江戸川 放 水路 ハゼ 2019。 2019年03月30日 シーズン初ウェーディング(江戸川放水路)

はぜ、シロギス、乗合、貸しボート、桟橋釣り、潮干狩り

江戸川 放 水路 ハゼ 2019

6月27日(土)・7月2日(木)・4日(土)・5日(日)は、13時沖上がりのシロギス乗合を予定しています(28日(日)は仕立船)。 日並みが良かったら、お越し下さい。 帰り際1時間はカサゴを狙います。 次回のマテ貝採りの潮干狩り渡船は、7月4日(土)〜7月7日(火)までです。 暑くなりますので海水パンツでも良いのかな?ビーチパラソルやイス等ご持参して頂くと、海水浴気分?も味わえます。 但し、裸足は禁物です。 小さなアカエイがいる危険性がありますので、海水の中に入るときは、気を付けて下さい。 ご予約お待ちしております。 土手上の有料駐車場は、コロナ禍の影響で、まだ再開していません。 (7月1日(水)より再開)小屋の前の駐車場は最大20台です。 土・日にお車でお越しのお客様は、四苦八苦されると思われますので、できれば公共交通機関をご利用して来られるか、自転車等がベストだと思います。 また、コインパーキングを探して入れるか、有料駐車場が再開するまで我慢するか?兎に角、このような状況ですので、ご理解願います。 ボートはぜと桟橋釣りは、朝5時30分より営業しています。 貸し竿や餌等ご用意していますので、手ぶらで来ても大丈夫!2人乗りから8人乗りまで揃えていますので、ご家族やお仲間とワイワイガヤガヤとお楽しみ下さい。 3人乗り・5人乗り・8人乗りは、ご予約が可能ですので、特に土曜日・日曜日・祝日は、ご予約されてからお越し下さい。 はぜの桟橋釣りは、男性1000円、女性・小中高生が500円となっています。 朝5時30分〜16時まで。 レンタル道具有りますので、手ぶらで来ても大丈夫。 青イソメが苦手な方は、マル秘餌を用意しています。 メールでのお問い合わせやご予約は、受け付けていません。 間違いや、冷やかしが多いので、お電話またはファックスでお願い致します。 乗合船の出船予定日 *荒天が予想される場合は、前日の7時前の天気予報で判断し、このページでお知らせ致します。 ご確認をお願い致します。 *5名様以上揃ったら、出船確定です。 6月27日(土) 13時沖上がりのシロギス乗合・帰り際の1時間はカサゴ狙い 出船7時30分、沖上がり13時。 料金(餌・氷付)大人7500円、女性・小中高生4500円。 おもり15号・針7号〜8号。 貸し竿300円。 (出船確定・受付終了) 7月2日(木) 13時沖上がりのシロギス乗合・帰り際、1時間はカサゴ狙い 同上。 (出船確定・ご予約お待ちしております。 ) 7月4日(土) 13時沖上がりのシロギス乗合・帰り際、1時間はカサゴ狙い 同上。 7月5日(日) 13時沖上がりのシロギス乗合・帰り際、1時間はカサゴ狙い 出船7時30分、沖上がり13時。 料金(餌・氷付)大人7500円、女性・小中高生4500円。 おもり15号・針7号〜8号。 貸し竿300円。 (ご予約3名様) 船に弱い方は、お薬をご用意下さい。 当店では副作用等の事もありますので、特に用意はしていません。 予めご了承下さい。 (*65歳以上の男性の方は、乗合料金を500円割引します。 但し、イベント時や半日乗合の場合は、除外です。 21時以降は、寝ています。 *我が船宿は、近場の海域で楽しめる海洋レジャーを目指しています。 *お客様にお願いです。 ・・・ご自分で出してしまったゴミ等は、ご自分でお持ち帰り願います。 資源ごみの缶やビン類のゴミ箱は用意していますが、一般のゴミ箱は、撤去致しました。 組合員一同、より良い環境作りをめざして行きたいと思いますので、ご協力の程、宜しくお願い致します。 *注 乗合船等に御予約されていたお客様で、当日何らかの事情で遅れるか、又は来られない場合、必ずご連絡を下さい。 事前に分かっている場合は、お早めにご連絡下さい。 私共船宿にとって当日キャンセルが大打撃となります。 キャンセル料は頂いておりませんので、ご理解願います。 が *注・釣果の数は、自己申告制となっております。 釣果ノートを机の上に置いときますので、良かったら帰りに書いて行って下さい。 年齢や名前は、正確でなくて良いので、釣果と釣った場所をお願いします。 6月26日(金)ボートはぜ・桟橋釣り 途中から真夏の暑さになり、お客様は皆、早上がり。 ボートはぜは、ダンデイ溝口さんが今期最高釣果の525匹(6時〜12時までの釣行で、ヒネは13匹混ざる)。 4〜14cmを50〜525匹。 明日は、なんとかお天気が持ちそうですので、ご家族で、お仲間で、お出かけ下さい。 ボートと桟橋釣りは、5時30分から開始です。 6月25日(木)ボートはぜ・桟橋釣り 予報より雨降りが長引き、閑古鳥が大泣き状態。 雨の中でも根性で釣行された方数名様。 桟橋釣りでは、小平市の岩波さん・5〜12cmを38匹。 ボート釣りで、久喜市の谷田さん・231匹(ヒネ7匹と黒ビノス6個)、高砂さん・100匹、高山さん・60匹。 明日は昼間は曇りマークですが、南寄りの風が強くなる予報です。 5時30分よりスタンバイしていますので、良かったらお越し下さい。 6月24日(水)ボートはぜ・桟橋釣り・潮干狩り渡船 お天気が予報より良くなり、昼過ぎからは、真っ青な夏空が拡がりました。 ボートはぜは、上流ポイントの50cm〜1m。 4〜14cmを15〜289匹。 釣果ノートより、クニイチーム・父46匹(ヒネ2)・子15匹(ヒネ1)、市川市のクラウン姉さん・89匹(内ヒネ3)、墨田区の宮山さん・200匹(ヒネ2)、大田区の吉田さん・74匹(ヒネ4)、足立区のソネさん・150匹(ヒネ1とかに1)、墨田区の茂田さん・289匹(ヒネ17匹)、桟橋釣りは、妙典よりさん・31匹。 潮干狩り渡船は、マテ貝採りとアカニシ貝採りに分かれ、日野市の三井さん・マテ貝1、5キロとアカニシ2個とツメタ貝1個。 勝木さんはマテ貝4キロ?でしたっけ?私と地元の同級生・宮田さんは、アカニシ貝少々と、赤太郎カニを買い物カゴに一杯。 皆さんにおっそ分け出来ました。 次回の潮干狩り渡船は、7月4日(土)〜7日(火)までです。 ご予約お待ちしております。 明日もボートと桟橋釣りは、5時30分より開始です。 6月23日(火)ボートはぜ・桟橋釣り・潮干狩り渡船 雨も早めに上がり、予報より良い天気になりました。 ボートはぜは、4隻7名様。 4〜13cmを4〜453匹。 釣果ノートより、三鷹市のダンデイ溝口さん・453匹(ヒネ5匹)、ジジイさん・120匹、名前?さん・二人で4匹(午後から釣行)、桟橋釣りで、名前?さん・100匹で内ヒネ6匹(6時〜15時30分)。 潮干狩り渡船は、アサリとマテ貝とアカニシ貝に分かれて採りました。 アサリは、思っていたより採れたとの報告。 マテ貝は、埼玉の山奥からお越しの佐野さんが約3キロ。 アカニシ貝は、独身の遠藤さんが大漁で、アサリグループさんに分ける程、採れました。 又、カニも大漁に採れたので、こちらも皆さんにおっそ分けしていました。 明日も11時に出船致しますので、お休みの方は、挑戦してみて下さい。 ボートと桟橋釣りは、5時30分からやってます。 6月22日(月)ボートはぜ・潮干狩り渡船 ボートハゼは、2隻4名様。 雨で早上がり。 釣果ノートより、松戸市六高台の田中ファミリー(二分の1)・2名で71匹。 潮干狩り渡船も雨降りの中、頑張りました。 マテ貝は順調で、1〜2キロ前後。 アカニシ貝も大漁で、大型のカニ(地元では赤太郎と呼んでるカニ)も大漁に採れました。 明日のボートと桟橋釣りは、強風で大雨ならば、お休みにしますが、予報がまちまちなので、スタンバイはします。 潮干狩り渡船もスタンバイはしています。 6月21日(日)ボートはぜ・桟橋釣り・潮干狩り渡船・シロギス&カサゴ乗合 乗合船は、殆ど雨には降られませんでしたが、潮干狩り渡船やボートは、お昼過ぎに土砂降りの雨に遭遇してしまい、びちゃびちゃ状態だったようです。 お疲れ様です。 風邪ひかないように。 桟橋釣りは、市川市のとも君が、今期最高の28匹!、江戸川区の勝木さん父娘・桟橋で59匹と潮干狩りのマテ貝2、5キロ、葛飾の鍋さん・アサリ1、4キロとビノス2、2キロ、ボートはぜで、草加市の金塚さん・中村さん・小林さん3名様で80匹(二時間)、埼玉県・2名様で140匹(6時間)、船橋市の相馬さん・110匹、うごやまさん親子・午後88匹(ヒネ5匹)、流山市のおっとーとゆずきちさん・30匹(ヒネ3匹)、さいたま市のタカガキさん・90匹、東村山市のもりくぼさん・179匹、さいたま市のむなかたさん・98匹。 シロギス乗合は、昨日とは感じが変わり、何時もの場所でポツポツ食いました。 11時30分までやり、16〜23cmを5〜37匹。 カサゴは、15〜28cmを2〜24匹(良型多くでました)。 釣果ノートより、市川市の渡辺さん・キス18匹とカサゴ14匹(楽しかったです)、新高島平のちょび夫婦さん・キス16匹とカサゴ10匹(良かったです)、瀧澤さん・キス7匹とカサゴ4匹、フジタさん・キス8匹とカサゴ11匹、江戸川区の田口親子さん・キス18匹とカサゴ23匹、チーム戸澤さん(3名)・おてる姉さん・キスとカサゴ各20匹位、戸澤さん・キス37匹とカサゴ15匹、若頭(菊池さん・73歳)・キス23匹とカサゴ24匹(楽しい一日でした)。 皆さんお疲れ様でした。 明日は、雨予報ですが、潮干狩り渡船はスタンバイしています。 ボートも桟橋釣りもスタンバイしています。 6月20日(土)ボートはぜ・桟橋釣り・潮干狩り渡船・シロギス乗合 昨日の北東風で海水温が冷やされ、青潮気味のようでしたが、放水路の中は、順調な食いでした。 釣果ノートより、ボートと桟橋釣りごちゃまぜ。 妙典よりさん・30匹(サングラスあきらめました。 足立区の藤本さん・60匹程度(大変楽しかった。 スタッフの方が皆、丁寧で素敵です!!ありがとうございました。 )、川越市の北村さん・3人で260匹、西多摩市のテンマさん・二人で60匹、ムロイさん・6名で400匹位、トミタさん・2名で140匹、日野市の名前?2名で250匹位(楽しかったです)、いぶきさん・2名で30匹(楽しかったです。 また来たいです)。 潮干狩り渡船は、アサリはダメダメで、採れた方で、1キロ位。 マテ貝は順調。 ハマグリが混ざりました。 シロギス乗合は、盤洲沖〜富津沖まで、あっこっちと運動会。 昨日の涼しい北東風で、やや青潮気味だったようで、食いが今一でした。 今期最悪の釣果。 キスが16〜23cmを船酔い〜23匹、カサゴは15〜29cmを0〜16匹。 釣果ノートより、スッポンの萩野さん・キス23匹とカサゴ11匹(こんな時もあるさ)、ともみさん・キス10匹とカサゴ16匹(ハゼをくれた方、お陰様でした)。 明日も5時30分からスタートです。 6月18日(木)ボートはぜ・桟橋釣り 暑さは一休みで、過ごし易い一日でした。 ボートはぜは、上流ポイントの50cm〜1mで、4〜14cmを25〜335匹。 釣果ノートより、江東区のBさん・106匹ヒネで3匹、三鷹市のダンデイ溝口さん・335匹で内ヒネ20匹(6時〜11時30分・針2号)、新高島平のちょび夫婦さん・100匹オーバー(入れ食いですが、小さいです)。 桟橋釣りは、モリタさん・17匹、妙典よりさん・ちょうど100匹(頑張りました。 腕を上げたね。 冬の時期から鍛えた二の腕が光ってます)。 鬼高よりさん・30匹(家族で出来ました。 また来ます。 また、来て下さい)。 明日は、雨予報です。 土砂降りでしたら、お休みにして、久々に映画でも観に行ってきます。 20日土曜日は、5時30分よりお待ちしております。 店前の駐車場20台は、6時前には満杯になると予想しています。 なるべく、公共交通機関でお越し下さい。 6月17日(水)ボートはぜ・桟橋釣り・シロギス&カサゴ乗合 ボートはぜは、上流ポイントの50cm〜1m。 昨日もそうでしたが、お昼近くから南寄りの風が強くなり、釣りづらくあたりが取れない状態になりました。 4〜14cmを20〜205匹。 釣果ノートより、葛飾区の二宮さん・205匹、同じく福田さん・130匹。 桟橋釣りは、船橋市の清宮さん・出勤前に97匹(乗合船の方々にハゼを分けて頂き、ありがとうございました。 お陰様で、カサゴが大漁でした。 )、八千代市の戸澤さん・76匹、妙典よりさん・44匹。 シロギス&カサゴ乗合は、盤洲沖の8m前後、キスは、11時30分までやり、16〜24cmを5〜42匹。 カサゴは、15〜27cmを1〜18匹(15cm以下はリリース)。 釣果ノートより、蓮田市のMさん・キス31匹とカサゴ18匹、三鷹市のくろたまさん・キス19匹とカサゴ13匹(ハゼ餌を釣ってくださった方、ありがとうございました。 )、林さん・キス42匹とカサゴ2匹。 次回がんばれ!明日もボートと桟橋釣りは、5時30分からです。 6月16日(火)ボートはぜ・桟橋釣り・シロギス乗合 今日も昼近くから陽射しが強くなり、暑くなりました。 ボートはぜは、上流ポイントの50cm〜1m。 4〜14cmを35〜230匹。 釣果ノートより、クニイさん・デキハゼ158匹とヒネ2匹(ずっとあたりがありました)、ジジイさん・96匹、蓮田市の井上さん・230匹とヒネ16匹、新浦安の計画休業おじさん・50匹とヒネ1匹、八潮の?さん・100匹と12cm2匹、サクマさん・70匹と10cm3匹。 桟橋釣りで、多摩のくろたまさん・2時間で5匹(修行します)、市川市の渡辺さん・10匹(また来ます)、中野ヤスさん・21匹(良い生き抜き出来ました)。 シロギス乗合は、盤洲沖の8m前後、良型が多く良いお土産になりました。 11時30分までで、18〜24cmを16〜40匹。 カサゴは、14〜27cmを0〜25匹。 良型が多くでました。 釣果ノートより、石川さんご家族3名さん・キスは、25・17・16匹・タコ1キロ1パイ・カサゴ15匹、オクハラさん・キス21匹とカサゴ14匹とタコ1ぱい、船橋市の片岡さん・キス40匹とカサゴ25匹とアジ1匹、独身さん・キス35匹とカサゴ10匹とコショウダイ1匹。 明日もボートと桟橋釣りは、5時30分から開始。 シロギス乗合は、7時30分の出船ですが、早めに集まったら、早く出船します。 6月15日(月)ボートはぜ・桟橋釣り 朝のうちは陽射しがなかったので、やんわり陽気でしたが、次第に太陽が照りつき、30度越えに。 南寄りの風がやや強く吹いて暑さを抑えてくれました。 ボートはぜは、上流ポイント50cm〜1mで、4〜15cmを20〜400匹。 釣果ノートより、星名さん・160匹、三鷹市のダンデイ溝口さん・400匹(内ヒネ5匹・6時〜11時30分)、川崎市の田中陽一さん・80匹(内ヒネ15cm位を25匹)、豊島区のヒデさん・100匹(内ヒネ2匹)、草加市の源FCさん・200匹、三郷市のホソダさん・40匹とシーバス1匹。 明日、明後日とシロギス乗合に出船予定です。 まだまだ乗れますので、ご予約お待ちしております。 ボートと桟橋釣りは、5時30分から開始してます。 6月14日(日)ボートはぜ・桟橋釣り 予報が悪かったので、お客様もまばら状態。 閑古鳥が大泣きです。 桟橋釣りで、昨日も来てくれた市川市のとも君・昨日は3匹でしたが、今日は倍の6匹。 (おめでとう・よく頑張りました)、多摩のくろたまさん・9匹、船橋市のこうたかさん親子・父4匹・母1匹・子4匹。 ボート釣りで、千葉市の西野さん・60〜70匹・ヒネ10〜15匹(朝〜11時・今シーズンも楽しみです。 )、松戸市の高橋さん親子・39匹(5時半〜11時)、久喜市の谷田さん&吉川さん・各100匹位・新行徳橋下)、大田区の加藤親子さん・父120匹・子83匹、佐倉市の高岡さん・168匹でヒネが18匹(連日、ありがとうございます)、江東区のマウンテン中川さん・276匹で内ヒネが39匹。 明日はお天気も回復する予報ですが、暑さが気になります。 暑さ対策は十分にして、お越し下さい。 5時30分から開始です。 6月13日(土)ボートはぜ・桟橋釣り・シロギス乗合 当初の予報より早く雨が降り出し、楽しみにしていたハゼ釣りが台無しに。 そんな雨の中でもちびっ子達は頑張ってくれました。 市川市のとも君・3匹(雨だからビショビショ)、仁平さん・ゼロ匹・本山さん・1匹・名前?6匹、ボートで、高岡さん・68匹(ヒネ4匹)。 シロギス乗合は、盤洲沖の8m前後。 お昼近くまで雨は大したことが無く順調な釣行。 11時40分までで、18〜24cmを船酔い〜61匹。 移動して、12時〜12時45分までカサゴ釣り。 14〜25cmを0〜7匹。 釣果ノートより、スッポンの萩野さん・キス61匹とシリヤケイカ1杯と真蛸2キロ・ともみさん(キス釣り初めて)・キス30匹とカサゴ3匹、前川さん・キス28匹とカサゴ4匹、山田親子さん・キス13匹とカサゴ7匹、大津親子さん・キス14匹。 お昼近くから、雨と風が強くなり、少し早めに沖上がり。 明日のシロギス乗合は、ご予約が無くお休みとなります。 ボートと桟橋釣りは、5時30分よりスタンバイしています。 6月12日(金)ボートはぜ・桟橋釣り 朝のうちは強風もおさまり、穏やかな陽気となりました。 ボートはぜは、上流の50cm〜1m。 4〜8cmを30〜333匹。 釣果ノートより、市川市のクラウン姉さん・70匹、三鷹市のダンデイ溝口さん・333匹(内・ヒネ5匹・6時〜11時30分・針2号)、お名前?・三名様で120匹(6時〜13時・針3号)。 明日は、雨がぱらつく予報ですので、来られる方は、雨合羽が必須となります。 5時30分から開始しています。 シロギス乗合にご予約されたお客様は、カサゴのはぜ餌釣りを推奨致します。 6月11日(木) 明日は、雨も上がり強風もだいぶ落ち着く予報ですので、5時30分より開始します。 6月10日(水)ボートはぜ・桟橋釣り 今日も南寄りの風が10m以上吹き、釣りづらい一日でした。 ボートはぜは、デキハゼ中心で、4〜7cmを25〜158匹。 釣果ノートより、松沢さん・新行徳橋左岸で158匹(5時35分〜11時30分)、桟橋釣りは、3〜7cmを10〜102匹。 杉並区の金子さん・68匹、戸澤さん・102匹(針2号)。 明日も南寄りの風が強く、雨予報です。 雨風強かったらお休み致します。 6月9日(火)ボートはぜ・桟橋釣り 朝から陽射しが強く、暑くなる予感。 南寄りの風が強く吹いていたせいか?うだるような暑さでは無かったのが幸いでした。 ボートはぜは、早くもダンデイ溝口さんが、312匹。 (6時〜11時30分)、市川市の渡辺さん・35匹(小さいけど楽しかったです)、クニイさん・117匹と海老1匹(座礁してごめんなさい)、さいたま市浦和区くに生颯介さん・200匹、新浦安の計画休業おじさん・22匹、ジジイさん・100匹(6時30分〜11時30分ヒネ2)。 明日から来週前半にかけては、南寄りの強風予報が続きます。 桟橋釣りは大丈夫ですが、ボート釣りは、ポイントが限られそうですので、予めご了承ください。 明日も5時30分より開始します。 6月8日(月)ボートはぜ・桟橋釣り・潮干狩り渡船 穏やかでのんびりムードの月曜日。 ボートはぜは、上流の50cm〜1m。 3〜7cmを30〜85匹。 釣果ノートより、船橋市の梶原さん・85匹とヒネ5匹、門仲の北村さん・85匹とヒネ20匹、。 桟橋で、北区の?さん・60匹・3〜6cm小物大好き。 潮干狩り渡船は、あさり・マテ貝・アカニシ貝に分かれて採りました。 アサリは2、5K位、マテ貝は順調、アカニシ貝は、7名様で250個位。 皆さん良いお土産になりました。 ノートより、川口市の濱田親子さん・ホンビノス15個とアカニシ貝50個位(とても楽しかった)。 今週は、釣り船のメンテナンスをしていますので、平日の乗合船は、有りません。 ボートと桟橋釣りは、5時30分より開始しています。 6月7日(日)ボートはぜ・桟橋釣り・潮干狩り渡船・シロギス乗合 深夜まで雨が降っていたようですが、陽が昇る頃には曇り空で、少しひんやり気味でした。 ボートはぜは、デキはぜ中心で、4〜7cmを1〜85匹。 たま〜にヒネが混ざります。 釣果ノートより、大山智広さん・70匹とヒネ4匹、高田さん・85匹とヒネ4匹、葛飾区の會所さん・7匹(また来ます)。 桟橋釣りで、船橋市の清宮さん・103匹(業務連絡・ハゼありがとうございます。 お陰様で、カサゴが大漁でした)、勝木さん・桟橋で61匹で、潮干狩り渡船でマテ貝3、2キロ、妙典よりさん・9匹。 潮干狩り渡船で、葛飾区のIさん・あさりが小ビノス混ざりで2、5キロ、さいたまの山奥からお越しの佐野さん・あさり3、3キロ。 シロギス&カサゴ乗合は、盤洲沖の6〜9m。 シロギスは大苦戦で16〜23cmを3〜20匹。 不振なので早めにカサゴ釣りを始め、14〜28cmを0〜20匹。 釣果ノートより、品川区のおちさん・キス16匹とカサゴ7匹、こうらさん・キス20匹とカサゴが20匹。 明日は、10時40分に潮干狩り渡船が出船します。 まだまだガラガラですので、お休みの方は、是非遊びに来て下さい。 ボートと桟橋釣りは、5時30分からです。 6月6日(土)ボートはぜ・桟橋釣り・13時沖上がりのシロギス乗合・潮干狩り渡船 ボートはぜは、上流ポイントでデキハゼ狙い。 シロギス乗合は、盤洲沖の8m前後。 釣果ノートより、ボートで、コミさん・80匹・ナガさん・20匹(埼玉の上尾から来ました。 また来ます)。 潮干狩り渡船で、三浦夫婦さん・マテ貝2キロ+1、5キロ=3、5キロとホンビノス10キロ位・葛飾区より今年3回目の潮干狩りです。 シロギス乗合で、高島平の田鍋さん・キス10匹とカサゴ5匹とアジ1匹、妙典の本間さん・キス32匹とカサゴ4匹とメバル1匹・イシモチ4匹。 明日も5時30分より開始しています。 6月5日(金)ボートはぜ・桟橋釣り・潮干狩り渡船 潮干狩り渡船は、アサリは、ビノス混ざりで約2キロ、アカニシ貝は20個〜120個。 明日は、9時15分の出船となります。 ボートは1隻2名様で9匹。 釣果ノートより、ボートで9匹、・桟橋で8匹!!計17匹(くやしい)、桟橋釣りで、イナギノヒデハルさん親子・60匹、松戸市のサガラツバサさん(5歳)親子・30匹。 明日は、大変混み合うと予想されます。 駐車場が不足していますので、早めのお出かけをお勧め致します。 5時30分より開始しています。 6月4日(木)ボートはぜ・桟橋釣り・潮干狩り渡船 潮干狩り渡船は、余り潮が引かず大苦戦。 採れた方で1、5キロ。 マテ貝は順調。 明日は8時30分に出船します。 まだまだ乗れますので、ご予約お待ちしております。 ボートは、ダンデイ溝口さんが、160匹。 内ヒネが10匹。 桟橋釣りは、数匹の釣果。 明日も5時30分より開始します。 6月3日(水)ボートはぜ・桟橋釣り ボートはぜは、デキはぜ中心。 このところ、赤い潮が発生して食いが落ちています。 はぜ自体は死んでいません。 プランクトンの死骸の色だと思いますが、例年この時期になると発生します。 栄養分が豊富な潮だと聞いていますが、急に冷え込むと青潮の発生源にもなります。 時間とともに消えていく潮ですので、今暫く我慢です。 釣果ノートより、新浦安の計画休業おじさん・14匹、葛飾区のニシミヤさん・40匹、同じくフクダさん・23匹、妙典のシバタさん・25匹。 明日から潮干狩り渡船が始まります。 明日は8時出船です。 ボートと桟橋釣りは、5時30分から開始しています。 *団体でお越しのお客様用に、30名定員の船名・市川貝蔵くんと、20名定員の船名・高橋丸が利用できます。 2隻とも雨天時のシートとトイレを完備していますので、女性の方やお子様がご乗船しても安心です。 釣れているポイントまで曳舟していき、錨で固定。 何か御用事の際は、携帯電話で連絡して頂ければお伺いし、船の移動等も可能です。 貸し切り船なので、気軽な釣りが楽しめ、のんびりとできます。 詳細は、お電話で。 ライフジャケット着用のお願い ・・・この所、海難事故が相次いでおります。遊漁船等の事故も例外なく増加傾向にあります。船長は何時も安全航行に心掛けておりますが、すべて万全とは行きません。自分の身は自分で守り、最低限の安全は確保して下さい。たかはし遊船ではボート釣り用のライフジャケットもお子様用と大人用とも充分にご用意しています。安全を確保して楽しい釣りをして下さい。 三番瀬への潮干狩り渡船・出船予定日 今期のアサリは、絶不調です。 6月6日(土)現在の様子は、お一人様1キロ〜2キロがやっとの所です。 それでもアサリ採りがしたい方は、ポイントにご案内致しますので、スタッフにその旨をお伝え下さい。 マテ貝は順調にお土産になります。 *マテ貝採りで準備する物 くわ・スコップ等・塩(高級な物じゃ無くて良い)1kg位・塩を入れる容器(100円ショップで売ってる)・貝を入れるバケツやクーラーボックス・ 長靴、又は足を傷付けない履物・帽子又はタオル(日除け)・飲み物、軽食等。 *詳しくは、ネットで「マテ貝の採り方」等で検索してみて下さい。 出船時間の15分位前までには、乗船名簿に記名して清算をお済ませ下さい。 船にはトイレが付いていますが、近くに公衆トイレが有りますので、念の為に済ませてから、救命胴衣(大人からお子様まで、無料貸し出し)を着用して渡船の船にご乗船下さい。 出船から帰港までの航程は、約4時間を予定しています。 渡船料金・大人3300円・女性2750円・中高生・2200円・小学生1650円。 (消費税込み)採れた貝は、ご自由にお持ち帰りできます。 あまり採り過ぎず、ほどほどに・・・。 (小学生以下のお子様は、別途ご相談下さい。 夜8時以降は、寝ています。

次の

江戸川放水路の桟橋でハゼ釣りに挑戦!佐野遊船の桟橋までのアクセスと駐車場、ポイントなど | Play with Kids 子供と遊び、人生を築く

江戸川 放 水路 ハゼ 2019

スポンサードリンク 釣れる時期 まずは釣れるシーズンに関してハゼは真冬以外を通して釣れる魚ですが、やはり釣れ易い時期や美味しい時期には偏りがあります。 春先に生まれ夏から秋にかけて大きくなり、12月から1月にかけて卵を産み生涯を終える1年魚なので、釣れ易いのは夏場ごろになり、特に美味しい季節は秋から冬先になります。 ただ場所によっては、秋口がもっともよく釣れる所もあります。 江戸川放水路ですと、6月初旬辺りから良く釣れ始め、釣れる量は減りますが美味しく身も大ぶりな物を狙われるのでしたら、10月の終わりから12月の初め辺りがお勧めです。 そして1日の内、どの時間帯が釣れ易いかですが、ハゼは潮に乗って浅瀬に来る習性がありますので、上げ潮の時を目指して釣りをされると絶好のタイミングになります。 道具 ハゼは小ぶりですし、それほど大掛かりな道具は要りません。 ただ、江戸川放水路付近での釣りのように、護岸や浅橋などの足場がしっかりした所で釣るのとボートを借りて釣るのでは、好みの差程度になりますが、多少変わってきますので、その点を含めて書かせて頂きます。 護岸や浅橋などで釣る場合 まずロッドとしては、3.5から4.5メートルの万能ののべ竿や渓流竿で十分です。 ラインは、ナイロン製の1号から2号の辺りでお好みの物を選ばれると良いです。 ハゼは遠投して釣るタイプではないので、遠投し易いPEラインは無理に使わなくても大丈夫です。 ハリスは道糸より細い0.8から1号辺りの物を。 道糸とハリスとの接続には小さいヨリモドシを使われる事をお勧めします。 ウキは小型で見え易い、棒ウキか玉ウキが扱い易いのでお勧めです。 オモリはガン玉や割りビシが適しています。 この時に気を付けたいのは、ウキの浮力に合わせ出来る限り少ないオモリで調節することを心がけると良いでしょう。 釣り針は4号から6号辺りで、釣ろうとされる獲物の大きさで変えていかれる事をお勧めします。 餌は、食いつきも良く手に入り易いゴカイがお勧めです。 頭部を切って針に刺し、あまり長いと餌だけを取られますので、針から1センチ前後が出る程度にして、後は切っておくと良いでしょう。 ボート釣りの場合 釣り道具以前に、ボートから転覆する可能性も考えライフジャケットは必須です。 江戸川放水路の付近では、ボートの貸し出しをしてくれる所でライフジャケットも貸し出してくれますので、かならずしも自前の物を用意する必要は無いのですが、念の為に事前にその辺りはお調べください。 それと足元が濡れて滑る事もありますので、濡れても良く滑り辛いサンダルや長靴を用意されると良いかもしれません。 江戸川放水路付近のボートを貸し出してくれる所では、釣り道具や餌も貸し出してくれる所もありますので、その気になれば手ぶらでもハゼ釣りを楽しめますが、確実ではありませんので、そういった点でも事前にご確認下さい。 使用するロッドとしては、ボートの上ですとあまり大ぶりな物よりも小ぶりな物の方が扱い易いので、1.5メートルから2メートル程度の小ぶりの竿が適しています。 それ以外のラインやハリス、ウキやオモリに餌に関しては、護岸や浅橋などで釣る場合と同じ物で十分です。 釣り方 まず、ハゼが居そうなポイントを目掛けて投げます。 狙い目のポイントとしては、満ち潮前後でしたら岸付近、江戸川放水路の付近では護岸や浅橋などの近くから狙える場所で、干潮時は少し深い場所に集まり易いので、ボートでそういった場所を目指すのが良いかもしれません。 基本的に餌が多く集まる所にハゼも集まりますので、そういった場所、護岸や浅橋などは狙い目です。 ただし、そういった場所ですと小ぶりな物が多いので大物は狙い辛いです。 大物は、少し深い場所に行かないと釣れ辛いので、江戸川放水路ですとボートに乗って居そうなポイントに行くのが向いています。 そうしてポイント目掛け投げ入れた後は、オモリが沈みきるのを待ち、餌も目指したポイントに留まるまで待ちましょう。 ハゼはそれほど速い速度で餌に食いつく魚ではありませんので、着水した途端に糸を引いたりしても食いつきが悪いです。 そのままアタリが来るまでしばらく待ちましょう。 アタリが来ない時の対処法 アタリが来ない場合は、ゆっくりとハゼの気を引くようにズル引きして誘うのも効果的です。 ただし根掛かりが多い場所ですと、障害物に引っかかってしまう事も多いので、水中で餌を跳ねさせるような動きをさせるのも良いです。 とはいえ驚かれて逃げられない程度の動きにしておいた方が無難です。 そうして誘いを掛けた後は、ハゼが寄って来る間を空けておく必要がありますので、繰り返し間を空けずに誘いを掛けるのはお勧めしません。 これら以外でアタリが来ない時の対処法としては、ハリスの長さやオモリを変えてみたり、餌も定期的に取り替えておきましょう。 そういった事をしてもどうしても釣れない時は、ハゼが周辺に居ない事が多いので、場所を変えた方が無難です。 アタリが来ても釣れない時は 釣りをしていると食いついたアタリが来たと思って慌てて引くと、餌だけ取られて釣れない事もよくあります。 こういう場合は、巧くアワセが出来ていないことが多いです。 アワセは、アタリが来た時に竿を立て針が引っ掛かり易くするやり方です。 慣れていないと難しいかもしれませんが、回数をこなすと自然と出来るようになりますので試される事をお勧めします。 そういったアワセを行っていても、ハゼが小さく、餌や針が大き過ぎる時は釣れ辛いので、そういう場合は針や餌を小さい物に付け替えた方が良く釣れます。 そういった物を抜きにして、単純にハゼが手強い場合があります。 夏の初めは生まれてからそれほど経っていないので、警戒心も薄いのですが、季節が深まれば深まるほど学習して警戒心が強くなっています。 江戸川放水路ですと、初夏の頃から釣り人に釣られ易いハゼはさっさと釣られ、秋から冬の初め辺りに生き残っているハゼは手強いものが多いので、釣るのが難しくなります。 ただ、そうして生き残っているハゼは大物が多いので、狙われてみるのも楽しいと思います。 以上で簡略ではありますが、ハゼ釣りのポイント江戸川放水路で釣果をあげるためのハゼ釣りのコツに関して書かせて頂きました。 少しでも、読んで頂いた皆さまのお役に立てれば幸いです。

次の

ハゼを釣りに・・・江戸川放水路へ行ってみる!

江戸川 放 水路 ハゼ 2019

夜2時に一度目が覚め、次に起きたのが4時半。 ぎょっ!って感じ。 一瞬、今日はやめようかと思ったけど、それは一瞬の気の迷いだった。 速攻準備して出発したのが4時50分。 江戸川での釣り、予定通りに出発できたことが一度もない。 さすがに5時をすぎると車も増えてくるけど、道を覚えたので道中は順調。 朝ご飯を食べ損なったので途中コンビニでパンを2つ、合計230円也。 現地到着は6時20分なので行きは1時間半、こんなものかな。 バイクを止めて荷物の取り出し中に猫様とご対面。 挨拶して一瞥いただいたけど、そそくさと巡回に出発してしまわれた。 多分ボート屋に居着いた猫だと思うけど、ボート屋感知せずなんだうろか。 釣り人のおこぼれとかバーベキュー客のおすそ分けで生きているのかな。 たくましく生きてください。 昨夜短めののべ竿に仕掛けを用意したけど、朝マズメの満潮に間に合わなかったのでそれは持参せず、今日はシーバスロッド1本での出撃になった。 そして、立ち込み釣り用のサンダルも用意して出かけた。 早めに引き上げる予定だったので立ち込みで釣果アップを望んだんだけれど。 いつもの朝の写真。 遅い到着時間だったので釣り人もやや多そうだけど、釣り場は十分たくさん。 おおよそいつもの場所に陣取った。 仕掛けを用意して第1投で竿を放置、まずは朝ご飯。 途中で買ったコンビニのパンでお腹を満たす。 釣りの途中に釣りをやめて食事を買いに行く可能性は極めて低いので、朝ご飯は重要だ。 水底で泳ぐハゼはやや小さいように感じた。 何投かしてようやく1尾、ミニサイズのハゼが釣れてくれた。 シーズン中のボウズはありえないけれど、最初の1尾はやはり嬉しい。 しかし後が続かず、意気消沈。 目の前のデキハゼと戯れる。 実は今日は塩イソメオンリー。 これだけでどれくらい釣れるのか試したかったのだ。 ボイルホタテの噂を聞いていたのでそれを買おうと思っていたけど、前日スーパーで見て意外と安くなかったので、今回はこれで通すことにした。 冷凍庫で眠っていたエビを少し持ってこようと思っていたけど、寝坊で気が回らなかった。 塩イソメでも釣れなくはなく、ちゃんとハリ掛かってくれる。 最初はハゼ天秤に1本バリ、途中から自作の2本針仕掛けにして、ダブルもあり。 結構楽しい。 塩イソメが有効に使えるということは、今後のエサの無駄を最小限に抑えられる可能性があるわけで、自分にとっては釣果よりも大きな成果だったかもしれない。 満潮が朝5時前でこれからどんどん潮が引いていくので持参したサンダルに変更、初めての立ち込み釣りをすることにした。 この時点、おおよ3時間弱でこの釣果、かなり不満が残る内容だ。 バケツの中には貝もあるがこれは今日の課題の一つ、干潮時に潮干狩りを考えていたので、釣ってる途中で拾ってみたサンプル、というところか。 釣りの最中、基本的にロッドから手元に伝わる感触で釣るので目が不要。 ということで釣りは手で、目は周囲の貝や他人の状況にむいている。 写真は釣れたハゼ、それと手で干潟をかき回してでてきた多分ホンビノス貝ってやつ。 ホンビノスというと全く馴染みなしだけど、潮干狩りとかでよく売ってるオオハマグリってのと同じらしい。 当然食える。 干潮時は釣りをやめて潮干狩りに移行するつもりだったので若干期待が持てた。 おおよそ目いっぱいの干潮はこんな感じ。 干潟に乗っかっても足が沈むことはないので、立ち込みで釣らなくても波打ち際まで行って釣るだけでもOKだ。 但し立ち込みや貝採りの人も多くて釣り人の存在お構いなしに移動したり、マナーを知らない家族連れのために難儀した。 結局立ち込みで少し沖に出て釣らないとストレスがたまることになる。 マナー知らずな人たちに嫌気が差したので、しばし潮干狩り。 道具は何もなし。 ただ手を泥に入れて探るだけなのに結構採れる。 完全に潮が引いた場所ではアサリっぽいのが干潟の上に顔を出してた。 貝殻だけかなと思って触ると生きてるのが混ざっていたりする。 ホンビノスはアサリよりも深いところに潜っているようだ。 1時間弱ほど遊んで釣りを再開。 こちらは外道、というか、天秤に挟まってた。 ブルっと来て重くなったので大きいハゼかと思ってあげてみたけどアサリ、逃げ場所を間違えましたな。 この後完全遊動できる天秤をロストしてしまったので、それを機会に釣りを終了した。 潮干狩り後に釣果を少し伸ばすことができたけど最終的な釣果は不満、それも寝坊があったのでやむなしか。 道具を使わず1時間程度でこんなにたくさん貝が取れるとは思ってなかったので収穫としては上々だと思う。 そして塩イソメだけでこれだけの釣果を得たわけで、そういう意味でも成果は大きかったのではないかな。 自宅でパチリした51尾、2尾逃げちゃって1尾はいただきものなのでトータルの釣果は52尾。 そして砂抜き中の貝類。 ホンビノスとアサリだと思う。 帰りは混んでて2時間、釣果は不満だったけど1日遊んで満足だった。 但し、マナーの悪いファミリーとか老人とかには閉口。 狭い余地に割り込むし、子供は放置だし。 次回釣行時は、もう少し離れた場所でリベンジ、と思うくらいだった。 釣りしているときくらいは嫌なことを忘れたいし、ダメな人たちと同じ時間を共有したくない。 釣りの最中もそう思っていた。 それだけが残念だったな。 本当に楽しもうと思えば平日に行くしかないのかな。 カテゴリー• 171• 298• 220• 178• 156• 156•

次の