性の悪さで耐久面は頼りない。 また一致技の威力が低いこともあり、最大火力指数は思ったほど高くない。 特性2種も強力ではあるが、片や技変更不可、片やHP減しないと発動せずと、扱いが難しい。 原種と同様に典型的な「やられる前にやる」アタッカーであり、 そこに専用特性や、物理こおりという珍しさも相まって、非常にピーキーなポケモン。 二種類の特性はどちらも強力だが、立ち回りは微妙に異なる。 いずれにしても物理アタッカーである事に変わりはないが、 一言でいえば「ごりむちゅう」はサイクル向け、「ダルマモード」は積みエースとなる。 もう一方の特性で代替するのは難しいため、厳選の時点で役割を決めておくこと。 「ダルマモード」は原種と大きく異なる点に注意。 タイプ変化は同じだが、攻撃と素早さが伸びて順当に高速アタッカーとして強化される。 ネタ考察やマイナー考察はにあります。 特性考察 ごりむちゅう こだわりハチマキの特性版。 ただでさえ高い火力を更に補強できる反面、小回りが利かない。 補助技を組み込む場合は必然的に候補外となる。 ただし、裏を返せばこだわり系アイテムを一切リスクを気にせず使えるということでもある。 なお、こだわりアイテム同様に、ダイマックスすると効果を失い実質特性無しになってしまう。 一方で技選択を自由に出来るようになり、攻撃種族値140のダイマックス技はそれだけで十分に脅威。 ダイマックス前提の立ち回りは勿体ないが、ラス1で技を切り替えたい時などは有効なので覚えておきたい。 ダルマモード 隠れ特性。 原種とは違い攻撃と素早さの上昇のみと純粋な強化であるため、ごりむちゅうに頼らないアタッカーにする場合はこちらを選択。 前述の通り、補助技を組み込む場合はこちらで確定。 みがわり連打で発動させることで、AS上昇の積み技感覚で使うこともできる。 ダルマモードは交代で解除され、再び繰り出したターンの終わりにHP条件を満たしていれば再びダルマモードになる。 怯めば美味しいが命中不安。 アイスハンマーは覚えない。 火力は低めだが命中安定。 最大火力。 反動で大きく耐久を失う。 性能安定。 反動は無いが威力は低い。 ごりむちゅうとの相性も悪くはないが能力低下が痛い。 撃ち逃げ向き。 威力・命中も劣る。 かわらわり 闘 75 100 壁破壊 デメリットは無いが威力は低い。 とんぼがえり 虫 70 100 自分交代 攻撃しつつ撤退。 ごりむちゅうやスカーフと相性がよい。 ダブルでは相手全体攻撃。 じしん 地 100 100 - 、対策。 どろぼう 悪 60 100 道具強奪 に有効だが、かなりピンポイント。 変化技 タイプ 命中 備考 あくび 無 - 流し技。 とんぼがえりやきあいパンチと相性がよい。 ちょうはつ 悪 100 補助技対策。 耐久型に。 交代読みでも撃てる。 アンコール 無 100 こちらも耐久型対策だが交代読みで撃てない。 ビルドアップ 闘 - 攻撃・防御を補強。 使う余裕はあまり無い。 はらだいこ 無 - 攻撃超強化・HP半減。 ダルマモードの発動にも。 味方で壁や麻痺撒き等のサポートがあるとよい。 おにび 炎 85 物理アタッカー対策や、タスキ潰しに。 みがわり 無 - 耐久対策。 ダルマモードの発動にも。 ダイマックス技考察 ダイマックス技 元にする技 威力 効果 解説 ダイアイス つららおとし れいとうパンチ 130 195 天候:霰 一致技。 タスキ潰しも。 ダイバーンとはミスマッチ。 ダイバーン フレアドライブ 140 210 天候:晴 ダルマモード時の一致技。 晴れ状態で炎技の威力1. ダイアイスとはミスマッチ。 ほのおのパンチ 130 195 ダイサイコ しねんのずつき 130 場:PF 五里霧中A252振りでB特化確1。 高速紙耐久のため先制技封じが生きる、とどめの一撃として使いたい。 威力は下がるが使いやすくなる。 A252振り帯でH振り確1。 五里霧中A252振りでB特化確1。 ダイロック いわなだれ 130 天候:砂嵐 対。 ダイアイス・ダイバーン・きあいのタスキと相性が悪い。 追加効果は優秀。 威力は低く追加効果も微妙なのでピンポイント気味の採用。 ダイウォール 変化技 - まもる 相手のダイマックスによる攻撃を防ぐ。 序盤から高火力を発揮できるが、耐久の低さを誤魔化せず先制技に弱い。 ダイマックスするとこだわりを解除でき打ち分け可能となるが、ごりむちゅうのパワーとスカーフのスピードを失うので注意。 スカーフ型が大多数なため本来不利であるはずの敵も牽制でき、受けに来た相手に想定外のダメージを与えられる。 型バレすると処理されやすいので、それまでに出来るだけ仕事をさせたい。 特化鉢巻冷凍パンチ、フレアドライブor馬鹿力の火力指数はそれぞれ53325、56880。 参考までに特化鉢巻の逆鱗が54000。 補助技を入れるなら必然的にこちら。 ダルマモードにチェンジしたら最後、一度でも被弾すればほぼ即死する代わりに圧倒的な攻撃と素早さが手に入る。 先制技に弱くなるので、ダイサイコでサイコフィールドを貼り先制技対策するのも一考。 抜き性能を上げる拘りアイテムとモードチェンジは相性が良さそうだが、上手いこと体力を減らす方法が無くなるのでオススメ出来ない。 みがわり2回でダルマモード発動。 3回目できのみ発動。 相手のふいうちを誘いやすいのでそれを読んでみがわりが決まれば盤石。 HPを204に調整すればみがわりのHPが51となり、ガラルサニーゴのナイトヘッドを耐えるようになるので逆に起点にできる。 ちなみに個体値V前提でHP実数値204調整に必要な努力値は188。 対ヒヒダルマ(ガラルのすがた) 注意すべき点 特性ごりむちゅうによる高い火力、そこそこの素早さにスカーフの採用率も高い。 ダルマモードも発動すれば攻撃素早さ共に今作一般ポケモン中では最高レベルになってしまう。 対策方法 一見ごりむちゅうは強力な特性だが、一致技であるつららおとしの威力が低い事もあり、実際は「サブウェポンを一致威力で撃てる」程度である。 技範囲は極めて広く耐性受けは困難だが、数値受けできるポケモンであればそれほど苦労しないだろう。 ただし、つららおとしで拘っている場合は交代しても怯みで強行突破される可能性があるため氷弱点のポケモンとは対面させないようにしたい。 ダイマックス時にごりむちゅうの補正は乗らない為、ダイマックスをせざるをえない状況にさせれば更に容易に受ける事ができる。 また、ダルマモードもHPが半分以下にならないと発動せず、一番火力の出るフレアドライブも反動技であり相性が悪い。 しかし、こちらはダイマックスにより手が付けられなくなる可能性がある為先制技やドヒドイデ等の相性の良い受けで対処しよう。 技 威力 命中 タイプ 分類 PP 備考 技01 のしかかり 85 100 ノーマル 物理 15 技02 かえんほうしゃ 90 100 ほのお 特殊 15 技05 れいとうビーム 90 100 こおり 特殊 10 技06 ふぶき 110 70 こおり 特殊 5 技10 じしん 100 100 じめん 物理 10 技11 サイコキネシス 90 100 エスパー 特殊 10 技13 きあいだめ - - ノーマル 変化 30 技15 だいもんじ 110 85 ほのお 特殊 5 技20 みがわり - - ノーマル 変化 10 技21 きしかいせい - 100 かくとう 物理 15 技26 こらえる - - ノーマル 変化 10 技27 ねごと - - ノーマル 変化 10 技30 アンコール - 100 ノーマル 変化 5 技35 さわぐ 90 100 ノーマル 特殊 10 技36 ねっぷう 95 90 ほのお 特殊 10 技37 ちょうはつ - 100 あく 変化 20 技39 ばかぢから 120 100 かくとう 物理 5 技43 オーバーヒート 130 90 ほのお 特殊 5 技46 てっぺき - - はがね 変化 15 技48 ビルドアップ - - かくとう 変化 20 技52 ジャイロボール - 100 はがね 物理 5 技55 フレアドライブ 120 100 ほのお 物理 15 技64 きあいだま 120 70 かくとう 特殊 5 技69 しねんのずつき 80 90 エスパー 物理 5 技74 アイアンヘッド 80 100 はがね 物理 15 技75 ストーンエッジ 100 80 いわ 物理 5 技77 くさむすび - 100 くさ 特殊 20 技85 ふるいたてる - - ノーマル 変化 30 技99 ボディプレス 80 100 かくとう 物理 10 遺伝.

次の

【ソードシールド】全わざレコード入手方法・場所(レイドバトル)|ポケモン徹底攻略

はらだいこ技レコード

「わざレコード」は、第四世代までの技マシン同様に使い捨てで技を習得させる道具。 従来型の「わざマシン」と併用する形で存在しており、持ち運びのできる「教えわざ」という捉え方もできる。 ここまでの流れを見ると、特段改悪には見えないかもしれないが、 威力80以上の必須級の汎用攻撃技の殆どが技レコード送りにされている。 「10まんボルト」「かえんほうしゃ」「なみのり」「れいとうビーム」「じしん」といった従来型の「わざマシン」で無制限に使用出来ていた事を考えると改悪といえる。 「W ワット 」と交換したり、ダイマックスレイドで勝利すれば入手できるが、「W ワット 」と交換してくれるNPCは商品がランダムな上に優秀な技ほど高価。 ダイマックスレイドによる入手もレイドで倒したポケモンと同じタイプのレコードが手に入る仕様だがランダム性が高い。 が存在するが、当然のことながらこれは公式の意図しない通常プレイを超えた範疇の手段であり、到底評価されるものではない。 これは『サン・ムーン』で抱えた「ポケリゾートバグ」や「フェスサークルバグ」と同様である。 作中では、技レコードを「懐かしくて良い」とするNPCもおり、第四世代以前の「わざマシン」を意識しているのは間違いない。 端から見ると嫌がらせにしか思えないが。 一応、肯定的な面で言えば、入手する順番が設定されていないので「W ワット 」さえあれば、序盤から強力な技を使用できる。 特に自力で様々なタイプの技を覚えにくい水ポケモンや格闘ポケモン等がメインなら攻略が捗る要素になりうる。 キョダイマックスの入手・厳選難易度 ダイマックス時に姿を変える現象。 「ダイマックスわざ」も一部専用のものに置き換わる。 「メガシンカ」や専用の「Zわざ」同様に特定のポケモンだけが利点を得られ、不公平という意見がある。 「メガシンカ」及び「Zわざ」廃止と引き換えに「ダイマックス」の追加を肯定する意見の大半が「全てのポケモンに平等である」であった事から大きな波紋を呼んだ。 通常の個体は「キョダイマックス」できない。 メガシンカの時と異なり、キョダイマックスできるポケモンは配信等を除くと新ポケモンが多く、ストーリー攻略中に相棒となった新ポケモンで、「キョダイマックスわざ」が優秀なポケモンだとどうしても見劣りしてしまう。 せっかくのハーブやタマゴ技の共有というストーリー攻略中に入手したポケモンを活躍させるアイテムが登場したにも関わらず逆行している。 「キョダイマックス」できる才能は遺伝しない。 タマゴからの孵化厳選が行えない為、通常の方法だとマックスレイドバトルで遭遇・捕獲して厳選するしかないが「とくせいカプセル」でも変更できない隠れ特性との両立を目指す場合、困難を極める。 今作のジムリーダーや一部主要キャラが使うキョダイマックスポケモンはこれに該当するポケモンが多く、彼らと同じキョダイマックスポケモンはストーリー攻略中に捕まえて活用する事すら極めて難しい有様。 取得技削除 「おんがえし」や「めざめるパワー」「どくどく」などが、今作のわざマシン及びわざレコードに収録されておらず習得不能になるなど、過去作までの独自の戦略を失われたポケモンも多い。 更に今作では特定のタマゴ技が習得出来ないようになったポケモンまで存在しており、死活問題になりかねないほどの弊害が発生してしまった。 剣盾で使用不可能になった技だけならまだしも、問題無く使用できるのにタマゴ技から消されていたり、遺伝経路があるのに遺伝不可になっていたりと、多くのポケモンで習得技の没収がとにかく目立つ。 これによって習得技のバランス調整がなされているのかといえばそうでもなく、単に製作上の都合で消されたようにしか見えない。 「レベル技での習得に変更された」、または「わざレコードで習得可能になった」事でタマゴ技を消されているポケモンもいる。 前者の場合は意外なポケモンが覚える事で他のポケモンにも技遺伝を行える といった傾向もあり、ポケモンの数が大幅に減少した弊害で遺伝経路が狭まっており、一見すると分かり辛くなっている事も。 DLCで使えるポケモンが増え、遺伝経路も広がったが今までの世代で習得できていたタマゴ技が復活・習得可能になったりなどはしていない模様。 ペロリーム• 「 はらだいこ」と特性「 かるわざ」を両立できる唯一のポケモン。 技範囲や火力の関係から他の同技使いの中でも強すぎるということもなく、中堅の座を維持していたが、本作にて「はらだいこ」を没収された。 新ポケモンにも続投ポケモンにも「はらだいこ」持ちがいる中、 ピンポイントでペロリームだけが没収を受けている。 「ねばねばネット」「あくび」による起点作り型は健在なので使えないわけではないが、独自の個性戦略を理不尽に奪われた悲劇性では随一。 ブースター• 長きにわたり、そもそものアンバランスすぎる種族値とイーブイ系特有の技範囲の狭さの問題で不遇が続いてきたのだが、『X・Y』にて念願の「フレアドライブ」を習得。 「ニトロチャージ」で鈍足を補うことにより、戦略次第では十分に戦えるレベルとなっていた。 しかし、本作における「ニトロチャージ」の大量没収に巻き込まれ、「どくどく」も奪われた。 「どくどく」による耐久戦術を失った面では「 ブラッキー」も同様である。 その一方で、同じイーブイ系で 所謂環境上位の「ニンフィア」は新たに「マジカルフレイム」を習得し、これまでの「めざめるパワー ほのお、威力60 」以上の火力と確定追加効果 ダメージ時相手のとくこう1段階ダウン を得てしまっている。 クチート• 『ルビー・サファイア』登場時から愛らしい見た目から多くのファンを獲得し、『X・Y』から導入されたメガシンカにより実践的な超火力を得ていた。 しかし、本作におけるメガシンカの廃止によりアタッカーとしての地位を完全に失った他、『ブラック2・ホワイト2』までの環境で一部トレーナーが使用していた「メタルバースト」も剥奪された。 「はがね」「フェアリー」という複合タイプによる優秀な耐性と「メタルバースト」で読み合いを仕掛け、豊富なサブウェポンで逆転を狙うといった従来の使い方すら不可能になり、一気に所謂「マイナー」へと降格してしまった。 似たようなポケモンには、本作にはリストラにより存在しないものの「ディアンシー」が挙げられる。 こちらは「XYシリーズ」劇場版第1作「破壊の繭とディアンシー」ではメガシンカ後の「メガディアンシー」が大々的に取り上げられ、ゲームにおけるディアンシーのスペックそのものもメガシンカを前提としているためである。 その他、メガピジョットやメガスピアー、メガタブンネなど、本作には登場しないものの今後再登場する場合の措置は如何に。 ビークイン• ある程度優秀な耐久種族値と多彩な補助技により、「むし」「ひこう」という耐性面では扱いの難しいタイプ構成ながらも相手のパーティに負担をかける器用な戦術を得意としていた。 そんなビークインの立ち回りの要であったのが「かいふくしれい」「はねやすめ」などの居座り回復技、「がむしゃら」「どくどく」などの負担をかける技、「おいかぜ」「まとわりつく」「みちづれ」による起点作りであった。 本作でビークインが失った技は、なんと上記技から「みちづれ」を除く全てであり、特に 専用技「かいふくしれい」の没収は衝撃を与えた。 「すばやさ」を操作する手段を失ったために、「みちづれ」もビークイン自身が使うものとしては実質的な弱体化となった。 により性別オスのミツハニーでもビークインになれる希望が出てきたが、そんなことは些末な問題と言わんレベルの徹底的な弱体化を余儀なくされた。 もっともそもそもバグでもあるが。 ドータクン• 「はがね」「エスパー」に加えて「たいねつ」あるいは「ふゆう」により弱点の一つを克服している高耐久ポケモン。 主にその能力を生かしたサポート型が使われている。 特にトリックルームで素早さを逆転させ、鈍足を弱点としているポケモンを活躍させる所謂トリパの一員として知られている。 しかし、自主退場技としてよく使われていた「だいばくはつ」が削除。 これにより、サポートを終えた自身を、控えにいる活躍させたいエースポケモンを傷つけずに相手に負担をかけつつ退場することが不可能になった。 元々トリックルームは延長手段のない5ターン制限や、鈍足をメインとするパーティ構築段階でのハンデがあり、その少ないターン制限をできるだけ鈍足エースに与えたいパーティである。 特にドータクンは鈍足と相性の良いジャイロボールなどは覚えるものの、元々のこうげきはあまり高くはなく、それで場を制圧することはほぼ期待できず致命的だと言える。 「だいばくはつ」も技の威力こそ高いが過去に仕様変更で大幅に弱体化しており、また主戦場となるダブルバトルでは全体攻撃の仕様上更に威力が落ちるため、わざわざ削除して運用困難にする必要はなかったであろう。 一応、攻撃する度に自分の現在HPの半分が減るはがねタイプ新技「てっていこうせん」を新規習得しているため、この技を使用してHPを消耗しているところを相手に倒してもらって退場することも可能。 しかし、「てっていこうせん」は命中率が「95」で、相手にダメージを与えられなければ自分のHPが減ることはない。 「トリックルーム」発動下であれば、「てっていこうせん」を先手で連発しつつ退場も狙えるが、後続の本丸たる高火力アタッカーに繋ぐには、ある程度のターンを要する =サポート技の残りターンを消費する 場合がある。 キリキザン• 「あく」「はがね」という独自のタイプにより、役割を持てる相手の多いポケモン。 主に大きく優位に立てるエスパーや技の一貫性の高いゴーストタイプのポケモンを対象としている。 しかし、その役割対象を逃さず倒す「おいうち」と、高耐久、特に持ち物で更に耐久力を上げているポケモンに効果の高い「はたきおとす」が没収された。 エスパーやゴーストタイプには高火力高速アタッカーや高耐久のポケモンが多く、本来優位であったそれらのポケモンに対して役割を持ちにくくなってしまった。 マニューラ• 同様に、マニューラも「はたきおとす」を没収されている。 マニューラは「あく」「こおり」タイプの高速アタッカーであり、その素早さを生かしてドラゴン、エスパー、ゴーストタイプのポケモンを主に役割対象としている。 マニューラは素早さこそ高いものの全体的に技の威力が不足しており、ある程度の威力でかつ弱点を突かなければ火力が足りないジレンマを持つ。 「はたきおとす」は相手が持ち物を持っている場合自身の持つ技の中で最高火力であり、先手で倒せなければ倒されうる低耐久と相まって従来より立ち回りが大きく制限されてしまった。 一方で、 環境の一角であるナットレイの「はたきおとす」は削除されておらずそのままである。 これら 非環境クラスの様々なポケモンが理不尽な弱体化を受けている中で、 弱体化を防ぐ措置が取られているポケモンも存在する。 ジャラランガ• Z技が失敗の許されない1回限りの技であったのに対し、新技「ソウルビート」は通常変化技でHPが許せば2回以上使用できるという性能となっている。 このような継続強化を行うよりも、前述のポケモンを筆頭とした数多のポケモンに対する措置を取るべきであったはずである。

次の