口臭治す簡単。 口臭の原因と対策!30日で口臭を治した4つの秘策を大公開!

胃からくる口臭の治し方!最も簡単で早く効く改善方法は?

口臭治す簡単

口臭の匂いの元とは 口の中で生息している嫌気性細菌が、唾液や血液、古くなった細胞や食べカスに含まれるタンパク質などを分解して、臭いの元となる気体を発生させます。 この匂いの元は硫化水素やメチルメルカプタン及びジメチルサルファイドと呼ばれる 発揮性硫黄化合物(VSC:Volatile Sulfur Compounds などで、これらが口臭を発生させてしまいます。 口臭のチェック方法 口から出るニンニクやアルコール・タバコの臭いはわかっても、人の嗅覚は自分の体臭や口臭は麻痺してしまうので 自分で判別できない人が多いです。 そこで、自分でチェックする方法をまとめてみましたので、参考にしてみてください。 口臭チェッカーを使う 製品によっても基準値の違いがあるのですが、レベルが0~5の口臭値が表示されているチェッカーだと健康な人でも普段からに0~3を行き来します。 ただし、常に3以上のようでしたら、口臭が周囲にも分かるレベルなので注意が必要です。 口臭外来で口臭を調べてもらう 口臭外来にかかると、口臭測定器によって口臭ガスの種類まで分かるので、口臭の原因が見つけやすくなります。 唾液の臭いを嗅ぐ セルフチェックする方法として、おすすめなのが 唾液の臭いを嗅ぐことです。 唾液が臭いときには、口臭がしていると判断ができるのですが、口の中のどこの部分の唾液が臭いのかによっては病的口臭の可能性もあります。 舌の上を指でなでて唾液が臭い場合は舌苔(ぜったい)ができていることが多いです。 扁桃腺を指でなでて唾液が臭い場合は、扁桃に膿栓(臭い玉)や粘液(膿汁)ができていることが多いです。 歯と歯ぐきの間を指で押さえて唾液が臭い場合は、歯肉になっていたり、歯周ポケットができて臭い液が溜まっているかもしれないので、歯科医師に相談した方が良いでしょう。 口臭の原因は2つに大別される 口臭はVSCを増やす原因によって、 「生理的口臭」と 「病的口臭」に大別されます。 以下に挙げる7項目をチェックしてみて、自分がどちらの口臭タイプなのかを参考にしてみてください。 口の中がパサパサしている• 仕事などでストレスを長く感じている• 舌の表面が白く、磨いたことがない• 歯や、歯の詰め物や入れ歯の表面を舌でさわるとザラザラしている• 歯茎が腫れたり、血が出たりすることがある• ぐらついている歯がある• 穴の開いた歯や詰め物が取れたままになっている歯がある 1、2、3のいずれかのみの項目が当てはまる人は、生理的口臭の可能性があります。 4~7を含んだ条件に当てはまる人は病的口臭の可能性があります。 生理的口臭の原因と改善方法 生理的口臭は、唾液の分泌量が少なくなることでVSCが増えていたり、ニンニクやアルコールなどの一過性のものもあります。 また、生理中や妊娠中、思春期などの口臭は自律神経の乱れが原因で、口の中が渇いて唾液分泌が低下して口臭ガスを発生させます。 唾液の分泌量が少ないと、細菌が繁殖して口の中が不潔になり、口臭が発生するのです。 特に生理的口臭タイプは、唾液の分泌量が足りなくなっていることが原因なので、唾液を出しづらくなっている人には、以下の予防法や改善方法で治る可能性があるので、ぜひ参考にしてください。 リラックスする 唾液は自律神経の働きによって緊張すると分泌が減り、リラックスすると唾液は出やすくなります。 緊張して口が渇く経験は誰でもあると思うのですが、深呼吸をしたり水を少し飲んで渇きを潤すと効果的です。 口の中へ刺激を与える 歯磨きやうがいは、頬や唇などの口腔粘膜を刺激して唾液分泌を促します。 また、ガムを噛むことも唾液腺の活動を活発にするので、唾液分泌に有効と言えるでしょう。 よく噛んで食事を摂る 普段から軟らかいものばかり食べていたりあまり噛まずに食事を摂っていると、口の周りの筋肉が衰えて唾液分泌が減少してしまうのです。 噛みごたえのある物を食べたり意識してよく噛んで食事をしていると、唾液が出やすくなります。 アルコールやニンニクなどの口臭改善 ニンニクやアルコールなどの口臭は一過性のものなので特に心配の必要はないので、マウスウォッシュやタブレットで口臭を抑えることが効果的といえます。 ただし、マウスウォッシュの中にはアルコール含有のタイプもあって、口臭の原因になる場合もあるので商品の成分表示をよく読んで使用した方が良いでしょう。 病的口臭の原因と改善方法 病的口臭の1番多い原因は、 虫歯や歯肉炎・歯周病などの歯科疾患です。 虫歯を治療して口臭が治らないときに多いケースは、歯間ブラシを使って臭いをチェックすると良いでしょう。 歯間ブラシを使ったときに生臭い臭いがしたら、歯周病の可能性があるので歯科に診てもらうことをおすすめします。 よくドブ臭がする場合は、 舌苔や膿汁・膿栓が原因となる場合があります。 舌苔・ぜったい 舌の表面は、ヒダヒダ状の乳頭や突起で覆われているのですが、 そこに食べカスや細胞の死骸などが溜まり細菌が繁殖して腐敗臭を発生させます。 舌が白くなっているのが鏡で見えるので、舌磨きは自分でできるのですが注意が必要です。 歯磨きのついでに歯ブラシで舌を傷つけてしまったり、ゴシゴシ舌ブラシを行してしまうと舌の糸状乳頭を傷つけてしまい、角質が取れて舌苔ができたり出血によって細菌が繁殖して悪循環になる場合もあります。 舌苔ができやすい人は、口呼吸をしていることが多く唾液の分泌が減少していることが多いので、 舌磨きは優しく行うことが大切です。 また、舌苔ができる原因として、抗うつ剤などの副作用や内臓疾患の可能性もあるので、内科での受診もおすすめします。 膿栓・のうせん 歯科疾患もなく、歯磨きや舌磨きをして舌苔がなくても口臭が治らない場合は、膿栓の可能性があります。 膿栓はよく「臭い玉」と呼ばれていて、喉に乳白色で米粒のようにできるのですが、 膿栓自体は臭わなくても潰すと凄い悪臭になって悪臭の原因になるのです。 呼吸によって口に入ってきた細菌やウイルスが喉で食い止められ、扁桃から免疫物質であるネバネバした粘液が菌やウイルスをやっつけます。 その粘液や菌が扁桃の穴に残って乾燥して固まったものが膿栓なのです。 膿栓は、風邪をひいた時など誰にでもできて食事の時に心配はいらないのですが、口呼吸で喉が乾燥したり鼻炎などで鼻汁が喉に落ちる人にはできやすいので、耳鼻科相談することも必要です。 膿汁 扁桃からでる粘液が膿栓に触れるために膿(うみ)が混じってできる茶黄色の粘液で、緊張して口や舌が乾くと臭い口臭ガスとなってしまいます。 膿栓や膿汁は、喉が渇いていると口臭の原因になるので、扁桃を殺菌する事で予防につながります。 うがいをこまめに行うことが効果的な改善方法といえるでしょう。 口臭を治す方法まとめ 今回ご紹介した口臭を治す方法について解説してきましたがいかがでしたでしょうか? 口臭を気にして生活をしていると、会話をする時に人とのコミュニケーションにも支障が出たりして、心の悩みの原因になってしまいます。 ストレスが溜まると、口臭がでる悪循環にもなってしまうので、こまめにうがいをしたり、医師に相談していつも素敵な息でいたいですね。

次の

口臭をセルフチェックする方法 | 口臭【ブラウンオーラルB】

口臭治す簡単

この記事の目次• 容易に口臭が治らないのは 容易に口臭が治らないのは、歯周病が関係しているからです。 成人の80%が歯周病になっているといわれているので、ほとんどの口臭は歯周病が関係していると考えてもいいかもしれません。 歯周病になると根治はむずかしいし、歯周ポケットができるため、丁寧に歯磨きしても口臭をしなくすることは難しくなります。 それだけではありません。 口内に口臭菌が増えると唾液が臭くなり、もできるので口臭がします。 口臭の6割が舌苔から発生している 引用: それでは、残り1割の口臭原因は何だと思いますか?それは…耳鼻科疾患、内科疾患、胃腸疾患、口腔がんなど歯科以外の疾患なのです。 関連記事 容易に治すことができる口臭 歯磨きを丁寧におこなうことで、予防できる口臭があります。 歯磨きで治る口臭 歯磨きをしても治らない口臭と治る口臭があります。 歯磨きによって口臭がしなくなるのは、磨き残しの歯垢を落とした時だけです。 歯垢(プラーク)とは、歯に付着した細菌や代謝物の塊のこと。 歯垢1mgの中には数百種類・数億個の細菌が存在すると言われており、虫歯や歯周病の原因となる細菌も潜んでいます。 また歯垢が歯石になると、口臭の大きな原因に。 引用: 勘違いしてほしくないのですが、虫歯や歯周病があり口臭がしている場合は、どれだけていねいに歯磨きをしても口臭は治りません。 歯磨きをした時だけ臭いが軽減するために、歯磨きで口臭が消えると思っている人が多いのです。 虫歯や歯周病が原因で口臭がしている場合には、まず歯科治療する、そして並行して歯磨きケアを徹底するのが賢い方法です。 歯周病原菌は、硫化水素より悪臭の強いメチルメルカプタンを大量に産生します。 ですから、歯周病は強烈な口臭があり、まわりの人から嫌がられます。 引用: 歯科治療で治る口臭というのは、虫歯や歯周病が原因です。 たとえ歯周病でも治療した時は口臭もなくなります。 その他にも、歯科で治る原因には、差し歯、銀歯、ブリッジ、義歯の不適合、カンジダの口臭があります。 二次カリエスになっている場合は、虫歯を治療し補綴物をやり替えることで口臭がしなくなります。 それでも口臭がする場合は、他に原因があると考えられます。 歯磨きしても治らない口臭 一人で悩んだ挙句、「私の口臭は、内臓の病気から来ているかもしれない。 」とか、臭い玉が見えていないのに、「臭い玉(膿栓)が口臭を発している。 」と思い込んでいる人までいます。 でも、実際は、喉からの口臭は少なく、口内のトラブル(虫歯、歯周病、舌苔)が9割以上を占めています。 それなのに、口臭が改善できないのはなぜでしょう? それだけではありません。 口臭で困ったときには、「虫歯が原因かもしれない」、「歯周病かもしれない」と心配になり、歯医者さんにかかって検査や治療を受けているはずです。 それなのに、口臭が治らないので、「なぜ?」と不安になっていると思います。 もちろん、歯周病になると口臭が強くなるかもしれませんが、口内環境が悪くなるため舌苔ができやすくなります。 舌苔ができると更に口臭が強くなりますし、喉にばい菌が感染するため、悪臭の元になる膿栓や膿汁ができる原因になります。 このように、口臭は、歯周病、虫歯、舌苔、膿栓、膿汁が互いに関連しているのですね。 だから、歯磨きだけで口臭を解決するのは無理があるのです。 詳しくは、次の動画「口臭がヒドイ!解決方法はこうする!」(7分50秒)をご覧になってください。 ドライマウスによる口臭 口臭になる最も大きな原因は、唾液が出ないことでドライマウス(口腔乾燥)になることです。 常に口の渇きを感じる状態が3ヵ月以上続くのがドライマウスです。 口臭や口の中のうずくような痛み、ただれ・ひび割れ、出血などの症状をともなうことがあります。 引用: 口腔が乾燥すると口臭菌が増え、口臭ガスが発生します。 どうして乾燥すると口臭菌が増えるかというと、唾液で菌を抑制できなくなるからです。 唾液中には酸素が含まれていますが、嫌気性細菌にとっては唾液が減ると好都合なわけです。 ですから、口腔が乾燥すると、歯周病、虫歯、舌苔(ぜったい)、膿栓・膿汁になる。 これらはすべて菌が原因でなるものです。 そして、すべて口臭の原因です。 そして、もう一つは、口呼吸による乾燥です。 口臭を治すためには、ドライマウスの原因を改善しないといけません。 免疫低下が原因 口臭はじつに厄介です。 というのは、口臭の原因にストレスや免疫低下が大きく関係しているケースです。 ドライマウスになると、唾液の成分は濃くなっても、口の中全体に行き渡らなくなるため、免疫機能や殺菌機能が落ちます。 その結果、かぜやインフルエンザなどの感染症や、口内炎、虫歯にもなりやすくなります。 口臭につながったり… 引用: ストレスが強くかかると、口臭が出るようになるのはそういう理由からです。 過度の不安、恐怖、緊張があると口が乾き舌苔(ぜったい)もできやすくなるのでご注意ください。 詳しくはこちら『』をご参考にしてください。 口臭があるとストレスになり、そのストレスが原因となって更に口臭が治らないというように悪循環になる人が多いのです。 長期にわたり口臭が治らないと困っている人の多くは、この悪循環になっているようです。 口臭を治すためには、「口臭が治らない悪循環」から脱することが大事です。 そのためには、自律神経の乱れを整えることが必要になります。 自律神経の乱れについては、『』をご参考にしてください。 口臭には原因があります。 口臭がおきる大きな原因は口内環境の悪化です。 ですから、ただしく口腔ケアを続け、口内環境が変われば口臭も徐々に良くなっていくはずです。 口臭を治すためには、過剰にストレスを抱えないよう、焦らずにじっくりと取り組まれることをおすすめします。 歯磨きで治らないのは 歯垢は丁寧なブラッシングで落とすことができますが、放置していると…自力で取り除くことが難しい硬い「歯石」へと変化します。 …歯石にくっついた歯垢はブラッシングでは取り除きにくく、更に細菌が繁殖するという悪循環に陥ってしまいます。 この細菌こそが口臭の原因です。 引用: 歯磨きを行っても口臭が治ることはありません。 歯磨きで口臭が治るのではなく、歯磨きを行うと口内が綺麗になるため、一時的に口臭が軽減すると考えたほうが正しいです。 だからと言って、歯磨きをしても意味がないというわけではありません。 歯磨きで口内の清潔を維持することは、口臭予防として重要なことです。 口臭外来でも治らない口臭原因 いくら歯をみがいても、歯医者に行っても治らない口臭の場合、口腔以外の、全身に由来する病的な口臭である疑いがありますが、実際この分類に属する患者さんはきわめてまれです。 引用: 口臭外来にかかれば、どんな口臭でも治ると思っている人がいますが、口臭外来というのは歯科ですので、歯科以外に原因がある場合は口臭を治すことはできません。 口臭外来にかかっても治らない口臭があります。 それは、次の5つのケースです。 舌苔が原因の口臭• が原因の口臭• 臭い痰やが原因の口臭• 耳鼻科や内科疾患が原因の口臭• 自臭症(心理的原因) 口臭外来の治療について詳しくは「」をご参考にしてください。 口臭が治らない人の共通点 ここまで読まれて、「それって私のことでは?」と思いませんでしたか?• 丁寧に歯磨きをしても治らない。 歯医者さんにかかっても治らない。 耳鼻咽喉科にかかっても治らない。 何年も口臭が治らず困っている。 このように口臭が治らないと困っている人たちには、共通していることがあります。 それは、• 舌が白くなっている。 喉からどぶ臭いにおいがする。 この二つが頑固な口臭を作っているのです。 だから、この二つを治さない限り口臭も改善できないのです。 頑固な口臭を治すには…• 白い舌をきれいにする。 喉からの悪臭を断つ。 今まで何をしても治らない口臭でも、舌をきれいにし、喉をきれいにすることができれば、ほとんどが改善できます。 詳しくは『』をご参考にしてください。 それでは、どのようにすれば、白い舌をきれいにできるでしょう?そして、喉からの悪臭を断つことができるのでしょう? 簡単には治らない口臭原因 以前、私が口臭で困ったときにやっていたのは、ドラッグストアで口臭予防のための歯磨き粉を次から次へと買い。 そして、「口臭サプリ」やガム、飴を常に口に入れていました。 そんなことをしても、何の効果もないのは分かっていたのですが、他にやることがないから仕方ありませんでした。 あなたもそうではないですか? まずサプリメントやうがい薬はいまだに選択肢としては有効な手段の一つであるので、 私は全否定はしていません。 だけれども、ある治療をした患者さんがサプリメントで劇的に治る患者さんもいれば、治らない人もいるわけで… 引用: ていねいに歯磨きをしても、臭いがしなくなるのはその時だけ。 昼食のあと歯磨きをしているのに、少し時間がたつと臭いが気になりました。 口臭が気になるのは、自分だけではなく周囲の人も私の口臭を感じていたようです。 話しをすると、決まって鼻を手でふさがれ。 さすがにこの時は嫌でした。 歯医者さんで歯周病を治療すると口臭が激減。 「これで、口臭ともさよならだ。 」そう思ったのも、つかの間。 次から次へと。。。 虫歯や歯周病に。 何度も歯茎が腫れて臭い!このときは歯根の先に膿の袋ができていました。 根尖性歯周炎という病気で長い間かかり治療しました。 根尖性歯周炎がやっと完治したと思ったら、今度は銀歯を被せている部分の歯ぐきが臭う。 臭い部分を歯間ブラシでこすり嗅ぐと酷い悪臭が。 気になったので、歯医者さんでレントゲンを取り診てもらったら、治療した根管に再度ばい菌が増えていました。 この後、長い日にちを掛けて根管治療をし、新しい銀歯を被せやっと臭いは消えたのです。 ところが、私の口臭はこれで終わったわけではありませんでした。 舌苔が原因 口臭が気になった時、私も歯医者さんで「口臭が気になるのですが。。。 」とお聞きしたことがあります。 その質問にかえってきたのは、「それほど、気になりませんよ。 大丈夫です。 気になるようでしたら、後で、歯科衛生士からブラッシング指導をさせていただきます。 」 歯医者さんに相談すると、どこでもこんな感じの応対ではないでしょうか?歯医者さんは、虫歯の専門家であり口臭には関心がないかもしれません。 舌が白くなり困っていた私の友人が、歯医者さんで「舌が白いので白いものを取りたいのですが。 」と言うと、今度は舌ブラシを渡され「毎日これで磨いてください。 言われたとおりに舌磨きを行っても、舌の白いのはなくならない。 余計に舌は悪化してしまい真っ白に。 その結果、前よりも口臭が強くなり困っていました。 美息美人(びいきびじん)のお客さまの中には、歯医者さんに「喉のほうから臭いがする。 」と相談された方がおられます。 すると、、、、歯医者さんからは「 耳鼻咽喉科で診てもらってください。 このように歯医者さんでも、口臭は簡単には治せないのは事実です。 舌磨きで口臭は治らない 舌苔を取るために舌磨きを行っている人が多いです。 しかし、舌磨きで口臭は治らないだけではなく、舌磨きが逆効果になるかもしれません。 本田氏によれば、多くの人は口の中が気持ち悪いから、あるいは口臭が気になるから、舌の表面を歯ブラシ等でゴシゴシこすっているのだとか。 これでは舌苔どころか舌乳頭までゴッソリ取れてしまい、舌がヒリヒリしたり、味覚障害になったりする。 また、舌乳頭が失われれば、舌の上に唾液をためておけない。 だから、舌を磨けば磨くほどドライマウスが進行するのだという。 引用: 舌が白いといっても、大きく分けると2つの種類があります。 舌乳頭の角化により薄っすらと舌全体が白くなっている 2. 舌の中央部から奥のほうに白い苔ができている 舌の角化は、誰でも起きるものです。 疲労やストレスがたまったとき、又は、風邪をひいたりお腹をこわした時に、舌は白くなります。 これは、体の免疫力が低下することが影響してなる一時的なものです。 一時的に舌が白くなったときに舌磨きを行うと、舌が傷つき化膿する。 そして、慢性的に舌苔(ぜったい)ができるのでご注意ください。 舌苔ができると、よけいに舌磨きを行う人がいます。 さらに舌苔が厚くなるので最悪なパターンになるのでご注意ください。 舌苔ができると、ばい菌が増えるので口腔内が酸性に。 そして、口腔の衛生状態が悪くなりストレスがかかります。 気分も悪くなり、精神的なストレスも増えます。 その結果、唾液が出ない、唾液が粘つく。 舌が乾く! 舌磨きで舌苔が取れない場合は、『』をご参考にしてください。 膿栓が原因 膿栓を取ってもらうために耳鼻咽喉科に行っても、健康に害がなければ取ってもらえないかもしれません。 膿栓は誰にでもできるものだからです。 患者さんの中には、臭い玉(膿栓)がよく出るため、困って耳鼻咽喉科で診てもらったという方がおられます。 (膿栓を取る)処置は急性扁桃炎や慢性扁桃炎急性増悪時などの急性炎症を起こして扁桃が腫れているときや痛みがあるときには、かえって症状を悪化させることがありますから、無理をして行うものではありません。 引用: 臭い玉(膿栓)を見たことがない方のために、かんたんに説明すると、喉の奥の左右に扁桃腺があります。 その扁桃腺のところに、白い米粒状のものができる、これが臭い玉(のうせん)です。 お医者さんに「臭い玉を取ってください。 」とお願いしても、「(取ってもすぐにできるので。 )臭い玉は取る必要はありません。 」との対応をされたそうです。 たしかに、お医者さんの言うとおり、臭い玉(膿栓)は取っても何度でもできるので取る必要はありません。 でも、あれだけ悪臭を放つのですから身体にも悪影響を与えているかもしれません。 お医者さんの一方的な考えよりも、臭い玉で困っている患者さんの気持ちを優先してほしい。 患者さんは「臭い玉を取ってほしい。 」それだけです。 でも、現実は取ってもらえないことが多いので口臭は治らないのです。 治りにくい口臭の対策方法 何をしても治らない口臭は、あきらめるしかないのでしょうか?そんなことはありません。 毎日の努力によって、口臭を改善することができます。 口臭を予防する基本は、「舌を綺麗にする」「喉を清潔に保つ」「口内環境を綺麗にする」ことです。 舌をきれいにする 口臭が治らないと困っている人の舌は白い!舌全体が白くなっていたり、舌の上に厚い苔ができています。 健康な人であれば、たとえ舌が白くなったとしても、すぐにきれいな状態に戻ります。 ところが、 口臭で困っている人たちの舌は、いつも白い。 その理由は何だと思いますか? 一番の理由は、唾液が出ないから! ドライマウスの人は口臭が強くなりますが、これは唾液が減少しているため。 …(唾液の)もっとも重要な働きは、歯や粘膜の汚物を洗い流し、口腔内を清潔に保つということです。 唾液が十分にある状態で、口臭発生要因(中等度以上の歯周病や、炎症性疾患)がなければ、口臭は起こりにくくなります。 引用: 舌が白くなる理由は、いろいろありますが、頑固な口臭で困っている人の場合は、唾液が少ないのが一番の理由です。 唾液が減ると舌が乾きばい菌が増えます。 舌の苔はばい菌が作っています。 だから、舌苔(ぜったい)は悪臭を放つのですね。 唾液が出ないことが、舌苔(ぜったい)ができる最大の原因です。 唾液には免疫物質が含まれているため、殺菌作用があり口腔内の清潔を維持しています。 ですが、唾液が減ると虫歯や歯周病になるリスクも高くなります。 「虫歯や歯周病になったから口臭がする」のですが、その元々の原因は、唾液が少ないから。 同じように、舌苔(ぜったい)をなくすには、唾液が多量に出るようにしないといけないのです。 こちらの記事「」をご参考にしてください。 唾液が出なくなる理由として多いのは、極度の不安や緊張などストレスだといわれています。 自律神経が乱れると、ドライマウスになるのでご注意ください。 詳しくは『意外と知られていない「舌が白くなる」原因…自律神経の乱れ』をご参考にしてください。 喉の清潔を保つ 喉のほうから悪臭がしている場合は、ほとんどが膿栓(臭い玉)と膿汁(のうじゅう)が原因です。 唾液の分泌の減少、唾液の流れの停滞が起こると口の中はネバネバとしてきます。 さらに 舌の付け根付近に存在するリンパ組織からは、 粘液が分泌されるため、喉の奥はさらに ネバネバ と不快になっていきます。 引用: 喉にばい菌が増えると扁桃から免疫である膿汁(のうじゅう)が分泌されます。 膿栓(臭い玉)は、膿汁(のうじゅう)とばい菌の死がいなどが固まってできたものですので、 腐敗臭のような悪臭を放ちます。 喉から悪臭がしている場合は、膿栓(臭い玉)と膿汁(のうじゅう)が原因であることが一番多いのです。 (他にも癌や炎症による臭いのケースもある。 ) 膿栓(臭い玉)のよくできる人とできない人がいます。 膿栓がよく出来る人というのは、蓄膿症や鼻炎を患っていて鼻汁が喉に落ちる後鼻漏(こうびろう)になっていることが多く、また、喉に炎症が起きているケースも膿栓(臭い玉)ができやすくなります。 その他、私のように 口呼吸(いびき)をしていると、喉が乾燥するために膿汁(のうじゅう)や膿栓(臭い玉)ができやすくなります。 このような膿栓(臭い玉)対策は、その原因となる疾患を治すことが大事です。 唾液が少ないとか口呼吸(いびき)が原因の場合には、 喉にばい菌が増えないようにうがいを小まめに行い予防することが重要です。 もちろん、膿栓をできないようにするには、口呼吸を直すことが大事なことです。 詳しくは『』をご参考にしてください。 鼻炎などで鼻が詰まっていると、寝ている時に自然と口が開き口呼吸になります。 このケースが結構多いのですが、鼻呼吸に改善する方法があります。 それは、口にテープを貼る方法です。 口を閉じて縦にテープを貼り開かないようにして寝る。 それだけです。 しかし、人の習慣は中々変わりません。 個人差がありますが、鼻呼吸を習慣にするには、30日から90日間かかるそうですので、気長に続けることが大切です。 口に貼るテープは医療用テープや絆創膏を使用しても良いのですが、人によってはかぶれることもあるのでご注意ください。 肌に優しい素材のものを使わないといけません。 口内環境を改善する 口臭は細菌が増えることによって発生するため、口臭をしなくするには口内と喉を清潔に保つことが大切です。 口内環境を改善する方法をご紹介します。 ていねいに歯磨きする• うがいで口内と喉を洗浄する• 唾液を出す• 免疫力をつける 口呼吸の私が口臭を治せたのは、美息美人(びいきびじん)のアルカリイオン水で毎日うがいを行うようになったからです。 ですので、私と同じような症状であれば、美息美人(びいきびじん)はおすすめです。 ホタテ貝の養殖が盛んな青森では、年間五万トンの貝殻が放棄される。 その有効利用研究を進める中で、粉砕し高温で焼成、酸化させてできたセラミックスが化学物質軽減分解機能や除菌、消臭など驚異的なパワーを有することを証明した。 引用: まとめ 歯磨きしても治らなかった口臭の原因は、ドライマウスと免疫低下が大きいです。 ですから、口臭を治すためにはドライマウス対策と免疫を高めることが大事です。 そして、舌をきれいにする、喉と口内を清潔に保つことがポイントです。 そのためには、今回ご紹介した方法をお試しください。 【参照リンク・参考文献】 日本口臭学会誌 口臭への対応と口臭治療の指針2014.

次の

口臭は改善できる!口のニオイ撃退法|ヘルスケア情報|eo健康

口臭治す簡単

もくじ• 1.口臭は飲み物で消せる!? 口臭の原因について 口臭はもっとも気になるニオイのひとつですね。 そもそもの口臭の原因についても理解しておきましょう。 一般的には、 唾液の分泌量が少なくなってくると雑菌が繁殖して口臭が強まる傾向にあり、また、食べかすなど口の中の タンパク質が細菌の酵素によって分解され、ニオイ物質に変換されることが原因のひとつとされています。 そして、口臭には喫煙習慣や歯周病などの口腔内原因、内臓疾患によるもの、また個人の生活習慣も大きく関わっています。 飲んで口臭予防はできる 飲み物で口臭予防ができます。 また事前に飲んでおくことで口臭をなきものにすることも。 ここで改善できる口臭の種類については、 食事によって口臭がある場合と 唾液の分泌量が減ることによって起こる生理的口臭についてです。 歯の病気や内臓疾患など、病的なものが原因の口臭は、根本的な病気を治すことが先決なので専門医にご相談くださいね。 カテキンには口臭の原因のひとつ、舌苔(ぜったい)に生息する雑菌が作る悪臭物質を除去する力があります。 また、食後に緑茶でうがいをするだけでも口臭予防になります。 インフルエンザが流行っている時期などにも緑茶うがいは効果的です。 カテキンを豊富に含んでいるので、緑茶と同じく続けて飲めば口臭の除去が期待できます。 緑茶が良いと言われると、薄茶色のお茶はダメなのかと思われがちですが、番茶やほうじ茶は薄茶色です。 これらは煎茶を焙(ほう)じて作る緑茶の一種になります。 また、 焙じる過程でカフェインやタンニンが大幅にカットされることから、胃にも優しくお子様や妊婦さんにも安心して飲めるお茶の部類になります。 香り高いフレーバーティーとして緊張をほぐしたり、リラックス効果が得られ、夜お休み前に飲むと気持ちを和らげる効能があることは、女性の皆さまはよくご存知のお茶かと思います。 ジャスミン茶のすっきりとした味わい深い香りは「ベンデルアセテート」という香り成分です。 このベンデルアセテートは 副交感神経を活発にして自律神経を整え、女性ホルモンのバランスも整えてくれる女性の味方のようなお茶です。 ジャスミン茶にはリラックス効果だけでなく、口臭や体臭といったニオイに関しても効果を発揮してくれます。 ニンニクの効いた料理の後など、ジャスミン茶をサーブしてくれるおしゃれなレストランもありますね。 ジャスミン茶にもお茶類特有の 強い消臭効果や抗菌作用のあるカテキンが含まれ、ニオイを抑制してくれる働きがあり、口臭予防にも最適です。 脂質吸収抑制作用もあり脂っこい中国料理と相性が良いことでも知られています。 ポリフェノールの成分の一種である タンニンは抗酸化作用や抗菌作用があり、口臭にも効果があります。 紅茶も上記の優良茶と同じく、 ポリフェノールやタンニン、カテキンといったお茶特有の抗菌作用や口臭予防、その他たくさんの体に良い効果が期待される飲み物です。 特に紅茶ポリフェノールには、 強い抗酸化作用があり、紅茶でうがいすることにより、口臭の原因となる歯垢がつくことを防ぐことができます。 また紅茶にはフッ素も含まれているので、歯のエナメル質の強化にも期待が持てます。 その他のお茶と違って、紅茶にはお砂糖を入れる方もいるかと思います。 コンビニエンスストアなどで売られている市販のものには加糖の紅茶も多くみられますよね。 口臭を防ぐという観点では、お砂糖なしがおススメです。 よくレストランなどでは、紅茶を注文した際、「ミルク or レモン」と聞かれることもありますが、同じく抗菌作用のあるレモンがおススメです。 ここまでの上記 のお茶類にはすべて カフェインが含まれています。 カフェイン にはコーヒーなどと同じく依存性があり、利尿作用もあります。 利尿作用は、体の水分を奪うので、必然的に唾液の量も減ってしまうことで、 かえって口臭の原因にもなりかねません。 体に良いからといっても度を越した量を飲んだり、就寝前に飲むと眠れない方もいると思うので 加減をしながら飲んでくださいね。 また、ニオイの強い成分が含まれるニンニクやニラに含まれるアリシンや、アルコールなどのニオイ成分が胃に入って来た時に包み込んでくれるので、胃からニオイが上がってくることを抑えることができます。 お酢ドリンクなるものもよく見かけますね。 お酢大さじ1をコップ1杯の水に入れ、うがい薬的に使うことも口臭を防ぐために効果的です。 黒酢やリンゴ酢といったものを水でお好みの濃度で割って飲むのもおススメです。 一度に割るお酢の量は20ccほどに留め、大量のお酢を一度で飲みすぎないようにご注意ください。 ニオイは気になるけれど、たまに食べたい焼き肉のしめには冷麺を注文する方もいらっしゃるのでは?ぜひお酢をまわしかけて召し上がることをおススメします。 とくに、口に入った時さっぱりとした清涼感を促すミントを入れてみるの良いですし、一緒にビタミンCやクエン酸という体にうれしい成分の入ったレモンを浮かべて レモン水を飲むことは口臭予防に最適です。 私事ですが、先日入ったレストランにて、セルフサーバーだったお水の中には、きゅうりの輪切りが入っていました。 きゅうりに含まれるカリウムは老廃物を体外へ排出する作用があり、むくみや美容にもうれしい効果がありますね。 ひとくせある飲み心地ではありますが、キューカンバーウォーターもよかったら試してみてください。 また、飲みすぎることにより活性酸素を増やし、30代から始まると言われる加齢臭なども加速させてしまう要因に。 二日酔いの強烈なニオイと同じく、これらが汗になり、呼気となって口臭の原因になってしまいます。 口臭、体臭予防のためにも、アルコール類は適量に抑えることが好ましいですね。 糖類はご存知の通り、口臭の原因になる虫歯や、口の中の細菌を増殖させる要因です。 細菌が増えてしまうことにより、メチルメルカプタンというニオイ物質を発生させ、口臭をきつくさせてしまいます。 ジュースを飲むなら、 リンゴ果汁100%ジュース がおススメです。 リンゴは皮ごと食べて体臭予防にも効果のあるリンゴ酸やカリウム、ポリフェノールが含まれ、自然の強力な消臭成分があります。 この欄には挙げたくなかったのですが・・しかしコーヒーには良い面もある!ということで、なぜにコーヒーは口臭リスクを増すのか!?口臭は嫌だけれど、飲みたい人はどうしたらよいのか!?ということを解説していきたいと思います。 コーヒーがおススメではない理由 コーヒーにはおなじみのカフェインが含まれています。 カフェインとは、お茶などにも含まれる苦み成分ですが、神経を興奮させ眠気を覚ます効果や利尿作用を促します。 つまり、神経過緊張な状態は唾液の量が一時的に減少し、利尿作用では体内からの水分を奪い、そして口の中も乾きがちになる。 すると、口の中は唾液が潤沢だと中性だけれど、少なくなると酸性に傾くことにより、口臭発生菌が増殖しやすい口内環境によって口臭が発生するという理由です。 それでもコーヒーが飲みたい! ただ私の心の叫びでもありますが・・コーヒーを擁護すると、コーヒーにはポリフェノールが10%ほど含まれており、口腔内に残留する糖質の分解や、脂肪の吸収を抑える働きのある、カテキンやタンニンなどと同じような素晴らしい消臭効果もあります! コーヒーを飲むときの注意点 コーヒーを飲んだあとは、コーヒーを飲んだと知られるくらいニオイが残りますね。 これは、コーヒー豆を焙煎する過程で出来る豆の微粒子が舌苔の細菌を増殖させてしまうことで、独特のニオイを発生させるそうです。 時には我慢せず、コーヒータイムを楽しむことは人生においても大切なことさ。 4.まとめ:口臭を飲み物で消す!口臭予防と改善に効く飲み物8選 口臭予防の観点から今回は「飲み物」という種類にしぼってご紹介してきました。 ご紹介したおススメの飲み物はすべてコンビニエンスストアなどでも気軽に買える商品です。 食後すぐにお口のにおいが気になる方は、お好みの飲み物を飲んでみてくださいね。 お茶に関しては、冷えたものより、温かい方がおススメです。 さっと飲める リンゴ果汁100%のパックジュースなど手軽で良いかもしれません。 またコース料理の後などに決まって聞かれる「コーヒー or 紅茶」も、もうどちらを選択するかは決まりですね。 緑茶も一杯分だけ飲みたい時など、 粉タイプのものが売っているので、それをさっとお湯で溶かして飲んだり、またうがいにも使えて便利ですよ。 牛乳だけは、ニンニク料理や焼き肉の前に飲んで胃に膜を張っておくことが効果的ですね。 お水は常温がベスト。

次の