アドセンス 審査 落ちた。 アドセンス審査に落ちた時の対処法|落ちる理由とは?通らない・受からないを解決しよう!

【2020年】グーグルアドセンス審査に通るコツと落ちた時の対処法10つ│Chiroom.

アドセンス 審査 落ちた

合格までの状況 まず、私が10回も落とされた理由、 コロナの影響です。 何回このメールが届いたことか。 (10回) 初めて来たときは普通に 「まじかよ・・・」って状態でした。 コロナのせいで外に出れない生活が始まったので、ブログを始めたのに。 まさか ブログ活動ですら影響出てるのかよ?!って。 で、1ヶ月の間で10回これと同じ理由で落とされました。 落とされたというより、 審査すらされなかったという形ですかね、このメールの内容だと。 もうメールが来るたびに 「ですよね~。 」ってなってました。 ただ同じ時期にブログを始めた人たちがどんどん審査結果が返ってき始めたんですよ。 いくら落とされているからといっても、個人的には 「審査されてるだけいいなぁ・・・」と焦り始めていました。 誰かのツイートで、 「審査に落とされている人と合格している人のブログをみると、落ちている人はやっぱりまだ合格ラインに達してない方が多いようにみえるな~」的なツイートを読んで、 くっそおおおお!! 悔しすぎる。 と、ひとりでもがいてました。 悔しいので作業するしかない、と。 アドセンスの偉大さを知ったわ。 ブログデザインにこだわる ブログデザインは本気でこだわり抜きました。 このドメインの中身はなつみのサイトですッ!!! ってアピールしまくってます。 (笑) ん、日本語おかしい・・・? オシャレでかっこいい落ち着いたベージュやモノクロベースのブログも憧れるんですが、 やっぱ続けるには自分のどタイプのデザインが良いかな、と思いまして。 私の趣味を全力でぶつけた結果このようなピンクのサイトが出来上がりました。

次の

アドセンス合格!コロナで10回審査に落ちた私がやったことまとめ【運営報告】

アドセンス 審査 落ちた

僕のAdsense審査の実際 残念ならが1発合格とならず、3度めでようやく審査に通ることができました。 1度めの不合格 もともとAdsenseのことを知りませんでした。 ブログの収益化を考えるようになり、Adsenseのことを知りました。 これは良いと思い、早速申請せねば!ということで、その時に作っていたブログで、Adsenseの審査申請を行いました。 結果は、あっさり落ちました。 まさか落ちるとは思っていなかったので、何の事前準備もせず審査に申し込みをしていたのです。 審査に落ちてから、Adsenseの審査について調べました。 (遅い) 調べてみると、とてもいい記事がありました。 ほとんどの項目でNGです。 何ということでしょう。 これに合わせてブログを修正するよりも、新しく作ったほうが早いということで、新規に審査用のブログを作ることにしました。 2度めの不合格 Adsense合格のコツ6か条にしたがって、新しいブログを作りました。 記事も揃えて、再度審査に申込みです。 今回は大丈夫だろうと結果を待っていたら、再度不合格のお知らせ。 なぜ???何が悪かったの? 3度めの正直 また審査に落ちてしまい、ネットで再度調べました。 そうすると、審査は若干あいまいなことがあり、同じブログでそのまま再申請したら通ったという記事を見つけました。 勇気をもらった気がしました。 再度、同じブログでそのまま申請することにしたのですが、1点だけ修正しました。 それは、記事の数です。 ほとんどのブログで5記事程度で大丈夫!という話だったので、5記事程度で申請したので、記事数が少なかったのかもしれません。 6か条には10記事って書いてあるのに。 そこで、記事数を増やして、再度申請しました。 その結果は、見事合格です!審査に通りました。 いやぁ、長い道のりでした。 審査に通りやすいブログとは? こちらが、僕が審査用に作ったブログです。 (画像大きくてすいません) すごくシンプルですが、これが審査に通りやすくするコツなのです。 ごてごてしているものより、シンプルなものが好かれるのかも。 URLを貼ってありますので、参考に見てみてください。 審査の流れ 審査は、一次審査と二次審査があります。 一次審査は誰でも通ります。 申請されたURLが正しいかくらいの、判断しかしていないのかもしれません。 一次審査が終わると、二次審査に進みます。 二次審査が始まるお知らせがメールで届きますので、ブログにAdsenseの広告を貼ります。 広告を貼ってしばらくすると、二次審査が行われます。 問題は二次審査です。 この二次審査はかなり厳しく審査されます。 (人の目で見てる?) Adsenseの審査に通りやすくするコツ 僕が行ったAdsense審査対策は次のようなものです。 ほぼ6か条そのままです。 1記事あたりの文字数は800文字程度• わかりやすいように段落ごとに見出しをつける• 記事の数は10記事程度を投稿する• 記事の日付をずらす(1日1記事になるように、投稿日付を修正すれば一気に上げてもOK)• 記事内はテキストのみで、画像、動画は貼らない• 外部へのリンク(ブログランキング等)も貼らない• 自分のプロフィールを表示する• 連絡先を載せる(今回は問い合わせフォームをつけてます) 上のブログ画像を見てもらうと、ほぼこの通りに作っていることがわかると思います。 記事の日付は、必ずずらすようにしてください。 全部が同じ日付だと、審査のために書いたと思われかねません。 一気に書き上げてもいいのですが、投稿日付を修正して、毎日投稿しているように見せて下さい。 10記事だと10日前から書いてるように、するわけですね。 おすすめするブログの内容 当り障りのない、日記記事が良いです。 僕の審査用のブログも、食べ物に関する日記記事になっています。 必要な記事の数は? 5、6記事程度で通ったという話もありますが、僕のように不合格になるケースもあります。 確実に通るためにも、10記事程度を投稿しておくことを、オススメします。 審査通過後に審査用ブログはどうする? Adsenseの審査に通ってしまえば、審査用のブログは必要ありません。 せっかく書いた記事ですので、本ブログを作った時に記事を流用してもいいかもしれません。 ただし、同じ内容をそのままコピーしてしまうと、重複コンテンツ扱いを受けてしまいます。 その前に、審査用ブログのインデックス削除依頼をGoogleに出して、Googleで検索しても引っかからないようにします。 こうすることで、重複コンテンツ扱いされないようになります。 インデックスの削除依頼は、Googleウェブマスターツールからできます。 ここで、審査用ブログのURLを対象に、削除リクエストを出してください。 事前に審査用のブログを、ウェブマスタールールに登録しておく必要があります。 審査用ブログの記事自体は、下書き状態にしておけば、その後Googleにインデックスされることはありません。 試しに、「site:miyamooic. blog. jp」で検索してみてください。 僕の審査用ブログは、robot. txtとmetaタグでGoogleにクロールされないようにしてあります。 まとめ Adsense審査をする前に、ネットで調べましょう。 合格するための情報がたくさんあります。 今回の記事のようにしてもらえば、間違いなく合格できると思います。 失敗談も一緒に書いてありますので、悪い見本として、見てください。 この記事が、みなさんのAdsense合格の手助けになれば嬉しいです。 おしまい。

次の

アドセンス審査に落ちた時の対処法|落ちる理由とは?通らない・受からないを解決しよう!

アドセンス 審査 落ちた

こんばんは。 ブログ開設から早くも2か月たったkiraです。 題名の通り、今回はgoogleアドセンスについて。 10回目に 受かった要因はサイトマップかな?と思ったので一応記事にしておこうと思います。 グーグルアドセンス合格!!その要因はサイトマップ? 10回目の審査でやっとこ合格いたしました~。 感想は落ち続けた多くの皆様と同じく、 長かった! だけど苦労した分、最後はこんなことで受かったのか?ってくらい拍子抜けでした。 何をしたかというと、 グーグルサーチコンソールのサイトマップを1つに絞った です。 アドセンスを登録した直後、右も左もわからない私は色々な方のブログを読み漁っていました。 そこで目にしたのが google search console。 自分のサイトがグーグル検索でどのぐらい検索されているかが分かったり、 載せたいページをgoogleに登録してもらうよう依頼できるようなツールです。 これに登録するとアドセンス審査が早い、有利だという情報を得て、意気揚々と登録しました。 はてなPro登録時につまづいた記事でもしっかり書いてますね^^; しかもやる気満々…このあと苦悩が待っていようとは知る由もなく…。 が、その後 複製されたコンテンツ で不合格生活が続きます。 当然ながらコピペも画像パクったりもしてないよ!! 文章やネタが不十分なのかな、と何度も何度もリライトしたり記事を増やしたり減らしたり。 プライバシーポリシーをPDF化したり、アイキャッチ画像をなくしたり。 ネット上で 効果があったよ!って紹介されていることを片っ端から試したけどダメでした。 そのうち好きなように記事が書けないことが辛くなってきて、 「もういいや、とりあえず楽しんで書くことにしよう。 アフィリエイトもどんどん貼っちゃおう。 記事が増えたらコンテンツが充実したと判断されるかもしれないし。 」 と割り切って、(なげやりになって?)ブログを細々と更新していました。 ある日自分のブログがグーグルにどんな感じで登録されているのか調べたら ( site:自分のサイトのアドレスで検索すると表示されます。 ) 下書きに戻した記事もカテゴリも、いつまでもインデックスされてるな~ ってことが気になってきました。 もちろん下書きにした記事のアドレスはサーチコンソールから削除依頼済みです。 で、サーチコンソールのカバレッジを確認したら気づいた。 有効(緑の部分・インデックスに登録されてるページ)が多いぞ?! このブログ、当時は記事が30件ほどしかないのに インデックスは60件を超えてたんです。 これってどういうことなんだ?? もし同じページが2重にインデックスされているとしたら 複製とみなされてるのかも…?? となれば今度はサイドバーでインデックスのすぐ下、 サイトマップを確認です。 xml? ブログを立ち上げたころ、早くインデックスしてもらわないと! という安易な考えでやみくもに登録したのでしょう…。 2日後… 受かりました。 というわけで私の場合、インデックスの重複が原因ではないかと推測しております。 もちろん真実は藪の中なんですが…。 合格時のブログのスペック ちなみにですが、合格時ブログはどんな状況だったかもお知らせします。 アフィリエイト貼りまくり ちょっと語弊があるかな、貼りまくりってほどではないかもしれないけど、 まあふつうに貼っていました。 今と変わらないです。 ほとんどの記事に使っています。 記事の文字数は2000字以上 一つの記事に2000字ぐらいあったほうがいいという情報を見かけたので とりあえず2000字未満のものは非公開にしました。 プライバシーポリシーはPDF化 もう万策尽きた!って感じで最後のほうにやりましたが その後不合格になっているので意味ないんじゃないかな…。 うーん…。 以上のことから、なんか巷で言われている対策はいまいち当てはまらないような気がしております。 逆に仮説ではありますが、サイトマップのインデックスが問題であれば エラーが出ている人やいくつも登録している人は試しに対策してみてほしい! エラーを解決したら通ったっていう方も見かけました。 ヘルプフォーラムの是非 ところでアドセンスに合格できない場合、グーグルからのメールに をご覧ください。 の文言があります。 これ、何かというと利用者の意見交換の場なんですね。 つまりグーグルの社員さんが回答するでもなんでもないんです。 わたしは実際にここで相談はしなかったものの、 かなり読み込みましたが審査基準についてあいまいな回答も多く しかも攻撃的な物言いをするユーザーさんもけっこういました。 ここで「記事が薄い」とか言われていた相談者さんのブログも 時間が経ったら合格されていたので、 やっぱりどっちかっていうと 記事の問題よりはインデックス系なんじゃないかな… なんて思いつつ傍から眺めていました。 確かに親身になってアドバイスしてくださっている方もいるので一概には言えないですが アドセンスの審査に関しての利用は微妙なんじゃないかな…と感じています。 心が折れたころにポンと受かります もう、わたしも何が原因かわからなくて疑心暗鬼で 一時期はアドセンスのことしか考えられないぐらいになって、 それでも何度も落ちてもういいや…って思ったころに ピョン って感じで合格の知らせが届きました。 正直、うれしかったけど熱意は冷めかけていたので あ、受かった…っていう心境。 でも記事の書き方やクオリティは当初とそんなに変わっていないので やっぱりそこが原因ではなかったんだという自信にはなりました。 もちろん審査基準はグーグル先生のみが知ることだし わたしの見立てが正しい証拠なんてないのですが もしサイトマップを見落としていたら確認してもらいたいし きっとある日突然合格する日が来ると思うので なんとか 諦めないでほしいなって思います。 あ、ちなみに合格して数日ですが いまだに 収益はゼロです。 しかもはてなブログとの相性のせいか 自動配信されません。 合格してもその先が甘くないってことですかね… わたしもがんばります。

次の