アメブロ 公式。 アメブロの公式ブロガーはスカウトされかを検証

アメブロの公式トップブロガーはいくら稼げるの?報酬を暴露

アメブロ 公式

アメブロ公式ジャンルとは これまでもアメブロにはジャンルはありましたが、一つの大きな『アメブロ一般』と言うくくりの中で、かなりの数でジャンル分けされていました。 新しきなった『 公式ジャンル』は、まず大きなくくりであった『アメブロ一般』を 3つの大ジャンルに分けています。 テーマ• 店舗・企業 そして、それぞれの大ジャンルの中に、従来のジャンル、新しいジャンルを小ジャンルとして振り分けています。 注目すべきは『 テーマ』と言う大ジャンルです。 『日記』『店舗・企業』に関しては特に制約はありませんが『 テーマ』に関しては色々 制約があるのです。 公式ジャンル『テーマ』に関して 公式ジャンルには自由に登録・変更する事が出来ます。 『日記』『店舗・企業』ジャンルは特に制約はありません。 アメブロの規約を厳守していれば、そのジャンルから解除される事はありません。 しかし『テーマ』ジャンルに関しては少し面倒な制約があります。 『テーマ』ジャンルに登録した場合• 記事を公開したらアメブロスタッフによる内容確認が入る。 登録したテーマに合わない記事を5回連続で公開すると登録ジャンルから除外される。 と大きな制約は上記の通りです。 登録したテーマに合わない記事を5回連続で公開すると登録ジャンルから除外される。 要するに 5回に1回は『テーマに沿った記事を書いてね』と言う事です。 ではどんな記事を書けばよいのか?にザックリとした推奨記事例がありますので参考にしてみてください。 アメブロ公式ジャンルで見え隠れするアメブロの戦略 アメブロ公式ジャンルを紐解いていくと、どうしても引っかかるのは何故 『テーマ』ジャンルだけ制約があって厳しいのか?と言う事。 何故、わざわざスタッフを使ってまで記事確認をするのか? 『日記』『店舗・企業』ジャンルは特に確認はしない…規約違反があるかどうかのチェックはありますが、これは予め設定しているNGキーワードで自動検出するだけでしょうが… テーマジャンルの厳しさが際立っている。 裏を返せば テーマジャンルをアメブロのメインにしようとしているようにも見える。 テーマジャンルの中にある小ジャンルを見ると、どれも専門的なテーマが並んでいます。 そして、公式ジャンルに変更したのは2017年5月。 アメブロの戦略が見えてきたような… あくまで個人的見解ですが、 キュレーションメディアを作ろうとしているように思えます。 キュレーションサイトとも言う。 」 正確な定義はないのだが、簡単に言うとテーマに沿った情報をまとめているメディア サイト の事。 DeNAの様にならない事を祈りますが、とても面白い戦略だと思います。 成功すればアメブロユーザーはかなり恩恵を受ける事が出来ると思います。 ただ…企業、店舗、商売としてアメブロを利用し、売上を伸ばそうと思うのなら、今までとは全く異なる手法を取らなければならなくなります。

次の

アメブロでアフィリエイトをする時の注意点!Ameba Pickの特長と使い方!|mixhost サーバーコラム

アメブロ 公式

テーマ• 店舗・企業 そして、それぞれの 大ジャンルの中に、従来のジャンル、新しいジャンルを小ジャンルとして振り分けています。 注目すべきは『 テーマ』 と言う大ジャンルです。 日記、店舗・企業に関しては特にルールはありませんが『 テーマ』に関しては 少し面倒なルールがあるのです。 Ameba公式ジャンル『テーマ』とは Ameba公式ジャンル『テーマ』に関しては少々面倒なルールがあります。 先にも言いましたが、『日記』『店舗・企業』ジャンルは特にルールはありません。 アメブロの規約を厳守していれば、そのジャンルから解除される事はありません。 しかし『テーマ』ジャンルに登録した場合下記のような ルールが適用されます。 登録したテーマに合わない記事を5回連続で公開すると登録ジャンルから除外される。 5回に1回は『テーマに沿った記事を書いてね』と言う事です。 どんな記事を書けばよいのか? アメブロの「」で説明されていますので参考にしてみてください。 新・アメブロランキングの仕組み アメブロランキングはPV数でランキング付けされます。 これは新しい全体ブログランキングも公式ジャンルランキングも変わりはありません。 PV ページビュー とは、訪問者が実際にサイト内でページにアクセスした数のこと。 訪問者が同じPCから同じページを何度も見てもその回数分だけカウントされます。 一般的なランキングは、UU ユニークユーザー 数でランキング付けされますので、例えば自分自身で同じ場所からサイト内の違うページを何回見ても1回しかカウントされないのに対し、アメブロランキングの様なPV ページビュー 数でのランキングは、その状況でもページを見た回数全てがカウントされるという事になります。 ランキングシステム自体、新旧変わりはありませんし、 集計方法も前日のものが翌日 7~9時 に反映されますので変わりはありませんが、唯一変わったところと言えば『 不正に対して厳しくなった』と言う点です。 ジャンル人気記事ランキングの仕組み 新機能にして最大の変更点は『 ジャンル人気記事ランキング』です。 『』でアナウンスしていますが、「 ジャンル総合ランキングとジャンル人気記事ランキングは別の仕組みで集計している」とのこと。 そして「 ジャンル人気記事ランキングがあがった場合でも、ジャンル総合ランキングが下がる場合もございます。 」と記載があります。 ランキングの仕組みについては非公開となっていますが…いろいろと検証を行って大体の仕組みはわかりました。 ジャンル人気記事ランキングは全ての記事が掲載 参加 出来るわけではありません。 公式ジャンルの大ジャンルには『 テーマ』『 日記』『 店舗・企業』がありまが、このうち『 日記』『 店舗・企業』ジャンルに関しては、アメブロ規約を守っていれば掲載 参加 されます。 しかし『 テーマ』ジャンルに関しては、 アメブロスタッフの審査が入ります。 スタッフ審査によってテーマに合っていないと判断された記事は、ジャンル人気記事ランキングに掲載 参加 出来ません。 しかも『テーマ』ジャンルに参加し、その テーマに合わない記事を5回連続で書いてしまうと、その公式ジャンルから強制削除となってしまいます。 公式ジャンルからBANされたら、それまでジャンル人気記事ランキングに掲載されていた記事は削除はされませんが、 ランキングからは除外されてしまいます。 登録していた公式ジャンルから強制削除になってしまっても、再度同じジャンル、違うジャンルには登録する事はできます。 『テーマ』ジャンルに関しては、なかなか厳しいというか面倒くさいです… ジャンル人気記事ランキングの集計方法とランキング付け ジャンル人気記事ランキングの集計方法とランキング付けはどのように行われているのか? ベースとなるのは『 訪問者数』だと思います。 そのページ 記事 にアクセスした人の数、同じ人が何度もアクセスしても1回とカウントされる UU ユニークユーザー 数でのランキングです。 いいね!• リブログ• コメント 更に上記の3点を ポイント制にして、その数に応じたポイントが加算され、 UU ユニークユーザー 数とポイント数ででランキング付けされている。 アメブロでは非公式なので断言はできませんが、検証した結果この様な答えとなりました。 アメブロランキング 公式ジャンル を上げる方法 ランキングの仕組みでも記載しましたが、アメブロランキング 公式ジャンル はPV ページビュー 数でランキング付けされます。 全てのアクセスがカウントされますので、単純に考えれば「 アクセスアップ=ランキングアップ」となりますので、アクセス数をアップさせる事を考える事が、ランキングアップへと繋がります。 しかし、 アメブロのアクセスアップはもっと簡単に出来るのです! アメブロのユーザー数は5000万人以上と言われ、国内60%のシェアを誇る国内最大のブログサービスです。 そして、 ユーザー同士の繋がりが非常に濃いブログサービスでもあります。 アクセスを集めた方が圧倒的に簡単で効果があります。 ポイントは『 より多く記事を書く』そして『 ペタ』『 いいね!』を 戦略的に行う事です! この戦略的に『ペタ』『いいね!』を行う方法を下記にて詳しく掲載していますので是非参考にしてみてください。 >> 初心者の方をはじめ、アクセスアップに悩んでいる必見です! アメブロアクセスアップツールを使う アメブロアクセスアップツールを使ってアクセスを増やしランキングを上げる。 この方法か反則的な裏技なので『自分は正攻法でアクセスアップする!』と言う方はスルーしてください。。。 昔からアメブロランキングの攻略に使用されてきたものが『 トラフィックエクスチェンジ』と言うものを使用して 自動的にアクセスアップしランキングを上げる方法です。 トラフィックエクスチェンジとは、互いのサイトを紹介しあいアクセス向上を目指せるシステムです。 トラフィックエクスチェンジでは、ポイントを消費することで自分で登録したサイトを他登録者に閲覧させ、アクセスアップすることができる。 ランダムに他登録者のサイトを閲覧すると、サイトが切り替わるごとに一定のポイントが入る。 これを運営するサイトは各国に多数存在する。 登録した時点である程度のポイントが付与されることが多く、最初からサイトを登録して閲覧対象にすることができる(審査が必要な場合もある。 ポップアップが出るサイトや音が出るサイトは禁止されていることが多い)。 サイト閲覧により貯まったポイントを換金することができるところもある。 引用元: wiki トラフィックエクスチェンジを利用して、アクセスを水増しアメブロランキングを上げるという方法ですが、 アメブロではトラフィックエクスチェンジからのアクセスはカウントしないとアナウンスしています。 しかし、検証している中で確かにアクセスが無効になってしまうものもありましたが、何の問題もなくしっかり アクセスがカウントされるトラフィックエクスチェンジ もあったのです! どのトラフィックエクスチェンジが使えるのか?この情報はのユーザー様だけに特別にお伝えしています。 トラフィックエクスチェンジのように、使えたり使えなかったりする事はなく、確実にアクセスアップさせてくれるアメブロアクセスアップツールがあります。 下記の画像をご覧下さい。

次の

一般人がアメブロ公式ブロガーより稼ぐ究極の方法

アメブロ 公式

テーマ 140個 日記 19個 店舗・企業 27個 合計 186個 参加者数 約120万人 2019. 19現在 どこのジャンルに参加すればいいかぴったりのジャンルが無いとブロガーはジャンル追加の要望を出すことが出来ます。 今回もその要望をもとに追加されたジャンルのようです。 公式ジャンルのルール まず公式ジャンルのルールを整理しておきます。 参加・不参加・変更• 自由に1つのジャンルに参加可能(参加しないことも可能)• 自由にジャンルを変更できる• 自由にジャンルの抜けれる• 変更回数制限や変更時間制限なし 参加メリット ランキング 参加するとランキングに参加できます。 逆にランキングが出てほしくなければ公式ジャンルに不参加でランキング除外となります。 参加ランキングは3つ• 公式ジャンル総合ランキング• 全体ブログランキング• 人気記事ランキング ジャンルトップページ 公式ジャンル単位でトップページがあり、そこの新着記事に載ります。 人気ジャンルであれば次々と新着記事がアップされますので数分で消えてしまうかもしれません。 ランキングに入ればランキングページにも載ります。 参加デメリット 自由に記事は書けますが、公式ジャンルに合わない内容の記事を書くとランキングから外される可能性があります。 (以前は5回連続合わない記事を書くとジャンルから強制的に外されるルールがありましたが、今はそのルールは撤廃されています) 必ず外れるわけではありませんし、デメリットというほどではありません。 ジャンル参加人数 公式ジャンルの 参加人数が30人に達していないとそのジャンルのランキングは公開されません。 新しいジャンルですとまだランキングが公開されていないジャンルがいくつかあります。 人気、不人気ジャンルトップ10 参加者が多いトップ10です。 アラフォー 64,951人• アラサー 55,333人• アラフィフ 40,365人• 子育て 幼児 35,084人• ハンドメイド雑貨・手芸 29,726人• 子育て ベビー 27,996人• 20代 27,979人• 犬との生活 27,247人• 子育て 小学生以上 26,354人• その他の企業・団体 22,249人 参加者の少ないトップ10です。 eスポーツ 9人• キッズ・ティーンファッション 13人• 国内・海外ドラマファン 13人• 不動産投資 17人• 通販・お取り寄せマニア 19人• 四国の暮らし 19人• 北陸の暮らし 22人• 仮想通貨・暗号通貨 22人• お笑い・バラエティーファン 23人• 声優ファン 25人 すべて2019年5月19日現在の参加者数です。 不人気ジャンルを選んでみる 書くことが決まっていてジャンルもぴったりのものがあればそこに参加するのがいいでしょう。 いろいろ書きたければ日記ジャンルに参加となるでしょう。 そして人気のテーマジャンルから選ぶのが一番いいと思います。 でもここではアクセスアップを考えたときのジャンル選びを考えてみます。 まず参加者1万人以上の人気ジャンルを選んだ場合、ランキングの上位(10位以内)に入るのは至難の業です。 1日のアクセス数が1万PV以上必要になります。 () 新着記事一覧にも載りますが、人気ジャンルでは次々と記事が公開されますので5~30分くらいで新着一覧の最初のページから消えてしまいます。 ただし見ている人は多いので目に留まる可能性はあります。 そのときブログ名、記事タイトル、1枚目の写真が載りますのでそこを注意して記事を書きましょう。 あえて参加者の少ない不人気のジャンルを選んだ場合ですが、ランキングに入る可能性もありますし新着記事にも1日以上載っていることもあります。 ただし見ている人は少ないということになりどっちをとるかとなります。 ある程度のアクセスだけを考えれば不人気ジャンルの選択もありだと思います。 参加者1000人未満のジャンルを選んでみるのがいいかもしれません。 まだどれも100人未満の参加者ですので狙い目かもしれません。 参加者が少ないとはいえランキングに入ったりするとモチベーションも上がりますしgoogle検索で上位に表示される可能性もあります。 ただしユーザー数は少ないのである程度のアクセスということになります。 例えばアメブロ全体ランキングで1000位以内に入るようなことは難しいと思われます。

次の