ノベル クリスタル テクノロジー。 次世代パワーデバイス材料、酸化ガリウムエピウエハを開発(株)ノベルクリスタルテクノロジーが製造・販売を開始 |タムラ製作所

グリーンICTデバイス先端開発センター

ノベル クリスタル テクノロジー

電子情報技術産業協会(JEITA)は2020年3月24日、「第5回JEITAベンチャー賞」の受賞企業8社を発表した。 同賞はIT/エレクトロニクス技術分野の総合的な発展や経済発展に貢献が見込まれるベンチャー企業を表彰する。 2016年1月の創設以来、毎年開催されており、これまでに計24社のベンチャー企業が受賞した。 受賞企業には、AI(人工知能)技術開発のPreferred Networks(第1回受賞)やロボットの制御技術開発のMUJIN(第2回受賞)などがある。 審査対象となるのはIT/エレクトロニクス産業発展への貢献が期待される、創業後15年以内のベンチャー企業だ。 ベンチャー企業を「成長性」「波及性」「社会性」の3つの観点から総合的に評価して受賞企業を選考する。 受賞企業はJEITA新規入会時に2年間回避を免除する「ベンチャー優遇特例制度」の適用や、JEITA会員企業との交流会の設定、CEATEC2020で国内外のスタートアップ企業などを展示する企画エリア「CoCreation Park」出展への優遇措置といった特典が受けられる。 第5回の受賞企業は以下の通りだ。 アラヤ アラヤはAI技術の1つであるディープラーニング(深層学習)を活用した画像認識技術を開発する企業で、主に製造業や情報通信業、農林水産業向けに事業展開を行っている。 腸内フローラを解析するサイキンソー[出典:JEITA] 個人差の大きい生物データに対して、AIなどの情報技術を活用することで解析コストの低減やスピードの改善を図り、正確性の高い健康管理プラットフォームを開発することを目指している。 社会全体の高齢化が進む中で、こうした健康管理プラットフォームの開発、確立は大きな意義を持つとして評価された。 ダイナミックマップ基盤 ダイナミックマップ基盤は高度な測位技術によって誤差数cm程度の精度を実現した高精度3次元地図データの生成/統合化技術を開発した企業だ。 安全性が高い自動車の自動走行支援システムの実現に向けて、全国の高速道路や自動車専用道路の自動走行用地図の作製事業を推進している。 酸化ガリウムの結晶製造技術をもつノベルクリスタルテクノロジー[出典:JEITA] 同社の技術を活用すれば、高耐圧、低損失、高周波駆動、高温動作といった高性能なパワーデバイスが開発可能になる酸化ガリウム基板を効率的に製造でき、それによりデバイスの低コスト化も実現できる。 耐過酷環境デバイスや高感度イメージセンサー、シンチレータといった幅広い機器への応用が期待できる点が評価された。 PicoCELA PicoCELAは独自の無線多段中継技術「PicoCELA Backhaul Engine」を開発し、工場内や建設現場、商業設備、イベント会場における無線通信環境の提供事業を展開している企業である。 ケーブル配線工事を不要化することで、手軽に無線環境を構築できる。 ICTインフラ向けソリューションを展開するボスコ・テクノロジーズ[出典:JEITA] 同社の製品はメガバンクや大手通信事業会社、官公庁、自治体などで多数の採用実績がある。 Smart Gatewayを導入することで、大量のPC、サーバ、ネットワーク機器の運用と管理に関する手間とコストを削減できる点が評価された。 リモハブ リモハブはIoT(モノのインターネット)技術を活用して、在宅での適切な心臓リハビリを実現する遠隔医療システム「リモハブシステム」を開発する企業だ。 クラウドを介して患者が自宅から心電波形などの生態データを医療機関に送信することで、医療機関にいる医療従事者はデータに基づいた指導、管理を実施できる。 関連記事• 電子情報技術産業協会(JEITA)は第3回 JEITAベンチャー賞の表彰式を開催。 成長性・先導性、波及性、社会性の視点から、電子情報技術産業における総合的な発展と併せ、経済発展にも貢献し得るベンチャー企業を審査および選考した上、表彰する。 今回は8社のベンチャー企業が受賞した。 発明協会は優れた発明、意匠を顕彰する「令和元年度全国発明表彰」受賞者を発表した。 恩賜発明賞は日立製作所が発明した「英国の社会インフラとなった高速鉄道車両システムの意匠」が受賞した。 クラリベイト アナリティクスは革新性の高い企業を選出する「Derwent Top 100 グローバル・イノベーター 2020」を発表した。 国別受賞数で日本は2位に後退した。 新エネルギー・産業技術総合開発機構とアラヤは、AIの深層学習用ニューラルネットワークモデル向けに自動で圧縮・実装できるツールを開発した。 AIモデルサイズを最大で約30分の1に削減し、エッジデバイス上でリアルタイムなAI処理が可能になる。 AIメディカルサービスは、AIを用いた胃がん内視鏡画像読影支援システムの開発を始める。 AIにより病変部位を自動判定し、遠隔診断に利用可能なクラウド型プラットフォームとしてシステムを開発する。 ダイナミックマップ基盤は2019年2月13日、北米で高精度地図を手掛けるUshrを買収すると発表した。 これまで高精度地図は地域ごとに作製が進められてきたが、買収によって自動運転など向けの高精度地図の仕様や更新手法を日米で共通化し、高精度地図の普及につなげる。 関連リンク•

次の

SiCを上回るポテンシャル? 次世代半導体材料「酸化ガリウム」に熱視線 デンソーなど大手企業が相次いで出資

ノベル クリスタル テクノロジー

酸化ガリウムウェハー パワー半導体は、サーバー・家電製品・電車・生産設備などさまざまな電気機器に組み込まれ、電圧や電流の制御を行ない電力の消費を抑える電子部品である。 電気自動車や再生可能エネルギーの更なる普及にともない、その需要は2030年には現在の約2倍に増大することが見込まれている。 パワー半導体の市場規模は急速に拡大し、2025年に3兆8千億円規模、2030年に4兆7千億円規模に増大する見込みだ。 またパワー半導体の要求性能は日々向上しており、現在パワー半導体材料として使用されているシリコン材料より、高電圧で使用でき、大電流でも電力損失の少ない材料が求められている。 酸化ガリウムは、次世代パワー半導体材料として開発が進んでいるSiC 炭化ケイ素 やGaN 窒化ガリウム と比較し、その材料の特性上、さらに高電圧・大電流で使用できる可能性があり、高い量産性が見込まれる新規材料だ。 次世代パワー半導体の材料として注目されており、2030年には200億円規模の市場が見込まれている。 AGC旭硝子は酸化ガリウムウェハーの将来性に注目し、本材料を開発・製造するノベルクリスタルテクノロジー社に出資することを決定した。 AGC旭硝子が半導体関連部材事業で培った材料・加工・量産技術を応用し、ノベルクリスタルテクノロジー社と共同開発を実施することで、酸化ガリウムウェハーおよび次世代パワー半導体の実用化を加速していく。 ノベルクリスタルテクノロジーは2015年に創業した、株式会社タムラ製作所からのカーブアウトベンチャーであり、国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)の技術移転ベンチャーとしての認定会社だ。 パワー半導体材料である、酸化ガリウム単結晶基板とエピタキシャル膜の製造・開発を手掛けている。 2017年11月には、タムラ製作所との共同で、世界初の酸化ガリウムエピタキシャル膜を用いたトレンチMOS型パワートランジスタの開発に成功するなど、世界に先駆けて酸化ガリウムを用いたパワー半導体の実用化に向けた取り組みを進めている。

次の

<注目銘柄>=タムラ製、酸化ガリウム製トランジスタに注目

ノベル クリスタル テクノロジー

電子情報技術産業協会(JEITA)は2020年3月24日、「第5回JEITAベンチャー賞」の受賞企業8社を発表した。 同賞はIT/エレクトロニクス技術分野の総合的な発展や経済発展に貢献が見込まれるベンチャー企業を表彰する。 2016年1月の創設以来、毎年開催されており、これまでに計24社のベンチャー企業が受賞した。 受賞企業には、AI(人工知能)技術開発のPreferred Networks(第1回受賞)やロボットの制御技術開発のMUJIN(第2回受賞)などがある。 審査対象となるのはIT/エレクトロニクス産業発展への貢献が期待される、創業後15年以内のベンチャー企業だ。 ベンチャー企業を「成長性」「波及性」「社会性」の3つの観点から総合的に評価して受賞企業を選考する。 受賞企業はJEITA新規入会時に2年間回避を免除する「ベンチャー優遇特例制度」の適用や、JEITA会員企業との交流会の設定、CEATEC2020で国内外のスタートアップ企業などを展示する企画エリア「CoCreation Park」出展への優遇措置といった特典が受けられる。 第5回の受賞企業は以下の通りだ。 アラヤ アラヤはAI技術の1つであるディープラーニング(深層学習)を活用した画像認識技術を開発する企業で、主に製造業や情報通信業、農林水産業向けに事業展開を行っている。 腸内フローラを解析するサイキンソー[出典:JEITA] 個人差の大きい生物データに対して、AIなどの情報技術を活用することで解析コストの低減やスピードの改善を図り、正確性の高い健康管理プラットフォームを開発することを目指している。 社会全体の高齢化が進む中で、こうした健康管理プラットフォームの開発、確立は大きな意義を持つとして評価された。 ダイナミックマップ基盤 ダイナミックマップ基盤は高度な測位技術によって誤差数cm程度の精度を実現した高精度3次元地図データの生成/統合化技術を開発した企業だ。 安全性が高い自動車の自動走行支援システムの実現に向けて、全国の高速道路や自動車専用道路の自動走行用地図の作製事業を推進している。 酸化ガリウムの結晶製造技術をもつノベルクリスタルテクノロジー[出典:JEITA] 同社の技術を活用すれば、高耐圧、低損失、高周波駆動、高温動作といった高性能なパワーデバイスが開発可能になる酸化ガリウム基板を効率的に製造でき、それによりデバイスの低コスト化も実現できる。 耐過酷環境デバイスや高感度イメージセンサー、シンチレータといった幅広い機器への応用が期待できる点が評価された。 PicoCELA PicoCELAは独自の無線多段中継技術「PicoCELA Backhaul Engine」を開発し、工場内や建設現場、商業設備、イベント会場における無線通信環境の提供事業を展開している企業である。 ケーブル配線工事を不要化することで、手軽に無線環境を構築できる。 ICTインフラ向けソリューションを展開するボスコ・テクノロジーズ[出典:JEITA] 同社の製品はメガバンクや大手通信事業会社、官公庁、自治体などで多数の採用実績がある。 Smart Gatewayを導入することで、大量のPC、サーバ、ネットワーク機器の運用と管理に関する手間とコストを削減できる点が評価された。 リモハブ リモハブはIoT(モノのインターネット)技術を活用して、在宅での適切な心臓リハビリを実現する遠隔医療システム「リモハブシステム」を開発する企業だ。 クラウドを介して患者が自宅から心電波形などの生態データを医療機関に送信することで、医療機関にいる医療従事者はデータに基づいた指導、管理を実施できる。 関連記事• 電子情報技術産業協会(JEITA)は第3回 JEITAベンチャー賞の表彰式を開催。 成長性・先導性、波及性、社会性の視点から、電子情報技術産業における総合的な発展と併せ、経済発展にも貢献し得るベンチャー企業を審査および選考した上、表彰する。 今回は8社のベンチャー企業が受賞した。 発明協会は優れた発明、意匠を顕彰する「令和元年度全国発明表彰」受賞者を発表した。 恩賜発明賞は日立製作所が発明した「英国の社会インフラとなった高速鉄道車両システムの意匠」が受賞した。 クラリベイト アナリティクスは革新性の高い企業を選出する「Derwent Top 100 グローバル・イノベーター 2020」を発表した。 国別受賞数で日本は2位に後退した。 新エネルギー・産業技術総合開発機構とアラヤは、AIの深層学習用ニューラルネットワークモデル向けに自動で圧縮・実装できるツールを開発した。 AIモデルサイズを最大で約30分の1に削減し、エッジデバイス上でリアルタイムなAI処理が可能になる。 AIメディカルサービスは、AIを用いた胃がん内視鏡画像読影支援システムの開発を始める。 AIにより病変部位を自動判定し、遠隔診断に利用可能なクラウド型プラットフォームとしてシステムを開発する。 ダイナミックマップ基盤は2019年2月13日、北米で高精度地図を手掛けるUshrを買収すると発表した。 これまで高精度地図は地域ごとに作製が進められてきたが、買収によって自動運転など向けの高精度地図の仕様や更新手法を日米で共通化し、高精度地図の普及につなげる。 関連リンク•

次の