男の子 名前 キラキラネーム ランキング。 女の子のキラキラネーム一覧!かわいい女の子の名前をランキング!名付けのポイントも

最近急増中!男の子の命名に人気のキラキラネーム40選!

男の子 名前 キラキラネーム ランキング

どんな親であっても、子供に与えられる宝物が1つだけある。 それは名前だ。 あなたが生まれた時、親が精一杯考えてつけてくれたもの。 私(中澤)の下の名前は「星児」。 当時にしては、若干キラキラネーム気味のため、思春期は馬鹿にされて嫌なこともあったが、今では良い名前だと思う。 この度、苗字から字画の良い名前や名づけの由来などを検索できるサイト「無料赤ちゃん名づけ」を運営する株式会社リクスタが、2016〜2017年の赤ちゃんの名前ランキングを発表した。 ランキングによると、男の子の1位は「 柊希」くん、女の子の1位は「 心陽」ちゃん。 さて、なんて読むでしょう。 ・多くの人が活用する名づけサイト このランキングは、月間400万アクセスの「無料 赤ちゃん名づけ」アプリと「赤ちゃん名づけ実績No. 男の子のランキング上位は以下の通り。 ・2016年度男の子の名前ランキング 1位 柊希 2位 凰 3位 颯 ちなみに、1位の「柊希」くんは昨年は100位圏外からの大躍進。 だが、近年 「柊」という文字は、男女ともに人気の文字とのこと。 続いて、2位の「凰」くんも圏外からのランクイン。 唯一、「颯」くんが前年も2位の人気の名前だという。 続いて、女の子の上位は以下である。 ・2016年度女の子の名前ランキング 1位 心陽 2位 心桜 3位 和楓 親の気合いが伝わってくるようである。 個人的には、男の子の3位と2位は「これかな?」という予測はできるが、女の子は全部見当もつかない。 あなたは読めるだろうか? 読み方はで! 参照元:赤ちゃん名づけ「」「」 執筆: Photo:Rocketnews24.

次の

【クイズ】2016年度赤ちゃんの名前ランキング男の子1位「柊希」女の子1位「心陽」← さてなんて読むでしょう

男の子 名前 キラキラネーム ランキング

男の子名前人気ランキングを発表します。 文字別では1位が「翔」、2位が「湊」、3位が「悠真」とランクイン! 名前の読み方別では1位が「はると」、2位が「ゆうと」、3位が「そうた」となりました。 昨年に引き続き3音の名前が主流、最後の音が「と」「ま」などで終わる音も人気です。 <男の子の名前ランキング 目次>• なお企業などでも発表されている名前ランキングですが、今回は私が最近5年間に命名相談で出された候補のお名前をもとに集計したものです(~2019年10月)。 なお、たとえ人気順位が高くても、間違った読み方の名前、男女を間違える名前は、まねをする人が出ないよう削除してあります。 読み方は圧倒的に「ひろと」が多いですが、他のふりがなもあるようです。 なお、大の字を「ひろ」と読むのは正しいですが、翔の字に「とぶ」の読み方をのせているのはごく一部の辞典だけです。 『悠介』『悠平』『悠互』『悠太』などの名も多いですが、とくに最近は「ゆうま」の呼び名が人気があります。 太、悠、大の字の人気は、厳しく管理された生活や、いじめなどの多い時代において、のびのびとした大きさ、広さをあらわす字が無意識に好まれているということではないでしょうか。 この名はまれに「ゆま」というふりがなで女の子につけられることもありますが、基本的には男の子の名です。 名前に使えるようになってからは、『翔』『翔平』『翔吾』『翔太』『翔也』『翔真』『翔馬』などの名前が大流行し、平成半ばごろからは『大翔(ひろと)』『海翔(かいと)』『陽翔(はると)』などのように、下側に使って「と」と読ませる名も増えました。 長い人気を保っていますが、とくに最近は大谷翔平の影響も拍車をかけているかもしれません。 女の子の名前もそうですが、これは現代人が日常生活で自然と接することが少なくなり、いかに自然を求めているかということを表していますが、さらに環境問題に対する心配も影響しているものと思われます。 詳しくは「」もご覧ください。 平成のときはもともと平の字は男の子に多く使われていた字で、急激な増加という現象はありませんでした。 令和の年号の影響も表れていません。 令の字はこれまでもほとんど名前に使われなかった字です。 和の字はもとから名前に使われてきましたが、令和になってとくに増えたということもありません。 新元号の名づけについては「」もご覧ください。 もはや見ても驚く人も無く、むしろ陳腐な感じすら出てきたためでしょう。 今後は急速に減っていくことも予想されます。 男の子では戦国武将のような歴史的なロマンを感じさせる名前も増えつつあります。 日本の良さを守りたいという意識のあらわれかもしれません。 詳しくは「」でをご覧ください。 なお注目すべきは、五郎丸歩(あゆむ)の影響で、同じ名前が急上昇していることです。 それまでは歩は圧倒的に「あゆみ」と読む女の子の名でしたが、今は「あゆむ」という男の子の名が多くなっています。 文字数別名前について詳しくは「」や「」もご覧ください。 男の子の名前ランキング呼び名1位「そうた」2位「はると」3位「ゆうた」 順位 男の子のよび名 21 りくと 22 えいと 23 そうま 24 そう 25 ゆうた 26 あきと 27 りょう 28 かい 29 けいすけ 30 りょうま 名前の人気ランキングの傾向は、使われる漢字と読み方で集計結果が違ってきますので、必ず両面から見る必要があります。 名前の読み方別ランキング集計の人気順位は、年によって多少の変動はありますが、入ってくる呼び名そのものは大きく変わることはありません。 名前の読みには、付ける人のよび名の好みが表現されますが、さらにその時代にもっとも求められていたもの、言いかえれば不足していて手に入れにくいものもよく表現されます。 最近の傾向として、最後の音が「と」「き」「た」「ま」などで終わる名前が好まれることが分かります。 昔と違ってやはり3音の名前が主流ではありますが、最近は「こうせい」「ゆうせい」など4音で音読みの呼び名も少しずつ増えてはいます。 【関連記事】•

次の

キラキラネーム一覧!まさかの実在、男の子女の子の名前

男の子 名前 キラキラネーム ランキング

SPONSORED LINK キラキラネームの由来 以下、キラキラネームを発表する前に、その詳細について説明します。 早くキラキラネームを視たい方は、上記リンクより、レベル別のキラキラネームを見てみましょう。 キラキラネームはなぜ生まれるのか 日本は戸籍法第50条、戸籍法施行規則第60条、および法務省により、子の名に使用できる常用漢字及び、人名用漢字の範囲に規定しているが、戸籍には氏名の呼び方までは登録されない為、使用可能な漢字を用いる限り、戸籍上の氏名をどのような読みにするかについての法的制限は基本的にない。 上記の様に、名前の読み方については特に制限がない為、基本的に何でも許されています。 しかし、「難解、卑猥、使用の著しい不便、特定(識別)の困難などの名は命名することができない」として出生届の不受理を行う場合もあります。 役所によって対応が違う為、出生届が受理されるパターンもあり、上記のようなキラキラネームが誕生してしまう訳です。 実際に上記でご紹介した200人の名前には、改名した方も多く存在します。 キラキラ・DQNネームを名付けられた子は、生まれた時から過酷な環境を耐え抜かねばならない事が分かります。 海外のキラキラネーム 実は、このような変わった名前については国内だけの問題ではなく、海外でも同様に関係者が頭を悩ませています。 例えば、海外では、以下のような信じられないような名前も登録されています。 裁判が行われることも多く、否認されたり、容認されたりと、対応は国によって異なります。 また、最近中国では、『 』や『-A』などの記号を用いた名前も登録されているようで、その問題の根深さを物語ります。 SPONSORED LINK テレビなどで取り上げられたキラキラネーム キラキラネームの一覧を紹介する前に、テレビなどで取り上げられ話題になったキラキラネームを幾つか紹介していきます。 甲府家裁に改名を申し立て、変更を許可された。 (引用:) 以下のキラキラネーム一覧でも紹介しますが、上記のように既に改名が完了したキラキラネームです。 ニュースでも取り上げられたため、これがきっかけでキラキラネームに関心を持った方も多いのではないでしょうか。 父親は日本人、母親はフィリピンと中国のハーフのようです。 半端の無いインパクトを持ち、一度耳にしたら、二度と忘れられない稀有な名前と言えるでしょう。 プリンセスキャンディ(ぷりんせすきゃんでぃ) 性別:女 上記したように、月曜から夜更かしに登場した名前です。 最後に 興味本位でキラキラネーム・DQNネームをまとめてみましたが、途中少しため息が出ました。 私の本名は普通の名前です。 特に捻りもなく、私の両親は単純に色々な知見を持ってほしいという願いを込め、私の名前を付けました。 普通ですが、本当にこの名前を付けてくれた両親に感謝しています。 これは私の持論ですが、 親は子どもに何かを背負わせる権利はないと思っています。 名前はこの世に生を受けてから、棺桶に入るまで、ずっとその人と共にあります。 だからこそ、何かを背負わせるような名前を付ける権利は、誰にも存在しないのです。 野球選手を願って、それに関連した名前を付けたり、芸能人を模倣した名前を付けたりすることは、単に両親の醜悪で愚劣なエゴです。 子どもの可能性は無限大です。 もしかしたら、その子は将来は宇宙に行って、全人未踏の地を歩いているかも知れません。 著名なミュージシャンになって、あらゆる人の耳にその声を届けるかもしれません。 その可能性を、親の都合で捻じ曲げる行為は、最もあってはならないものだと思います。 親は、子の成長を支え、陰で優しく見守る事がその責務になります。 自身の愚かで醜い願望を、子どもに投影してはいけません。 他、小ネタ記事はこちら! ponpon (漢字) 煮物 20画 (読み) にもの nimono (性別) 女 (メモ) 母親が料理が全然だめで、一人目の子が生まれた時に、煮物だけは作れるようにするって御主人と約束。 で、もし二人目が生まれるまでに作れなければ、名前は「煮物」にすると約束したらしい。 母親は、まさか本当に付けないと思ってたら、父親が勝手に名前を出しちゃったらしい。。 子供は、まだ分かってないらしく、「にもたん」と自分の事言ってました… (漢字) 幻の銀侍 27画 (読み) まぼろしのぎんじ maboroshinoginji (性別) 男 (メモ) 役所に登録されるまで3時間かかったらしい。

次の