ゴルフ 前 傾 キープ。 ゴルフのダフリを解消したいなら必ず取り入れるべき練習法

アドレスの前傾姿勢と前傾の角度。あごの位置と猫背についても

ゴルフ 前 傾 キープ

ゴルフスイングにおける体の動きにおいて、普段の生活では絶対に行わない動作がある。 それは、前傾を保ったまま骨盤を回転させる、という動作だ。 ゴルフスイングが難しいのは、この動作のやり方を知らないという点にある。 正しいやり方を述べる。 ゴルフの難しさの最大の理由 野球やテニスでは、直立したまま体を回転させる。 そして、この動きは日常生活においても、ある程度存在する動きであるため、体の動かし方をイメージしやすい。 しかし、ゴルフの場合は違う。 前傾姿勢をとったまま、体と骨盤を回転させる必要があるのだ。 「」でも述べたが、これが、とてつもなく難しい。 なぜかというと、日常生活にないからだ。 ゆえに、どのように動かせば、前傾姿勢を保ったまま体と骨盤を回転させればよいかがわからないのだ。 しかし、「とてつもなく難しい」というのは、例えば100メートルを10秒台で走りなさい、といったような、「身体能力的に難しい」、という意味ではない。 単に、「知らない」から難しい、ということなのだ。 つまり、動かし方さえ知ってしまえば、誰でも正しい動きを取ることができる。 難しくないのだ。 前傾を保った骨盤の回転 では、どのように動かせばよいか。 正しい動きを体感することは実はたやすい。 やってみよう。 まずは直立した状態でテークバックの位置まで体と骨盤を右にひねる。 胸は90度右に回転し、骨盤は45度回転した状態となり、捻転差が生まれた状態だ。 次に、胸と骨盤の捻転差を保ったまま、左に45度回転させる。 胸が右45度、骨盤はちょうど正面を向いた状態だ。 そして、その状態で股関節から前傾姿勢を取る。 これは実際のスイングでは、インパクトの少し前の状態にあたるのだが、これが前傾を取って骨盤を回転させた正しい状態だ。 どうだろう。 普段行っている体の形と比べると、かなり違うのではないだろうか? ポイントは、股関節が折れ曲がった状態になっている点だ。 多くのアマチュアは、ダウンスイングを開始するときに骨盤の右側を正面方向に突き出すようにしながら回転させるような動きを取ってしまう。 この動きを取ってしまうと、股関節の折れ曲がりがなくなって伸びあがってしまい、前傾姿勢が崩れてしまう。 前傾が崩れると体が開き、フェースも開き、ボールとの距離は崩れ、トップ、スライス、プッシュアウトなど、いろいろな問題が発生してしまう。 正しい動きが取れているかは、飛球線後方や前方から、体の形を鏡に映して確認してみるとよくわかる。 普段の動かし方だと体が浮き上がっているが、先ほど試したやり方だと前傾を保った状態になっているのがわかると思う。 テークバックをとったら、この形になるように体を動かしていくことが大事なのだ。 コツとして、切り返しからダウンスイングにおいて、股関節を曲げたまま右ひざを左ひざに近づけるような動きを取ると、右の骨盤が正面方向につきだすことなく先ほどの形がとれるはずだ。 前傾姿勢を保った回転がもたらす夢のような世界 過去に行ってきた切り返しやダウンスイングの時の骨盤の動かし方と、今回述べた動かし方を交互に行って違いを確かめながら試行錯誤することで、きっと正しい動きがわかるはずだ。 そして、前傾姿勢を保ったまま体と骨盤の回転を行うことができたとき、トップ、スライス、プッシュアウトなどの問題は嘘のようになくなる。 なおひとつだけ注意点。 股関節が硬くなっていると、おそらくこの動きを行うことは難しい。 練習前はもちろん、普段からも股関節を柔らかくするようなストレッチや柔軟体操を欠かさないことも重要だ。 最近の投稿• カテゴリー• 7 アーカイブ• 14 人気記事• 80,454件のビュー• 71,608件のビュー• 49,131件のビュー• 35,410件のビュー• 33,929件のビュー• 25,935件のビュー• 25,147件のビュー• 25,003件のビュー• 23,274件のビュー• 21,729件のビュー 最近のコメント リンク.

次の

ゴルフ前傾姿勢の角度維持ができないと悩んだ僕の案外簡単解決ドリル

ゴルフ 前 傾 キープ

前傾角が崩れる要因としては様々なものが考えられますが、大体が「振り遅れ」に起因すると考えて良いでしょう。 振り遅れれば体も開くし、伸びあがりもする、いわゆる「スピンアウト」と呼ばれる状態になります。 このスピンアウトを矯正するドリルとして、背面打ち、イチロー打ちなどが考案されていますが、これらは上半身の使い方にフォーカスしたものであり、正しい下半身の使い方ができていなければ病気の再発は必至です。 先述のとおり、前傾角が崩れる要因は様々であり、正直、どこから手をつけるべきがベストなのかわかりませんが、まずは、腰や下半身の使い方に要点を絞って、スピンアウトを防ぐ方法を考え、そのあとに、上半身やクラブとの動作の連携について考えてみたいと思います。 スピンアウトは右膝、右腰が前に出るから起こる スピンアウトは、ダウンスイングで右膝、右腰が前に出ることが原因であると言われています。 これが原因であれば、単純な話、切り返しから右腰を前には出さず、逆に左腰を後ろに引くような回転を意識すればよい事になりますが実際問題どうなのでしょうか。 この動きが可能であれば、下半身に起因するスピンアウトは一発でなおるはずです。 そこでイメージを膨らませるために、以下のケンゴ本田氏の動画 GOLF NETWORK を見てみることにしましょう。 腰の動かし方のイメージ ケンゴ本田氏の動画がわかりやすい Youtube GOLF NETWORKチャンネル、ケンゴ本田氏の動画です。 まずは、下の動画、2:30から7:05までご覧ください。 ダウンスイングでお尻のポジションが前に出るため、前傾角度が崩れる• お尻のポジションが前に出るのは トップからの切り返しで腰 の回転 が先行してしまうため• 切り返しから腰を回転するのではなく、左に移動するイメージを持つ。 その際は横 飛球線方向 ではなく、左後方にお尻を動かすイメージ• 左足を伸ばしながら腰を回転し左後ろに逃がすイメージ• 前傾角をキープするとボールと体の距離が近くなるため、ダフりそうに感じる人は、クラブを左に逃がす 全般的に、ケンゴ本田氏のイメージと私のイメージは同じなのですが、3,4,5に関しては少し意見が異なります。 と 4. について 左後方にお尻を動かし、そこから左足を伸ばして回転させる意識だと、すでに骨盤 左腰 は回り切っていますので、下半身の力を利用する余地がなくなります。 いわゆる、腰を切るという動作が既に終わってしまっているわけです。 について 「ダフリそうなときはクラブを左に逃がす」という表現がありますが、うーん、これは感覚的なものだと思いますので、解決策とは言い難い気がします。 腕とクラブが間違った動きをしてしまったとき、具体的には腕とシャフトの角度が解けてしまったり、タメ コック角 が速い段階で解けてしまったときに、ダフリそうに感じるのですから、シャローイングやローリングを意識するなどの抜本的な対策が必要だと思われます。 関連記事: もっと言えば、腕とシャフト角が崩れないようグリップを「ゆるしっかり」と握ることも必要でしょう。 私の言う「ゆるしっかり」とは、左手の小指と薬指はしっかり握り、その他はゆるゆるで握る方法です。 関連記事: 左尻を引いて回転力にする効率的な方法を考える もちろん、私も上の動画のイメージで練習しました。 動かし方の全体のイメージとしては間違っていないと思いますが、ケンゴ本田氏の説明どおりに下半身を動かしても、何かしっくりこなかったんです。 そこで、私なりに分析した結果、 右股関節を軸とし、左股関節 左尻・腰 を回転の動力として使う意識で、スピンアウトが防げ、前傾角度をキープできるのではないか、という結論に至りました。 基本的なイメージはケンゴ本田氏と同じです。 しかし、 3の左後方へお尻を動かすイメージの前に、骨盤を移動させる、いわゆるバンピングアクションを入れてあげないと、体重の乗った力強い球は打てません。 右股関節を軸とすれば右腰は前に出ない 人は、片足ずつ前に出して力を加え歩きます。 自転車を漕ぐときも、左足、右足交互に力を加えます。 基本的に人間が足で力を加えるときは片足ずつです。 それならば、骨盤を回転させるときも、力を加えるのは片足だけで十分ではないでしょうか。 そこで、左足だけを使って左股関節に回転力を加えると割り切ってしまえば、右股関節を軸として使えますので、スピンアウトの原因である「右腰が前に出る」現象は起きづらくなるはずです。 ここで、下半身の軸を体のセンターである両足の間に置いてしまうと、回転と同時に右腰も前に出ることになってしまうため、やはり右股関節を軸とする方が適切であると言えるでしょう。 また、股関節は「内転・外転、屈曲・伸展・内旋・外旋」が可能な非常に自由度の高い球関節であり、膝関節のように「屈伸・伸展」のみの運動しかできない単純な関節ではないことを忘れてはなりません。 股関節が球関節ではなく、膝のような関節であれば、地面をねじりるよう脚自体を回転させないと骨盤は回転しないと思いますが、幸いにも股関節は球関節、ですから脚自体を回転させなくても、上下 左右 方向の並進運動で、骨盤は回転することができるのです。 関連記事: 腰の回し代をキープすれば腰を切れる 自転車を漕ぎ出す時、ペダルを踏み易い位置にセットすると思いますが、そのポジションは、力を長くかけることができるポジションであるはずです。 言い換えれば「ペダルの踏み代が大きいポジション」ということになります。 ゴルフスイングも同じで、「腰の回し代」が大きいと、力を長くかけることができるため、結果的により大きなパワーを生み出すことができます。 先の動画の説明のように、骨盤を移動させる際、左後ろに移動させてしまうと、回し代がなくなりますので、十分なパワーを生み出す事ができません。 そのため、その不足分を補うために右足を使ってしまい、結果スピンアウトになってしまうことも考えられます。 このことから、骨盤を移動させるときは出来るだけ腰を開かないようにしたほうが、回し代が残り易く、より多くのパワーを生み出す事ができることでしょう。 これは、切り返しから骨盤を移動させると同時に、左足の母指球に体重が乗る状態を作るための動きを表現していると思われます。 無限大の右下 右踵 から左上 左足母指球 への体重移動 そして、この動きが正しくできた時、腰の回り代が十分であることにも気付くはずです。 左尻 腰 を引く前に右股関節を押し込む それともう一つ、骨盤が移動するということは、右股関節の位置も移動して当然であることを忘れてはいけません。 右股関節をガチガチの固定された回転軸と考えるのではなく、飛球線方向と平行に移動できる軸と考えるべきです。 感覚的な話になりますが、ダウンスイングに入る際、骨盤が右に回った状態で右足の母指球を使ってグイっと飛球線前方に右股関節を押し込めば、体重の乗った力強い球が打てるはずです。 いわゆる、バンピングと呼ばれる動作ですね。 ただ、上記グレー枠にあるように、「ダウンスイングに入る際、右股関節を押し込む」のは、タイミング的にいささか遅すぎるようです。 よく、「テイクバックの途中で打ちに行く意識を持てば、、、」なんて表現されますが、これに通ずるのが「トップで右腰に拳一個から半個分程度のスペースを作る」イメージです。 関連記事: 結局のところ、あれこれ考えて練習するより、この意識を徹底すればスピンアウトに起因する前傾角の崩れ問題は解決できるような気がすのですが。 尚、冒頭で述べた振り遅れも、この意識により治るはずです。 下半身の動きと上半身の動きをリンクさせる方法 「トップで右腰に拳一個から半個分程度のスペースを作る」意識を持てば、切り返し以降、ほぼオートマチックに運動の連鎖が起こります。 しかし、それだけで上手くいくかと言えばそうでもありません。 上半身の特に背中の筋肉、ここに「たるみ」があるとクラブが下半身の動きについてこれないのです。 反動 SSC を使って背中の筋肉の「たるみ」をとる もっとも効率の良い切り返しは反動を使うこと。 そのためには伸長-短縮サイクル SSC を利用しなければなりません。 SSCとは、腱をバネのように使ってパワーを生み出す事を言います。 バネのように使うわけですから自ずと背中の筋肉のたるみもとれ、これにより下半身で生み出したパワーが体幹に効率よく伝わって、最終的に十分な力がヘッドに伝達されるというわけです。 言い換えれば、運動の連鎖とはタイミングが命。 私は飛距離アップに筋力トレーニングは必要であると考えていますが、それはこのタイミングをマスターしてからでも遅くはありません。 関連記事: ゴルフクラブは慣性で上げる ゴルフクラブを手や腕を使って挙上し、トップを作っている人はご注意ください。 これをやってしまうと、テイクバックの途中で打ちに行く意識を持ったとしてもうまくいきません。 「ゴルフクラブは体で上げる」などと言いますが、正確には「スイングの始動から、体を使ってヘッドに勢いをつけたら、あとは、ヘッドに働く慣性で勝手にクラブが挙上される」となります。 クラブが勝手に上がって、切り返しの段階でバンピングが完了、もしくはその動作に既に入っていたとしたら、そこには捻転差が生まれています。 そして、この捻転差が、背中の左側に「張り」として感じられるのです。 このとき、背中の筋肉の「たるみ」はなくなっていますから、左サイドで思う存分引っ張ることが可能で、当然のごとく下半身リードが完成しているはずです。 先日、友人とこの話をしていた時、「あっ、それと同じことYoutubeで見た」と言われました。 聞くところによると、「Daichiチャンネル、、、だったかな」と言ってましたので、おそらく、以下の菅原大地さんの解説動画を言っていたのだと思います。 これ本当、わかりやすいわ~。 他の動画はわかりませんが、この動画は 非常に参考になりますので、お時間ある方はどうぞ。

次の

ゴルフスイング中に手首のコックをほどかないで維持するコツと練習方法!

ゴルフ 前 傾 キープ

ベストスコア65、プロゴルファーのトシです。 ゴルフを始めて、1年後にパープレーを達成しました。 只今、そのスイングの作り方を期間限定のLINE限定動画でこっそり無料配信中です。 インパクトのときに上体が伸びあがってしまう癖がある人。 たいていの人はインパクトの瞬間に伸び上がりがみられます。 トップオブスイングまではプロ顔負けの形ができていても、肝心のダウンスイングから上体が伸び上がり、ボールの手前をダフってしまったり、ドライバーならフェースが開いてインパクトしやすくなるのでスライスが止まらなくなる。 何を隠そう昔の僕もインパクトで伸び上がりの癖がありました。 アイアンならまだしもドライバーのインパクトで上体が伸び上がると完全に終了です。 スライスが出ますし、飛距離が出ません。 まあ、アイアンでも伸び上がったらダメですけどね。 Contents• なぜ、インパクトで上体が伸び上がってしまうのか? そもそもインパクトの形を勘違いしていることが原因でしょう。 やはり切り返しからダウンスイングで伸び上がることで前傾姿勢がくずれます。 アドレスでできた前傾角度をキープしながらインパクトを迎えることは基本です。 むしろ、アドレスよりも前傾姿勢は深くなる方が望ましいです。 前傾姿勢が起きる場合はも読んでおいてください。 上体が伸び上がってインパクトを迎える人はこの前傾角度のキープができないからです。 前傾角度をキープできないとアイアンではダフりもしくはトップボールが出やすくなります。 アドレスの前傾姿勢をキープしてダウンスイングからインパクトを迎えることはとても大事なことですが、ドライバーで飛ばしたいという気持ちが強いと前傾角度が崩れやすく伸び上がってインパクトしてしまいがちです。 上体が伸び上がってインパクトするとボールを力強く叩いた感はありますが、実際は手首のコックがほどけてアウトサイドインのカット軌道になってボールに横回転のスピンが強くかかって飛距離が伸びません。 もしくは、インサイドから無理やり下ろそうとして、手でクラブをインサイドに下してくる人もいますが、これではプッシュアウトが出るので、これも良くありません。 インパクトで伸び上がってしまうのは、下半身が使えていないからです。 特に、腰が正しく回転してくれてないという事も原因ですね。 以下にタイガーウッズのインパクトの瞬間の画像を紹介します。 タイガーウッズのインパクトの手元の低さ これは後ろから見た時の映像です。 アドレスからインパクトまでの流れになります。 ダウンスイングでアドレスの前傾姿勢よりも若干上体が沈みこんでいますね。 インパクトでも全く前傾が崩れていません。 上の画像を見てもらうとわかるかと思いますが、インパクトで前傾角度が崩れずに後方から左のお尻が見えています。 つまり、腰が開いているということが言えますね。 これはタイガーウッズだけではなく、プロはほとんどアドレスで作った前傾角度を崩すことなくインパクトを迎えています。 これと比較するとよくわかるかと思います。 以下アマの方のインパクトの瞬間です。 たいていの人のインパクトがこのような形になっています。 タイガーウッズと比較すると一目瞭然。 前傾がくずれてインパクトで上体が伸び上がります。 お尻の位置がかなりボール方向へずれてしまっています。 また、後方から左のお尻が見えないため、腰の回転が止まっているということも分かります。 アーリーエクステンションになるとこのように、前傾が起こされてしまうのです。 上体が伸び上がり手元の通り道が高くなり、腰が開けないため左サイドが詰まってしまいます。 左ひじが引けるチキンウィングになる方の多くがこういった動きのスイングになっているのです。 こうなると手打ちになってしまいます。 そのため、飛距離は出ませんしスライスが止まりません。 いくらインサイドアウトの軌道で振ろうと思っても上体が伸び上がってダウンスイングからインパクトに行くとこのようにアウトサイドからクラブが下りてきてカット軌道になってしまいますし、それを嫌ってインサイドから下そうとすると、今度は手元でクラブを下してしまいますので、これも間違ったスイングになってしまいます。 前傾を維持するために必要な事 これで、あなたも分かっていただけたと思いますが、前傾のキープはとても大切です。 これまであまり前傾角度を気にしたことがない人でスライスが止まらない人やアイアンでダフりトップが多い方はこのようなインパクトの形になっている可能性が非常に高いです。 では、どうすればプロのような前傾角度をキープしてインパクトを迎えることができるのか? まずはインパクトのイメージから変えていく必要があります。 インパクトでボールを強く叩こうと思うと左足を思い切り踏み込んでボールを叩きに行きがちです。 または 手首を開放しながらヘッドを走らせようとしがちです。 こうなると体の回転が止まりやすくなります。 つまり、腰が正しい回転をしてくれないので、手でボールをたたきに行ってしまうという手打ちになりやすいのです。 なので、まずはこれらのイメージと真逆のイメージが必要となります。 手首を走らせて打つ癖が抜けない人は、手を返さないスイングを覚えることを優先して考えましょう。 そのために必要なるを読んでおいてください。 また、腰が左へスエーして前傾が起きてアーリーエクステンションになってしまう癖がある人は、 インパクトでは左のお尻をアドレスよりも背中側に突き出すようにすることです。 左のお尻を背中側に突き出すことによって自然と前傾角度は深まりやすくなるからです。 そうすることで伸び上がりを修正する効果があります。 上手い人はアドレスのお尻の位置をインパクトでもキープしています。 伸びあがる人は、お尻の位置がボール方向へ寄って行ってしまいます。 また、他のイメージをあげるとするならば、インパクトで背中を丸めるイメージとかインパクトでおなかをへこませるイメージなども人によっては効果があるという場合もあります。 あとは、インパクトでおしりを飛球線に対して左後方へ突き出すイメージなどが効果があると言われることもあります。 もしくは、も参考にしてみてください。 これらのイメージの中で自分が取り入れやすいと思うものを意識してみるといいでしょう。 すると、インパクトで上体の伸び上がりを修正する効果を期待できるのです。 僕の中では、これらのイメージよりも、ダウンスイングでは右の腰をボールにぶつけるようなイメージで切り返してくることによって、腰が正しく回転するようになりました。 これは人によって合う合わないもあると思いますが、右腰で打つようなイメージは比較的腰を正しく回転させやすいです。 今まで上体が伸び上がってインパクトしていた人はこのようなイメージでインパクトを迎えるとなると上体とボールとの距離が近くなるのでアイアンだとダフってしまうのでは?と思われるかもしれません。 でも、実は 前傾が起き上がるほうがダフる確率が高くなります。 なぜなら、前傾が起き上がってしまうと左わきがゆるみます。 左わきがゆるむとインパクトでフェースが開きやすくなりますし、手元が浮きやすくなりますのでダウンスイングの早い段階で手首のコックがほどけてしまいます。 つまりタメがほどけボールの手前にクラブフェースが落ちてしまいます。 なので上体が起き上がることでダフりのミスが多くなります。 また、それを嫌がって瞬間的に左ひじを抜くと今度はトップします。 思うようにアイアンで打てない人はインパクトでの前傾姿勢を見直すことでこれらのミスを解消することにつながります。 まずは自分のインパクトがどのような形になっているかを動画などを使って 撮影して分析してみるといいでしょう。 ゴルフスイングで前傾姿勢のキープは基本とされていますが、この基本ができてない人が多いです。 自分で前傾をキープしているつもりでも実は起き上がってしまっている人がほとんどだからです。 前傾姿勢をキープしようと意識しても起き上がりの癖が直らないなら意識を変えて前傾キープではなく、逆に前傾を深めるぐらいの意識を持つほうがいいでしょう。 今までにないぐらい前傾を深めてインパクトしてみましょう。 そうすることで、手の通り道ができて伸び上がるという癖を修正していくことが可能となります。 ただ、前傾姿勢のキープは腰の正しい回転が身に付かないことには不可能だと思ってください。 人気記事• - 151,549 views• - 149,859 views• - 146,448 views• - 136,973 views• - 108,439 views• - 94,067 views• - 76,565 views• - 73,360 views• - 73,092 views• - 71,034 views• - 61,846 views• - 59,256 views• - 58,826 views• - 57,925 views• - 55,878 views• - 51,320 views• - 49,130 views• - 47,273 views• - 42,825 views• - 41,943 views.

次の