デジモン ストーリー ロスト エボリューション 攻略。 デジモンロストエボリューションでオメガモンを作るにはどう...

開発ブログ

デジモン ストーリー ロスト エボリューション 攻略

バンダイナムコゲームスは、本日7月1日に発売したDS用ソフト『デジモンストーリー ロストエボリューション』の新情報を公開した。 『デジモンストーリー ロストエボリューション』は、DS用ソフト『デジモンストーリー』シリーズの最新作。 プレイヤーはデジタルワールドを舞台に、さまざまなデジモン(デジタルモンスター)たちと一緒に冒険することになる。 デジモンの進化の秘密・デジプレートを修復し、進化のツリーにはめ込むことで、失われた進化を取り戻せる! 今回公開されたのは、デジモンの進化に関係する新たなシステムや、バトルシステム、デジモンを育てる施設・デジベースの情報など。 盛りだくさんな内容になっているので、ぜひご覧いただきたい。 同じデジモンと遭遇することで、データが蓄積していき、スキャンデータを100%までためれば、デジラボでデジコンバートできるようになる。 進化ツリーにそのデジモンのデジプレートがはめ込まれていると、データが実体化されてデジモンが仲間になる。 進化させると、基本パラメータがUPしたデジモンになる。 さいのうがパワーアップしたデジモンを再度鍛えることで、より強力なデジモンを育成できる。 パラメータは下がるが、さいのうがアップしている。 デジモンロードの条件は、友情のパラメーターがともに100%であること。 デジモンの種類や能力値が近いほど効果的だ。 また、吸収されたデジモンはいなくなってしまうので注意しよう。 アクション・チェーンは、ランダムで発生し、敵よりすばやさの数値が高ければ高いほど発生する可能性が上がる。 また、敵との差が大きければ大きいほど連続回数が増え、最大4回まで連続攻撃できる。 いずれにせよ、敵よりもすばやさの数値が大幅に高いことがアクション・チェーンを活用する条件になる。 とくぎは、フィールド上で使える技のようなもの。 行き詰まったダンジョンでも、新しいとくぎを持つデジモンを仲間してから挑戦すれば、新しい発見があるかもしれない。

次の

デジモンロストエボリューションでオメガモンを作るにはどう...

デジモン ストーリー ロスト エボリューション 攻略

概要 [ ] 時は近未来。 とデジモンの存在の噂を聞いた主人公は、放課後に学校のパソコンを使っていると突如デジタルワールドに来てしまう。 そしてクラヴィスエンジェモン(本編のストーリーではCVエンジェモンと表記される)をはじめとするデジモンたちの元で、デジファームでデジモンを育成したり、起きた事件や謎解き、育てるデジモンのリクエスト、そして正体不明の敵などを通じ、さまざまなフィールドで戦闘を行っていく。 エンカウントで出現する敵デジモンは、スキャンデータを集めるとコンバートをして新たな自分のデジモンを増やすことが出来る。 『』を除き、『デジモンセイバーズ』を含む、デジモンシリーズのアニメの主人公勢のレギュラーデジモンたちが全員登場する(進化体は全ては出ていない)。 大門大、トーマ、ヨシノといったDATSのメンバー、四聖獣、七大魔王も登場。 を使うことによって、遠く離れた場所のプレイヤーと対戦や、デジモンのマッチングをしてデジタマをつくることができる。 進化・退化システム [ ] 旧来のゲームは進化すると基本的に退化せず、また進化して退化を繰り返すゲームが存在しても、それは特定のデジモンへ、しかも短時間である場合が多かった。 しかし、本作においては、 進化と退化を繰り返すことができ、進化にもいくつか分岐があることが特徴としてあげることができる。 進化・退化を繰り返すとレベルの上限やステータスが上がり、何度も繰り返せば全てのステータスを最大まで成長させることも可能となっている。 デジファーム [ ] 本作のもうひとつの特徴として、 デジファーム(以下ファーム)が挙げられる。 ファームは、パーティ以外のデジモンを任意に配置することができ、特訓用アイテムとして、ステータスや、技の属性の抵抗値、各種族の経験値などを上昇させるグッズを配置できる。 またファームは複数持つことができ、用途によって配置するアイテム、デジモンでカテゴリ分けして使うなど、色々な活用法がある。 また、ファームに預けたデジモンは、時に置かれたグッズで、プレイヤーがいない間に特訓をすることがあり、これらの特訓の経過が、一定時間ごとにプレイヤーに送られてくる(見るのは任意である)。 プレイヤーがファームを訪れている最中は、デジモンに話しかける、デジモンを特訓する、進化や退化、おねがいクエストを行うことが可能である。 戦闘 [ ] 戦闘は戦術のとおり、各ダンジョンでエンカウントで出現する。 前述のスキャンデータは敵デジモンと遭遇することでたまっていき、戦闘での勝敗は関係ない。 敵デジモンは、1~5体が一度に現れ、5つある レンジにそれぞれ配置される。 味方デジモンは1~3体で、パーティは6体のため、3体は控えとなる。 戦闘中はデジモンのすばやさが高い順に行動ができ、行動のコマンドは次のとおり。 たたかう - デジモンに4つまで装備できる装備技と、固有の必殺技のなかから技を選び発動する。 いどう - 味方デジモンのレンジを移動、または控えデジモンと交代する。 アイテム - 手持ちのアイテムを使う。 まもる - 特定のデジモンのダメージを減らすことができる。 にげる - 戦闘から逃げ出す。 続編タイトル [ ] 発売。 デジモンストーリー サイバースルゥース ハッカーズメモリー 発売。 外部リンク [ ]•

次の

『デジモンストーリー ロストエボリューション』の秘密のパスワードを公開

デジモン ストーリー ロスト エボリューション 攻略

バンダイナムコゲームスは、本日7月1日に発売したDS用ソフト『デジモンストーリー ロストエボリューション』の新情報を公開した。 『デジモンストーリー ロストエボリューション』は、DS用ソフト『デジモンストーリー』シリーズの最新作。 プレイヤーはデジタルワールドを舞台に、さまざまなデジモン(デジタルモンスター)たちと一緒に冒険することになる。 デジモンの進化の秘密・デジプレートを修復し、進化のツリーにはめ込むことで、失われた進化を取り戻せる! 今回公開されたのは、デジモンの進化に関係する新たなシステムや、バトルシステム、デジモンを育てる施設・デジベースの情報など。 盛りだくさんな内容になっているので、ぜひご覧いただきたい。 同じデジモンと遭遇することで、データが蓄積していき、スキャンデータを100%までためれば、デジラボでデジコンバートできるようになる。 進化ツリーにそのデジモンのデジプレートがはめ込まれていると、データが実体化されてデジモンが仲間になる。 進化させると、基本パラメータがUPしたデジモンになる。 さいのうがパワーアップしたデジモンを再度鍛えることで、より強力なデジモンを育成できる。 パラメータは下がるが、さいのうがアップしている。 デジモンロードの条件は、友情のパラメーターがともに100%であること。 デジモンの種類や能力値が近いほど効果的だ。 また、吸収されたデジモンはいなくなってしまうので注意しよう。 アクション・チェーンは、ランダムで発生し、敵よりすばやさの数値が高ければ高いほど発生する可能性が上がる。 また、敵との差が大きければ大きいほど連続回数が増え、最大4回まで連続攻撃できる。 いずれにせよ、敵よりもすばやさの数値が大幅に高いことがアクション・チェーンを活用する条件になる。 とくぎは、フィールド上で使える技のようなもの。 行き詰まったダンジョンでも、新しいとくぎを持つデジモンを仲間してから挑戦すれば、新しい発見があるかもしれない。

次の