洗濯 物干し。 物干金物 【通販モノタロウ】建築金物:建築金物・建材・塗装内装用品

www.m6mobile.fr : ステンレス ピンチ ハンガー 洗濯バサミ 洗濯ばさみ 折りたたみ 角ハンガー 洗濯 物干し 物干しハンガー 屋外 おしゃれ 室内干し 室内物干し 部屋干し ステンレス ピンチ タオル干し 物干し グッズ 洗濯用品 洗濯干し ステンレスピンチハンガー 洗濯ハンガー (52) : ホーム&キッチン

洗濯 物干し

室外物干し 晴れた日には洗濯物を外でたくさん干したいですよね。 布団を干すことに特化した物干しなど機能的なアイテムが勢ぞろい!• 室内物干し 「雨が降っちゃった・・洗濯物が・・・」そのお悩み、室内物干しで解決しましょう。 これで雨の日の溜まった洗濯物も怖くありません!• タオル・小物物干し 靴下やタオルなど、ちょっとした小物を一度にたくさん干すことができます!特にタオルハンガーは外国の方にも人気です!• ランドリーラック 洗濯機を回しながら物が干せて、小物アイテムも置ける画期的な物干しです!• インテリア物干しシリーズ 出しっぱなしでもスタイリッシュに決まるインテリア物干しシリーズ。 フレームは軽くて丈夫な素材を使用し、コンパクトに折りたたむことで収納もスマートにできる、デザイン性の高いアイテムです。 洗濯ハンガー• 今までになかった新しいアイデアで、さらに効率よく楽しくお洗濯ができます。• ポーリッシュ ベーシックハンガーシリーズ 「軽く、使いやすく、シンプルに」をテーマにした洗濯ハンガーシリーズです。 シンプルなデザインの中に、毎日の洗濯をサポートするこだわり機能をプラスしています。 「すぐ乾くこと」にこだわった機能を付けました。 さらに干す部分には丈夫な素材「ポリカーボネート」を採用。 皆さんの時短生活をお手伝いします。 日々の洗濯作業を少しでも短くするこだわりの機能に加え、実際に干す部分は丈夫な素材「ポリカーボネート」を採用。 アイロン台.

次の

洗濯は外干しが気持ちいい!屋外用物干し台のおすすめランキング10選

洗濯 物干し

<目次>• 洗濯物を干す場所の条件は? 洗濯物はできるだけ自然乾燥したい人にとって、洗濯物干し場の理想的な位置は「洗濯機から近い」「干しやすい&取り込みやすい」「乾きやすい」「じゃまにならない」「雨除けがある」などだと思います。 これらの条件についてもう少し掘り下げて考えてみましょう。 洗濯機置き場と同じフロアが鉄則 まず洗濯物干し場をどのフロアに設けるのがよいでしょうか。 「ベランダのある2階でしょ」と思われるかもしれませんが、洗濯機置き場のある階と同じ階に設けるのが鉄則です。 洗濯機が1階にあるなら洗濯物干し場も1階に、洗濯機が2階にあるなら洗濯物干し場も2階に、というふうにです。 洗濯物を持って階段の上り下りするのは重労働。 足を滑らせて怪我をする恐れもある なぜなら洗濯物を抱えて階段の上り下りをするのは大変重労働であり、かつ足を滑らせて怪我をする危険性があるからです。 階段からの転落事故は家庭内事故の事例として数多く報告されています。 毎日のことですから、大きなカゴを抱えて階段の上り下りをしなくてすむ動線を考えましょう。 洗濯物を干す場所には庇がお勧め 最近は浴室、洗面脱衣室などの水回りを2階に作っている間取りも多く見かけます。 そこに洗濯機を置く場合は同フロアの2階にベランダを設け、そこに干すというケースが一般的だと思います。 向きは日照時間の長い南向きがお勧めですが、東向きでも西向きでも風が通るようにしておけばよいでしょう。 庇があれば洗濯物を干したままで安心してお出かけできる 2階のベランダを物干し場にする際にお勧めしたいのは、洗濯物干し場を覆う屋根または庇をつけることです。 雪の多い地方だと当たり前の光景ですが、関東以南では庇のないベランダに洗濯物を干すケースが多いと思います。 しかし、庇や屋根のかかった洗濯物干し場は「今日の天気微妙だな……」という時でも安心して干せます。 庇や屋根があれば、ちょっとしたモノも置ける半屋外空間になり、洗濯を干す以外にも使い勝手が大変よくなります。 1階にはデッキスペースを確保すれば、洗濯物を干せる もし1階に洗濯機置き場があるなら、洗濯物を干すスペースは1階に確保しましょう。 南側にある庭の日当たりのよい一角に物干し台を設置しても良いですが、せっかくならウッドデッキを設け、そこに光を通すプラスチックの一種であるポリカーボネート板で屋根をかけてみてはいかがでしょうか。 ポリカーボネート板の屋根の下に、可動式のを合わせれば、夏はオーニングを開いて日射を遮り、冬はオーニングを畳んでお日様をいっぱい取り込むなど、季節に合わせた使い方ができます。 寒冷地の洗濯物干し場を参考に 雪が多く降る地域では、洗濯物干し場になんらかの対策を施している家が多く、軒を長く出して洗濯物干し場の天井をすっぽり覆う、または庇を設けるほかに、屋根だけでなく側面もポリカーボネート板などで囲い、雨や雪が吹き込まない造りにしている家も多く見かけます。 寒い地方の洗濯物干し場は覆いで囲っているものが多い また、1階に洗濯物干し場を設ける場合は住戸の中に専用の洗濯物干しスペースを設けることもあります。 洗濯物を干すスペースは、家事室を広めにとりそこに干す方法、廊下と洗濯物干し場を兼用する方法など、いろいろ考えられます。 家事室に洗濯物干しスペースを作る 家事室と洗濯物干し場を兼用する場合は、そのスペースを家の北側に設けざるを得ないケースも出てくると思います。 その際に「乾くのだろうか」「じめじめしないだろうか」と心配する声も聞きますが、「風の流れをつくる」ことを念頭に置き、計画してください。 同じ室内に窓を2か所、もしくは給気口と換気口を設け、風の出入り口を作ります。 大きな換気扇をつけたり、サーキュレーターを併用したり、室内の仕上げに吸湿作用のある珪藻土を用いるなど工夫して、湿気がこもらないようにしましょう。 廊下は風が抜け、乾きが良いため兼用する 省スペースで、と考えた時には、洗面脱衣所やキッチンの近くに、あまり人が通り抜けない廊下があればそこを洗濯物干し場として利用する方法もあります。 廊下はある程度の距離(長さ)があるので、廊下幅をやや広く取り、廊下の片側の天井または壁に物干しざおを掛ける金具を取り付けます。 廊下は意外と風が抜けるため、乾きがよくなります。 こういった洗濯物を干す場所の知恵は雪の多い地域の方が進んでいます。 雪が降らない地域でも、洗濯物は自然乾燥したい人、普段忙しい人、洗濯物をとりこむ時間がマチマチな人には参考になると思います。 洗濯は毎日することなので、ぜひ住宅の間取りを計画する時から検討材料に入れておくようにしてください。 【関連記事】• Copyright c 2017 All rights reserved.

次の

室内物干しの通販│物干し│洗濯用品│日用品│アイリスプラザ│アイリスオーヤマ公式通販サイト

洗濯 物干し

梅雨、冬の時期だけでなく花粉やPM2. 5もあり、部屋干しの機会も増えている 浴室乾燥機や専用の屋内物干し場があるご家庭ならよいのですが、ない場合は居住空間に洗濯物を干すことになり、なかなか乾かないとうっとうしいし、部屋もジメジメしてあまり居心地もよくありません。 室内干しした洗濯物を早く乾燥させるために、扇風機を使って風をあてても効果がありますが、今回はよりスポット的に風を送ることができるサーキュレーターを使う方法をご紹介しましょう。 サーキュレーターとは サーキュレーターとは、扇風機の「送風機能」に特化し、扇風機より強力な風をスポット的に送ることができる電化製品です。 冷暖房時に室内の天井付近と足元付近に生じる温度差の解消を目的として使用する人も多いと思います。 例えば夏のエアコンからでる冷気は足元に溜まりやすく、反対に冬の暖房による暖かい空気は部屋の上部に溜まりやすいので、なんらかの対処をしないと同じ室内でも床周辺と天井付近では温度差が生じています。 そのような温度差は足元の冷えや頭ののぼせなど不快を感じる原因となり、冷暖房効率もあまりよくありません。 そのような状況を解消するために用いられるのがサーキュレーターです。 直線的に強い風を送ることで室内の空気を撹拌(かくはん)し、部屋の温度を均一にして冷暖房効率をアップさせることができます(【図1】)。 扇風機とサーキュレーターは似ているけど目的が異なるもの それに対し、室内の空気を循環させることを目的としたサーキュレーターは、上下の首振り機能は上向き90度まで可能です。 このことで天井に向けて強力な風を送り、室内の空気を循環させることができます。 また、自動首振り機能付のものを選べば左右にも首を振ってくれます。 最近では室内いっぱいに干した洗濯物にまんべんなく風があたる「8の字型」に首を振る機種もあります。 サーキュレーターは洗濯物に直接強めの風が当たるため乾燥が早い! 洗濯物を部屋干しにする場合、天井近くの鴨居やカーテンレールなどに下げることも多く、上向き最大角度が30度程度の扇風機では、高い位置の洗濯物に風が届かないことがありますが、上向きの角度が90度まででかつスポット的に風を送るサーキュレーターなら、ばっちり届きます。 直接強めの風が当たるため、洗濯物もより早く乾きます。 サーキュレーター&廊下での室内干しで洗濯物は早く乾燥する? では給気口と排気口はどこについているのかというと、給気口はリビングダイニングや寝室、子ども部屋などの居室に、排気口は洗面脱衣室・浴室、トイレなど水回りについています。 従って、例えばリビングダイニングなどの居室と、浴室やトイレを結ぶ廊下には、常に空気の流れがあることになります。 廊下の幅を広く取り、一部を物干しスペースと兼ねているお宅を拝見したことがあるのですが、そこに干した洗濯物は比較的よく乾いていました。 たいていの廊下は直線で長さもあるため物干し竿を設置しやい場所でもあります。 そこの部分が風の通り道になると考えると、室内干しをする場所として廊下は適していると言えます。 サーキュレーターも併用すれば、冬の時期などは陽の当たらない外に干すより室内干しの方が、早く乾燥するかもしれません。 洗面所と物干し場を兼ねるのも一理あり リビングや和室などに洗濯物を干すと、思ったより乾きが悪く、長時間洗濯物が干されたまま状態になりがちです。 日常的にすっきりと暮らしたい・洗濯ものを早く乾かしたいご家庭では、比較的人目につきにくい洗面脱衣室に洗濯物を干し、サーキュレーターを併用して乾かす方法をお勧めします。 扇風機とサーキュレーターを使い分けるメリット 扇風機があるのにサーキュレーターも購入したほうがよいのか、悩む人もいると思います。 扇風機とサーキュレーターはとても似ていますし、扇風機も送風機能があるため、エアコンの風に対し上手な位置にあてられれば、ある程度室内の空気のかくはんもできるでしょう。 山善(YAMAZEN 製サーキュレーター。 気になる電気代は0. 6円/時間程度 しかし、もし「洗濯物を乾燥させたい」という目的もあるのなら、効率よく乾燥させるためのスポット送風機能はサーキュレーターの方が上ですし、冬場に扇風機が室内にあるのはちょっと……と感じる人も、サーキュレーターなら小ぶりでデザイン性の高い機種も出ており、一年を通して室内にあっても違和感は少ないでしょう。 ちなみにガイドは冬に外干しできる日が少ない東北の地に住んでいた時、サーキュレーターを毎日のように使っていました。 冷暖房を効率的に行うために、洗濯物を早く乾かすために、役に立ちました。 Copyright c 2017 所 All rights reserved. 【関連記事】•

次の