ポケモン剣盾 ポリゴン2 育成論。 【ポケモン剣盾】ポリゴン2の育成論と対策【ポケモンソードシールド】

ポリゴン2の育成論・調整|ポケモン育成論サンムーン|ポケモン徹底攻略

ポケモン剣盾 ポリゴン2 育成論

5倍 0. 25倍 なし 無効 なし 解説 物理耐久が高く、特性の「さいせいりょく」や「じこさいせい」によって 回復性能も高いので使いまわせる物理受けとして優秀なポケモンです。 受けポケモンとしては火力も高く、様々なタイプの技を覚えるので「こだわりメガネ」を持たせて火力も耐久も高いサイクル用のアタッカーとしても過去には活躍していました。 一方で素の素早さが非常に低く、すぐに素早さを大幅に上昇させる手段が無いので弱点を突いてくる特殊アタッカーなどの ダメージレースで負けている相手は苦手としています。 5倍 0. 25倍 無効 解説 高い攻撃と特性「テクニシャン」による先制技威力の底上げや、攻撃を2段階上昇させる「つるぎのまい」で 安定した火力を出し続ける事の出来るポケモンです。 鋼タイプの先制技「バレットパンチ」を使用出来る事から削れた相手を一掃する スイーパーやストッパーの役割を持つ事が可能です。 得手不得手や役割がハッキリしており、攻撃後後続と交代する「とんぼがえり」も高い攻撃から一致で撃てる為に サイクル性能が高いポケモンでもあります。 一方でダイマックス時にはテクニシャンの効果が活かされず、素の素早さが高くない事から「ダイジェット」も活かしづらいのでダイマックスアタッカーとしての適性はあまり高くないポケモンと考えられます。 また、進化前の「 」も高い素早さと攻撃を持ち、飛行技をタイプ一致で使用出来る事から「しんかのきせき」や火力強化アイテムを持たせてのダイマックスアタッカーとしての活躍が考えられます。 5倍 なし 0. 25倍 なし 無効 解説 「しんかのきせき」を持たせる事で防御特防共に非常に高い数値となり、加えて「じこさいせい」を持つ事から 半端な火力では落とす事が出来ない耐久となります。 耐久ポケモンとしては特攻が高いのも特長で、技範囲も広く特性のどちらも火力を増強させるものなので ダメージレースにおいて有利を取りやすいポケモンです。 高い耐久は「しんかのきせき」に依存している所が大きいので、「はたきおとす」「トリック」など アイテムを無効化すると大きく弱体化します。 5倍 なし 0. 25倍 なし 無効 解説 全ポケモンでもトップクラスのHPを持ち、高い特防を「しんかのきせき」で更に高める事によって 無類の特殊耐久を発揮するポケモンです。 過去には「どくどく」を主なダメージソースとして「タマゴうみ」で回復しつつ相手を削る受けポケモンとして活躍していましたが、今作では「どくどく」を覚えないのでダメージソースは「ちきゅうなげ」に依存してしまいます。 その為ゴーストタイプには無力な点、環境に物理アタッカーが多い点など逆風も多いですが 高いポテンシャル自体は健在です。 5倍 0. 25倍 なし 無効 解説 高い攻撃環境中速程度の素早さに加えて毎ターン素早さが上昇する特性「かそく」を持つ 抜き性能の高いポケモンです。 特攻も一定以上の数値があるので物理防御だけが高いポケモン相手では止まりづらく、覚えるタイプも豊富なので どんな相手にもアタッカーとしての仕事をこなしやすいのが特長です。 一方で耐久面は非常に脆く、 先制技でも大ダメージを受けてしまうので純粋な殴り合いでは力を発揮しづらく、周りで抜き体制を整えてあげる、他の抜きエースの為の削りや役割集中のような運用が強力なポケモンです。 5倍 0. 25倍 なし 無効 解説 特性「ちからもち」によって平時高い物理火力を誇り、「はらだいこ」によって 大幅に抜き性能を高める事が出来るポケモンです。 タイプ一致の先制技である「アクアジェット」も使用できるので自分よりも素早さが高いポケモン相手にも仕事がしやすく、一度積んでしまえば必ず大ダメージを取っていける性能を持っています。 格闘技も覚えるので単体でのタイプ補完も可能で、素の素早さは高くありませんが「とびはねる」を覚える事から 状況さえ整えばダイマックスアタッカーとしての活躍も考えられます。 ゾロアーク HP 60 攻撃 105 防御 60 合計 510 特攻 120 特防 60 素早 105 特性 タイプ相性 4倍 なし 2倍 0. 5倍 0. 25倍 なし 無効 解説 高い特攻と激戦区を抜けた素早さを持ち、特性の「イリュージョン」によって 相手の選択肢を揺さぶる事が出来るポケモンです。 イリュージョンの仕様は「選出の一番最後のポケモンの姿や名前でフィールドに出る」というもので、ダメージを受けるとこれが解除されます。 ダメージを受けるまではダイマックスをしても解除されないので相手に対応を誤らせる事が出来る可能性があります。 特攻を2段階上昇させる「わるだくみ」や、ダイマックス時に「ダイジェット」として使える「とびはねる」など ダイマックスアタッカーとしての素質、「ふいうち」「はたきおとす」「とんぼがえり」など 通常のアタッカーとしての素質、「トリック」「ちょうはつ」「おきみやげ」などの サポートとしての素質と様々な運用が考えられるのも特長で、特性のイリュージョンと合わせて非常に幅広い可能性が存在します。 イリュージョンをどのように活用するか、ゾロアーク自体をどのように運用するか、相手目線ではどう映るかなど常に意識する事が多く、 上級者向けのポケモンと言えます。 5倍 0. 25倍 無効 なし 解説 高い素早さと特殊に偏ったステータスを持ち、特攻・特防・素早さを一度に上昇させる「ちょうのまい」を使用出来る 強力な積みアタッカーです。 素の特殊火力も非常に高いので一度「ちょうのまい」を使用すれば一気に抜き性能が上がり、「ぼうふう」を覚える事からダイマックスアタッカーとしての適性も高い 特殊のエースアタッカーとなりえるポケモンです。 低い物理耐久から物理アタッカーとの殴り合いでは活躍が見込めず、物理である事が多い先制技にもやや縛られやすいという弱点があります。 5倍 0. 25倍 無効 解説 「HPが最大の時に飛行技を先制技として使用可能」という効果の「はやてのつばさ」を利用したアタッカー運用が考えられるポケモンです。 最大火力となる「ブレイブバード」は反動があるのでアンシナジーですが、「ダイジェット」として使用すれば反動を受けずに高火力を先制して使用出来るので スイーパーとしての役割を安定してこなす性能を持っています。 アタッカー性能以外にも「ちょうはつ」「おにび」「とんぼがえり」など戦闘の主導権を握りやすくなる技を覚えるので味方との補完さえ取れれば 高い汎用性を持ちます。

次の

【ソードシールド】シングルバトルで注目の解禁ポケモンまとめ|追加DLC 鎧の孤島【ポケモン剣盾】

ポケモン剣盾 ポリゴン2 育成論

ダイマックスすると「エアスラッシュ」は「ダイジェット」に変わり素早さが上昇するようになるため、先手を取りやすくなり一匹で多くのポケモンを倒すことができるようになります。 技の命中率が低いことに不安がある場合。 必中の格闘技。 鋼や岩タイプに使用する技として。 「てんのめぐみ」ではないため「エアスラッシュ」の怯み効果の発動確率が減ってしまいますが、その分ダイマックス時の瞬間火力を上げることができるため、急所を考慮せずに耐久調整を行っているポケモンを返り討ちにすることができます。 技の命中率が低いことに不安がある場合。 ダイマックスした相手はひるまないため、前作のときほどの活躍はできなくなりましたが、戦術としては未だ脅威的なものとなっています。 ナットレイなどの対策になる。 自身と異なるタイプの技の選択肢、威力重視。 ナットレイなどの対策になる。 技の威力が上がるため、アタッカーとしての能力も上昇する。 トゲキッスの役割と立ち回り てんのめぐみで相手の行動を阻害する 「トゲキッス」は、技の追加効果の発生確率を2倍にする特性である「てんのめぐみ」を持っています。 それによって相手の行動を大きく阻害できるその能力は脅威的で、過去作でも幾度も見られてきた、トゲキッスが得意としている戦法となっています。 高耐久でじゃくてんほけんと好相性 「トゲキッス」はHPは低いものの防御と特防が高いため、ダイマックスでHPを2倍にすると、弱点の技でも耐えることができます。 そのため「じゃくてんほけん」との相性が良く、元々の特攻の高さと相まって強力な攻撃を放つ事ができるようになります。 トゲキッスと相性の良いポケモン トゲキッスと相性補完のよいポケモン 「トゲキッス」と相性補完のよい、地面タイプのポケモンがおすすめです。 地面タイプのポケモンは物理アタッカーが多く、特殊アタッカーのトゲキッスと役割を分担できます。 また「水・地面」「水・電気」の複合タイプを持つポケモンは、鋼タイプを半減以下で受けることができます。 こちらは、トゲキッスの苦手な「ヒートロトム」にも有効なので、自分のパーティーに合わせて編成しましょう。 ポケモン 説明 ・特性「かたやぶり」で「ふゆう」の敵にも地面技を当てれる ・「つのドリル」で苦手な相手を強引に突破できる ・特性「ちからもち」により、物理攻撃が強力 ・技範囲が広いので、相手の弱点をつきやすい ・弱点が草のみであり、トゲキッスと相性補完がよい ・平均以上の耐久性能を持っている ・特殊アタッカーとしても優秀 トゲキッスをサポートできるポケモン 「あくび」や「リフレクター」などによる起点作りで、「トゲキッス」をサポートできるポケモンと相性が良いです。 起点を作ることで、「ダイジェット」による素早さ上昇や、「わるだくみ」による特攻上昇を狙いやすくなります。 例えば、「あくび」を使用すると、相手はポケモンの交代を迫られます。 これにより、トゲキッスより素早さの高いポケモンの確認や、トゲキッスが起点にできるポケモンへ対面操作が可能です。 ポケモン 説明 ・「あくび」や「ステルスロック」で、トゲキッスをサポートできる ・物理耐久が高い ・「あくび」で起点を作れる ・特殊耐久が高い ・弱点の格闘タイプには、トゲキッスで対処できる ・「おにび」で相手物理アタッカーの機能停止を狙える ・素早さが高いため、「リフレクター」や「ひかりのかべ」などを、先制で使いやすい トゲキッスの対策 タイプ相性で有利なポケモンを使う 「トゲキッス」と戦う場合、トゲキッスが使う技の多くを半減で受けることができるポケモンを使いつつ、弱点の技で攻撃していきましょう。 レンタルパーティは 育成不要で戦える代物なので、ぜひ活用してみてください。

次の

ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ポケモン剣盾 ポリゴン2 育成論

特性:トレース・ダウンロード・アナライズ トレースは相手の特性をコピー 一部不可能な特性あり します。 強力な特性には強力な特性をぶつけろ!ということです。 ダウンロードは相手のBDの低い方に合わせて、Bの場合はA、Dの場合はCの能力ランクを1ランク上げます。 Cを上げられれば 実質こだわり眼鏡を持っているのと同じ火力になります このせいで、ダウンロード対策として、BDが同じ種族値のポケモンに対して余った4の努力値をDに振り、Cを上げさせないというダウンロード対策が前作では大量発生していました。 今作でもこれから増えると思われます。 アナライズは自分が攻撃するのが 後攻の場合、技の威力が1. 3倍になる効果を持ちます。 やでよく知られていると思います。 最後に技やダイマックスとの相性についてです。 は色々な技を覚えます。 よく使われているのだと、 じこさいせい、トライアタック、れいとうビーム、10万ボルト、ほうでん、シャドーボール、イカサマ… 前作から没収されたのは、 どくどく、つばめがえしくらいしかなく、どくどくはHB特化の弱体化を意味しますが、 このHCアタッカー型は弱体化なし!それどころかダイマックスで強化を得たと感じておりますダイマックスでさらに高い耐久を持てるようになり、火力もアップします。 つまり後ほど説明するこの型のコンセプトである 受けつつ攻めるの二刀流がさらに強化されるため、ダイマックスと相性が良いと僕は考えています。 火力が上がる代わり、 回復はできなくなります 型の詳細 この型のコンセプトはざっくり言うと、 「受けつつ攻めるの二刀流」です。 輝石高耐久で相手の攻撃を受け流しながら、こちらはダウンロード火力で押し切るのがコンセプトです。 このコンセプトは他のポケモンにもできるのではないかと思った人もいると思います。 具体的に挙げると、 鉄壁ボディプレス型全般、、でしょうか。 ただ、見て思いませんか?特殊で受けつつ火力が出せる者がいないと。 鉄壁ボディプレスの火力は魅力的ですが、特殊受けが難しいですね。 もジャイロボールの最大火力は良いですが、など鈍足対面だとあまり削れません。 はAに振らないと火力があまり出せません。 安定した受け、安定した攻めで相手を苦しめる、これが ポリ2にしかできない戦い方なのです 詳しい立ち回り・有利、不利対面 受け出しや、死に出し、先発など用途は様々です。 対面有利、不利について述べていきます。 3つ目• シャドーボール• イカサマ• 10万ボルト• れいとうビーム• トリックルーム この中から2つ採用。 サブウェポン、補助技です。 シャドーボールはトライアタックが無効になるゴースト対策。 イカサマは積んできた物理アタッカーを倒す用。 10万ボルトは飛行タイプ倒す用。 れいとうビームは、飛行タイプと雪原解禁以降増えてくるであろう、などの対策。 また、に対する有効打。 トリックルームは後ろに繋げたり、自分のために使ったり用途は様々。 これを採用する場合S個体値は0推奨。 与ダメージ計算 それぞれ上がダウンロード発動前、下が発動後。 文字数が危ないので少なめです。 ごめんなさい。 同ダメージの計算は打つべき方で計算してあります。 1〜121. 4〜89. 2〜37. 5〜47. 3〜40. 4〜43. 4〜28. 3〜39. 3〜27. 0〜45. 3〜39. 7〜51. 8〜39. 1〜48. 5〜30. 1〜48. 1〜20. 6〜34. 1〜78. 5〜14. 5〜31. 1〜50. 1〜20. 1〜93. 7〜82. 9〜116. この型は対面構築、受けループ、サイクル戦など様々な場面で活躍できると思います。 は今作でも厨ポケとして存在し続けると思うので、この育成論を見てポリ2の魅力に改めて気づいてくれると幸いです。 何かありましたらコメント欄にてコメントお待ちしています。 は消しておきます。 了解です。 こちらもややこしくなる為は削除します。 型としては強いとは思うのですが、論中の記述にいくつか疑問があります。 まず差別化の項についてですが、一番に差別する必要があるのは同タイプかつ高火力高耐久のなのではないでしょうか。 は特殊を受けられないとありますが、逆にいうと物理受けとしては数段上ですし、積んだ分火力もでます。 「受けつつ攻める」というのが「そこそこの耐久による対面性能」を指しているのであれば、完全に物理を意識しているこれらのポケモンは比較対象として相応しくないと思います。 あとアマガはAに振らないと火力が出ない、というのはこの論がC特化型である以上矛盾しています。 次に立ち回りですが、耐久型は基本的に不利対面ではないかと。 例えば弱点をつけるはなんかは、一定数存在するHD型に対して確2を取れず毒殺されてしまいます。 これが等倍相手だともっと苦しくなりますし、の通りボディプ持ちも多く、ダウンロードでもカバーしきれない範囲であるため役割対象とはいえないと思います。 以上、長文失礼しました。 以下参考にしてください。 基本居座れるな確定1発取れる又は、すばやさが勝っていてきのみも一応考慮して確定2発を取れる場合です。 残りは特殊アタッカー兼、格闘に耐性があるポケモンで対策すると良いです。 、などが良いですね。 コメントありがとうございます。 耐久もあまり変わりありません。 これを見てくれればわかると思います。 あくびサポートが主軸のカビと自身もアタッカーになるポリ2では立ち回りが大きく異なります。 この耐久であの火力だからポリゴン2は強いんです! ちなみにガァも同じです。 例 ようきASルカリオ インファイト カビ 63. 6〜76. 7〜82. 3〜57. 5〜59. HDドヒドイデはあくまでも環境に一定数いるだけなので毒無効のポケモンにひき、様子見で倒せば問題ないです。 ただ、初対面は引いた方がよいかもしれません。 その他耐久型に関してですが、ポケモンや型によります。 だから一部例外があります。 ただ、毒持ちは基本引いた方が良いです。 また、確定2発取れない場合も引いた方が良いです。 ここらも追記しておきます。 コメントありがとうございます。 今回はアタッカーとして使っているので、確定枠にはならないと思います。 そのため、今回は採用を見送らせてもらいます。 多分修正したときにごちゃ混ぜになってしまったからだと。 修正します。 特に理由はなく、ぶっぱより、定数ダメージ意識の方が良いと思いこの努力値にしてあります。 そうですね……ポリ2 がつばめがえしを覚えていたら別の話になりますが….

次の