外壁 塗装 減価 償却 国税庁。 国税庁が定めるリフォームの耐用年数や減価償却について解説

外壁塗装における税法上の減価償却の仕組みや勘定科目を解説

外壁 塗装 減価 償却 国税庁

耐用年数とはどのような年数のことをいうのでしょう? 実は耐用年数とは、「減価償却資産の耐用年数等に関する省令」で決められた 法定耐用年数のことをいうのです。 あくまでこれは「 減価償却の目安となる年数」のことを言います。 よく似た言葉で「耐久年数」というものがあります。 耐久年数とは、 「このくらいの年数なら使用するには問題はない」という目安の期間で、それより前に問題が起こることもありますし、過ぎたからといって必ず問題が起こるわけでもありません。 あくまで目安となる期間です。 両者とも似たような意味で使われることがありますが、上記のような違いがあることをまずは覚えておいてください。 耐用年数を決める2つの要素 各塗料メーカーで出している塗料の耐用年数についてご紹介します。 各塗料メーカーの塗料ごとにご紹介したいのですが、あまりにもたくさんの塗料が出ているため、ここではメーカーの塗料ごとではなく塗料の種類ごとに耐用年数の違いをご紹介します。 また、外壁の維持費用を抑える方法やおすすめの塗料についてもご紹介します。 塗料の種類によって耐用年数は変わる まず知っていただきたいことは、どこのメーカーで出している商品も塗料自体の種類は一緒なので、種類ごとに耐用年数を把握できていれば心配することはないということです。 ただし、 あくまでも耐用年数は目安であることに注意してください。 耐用年数は、イメージとしては自動車のカタログに書いてある燃費と似ているかもしれません。 自動車のカタログに、「リッター〇km」と書いてあっても実際にはそこまで良くなかったという経験を誰しもしたことがあると思います。 それと似たようなものだと思ってください。 塗料の種類 耐用年数 シェア アクリル系塗料 5〜6年• 価格が安いが耐久性が劣る• 外壁塗装にはほとんど使われない ウレタン系塗料 7〜10年• 価格面では安く比較的汚れや色褪せに強い• 密着性はシリコンやフッ素よりも優れている シリコン系塗料 8〜15年• 現在主流• 汚れや色落ちに強い• 耐久性・防カビ性・防藻性などで高機能 ラジカル系塗料 8〜15年• 耐久度に信頼のある塗料• シリコン同様、コストも低い フッ素系塗料 15〜20年• 価格が高いが耐久年数が長い• ビルや橋梁に使われることが多い 光触媒塗料 10〜15年• 耐久度に信頼のある塗料• 雨や太陽の光など、自然の力で綺麗にしてくれる効果がある• 外壁のメンテナンスがとても優れている• 外壁塗装工事のコストがかかる ピュアアクリル塗料 12〜15年• 耐久度はトップクラス• 防水性に優れている• 値段が高い為塗装面積が多いとコストもかかる• 冬場は乾燥しにくい為、工期が長くなる可能性もある 遮熱系塗料 15〜20年• 耐久度はトップクラス• 熱を反射してくれる効果があり室内を快適に保ってくれる• 省エネやエコなど環境問題にも配慮• 自治体によっては補助が受けられる場合がある 現在はシリコン系塗料が主流で耐用年数は10年くらいです。 アクリル系塗料は滅多に使われなくなりました。 また、表中の耐用年数は新築時を想定したものです。 外壁の維持費用を抑えるための方法とは 外壁の塗装費用を考えるのであれば、単純に1回の工事に必要な費用で考えれば良いのですが、家の場合は何十年と長く住むことになりますから、1回あたりの塗装費用ではなく 住んでいる間の塗装の維持費用を考えることが重要になります。 つまり、長い期間での総額で考える必要があるということです。 そのためには塗り替えの周期を長くすることがポイントになります。 例えば耐用年数が10年の塗料を使用すれば、40年間で4回の塗り替えが必要ですし、耐用年数が15年の塗料を使用すれば、40年間で3回の塗り替えで済みます。 このように、耐用年数の違いによって塗り替えの回数が変わるため、外壁の維持費用を少なく抑えることができるわけです。 つまり、「 どの塗料を使うのか」ということが重要なポイントになります。 おすすめの塗料は? 外壁の維持費用を抑えるためには、耐用年数が長くて安い塗料を使うことになります。 そこでおすすめなのは、 シリコン系とラジカル系の塗料です。 この2つの塗料であれば耐用年数も長く安いので、性能・費用の両面から見ても満足のいくものになります。 建物の耐用年数 建物名 建物の耐用年数 木骨モルタル造 20年 木造・合成樹脂造 22年 金属造 34年 れんが造・石造・ブロック造 38年 鉄骨鉄筋コンクリート造 鉄筋コンクリート造 47年 木造が短く、鉄筋や鉄骨、レンガなど石造で建てられた建物が長いことがわかります。 例えば、耐用年数が20年の木造モルタル造の建物は、何もしなくても20年間大丈夫というわけではありません。 経年劣化はもちろん考慮に入れますが、きちんと 外壁塗料の耐用年数を含めて良い状態に保っていることが前提での20年です。 この良い状態を保つようにメンテナンスしていかなければ、国税庁が発表している耐用年数にはなりません。 建物に関しては、建ててからの年数が経過するほど修繕費用が大きくなっていきます。 外壁塗装が1回目と2回目では建物の痛み具合が違うので塗装費用も当然に変わってきます。 では、どのように塗料の耐用年数と建物の耐用年数が関わってくるのでしょうか。 外壁材の種類によって耐用年数は変わる 建物の耐用年数についてはご紹介しましたが、外壁塗料を塗るのは外壁材です。 では次に、外壁材の耐用年数とメンテナンス周期を見てみます。 外壁材 耐用年数目安 メンテナンス周期 タイル 40年 メンテナンス不要 窯業系サイディングボード 40年 7〜8年 金属系サイディングボード 40年 10〜15年 木質系サイディングボード 40年 8〜12年 樹脂系サイディングボード 40年 10〜20年 モルタル壁 30年 8〜10年 ALCボード 60年 10〜15年 コンクリート壁 60〜100年 15〜20年 これまでもご紹介していますが、必ず経年劣化というものがあります。 年々劣化が進みますので、定期的・周期的にメンテナンスをすることではじめて本来外壁材が持っている耐用年数を保つことができるということを忘れないでください。 その他関係するものの耐用年数.

次の

外壁塗装の税務の耐用年数って?

外壁 塗装 減価 償却 国税庁

資本的支出と修繕費の区分 まずは国税庁が通達している「資本的支出と修繕費」についておさらいしておきましょう。 国税庁法令解釈通達を参考にします。 (資本的支出の例示) 7-8-1 法人がその有する固定資産の修理、改良等のために支出した金額のうち 当該固定資産の価値を高め、又はその耐久性を増すこととなると認められる部分に対応する金額が資本的支出となる(後略) つまり、「修繕行為」であっても、結果的に耐久性を高めるような修繕の場合には資産計上する必要があるということです。 イメージ的には、• 他方、以下の通達もあります。 (少額又は周期の短い費用の損金算入) 7-8-3 一の計画に基づき同一の固定資産について行う修理、改良等が次のいずれかに該当する場合には、(中略) 修繕費として損金経理をすることができるものとする。 1 その一の修理、改良等のために要した費用の額が 20万円に満たない場合 2 その修理、改良等がおおむね 3年以内の期間を周期として行われることが既往の実績その他の事情からみて明らかである場合 1件20万円未満または、 3年以内の周期で同様の修繕が必要になる場合には、修繕費として損金毛上できます。 「資本的支出になる外壁塗装」と「修繕費になる外壁塗装」 資本的支出になる条件は分かりましたが、外壁塗装においてはどういった場合に該当するのでしょうか。 まず、通達と照らして以下の場合には修繕費として損金計上可能です。 剥げた塗装をペンキ等で塗り直す• ひび割れを塗装で隠す• 割れたタイル等を張り替える• 元々と同様の素材で修繕する これらは 「マイナスをゼロに戻す修繕」になります。 一方で、• モルタル塗装をタイル張りに変更• 防水加工・特殊加工など上質な塗装• 元々より明らかに高額な素材を使用 といった補修を施す場合で、20万円を超えるときには資本的支出になりますのでご注意ください。 また、 「元々より明らかに高額な素材を使用」という部分については、以下の通達を考慮します。 (資本的支出と修繕費の区分の特例) 7-8-5 一の修理、改良等のために要した費用の額のうちに資本的支出であるか修繕費であるかが明らかでない金額がある場合において、法人が、継続してその金額の30%相当額とその修理、改良等をした固定資産の前期末における取得価額の10%相当額とのいずれか少ない金額を修繕費とし、残額を資本的支出とする経理をしているときは、これを認める。 外壁塗装代の勘定科目は? 以上の判断をもとに、 修繕費に該当する場合は 「修繕費」「資産維持修繕費」「雑費」などの科目に計上し、 資本的支出に該当する場合には、 「建物」「建物付属設備」など、当該固定資産と同様の科目に計上しましょう。 おわりに いかがでしたでしょうか。 今回は、外壁塗装の会計処理について解説しました。 資本的支出と修繕費の取扱いについては、外壁塗装以外にも使いますので、知っておいて損はない知識です。 基本的には外壁塗装代は「修繕費」で問題ないですが、あまりに高額な塗装代の見積もりが上がってきたのときには、注意して確認すると良いでしょう。 当サイトでは、他にも勘定科目や仕訳などの解説をしています。 また、当サイトで解説している会計処理以外に、知りたい会計処理やご相談がございましたら、 当サイト管理マツキが運営するLINE公式アカウント へ 友達登録&ご連絡をお願いいたします。 会計ソフトを探している方は「やよい会計」がおススメです 個人事業主やスタートアップ企業の経営者の方などで、 経理処理が面倒だしお金かけたくない と思っている方は多いと思います。 そんな方におススメなのが 「やよい会計」です。 おすすめポイントは、• 経理初心者でもダントツで分かりやすい• ランニングコストがダントツで安い という点です。 非常に重要ですね。 10年の経理歴の中で、様々な会計ソフトや経営者・フリーランサーを見てきた私が、断言します。 正直、社員数1,000人以上の大企業にはおススメできませんが、個人事業主や数十人程度の会社であれば 「やよい会計」で間違いないでしょう。 無料体験も可能です。 白色申告用は ずっと無料プランあり!• 青色申告用は 1年間無料プランあり!• 法人向けは 2ヶ月無料プランあり! 無料体験中に解約しても費用は掛かりませんので、 とりあえず無料登録してみましょう!.

次の

アパート経営で重要な外壁塗装の法定耐用年数|賃貸物件の外壁リフォーム|column|東京都足立区・葛飾区で外壁塗装・屋根塗装をするなら株式会社楽塗

外壁 塗装 減価 償却 国税庁

外構工事リフォームは国税庁の耐用年数で施工すればいいの? 外構工事には様々な素材が用いられますが、国税庁の定めた耐用年数である法定耐用年数と、各資材メーカーが定めた耐用年数があります。 個人が所有する一戸建てでは、法定耐用年数がきたから外構工事リフォームを施工しなくてはいけないというわけではありませんが、マンションや商業用施設などの外構は、法定耐用年数に従う必要があります。 国税庁の法定耐用年数とは? 国税庁が「法定耐用年数」を定めている理由は大きく2つあります。 ひとつは、緑化施設や運動場、広告塔などの看板や電源設備などの安全性を確保し、適正な時期に工事を行うため。 もう一つは、アパートやマンションなどの賃貸住宅、貸駐車場の所有者に対し、側溝、植木などの緑化設備、自転車置場、ごみ置場などの外構の償却資産に固定資産税を課すためです。 償却資産の定義とは、「土地及び家屋以外の事業の用に供することができる資産」です。 減価償却額は、法人税法または所得税法の規定に基づいた所得の計算上、損金または必要な経費に算入されます。 そのため、償却資産の所有者は、毎年1月1日時点で所有している償却資産の内容(取得年月、取得価額、耐用年数等)を償却資産の所在する区にある都税事務所に申告する必要があります。 償却資産には、「構造物」「機械および装置」「船舶」「航空機」「車両及び運搬具」「工具、器機および備品」に分けられており、このうち外構は「構造物」にあたります。 「構造物」の中には、舗装路面、庭園、門・塀・緑化施設等の外構工事、看板(広告塔等)、ゴルフ練習場設備、受変電設備、予備電源設備、その他建築設備、内装・内部造作などが含まれます。 例えば、ごみ置場や自転車置き場は7年、屋外給排水設備は15年、花壇や緑化施設は20年の耐用年数が定められており、これに従い課税額が決定します。 メーカーが定めた耐用年数とは? これに対し、メーカーが定めた耐用年数は、個人が所有する一戸建ての外構・エクステリアを定期的にリフォームする際や、中古住宅をリノベーションするときに参照される目的で作られています。 例えば、木材などのフェンスは約10年、鉄筋コンクリートブロックやステンレスは約20年が耐用年数です。 リフォーム計画をたてるときには、素材ごとの耐用年数を参考にして行います。 外構工事は約60~90万円が費用相場ですが行う工事の内容によってその幅は大きく変動します。 玄関フェンスや庭木だけの工事の場合であれば約30万円程度でも行えるでしょう。 また、玄関までのアプローチを歩きやすくしたり、ポストの位置を使いやすく変更したりするのも外構工事のうちの1つです。 いずれも、築年数約20年前後の一戸建てで多く行われるリフォームです。 国税庁が定める外構工事の法定耐用年数のカテゴリーは? 国税庁が定める外構工事の法定耐用年数のカテゴリーは「構造物」として「用途」別にわかれ、さらに素材などの「構造」に細かく分類されています。 「構築物」は「建物」と似ていますが、構築物は屋外に設置されているもの、建物は屋内に設置されているものと考えればわかりやすいでしょう。 「用途」にはまず、「広告用」「舗装道路及び舗装路面」「競技用、運動場、遊園地又は学校用」「緑化施設及び庭園」など、施設や目的に沿ったものがあります。 さらに「鉄骨鉄筋コンクリート造又は鉄筋コンクリート造のもの」「コンクリート造又はコンクリートブロック造のもの」「れんが造のもの」「石造のもの」「土造のもの」「金属造のもの」「合成樹脂造のもの」「木造のもの」など素材に沿ったものがあります。 注意したいのは、駐車場、舗装道路、砂利道、フェンスや堀、庭園、自転車置き場なども、外構工事をしていれば「構築物」に該当し、法定耐用年数があることです。 外構工事の種類で国税庁の耐用年数は異なる? よくある疑問に、外構工事の種類で国税庁の耐用年数は異なるのかどうかということです。 結論としては、外構工事の種類自体では、耐用年数は異なりません。 耐用年数は、「資産の種類」「構造」「用途」に分けられており、同じ車庫や塀でも、一戸建てなのかマンションなのか、という使用用途、素材によって決まっています。 例えば、同じ「塀」の外構工事を行ったとしても、木造であるのか、合成樹脂などほかの素材であるのかによって法定耐用年数は異なります。 しかし一方で、舗装道路・舗装路面などは、コンクリート、ブロック、レンガ、砂利など素材が異なっていても、法定耐用年数表においては、同じ分類がなされ、ともに15年の耐用年数となります。 ほかにも、舗装道路・舗装路面は、アスファルト、木レンガ敷と素材が異なっていても10年の耐用年数となります。 確定申告をする際は、「建物」と「外構」をしっかりと分け、さらに「外構」の中でも、しっかりと構造や用途を算出してから申告することが大切です。 築年数が古く、工事明細が不明の場合は、一括で「外構」とせざるを得ない場合もありますが、そうでない場合は、アスファルト舗装、駐輪場、塀、給水設備、ゴミ置き場などと分類しましょう。 外構の分類をしっかりと行うことで、リフォームや取り壊し時期の正確な把握ができ、安全性が高まる上、金額によっては「少額の減価償却資産」の対象となります。 少額の減価償却資産は、「取得価額の全額を損金経理している場合に、損金の額に算入することができる」ものです。 減価償却方法は「定額法」よりも「定率法」を選択した方が減価償却費は多く、節税効果が高まりますが、平成10年4月1日以前に取得した建物であれば、「定率法」を選択することができます。 最後に住宅ローンについてです。 基本的に、「住宅」以外の「土地」や「外構」はローンの対象外ですが、住宅と同じ事業者に外構工事をお願いした場合は、住宅ローンの対象内となります。 そのため、新しく家を建てる、リノベーションするという場合には、依頼する事業者を住宅と外構とで同じにしておくとまとめて住宅ローンを組むことができます。 主な外構工事の法定耐用年数は? この章では、主な外構工事の法定耐用年数をご紹介します。 2018年度の住宅用法定耐用年数によれば、アスファルト舗装費用は10年、カーポートは15年、鉄筋コンクリート造りの塀は30年、コンクリート造りの塀は15年、レンガ造りの塀は25年です。 木造のフェンスは10年、鉄木などの非常に硬い素材を使用していれば、20年の耐用年数のものもあります。 注意をしたいのが「塀」で、石造のもの、土造のものは20年ですが、れんが造のものは、「腐食性を有する気体の影響を受けるもの」は7年、その他のものは25年と細かく分かれています。 また、フェンスや門、カーポートによく使用されるスチールは、立地している環境にもよりますが15年の耐用年数です。 また庭木は、「緑化施設及び庭園」に該当し、20年が耐用年数です。 このように、外構工事の法定耐用年数は、用途や素材によって細かく設定されているため、リフォームを行う際、確定申告を行う際は、専門家に相談をして間違いのないようにすることが大切です。 法的耐用年数表に該当しないものは、メーカーの耐用年数を目安にしながらも、実際の状況を専門の業者に見てもらい、必要な工事の見積もりを出してもらいましょう。 外構・エクステリアリフォームに対応する優良な会社を見つけるには? ここまで説明してきた外構・エクステリアリフォームは、あくまで一例となっています。 「費用・工事方法」は物件やリフォーム会社によって 「大きく異なる」ことがあります。 そのとき大事なのが、複数社に見積もり依頼して必ず 「比較検討」をするということ! この記事で大体の予想がついた方はへ行きましょう! 「調べてみたもののどの会社が本当に信頼できるか分からない…」 「複数社に何回も同じ説明をするのが面倒くさい...。 」 そんな方は、簡単に無料で比較見積もりが可能なサービスがありますので、ぜひご利用ください。 大手ハウスメーカーから地場の工務店まで全国800社以上が加盟しており、外構・エクステリアリフォームを検討している方も安心してご利用いただけます。 一生のうちにリフォームをする機会はそこまで多いものではありません。 後悔しない、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重に行いましょう!.

次の