厄年 厄払い いつ。 厄年の期間はいつからいつまで?立春から節分までなの?

厄除け・厄祓い(厄払い)を行う時期はいつ?|厄年・厄除け厄祓いドットコム

厄年 厄払い いつ

突然ですが…「最近良いことないなー」「嫌なことが立て続けに起こるなー」、などと感じたことはありませんか? 出だしから暗い話になってしまうのですが、私はここ2ヵ月間で交通事故の被害に3度も合ってしまいました。 これは自分の不注意だけではなく、何か違う原因がある!と一人考えていたのですが、そんななか、頭に浮かんだのは 「厄」の一文字。 これは厄の仕業に違いない…厄払いをしよう!などと思い立ったのですが、そういえば・どうやってやるの?お金もいくらかかるのだろう?そもそも「」なんだろう?という疑問が浮かびました。 これまであまり気にしていなかったのですが、いざ自分の身に不運ばかりが続くと、気になってきてしまうのが人のさがというもの。 徹底的に自分の厄を落とすためにも、厄について調べてみることにしました。 「厄」とは何のこと?まずは厄年の年齢を知ろう。 厄とは一言でいうと、「災難」のことです。 自分に降りかかる災難のことを、先人は「厄病神」などの仕業と考え、それを防ごうとお祭りや行事などの対策を施してきました。 そして 「厄年」というのは特に災難が多く降りかかるとされている年齢のことです。 「厄年」は人生の転換期であり、運気が下がり肉体的にも精神的にも調子を崩しやすいとされています。 厄年は平安時代からあったといわれていますが、どちらかというと日本の文化や風習などの一環として伝えられてきました。 「厄年」とする年齢が定着してきたのは江戸時代以降。 地域によってその年齢にはバラつきがあるようですが、一般的にいわれている「厄年」は以下の年齢のことをさします。 一番注意の必要な「本厄」の前後の年が「前厄」「後厄」と呼ばれるもので、この捉え方はさまざまですが、一般的には「本厄」の前後だから注意しようというイメージです。 男性42歳、女性33歳が「大厄」と呼ばれており、数回おとずれる本厄の中でも、最も注意が必要な年齢とされています。 ちなみにこの表は2019年版ですが、2018年時点で私は平成5年生まれなので後厄となっていました…。 やはりあの事故は後厄の影響だったのでしょうか。 厄除け・厄払い 神社とお寺、どっちに行くのがいいの?ここまで厄年について説明してきましたが、その「厄」をよけたり落としたりするために行うのが「厄除け」「厄払い」です。 神社やお寺で受け付けているのですが、一体どちらに行くのが良いのでしょう。 詳しく分けていくと、以下のように分類されます。 ・神社=厄を払う(祓う)「厄払い」 ・お寺=厄から逃げる「厄除け」 結局はどちらも「災難を寄せ付けない」ということなのですが、「厄除け」「厄払い」では 祈祷 きとうの儀式内容に違いがあります。 神道にのっとり清める神社の祈祷儀式か、お寺で祈る 護摩祈祷 ごまきとうか、ご自分にあったものをお選びください。 厄除け・厄払いは立春までに行くのがベスト厄除け・厄払いに行く時期に関しては、 立春(毎年2月4日頃)までに済ませるのが良いとされていますが、地域によって違いもあります。 特に神社は地域で信仰されてきたものですので、住んでいる地域の習わしに沿うのも良いと思います。 ちなみに厄年じゃないけど不運続き…という方も厄払いに行っていいのでしょうか? これはもちろん大丈夫!厄年に関係なく、一年に一回必ず厄払いに行っているという方もいるようです。 厄年ではなくてもなんとなく嫌なことが続く、安心して一年を過ごしたいという方は、一度行ってみてもいいのではないでしょうか。 それでは次に、厄除け・厄払いにルールがあるのか?服装はどうするべきなのか?また、厄除け・厄払いの金額についてご説明していきましょう。 男性・・・紺や黒などの落ち着いた色のスーツ、またはジャケット 女性・・・スーツもしくは落ち着いた色のワンピース(柄物などは避ける) 多くの方はふだん着で行くようですが、なるべく軽装や露出の多い服装は避け、少しフォーマルな服装で行くことをおすすめしておきます。 特に注意したいのは、格式の高い神社ではあまりにもラフな格好だと受け付けてもらえない場合もあるそうです。 また、神社やお寺によっては礼服を指定しているところもありますので、不安な場合は事前にチェックをしていきましょう。 厄除け・厄払いの金額 最後に、気になる金額についても見ていきましょう。 神社・お寺に渡す 祈祷料 きとうりょうの金額は、同じ神社・お寺でも、祈祷後にいただくお札(ご祈祷符)の大きさや、祈祷の期間によって変わります。 3,000円〜、5,000円〜、7,000円〜といった 5,000円前後で設定されているところが多いようです。 ちなみに祈祷料は神社やお寺の社務所や受付にて申し込み時に納めます。 基本的にのし袋に入れる必要はないものですが、そのまま渡すのは気がひけるという方は、のし袋に入れて納めるといいかもしれません。 ですが実は 「厄」を「役」として捉える風習もあるそうです。 大役を担う・役目を与えられる年=チャンスの年だから成功を祈願してお参りに行こう、という考え方をすれば、ポジティブな気持ちで新年も迎えられますよね。 役者さんの中には「役を落としてしまう」という意味合いから、あえて厄払いにいかない人もいるのだとか。 ただ、前に述べた「厄年は人生の転換期」というとおり、肉体的にもいろいろな変化が起きやすい時期です。 それゆえに病気にかかりやすい時期なのかもしれません。 普段ご多忙の経営者様の中で大厄に近い方は、これを機に健康診断や人間ドックで気になるところを検査しに行ってみるといいのではないでしょうか。 今年も残すところ数日となりましたが、来年2019年は読者のみなさまにとっても「幸」の多い一年となりますようにお祈りいたします。 厄年にやってはいけないこと2020年の厄年、厄年の計算、数え方、子供の厄年、「厄年にやってはいけない」とされる結婚・引っ越し・転職・出産の対処方法、についてこちらの記事で紹介していますので、ぜひご覧ください。

次の

厄年の男女は何歳2020|厄払いやお祓いはいつまでの時期にする?

厄年 厄払い いつ

だいぶ前なので正確さに欠けると思います。 なので、厄年の厄払いってこんな感じなのかと、大体のイメージを掴んでいただければ本望です。 2月半ばくらいに、突然両親に「お前、今年が本厄(ほんやく)だから、今から厄払いに行くぞ」と言われる。 厄年の人が厄払いしないと、周りの人にもよくないことが起こりやすいという理由もあるというようなことを、両親は言っていたような・・ ということで、突然、厄払いをしに、地元でも有名な神社に行くことになりました。 午前9時ごろ神社着。 まず受付用紙記入。 祈祷(きとう)の時、これに記入したとおりに読み上げられるので、誰でもわかる字で書こう! 記入が終わったら、用紙を初穂料(はつほりょう、神様に捧げる農作物の代わりの金銭のこと)受付のところで料金を払いました。 厄年のお祓い(厄払い)の料金 料金は、初穂料というらしい。 のし袋など必要なのかと思ったが、直接現金で支払えました。 金額は、3千円~5万円以上。 で、 私は5千円にしました。 私の厄払い体験談 初穂料を払うと番号札を渡され、控室に移動。 厄払いで服装を気にする人がいるようで、スーツでないと・・という人もいるようですが、思いっきり普段着で来てしまいました。 他の人を見ても、全然、普段着でOKなようです。 ジャージの人もいたくらいですが、一生のうち何度もあることではないし、 神聖な場所でご祈祷していただくわけですので、きちんとした服装で行くに越したことはありません。 付き添いの両親も一緒に本殿に入れました。 控室には、なんと、お茶とお菓子が用意されています。 お茶もお菓子も美味だった思い出があります。 控室はかなり広く、リラックスできます。 10分くらい待つと、呼ばれて本殿に向かいました。 途中、手を清めたり、和紙?の白装束を羽織り?ました。 祈祷中は座っていますが、途中で呼ばれて玉ぐしをあげに行きました。 あげかたは番号札の裏に書いてありました。 ・・複雑です、私には。 終ったら授与品を受け取り、厄払い終了! 初穂料5千円の私の授与品は、板剣神札、八方札、御神土、御箸、御神供、御神酒などが入っていました。 すごい量だなと思った記憶があります。 所要時間は、受付からすべてが終わるまで30分くらいだったと思います。 早く済ませたいのであれば、朝一の厄払いに間に合うように行かれるのがおすすめです。 厄年の時、厄払いへはいつ行くのが良いのか? 厄年の厄払いはいつ行くのが良いのか? 厄払いは、正月になった時点で厄年の年齢であれば可能です。 そして、 厄年の年齢であれば厄払いはいつ行っても大丈夫! 今はほとんどいつでも、 日本全国の各神社・お寺でお祓いを受けることができるようですが、松の内や節分にかけて神社に参拝するケースが多いようです。 松の内:門松を飾っている期間は神様がいるということで、神様がいる間に厄を払っておこうということかららしいです。 初詣のついでにという人も多いのでしょうが。 ・・でもめちゃ混みでしょうね。 節分:旧暦では立春(2月4日)が元旦であったとされており。 2月3日の節分は現代の大晦日にあたるそうです。 節分の日に神社やお寺などで行われる、節分祭や厄除け祈願祭などは、1年の厄を払い新たな1年を過ごすための伝統ということから。 厄年の時、厄払いしないとダメ? 当然、 厄年でも厄払いは絶対しないといけないという義務はありません。 また、厄年厄払いというのは科学的根拠が今のところないことなので、厄災が起きる人も起きない人もいるでしょう。 厄払いをしたにもかかわらず、厄災が起きた人もいるようです。 厄払いに効果があるとすれば、精神的な部分なのではないでしょうか? 例えば、厄年に何かしらの厄災に合った人がいたとして、一方は、厄払いをした人、もう一方は厄払いをしなかった人とします。 また、心配性な人などは、お祓いに行ったということで安心感を得るということも・・ 厄年とは? 厄年(やくどし)の厄(やく)とは、不幸や災難のことを意味しています。 厄年とは大きな不幸や災難を避けるために、いつもの年よりも注意して過ごそうとする年のことです。 その厄を避けるために、除(よ)けるために祈祷などをする事を厄除(やくよけ)けと言います。 また厄年の風習は、陰陽道(おんみょうどう、いんようどう、おんようどう、方位・日時から運勢を判断し、厄災が起こる時期を予測する呪術や占術の技術的体系)に起源があり、平安時代から現代まで残る根強い風習のようです。 厄払いと厄除けの違い 厄除け:まだ厄年でない人が使う言葉。 厄年でない人もお祓いを受けられるということ。 厄払い:厄年の人は、厄を「除ける」のではなく、「払う」という言葉がふさわしいということからきているようです。 厄年って何歳の人? 男性:25歳・ 42歳・61歳 女性:19歳・ 33歳・37歳 特に男性の42歳、女性の33歳は大厄といい、最も厄災(やくさい)が起こる年だといわれています。 また、本厄(ほんやく)の1つ前の年を前厄(まえやく)、次の年を後厄(あとやく)といい、本厄と同じように注意が必要と言われています。 ) 厄年の計算方法 厄年は数え年で計算する。 数え年とは、生まれた日を1歳とし、1月1日になると年を取るという計算方法。 例)1988年7月4日生まれの場合、生まれたその日が1歳。 1989年1月1日に2歳になる。 (普通(満年齢)はまだ0歳) 1990年1月1日に3歳になる。 (普通は1歳) つまり、今の年齢に、誕生日前には2歳、誕生日後には1歳を加えた年になるということ。 分かりずらいと思いますので、正確にはその年の厄年早見表を調べるのが良いと思います。 厄年の人がしてはいけない事って? 厄年にやってはいけないとよく言われている事 ・新しく家を建てる ・マンションを購入する ・車を買う ・結婚をする ・転職をする ・引っ越しをする ・事業を起こす など 運気が変化するとされる厄年に自分自身の大きな変化を重ね合わせるのは良くないと昔から言われているようです。 しかし、あまり気にしすぎると旅行にも行けなくなってしまうという人もいそうです。 引越しや海外旅行など1年だけ我慢できることを1つ決めて、後は好きなことをした方がいいという考え方もあるようです。 また、女性の場合、出産なども気にする人がいるようですが、子が授かれば厄を落としてくれるなどの言われもあるようです。 悪いことが起きてもそれを受け入れて、あまり気にしないようにしよう位の気構えで今まで通り生活をされた方が良いようです。 それでも気になる場合は、やはり、厄払いなどをして気持ちを少しでもスッキリしておくことがベストだと思います。 コラム << 厄払いするしないに関わらず、運を良くする方法 >> 聖書には「はじめに言葉ありき」とあります。 日本では言霊(ことだま)が有名です。 そう、言葉はすごく大事。 ツイてないことが起こった時に「ツイてねーな」という人がほとんどだと思いますが、1度使った言葉は再度使うことになるそうです。 なので、ツイてないことが起こった時でも「ツイてる」と言いましょう。 そおすれば次は良いことが起こるということらしい。 何を言いたいかと言えば、常にプラスの言葉、明るい言葉を使いましょうということです。 そおすれば次々と良いことが起こる可能性が開けるし、自分自身明るい気持ちにもなります。 でも、ツイていない時に「ツイてる」なんていう気がしないよという声が聞こえてきそうです。 感情なんか込めなくていいです、機械的に「ツイてる」と言ってください。 それでも運は向上するそうです。 言いずらいと思ったら、プラスの言葉しか使わない修行だと思えばいいそうです。 修業は、滝に打たれたり、長時間座禅をしたりすることだけが修行ではありません。 プラスの言葉だけ使うのも、立派な修行だそうです。 この世のシステムだということなので、これを利用して運を下げずに、運を上げていきましょう! そして、できるだけ、いつでも、誰にでも笑顔を! ブスッとした顔や、怒ったような顔をしていると、さらに運が悪くなるそうです。

次の

厄払いの時期はいつまで? 前厄と本厄と後厄の時期は??

厄年 厄払い いつ

Contents• 厄年はいつからいつまで!厄年の年齢は? 厄年とは、長い人生のなかで 災難や病気などが起こりやすいとされている 年齢のことを言いますよね。 もちろん、何の科学的な根拠はないものの その歴史は古く何と平安時代から! 陰陽師の安倍晴明が広めたそうです。 全く気にされない方もいらっしゃいますし、 それはそれでヨシとされてはいるのですが 日本の古くからの風習として知っておくことも 大切なことなのかもしれません。 まずはその厄年の年齢について詳しく見ていきましょう! 男性の厄年の年齢は? 男性と女性とで違うとされる、厄年。 男性の厄年の年齢がいくつになるのかというと ・ 24歳、42歳、61歳 になります。 ただし、これは満年齢ではなく数え年と呼ばれる年齢になります。 数え年については、次の項目で詳しく説明しますが 満年齢と数え年を間違えないように注意をしましょう。 なぜ、厄年がこの年齢なのか! 実はこれには理由もあるそうです。 ・24歳: 社会人となり少し慣れてくる年齢であることから、無理をしてしまうことが多い年齢だから ・42歳: 社会的地位も上がり、疲労やストレスなどが蓄積しやすい年齢だから ・61歳: 仕事を定年することが多く、環境や経済的な変化が多い年齢だから などになるそうです。 それぞれ環境の変化や 疲労やストレスなどで体調を崩しやすい為 厄年とされているそうです。 そう言われてみれば、全ての年齢が 何かしらの環境の変化が起こりやすい年齢ですよね。 私自身の父親や夫を見ていてもそう感じます。 24歳は、働き出して突っ走っている時 42歳は、いわゆる働き盛りと言われている時 61歳は、第二の人生を考え始める時 など、厄年それぞれが 大きな節目の年齢と重なっているのだなと 妙に納得してしまいました。 また、厄年の中でも42歳は大厄と言われ 特に注意が必要な年とされているそうです。 スポンサーリンク 関連記事: 女性の厄年の年齢は? 男性の厄年の次に女性の厄年を見ていきましょう! 女性の厄年は ・ 19歳、33歳、37歳、61歳 になるそうです。 男性と同様に女性の厄年にも 厄年の意味がそれぞれあるようです。 ・19歳: 結婚や出産をすることが多い年齢だから ・33歳: 語呂合わせで「33」で「散々」と読める年齢だから ・37歳: 子育てが一区切りつく年齢だから ・61歳: 閉経など体が変化しやすい年齢だから などになるそうです。 19歳で結婚や出産が多いなど 少し現代とは違った感じもありますが 何となく「なるほど」という気もしますよね! また、女性の大厄は37歳とされ この歳の厄年には、特に注意が必要と言われているそうですよ。 スポンサーリンク 厄年はいつからいつまで!数え年の数え方は? 年齢が判明したところで数え年についても 触れていきたいと思います。 厄年の年齢を確認する際、満年齢であれば簡単なのですが 厄年は、一般的に数え年で表すことが多いそうです。 ただ、地域や神社、寺院によっては 違うこともあるそうなので確認するようにしてくださいね。 では、数え年の数え方! 少し分かりにくいですが厄年を間違えては大変です! じっくり見ていきましょう。 数え年とは、生まれた年、 生まれた日を1歳とカウントをする数え方になります。 そして次に歳をとるのは 自分の誕生日ではなくて1月1日。 なので、例えば12月31日に生まれた場合 12月31日を1歳として、翌日の 1月1日を2歳とする数え方になります。 分かりやすく厄年を数える方法としては その年の自分の誕生日が過ぎた時期であれば満年齢+1歳 その年の自分の誕生日をまだ迎えていなければ満年齢+2歳が 自分の数え年になるそうです。 例えば ・生年月日:2000年4月20日 ・現在の日にち:2018年4月30日 の場合、満年齢の年齢は18歳になりますよね? だけど、数え年の年齢で数えると 現在の日にちで誕生日を過ぎた時期なので 満年齢の18歳+1歳で19歳になるのです。 女性だったら厄年にあたる年になりますよね! ちょっと混乱しがちですが 数え年は厄年だけでなく、七五三や 長寿のお祝いなどにも使われるそう。 この機会に頭に入れておくと便利かもしれませんよね。 関連記事: 厄年はいつからいつまで!前厄、後厄も厄年? 男性と女性の厄年の年齢やその厄年の数え方を見てきました。 先に挙げた厄年は全て本厄と言われる年齢にあたるのですが 前厄とか、後厄などの言葉も聞いたことがありませんか? 前厄、後厄ってなに? 前厄や後厄も厄年に含まれる? いつからいつまでが厄年? 答えは、実は本厄の前後1年も前厄、後厄とされて 厄年に含まれているそうです。 もちろん、地域や寺院、神社 ご家族によって考え方はそれぞれです。 本厄は注意をするけど前厄、後厄は気にされない方、 中には本厄自体も気にされない方もいらっしゃいますよね。 ただ、一般的にはいつからいつまでのことを 厄年と言うのかというと、 ・ 本厄の前の1年間 ・ 本厄の1年間 ・ 本厄の後の1年間 の、合計3年間が厄年とされているそうです。 また、具体的には ・本厄: 健康面 ・前厄: 金銭面や人間関係 ・後厄: 家族関係 などにトラブルが起こりやすいと言われていているそうです。 実は私自身、それほど厄年については気にしない方なのですが 気付いてしまうと不安になるし少し心配になるものです。 もう終えた厄年もいくつかあるとはいえ(笑) 一生のうち12年も厄年なのかと思うと ずいぶん長い期間なのだな・・と、少しモヤモヤもします。 スポンサーリンク 厄年の期間はいつからいつまで?厄年はいつ明けるの? さて、本厄、前厄、後厄の3年間を厄年ということが わかりましたが、その厄年の期間とは 具体的にはいつからいつまでになるのでしょうか。 何月何日に厄年となって 何月何日に厄年は明けるのでしょうか。 実はこれは地域や神社寺院によって異なるのですが 多くの場合は、 1月1日に厄年がはじまり12月31日に厄年が明ける としていることがほとんどのようです。 ただ、中には 立春に厄年がはじまり 翌年の節分(=立春の全日)に厄年が明ける としている場合もあるようで ・立春: 1年の始まりでもある「春」のはじまり ・節分: 立春の前日で季節の区切り となることから 立春と節分を厄年の期間の節目としているそうです。 また、厄年の期間を1月1日~12月31日ではなく 立春から節分までとしている場合は数え年の数え方も変わってきます。 1月1日に歳が増えるのではなく 立春にひとつ年をとるという数え方になるので注意が必要です。 特に厄除けや厄払いをお願いする場合は要注意! その神社、寺院などに厄年の期間がいつからいつまでなのか 1月1日なのか、立春や節分なのかを確認をするようにしましょう。 関連記事: 厄年のお払いはいつからいつまでにする? 厄年の詳しい年齢や時期。 いつからいつまでが 厄年の期間になるのかが分かってきました。 詳しく知ると、やはり厄年のお払いを 受けておいた方がいいのかな? などと思いますよね! 厄年のお払いは どのタイミングで受けるのがいいのでしょうか。 いつからいつまでにお払いを受けるなどの決まりはある? 答えは、特に決まりはないそうです。 とはいえ、例えば厄年の期間が 1月1日から12月31日だった場合 12月にお払いをしてもらっても 何となく「意味があるのかな?」という気もしますよね? なので、厄年の期間が1月1日~12月31日の場合、 厄年のお払いをする時期としては ・ 新年の初詣のお参りの時 ・ 旧暦の大晦日にあたる節分の時 ・ 元旦から節分までの期間 などにすることが多いそうです。 なお、先の厄年のもうひとつの期間「立春から節分まで」を 厄年の期間としている場合は、 立春以降に厄年のお払いをすることになるそうです。 また、大安や仏滅などの六曜と呼ばれる日にちで 厄年のお払いを決めることもあるそう。 一番は大安が望ましいようですが それ以外の六曜の意味としては ・仏滅: 厄年のお払いにはNG ・先勝: 午前中であれば厄年のお払いに良い ・先負: 午後であれば厄年のお払いに良い ・友引: 夕方からであれば厄年のお払いに良い ・赤口: 午前11時から午後1時(午の刻)であれば厄年のお払いに良い などとされているそうです。 せっかくお払いを受けるのであれば しっかりとご利益のありそうな日にちを選んでうけたいものですよね。 自分が厄払いをしてもらう神社や寺院に 確認しておくと安心かもしれませんよね。 また、厄年のお払いの料金は神社や寺院によりますが 5千円~1万円程であることが多く 一般的には紅白の水引、蝶結びののし袋に入れていくことが多いそうです。 前もって用意しておくと安心ですよね!• 神社の場合の表書きは「御初穂料」になるのですが その表書きの短冊がセットになっています。 私は表書きなど書くのが苦手なのでこういのは嬉しい! ただ、お寺の場合の表書きは「御布施」になるそう。 無地の短冊もセットになっているそうなので お寺で厄年のお払いを受ける場合は ご自身で「御布施」と、書くようにしましょう。 厄年には前厄、本厄、後厄とありますが ・ それぞれの厄年の年齢ごとに厄払いをする ・ 本厄の厄年の時だけ厄払いをする ・ それぞれの年齢で厄払いを行い、さらに後厄の翌年にお礼参りをする など、人によって様々なようです。 どれが正しいとか間違っているなどは無く 自分やご家族の考えで行うといいそうですよ。 スポンサーリンク 関連記事: まとめ 厄年いつからいつまでなのか 年齢、前厄、本厄、後厄などについてや、 厄年の具体的な期間を見てきました。 多くの場合は元旦から厄年ははじまり大晦日に明けると されているようでしたが 立春や節分を節目にされている場合もあるようでしたよね。 厄年には科学的な根拠などは ありませんが、環境的にも体調的にも 変化が起こりやすい年齢であることは事実です。 気にする気にしないは人それぞれの考えではありますが 普段より少し自分を労わることを 心掛けてもいいのかもしれませんよね。 まずは自分自身が自分を大切に! 厄年が明けたら、きっと素敵な時間が待っているはず! そう捉えて、ポジティブに厄年を過ごしていきましょう!.

次の