ぼうぎんくn。 SS投稿掲示板

徳島大正銀行:とくぎん「れいんぼ~Net」操作の手引き

ぼうぎんくn

SS投稿掲示板 SS投稿掲示板 No. 19初稿 本作は、銀河英雄伝説の世界をメインとするクロスオーバー作品です。 「ルドルフ大帝以来の武門の名門ロットヘルト伯爵家の嫡男に生まれた貴族の若さまトーマスくん」というオリキャラが主人公。 銀英伝の原作では、 上級貴族の子弟でありながら、みずから積極的にラインハルト陣営に組したのはイザーク・フォン・トゥルナイゼンただひとりでした。 本作では主人公兄弟も加え、「武門の名門の門閥の宗主」である主人公トーマス、トゥルナイゼン、主人公の弟シュテルンの3人が、それぞれ自分の一門を率いてラインハルトをかつぎ、原作の史実から歴史の歩みを分離させていきます。 「門閥貴族からの好意を受け入れるラインハルト」や、門閥貴族の一員である主人公たちが帝国貴族階級をダメだこりゃと判定していくプロセスなんかを説得力をもって描くことができるかどうかにこの作品の正否がかかっていると、作者としては考えています。 生あたたかく見守っていただけるとうれしいです。 また、ストーリーを語り進めることのほかに、原作の記述を膨らませる形で ・帝国貴族の人間関係や私設艦隊の組織、正規軍の組織機構に対する門閥貴族の支配や干渉 ・第2次ティアマト会戦の敗北が貴族階級にあたえたダメージ(帝国貴族の統治能力の喪失、 貴族の私設艦隊の武力の空洞化、正規軍に対する支配力の衰退など) ・正規軍の内部における平民出身者の台頭 などを描いていきたいとも思っています。 それではお楽しみください。 武門の名家ロットヘルト一門の宗家の嗣子(次期当主)。 イザーク・フェルナンド・フォン・トゥルナイゼン: 主人公の友人。 原作キャラ。 武門の名家トゥルナイゼン一門の宗家の当主 オリ設定。 シュテルン・フォン・ミュンヒハウゼン: 主人公の異母弟。 武門の名家ミュンヒハウゼン一門の宗家の嗣子。 エーリケ・フォン・ロットヘルト: 主人公の弟。 ロットヘルト一門の軍政・内政担当。 ヴィクトーリア: 主人公、エーリケの母。 ロットヘルト伯爵家の当主グレーフィン・フォン・ロットヘルト ロットヘルト伯爵夫人。 残念な人柄。 婿のカール(主人公・エーリケ・シュテルンの 父)の浮気に気づき、ロットヘルト家から追放。 カール・ヒエロニュムス: 主人公ら3兄弟の父。 浮気相手のフロイライン・ゼーゼマンの存在と彼女のシュテル ン妊娠が同時にばれてロットヘルト家を追い出され、実家のミュンヒハウゼン男爵家にも どる。 のちに兄二人が嗣子を残さず戦死したためミュンヒハウゼン男爵家の当主となり、 シュテルンが嗣子となった。 クラーラ 泥棒猫 : シュテルンの母、カールの現妻。 ミュンヒハウゼン男爵夫人。 旧姓ゼーゼマン。 エドゥアルト・ルドルフ: イザーク・フェルナンドの父。 トゥルナイゼン家の当主の座をイザークに譲って隠居、臣 下からは「ご先代さま」と呼ばれている。 アーデルハイト: イザーク・フェルナンドの妹。 トーマスの許嫁。 実母は早逝、ヴィクトーリアを実の母の ように慕っている。 大貴族、門閥大貴族とも。 本作の独自設定として、上流貴族が約4000家、そのうち宗家が250家、宗家に率 いられた末流の家々が3000家、宗家が断絶して「宗家-一門各家」という組織を 形成していない家々が約700家、という設定。 実例:ブラウンシュヴァイク家・リッテンハイム家・ミュッケンベルガー家・ノ ルデン家、トゥルナイゼン家、ロットヘルト家、ミュンヒハウゼン家など。 一門…祖先を同じくする宗家と分家からなる同族集団。 門閥とも。 ブラウンシュヴァイク一門におけるフレーゲル男爵家、シャイド男爵家。 宗家を欠いたカストロプ家とマリーンドルフ家など。 門閥…一門を参照。 門閥大貴族…一門の宗家の当主。 門閥貴族…特定の一門に所属する貴族の当主。 大貴族…宗家を参照。 原作知識・チート無し。 原 作 : 田中芳樹『銀河英雄伝説』 小説 、デイビット・ウェーバー「紅の勇者オナー・ハリントン」シリーズ、ジェイムズ・P・ホーガン『量子宇宙干渉機』 備 考 :「量子宇宙干渉機」の暴走により、「銀英伝世界のオリキャラ」に「オナー・ヴァースの登場人物」の意識が憑依。 本作の舞台は、この前作の並行世界で、ヴィクトーリアにオナーの降臨はなく素のまま、ヴィクトーリアの長男トーマス君に憑依が起きます。 帝国貴族の組織とかメンタリティとかは、前作『銀紅伝』のそれと共通ですが、前作をお読みになっていない方や原作知識の無い方など、予備知識の無い方でも楽しんでいただけるよう頑張ります。 この小説は「らいとすたっふルール2004」にしたがって作成されています。

次の

SS投稿掲示板

ぼうぎんくn

説明文 たたかうわざ• ・:からだを えきじょうに へんかさせて ぼうぎょを グーンとあげる• ・・・:さいぼうの へんかで えきじょうに なり じぶんの ぼうぎょを ぐーんと あげる。 ・・ 漢字 :細胞の 変化で 液状に なり 自分の 防御を ぐーんと あげる。 コンテストわざ• :アピールの ちょうしが あがる きんちょうも しにくくなる• :つぎの ターンで ひょうかが 2ばいに なる。 :ほかの ポケモンに おどろかされても がまんできる• におけるとける この節はに関連した書きかけです。 して下さる協力者を求めています。 におけるとける PP16。 自分のぼうぎょを2段階上げる。 アニメにおけるとける ポケモン エフェクト 使用者 初出話 備考 水に飛び込み姿を消す。 しばらくすると水から飛び出して攻撃する。 ミズキ わざの初出 ヒサメ 野生 水に飛び込み姿を消す。 野生 マンガにおけるとける ポケットモンスターSPECIALにおけるとける• では、の シャワーズ などが使用する。 第一世代ではこの技を使用すると、使用したポケモンのグラフィックが消滅する。 関連項目•

次の

とける

ぼうぎんくn

2019年11月16日(土)、岩手県eスポーツ協会が主催したゲームイベント「G019サミット」に、参加してきました。 (注)LANパーティーとは、元々はPCを持ち寄り(BYOC(Bring Your Own Computer:自分のマシンを持ってこよう))、Local Area Network LAN で接続して交流をするすることに由来する言葉。 日本では、PCよりもPS4やNintendo Switchなどの家庭用ゲーム機や、スマホゲームを持ち寄ることが多い。 会場は、岩手県八幡平市にある冬は東北を代表するスキー場としても有名な安比高原。 スキーシーズンには、フードコートとして、スキーヤーやボーダーで賑わう安比プラザで、朝11時から夜20時まで色々なゲーム(eスポーツ)の大会やら、さらに深夜2時までゲーマーが持ち寄ったゲーム機やパソコンなどで、遊び尽くすことができるというイベント。 僕は、愛車のekワゴン(軽自動車)のトランクと後部座席と倒して、PS4を2台とゲーミングイベントPC1台、モニター2台を積み込んで気仙沼から3時間かけて、朝9時に安比高原に到着。 安比プラザに来るのは、10年ほど前にスノーボードをしに来たい以来で、まさかスノーボードじゃなくて、ゲーム機材を持ち込んで、ここに来ることになるとは思いもしませんでしたね。 当日は「ぷよぷよeスポーツ大会」と、数日前に打診があった「フォートナイト」の大会運営を担当、さらに『オーバーウォッチ』&『リーグ・オブ・レジェンド』ブースに、持ち込んだゲーミングPCもを設置するなど、ずっと会場内をアタフタと右往左往してました。 12時からスタートした「ぷよぷよeスポーツ大会」には、岩手の国体代表をはじめ、青森、宮城、福島の精鋭が12名が集まってくれまして、和気あいあいながらも、レベルの高い競技をみせてくれました。 メインステージで開催された『ぷよぷよeスポーツ大会』の決勝。 地元・岩手のたぬき選手と宮城から参戦のぼうぎん選手の対決。 決勝に進めなかった、国体ぷよぷよeスポーツ岩手代表の日和さんと、国体の福島予選でも実況した福島県の中学生ぷよらー・ライサムさんが実況&解説するという豪華布陣で、場内を大いに盛り上げて頂きました。 こちらは急遽の担当することになり、参加者にもご迷惑をおかけしてしまいました。 今回は、カスタムマッチでの開催ができず、同時刻にそれぞれのプレイヤーがソロでマッチに入ってもらい、その順位と倒した数によって、会場内のランキングを決定するという、すこし荒技なレギュレーションでの大会となってしまいました。 ほとんどの参加者がNintendoSwitchを持ちこんだ子供たちでしたが、中にはデスクトップPCを持ち込んできた親子もあり、ビクロイを取るプレイヤーが現れるなど子供たちの『フォートナイト熱』の高さに大変驚きました。 僕は、『ぷよぷよeスポーツ』と『フォートナイト』の運営で、右往左往していてそれどころではなかったのですが、会場内では、本家の皆様と、ゲストのENLIFE代表のMaraさんも来場しお馴染みの射的コーナーや、ステージ上でMaraさんの牡蠣や、ゲーミングたわし!など豪華賞品が用意されたビンゴ大会などで大盛り上がり。 さらに『Call of Duty(COD)』のプロゲーミングチームRush Gaming のGP 〈グッピー〉選手とLuke選手のオンライン交流戦など、イベントが目白押しでした。

次の