ライオン ラクトフェリン 効果。 内臓脂肪対策にラクトフェリンサプリも取り入れました|えあばす|note

ラクトフェリンの効果と副作用 / 口コミの前に知るべき14のこと

ライオン ラクトフェリン 効果

「ラクトフェリンサプリを飲んでみたい!」 でも、どのメーカーのラクトフェリンサプリを飲んだらいいか分からない…と、お悩みではありませんか? ラクトフェリンには、• (インフルエンザや歯周病対策など)• など、様々な効果があると言われています。 そしてこれらは、ラクトフェリンを 継続してこそ効果が発揮できるもの。 長く使うのであれば きちんと効果がでるのはもちろん、 安心して飲めて、コスパも良いものを選びたいですよね。 このサイトでは、下記の 「効果が発揮できるか・安全性・コスパ」を基準に、知名度の高い ライオンのラクトフェリンサプリと人気がある ホコニコのラクトフェリン+乳酸菌サプリの特徴やを比較しています。 小腸へ届く前に胃酸で分解されてしまわないように 「耐酸性」または「腸溶性」加工がされているか?• 安全性:添加物は入っていないか?• コスパ:1日あたりに換算するといくらになるか?お得なコースはあるのか? ラクトフェリンサプリで健康で楽しい毎日が送るために、このサイトがお役に立てれば嬉しいです。 ホコニコとライオンのラクトフェリンサプリを徹底比較! 酸や熱に弱いラクトフェリンは、腸まで届くものでなければ胃の中でほとんど分解され消失してしまいます。 ライオンのラクトフェリンは「腸溶性」、 ホコニコのラクトフェリンは「耐酸性」。 どちらも胃で溶けずに 腸まで届く優秀サプリメントです。 具体的にどのような成分が配合されているか比較してみましょう! 商品名 内容量 90粒 60粒 1日目安量 3粒 2粒 原材料 ラクトフェリン(乳由来) 結晶セルロース シェラック CMC-Ca ショ糖エステル 微粒酸化ケイ素 アルギニン ソルビット 乳糖 デキストリン 乳酸菌(ラブレ菌) ラクトフェリン デキストリン 甜菜オリゴ糖 ビフィズス菌 フェカリス菌 ラクトフェリン配合量 300mg 300mg 定価 6,720円 7,800円 定期価格 5,900円 4,500円 1日分コスト(定期価格) 196円 150円 ホコニコとライオンのラクトフェリンサプリ 注目成分を比較! ライオン、ホコニコとそれぞれでラクトフェリンに添加する成分が異なります。 乳酸菌やビフィズス菌を独自にブレンドしており、腸内環境を整える作用が多少異なります。 2つのサプリメントには2つずつ注目の成分が加えられています。 乳酸菌(ラブレ菌) フェカリス菌 乳酸菌ラブレ菌とは、 今話題の植物性乳酸菌の一種。 乳酸菌といってもチーズやヨーグルトのような動物性のものもありますが、日本人の腸に馴染みが良いといえるのは、漬物や味噌にいる植物性乳酸菌です。 ラブレ菌は京都の伝統的な漬物「すぐき漬け」から発見されました。 サプリメントに配合しているラブレ菌も、 原産国が日本の京都すぐき漬けが使用されています。 フェカリス菌は、主に 整腸作用、免疫力のアップ、アレルギー症状を押さえる効果があります。 非常に小さな菌のため、1つのサプリにたくさん配合できるのが魅力。 最大の特徴は、 加熱処理等によって死んでしまった死菌であっても効果があるという点です。 通常、菌は加熱して死菌になると効果が失活してしまいます。 しかし、フェカリス菌は数少ない「死菌でも効果が発揮される菌」。 加工段階で熱が加わってしまっても、きちんと腸まで届けば効果を発揮してくれるのです。 CMC-Ca 甜菜オリゴ糖 数々の研究でラクトフェリンは腸まで届けることが重要だとされています。 胃で溶けるとラクトフェリンのほとんどが分解されて、ラクトフェリンという形で腸まで届きません。 そのためライオンのラクトフェリンサプリメントは、腸溶性加工を施しています。 腸溶性とは胃で溶けないようコーティングして、腸まで届ける方法。 ライオンが独自に利用しているのは、CMC-Caという成分です。 これをコーティング剤として使用し、 腸まで届けるサプリメントに仕上げています。 甜菜オリゴ糖とは、甜菜という野菜(ホウレン草の仲間)から抽出された糖です。 甜菜にからとれるオリゴ糖は 胃や小腸で分解されにくく、腸までそのまま届きます。 腸内で善玉菌のエサとなって善玉菌の活動をサポートしたり善玉菌を増やたりします。 自然由来の成分ですので、昔から赤ちゃんの便秘対策等で重宝されてきた安心素材です。 そのため、 効果の面は引き分けと言えます。 安心:「ホコニコ」 主成分であるラクトフェリンに関しては両サプリとも申し分ないです。 しかし、他成分の構成を比較すると、いい意味でホコニコのラクトフェリンのシンプルさが際立ちます。 サプリメントは添加物が心配ですが、ホコニコのラクトフェリンサプリはそういった人でも安心して飲めるようにシンプルな配合で作られているそう。 余計なものを入れず本当に必要な成分だけが摂れるという意味で 安心して飲めるのはホコニコのラクトフェリンです。 コスパ:「ホコニコ」 ライオンのサプリが1日当たり196円に対して、ホコニコのラクトフェリンサプリは150円。 結果、 の方がローコストです。 1か月あたり約1,400円もお得になるんですね。 ラクトフェリンのように 続けなければ効果が持続しないサプリメントのコストは非常に重要。 ライオンは大手ということもあり、金額にはネームバリュー代が含まれているでしょう。 どちらもラクトフェリンや、お腹の調子を整える成分が添加されているのは同様です。 それぞれでターゲットなる人物像が異なり、 ライオンは脂肪減少、 ホコニコは免疫力アップの声が多くなっています。 めずらしいフェカリス菌も魅力的でしたが、優しいオリゴ糖に一番魅力を感じています。 娘に飲ますにあたって優しい成分であることが第一条件でした。 飲み始めて数日経った頃、頑固な娘の便秘症状が変化し始めました。 苦しそうな症状が緩和されてきたのです私も体の中が規則正しく循環しているようで、だる重気分から解放されています。 朝起きてから夜眠るまで、元気が持続するようになったことも大きな変化。

次の

ラクトフェリンとは?効果・口コミ・副作用を徹底調査!

ライオン ラクトフェリン 効果

それと、食事の見直しと運動もね!博士もこの記事見てポッコリ解消しちゃいましょう! そもそもラクトフェリンって何? ラクトフェリンがどんなものなのか、簡単に確認しておきましょう。 タンパク質の一種 ラクトフェリンは哺乳類の母乳に多く含まれるタンパク質で、赤ちゃんを感染症から守る働きをするものです。 ほかにも汗や唾液、涙などに含まれ、抗菌や抗ウイルス作用で体を 外部からの病原菌から守る働きをしています。 動物の母乳に含まれているラクトフェリンですが、熱に弱く、高温殺菌される市販の牛乳や乳製品では摂取しづらいもの。 サプリやラクトフェリン配合のヨーグルト、機能性食品などで摂る必要があるのです。 体内での働き ラクトフェリンの研究が始まったのは1960年代。 母乳からの分離に成功し、その効能に注目が集まって研究が進められました。 1980年代にはラクトフェリン配合の育児用ミルクが作られるなど製品化が進み、今日でも研究は続けられています。 ラクトフェリンの「ラクト」はミルクを、「フェリン」は鉄との結合を意味するもの。 ラクトフェリンには鉄が含まれ、 鉄と結合しやすい性質があります。 単独の鉄とは異なる作用で鉄を吸収する働きがあり、食品から効率的に鉄を吸収して貧血を予防します。 高い抗菌活性 鉄を吸収する働きは 高い抗菌活性にもつながるものです。 細菌が生育するには鉄イオンを必要としますが、ラクトフェリンは 細菌から鉄を奪うことで細菌の増殖を抑えます。 また、ラクトフェリンは、大腸菌やサルモネラ、レジオネラなどのグラム陰性菌の細胞膜を構成する成分のリポポリサッカライド LPS と結合することができます。 これによって 細胞膜の構造を弱め、抗菌作用を及ぼすことができるのです。 抗ウイルス効果も ラクトフェリンは ウイルスの予防にも効果を発揮します。 その作用はウイルスのエンベロープ( 膜状の構造)と結合し、 細胞への侵入を阻止するというもの。 さらにエンベロープの構造を持たないノロウイルスなどにも結合することができ、 細胞への感染や、感染後の症状緩和という効果を発揮するということです。 抗菌ペプチドに変わる ラクトフェリンが胃の中でペプシンという酵素に分解されると、より強い抗菌活性のある ラクトフェリシンという抗菌ペプチドに変貌。 ラクトフェリシンは乳酸菌やビフィズス菌など有用菌には作用せず、 病原性大腸菌O157や胃炎の原因になるピロリ菌に抗菌作用を発揮します。 ラクトフェリンは世界的な研究が行われて、安全性も確認されているもんなんじゃ。 厳しい安全基準を持つアメリカ食品医薬品局 FDA にも「一般に安全と認められる物質 Gras 」として認可され、安全性が認定されているんじゃぞ。 【製品情報】ライオンのラクトフェリン ラクトフェリンのサプリはいくつか販売されていますが、ライオンのラクトフェリンは脂肪細胞を使った研究が行われたり、臨床試験でその効果が実証されているもの。 高い効果が期待できるサプリです。 配合成分と含有量 ライオンのラクトフェリンには、ラクトフェリンを主成分に、次のような成分が配合されています。 ラクトフェリンとの相乗効果で脂肪を燃焼させやすくするようですね。 CMC-Caは、ラクトフェリンを腸まで届けるために使われている コーティング剤です。 ラクトフェリンは熱や胃酸に弱く、そのままでは腸に届きにくい成分。 ライオンは長年の研究で、胃酸からラクトフェリンを守る特殊なコーティング技術の開発に成功しています。 胃で溶けずにしっかり腸まで届けられ、内臓脂肪に直接作用するというわけです。 それ以外の成分はサプリの形成や品質維持のための添加物です。 自然由来の成分が多く、安全性の高いものが使われているようですね。 1日分の摂取量 ライオンのラクトフェリンの1日摂取量は 3粒で300㎎。 ラクトフェリンは摂取量として具体的な量は決められてはいませんが、実験での結果を踏まえて 1日に150mg~300mgぐらいが適当とされています。 300㎎なら十分な効果が期待できるようですね。 栄養成分は次のようになります。 カロリー:3. 3kcal• タンパク質:0. 脂質:0~0. 01g (飽和脂肪酸0. 001g)• 炭水化物:0. 6g(糖質0. 3g )• 食物繊維:0. 食塩相当量:0~0. 通常価格:6,060円• 定期購入:初回2,980円 2回目以降5,450円 (定期購入は3回以上の継続が条件) ラクトフェリンの飲み方 1日の摂取量は3粒です。 ラクトフェリンは食品なので 基本的に飲み方は自由とされていますが、効果を高める飲み方というのはあります。 熱や胃酸に弱いという性質から考えると、胃が活発に動いている食後は避けた方が良さそう。 胃酸の発生が抑えられる 食間や就寝前に飲むのが良さそうです。 また、ラクトフェリンは継続的に使用することで効果が出るサプリなので、 成分が常に体内にある状態を維持するのが理想的。 そのためには 3回に分けて飲むのがいいようです。 効果的な飲み方をまとめると、 午前中(空腹時)、午後(空腹時)、就寝前に分けて飲むのがいいでしょう。 飲み忘れても、気が付いたときに飲めば大丈夫。 毎日飲み続けるということが大事です。 ラクトフェリンの効果と副作用 ライオンのラクトフェリンは、臨床試験を行って 内臓脂肪の減少とBMIの改善を実証しています。 ラクトフェリンを摂る人と摂らない人の実験で、明らかに摂取した人の数値に変化が。 ラクトフェリンが内臓脂肪を減らすという効果を証明しました。 さらにライオンは脂肪細胞を使った研究を重ね、ラクトフェリンが脂肪細胞に直接働きかけて、次の2つの作用で内臓脂肪を減らすことを解明しています。 BMI Body Mass Index は肥満の判定に使われる数値で、身長と体重から計算されます。 22が標準で、25以上が肥満になります。 判定基準は次の通り。 ・18. 5未満:痩せ過ぎ ・18. 5以上25未満:標準体重 ・25以上30未満:肥満1度 ・30以上35未満:肥満2度 ・35以上40未満:肥満3度 ・40以上:肥満4度 腸まで届く独自加工 ラクトフェリンは 熱や胃酸に弱い 性質です。 そのため、加熱処理する牛乳などにはほとんど含まれていません。 含まれていて摂れたとしても、 胃酸で分解されて、腸にはたどりつけないのです。 ライオンのラクトフェリンは独自の技術でこれを解決。 胃酸に溶けない強いコーティング技術を開発しています。 この技術は、多くの実験を重ねて効果を証明済み。 しっかり腸に届いて内臓脂肪に効果を発揮してくれるということです。 ラブレ入りとの違い ライオンのラクトフェリンとは別に、 ラブレ菌をプラスした商品もあります。 ラブレ菌とは植物性の乳酸菌で、京都の漬け物「すぐき漬け」から発見されたもの。 酸茎菜(すぐきな)というカブの一種を塩でつけ込んで作られた酸味のある漬け物です。 京都の男性が長寿である理由を探っている中で発見されたのだとか。 植物性乳酸菌は動物性乳酸菌よりも腸で生き抜く力が強く、特にラブレ菌の強さは群を抜くそうです。 継続して摂取することで 腸の善玉菌を増やし、腸内環境を高めます。 ライオンのラクトフェリン+ラブレはラクフェトリンと一緒にラブレ菌を摂れることで、健康効果がいっそう高まりそうなサプリと言えますね。 商品情報 全然、効果ありませんでした あまりにも、凄いことが書いてあったので 期待して買って見たけど、全く効果はありません 一か月ではわからないと思い、二カ月間ずっと飲んで 尚且つ、筋トレや有酸素運動まで同時にやっていましたが 体重は1~2キロ減っただけです こんな効果も無いものに、5千円以上を払うのは馬鹿みたいなので この商品だけは、買わない方が良いですよ 期待しすぎると、多少の効果では満足できなくなるのかもしれないですね。 2ヶ月飲んで2キロほど減っているのであれば、効果がないとは言えないようです。 筋トレや有酸素運動の効果もあるでしょうが、 相乗効果が働いているのかもしれません。 お高いので、もっと目覚ましい効果がないと納得できないということもあるのでしょう。 まだ2ヶ月なので、もう少し続ければしっかり効果が出てくるのではないでしょうか? 3ヶ月夜1回寝る前3錠を飲み続けての結果ですが… 率直に星1つですね。 食事量・活動量ともに変わりなし、特に変わり映えのない生活を続けた限りですが、1kgだに減量できませんでした。 便通も変わりなく。 ということで、継続を躊躇います。 ただ、この3ヶ月間幸いインフルエンザにもかからず、今のところ花粉症の気配も無い点で、もしかしたらラクトフェリンが免疫力を高めている可能性も否めません。 だから見捨てきれないところがあるんですよね。 食事改善や運動を併用しないとなると、体重の減少が遅くなるのも仕方ないかも。 ただ、病気や花粉症を避けられているのは、ラクトフェリンの効果で免疫力が高まってきたのかもしれませんね。 これなら、続けていけば体重減少も期待できるのではないでしょうか? ふと気が付いてみれば、このサプリメント、ほんとに長い期間飲み続けています。 サプリ大好きで、ほんとにたくさん飲んでいますが、こんなに続いているのはコレだけ。 2013年からずーっと続いています。 一昨年の春頃、一度二ヶ月くらい休んだことがあったのですが、体重がみるみる増加し、慌ててまた再開。 そして先月、その時懲りたはずなのに、他に飲んでるサプリの数が半端ないので、またこれを休みました。 そうしたところ、また体重が2キロも増え、またまた慌てて注文。 なんだかんだ言って、飲み続けていると、お通じが良くなるのと、内臓脂肪減少に効いてるのかもしれません。 やめたら体重が増えたなんて、確実に効いていることが分かりますね!ほかのをやめても、これは飲み続けた方がいいかも。 お通じにも効いているということで、本当に体に合うサプリのようですね。 これ一つで一か月分です。 ダイエットの効果だけじゃなく健康維持の意味も含めて飲んでいますが、 三か月間続けて飲んでみたところ5キロ程体重が減りました。 それと、大体いつもダイエットをするとその後反動で体調を崩す事が多いんですが、これを飲み始めてから体調を崩す事はまったく無くなりました。 ラクトフェリンが原因で体調を崩さなかったのかどうかはまだ確信は持てませんけど、確実に痩せることが出来てかつ健康でいられるっていうのはいいですよね。 3ヶ月で5キロとはバッチリ効果が出てますね。 かなり健康的に痩せているご様子。 無理のないダイエットができているんですね。 健康維持のために、これからも飲み続けてください! ライオンのラクトフェリンは内臓脂肪の減少とBMI値の改善をうたっておるが、ラクトフェリンにはそれ以外にも免疫力の向上や便秘の改善などいろいろな効果があるもんなんじゃ。 短期間で効果を出すもんじゃないが、長く続けている人は何らかの効果を感じておるぞ。 継続するにはコストがかかるという問題もあるようじゃが、定期購入の制度もあるから、うまく活用できるといいのう。 評価をするなら自分でも体験 すごく効いたという人と全然効かないという人、口コミでは効果がハッキリと分かれるライオンのラクトフェリン。 個人差はありますが、使用する期間や生活習慣の改善などでも違いは出てきそうです。 本当の効果を知るには、やはり自分で試してみるしかありません。 そこで、最近出てきたお腹が気になっているミヂカ編集部員Sさんが実際に購入して飲んでみることに。 リアルな体験記事をお届けしましょう。 さっそく注文 ライオンのラクトフェリンは市販されていません。 そこで ネット注文することに。 単品購入か定期購入か迷うところですが、サプリの効果が出るまでには最低3ヶ月はかかるとのこと。 口コミを見る限り 効果を出している人は半年以上飲んでいることも考えると、かなり長期戦になりそうです。 ここは腰を据えてずっと継続しようと、定期購入で申し込むことにしました。 定期購入なら 10%オフ。 さらにweb会員になれば1%オフとのこと。 かなりお安くなりますね。 もちろんweb会員にも登録しました。 商品到着 注文してから3日でライオンから段ボール箱が到着。 思っていたよりも早く、かなりスピーディです。 最初から好印象ですね。 段ボールを開けると、商品のボトルと商品案内、パンフレット類がたくさん入っています。 これからダイエットを始めるという意欲をかき立ててくれます。 健康チェックシートまで付いていました。 これで今の自分の状態を知ることができます。 ちょっと、ドキッとしますけどね。 「ラクフェトリンを飲んで健康になるぞ」っていう気分が否が応でも高められます。 飲んでみた感想 1日に飲む量は3粒です。 ラクフェトリンの持続時間は24時間ということで、1日1回飲めば良さそうですが、 確実に体内に留めるために3回に分けることに。 ラクフェトリンは胃酸に弱いということなので、胃酸の少ない空腹時に飲むことにしました。 胃酸で分解されないコーティングがされているということですが、念のためです。 朝食を摂らないので午前中に1粒、夕方に1粒、そして寝る前です。 粒はやや大きめですが、1粒なら全然問題なく飲めます。 匂いはほとんどなく、 味はやや苦めですが水で流してしまうので問題ありません。 1度に何粒も飲むなら大変かもしれませんが、1粒ずつに分けることで、飲みやすさの点では何の支障もないようです。 飲んで5日め 最初のころは飲み忘れが多く、夜まで忘れていることも。 そんなときは寝る前に3粒まとめて飲みます。 毎日飲むことが重要なので、まとめてでもその日に飲むようにしたいですね。 とりあえず毎日は飲み続けながら、5日経過。 体には何の変化もありません。 でっぱったお腹は相変わらずで、体重も当然変化なし。 体調も特に良くなるということもなく…。 そんなに早く効果は出るわけはないと思い直し、しばらく様子を見ることにしました。 2週間め 口コミで効果を出している人は、 食事の改善や運動も取り入れていることがほとんど。 やはり飲むだけではなかなか効果の出るのも遅いようです。 自分も、少しでも早く効果を出すために通勤のひと駅を歩くことに。 さらに間食をやめて、夕食は遅くとも9時までに済ませるようにしました。 さらに炭水化物の量も減らすことに。 3回に分けて飲むことも慣れはじめ、腸内環境が良くなったのか 毎日のお通じがかなりスムーズに。 これは予想外の効果でした。 自分は便秘というわけではないのですが、ちょっと環境が変わるとお通じが無くなってしまう体質。 それが、毎日変わらず快調になったんです。 便通が良くなることで体が軽くなり、お腹も気のせいかへこんだような…。 3ヶ月め あまり結果を気にしないようにして、はや3ヶ月。 そろそろ効果が目に見えてくるころです。 ウォーキングや食事改善にも慣れ、体調がかなり良くなっていきました。 まず目立った変化が 朝の寝起きがいいこと。 目覚ましをかけなくても自然に目覚めます。 とても体が軽くて、ウォーキングや食事だけの効果とは思えない爽快さです。 そしていよいよ 体重計に乗ることに。 一喜一憂するのが嫌で乗るのを控えていましたが、お腹のへこみ具合いや体の軽さから、体重減少は間違いないと確信。 ドキドキしながら乗ってみました。 すると…なんと 4キロ減!予想以上の結果です。 このときの嬉しさはちょっと言葉になりませんね。 6ヶ月経過 効果が出るまでに半年はかかると覚悟をしていたものの、3ヶ月でしっかり目に見えた効果が出て気持ちは勢いづき、半年が経過しました。 痩せ始めるとそれが楽しくなり、ますます頑張れるようになります。 ウォーキングの時間も増やし、食事も脂肪分が減ってすっかりヘルシーに。 お腹はすっかりへこんで洋服のサイズも合わなくなりました。 そして肝心の体重は さらに 2キロ減りました。 BMIは標準になったので、今後はこれを維持することになります。 ラクトフェリンを飲んでいれば大丈夫という安心感も出てきました。 飲み始めてから知ったのですが、ラクトフェリンには 抗菌作用でウイルスや病原菌を殺菌する作用もあるのだとか。 以前は風邪を引きやすかったのが、まるで引かなくなったのはそのおかげかもしれません。 継続することで効果実感 ほかのサプリにも言えることですが、 すぐに効果が出ると期待し過ぎないことが大事です。 「まだ効果が出ないのか」と考え過ぎるのが、続けられない原因になります。 実感はできなくても、成分はじっくり体に作用しているはず。 3か月後、半年後を楽しみに飲むのが一番です。 その間は体重計に乗らないと決めるのもいいかもしれません。 また、 食事改善や運動は必須だと思います。 散歩程度でもいいので、体を動かすようにしましょう。 それで痩せると「飲まなくても痩せたんじゃないか」って思うかもしれませんが、自分の経験では、食事とウォーキングだけではこれだけの体重減少はなかったと思います。 特に極端な食事制限をしたわけではないし、激しい運動をしたわけでもないですからね。 ラクトフェリンは長く続けることで効果が出てくるから、最低でも3ヶ月は続けるのがおすすめです。 それを見越した契約の縛りではないかしら?口コミでは半年ぐらいで痩せてきたっていう人もけっこういます。 1ヶ月で「効果がない」ってやめてしまうのはもったいないですよね。 痩せるならラクトフェリン頼りはダメ どのサプリにも言えることですが、飲んでいるだけで痩せるということはあまり期待できません。 中には飲むだけで痩せたという人もいるかもしれませんが、少数です。 早く確実に効果を出したいのであれば、太ってしまったこれまでの生活習慣を変えていく必要があります。 食事は量も栄養のバランスも大事 食事は食べる量と栄養バランスの両方を改善していきましょう。 1日の栄養摂取の目安 太る原因はとてもシンプル。 摂取カロリーが消費カロリーを上回っているからです。 痩せるためにはこれを逆転させればいいだけ。 しかし、ここでよくやりがちなのが 食べる量を極端に減らして体重を落とすことです。 食べなければ体重はどんどん落ちますが、大事な筋肉まで減ってしまい、基礎代謝が衰えて太りやすい体に。 食べるのを戻せばすぐリバウンドして以前より太るという結果にもなりやすいのです。 しかも栄養不足になって体調を崩したり、肌がボロボロという事態になってしまうことにも。 そこで、食べる量は極端に減らさず、 栄養バランスのいい食事内容に変える工夫が必要になってきます。 ダイエット成功のためにはこんな工夫を!• 摂取カロリーは成人の平均摂取カロリーの2割減程度にする• 3色きちんと食べる• タンパク質をしっかり摂る• 野菜をたくさん食べる• 炭水化物を極端に減らさない 摂取カロリーを減らす必要はありますが、食べる量を極端に減らすのはNG。 リバウンドの原因になります。 ダイエットには 成人の平均摂取カロリーの2割程度を減らすのが一番効果的とされています。 平均摂取カロリーは年齢や労働量によっても異なりますが、平均を取って男性は2,500カロリー、女性は2,000カロリー。 その2割なので次の数字をダイエットに成功するカロリーとして覚えておくといいでしょう。 男性:2,000カロリー• 女性:1,600カロリー 同じカロリーを摂るなら、なるべく 食べる回数を増やして少しずつ食べるのがダイエットにつながります。 最低でも 1日3回は食事を摂りましょう。 食べることで体の代謝が高まりますが、 食べる回数を多くすることで代謝の高まりを継続させることができます。 タンパク質は筋肉を維持したり、肌を健康に保つために必要な栄養素。 減らさないようにしっかり摂りましょう。 また、炭水化物を減らしすぎるとエネルギー源が不足し、体はタンパク質を消費するようになります。 そのため体の筋肉が減り、基礎代謝を落とすことにも。 ビタミン、ミネラルも体の新陳代謝や細胞の再生に不可欠な栄養素です。 どの栄養素も過不足なく、バランスよく食べたいものです。 吸収率が良くなる組み合わせ 効果 多く含む食べ物 ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6• ビタミンB1:糖質を代謝する• ビタミンB2:脂質を代謝する• ビタミンB6:タンパク質を代謝する• うなぎ• マグロ• バナナ ビタミンC、ビタミンE 活性酸素を除去して酸化したビタミンEをビタミンCが再生させる• ブロッコリー• イチゴ• さつまいも• ナッツ類• 緑黄色野菜• オリーブオイル• バター• マヨネーズ• ナッツ類 カルシウム、タンパク質 アミノ酸がカルシウムの吸収を促す• 魚介類• 乳製品• 納豆 鉄分、タンパク質 赤血球の生成を促進して貧血を予防する• ほうれん草• 小松菜• ひじき• レバー 反対に、栄養の吸収を阻害してしまう悪い組み合わせもあります。 吸収が悪くなる組み合わせ 理由 悪い組み合わせ例 ビタミンCとアスコルビナーゼ• アスコルビナーゼはビタミンCを破壊する酵素• アスコルビナーゼは熱や酸に弱いので、加熱するか酢のものにすると良い 生のキュウリ、人参とビタミンCを多く含む食品 カルシウムとフィチン酸、シュウ酸 フィチン酸、シュウ酸がカルシウムの吸収を妨げる• 枝豆と乳製品(チーズなど)• 玄米と魚類• ほうれん草と魚類、乳製品 タンニンと鉄 タンニンは野菜などに含まれる非ヘム鉄の吸収を妨げる お茶と大豆製品、ほうれん草など 食物繊維とミネラル 食物繊維を摂り過ぎるとミネラルの吸収を妨げる 食物繊維の過剰摂取 食べるタイミングや咀嚼回数も意識 食事の回数はできるだけ多い方が、ダイエットに向いています。 回数を増やして1回に食べる量を減らすことで、内臓に負担をかけずに消化・吸収が良くなることに。 脂肪として蓄積しづらくなるのです。 また、食べるときはゆっくりとよく噛みましょう。 脳が食事をしてから満腹感を感じるまでに20分ほどかかるといいます。 早食いは満腹中枢が満たされず、食べ過ぎにつながりやすいのです。 よく噛んで食べることで 消化・吸収が良くなり、エネルギー消費が高まることに。 同じ量を食べているのに、咀嚼回数を増やすだけで痩せやすくなるのです。 咀嚼回数を増やすには、スマホやテレビなどを見ながら食べるのでなく、 食べることに集中することがポイントです。 初めは数を数えるなど、意識してやってみましょう。 よく噛むことで、少しの量でも満足できるようになります。 お酒を飲むなら適量 お酒はカロリーや糖分が多く、飲み過ぎれば当然太ります。 できればダイエット中はお酒を控えたいところですが、これまでたくさん飲んでいた人はまったくやめるのは難しいかもしれません。 飲むなら適量を守りましょう。 たくさん飲むことで肝臓が解毒処理に忙しくなり、 そのぶん体の代謝機能が衰えるので、脂肪を蓄積しやすくなってしまうのです。 運動をして脂肪を燃焼 食事の改善とともに、カロリー消費を高めるための 適度な運動も必要です。 日常の動作の工夫でカロリー消費 まずは日ごろの運動不足を解消するために、 日常の動作の動きを高めることから始めてみましょう。 ちょっとした工夫で運動量は相当増やせるはずです。 次はその一例になります。 エスカレーターをやめて階段を使う• 電車の中では座らない• つま先を立てながら立つ• ひと駅前で降りて歩いてみる 自重だけで負荷をかける簡単筋トレ 痩せやすい体にするためには、 筋肉を増やすことが必要です。 本格的にトレーニングジムに行かなくても、自宅で行う自重トレーニング(自分の体重を負荷に利用したトレーニング)だけで十分筋肉を付けることができます。 簡単にできる筋トレをご紹介しましょう。 クランチ 腹筋を中心に鍛え、お腹周りをスッキリできる筋トレです。 あお向けになり、ヒザを曲げる• 胸の前で腕を組む• ヘソをのぞくように上半身を丸める• 5秒ほど停止し、腹筋を緊張させたままゆっくり上体を戻す• 戻したあとも脱力せず、1~4を繰り返す 腹筋に意識を集中して、 体を丸めるというイメージで行いましょう。 初めは少ない回数でも大丈夫です。 20回ぐらい続けてできるようになったら、頭の後ろに手を回したりねじりを加えるなど負荷を加えていくと、効果が大幅アップします。 プランク 体幹を鍛える代表的な筋トレです。 姿勢を作ってキープするだけの簡単なものですが、効果を十分出すために正しいフォームを作ることが大切です。 うつぶせになり、前腕を床に付けて脚を伸ばす• つま先を立て、腕とつま先だけで体を支える• ヒジが肩の真下に来るようにする• 頭の先からかかとまでがまっすぐになるようにする• 60秒間キープする 1~5を1セットとし、3セットぐらいから始めます。 5セット、10セットとできるようにしていきましょう。

次の

ラクトフェリン(ライオン)の口コミ・評判 | みん評

ライオン ラクトフェリン 効果

効果の期待できるサプリはどれ? ラクトフェリンは、母乳の中でも特に初乳に多く含まれる成分です。 初乳とは赤ちゃんが生まれてから短期間のみ出る特別な母乳のことで、 その期間はわずか10日ほど。 この初乳には、 通常の母乳の10倍ものラクトフェリンが含まれると言われます。 お腹の中で大切に育ってきた赤ちゃんが、外に出てからも元気にすくすく育つようにと、赤ちゃんにとってラクトフェリンは大切な栄養です。 ラクトフェリンは母乳以外にも汗や涙、唾液にも含まれますが、そちらの含有量はごくわずかです。 牛の母乳である牛乳にも少量含まれるものの、通常は殺菌の過程で壊されてしまいます。 そこで、牛乳のラクトフェリンを 技術を生かして壊さないように取り出し、 免疫力向上などに役立てていこうというのが、ラクトフェリンのサプリメントなのです。 ま、まぁ乳酸菌はたっぷり摂れてるからいいじゃない。 食べ物から摂るなら、熱を加えないナチュラルチーズがいいそうよ。 それにしても、赤ちゃんを守るための初乳に含まれる成分を大人が摂取しても、効果は期待できるのかしら?早速詳しく見ていきましょう! 【サプリの基礎】ラクトフェリンとは まずはラクトフェリンサプリを選ぶ前の基礎、「ラクトフェリンとは何か」からチェックしていきましょう。 ラクトフェリンにどんな働きが期待され、どのように活用していけばいいのでしょうか。 ミルク(牛乳)中に多いたんぱく質の一種 ラクトフェリンは、糖タンパクの一種。 先ほども少し確認しましたが、人間や牛など、哺乳類の母乳に含まれる成分です。 特に初乳に多く含まれ、ラクトフェリンなどの栄養がたっぷり入った初乳はやや黄色味を帯びています。 まだ生まれたばかりの 赤ちゃんの免疫力をしっかり支えてあげるためにも、とても大切な成分と言われています。 このように母乳の中には多く含まれますが、 母乳以外ものからはほとんど摂取できません。 汗や涙などの体液になってしまうので、あまり現実的ではないでしょう。 つまり、ラクトフェリンを牛乳以外の いつもの食事から取り入れることはかなり困難なのです。 ラクトフェリンに期待される効果 赤ちゃんを守るためのラクトフェリンには、 さまざまな効果が期待されています。 残念ながらまだ研究段階のものが多くありますが、効果が示唆されているものもあります。 ざっと確認していきましょう。 ノロウイルスなどウイルスの感染症予防 ノロウイルスは、消化器の細胞内に張りつく働きを持っています。 これにより、 ノロウイルスやロタウイルスなどの ウイルスが消化器官の細胞に感染することを防ぐとされるのです。 ノロウイルス・ロタウイルスはどちらも食中毒を引き起こすウイルスで、体力のない幼児や老人が感染すると非常に危険です。 周囲で流行り出す前に、ラクトフェリンを取り入れたいですね。 さらに、C型肝炎のウイルスのエンベロープ(膜のようなもの)に作用し、 C型肝炎ウイルスが標的とする細胞へ入り込むのを防ぐ働きがあると言われます。 牛乳から取り出したラクトフェリンをC型肝炎の患者に飲ませたところ、 血液中のウイルス濃度が下がったという報告もあるのです。 ノロウイルスの感染力は非常に強力で、人から人への二次感染の確率もしやすいんじゃ。 ノロウイルスが蔓延しやすい冬は、特に気を付けたいのう。 ピロリ菌などの細菌繁殖の抑制 細菌の多くは、鉄分をエサとして繁殖すると言われます。 ラクトフェリンは鉄分と結合しやすい糖タンパクなので、 細菌よりも先に鉄と結合し、細菌のエサを奪い取ってしまいます。 当然エサの無くなった細菌は、思うように繁殖できません。 この働きは想像以上に強力で、胃酸の中でも平気で生きている ピロリ菌にも抗菌作用をもたらすと言われるのです。 この効果は多くの細菌に対して有効で、まだ免疫力に乏しい赤ちゃんをラクトフェリンの力で守っているのではないか、と言われます。 「鉄を壊す」ではなく「引き付ける」です。 つまり、鉄が失われるわけではありません。 むしろ上手に吸収できることに役立つとされ、鉄不足の人にはおすすめでしょう。 鉄と結合しやすいというと、鉄が不足してしまうイメージがありますね。 しかしこの鉄は無くなるわけではなく、ラクトフェリンと手をつないだまま体内に入ってきます。 失われるどころか、安定性や吸収率が高まるとも言われるのです。 腸内環境の正常化 悪玉菌のエサを奪い繁殖を抑制するということは、 すなわち善玉菌の手助けをすることになります。 通常は善玉菌と悪玉菌はそれぞれ戦いながらバランスを保ちますが、ここにラクトフェリンが入ることで悪玉菌はエサを奪われ息切れ状態に。 善玉菌はいつもより楽に増殖しやすくなるわけですね。 おならが臭かったり、肌荒れがあったり、便の状態が健康的でなかったり下痢や便秘の症状があれば、腸内環境のバランスが悪くなっていることが考えられます。 腸内環境の正常化とは、「良いバランスで腸内の菌が保たれていること」を指します。 腸内細菌が良いバランスと言うのは、善玉菌と悪玉菌、さらに状態によってどちらの味方にもなる日和見菌の3種が、 2:1:7のバランスになっている状態です。 ここで悪玉菌が善玉菌と同じような量になってしまうと、 今まで味方だった日和見菌が悪玉菌の味方になってしまい、腸内環境が悪化してしまうのです。 自分の胃腸の状態と常に向き合い、「今日のおなかの調子」がいいかどうか、把握しておきたいですね。 内臓脂肪を減らしてダイエット マウスでの実験段階ではありますが、ラクトフェリンを飲むことで 血中の中性脂肪と遊離脂肪酸が減少し、さらに肝臓においては コレステロール値の減少も期待できるようです。 臨床結果では、ラクトフェリンを続けていくことで 体重の減少や内臓脂肪の減少が見られたそうです。 とは言え、あくまでも臨床結果なので全ての人に効果が実感できるかはまだ不明な点も多いでしょう。 ダイエットのサポートとして使うというより、本格的に内臓脂肪を減らしたい人向けかもしれません。 試してみる価値はありそうです。 過剰摂取で副作用が起きることも これだけ健康に良さそうな働きが期待されるラクトフェリンですから、たくさん摂った方がなんだか良さそうな気もします。 しかし、 過剰摂取で副作用のような症状が起こることがあります。 それぞれの サプリに記載されている推奨摂取量を守りましょう。 ラクトフェリンはもともと赤ちゃんのためのもので、非常に安全性の高い成分です。 副作用として考えられるのは、腸内環境に作用し便秘解消に期待がもたれるため、大量摂取すると腸の働きが活発になりお腹がゆるくなることがあるでしょう。 お腹がゆるくなり下痢を起こすと、体が冷えて悪寒や食欲不振を感じたりするかもしれません。 ちなみに動物実験においては 体重1kgあたり2gを3カ月間投与し続けても異常が見られなかったことが報告されています。 体重50kgの人なら、100gを毎日食べ続けても中毒作用はなかったということです。 ラクトフェリンのみ100gは、あまりに非現実的な量です。 逆に、有効とされるもっとも少ない摂取量は150 mgなので、1日150mg~1,000mgほどの幅で続けていくと良さそうです。 なお ラクトフェリンは主要なアレルゲンではないものの、アレルギーに対する反応がごく薄く見られたそうです。 牛乳にアレルギーを持っている人は避けるか、医師に相談してください。 こりゃ、安全性が高くさまざまな健康効果が期待されるとあっては、ラクトフェリンをすぐにでも試したくなって来たぞい!早速どんなラクトフェリンがあるのか、じっくり見ていくことにしようかの。 国に表彰された森永のラクトフェリン 森永は、1977年に世界で初めてラクトフェリンを赤ちゃん用のミルクに配合したメーカーです。 母乳の初乳には赤ちゃんに必要な成分がたくさんあることはわかっていたものの、さまざまな事情で初乳をあげられないママもたくさんいます。 そんなママたちにとって、どれほど素晴らしいニュースだったことでしょう。 そんな「世界初」が日本のメーカーだとは、なんだか誇らしい気がしますね。 商品情報 森永乳業は長年のラクトフェリン開発により、品質に優れたラクトフェリンのみを使用しています。 そんな 森永のサプリ「ラクトフェリンオリジナル」をチェックしましょう。 ラクトフェリンオリジナルは、 1日6粒で600mgのラクトフェリンを摂取できます。 これは、加熱処理前の牛乳に換算するとなんと12リットル分。 1日6粒、90粒入りで約15日分が定期購入なら税込み2,980円です。 公式サイトからの定期購入で1割引きになるので、ぜひ毎月2袋ずつから、始めてみませんか。 配合成分は以下のようになっています。 還元麦芽糖、食物繊維 難消化性デキストリン 、デキストリン、ナタネ硬化油、ラクトフェリン 乳由来 牛乳由来のラクトフェリンなので、少なからずアレルギー反応が起きる恐れがあります。 牛乳アレルギーを持っている人は、控えましょう。 ここに注目!このサプリのポイント 森永のラクトフェリンオリジナルに使用されているラクトフェリンは、 アメリカの権威ある制度GRAS(Generally Recognized As Safe)を取得。 こだわりの安全製法で作られています。 さらに、化学物質などを使わず効率的にラクトフェリンを抽出する技術を確立し、 2003年には文部科学大臣賞を受賞しているのです。 国も認めた技術、というわけです。 森永のラクトフェリンは、その一部が一度胃で分解され、その働きを失います。 しかしその後「ラクトフェリシン」へと姿を変えます。 このラクトフェリシンはなんとラクトフェリンの数十倍から数百倍もの高い抗菌性を表す物質なのです。 ラクトフェリシンは、1992年に森永が発見しています。 赤ちゃんを守っているのはむしろこの「ラクトフェリシン」の抗菌作用とも言えるでしょう。 ラクトフェリンが「静菌作用」=細菌の働きを抑えるものであるのに対し、ラクトフェリシンは抗菌・殺菌作用=細菌そのものを攻撃する働きがあるとされます。 森永のラクトフェリンはこの胃で分解されることを活用したラクトフェリンとなっています。 この対極にあるのが、ライオンのラクトフェリンです。 どういうことなのか、それはライオンのラクトフェリンの項目でまとめてチェックしましょう。 口コミから分析してみよう 森永のラクトフェリンは、長年の研究技術が活用されています。 そんなラクトフェリンのサプリは、どのような口コミがあるでしょうか。 あまり効果が無かったという口コミ まずは、始めてみたものの思ったような実感が得られなかったという口コミです。 良い口コミも良くない口コミもあったようじゃが、大事なポイントは「続けることに意義がある」と言うことじゃな。 腸内環境をこれから整えていく生まれたばかりの赤ちゃんと違い、大人は変化がゆっくりじゃ。 しっかり続けていきたいのう。 ライオンの「ナイスリムエッセンス ラクトフェリン+ラブレ」 次は、森永と並ぶくらいラクトフェリン研究の進んでいるライオンの商品です。 ライオンはその研究の中で、 ラクトフェリンが内臓脂肪を減らすことを発見しました。 ライオンのサプリを続けていくことで、内臓脂肪の軽減に役立つことが期待されます。 商品情報 内臓脂肪の軽減に役立つとの話から、ライオンのラクトフェリンサプリは高い売り上げを誇っています。 なんと8年連続、ラクトフェリンサプリで売り上げ1位を誇っているのです。 そんなライオンのラクトフェリンサプリは、 1日3粒あたりラクトフェリン300mg配合。 さらに 植物性乳酸菌の「ラブレ菌」を3粒に180億個配合しています。 植物性乳酸菌は日本人が昔から親しんできた漬物などに含まれる乳酸菌で、 日本人の体に合っているとも言われます。 また、胃酸に強く、 生きたまま腸に運ばれやすいのもポイントです。 1日3粒、90粒入り約30日分で、 ライオンの公式サイトからの定期購入なら税別5,450円。 通常価格より13%オフです。 初回分は何と半額の2,980円。 配合成分は以下の通りです。 乳糖、デキストリン、乳酸菌(ラブレ菌)、ラクトフェリン(乳由来)、結晶セルロース、シェラック、CMC-Ca、ショ糖エステル、微粒酸化ケイ素、アルギニン、ソルビット こちらも牛乳から抽出されているラクトフェリンなので、牛乳アレルギーの人は服用を控えてください。 ここに注目!このサプリのポイント 森永のラクトフェリンが「抗菌」に役立つとされるのに対し、ライオンのサプリは「 内臓脂肪の軽減に役立ち、高めのBMIを改善する 」と言うことが期待されます。 BMIとはBody Mass Indexの略で、ボディマス指数とも呼ばれます。 この値によって、肥満度がどの程度であるかを確認することができます。 6)=19. 5となり、BMIでは「普通体重」に分類されます。 この 数値が25以上になると「肥満1度」となるのです。 数値が上がるたび肥満度も上がります。 高めのBMIは心臓や足腰に負担をかけるため、 早いうちに適正なBMIに整えたいものです。 ライオンのラクトフェリンは、その手助けになってくれるかもしれません。 筋肉組織が多いと体重は多めになります。 その際は体脂肪率も活用してください。 BMIは単純に「体重」だけを考慮しているので、スポーツを日常的にしていて筋肉が多めの人では、 全く肥満ではないのに肥満の数値になることも考えられます。 そこで、そのような「自分の体重は筋肉!」と自信のある人はぜひ体脂肪率も考慮してください。 体脂肪率が女性ならば35%、男性ならば25%を超えると「軽肥満」に入ります。 自分のBMIや体脂肪率を把握していると、健康管理にも役立ちます。 口コミから分析してみよう 内臓脂肪に働きかけることで、お腹ポッコリ改善に期待が持てるライオンのラクトフェリン。 使っている人は、どのような感想を持ったでしょうか。 口コミから探りましょう。 あまり効果が無かったという口コミ まずは、あまり実感できなかった口コミです。 便秘がちなのも解消されなかったし…残念です。 ラクトフェリンは糖タンパクの一種ですが、ラブレは乳酸菌の一種です。 乳酸菌は体質に合う・合わないがあるため、もしかするとラブレ菌が合わなかったり、飲む量が足りなかったと言うことがあるかもしれません。 ラクトフェリン単体のサプリもあるので、こちらを試して思うような実感が得られなければそちらを試してみるのも良さそうです。 お腹に実感があったという口コミ お腹の調子にいい実感を得られたという口コミです。 ラクトフェリンを分解しないように守りながら腸まで届けてくれるので、腸内環境改善の実感は得られやすいかもしれません。 ラブレ菌がラクトフェリンのサポートになることも心強いですね。 飲み始めて、パツパツの毎日がスッキリしたって感じなんです。 これのおかげなのかな、なんて。 ため気味だったときはキレイに不安だったけど調子もいいし毎日快調なので、毎朝飲むのが楽しみになっています。 お腹のスッキリ感を得られたという感想でした。 下剤など強力な薬を使っている人は、できるだけその量を減らしていきたいと思っているもの。 ラクトフェリンの働きで少しずつでも便秘しらずなお腹に変えていけるといいですよね。 きっとあなたの強い味方になってくれることでしょう。 内臓脂肪に変化を感じた口コミ ライオンのラクトフェリンで最も期待したいのは、やはりこの点です。 ただ、 1つ注意したいのは「脂肪を落とす」のではなく「内臓脂肪の分解を促す」と言う点です。 女性に多い「皮下脂肪」には言及されていませんし、 脂肪は「分解」してもその後に「燃やす」と言う作業が必要になります。 つまり、飲むだけでお腹が引き締まるのではなく、ラクトフェリンが分解した脂肪をその後運動などによって燃焼しないと、思ったような実感は得にくいのです。 まずはそのポイントを押さえておきましょう。 途中飲むのを一時期辞めてみたりして差を測ってみましたが結果として開始から数えて約10キロ減っています。 確かな効果があるのは間違いなさそうですね。 「特に運動をしなくても減った」とのコメントもありますが、ラクトフェリンの働きを最大限に実感するためにはやはり運動と併用するのがおすすめです。 もちろん「ジョギング3km」などと無茶な話ではなく、 いつもより10分、20分多く動くことを気にかけるだけできっと変わってくるでしょう。 飲み始めてから10kgもの減量に成功した人がいることも驚きです。 ただし、痩せすぎも健康にはよくありません。 BMIなら19~22の間になるよう、体重をコントロールしていきたいですね。 残念ながら、「飲むだけで痩せる」ような魔法のサプリではありません。 適度な運動のサポート役として、上手に利用していってください。 素材や成分にこだわり、安心して毎日摂取できるような商品づくりを目指しているお店です。 嬉しいポイントは、続けやすいその価格。 また、製造工場は「医薬品GMP(適正製造規範)」に従っており、厳しい管理のもと質の高いサプリメント作りに励んでいます。 商品情報 ホコニコのラクトフェリンは、 1日3粒で300mgのラクトフェリンと、その働きを助ける2種類の乳酸菌を配合。 通常購入で税別7,800円のところ、 定期購入ならなんと1,980円で始められます。 2回目からもぐっと続けやすい4,500円。 乳酸菌は善玉菌として有名なビフィズス菌、多量の菌を取り込めるフェカリス菌が配合されています。 ビフィズス菌は1粒に5億個、フェカリス菌は1粒に150億個も入っているので、お腹の環境に役立ってくれることが期待されますね。 原材料は以下のようになっています。 デキストリン、甜菜オリゴ糖、乳酸菌末/ラクトフェリン(乳由来)、HPMC ホコニコのラクトフェリンは、脱脂粉乳などではなく生乳由来のラクトフェリン。 生乳からは1リットル当たりたった200mgしか採れないため、贅沢な成分と言えるでしょう。 ラクトフェリンは、フランスの生乳が使われています。 その原材料を日本に輸入し、日本国内で作られているサプリです。 ここに注目!このサプリのポイント 3粒で300mgと言う安定した量のラクトフェリンが摂取できるほか、 3粒で15億個のビフィズス菌と450億個のフェカリス菌が摂取できるのがかなり大きいポイントですね。 耐酸性カプセル使用で、分解されずに腸に届きやすくなっています。 通常ヨーグルト小サイズ(100g)1個に含まれる乳酸菌類は10億個ほど。 3粒でヨーグルトを毎日食べているのと同じ乳酸菌量が確保できるのは、経済的にも嬉しいポイントです。 フェカリス菌は極小サイズの乳酸菌で、通常は「死菌」として活躍します。 死んでいる乳酸菌と言うとなんだか怖い気もしますが、その分菌が動くためのスペースがいらず、 少量で大量の乳酸菌が摂れるのです。 フェカリス菌は死んでいても腸内環境に良い働きをしたり、免疫力アップが期待できるとされ、「新型乳酸菌」とも呼ばれています。 悩んでいた私を救ってくれたのが「ホコニコのラクトフェリン+乳酸菌」でした。 身体の内側からキレイをサポートしてくれているという実感があり、どんよりや美容の悩みが、いつの間にかスッキリ!ママ友たちから「エステに通っているの?」と聞かれた時は、心の中で「やった!」と叫んじゃいました。 かなり早い段階から実感できている人が目立つのは、やはり多くの乳酸菌を含有しているためかもしれません。 乳酸菌そのものを補給することで、早い段階からの腸内環境の正常化が期待できるのかも知れません。 さらにラクトフェリンで悪玉菌と戦う力が手に入るのなら、まさに鬼に金棒のサプリと言えそうですね。 元気を実感!の口コミ お腹の調子がもともとよくても、ラクトフェリンを摂取することで風邪の引きにくさなどを実感できている人もいるようです。 ビフィズス菌もフェカリス菌も、毎日しっかり摂るならばそれなりのコストがかかるもの。 それがDHCのラクトフェリンです。 1日3粒、ちょっとしたときに パパッと口に入れてラクトフェリン補給したい人に、おすすめですよ。 商品情報 DHCのラクトフェリンの1番のポイントは、なんといってもその価格。 DHCと言えば数多くのサプリを手掛けていることでも有名ですが、サプリメント界の価格破壊とも言える価格設定も大きな魅力です。 1日3粒、300mgのラクトフェリンと7. 5mgのオリゴ糖、3億個のオリゴ糖が配合され、 30日分でわずか税別1,900円。 定期購入なら初回分は約半額の1,020円で始められます。 「ラクトフェリンサプリは高いから、なかなか手が出せない」と思っていた人も、これなら始めやすいのではないでしょうか。 まずはDHCでラクトフェリンの良さを実感してみて、他のもう少し高機能なサプリに切り替えていくという使い方もアリですね。 原材料をチェックしましょう。 【主要原材料】ラクトフェリン、ラクチュロース、ビフィズス菌末、ヒアルロン酸 【調整剤等】還元麦芽糖水飴、エリスリトール、結晶セルロース、グリセリン脂肪酸エステル、甘味料(ステビア)、酸味料、ヨーグルトフレーバー、微粒二酸化ケイ素、(原材料の一部に乳を含む) 「原材料の一部に乳を含む」の記載の通り、牛乳にアレルギーのある人は服用を控えるか、医師に相談してください。 ここに注目!このサプリのポイント ビフィズス菌3億にオリゴ糖がプラスされているのがポイントですね。 ビフィズス菌は3億だ少し心もとない数ではありますが、オリゴ糖はビフィズス菌のエサになります。 同時に摂ることで、 ビフィズス菌が上手に増えることをサポートしてくれるでしょう。 さらにトローチタイプなので、口や喉が乾きやすいときにもいいでしょう。 唾液の分泌をサポートしてくれます。 1日わずか63円で健やかな毎日を応援します。 ラクトフェリンは他社と配合量の変わらない300mgと言うのも、嬉しい点です。 いいえ、GMP(適正製造規範)に準拠した工場で、国内で製造されています。 DHCのサプリは低価格ゆえ「海外製なのでは?」と言う噂もあるようですが、すべてのサプリが国内産です。 さらに健康食品GMPと呼ばれる、サプリの質を一定に保ち、高品質でばらつきが出ないような環境を整えた工場で作られています。 口コミから分析してみよう かなりお財布に優しくなっているDHCのラクトフェリン。 実感力はどうでしょうか。 口コミから検証しましょう。 あまり実感できなかった口コミ まずは「飲んでみたけれどあまりわからなかった」と言う口コミです。 このような口コミは、いざ自分が始めるときの大きな参考になるため、サプリを始める前は必ずチェックしておきたいですね。 値段が安いので購入してみました。 色々試している中でコストパフォーマンスは一番です。 高くていいものは色々ありますが、この値段で調子が良くなるのでまた購入したいと思います。 お腹の調子が悪い人には本当にお勧めです!! ラクトフェリンの働きとして「お腹にいい」と言うものがありますが、DHCではお腹の健康に役立てている人の口コミは少なかったです。 もちろんそのような実感を得ている人もいるのでしょうが、皆さん非常に熱心にラクトフェリンのことを考え、どちらかと言うと抗菌目的として使っている人が多く見られました。 コスパがいい!口コミ コスパがかなりいいので、「品質はどうなの?」と思う人はぜひこちらをチェックしてください。 DHCのラクトフェリンは、ラクトフェリン以外の成分は微量じゃがそれでもオリゴ糖とビフィズス菌と言う嬉しい成分が入っておる。 まずはリーズナブルに始めてみるのはどうじゃろうか。 独自成分配合のサントリーラクテクト 森永、ライオンと大手企業がラクトフェリンサプリの先駆けとも言えるサプリを作り、DHCやホコニコがリーズナブルさと安心度で後から追いかける。 そんなラクトフェリンサプリ業界ですが、サントリーも負けてはいません。 「セサミン」で圧倒的な知名度を誇るサントリーは、「ラクテクト」で皆さんの健康を応援するのです。 商品情報 ラクテクトは、サントリーが開発したラクトフェリンサプリ。 「プロテクト乳酸菌」と呼ばれる、余計なものを侵入させないようにする乳酸菌を配合しています。 定期コースは1日3粒、90粒入り30日分で税別4,140円。 1日分でラクトフェリン20mgと、ラクトバチルスS-PT84が15億個以上、ラクチュロース650mgに加え、ビタミン類も摂取できる処方になっています。 この商品に至っては「ラクトフェリン」と言う名前がついているわけではないので、メイン成分ではないようです。 プロテクト乳酸菌などとの相乗効果を考え、活用していきましょう。 ラクトフェリン20mgと言うのは、他メーカーと比べると15分の1、森永と比べると30分の1ほどと、心もとない数値ではあります。 しかしこのサプリはラクトフェリンの働きをメインとしているわけではなく、あくまで他の成分との相乗効果により「ラクトバリア成分」配合であることが強みになっています。 原材料も確認しておきましょう。 ラクチュロース、マルチトール、乳酸菌、フコイダン含有メカブ抽出物、HPMC、ビタミンB1、ラクトフェリン、 酸化ケイ素、ビタミンB6、ビタミンB2、着色料 酸化チタン 、ステアリン酸Ca、タルク、グリセリン、増粘剤 アラ ビアガム 、光沢剤 原材料の一部に乳成分を含む こち他のサプリも原材料に乳成分が含まれますので、牛乳アレルギーのある人は服用を控えるか、医師に相談してください。 ここに注目!このサプリのポイント サントリーのラクトフェリンサプリ、「ラクテクト」。 少し難解な言葉を使っているので細かく見ていきましょう。 メインとなるのは以下の4つです• ラクトバチルスS-PT84• ラクチュロース• フコイダン• ラクトフェリン ラクトバチルス……と言うとなんだか新しい成分のようですが、要は 植物性乳酸菌のこと。 これを「プロテクト乳酸菌」と呼んでいます。 日本人が昔から親しんできた「柴漬け」などの漬物に多く含まれる乳酸菌で 、胃酸に強く腸まで届きやすい特徴があります。 さらにラクチュロースも珍しい名前ですが、オリゴ糖の一種です。 オリゴ糖は実はその働きによって数種類に分かれるのです。 その中の1つと言うわけですね。 フコイダンは海藻などの「ぬめり」成分で、胃壁などをバリアする働きがあると言われます。 つまり、 ラクトフェリンとの相乗効果で胃腸を守ったり強くしていこうというのが、「ラクテクト」なのです。 口コミから分析してみよう それでは早速5つ目のサプリ、ラクテクトの口コミをチェックしていきましょう。 ラクトバリア成分を実感できた人の声が聴きたいですね。 あまり実感できなかった口コミ 快便で毎日あったのが飲んでからまったくありません。 仕方ないので便秘の薬の飲みました。 それとも長く続けないと効果がないのですか? 飲み方も1日3錠いつ飲んだら効果的なのかもわかりません。 皆さん、お試し期間や1週間だけ飲んでみたという人が多いですね。 現在この無料キャンペーンは行われていませんが、1カ月と言う短い期間で実感するのはなかなか難しいでしょう。 また、ラクトフェリンが配合されてはいるものの、ラクトフェリンの働きを前面に出したサプリではありません。 それなりの長期間続けて、乳酸菌の力をゆっくりじっくり体に取り入れていきましょう。 お腹の調子がいい!口コミ 乳酸菌がプラスされたサプリに期待したいポイントはここ。 実際にどうだったのでしょうか。 商品名&購入リンク 注目の成分 容量 価格 ポイント 森永 1日分 600mgのラクトフェリン 1日6粒 90粒入り 約15日分 定期購入 税込2,980円 胃で分解され 「ラクトフェリシン」 としての活躍が期待 ライオン 1日分 300mgのラクトフェリン 180億個のラブレ菌 1日3粒 90粒入り 約30日分 定期購入 税別5,450円 初回限定2,980円 コーティングされたラクトフェリン 分解されずに腸まで届き 高めのBMI改善に役立つ ホコニコ 1日分 300mgのラクトフェリン 15億個のビフィズス菌 450億個のフェカリス菌 1日3粒 90粒入り 約30日分 定期購入 税別4,500円 初回限定 1,980円 500億個近い乳酸菌類が 腸の働きをサポート 腸内環境を整える 1日分 300mgのラクトフェリン 5億個のビフィズス菌 オリゴ糖 1日3粒 90粒入り 約30日分 税別1,900円 定期購入なら 初回限定約半額 1,020円 ラクトフェリンサプリの中でも トップレベルのリーズナブルさ 5億個のビフィズス菌とオリゴ糖が ラクトフェリンの働きを応援 1日分 15億個以上のラクトバチルスS-PT84 ラクチュロース650mg ラクトフェリン20mg 1日3粒 90粒入り 約30日分 定期購入 税別4,140円 サントリー独自の 「プロテクト乳酸菌」配合 守る力に着目 何よりも「たっぷりラクトフェリンを取り入れて、 抗菌力に期待したい」ならば断然 森永の「ラクトフェリンオリジナル」がおすすめです。 ラクトフェリンの量だけではなく 他の成分との相乗効果を期待するなら サントリー「ラクテクト」ですね。 飲み忘れを防ぐためにも、いつ飲むか決めておいた方がいいじゃろな。 わしは枕元に置いて朝飲むことにしようかの。 小分けで飲むのも効果的と言われておるから、1日2回に分けるのもええじゃろ。 ラクトフェリンサプリのメーカーに尋ねても、 「いつ飲んでもいいよ」と言われます。 これは、サプリメントは薬ではないので、メーカー側から「ここで飲んでください」と ハッキリとは言えないのです。 つまり、いつ飲んでもいいけどもっと良い時間があるかもしれないわけですね。 そこで考えたいのは、 ラクトフェリンは熱や酸に弱いという点です。 これを避けるため、食事中や食後を避けましょう。 朝一番の朝食前や、夕食を摂ってしばらくした後の就寝前に摂取するのがよさそうです。 ラクトフェリンには期待できる効果がさまざまですが、どれも即効性は少ないでしょう。 まずは腸内環境を整えるため、1カ月から始めてみましょう。 「菌の抑制」などの働きが期待されるラクトフェリンですが、残念ながら飲んでいる私たちが菌の抑制を目で確認することはできません。 ラクトフェリンを続けていて 一番実感しやすいのは、腸内環境の正常化でしょう。 とは言え、それもすぐに実感できる人は少ないようです。 乳酸菌などの善玉菌そのものを入れ込むわけではなく、あくまで働きをサポートするためです。 まずは1カ月続けて、様子を見てみてください。 ラクトフェリンはたった1つの働きだけではありませんから、続けていくうちに「風邪をひきにくくなったな」など、他の実感も得られるかもしれません。 「なんだか最近調子がいい」と思ったら、やめるのではなく続けることが重要です。 あなたの体にラクトフェリンが合っていたわけで、やめてしまうのは非常にもったいないのです。 安全面や価格の面から言って、公式サイトの定期購入などを活用するのがいいでしょう。 ラクトフェリンサプリはAmazonや楽天などのインターネット通販からでも入手できます。 しかしメーカー直売がある商品ならば、直売の方が安心でしょう。 常に新しいものを入手することができ、転売品などを手に取ってしまう心配もありません。 特に口に入れるものですから、安全性はしっかり考慮したいポイントです。 「公式サイトって、高くなりそうだけど……。 」価格面の心配、ごもっともです。 しかし最近の公式通販は、定期購入することで割引価格になったり、送料が無料になったりするところも増えました。 毎月しっかり続けていく人ならば、 断然公式サイトの方が価格面でも優良であることが多いのです。 安全性と価格、両方の点で優れている、ラクトフェリンサプリメーカーから直接購入しましょう。 好評悪評分析してからサプリ選び ラクトフェリンのサプリは主に5つありましたが、かなり特徴に違いがありましたね。 あなたにぴったりなラクトフェリンを選びやすかったのではないでしょうか。 薬のように、飲んだらすぐ効果が出るわけではなく、じっくり続けることで体を少しずつ変えていく感覚で飲んでみてください。 赤ちゃんを守るためのラクトフェリンは、あなたにとっても大きな味方になるかもしれません。 サプリ選びの際は、良い口コミ、悪い口コミどちらか一方だけを見るのではなく、両方見比べてあなたの答えを出してからはじめてみてください。

次の