人口 ピラミッド 形。 日本とG7の人口ピラミッドを比較 異常な高齢化社会

「世界で最も奇妙だ…」UAEの人口ピラミッドが特殊な形をしていると注目を集める:らばQ

人口 ピラミッド 形

56年前は「見事なピラミッド」の形! まずはじめは、 1960年当時のものです。 ピラミッドの一番下の緑色部分で、 一番横に張り出しているのが「団塊世代」の人たちです。 時代は、1964年に開催された 東京オリンピックの4年前。 首都高や各種競技場の建設で東京中が建設ラッシュで活気溢れる、まさに高度成長期の真っ只中でした。 (東京オリンピックの4年前というは、今の日本と同じですね) さてこの時代の人口ピラミッドですが・・・、 分厚い20代30代の若い働き手、そしてその後に続く団塊世代。 いやー、日本にもこんな社会の教科書に出てきそうな「見事な人口ピラミッド」の時代があったんですね。 この頃は国も国民も、将来「少子高齢化社会」が来るなどまったく考えもしなかったでしょうね。 1980年には既に人口減少の芽が? 20年後の1980年には、日本の人口ピラミッドはかなり歪んだ形になってきました。 1970年代に起こった二度のオイルショックと狂乱物価を20代で経験した団塊世代も働き盛りの30代へ。 実は、この団塊世代の多くが結婚し、子供(いわゆる 団塊ジュニア)をつくったのがこの70年代前半だったそうです。 核家族化が進み、家も狭くなり子供の数も減り出したのです。 そして、この頃 日本の出生率は2. 0を割り込み・・・、現在では1. 4まで低下! 国に、今のような「 少子高齢化社会」が来ることへの危機感は無かったのだろうか?.

次の

【有望な投資先?】2100年も強い6ヶ国(総人口・人口ピラミット・人口増加率比較)

人口 ピラミッド 形

ユースバルジとは ユースバルジとは、人口爆発が原因で、人口ピラミッドの下部がバルジのように膨らみ、歪な形になる現象です。 ユース(youth)とは、若年層のことを表します。 バルジ(bulge)とは膨らみのことを表し、銀河の中心の膨らんでいる部分を銀河バルジと呼んだりもします。 通常、人は生まれてから歳を取るごとに徐々に亡くなっていくため、人工ピラミッドの形は、若年層から高齢層にかけて少しずつ減っていくような綺麗な三角形を描きます。 しかし、出生数が大きく増大している発展途上国などでは、若年層の割合が急激に大きくなり、若年層の人数が高齢層の人数とは不釣り合いなほど多くなります。 つまり、老人の人数に対して若者の人数が多い状態になっているということです。 その結果、ピラミッドの形としては、下部の若年層が異様に大きく膨らみ、ユースバルジの形状を成すのです。 こうしたピラミッドの形状は、人口爆発の最中である発展途上国でしばしば発生します。 日本の人口ピラミッドはどんな形? 日本では、第二次世界大戦が終わって間もない1950年~1960年頃に、人口爆発が発生し、人口ピラミッドがユースバルジの形になっていました。 団塊の世代と呼ばれる人々が生まれ、人口も大きく増加しました。 社会保障が必要な老人に対して労働人口が圧倒的に多くなるため、経済が目まぐるしく成長していきます。 実際、人口爆発の時期は日本の経済成長期に重なります。 しかし、他の先進国の例に漏れず、経済が発展するにつれ、徐々に出生率が低下し、日本の人口ピラミッドはユースバルジの形状から釣り鐘のような形へと移行していきます。 出生率が低下して若者の人数が減っていく一方、医療技術の進歩により死亡率も低下し、老人が増えていったのです。 なかなか新しい子供が生まれず、団塊の世代と呼ばれるかつての若者たちがそのまま高齢者になっていくため、現在の日本の人口ピラミッドはこれまでとは真逆で、高齢者が多く若者が少ないという形になっています。 労働人口が減ったにも関わらず、年金や保険といった社会保障を必要とする老人が増えていくため、日本の経済が衰退していくことは想像に難くなく、実際に近年の日本経済は縮小していっています。 経済成長において、人口ピラミッドの形が如何に重要かがわかります。 日常会話での使用方法 「最近、下っ腹がユースバルジになってきたな」 「太っただけなのにカッコよく言うな」.

次の

人口ピラミッド(じんこうピラミッド)とは

人口 ピラミッド 形

日本の人口は、平成22年10月1日に行った 国勢 こくせい 調査 ちょうさ の結果によると、約1億2806万人です。 いまから約400年前の江戸時代の初め(1600年ころ)は約1200万人でしたが、江戸時代のなかごろから明治時代になるまでは人口はずっと3000万人くらいだったと 推定 すいてい されています。 明治時代の人口推計によると、1873年(明治6年)の日本の人口は3340万人だったそうです。 江戸時代が終わった 明治 めいじ 維新 いしん 1868年 から100年後の1967年(昭和42年)には、日本の人口はついに1億人をこえました。 日本の人口は100年間で3倍になったのです。 国立 こくりつ 社会 しゃかい 保障 ほしょう ・ 人口 じんこう 問題 もんだい 研究所 けんきゅうじょ が2006年(平成18年)12月に、「日本の 将来 しょうらい 推計 すいけい 人口」という報告書を発表しました。 これは、2005 平成17 年10月に 実施 じっし した 国勢 こくせい 調査 ちょうさ の集計結果をもとにして、日本の 将来 しょうらい 人口を予想したものです。 将来 しょうらい の人口を予想するためには、生まれる子どもの数(「 出生数 しゅっせいすう 」といいます)や 年齢 ねんれい 別 べつ の死んでしまう人口(「 死亡数 しぼうすう 」といいます)などを予想します。 ところが、 出生数 しゅっせいすう や 死亡数 しぼうすう が多くなるのか、少なくなるのか予想することはとても 難 むずか しいのです。 そこで、 出生数 しゅっせいすう や 死亡数 しぼうすう が一番大きい予想と一番小さい予想をして、日本の 将来 しょうらい 人口を予想します。 今から40年後の2050年、つまり2000年生まれの子どもが50 歳 さい になるころには、日本の人口は1億人くらいにまで減っていると予想されています。 日本の人口をもう少しくわしく見てみましょう。 0 歳 さい 〜14 歳 さい までの子どもの人口と65 歳 さい 以上の 高齢者 こうれいしゃ の人口を比べると、子どもの人口が減り続け、 高齢者 こうれいしゃ の人口が増え続けているのがわかります。 1997年から子どもの人口よりも 高齢者 こうれいしゃ の人口の方が多くなりました。 全人口のなかの0〜14 歳 さい の人口、15〜64 歳 さい の人口、65 歳 さい 以上の人口の 割合 わりあい を見ても、65 歳 さい 以上の 高齢者 こうれいしゃ の人口が増えていることがよくわかります。 子どもの数が減って、 高齢者 こうれいしゃ がどんどん増えると、日本はどうなるでしょうか。 子どもの数が減るということは、 将来 しょうらい 、大人になって働く人口が減るということです。 少ない大人の力で多くの 高齢者 こうれいしゃ の生活を支えなければなりません。 高齢者 こうれいしゃ の人たちが病院にかかる費用やケアプラザなどの 福祉 ふくし 施設 しせつ を作ったりするお金も必要になります。 そうしたお金をだれが 払 はら えばよいでしょうか。 高齢者 こうれいしゃ が自分で 払 はら うためには、たくさん貯金を持っていなければなりません。 国や市町村が 払 はら うためには、働いている大人から税金を集めないとお金が足りません。 とてもむずかしい問題です。 「人口ピラミッド」というグラフがあります。 年齢 ねんれい 別 べつ の男・女の数や人口が何人いるかを示す資料で、 年齢 ねんれい の低い順に下から横 棒 ぼう グラフを重ねていくと、二等辺三角形のような形になります。 この形が、エジプトのピラミッドに似ているので「人口ピラミッド」と 呼 よ びます。 日本の「人口ピラミッド」を見てみましょう。 戦争(第2次世界大戦)が1945年に終わって平和な時代になって、子どもが多く生まれました。 子どもの人口が多く、 高齢者 こうれいしゃ の人口が少ない、きれいな三角形のピラミッドの形をしています。 20 歳 さい くらいのところでグラフが横に 突 つ き出ていますが、ここが、1950年ころに生まれた、今のおじいさん、おばあさんの年代の人たちが大人になったころです。 その子どもたちがお父さん、お母さんということです。 10 歳 さい くらいの子どもの数が少なくなっていますが、お父さん、お母さんが生まれたころは、生まれた子どもの数が再び増えました。 ピラミッドの形が少しくずれてきました。 このとき、今のお父さん、お母さんの年代の人たちは30 歳 さい くらい、今のおじいさん、おばあさんの年代の人たちは50 歳 さい くらいになっています。 お父さん、お母さんの年代の人たちが生まれたあとは、生まれる子どもの数が毎年減っています。 全体的に子どもの数が少なくなってきて、人口ピラミッドの形がお寺にある「 釣鐘 つりがね 」のような形になってきました。 2010年に小学4年生だった子どもが20 歳 さい になるころです。 1970年生まれのお父さん、お母さんは50 歳 さい 、1950年生まれのおじいさん、おばあさんは70 歳 さい になります。 子どもの数よりも 高齢者 こうれいしゃ の数の方が多くなっています。 子どもの数よりも 高齢者 こうれいしゃ の数の方がずっと多くなっています。 人口ピラミッドの形が「つぼ」や「花びん」のような形になってきました。 0〜14 歳 さい の人口、15〜64 歳 さい の人口、65 歳 さい 以上の人口の 割合 わりあい を世界の国々と比べてみましょう。 日本は世界のなかでも0〜14 歳 さい の子どもの 割合 わりあい が少なく、65 歳 さい 以上の高齢者の 割合 わりあい が高い国です。 全人口に 占 し める65 歳 さい 以上人口の 割合 わりあい のことを「 高齢化率 こうれいかりつ 」と言います。 世界の国々と比べてみると日本は23. 1%と世界でも高い 高齢化率 こうれいかりつ の国で、「 超高齢 ちょうこうれい 社会」と言われています。 ・「 高齢化 こうれいか 社会」とは・・・ 高齢化率 こうれいかりつ が7〜14%のことを言います。 ・「 高齢 こうれい 社会」とは・・・・ 高齢化率 こうれいかりつ が14〜21%のことを言います。 ・「 超高齢 ちょうこうれい 社会」とは・・・ 高齢化率 こうれいかりつ が21%以上のことを言います。 高齢化率 こうれいかりつ が25%ということは、人口の4人に1人が65 歳 さい 以上ということです。 日本は、それに近い 状態 じょうたい になっているということです。 日本は世界でも例のない速さで 高齢化率 こうれいかりつ が上がっています。 内閣府 ないかくふ の「平成23年版 高齢 こうれい 社会 しゃかい 白書 はくしょ 」によると、 高齢化率 こうれいかりつ が7%から14%になるまでにかかった年数(「 倍化 ばいか 年数」と言います)は、フランスが115年、スウェーデンが85年、ドイツが40年、イギリスが47年であるのに対し、日本は1970年に7%をこえると、24年後の1994年には14%になりました。 また、 将来 しょうらい の 高齢化率 こうれいかりつ の予想ですが、日本は40年後の2050年には 高齢化率 こうれいかりつ が40%になると予想されています。

次の