アラフォー 婚活 後悔。 【後悔】ハイスペック限定の婚活サイトを見た

アラフォー入会女性の決意

アラフォー 婚活 後悔

こんにちは! マユと学ぶ恋愛部@編集部です。 突然ですが、 「アラフォーの婚活ってそんなに大変なの?」 「40代で婚活を始めようと思っているけど不安」 「アラフォー婚活を成功させるにはどうしたらいい?」 「アラフォーの婚活方法は何を選べばいい?」 ・・・なんて疑問やお悩みはありませんか? そこで今回は、 「アラフォー婚活を成功させる方法」についてまとめてみました。 あなたがお悩みの場合はもちろん、同じように「アラフォー婚活を成功させたい!」という友達がいたら、ぜひこの記事を教えてあげてくださいね。 しかしアラフォーになってからの婚活は厳しいというのが現実。 実際に婚活を始めてみて、「こんなことならもっと早く婚活を始めればよかった」「もっと若いうちに結婚しておけばよかった」と後悔する人も多いものです。 またその厳しさゆえに、 アラフォー女性が婚活を途中でリタイアしてしまう確率も高いと言われています。 そんなアラフォー婚活の厳しさは政府が出しているデータでも明確です。 総務省統計局が発表している『 平成12年国勢調査』の結果と10年後の『 平成22年国勢調査』の結果から、アラフォー女性が結婚できる確率を計算することができます。 『平成12年国勢調査』の結果では、 35~39歳女性の未婚率は13. 9%、40~44歳女性の未婚率は8. 6%でした。 その10年後である『平成22年国勢調査』の結果では、 45~49歳女性の未婚率は12. 6%、50~54歳女性の未婚率は8. 7%となっています。 つまり 35~39歳の未婚女性が10年間で結婚できた割合はわずか1. 3%ということです。 40~44歳の未婚女性については、10年間で未婚率が離婚や死別など何らかの理由によって0. 1%上がっています。 このデータからも、いかにアラフォー女性の婚活が難しいかがわかるでしょう。 【参考リンク】 アラフォー婚活が厳しい理由7つ 35~44歳のアラフォー女性が10年間で結婚できる確率は1%前後だということがわかりましたが、なぜそんなに婚活が厳しいのでしょうか? アラフォー婚活が厳しい理由は以下の7つです。 子どもを望みにくくなる• 年齢で若い子に負けてしまう• 自分の市場価値と向き合えず高望みし続けてしまう• 妥協できなくなってしまう• 男性にとってプレッシャーになる• 独身であることに何か理由があると邪推される• 自分の生活スタイルが確立されている アラフォー女性の婚活に立ちはだかる壁を一つひとつ詳しく見ていきましょう! 1. 子どもを望みにくくなる アラフォー婚活が厳しい理由の一つが、子どもを望みにくくなるからというものです。 「結婚したら子どもが欲しい」という男性は多いもの。 しかし一般的に、35歳を過ぎてからの出産は「高齢出産」と呼ばれます。 実際には医療が進歩したため40歳前後での出産も多いのですが、やはり年齢が上れば上がるほど妊娠・出産が難しくなっていくのも事実。 だからこそ 子どもを持つことを望む男性たちは、子どもを持てる可能性がより高くなる若い女性を選びます。 年齢で若い子に負けてしまう アラフォー婚活が厳しい理由として、年齢で若い子に負けてしまうからということも挙げられます。 いくら「年齢よりずっと若く見える」と言われても、実際に20代の女性と40歳前後の女性が並べば、見た目には大きな差があるもの。 男性はただでさえ若い女性が好き。 婚活では美人かどうかよりも年齢が若いかどうかが重視される傾向にあります。 婚活市場に20代の女性が増えている今、わざわざアラフォー女性を選ぶ理由がないのです。 そのため条件検索で相手を選ぶシステムの婚活方法の場合、最初からアラフォーを検索対象に入れない男性も多くいます。 自分の市場価値と向き合えず高望みし続けてしまう アラフォー婚活が厳しい理由として、自分の市場価値と向き合えず高望みし続けてしまうからということも挙げられます。 若いときにモテていた美人ほど、アラフォーである今の自分の婚活における市場価値を正しく見ることができないもの。 いつまでたっても気持ちが20代のままなので、男性に求める条件もモテていたころと変わらないままという方も少なくありません。 しかし先ほども述べた通り、婚活市場において女性は年齢で価値が決まるもの。 いくら若いころにモテていたからと言っても、現役の20代女性には勝てないのです。 自分の価値が下がっているという現実と向き合うことができず、強気の条件を掲げて男性を探し続けてしまうため婚活がどんどん厳しくなっていきます。 特にアラフォー女性がやりがちなのが、年収が高い年下の男性を狙うこと。 子どもを持ったときのことを考え、「子どもが成人するまでに定年退職を迎えないように」という思いや、男女の寿命の格差を少しでも埋めたいという思いなどから年下男性を希望するアラフォー女性が多いものです。 けれど男性は年下の若い女性を希望しますし、年収が高ければ若い女性からも選ばれるので、アラフォー女性とはなかなかマッチングしません。 アラフォー女性が高年収で自分より年下の男性や同じ年齢くらいの男性を希望することは、かなりの高望みと言えるのです。 妥協できなくなってしまう アラフォー婚活が厳しい理由に、妥協できなくなってしまうからということも挙げられます。 人生経験を積み、目が肥えたアラフォー女性は若い女性よりも男性に求めるハードルが高くなっているもの。 また 「この年まで独身でいたんだから、周りの友達よりも条件のいい男性と結婚したい」という見栄も出てきてしまい、男性を条件ありきで見てしまいます。 その結果、プライドが高い女性ほど男性に求める条件に妥協できなくなってしまうのです。 しかも男性と会った瞬間から、「リードができないからダメ」「服のセンスが悪いからダメ」と減点方式で見てしまうのも悪い癖。 「ここには目を瞑ろう」と妥協できる幅が狭すぎて、なかなか合格を出せる男性と出会うことができません。 男性にとってプレッシャーになる アラフォー婚活が厳しい理由に、男性にとってプレッシャーになるからということも挙げられます。 女性には妊娠・出産にタイムリミットがあります。 そのため 子どもを持つことを希望するアラフォー女性は、「一日でも早く結婚したい」と焦っているもの。 そのため「じっくり交際してみてから結婚を考えたい」「今すぐの結婚は考えていない」という男性にしてみたら、アラフォー女性と付き合うことはプレッシャーでしかないのです。 「もし付き合ってみてうまくいかなかったら・・・」と考えると、どうしてもアラフォー女性に積極的になれないという事情もあります。 独身であることに何か理由があると邪推される アラフォー婚活が厳しい理由として、独身であることに何か理由があると邪推されるからということもあります。 多くの女性が30歳前後で結婚していく中、30代半ばや40代まで独身であるという事実に、 「この年まで結婚できていないということは、性格に何か問題があるのかも」と考える男性は少なくありません。 「何か問題がありそう」「ワケあり物件っぽい」と考えれば、当然ながら男性はアラフォー女性を避けてしまいます。 特にモテる男性であれば、わざわざワケありそうな女性を選ぶ必要はないので、見向きもされなくなってしまうのです。 自分の生活スタイルが確立されている アラフォー婚活が厳しい理由として、自分の生活スタイルが確立されているからということも挙げられます。 長年独身で自由に生活してきたため、自分の独自の生活スタイルに慣れてしまっており、他人の生活ペースに合わせることが難しくなってしまっているアラフォー女性も少なくありません。 婚活で出会った相手と交際まで至っても、 一緒に暮らすことを考えたときに相手に譲歩したり歩み寄ったりすることが「面倒」「キツイ」と思ってしまうと、「一人のほうが楽でいいかも・・・」と考えてしまうことも。 男性側もそんな女性の姿を見て、「この人に自分は必要ないのではないか?」と考えてしまうこともあります。 アラフォー婚活を成功させる方法7つ アラフォー婚活がなぜそんなにも厳しいのかがおわかりいただけたと思いますが、だからと言って 結婚を諦める必要はありません。 アラフォーがやりがちな失敗を見直し改めていけば、きっと幸せな結婚ができるでしょう。 では厳しいアラフォー婚活を成功させるためにはどうすればいいのでしょうか? アラフォー婚活を成功させる方法は以下の7つです。 気軽さを意識して行動する• 男性に求めすぎない• 最初のうちのデートは夜にする• 中年婚を応援する恋活アプリを使ってみる• アラフォー向けの婚活パーティーに参加する• 結婚相談所でプロのカウンセラーと成婚を目指す 結婚を諦めないためにはどうすればいいのか、一つひとつ詳しく見ていきましょう! 1. 気軽さを意識して行動する アラフォー婚活を成功させるためには、気軽さを意識して行動することが大切です。 男性は女性がアラフォーであるということに、「結婚を急かされるのではないか」というプレッシャーを持っています。 そのため出会った男性の前で、「」「婚活している」ということを言わないようにしましょう。 婚活の場で出会った場合でも、最初のうちから結婚観や子どものことなどについては語らないのがベター。 結婚を焦っている素振りが見えると、男性には「重い」と思われてしまいます。 「急がば回れ」という言葉もある通り、結婚したいのであれば男性の前で結婚を匂わすような言動をしないことです。 気が合う男性がいれば、結婚を意識せずに気軽に飲みに行ったり食事をしたりデートしたりしてみましょう。 男性から真剣に「付き合いたい」「交際したい」と言われたときに初めて、結婚を考えていることを話せばいいのです。 男性に求めすぎない アラフォー婚活を成功させるためには、男性に求めすぎないことも大切です。 アラフォー女性は男性に対して厳しくなりがち。 「ああじゃないといけない」「こうじゃなきゃ嫌」といった執着は捨て、もう少し男性に対して寛大な心を持ちましょう。 完成された完璧な男性を探すのではなく、 「これから私が素敵な男性に育てていこう」と思えるような相手を探すようにするとうまくいきます。 たとえばファッションセンスが悪かったり女性をリードできなかったりしても、それはあなたが付き合ううちにだんだんと変えていけばいいこと。 最初からできることを求めてはいけません。 相手を認めること・許すことを意識して実行すれば、これまでよりも多くの男性と出会うことができ、今まで気付けなかった魅力や良いところに気付くことができるようになるはずです。 「若く見られたい」という思いから、アラフォー女性はメイクやファッションで若作りをしがち。 けれど アラフォー女性が20代の女性と同じようなメイク・ファッションをしても、若く見えるどころか痛々しく見えてしまうだけです。 女性には年齢に合ったメイク・ファッションがあります。 お手本はテレビに出ている女子アナウンサー。 上品で清楚な雰囲気は、どんな男性からも好印象を持ってもらえます。 20代の若い女性とは違う、大人の女性ならではの落ち着いた魅力を引き出すメイク・ファッションをすることが成功の秘訣です。 最初のうちのデートは夜にする アラフォー婚活を成功させるためには、最初のうちのデートは夜にするというのも効果的です。 アラフォーともなると、肌の劣化が目立ってしまうもの。 昼間の太陽光の下ではそれらがハッキリわかってしまい、「やっぱり20代女性とは違うな・・・」と思われてしまう可能性があります。 夜であれば肌のシワやシミなどのアラが目立ちませんし、店内の照明は肌をきれいに見せてくれます。 だからこそ男性との距離が縮まるまでのデートでは、あえて夜を選ぶのが正解です。 男性があなたに好意を持っていると確信できたら、昼間のデートや1日かかるデートに切り替えてみましょう。 中年婚を応援する恋活アプリを使ってみる アラフォー婚活を成功させるためには、中年婚を応援する恋活アプリを使ってみるというのもおすすめです。 マッチングサービス『 』は、 中年婚やシンママ婚、年の差婚などさまざまなワケありの恋活・婚活・再婚を応援するアプリ。 「20代、30代の若い男女が多い恋活アプリでは活動が難しい・・・」と考えている方でも安心して利用できます。 恋活アプリであれば希望条件で相手を絞って検索できますし、マッチングした後にも空いた時間でメールやLINEなどを通して距離を縮めていくことができ、忙しい方でも安心です。 また恋活アプリで出会った相手とは同時進行で複数人とメール交換ができるので効率的。 「時間を無駄にしたくない」「年齢を気にせずネット婚活したい」という方に向いています。 下記の記事では『 』を含め、おすすめの恋活アプリについて詳しくご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。 アラフォー向けの婚活パーティーに参加する アラフォー婚活を成功させるには、 アラフォー向けの婚活パーティーに参加するという方法もあります。 20代や30代も参加する通常の婚活パーティーでは、どうしても見た目と年齢で判断されてしまうためアラフォー女性には厳しい戦いになってしまいます。 しかしアラフォー限定の婚活パーティーであればそんな心配はありません。 男性側も、「参加しているのはアラフォー女性だ」ということを認識した上で参加しているので、「年齢で対象外にされてしまうかも・・・」という不安を抱かなくても大丈夫。 「婚活パーティーに何回も参加しているけどうまくいかない」という方は、 参加者の年齢がアラフォーや中高年に絞られた婚活パーティーに変えてみましょう。 下記の記事ではおすすめの婚活パーティーについて詳しくご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。 結婚相談所でプロのカウンセラーと成婚を目指す アラフォー婚活を成功させるには、 結婚相談所でプロのカウンセラーと成婚を目指すという方法もおすすめです。 料金は高くなりますが、結婚相談所は数ある婚活サービスの中でも最も高い成婚率を誇っています。 厳しいアラフォー婚活には、そんな婚活のプロの手を借りるのが一番。 婚活市場について知り尽くした専門家である婚活カウンセラーがいる結婚相談所であれば、成婚までしっかりサポートしてもらうことが可能です。 コミュニケーションのとり方や婚活でのマナー、歩き方や待ち合わせのときの待ち方、デートの心得など婚活成功のために必要なノウハウをきちんと教えてもらえます。 お見合いやデートで失敗したときにもアドバイスやフォローをしてもらえるので、次につなげることができるのもポイント。 一人でつらい婚活を乗り越えるのは大変ですが、常に寄り添い一緒に成婚を目指してくれる専門家がそばにいれば、きっとアラフォー婚活も成功するでしょう。 下記の記事ではおすすめの結婚相談所について詳しくご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。 まとめ 「アラフォー婚活を成功させたい!」という方のためにアラフォー婚活を成功させる方法をご紹介してきましたが、いかがでしたか? 20代~30代前半のころと同じ感覚で活動していてもアラフォーの婚活はうまくいきません。 まずは自分の市場価値を知り、きちんと向き合うことが大切。 現実から目を背けずアラフォーに合った婚活方法を実践していけば、きっと幸せな結婚ができるはずですよ。 あなたのアラフォー婚活がうまくいきますように!.

次の

アラフォーの婚活の現実とは?14名の経験談まとめ

アラフォー 婚活 後悔

私は今までいくつかの婚活アプリ・婚活サイトを使いました。 しかし、今のところ成果なし。 早く成果が欲しいので、ほかのサイトやアプリも探してみることにしました。 そんなとき、自分に全く関係のない、 【ハイスペック限定の婚活サイト】 を発見しました。 興味本位で、ハイスペック限定の婚活サイトを見てみることにしました。 『いったいどんな人が参加できる婚活サイトなんだろう…。 』 そのサイトで見た女性の条件とは… 【20代】の【美女】限定。 どちらの条件も私とは大きくかけ離れている事が分かりました。 そんな事、サイトを見る前から予想をしていた事なのに…。 見てしまったことを後悔。 ハイスペック婚活サイトに登録する事は不可能なのだから、低めスペック限定の婚活サイトは無いのかと探しましたが見つかりませんでした。 気持ちを切りかえて… 少しでも男性に好印象を持ってもらえるように…(太っていて)モテる女性の特徴を調べました。 【モテる要素】 ・笑顔 ・持ち物キレイ ・自虐しない などです。 たくさん書かれていましたが、その中から抜粋しました。 ・笑顔の時はニヤニヤ顔になる ・バッグの壊れた金具を適当に直してずっと使っている 2ヶ所 ・いつも自虐的 そんな特徴の私。 とりあえず、手っ取り早く解決しそうなバッグを新しい物に…。 (まだ使える…って思ってしまうけど。 ) そしてニヤニヤ顔を普通の笑顔になるように練習。 ついでに笑う時にすごく歯茎が出るのも直したい 自虐的な事に関しては、人前で自虐アピールしないよう 気をつけます。 これからも婚活に使えそうな情報を調べていこう…。 私が直さなくてはいけないところはまだまだたくさんありそうです。 (結局、この日は新たに婚活サイト・婚活アプリには登録しなかったので、また探します…。 読者登録も本当にありがとうございます。

次の

【後悔】自分のコンプレックスを自分で作る~婚活中アラフォー女の日常

アラフォー 婚活 後悔

こんにちは、アラフォー婚活アドバイザーのへろみです。 38歳で婚活をスタートし、43歳で今の夫と入籍し晴れて婚活OGになることができました。 結婚紹介所、婚活パーティー、婚活サイト、婚活アプリ、街コンなどなど試した出会いは100回以上! アラフォーで婚活を始める人、婚活が上手くいかず気づけばアラフォーになってしまった人へ、アラフォーによるアラフォーのための婚活アドバイスです。 今回は、アラフォーになると避けて通ることのできない、婚活の厳しい現実についてお話します。 アラフォー女性の婚活市場での位置づけ 希望する条件の人に相手にしてもらえないアラフォー女性 アラフォー婚活女性が、お相手として希望する条件に合う男性はこう思っています。 どうせ結婚するなら若くて、子供が埋める年齢の女性がいい。 いっぱしの家庭を築きたい、子供が欲しい、親に孫の顔を見せてあげたい、独身のままじゃ世間体や査定にも・・・ 男性が婚活を始めるときって、わりとこんな理由が大半を占めています。 そうなると、世の婚活男性たちは身の程を考えず、とりあえず「20~30代じゃないとイヤ」という考えを持った状態で婚活をスタートしがち・・・ TOKIOの城島君が24歳も年下の女性と結婚したニュースなどがあるとなおさら「だったら俺も」なんて思う人もいるでしょう。 そうなってくると、アラフォー女性が希望する「40代、50代男性」はまずもって、20代~30代に走ってしまうわけです。 見た目や収入などいわゆるスペックの高い男性ほど、若い女性を選びますので、アラフォー女性を選んでくれるのはもっと上の50代後半から60代ということになり、結局は需要と供給が合わないということに。 「こっちはお金払ってるんだから」「見た目や年齢じゃなくて中身を見て欲しい」という気持ちはわかりますが、遅かれ早かれ年齢の壁は必ず立ちはだかってくるでしょう。 アラフォー婚活の現実 無駄に出会う アラフォー婚活では無駄な出会いが多いです。 すぐに素敵なお相手と巡り会えれば良いのでしょが、ただでさえ形勢不利なアラフォー婚活、自然と活動の回数は増えていくわけで、その分無駄な出会いもあるのは仕方ないと思ってください。 後になって、「なんであんな人のために時間を使ってしまったんだろう」「なんであんな奴のためにお金を使ってしまったんだろう」と後悔することはザラです。 いつも通り生活していたら絶対に出会わない(できれば友達になりたくない)ような人や、職場にいてもたぶん話しかけないしような感じの人と知り合って関わることになります。 婚活パーティーや街コンなど、会って話すことから始まる婚活スタイルであれば、第一印象で排除することができますが、たとえば結婚紹介所や婚活アプリなど、性格以外の情報を元にマッチングした場合に「会ってみてガッカリ」ということは往々にしてあるわけです。 会って話してから始まる婚活パーティーと、性格以外の情報から始める婚活アプリや結婚紹介所、どちらがアラフォーに向いているかはまた別の記事で説明しますね。 だからと言って、会うことをためらっていてはいけません。 アラフォー婚活では、無駄に出会うことは仕方ないと心に留めておくことは、婚活中の貴女の心を整える上においてもとても大切なことなのです。 無駄に傷つく アラフォー婚活では避けて通れないのが、無駄に傷つくということです。 「あ~、こんなヒドイこと平気で言っちゃう人っているんだぁ~」と遠い目になることだって普通にあります。 婚活を始めてすぐ、大手結婚紹介に登録していたのですが、活動をさぼっていて10日間くらいマイページを覗いていませんでした。 (マイページで自己紹介者や、気になる相手へのアプローチや、メッセージ交換ができるシステム) すると、その10日間でいつのまにかある男性からアプローチがあり、そしていつのまにかフラれていました。 その時にその男性が放ったセリフというのが・・・ 「38歳、初婚、高卒でなにさまですか?」 低スペックをディスられるというね。 ずっと返事をしなかった私も悪いのですが、それ言う??? (LINEみたいに既読・未読マークがあれば・涙) 他にも、某婚活サイトでは最初のメッセージでスターウォーズの映画デートを提案され、映画じゃなくてお茶でとお願いしたら・・・ 「協調性があるか試させていただきましたが、あなたには協調性がありませんね。 」 どっちが!!! 興味のないジャンルの映画を提案してくるほうがじゃ!!! しかしどちらの男性も、捨て台詞とともに私のことをブロックしてしまったので反論もできず、ただただ傷ついて終わりです。 自戒も込めてですが、いい歳して独身の人はやはりそれなりに独身できてしまった理由がありそうです。 ですが、そんな捨て台詞を吐かれてしまった場合にはこう思うようにしましょう。 「捨て台詞吐くような小さな男だって早く気づいてよかった」 結婚した後に気づいても遅いわけですから、早めに本性出してくれて助かったと思って、さくっと記憶から消してしまいましょう。 アラフォー婚活の心構え 無駄が多いことを覚悟の上でいましょう アラフォー婚活における無駄についてお話させていただきました。 何かと不利なアラフォー女性の活動ですので、どんな経験が待ち構えているかを事前に心得ておくことはとっても大切です。 世の婚活男性がそろいもそろって若い女性が好きで、捨て台詞を吐く人ばかりではありませんが、もし万が一そういった類の人に会ってしまっても、浅い傷で済むよう私のアドバイスを頭の片隅に入れておいて欲しいと思います。 私の運営しているサイトには、アラフォー女性の婚活に役に立つ情報がたくさんありますので是非読んでいただきたいです。 アラフォー婚活のストレスが少しでも軽くなりますように・・・ WRITER ブロガー歴3年。 アラフォー婚活アドバイザー。 38歳で婚活開始、婚活パーティー、結婚紹介所、婚活サイト、婚活アプリ、街コンなどありとあらゆる婚活を経験。 43歳でめでたく婚活卒業。 婚活サイトで出会った夫は2歳年下の東京大学出身サラリーマン。 自身の体験を活かし、アラフォー婚活、バツイチ婚活、DINKS婚、男性心理、婚活テクニックのコラムを多数執筆。 【ライターより】 婚活は将来の幸せのためにやるもの。 だけど婚活をを成功させるまでに経験することは決して良いことばかりではありません。 だからこそ、たくさん学んで貴女に合った婚活方法、気持ちの整え方、トラブルの対処方法を身に着けて欲しいと思っています。 【こんな人に読んでほしい】 婚活がうまくいかない、婚活に疲れた、理想のお相手に出会えないとお悩みのアラフォー婚活サバイバーの方々。 【ブログ】.

次の