ビットコイン 将来 予想。 世界はどう見る「仮想通貨・ビットコインの将来性」 米Paxful世論調査

コロナショックでビットコインが大暴落した理由と今後の値動き、買い時を考察

ビットコイン 将来 予想

この記事の目次• ビットコインは安全資産として影響力が高まってきている。 ベネズエラの法定通貨ボリビア(VES)に対する信用不安から、ビットコイニストによると、2日までの1週間にほぼ171億ボリビア(1972BTC)が換金された。 グアイド氏は、ペトロ懐疑論者でビットコイン支持派として知られ、同氏の台頭による ビットコインを使ったベネズエラ経済の立て直しに期待する声が出ている。 実際に 金融危機が発生したボリビアやアルゼンチンでは価格が暴落する法定通貨を手放し国民がビットコインを買う動きが出てきます。 このようにビットコインは 『安全資産』としての影響力が実際に世界で高まっている現状があります。 安全資産として有名なのが現在のところ日本円と金です。 信用は通貨の価値と大きく関係しています。 近年経済危機として世界中に波及した 『リーマンショック』でが、多くの貨幣が売られ、国に対する信用も大きく揺らいだ時期でした。 ビットコインが安全資産としての強みとは ・どの国にも 管理されていない、世界的な通貨であること。 ・ 個人で仮想通貨を保管できるということ。 (秘密鍵があれば、ネットが繋がるところであればどこでも資産を復元可能) ・実際に 金融危機が発生した国では安全資産としたの価値の影響力を発揮しており、ビットコインATMが普及していくなどの現状がある。 といことがあります。 現在皆さんもご存知のように日本とアメリカは多くの借金を抱えています。 日本の借金は1000兆円と言われ、毎年増える負債の償還のため、税金や物がどんどん値上がりして行っているのです。 みなさんの給料は同じように右肩あがりでしょうか? そしてそのツケは将来にわたってどんどん蓄えられているのです。 今後の将来を見据えて、通貨は分散させることが非常に重要なってきます。 動かない安全資産としての金のようなもので、世界が不況に陥った場合に代わりになるものです。 日本の国で考えると• 少子高齢化で働く世代の負担が増える。 賃金が増えず、人世代前の人よりも生涯賃金が減る。 物価(モノの値段)が昔と比べ上がっている。 退職金が減るため、自分で資産運用をするように国から制度が出たりしている。 (iDeCoやNISA)など などの問題があり、 長期的に日本円について価値が減る可能性が大きくなっています。 オーストラリアでどうしても欲しかった本。 ホリエモン さんの「これから稼ごう」。 やっとや。 帰国してよかったー。 爆読み開始。 政府が発行する法定通貨・・国の信用で取引されている。 仮想通貨・・・取引する人の信用で価値がついている。 ということが言われています。 もちろん先のことは誰にもわかりません。 ですが現状を認識して私たちがするべきことは、 将来に向けて何かを考えるということが重要なのです。 ビットコインETFでは、ビットコインの価格に連動するETFで、上場が承認されると取引に大きな影響を与えると言われています。 This is expected from an ETF approval, but is happening with Bakkt instead. All these custody solutions are simultaneously launching for a reason…. — Anton Pagi AntonPagi 上の画像は、 金がETF上場となった場合に価格高騰したチャートになります。 チャートを見ると 金はETF上場後に前回の高値を超えていく価格上昇となっています。 ビットコインの最高価格はこれまで2017年12月の220万円ですが、 ETF承認となればそれ以上の価格(220万円)を上げていく可能性があると言われています。 このようにETFは審査が厳しいですが、上場されると信頼性が高まるのが特徴です。 ETFの詳しい内容については、「」の記事を参考にしてください。 大口投資家の参入として大手企業の取引所が作られている。 現在国内・海外を始め大手企業が仮想通貨が取引できる取引所を設立しており、 それが今後個人投資家・大口投資家の仮想通貨取引参入が増えてくると言われています。 国内の取引所(一部)は以下の通りです。 国内取引所 運営会社(親会社) ビットポイント 株会社リミックスポイント (等賞二部) GMOコイン GMOインターネット株式会社(東証一部) DMMビットコイン 合同会社DMM. com コインチェック マネックスグループ株式会社(東証一部) そして今後参入予定の国内取引所は• 楽天ウォレット(楽天)• メルカリ• LINE• オーケウェイブ となっています。 こちらの画像は、ビットコインの2013年4月〜2016年12月までのチャートになります。 ビットコインが盗まれたことで、以前大きな話題になったものが仮想通貨取引所である「 マウントゴックス」です。 これまでビットコインは紛れもない資産としての位置付けから、ハッカーに狙われてきました。 デジタル上の通貨は一度盗まれるとほとんど戻ってこないという特性から、ハッカーは現金を盗むより、ずっとビットコインを盗む方がリスクが少ないからです。 一般の方は「 ビットコインは盗まれるから危ない」という認識をお持ちのかたが多いですが、それは現金でも同じことなのです。 財布(現金)を外出先で、例えばカフェのテーブル置いたり、トイレに忘れたりすることは皆さんがいつも気をつけていると思いますが、 それは「盗まれる可能性があるから」ということなのです。 それって「ビットコインは盗まれるから危ない」と同じことではないかと思います。 現金を振り込ませる「振り込み詐欺」なども同じではないでしょうか?資産価値がある現金を盗むために行っているのです。 銀行強盗よりリスクは低いですよね。 つまり 「 盗まれる」=「 資産価値がある」 という考えが出てきます。 日本では仮想通貨は現在以前として「投資」としての見方が強く、それは日本の貨幣制度がある程度成熟しているという理由があります。 しかし、世界では自国の政府や紙幣が信じられない国や、極端なインフレーションで紙幣が紙くずのような価値になったりと、「紙幣」としての価値が無くなりつつあるところがあるのです。 そこで期待されているのが「ビットコインをはじめとした仮想通貨」ということになります。 以下世界各国の動きをまとめました。 中国が資本規制によりビットコインに注目 中国投資家が資本注入の方法としてビットコインを利用することが主流になっているとニュースになったが、既に中国当局によれば、規制が入っている段階だという。 中国は、何年もの間、ドル高・人民元安の体制を続けており、当局は価値の流出を阻止するよう行動してきた。 - 先週、コインテレグラフは、インド政府による金の輸入と、金への投資に対して厳しい規制をかける規制案について取り上げたが、12月1日、中国もまた、海外への国内の資本流出を防ぐため、金輸入規制を強化している。 過去数ヶ月にわたって、中国人民銀行と中国政府は、資本規制のために厳しい財務規制を執り行っており、理財商品 WMP 、外国投資、海外送金に対しての規制を強化している。 現在、中国政府が切り上げのために主に行っているのが金輸入の規制だ。 中国政府は、これを、銀行や他の大手金融機関等による、海外の販売元から金を輸入する際に必要な政府へのライセンス申請などを拒否するなどして実現している。 中国には、主に、ビットコイン・マイナーの人口が多いことから、巨大なビットコインの店頭市場が存在している。 仲介人や第三者を必要としない二者間によるビットコインの直接取引は規制を免除されているため、ビットコインは、中国においては、大部分の企業や投資家にとって、富を保護するための最適の方法として利用されている。 - インドでビットコインの取引者が急増 LocalBitcoinsによると、インド国内でのビットコイン利用者が増加してきているようだ。 Coin Danceで比較すると、LocalBitcoinsの週ごとのビットコインの取引ボリュームは、先週の1,630万ルピーと比べ、11月26日付で2,770万ルピー INR である。 今回の取引ボリューム増加の要因は幾つか存在する。 1番大きい要因は、最近のインド通貨の廃貨政策だ。 インドは、世界最大の送金受取国である一方、500ルピー札と1,000ルピー札は廃貨される形となった。 他の要因としては、噂されているインド政府による金の輸入禁止政策がある。 しかしながら、インドのような国の巨大な市場価値を踏まえると、現在の約40万8,000ドルに相当する取引ボリュームは未だ不相応だと考えられる一方で、関連した値を見てみると、ビットコインがゆるやかに活発化し始めていることがわかる。 - ビットコインがAmazonで取引可能に ビットコイン決済のゲートウェイ・サービスを提供するiPayYouが、ブラック・フライデーに触発された形で、Amazonにてビットコイン決済が可能なAmazon Directという統合ツールのリリースを発表している。 ーAmazonの商品1億点以上がビットコインで購入可能にー iPayYouは、2016年5月にリリースされると、瞬く間に幅広いレンジでサービスを拡大し、フィアット通貨を利用することなく利用できるサービスを大手販売店など様々な分野で提供している。 ニューヨーク、ウォール街の金融専門家が2020年までにビットコインの価格が55000ドル(600万円)に到達すると予想。 Ronnie Moas, the famous stock picker and strategist has also suggested substantial upside, even in the near term. 彼は最初のビットコインの価格上昇を発現した専門家ではないが、ルーニーは有名な株取引と分析専門家としてまたビットコインの上昇を強く予想しています。 ビットコインの買い方について ビットコインは、仮想通貨取引所で買うことができます。 ビットコインの買い方やおすすめの取引所については、「」を参考にしてください。 まずは少額でもビットコインに触れてみると、世界を感じることができる ビットコインを 少額でも持つことによって、具体的にその機能を知ることができます。

次の

ビットコイン 将来価値はどうなるか?予想

ビットコイン 将来 予想

この記事の目次• ビットコインは安全資産として影響力が高まってきている。 ベネズエラの法定通貨ボリビア(VES)に対する信用不安から、ビットコイニストによると、2日までの1週間にほぼ171億ボリビア(1972BTC)が換金された。 グアイド氏は、ペトロ懐疑論者でビットコイン支持派として知られ、同氏の台頭による ビットコインを使ったベネズエラ経済の立て直しに期待する声が出ている。 実際に 金融危機が発生したボリビアやアルゼンチンでは価格が暴落する法定通貨を手放し国民がビットコインを買う動きが出てきます。 このようにビットコインは 『安全資産』としての影響力が実際に世界で高まっている現状があります。 安全資産として有名なのが現在のところ日本円と金です。 信用は通貨の価値と大きく関係しています。 近年経済危機として世界中に波及した 『リーマンショック』でが、多くの貨幣が売られ、国に対する信用も大きく揺らいだ時期でした。 ビットコインが安全資産としての強みとは ・どの国にも 管理されていない、世界的な通貨であること。 ・ 個人で仮想通貨を保管できるということ。 (秘密鍵があれば、ネットが繋がるところであればどこでも資産を復元可能) ・実際に 金融危機が発生した国では安全資産としたの価値の影響力を発揮しており、ビットコインATMが普及していくなどの現状がある。 といことがあります。 現在皆さんもご存知のように日本とアメリカは多くの借金を抱えています。 日本の借金は1000兆円と言われ、毎年増える負債の償還のため、税金や物がどんどん値上がりして行っているのです。 みなさんの給料は同じように右肩あがりでしょうか? そしてそのツケは将来にわたってどんどん蓄えられているのです。 今後の将来を見据えて、通貨は分散させることが非常に重要なってきます。 動かない安全資産としての金のようなもので、世界が不況に陥った場合に代わりになるものです。 日本の国で考えると• 少子高齢化で働く世代の負担が増える。 賃金が増えず、人世代前の人よりも生涯賃金が減る。 物価(モノの値段)が昔と比べ上がっている。 退職金が減るため、自分で資産運用をするように国から制度が出たりしている。 (iDeCoやNISA)など などの問題があり、 長期的に日本円について価値が減る可能性が大きくなっています。 オーストラリアでどうしても欲しかった本。 ホリエモン さんの「これから稼ごう」。 やっとや。 帰国してよかったー。 爆読み開始。 政府が発行する法定通貨・・国の信用で取引されている。 仮想通貨・・・取引する人の信用で価値がついている。 ということが言われています。 もちろん先のことは誰にもわかりません。 ですが現状を認識して私たちがするべきことは、 将来に向けて何かを考えるということが重要なのです。 ビットコインETFでは、ビットコインの価格に連動するETFで、上場が承認されると取引に大きな影響を与えると言われています。 This is expected from an ETF approval, but is happening with Bakkt instead. All these custody solutions are simultaneously launching for a reason…. — Anton Pagi AntonPagi 上の画像は、 金がETF上場となった場合に価格高騰したチャートになります。 チャートを見ると 金はETF上場後に前回の高値を超えていく価格上昇となっています。 ビットコインの最高価格はこれまで2017年12月の220万円ですが、 ETF承認となればそれ以上の価格(220万円)を上げていく可能性があると言われています。 このようにETFは審査が厳しいですが、上場されると信頼性が高まるのが特徴です。 ETFの詳しい内容については、「」の記事を参考にしてください。 大口投資家の参入として大手企業の取引所が作られている。 現在国内・海外を始め大手企業が仮想通貨が取引できる取引所を設立しており、 それが今後個人投資家・大口投資家の仮想通貨取引参入が増えてくると言われています。 国内の取引所(一部)は以下の通りです。 国内取引所 運営会社(親会社) ビットポイント 株会社リミックスポイント (等賞二部) GMOコイン GMOインターネット株式会社(東証一部) DMMビットコイン 合同会社DMM. com コインチェック マネックスグループ株式会社(東証一部) そして今後参入予定の国内取引所は• 楽天ウォレット(楽天)• メルカリ• LINE• オーケウェイブ となっています。 こちらの画像は、ビットコインの2013年4月〜2016年12月までのチャートになります。 ビットコインが盗まれたことで、以前大きな話題になったものが仮想通貨取引所である「 マウントゴックス」です。 これまでビットコインは紛れもない資産としての位置付けから、ハッカーに狙われてきました。 デジタル上の通貨は一度盗まれるとほとんど戻ってこないという特性から、ハッカーは現金を盗むより、ずっとビットコインを盗む方がリスクが少ないからです。 一般の方は「 ビットコインは盗まれるから危ない」という認識をお持ちのかたが多いですが、それは現金でも同じことなのです。 財布(現金)を外出先で、例えばカフェのテーブル置いたり、トイレに忘れたりすることは皆さんがいつも気をつけていると思いますが、 それは「盗まれる可能性があるから」ということなのです。 それって「ビットコインは盗まれるから危ない」と同じことではないかと思います。 現金を振り込ませる「振り込み詐欺」なども同じではないでしょうか?資産価値がある現金を盗むために行っているのです。 銀行強盗よりリスクは低いですよね。 つまり 「 盗まれる」=「 資産価値がある」 という考えが出てきます。 日本では仮想通貨は現在以前として「投資」としての見方が強く、それは日本の貨幣制度がある程度成熟しているという理由があります。 しかし、世界では自国の政府や紙幣が信じられない国や、極端なインフレーションで紙幣が紙くずのような価値になったりと、「紙幣」としての価値が無くなりつつあるところがあるのです。 そこで期待されているのが「ビットコインをはじめとした仮想通貨」ということになります。 以下世界各国の動きをまとめました。 中国が資本規制によりビットコインに注目 中国投資家が資本注入の方法としてビットコインを利用することが主流になっているとニュースになったが、既に中国当局によれば、規制が入っている段階だという。 中国は、何年もの間、ドル高・人民元安の体制を続けており、当局は価値の流出を阻止するよう行動してきた。 - 先週、コインテレグラフは、インド政府による金の輸入と、金への投資に対して厳しい規制をかける規制案について取り上げたが、12月1日、中国もまた、海外への国内の資本流出を防ぐため、金輸入規制を強化している。 過去数ヶ月にわたって、中国人民銀行と中国政府は、資本規制のために厳しい財務規制を執り行っており、理財商品 WMP 、外国投資、海外送金に対しての規制を強化している。 現在、中国政府が切り上げのために主に行っているのが金輸入の規制だ。 中国政府は、これを、銀行や他の大手金融機関等による、海外の販売元から金を輸入する際に必要な政府へのライセンス申請などを拒否するなどして実現している。 中国には、主に、ビットコイン・マイナーの人口が多いことから、巨大なビットコインの店頭市場が存在している。 仲介人や第三者を必要としない二者間によるビットコインの直接取引は規制を免除されているため、ビットコインは、中国においては、大部分の企業や投資家にとって、富を保護するための最適の方法として利用されている。 - インドでビットコインの取引者が急増 LocalBitcoinsによると、インド国内でのビットコイン利用者が増加してきているようだ。 Coin Danceで比較すると、LocalBitcoinsの週ごとのビットコインの取引ボリュームは、先週の1,630万ルピーと比べ、11月26日付で2,770万ルピー INR である。 今回の取引ボリューム増加の要因は幾つか存在する。 1番大きい要因は、最近のインド通貨の廃貨政策だ。 インドは、世界最大の送金受取国である一方、500ルピー札と1,000ルピー札は廃貨される形となった。 他の要因としては、噂されているインド政府による金の輸入禁止政策がある。 しかしながら、インドのような国の巨大な市場価値を踏まえると、現在の約40万8,000ドルに相当する取引ボリュームは未だ不相応だと考えられる一方で、関連した値を見てみると、ビットコインがゆるやかに活発化し始めていることがわかる。 - ビットコインがAmazonで取引可能に ビットコイン決済のゲートウェイ・サービスを提供するiPayYouが、ブラック・フライデーに触発された形で、Amazonにてビットコイン決済が可能なAmazon Directという統合ツールのリリースを発表している。 ーAmazonの商品1億点以上がビットコインで購入可能にー iPayYouは、2016年5月にリリースされると、瞬く間に幅広いレンジでサービスを拡大し、フィアット通貨を利用することなく利用できるサービスを大手販売店など様々な分野で提供している。 ニューヨーク、ウォール街の金融専門家が2020年までにビットコインの価格が55000ドル(600万円)に到達すると予想。 Ronnie Moas, the famous stock picker and strategist has also suggested substantial upside, even in the near term. 彼は最初のビットコインの価格上昇を発現した専門家ではないが、ルーニーは有名な株取引と分析専門家としてまたビットコインの上昇を強く予想しています。 ビットコインの買い方について ビットコインは、仮想通貨取引所で買うことができます。 ビットコインの買い方やおすすめの取引所については、「」を参考にしてください。 まずは少額でもビットコインに触れてみると、世界を感じることができる ビットコインを 少額でも持つことによって、具体的にその機能を知ることができます。

次の

ビットコイン(BTC)はどこまで上がる?|2020年にかけての今後の価格予想!

ビットコイン 将来 予想

仮想通貨のこれまでの動き まずは仮想通貨のこれまでの動きについておさらいしておきましょう。 これまでたどってきた流れを知っておくことで、今後どのようになっていくのかイメージや予想がしやすくなります。 世界初の仮想通貨ビットコインの誕生 世界初の仮想通貨ビットコインが誕生したのは2008年のことです。 日本人を思わせる名前のサトシナカモトと呼ばれる人物が論文を発表したという話は有名ですよね。 その後実際にビットコインのブロックチェーンが稼働し始めたのは2009年です。 それからしばらくの間は投資の対象ではなく、ごく一部のユーザーにしか知られていない存在でした。 ビットコインがはじめて実生活の決済で使われたのは2010年のことで、 アメリカ人が1万BTCでピザ2枚を購入したというエピソードがあります。 その後ビットコインの知名度は徐々に上昇していき、取引所で法定通貨と交換できるようになり、投資対象として認識されるようになりました。 日本での仮想通貨の動き 日本で仮想通貨が有名になり始めたのは2017年のことで、この年は仮想通貨元年と呼ばれています。 当時放送された出川哲朗さんのテレビCMでコインチェックの知名度が上がり、仮想通貨投資にチャレンジする人が急激に増えたのも要因のひとつです。 日本政府は仮想通貨に対して寛容な立場で、金融庁が仮想通貨取引業者を監督する安全な仕組みが作られています。 2019年の仮想通貨の動き 2019年にはフェイスブックの仮想通貨リブラが注目されましたが、問題点が指摘され、計画が一時的にストップしています。 そのほかに注目されているのは中国政府の対応です。 これまで中国政府は仮想通貨を厳しく規制しており、大手取引所は本拠地を中国以外の国に置いていました。 しかし、2019年に入り中国政府が仮想通貨に寛容になる気配がありますので、 今後は中国を中心として盛り上がっていく可能性があります。 将来性がある仮想通貨か分析するポイント 仮想通貨はビットコインだけでなくたくさんの種類のアルトコインがあります。 投資で成功するためには、 将来性のあるコインを価格が低いうちに見つけて、早めに持っておくのが有効な方法です。 将来性がある仮想通貨か分析するポイントとしては、以下のようなところに注目するとよいでしょう。 技術的に優れているか• 明確なビジョンを持っているか• パートナーや提携先に有名な企業があるか それぞれ具体的に説明していきます。 技術的に優れているか まずはその通貨が技術的に優れているかという点がポイントになります。 仮想通貨はブロックチェーンで作られるデジタルのお金ですが、決済用通貨なら送金スピードや同時に処理できる送金件数が重要です。 スマートコントラクト型の仮想通貨では、アプリケーションのプラットフォームとしていかに効率的であるかといったことや、実社会での応用範囲の広さがポイントになるでしょう。 ほかの仮想通貨より技術的に優れた特徴を持っていたり、その通貨でしか実現できないメリットがあれば、高い将来性が期待できます。 明確なビジョンを持っているか その仮想通貨が明確なビジョンのもとに開発されているかも重要です。 仮想通貨はブロックチェーンの仕組みを使ったプログラムなので、運営している組織があり、定期的にアップデートを行っています。 そうすることで新しい機能が追加されたり、デメリットが改善されていきます。 公式サイトでロードマップをチェックしたり、新しい仮想通貨ならホワイトペーパーを読んでみることで将来性のある仮想通貨なのか判断しやすくなります。 また、世の中から注目されている仮想通貨はアップデートの発表があると価格が上昇したり、逆に計画に遅延があったりすると価格が下がることもありあす。 興味のある仮想通貨のビジョンやロードマップを確認することは値動きを予想する上でも役に立ちます。 パートナーや提携先に有名な企業があるか もうひとつチェックしておきたいのが、 有名な企業がパートナーとして提携しているかどうかです。 グーグルが提携するリップルやマイクロソフトが提携するファクトムなど、時価総額上位のアルトコインには有名企業が関わっていることが多いです。 世界的に知名度の高い企業がパートナーになっていれば将来性のあるコインだと判断することができるでしょう。 有名で将来性的にも間違いのないコインを多く取り扱うなら、これから始める仮想通貨取引にオススメ! \定番の仮想通貨取引所!/ 仮想通貨の今後・見通し ビットコインや主要なアルトコインについて、これからどうなるのか、今後の予想や見通しを紹介します。 ビットコインの今後 ビットコインは知名度も時価総額もナンバーワンの仮想通貨です。 2019年11月のCoinMarketCapのデータを参考にすると、 ビットコインの時価総額は2位のイーサリアムの約8倍になっています。 時価総額ではイーサリアムとの差は圧倒的なので、今後も仮想通貨ナンバーワンの地位はそう簡単にはゆるがないでしょう。 そのため、 ビットコインは仮想通貨全体のイメージで価格の変動が起こりやすいということがあります。 仮想通貨に対してポジティブなニュースならビットコインが高騰しますし、その逆も起こります。 ビットコインのプログラム自体にはほとんどアップデートはありませんが、仮想通貨業界全体のニュースを見ながら価格を予想することが大切です。 決済用通貨というより、 アプリケーションのプラットフォームとして機能しているのが特徴です。 実際にイーサリアムのスマートコントラクトを利用したカードゲームがローンチされ、話題になっています。 今後は商用サービスのプラットフォームとして普及していく可能性があり、そうなると大幅な価格上昇も考えられます。 また、イーサリアムは近い将来にコンセンサスアルゴリズムの変更が予定されています。 マイニングの仕組みがビットコインと同じPoWだったものがPoSに移行する予定なので、アップデートがスムーズに進めばより魅力的な通貨となるでしょう。 リップルの今後 リップルはイーサリアムに続いて時価総額3位のアルトコインです。 銀行の国際送金の橋渡し通貨として開発されており、大手金融機関と実証実験が進められています。 リップルの技術が本格的に使われるようになると、これまで数日かかっていた銀行の国際送金がわずか数秒で完了すると言われています。 日本では三菱UFJ銀行が実験に参加しており、さらなる実証実験が行われる予定です。 今後リップルの実用化が順調に進んでいけば、価値が認められ価格が上昇する可能性があるでしょう。 特に有名な著名人の価格予想を2つ紹介します。 ウィンクルボス兄弟の価格予想 ビットコインの価格上昇を予想する著名人として有名なのが ウィンクルボス兄弟です。 ウィンクルボス兄弟は自身で大量のビットコインを所有しており、 一説にはビットコインの保有量が世界一とも言われています。 アメリカの証券取引所でビットコインETFを上場させようと活動しており、 「ビットコインの時価総額は7兆ドルを超える」と予想しています。 マカフィー創業者ジョン・マカフィー氏の価格予想 セキュリティ対策ソフト「マカフィー」の創業者ジョン・マカフィー氏は積極的に仮想通貨に投資していることでも有名です。 マカフィー氏の予想はとても大胆で、 「将来ビットコインの価格は100万ドルになっているだろう」と発言したことがあります。 100万ドルと言えば日本円にすると約1億円に相当しますので、仮想通貨について非常に前向きに考えていることが分かります。 おすすめの仮想通貨取引所 今後の仮想通貨投資でおすすめの取引所はです。 コインチェックは過去にハッキング事件の被害に遭ったことがありますが、その後サービスを再開し、 現在はマネックスグループの取引所として生まれ変わっています。 大手証券会社のグループ会社になることで、セキュリティの安全性が高まっていますので、今後も安心して利用できる取引所です。 コインチェックのメリットは取り扱い仮想通貨の種類が国内最多で、いろいろな種類のアルトコインに投資できるところ。 ビットコインやイーサリアムなど定番コインだけでなく、現状はまだマイナーだけど今後が期待されるアルトコインも扱っています。 初心者でも使いやすい取引システムなので、これから仮想通貨投資にチャレンジする人にもおすすめできます。 仮想通貨の今後を予測しながらいろいろな仮想通貨を取引したいなら、コインチェックはぜひ登録しておきたい取引所です。 仮想通貨の今後・見通しまとめ 仮想通貨はビットコイン以外にもたくさんの種類のアルトコインがありますので、 通貨の種類ごとに今後の見通しを考えながら投資していくことが大切です。 将来性のある通貨の判断基準は、 技術的に優れいているもの、将来のビジョンが明確になっているもの、運営元が信頼できるものを選ぶようにしましょう。 仮想通貨を買うためのおすすめの取引所は、取り扱い通貨が国内最多で10種類のコインが買えるコインチェックです。 いろいろなコインの今後を予想しながら、上手に投資できるようにしていきましょう。 仮想通貨取引に不安を感じている方でも、業界最大手のなら操作もわかりやすく手軽に始める事ができます。 たったの5分しかかからない無料登録から始めてみませんか?.

次の