コンシード 意味。 ゴルフのマッチプレーでコンシードせず 相手がお先にと言って...

カーリングのコンシードやスキップの意味とは?カーリング用語解説。

コンシード 意味

Contents• ガベージタイム garbage time ある試合で、第4ピリオド残り2分時点で負けを認める流れとなりました。 全員交代で、それまで出場していなかったガードを送り出しましたが、(リーグ1位の)勝ちチームが激しいディフェンスで・・・失礼でしょ?どうやら、全員得点をしたかったみたいですが、子どもだって分かる悪いマナーだと思います。 NBAのトップリーグだとガベージタイムには、普段プレイタイムが与えられていない若手プレイヤーの出番となります。 ここで試合慣れさせたり、結果を出すことでプレイタイムの獲得に繋げたりします。 また、ガベージタイムには下記の暗黙の了解が存在します。 ・勝っているチームはタイムアウトを取ってはいけない。 ・怪我防止のため、シュートに対してはファウルをしてはいけない。 ・必要以上に派手なプレイ(ダンク等)や振る舞いをしてはいけない。 から引用 上記の引用元でも紹介されていますが、下記の動画は分かりやすい出来事です。 Jordan ClarksonもJoel Embiidもいいヤツなんでしょうね。 このようなマナーは、技術レベルやチームの成績に関係なく、大切にできるものだと思います。 市民レベルでも浸透して欲しいです。 試合終了 一般市民の大会で、試合後に相手チーム、審判&TOなどに挨拶します。 勝敗は関係ありません。 だけど、ときどき、後味が悪いときがあります。 1 浮かれ過ぎの勝ちチーム 2 挨拶がちゃんと出来ない負けチーム、どちらも改めて欲しいです。 皆さん、時間を調整して、試合を成立させているのですから、自然と、互いに感謝の気持ちがあっても良いと思います。 コンシード concede イギリス発祥のゴルフ、カーリングでは「コンシード」のルールがあります。 concedeの意味は「しぶしぶ認める」ですが、どちらかというと「恐れ入りました」なニュアンスだと思います。 ゴルフ ホールの勝数を競うマッチプレーでは、相手の次のショットがカップインしたものとみなし、ホールアウトすることが出来るというルールがあります。 自分の負けが確定する前に、自分の負けを認めてしまうということです。 これを「コンシード」と言います。 (中略) 打数で競うストロークプレーでは、コンシードは認められていません。 ですが、同士のコンペや接待ゴルフでは、「」という名でコンシードが使われることが多いです。 (後略) から引用 幸いなことに、わたしは接待ゴルフとは無縁です。 ですから、まったく分からないのですが、なぜ「OK」があるのでしょう。 もしも、接待バスケットボールがあれば、FTで「OK」を使うのでしょうか。 カーリング コンシードとは負けているチームが自分のチームの負けを認め相手チームのパーフォーマンスに対して敬意を表すことです。 力尽きるとか、降参するという表現の ギブアップ とは違います。 (中略) 世界ではカーリングゲームが終了した後,勝ったチームは負けたチームにクラブハウスでビール、コーヒー等をおごる習慣があります。 そんなことからも負けたチームへの配慮が伺われます。 (後略) から引用 先日、開催された日本選手権女子決勝、最後の場面です。 予選から数えて、同じ相手に3戦3敗なので、いろいろな思いがある中でのコンシードです。

次の

カーリングの精神を示す大切な言葉。「コンシード」を定着させた中継陣。

コンシード 意味

雑学クイズ問題 カーリングでコンシードとはどういう意味? A. コーチが試合を止めること B. 審判が試合終了を告げること C. 自分のチームの負けを宣言すること D. 相手チームの勝ちを認めること 答えは記事内で解説していますので、ぜひ探しながら読んでみてくださいね! カーリングのコンシードやスキップの意味とは?カーリング用語解説。 難しいカーリング用語 2018年現在では平昌オリンピックが開催されており、 普段はあまり中継のないスポーツもテレビ中継されていますよね。 もともとフィギュアスケートやスキージャンプなどの注目度は高いことから、なんとなく用語やルールをしている人も多いはずです。 しかし、普段からあまり見ないカーリングについては専門用語を使われてもいまいち状況が理解できないですよね。 テレビ中継の中で何度か 「コンシード」や「スキップ」という言葉を耳にしましたが、どちらも耳馴染みのない言葉です。 今回のオリンピックでカーリングに興味を持った人も多いかと思いますのでよく使われる「コンシード」や「スキップ」といった用語の意味を解説します。 カーリングも予備知識を持ってから応援するとさらに楽しめると思いますので、ぜひ覚えていってくださいね。 この記事では「コンシード」などの ポジション以外のカーリング用語の解説をします。 基本的な用語を前半で解説し、ショットの解説を後半に行っています。 あいうえお順に並べていますので、自分の知りたい用語だけ見てください まずは 基本的なカーリング用語についてです。 ウェイト 投げたストーンの強さのことであり、ストーンのスピードによってウェイトが測定されます。 スウィーパーがタイムウォッチを使うことによってストーンのウェイトを測定してスキップへと伝え、スキップはウェイトを参考にスウィーピングの指示を出しています。 エンド カーリングは1エンドから始まって10エンドで試合が終了します。 1エンドでお互いのチームがストーンを8個ずつ投げ合います。 ガード ストーンを守るために配置されるストーンのことです。 コンシード 10エンドを迎える前に相手チームの勝利を認めることです。 ギブアップは負けを認める行為ですが、コンシードは相手の技術や戦略がいかに優れているのかを認めて、相手の勝ちを認める行為です。 スウィーピング 投げられたストーンの進路をブラシを使って掃くことです。 スウィーピングを担当する選手のことをスウィーパーと呼びます。 スチール 相手チームが先攻のエンドで得点をしたり、連続得点をあげることです。 ターン ストーンが回転することです。 インターンといえばストーンが時計回りに回転することで、アウトターンといえばストーンが反時計回りに回転することです。 テイクアウト ハウス内にある相手チームのストーンをハウスの外へとはじき出すことです。 ダブルテイクアウトは相手のストーンを1回のショットで2つはじき出すことで、トリプルテイクアウトは1回のショットで3つのストーンをはじき出すことです。 レイズ・テイクアウトは手前に配置された他のストーンなどを利用して、相手のストーンをはじき出すことです。 また、プロモーション・テイクアウトはガードストーンを利用して、相手のストーンをはじき出すことです。 デリバリー ストーンを投げる際に、ストーンを手に持って滑っている状態を指します。 ドロー ハウスの中で投げたストーンを止めることです。 ドローショットといえばハウス内を狙ってストーンを投げることになります。 ハウス 青い円内のことであり、直径は12フィート(約3. 66メートル)となっています。 フロントエンド リードとセカンドというポジションのことです。 リードとセカンドはストーンを投げる時以外はスウィーピングを担当し、スキップへウェイトを伝えます。 ヘビー ストーンのウェイトが必要以上に強いことです。 ライト ストーンのウェイトが必要以上に弱いことです。 リリース ストーンを投げる際に、ストーンから手が離れる瞬間のことです。 続いて ショットについての解説です。 ウィック フリーガードゾーンに配置されたガードにストーンを当てることによって、アウトにならないように動かすショットのことです。 フリーガードゾーンはホッグラインからハウスの中心に引いてあるライン(ティーライン)までです。 カム・アラウンド 配置されているガードの後ろを狙い、回り込むようにして止めるショットのことです。 チップ 投げたストーンが他のストーンにわずかだけ当たることです。 ヒット・アンド・ステイ 配置されているストーンに投げたストーンを当てて、投げたストーンをその場で止めるショットのことです。 ヒット・アンド・ロール 配置されているストーンに投げたストーンを当てて、配置されていたストーンを他の場所へと移動させるショットのことです。 ピール テイクアウトに成功したものの、投げたストーンまでアウトしてしまうショットのことです。 フリーズ 配置されているストーンを背中にするようにして投げたストーンを止めるショットのことです。 レイズ 相手や味方が配置したストーンに投げたストーンを当てて動かすことです。 ロール 既に配置されているストーンに投げたストーンを当てて、投げたストーンの軌道を変えて狙った場所へとストーンを配置するショットのことです。 ダブル・ロールは投げたストーンも当てられたストーンもハウス内へ入れることです。 以上がカーリング用語であるコンシードやスキップなどの意味についてでした、いかがでしたか?.

次の

【シャドバ】シャドウバースの用語集【シャドウバース】

コンシード 意味

雑学クイズ問題 カーリングでコンシードとはどういう意味? A. コーチが試合を止めること B. 審判が試合終了を告げること C. 自分のチームの負けを宣言すること D. 相手チームの勝ちを認めること 答えは記事内で解説していますので、ぜひ探しながら読んでみてくださいね! カーリングのコンシードやスキップの意味とは?カーリング用語解説。 難しいカーリング用語 2018年現在では平昌オリンピックが開催されており、 普段はあまり中継のないスポーツもテレビ中継されていますよね。 もともとフィギュアスケートやスキージャンプなどの注目度は高いことから、なんとなく用語やルールをしている人も多いはずです。 しかし、普段からあまり見ないカーリングについては専門用語を使われてもいまいち状況が理解できないですよね。 テレビ中継の中で何度か 「コンシード」や「スキップ」という言葉を耳にしましたが、どちらも耳馴染みのない言葉です。 今回のオリンピックでカーリングに興味を持った人も多いかと思いますのでよく使われる「コンシード」や「スキップ」といった用語の意味を解説します。 カーリングも予備知識を持ってから応援するとさらに楽しめると思いますので、ぜひ覚えていってくださいね。 この記事では「コンシード」などの ポジション以外のカーリング用語の解説をします。 基本的な用語を前半で解説し、ショットの解説を後半に行っています。 あいうえお順に並べていますので、自分の知りたい用語だけ見てください まずは 基本的なカーリング用語についてです。 ウェイト 投げたストーンの強さのことであり、ストーンのスピードによってウェイトが測定されます。 スウィーパーがタイムウォッチを使うことによってストーンのウェイトを測定してスキップへと伝え、スキップはウェイトを参考にスウィーピングの指示を出しています。 エンド カーリングは1エンドから始まって10エンドで試合が終了します。 1エンドでお互いのチームがストーンを8個ずつ投げ合います。 ガード ストーンを守るために配置されるストーンのことです。 コンシード 10エンドを迎える前に相手チームの勝利を認めることです。 ギブアップは負けを認める行為ですが、コンシードは相手の技術や戦略がいかに優れているのかを認めて、相手の勝ちを認める行為です。 スウィーピング 投げられたストーンの進路をブラシを使って掃くことです。 スウィーピングを担当する選手のことをスウィーパーと呼びます。 スチール 相手チームが先攻のエンドで得点をしたり、連続得点をあげることです。 ターン ストーンが回転することです。 インターンといえばストーンが時計回りに回転することで、アウトターンといえばストーンが反時計回りに回転することです。 テイクアウト ハウス内にある相手チームのストーンをハウスの外へとはじき出すことです。 ダブルテイクアウトは相手のストーンを1回のショットで2つはじき出すことで、トリプルテイクアウトは1回のショットで3つのストーンをはじき出すことです。 レイズ・テイクアウトは手前に配置された他のストーンなどを利用して、相手のストーンをはじき出すことです。 また、プロモーション・テイクアウトはガードストーンを利用して、相手のストーンをはじき出すことです。 デリバリー ストーンを投げる際に、ストーンを手に持って滑っている状態を指します。 ドロー ハウスの中で投げたストーンを止めることです。 ドローショットといえばハウス内を狙ってストーンを投げることになります。 ハウス 青い円内のことであり、直径は12フィート(約3. 66メートル)となっています。 フロントエンド リードとセカンドというポジションのことです。 リードとセカンドはストーンを投げる時以外はスウィーピングを担当し、スキップへウェイトを伝えます。 ヘビー ストーンのウェイトが必要以上に強いことです。 ライト ストーンのウェイトが必要以上に弱いことです。 リリース ストーンを投げる際に、ストーンから手が離れる瞬間のことです。 続いて ショットについての解説です。 ウィック フリーガードゾーンに配置されたガードにストーンを当てることによって、アウトにならないように動かすショットのことです。 フリーガードゾーンはホッグラインからハウスの中心に引いてあるライン(ティーライン)までです。 カム・アラウンド 配置されているガードの後ろを狙い、回り込むようにして止めるショットのことです。 チップ 投げたストーンが他のストーンにわずかだけ当たることです。 ヒット・アンド・ステイ 配置されているストーンに投げたストーンを当てて、投げたストーンをその場で止めるショットのことです。 ヒット・アンド・ロール 配置されているストーンに投げたストーンを当てて、配置されていたストーンを他の場所へと移動させるショットのことです。 ピール テイクアウトに成功したものの、投げたストーンまでアウトしてしまうショットのことです。 フリーズ 配置されているストーンを背中にするようにして投げたストーンを止めるショットのことです。 レイズ 相手や味方が配置したストーンに投げたストーンを当てて動かすことです。 ロール 既に配置されているストーンに投げたストーンを当てて、投げたストーンの軌道を変えて狙った場所へとストーンを配置するショットのことです。 ダブル・ロールは投げたストーンも当てられたストーンもハウス内へ入れることです。 以上がカーリング用語であるコンシードやスキップなどの意味についてでした、いかがでしたか?.

次の