す その の 日々 アイビス ペイント。 【Windows】「ペイント」で画像をトリミング(切り取る)する方法

想いがそのまま形になる 『アイビスペイント』iPad Pro + Apple Pencil対応

す その の 日々 アイビス ペイント

スポンサーリンク アイビスペイントでアナログ線画を写真から取り込みする手順 その1:アナログ線画をスマホで撮影する まず最初に、アナログで描いた線画をスマホで撮影します。 このときに気を付けるポイントが2つあります。 なるべくならペン入れをしっかりしておくと、どちらの場合も綺麗に仕上がるのでオススメです。 罫線のあるノートなどに描いてあると、その線もそのまま使うことになってしまうので注意。 描いた絵だけ取り出すというのは出来ません。 特に「明るい所と暗い所」が出来てしまうと、全体のバランスを整えるのが難しくなってしまうので「全体を均一な明るさで」撮影するのがポイントです。 全体が均一になっていれば、ちょっと暗くなってしまってもアイビスペイントで多少の調整が出来るので問題ありません。 <OK例> <NG例> ここで綺麗な写真を撮っておけばそれもラクになるので、なるべく明るく影が出来ないように、また線画の色が光で薄れないように気を配りながら撮影してみてくださいね。 その2:アイビスペイントで写真を読み込む アイビスペイントを起動して、マイギャラリーを開き、左下の+マークをタップします。 一覧から、お好きなキャンバスサイズを選択します。 大きすぎると動作が重くなったり、使えるレイヤー数が少なくなってしまうので、あなたのスマホで快適に動く大きさでお好みのサイズを選びましょう。 私はよく3:4を選びます。 これで新規キャンバスが作成されましたね。 次に、右下のレイヤー操作のアイコンをタップします。 開いたメニューの中から、カメラのマークをタップします。 そうすると、画像を選択する画面が開きますので、先ほど撮影した線画の写真を選びましょう。 スマホによって表示は違うかもしれませんが、私のスマホではこんな感じの画面です。 画像を選択すると、キャンバスにバーンと選択した絵が表示されて、右下にメニューが出てきます。 写真をそのまま読み込むとでっかくてビックリしますね。 笑 しかも、何故か横向きになってしまっているので、こんな時は右下メニューの、虫メガネの隣の「丸い矢印マーク」をタップします。 タップすると白い矢印が青くなりますので、そうしたら二本指でぐるっと回すと絵が回転するようになります。 もし、写真を撮った時に絵が傾いてしまっていたら、ここでお好きな角度にしても大丈夫ですよ。 ちょうど良い角度になったら、ズレないように先ほど青くした矢印マークをタップしてまた白に戻します。 これでもう回転することはないので、あとはお好みの大きさに調節しましょう。 普段画像を大きくしたりするのと同じ二本指操作です。 サイズが思い通りになったら、あとは一本指で画像をちょうどいい位置に合わせます。 大きさも位置もOKになったら、緑色のチェックマークをタップすれば完了です。 ここで、線画抽出を行いますか?というダイアログが出てきますね。 ここからは、塗り方によって選択を変えることになるので、あらためて2種類の塗り方について説明しますね。 この方法で塗るなら、線画抽出はしないで、取り込んだ画像そのままを乗算レイヤーというものにして使っていきます。 この方法は、「サラっと簡単に色塗りをしたい」場合にピッタリです。 線画抽出をする時の明るさ調節などの手間がなく、紙にペンで色を塗っていくのに近い感覚で塗っていけるので、 初めてデジタルで色塗りをするならコチラがオススメですね。 また、こちらの場合は線画にきっちりペン入れなどしなくても塗れるので、シャーペンで描いた絵に軽く色塗りしたい時にも便利です。 ただし、綺麗に線と空白部分に分かれるわけではないので、線で囲まれた範囲を自動で選択してくれる便利ツールやバケツでの色塗りが上手く出来ません。 また、線画の色を変えたい場合にはレイヤーモードを変更するなど、線画抽出より少しわかりにくい作業になってくるので、後から線画自体をいじりたい場合は覚えるまでちょっと難しいかもしれませんね。 こちらは、その名のとおり写真から線画を「抽出」するので、線画以外の白い部分は「透明」になります。 つまり、アイビスペイント上で線画を描くのと同じ状態に出来るんですね。 なので、塗り方もアイビスでイチから描いた時と同じ手法で出来ます。 デジタルでの色塗りに慣れてきたらこちらの方が塗りやすいかもしれません。 注意点は、最初の説明でも書きましたが、アナログでしっかりペン入れ(シャーペンでもくっきり濃く描いて、余計な線が無ければOK)しておかないと上手く抽出出来なかったり、影があると調整が難しく上手くいかなかったりすること。 でも、線画の色を自由に変えたりするのはコチラの方が簡単なので、デジタル絵としてしっかり完成させたいなら線画抽出する方法が向いていますね。 ざっくり説明ですが、あなたがどんな塗り方をしたいのかによって選んでみてください。 私は気分によってどちらも使いますが、ラフな仕上がりにしたい・アナログ感を出したい時にはそのまま、デジタル絵として完成させたい時は線画抽出をして塗っています。 線画抽出をしないで、画像をそのまま使って塗る場合は、キャンセルを押しましょう。 これで画像の取り込みは完了になります。 この状態からの色塗りの手順はこちらで紹介しています。 スポンサーリンク 線画抽出をして色塗りをしたい場合は、OKを押すと画像の調整に入ります。 一番上の「黒側」をバーは最初0%になっていますね。 それを右側に動かして%を上げていくと、画像がどんどん暗くなっていきます。 線画の色が薄いときは、これで黒を濃くすることができます。 が、影があるとそれも濃くなってしまうので、私はあんまり動かしていません。 真ん中の「白側」は最初100%になっています。 これを左側へどんどん下げていくと、画像が明るくなっていきます。 画像全体がちょっと暗い場合、これで明るくすることができます。 薄くでも影や暗さが残っていると、それも一緒に抽出されてしまい、色が暗く見えてしまう可能性があります。 なので、できるだけ白い部分は真っ白になるように調整したほうがいいですよ。 最後に、一番下の「中間値」ですが、これは最初真ん中になっていますね。 これを左に動かすと、画像全体が明るくなっていきます。 そして反対に、右側へ動かしていくと、画像全体がどんどん暗くなっていきます。 黒側の数値を上げた画像より、全体的に均一に暗くなっているのがわかりますか? こちらの方が黒をハッキリさせるのに綺麗に仕上がりやすいので、私はいつも 「白側」を下げて全体を明るくしてから 「中間値」を上げて黒い線をハッキリさせています。 このあたりのバランスは慣れと好みなので、色々試して練習してみてください。 ただし、あまり黒を濃くしすぎると線のギザギザが目立ってしまうので、やりすぎには気を付けましょう。 例の画像では、白側60%・中間値60%でイイ感じになりました。 これでOKと思ったら、緑のチェックをタップして決定してください。 レイヤーメニューを開いて、こんな感じになっていれば大丈夫です。 線以外の部分が白とグレーの市松模様になっていれば、その部分は透明ということなので、無事に線画だけが抽出されていることになります。 試しに、絵が入っているレイヤーの下のレイヤーに、ペンでグリグリっと色を塗ってみます。 そしてレイヤーメニューを閉じたところがこちら。 どうですか?線が綺麗に出た状態で色を塗れていますよね。 これで、アナログ線画の取り込みは完了です。

次の

【メイキング】デジタルで透明水彩塗り講座【アイビスペイント】

す その の 日々 アイビス ペイント

この記事のINDEX• 最近、インスタグラムに「今日のコーディネイト」をイラストで載せている人が多いので、調査してみました! こんな感じのイラストですが、使っているのは「 ibis Paint(アイビスペイント)」という無料アプリ。 最初にイラストにしたい写真を開きます。 すると[線画抽出]のポップアップが出てくるので[OK]を押します。 OKをタップすると画像が白黒表示されますが、このままにしておきましょう。 作った新規レイヤーは、1番に移動させ、レイヤーを閉じます。 そのあとはペン機能を呼び出して、写真の上から人の形をなぞっていきます。 うまくなぞれたと思ったら、またレイヤーを開きます。 そして元の写真を削除。 その上で新たにレイヤーを作成し、1番にスライドさせて、レイヤーを閉じる。 実際はそんなに難しいアプリじゃないんですね。

次の

スマホでイラストを描くなら「アイビスペイントX」がオススメ!PC並の多機能お絵かきアプリです!

す その の 日々 アイビス ペイント

ウィンドウズに標準搭載されているためフリーで利用できるペイントを使って簡単なイラストを作成したり写真への加工を行っておられる方も多くおられます。 このページではペイントで出来る写真のトリミングを考えます トリミングとは写真内の不要な部分を無くすこと、切り取ることを指します。 結婚式で上映されるプロフィールムービーやオープニングムービーでも、写真のトリミングが行なわれている作品が多く存在しますね。 ポップで元気な印象を持たせたい場合に、写真のトリミングは良いアイデアかもしれません。 今回はそのトリミングをペイントでも出来るのか、考えていきたいと思います。 ペイントでもトリミングする事は出来ます 自由選択ツールを利用します ペイントの「選択」メニュー内にある「自由選択」を選択すると、写真の輪郭を自由になぞってトリミングを行う事が出来ます。 不要な部分が削除されました ペイント内での画像のトリミングはマウスでドラッグするだけで直感的に切り抜く事が出来るので、ほんの数秒程度で簡単に切り抜く事が出来ます。 しかしその反面、一度のマウスドラッグで画像全体を切り抜かなくてはならず、後でパスの変更などもできないため、人物の輪郭ギリギリなどで切り抜く事はかなり困難です。 しっかり正確に切り取りを行いたい方はペイントで画像の切り取りは行うのではなく、GIMPやPhotoShopなどの高機能な画像編集ソフトや、ベジェ曲線等を使って細かくパスを修正しながらマスク処理出来る高機能なソフトウェアを利用されると良いでしょう。 もっと細かく正確に画像の切り取りを行いたい場合 ペイントで画像の切り取りを行ってみると、細かいところまでの切り抜きは正直かなり難しいです。 ペイントだけでは雑であまりきれいではない仕上がりになります。 本当にきれいに画像の切り取りをするのであれば、やはりPhotoShopのようなプロフェッショナル向けの画像編集ソフトがおすすめです。 制限なく一定日数使える無料体験版も公開されていますので、今回だけ限定で完璧な画像の切り抜きを行いたいのであれば、photoShopの体験版を利用されるのが一番おすすめかもしれません。 体験版でも保存した画像にも透かしロゴ等が入ったりもしません。 透過状態を保存する方法はあるのか・・・? これでペイントでも非常に簡単に画像の切り抜きを行うことが出来ました。 ではこのまま透過した画像を保存してみたいと思います・・・。 ・・・しかし非常に残念なことに、 ペイントでは画像の背景部分を透過させた画像を保存する事は出来ません 「透明の選択」オプションを利用することで、切り抜いた写真同士の背景をペイント内で透過させて重ね合わせることは可能です。 透過情報を保持出来るPNGやGIF形式 せっかく保存形式に透過情報を保持できる形式も用意されているのに・・・少し残念ですね。 ペイント内では背景部分はあくまでも「白」や「黒」といった背景があるものとして、透明では無い状態として扱われてしまう仕様だという事ですね。 ではペイントでトリミングした写真の活用法はないのか? ペイント内では背景を透明にしたトリミング済みの画像として編集ができるのに、保存時には背景が透明ではなくなってしまう、というのはやはり少し不便ですね。 ペイントから出力できるのは、あくまでも背景がある、視覚的にも四角形の画像のみという事になります。 この制約は機能上超えられないものなのであくまでも受け入れるとして、ここまでで出来ているトリミングを行った画像の、ウェディングムービー内での活用方法を考えてみたいと思います。 動画編集ソフト側で背景を除去する方法• ペイント内ではトリミングは出来るが• 背景が透明な状態で保存が出来ない という機能上の制約がある事が理解できましたので、この「背景を透明にする」機能を結婚式プロフィールムービーなどを編集する時に利用する、動画編集ソフト側で行ってみたいと思います。 まずペイント内で背景の白い領域を塗りつぶします 塗りつぶしのツールを選択し、お好みの色を選択します。 塗りつぶしの機能で背景の白い領域をクリックすると、一度のクリックで背景全体を塗りつぶす事が可能です。 足と足の間とか、他の画像と重なっていて空白となっている部分などがあれば、その部分も個別にクリックし、同じ色で塗りつぶします。 背景を塗りつぶします サンプルの画像では緑色で塗りつぶしていますが、選択すべき色は写真が持っている色によって異なります。 後ほど「緑色の部分を抜く」というクロマキーという方法で緑色を除去します。 「緑色」の定義は色を抜く(キーイング)時の設定で調整可能な場合もありますが、もし仮に写真内の人物が緑色の服を着ていたりすると、背景とともに消えてしまうため、あくまでも写真の中に無い色を選択する必要があります。 AviUtl• Nive• VideoPad あたりになるかもしれません。 例えばVideoPadを例として挙げると、以下のように非力ながらもクロマキー機能が搭載されているため先ほど作成した画像ファイルを読み込んで、再度背景を除去する事が出来ます。 クロマキーを設定後 プロフィールムービーを手作りする際に利用するソフトウェアに、こういった背景色を除去出来る機能が搭載されていれば、色の除去(キーアウト)を行うだけで簡単に背景を透過させる事が出来ます。 AfterEffects用テンプレート内では画像の切り抜きも可能です AfterEffectsテンプレートを利用するために活用するAfterEffectsでは、ソフトウェアの中で画像を高度に切り抜く事が出来ます。 他の画像補正・編集ソフトは必要ありません。 無料体験版も公開されていますので、ぜひお試しください。 まとめ• ペイントで写真の輪郭を切り抜く事は可能• しかし背景を透過させて保存が出来ないという弱点がある• 本格的に画像編集を行いたい場合には、やはりGIMPやPhotoShopの方が早くてきれいに仕上がります。 事実プロの方がペイントを画像編集に使う事はまずありません。 (使ってたらある意味プロフェッショナル) しかし初心者の方でも手軽に使える無料のテクニックの一つではあるかと思いますので、無料の簡単なソフトにこだわってプロフィールムービーを自作されたい方は、ご参考にされてみてはいかがでしょうか?.

次の