犬山 ハザードマップ。 ハザードマップ|犬山市

土砂災害ハザードマップ 横浜市

犬山 ハザードマップ

ID番号 K688更新日 令和2年7月7日 各務原市洪水ハザードマップ 「各務原市洪水ハザードマップ」は、各務原市内に影響がある木曽川・長良川・境川・新境川・大安寺川がはん濫した場合に、みなさんのお住まいの地域がどの程度浸水するおそれがあるかをお知らせするもので、浸水の想定される区域と程度、避難所などの情報を地図上に示したものです。 また、過去の特に被害の大きかった浸水実績も記載しています。 なお、掲載されている浸水実績につきましては、すべて内水はん濫によるものです。 河川のそばでなくても、大雨時の浸水害の備えが必要です。 避難所の確認や日頃からの準備のためにご活用ください。 こちらから詳細な浸水想定区域図をご覧いただくことが可能です。 洪水ハザードマップの更新について 平成27年の水防法改正に伴い、浸水想定区域が見直されたため、令和2年度中に洪水ハザードマップを更新する予定です。 参考に、河川管理者から提供されている各河川の浸水想定区域の合成図データを下記に添付しますので、ご活用ください。 対象の河川は木曽川・長良川・境川・新境川・大安寺川・岩地川の6河川です。 なお、合成図データはB2サイズです。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 計画規模降雨(L1):河川整備において基本となる降雨 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 想定降雨の発生確率 河川名 木曽川 長良川 新境川 境川 大安寺川 岩地川 発生確率 1/200年 1/100年 1/30年 1/40年 1/50年 1/30年• ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 想定最大規模降雨(L2):想定し得る最大規模の降雨 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 概ね1000年に1度発生し得る降雨を想定。

次の

あなたの身近な土砂災害危険箇所

犬山 ハザードマップ

神奈川県が「土砂災害警戒区域等における土砂災害防止対策の推進に関する法律(通称:土砂災害防止法)」に基づき、土砂災害警戒区域等を指定した場合、横浜市はハザードマップの作成と公表を行っています。 このハザードマップは、梅雨時期の集中豪雨や台風に伴う豪雨などにより、土砂災害が発生した場合に被害がおよぶおそれのある区域を示し、土砂災害が予想される場合や土砂災害が発生した場合に、市民の皆さまが避難などの適切な行動をとることができるように作成したものです。 また、土砂災害ハザードマップは各区区役所で配布させていただいています。 横浜市のわいわい防災マップでは現在対応に向けた準備中になりますので、最新の土砂災害特別警戒区域等を確認される場合は、神奈川県のWEBサイト の「土砂災害のおそれのある区域」からご確認下さい。 横浜市のわいわい防災マップでは現在対応に向けた準備中になりますので、最新の土砂災害特別警戒区域等を確認される場合は、神奈川県のWEBサイト の「土砂災害のおそれのある区域」からご確認下さい。 地図面の土砂災害警戒区域等は土砂災害ハザードマップ作成時点のものであり、現在の指定状況と異なる場合があります。 土砂災害警戒区域等に関する法的な図面は、の「土砂災害のおそれのある区域」の告示図書をご確認いただくか、神奈川県の横浜川崎治水事務所にお問い合わせください。 掲載範囲は、マップ上の鶴見区全図をご確認ください。 土砂災害警戒区域等の防災情報につきましては横浜市民防災情報からも確認できますので、併せてご利用ください。 また、詳細や最新の情報を確認されたい方はの「土砂災害のおそれのある区域」からご確認ください。

次の

ハザードマップ(浜松市防災マップ・津波浸水深マップ)/浜松市

犬山 ハザードマップ

スポンサード リンク 地震対策 地震はいつ起こるかわかりません、止めることもできません。 被害を最小限にとどめるために次のようなことを心がけることが大切です。 地震でこわいのは火災です。 日ごろから火気器具の点検・整備をして、家から火を出さない環境づくりに心がけましょう。 非常用持出品を確かめ、飲料水・食料・救急医薬品・生活必需品・防災用品を備えておく。 避難場所や避難経路の確認や役割分担など、防災についても家族で相談しておくことも大切です。 普段の生活で「地震が来たら危ない!」と思った所 ブロック塀や石垣はくずれないように補強する。 不安定なアンテナや屋根瓦は補強する。 プロパンガスのボンベは鎖でしっかり固定する。 家具や大型家電製品などの転倒防止策を行う。 地震発生時の防災心得 まず自分の身の安全を守る。 揺れを感じたら、すばやく火の始末をする。 火が出たら、まず消火する。 あわてて戸外に飛び出さず、出口を確保する。 避難は徒歩で、持物は最小限にする。 狭い路地、塀のわき、がけ、川べりに近寄らない。 山崩れ、がけ崩れ、浸水に注意する。 避難時には、ブレーカーを切り、ガスや水道の元栓を締めましょう。

次の