ガトー名言。 ガンダムに関する質問です!!①ガトーが敵の機体を倒す時に「南無三」みたいな...

初心忘るべからず/世阿弥/名言A0019

ガトー名言

担当声優はさん。 「多くの英霊が無駄死にで無かった事の証の為に…! 再びジオンの理想を掲げる為に…! 星の屑、成就の為に…! ソロモンよ!私は帰って来た!!」 人物像 残党勢力「」の一員で、 の異名を持つジオン屈指のエースパイロットである(撃墜数200機、正式スコアは100機程度)。 その名は、士官学校の現代戦史教本に載る程で、戦後の士官学校卒業兵はおろかを生き抜いたベテラン兵でさえも恐怖と焦りを感じさせるものであった。 デラーズ紛争の際でも3年間のブランクを思わせないようなパイロット技量を持っている。 漫画作品「機動戦士ガンダム0083 REBELLION」ではUC. 0083当時では旧式機であるを駆り、孤立無援の状況でありながら最新鋭機である3機を翻弄するという芸当を見せている。 しかもジム・カスタムのパイロットは時に「不死身の第四小隊」に所属していた、、らベテランパイロットが搭乗していたのにも関わらず終始優位に戦闘を進めている。 一年戦争時の階級は大尉。 デラーズ・フリート参加時少佐に昇進(この時の戦いぶりは、彼をとしたによる短編漫画『ソロモンの悪夢』に記されている)。 作中での年齢は25歳。 身長は195cm。 はまさに武人そのもので、自らが信じたジオンの理想を貫き通し、そのためのあらゆる汚名を背負う覚悟を秘めた鋼の意志の持ち主。 一方で愚直というよりも盲目的なまでにジオンの理想に傾倒する側面があり、のような自らの信念や美意識に相容れぬ人物に対しては、露骨な嫌悪や差別的な態度を見せることがある(最もシーマもガトーの乗艦する船にわざと激突しようとしたり、悪びれずに嫌味を言うなど彼女にも問題はあるが)。 『』本作の主人公であるとの関係は、初めはヒヨっ子扱いするなど未熟なパイロットとして見ていたが、度重なる戦闘を繰り広げるうちに次第にライバルと呼べる間柄になる。 劇中での活躍 一年戦争時代 一年戦争においては、が指揮する宇宙攻撃軍第302哨戒中隊隊長として、ソロモンを中心とした宙域で活動していた。 ソロモン撤退戦ではへ撤退する、級空母二番艦ドロワを中心とした艦隊の殿を務め、部隊を全滅、または壊滅状態に追い込むなど、連邦軍追撃艦隊に多大な損害を与えた(この時、「ソロモンの悪夢」の異名が付き、この戦闘で8隻の戦艦を撃沈したと言われている)。 なお、この時の搭乗機はもしくはのどちらかと言われているが、一部の映像作品などではビームバズーカ装備のリック・ドムで戦艦を多数撃沈、またが搭乗するガンダムとも交戦するが決定打を与えられずに撤退となり、ゲルググ配備はソロモン戦の後という解釈になっている。 前述したことぶき版ではゲルググということになっている。 彼の専用機はいずれも四肢が青、胴体をライトグリーンで塗り分けたパーソナルカラーとなっている。 リック・ドム、ゲルググのほかに、以前は同じパーソナルカラーで塗られた 改良型であるR-1Aとされる にも搭乗していた。 このほか、リック・ドムはビームバズーカ装備であったとしたり、ゲルググに関しても先行量産型のYMS-14であるとする説と量産型のMS-14Aであるという説に加え、H型であり大型試作装備であったとする説など、搭乗機に関しての意見は様々ある。 ア・バオア・クー防衛戦にはゲルググで参戦していたのが確認されているが、戦闘中に乗機の右腕が流れ弾に被弾。 修理を受ける為、偶然近くに居たの乗艦、グワジン級戦艦グワデンに着艦するが、デラーズは戦闘宙域からの撤退を決定していたため修理を受けられなかった。 止むを得ず艦のドックに残されていた試作型リック・ドム(デラーズ専用機)に乗り換えて再度出撃しようとするが、デラーズに説き伏せられ、彼と共にア・バオア・クーの戦線より離脱する。 その後暫くは、で潜伏生活を送る。 当時、月の企業連合体はに好意的であり、彼等に匿われた公国軍残党は比較的快適な潜伏生活を送っていたとされる。 このときにと恋仲にあり、同様にフォン・ブラウン市に滞在していた戦友であるとも交流があった模様である。 デラーズ・フリート時代 宇宙世紀0081年9月17日にデラーズ・フリートに復帰。 0083年10月13日、地球連邦軍トリントン基地にバルフィッシュと言うコードネームを使用し、ニック・オービルの乗るジープで潜入。 同基地からMk-82核弾頭搭載のを強奪し追撃の手を振り切りながら、アフリカ方面へ逃亡する。 アフリカ・キンバライド鉱山基地でのアルビオンとの戦闘の際には脱出用のHLVに乗り込んでいたため戦闘には参加せず、の時間稼ぎもあり宇宙に脱出する(この時、ビッターからブルーダイヤモンドを受け取る)。 その後、自身がガンダム試作2号機を駆りコンペイ島宙域で行われた連邦軍の観艦式を襲撃。 核攻撃の直後、追撃してきたのとの一騎打ちに突入する。 戦闘では核発射後の機体の不調や、試作1号機との機体の相性差(その時の2号機の兵装は頭部バルカン2門と両腰のビームサーベルのみ)などの不利な状況をものともせずにコウを圧倒するが、最終的に相打ちとなりガンダム試作2号機は大破してしまい、一年戦争時代からの部下であったに救助される。 その後、乗機を先遣艦隊から提供されたに換え、デラーズ・フリートの最終目的である地球へのコロニー落としを成功させるため出撃する。 連邦軍のコロニー追撃艦隊を殲滅する鬼神の如き戦闘能力を発揮し、コウのと死闘を繰り広げた。 なお、ノイエ・ジールを受領した際には、その機体形状がジオンのシンボルマークに似ていることから「ジオンの精神が形になったようだ」と喜んでいた。 地球軌道上での戦闘では、連邦軍が切り札として展開していた、IIのコントロール艦を破壊、コロニー破壊を阻止し、コロニー内部のコントロールルームに進入、コロニーの最終軌道調整を自身の手で果たす。 この時ニナと再会するが、コウにその隙を突かれ、で脇腹を負傷。 ニナに助けられるも、彼女を巻き込まない為に気絶させカリウスに預ける。 その後、連邦軍艦隊の包囲網から逃れるチャンスを無視し、コウとの最後の一騎打ちへと突入する。 戦闘は一進一退の攻防を繰り広げたが、ガトーのがコウのを拘束して止めを刺そうとしたその時、の味方の損害も無視したソーラ・システムIIの第二射を受ける。 この一撃により機体が中破。 は行動不能になったが、ガトーはあえて止めを刺さずにその宙域を去る。 残存した味方部隊とともにアクシズ先遣艦隊へと到達するため連邦の包囲網を突破しようとするが、圧倒的多数による攻撃に加え、機体・心身ともに消耗が激しく、各所に被弾。 味方機が次々脱落する中、雄叫びを上げながらサラミス級宇宙巡洋艦(0083版、小説版ではマゼラン級宇宙戦艦)にを仕掛け戦死した。 搭乗機体 ・MS-09RS リック・ドム (ビームバズーカ装備タイプだったと言われている) ・MS-14A ゲルググ(先行量産型のYMS-14又はS型又はH型との説もある) ・RX-78GP02A ガンダム試作2号機(サイサリス) ・AMA-X2 AMA-002 ノイエ・ジール 評価 OVAシリーズが展開された初期より、デラーズ・フリートはジオンにおける「憂国の士」として視聴者から好評されており、その中でも多くの戦場を駆け抜け、最終的に散っていったガトーは、と見なされ、主人公であるコウ達よりも絶賛な人気を誇っていた。 しかし、冷静に考察すると、トリントン基地でMSを強奪した点に関してはまだしも、それから宇宙に上がった後は、非戦闘地帯である観艦式を強襲して行った核弾頭による大虐殺や、最後の戦いでは地球へのまで実行する等、「大義」や「ジオンの精神」といった美辞麗句や「私は義によって立っているからな! 」といった自画自賛を幾ら並べたとしても、 ガトーやデラーズが劇中でやった事は一方的な虐殺…つまりはでしかなく、その動機も結局の所、他のの軍人達と同様「 自分達ジオンが一年戦争で負けた事実を認めたくなかったから」という「私怨」に過ぎない、駄々をこねた子供と変わらないものであった。 また、歴史的な悪行に手を染めたガトーであるが、それ以外における劇中の様子から見ても、 大仰な台詞を並べていた割には、ただデラーズに言われるがまま行動していただけではないかという印象も強い。 「 『人類全てをニュータイプへと革新させる』と言う独自の理想を語り本気で実現を目指していた理想家」でもあったと比べてみても、ガトーの場合は「 戦場に身を置く事を生き甲斐とし、ジオンの精神に殉じる事だけしか考えていない」としてのマイナスイメージが拭えない部分もあった。 更に同じジオンの軍人達に対しては労いの言葉や哀悼の意を見せる事もあったのに対し、敵対しているとはいえ、連邦側に対してはひたすら侮蔑の態度を取り続け、自分達の戦いによって死んでいった者達の事も人間扱いさえしようせず軽んじる傲慢さも見せており、自分の美意識にそぐわなければ、汚れ役を散々担わされてきた率いる海兵隊の事も仲間として認めない器の小ささも見せている。 劇中でも、ガトーは他のジオン軍人達と共に、上から目線で連邦を一方的に非難した発言を繰り返しているのだが、 その台詞の中には自分自身に返ってくるやも結構多かったりする。 そして根本的な点も突けば、 ガトーやデラーズのみならず、デラーズ・フリート全体が、選民思想に基づいた独裁政治を掲げ、コロニー落としやといった非道な手段で50億人近くものアースノイドを虐殺し、逆らう意思を見せれば同胞のスペースノイドさえ毒ガスで始末するという「ヒトラーの尻尾」であったの信奉者であったという負の面を持っていた事にある。 そのギレンと全く変わらない事を実行して多くの犠牲者を出した結果、 スペースノイドをより苛烈な方法で弾圧するが結成される決定的な要因となり、ジオンの本国であるをも危険に晒される事になってしまうのだが、当のガトー本人はその責任について何も負わないまま「殉死」という形で歴史から消えた事も「無責任過ぎる」という批判もある。 これらからも、 アナベル・ガトーの所業や人物そのものに批判する者がいたとしても、「それは当然の事でもあった」と言わざるを得ないだろう。 現在も、上記の理由だけでなく、現実社会でも凶悪なテロ事件が何度も起きてテロの恐ろしさが明確になった事もあって、賛否両論の分かれるところはあるが、自らの信念に殉じる無骨で潔い生き様から未だにファンも多く、主催のガンダム40周年記念の全ガンダム大投票では人気ランキングでトップクラスに食い込むなど、 非常に人気の高いキャラクターなのは事実である。 」 (を前に)「 素晴らしい……ジオンの精神が形になったようだ」 (ソーラ・システムIIのコントロール艦を撃破した際)「 南無三!! 」 余談 「アナベル」という彼のファーストネームは一般的には女性名だが、とは異なりコンプレックスを抱いている描写はない。 が、アンソロジーコミックなどでネタにされることはある。 本来はドズルの部下なのだがデラーズ紛争の影響か「ギレンの野望」等ではデラーズ共々ギレンの部下となっている。 ゲーム『』の旧シリーズでは、その高い人気から本来相容れるはずの無い連邦側であるプレイヤー勢力と共闘する的な展開もあったのだが、現在はガトーの所業や性格について冷静に考察された事もあってか、「最後まで敵対する」か「一時は味方になるけど結局は敵なる」かのどちらかとなっている。 また、ライバルであるコウの成長に伴い、逆に彼に論破され自身の非を認めたりと、敵として最期を迎えた場合でも若干ではあるが性格面で改善されている場合がある。 関連イラスト.

次の

臥藤門司

ガトー名言

もくじ• アナベルガトーの名言セリフまとめ! それではアナベル・ガトーの名言を独断と偏見で選んでみたので、紹介します! アナベルガトーの名言その1「私を敵に回すには君はまだ、未熟!」 「機動戦士ガンダム0083 STARDUSTMEMORY」の第2話「終わりなき追撃」でのアナベル・ガトーの名言です。 ガンダムGP-02を強奪しようとしたアナベル・ガトーを阻止するため出撃したコウ・ウラキを軽くあしらった時のセリフです。 これがガトーのコウに対する第一印象になります。 確かにこの時点で、コウの操縦技術は未熟なので、ガトーの言いたい気持ちもわかりますね。 コウ「無理です!交戦中に…!それにまだ、勝敗が決まったわけではありません!やります!」 ガトー「フ…意気込みはよし。 だが相手がヒヨッコではな」 コウ「うわああああああっ!ううっ!はぁ…」 ガトー「ウラキ少尉」 コウ「あ…」 ガトー「私を敵に回すには、キミはまだ…未熟!」 コウ「未熟だとっ!ああ?!」 アナベルガトーの名言その2「私の心は、今の宇宙(そら)のように震えている…!」 「機動戦士ガンダム0083 STARDUSTMEMORY」の第8話「策謀の宙域」でのアナベル・ガトーの名言です。 観艦式を目前に、続々と自分(アナベル・ガトー)へと集まってくる部下を見て、武者震いをするガトーが放ったセリフです。 ガトーだからこそ、この臭いセリフを言えるのですね。 スペースノイドの気持ちを理解しているからこそ、絶対にこの戦いに勝てると言う確信めいたものが出てきたのではないでしょうか? ガトー「懐かしいぞ、カリウス!来てくれたな」 カリウス「少佐!302哨戒中隊、わずか3機になりましたが…」 ガトー「母艦の連中もまもなくだ。 私の心は、今の宇宙のように震えている」 カリウス「しかし、おかしな事もあったものです」 ガトー「ん?何だ?」 カリウス「シーマ中佐の事です。 我々は誤って、シーマ艦隊に降りそうになりました」 ガトー「シーマ・ガラハウ…担当はあらぬ方向だったが…」 アナベルガトーの名言その3「ソロモンよ、私は帰ってきた!」 「機動戦士ガンダム0083 STARDUSTMEMORY」の第9話「ソロモンの悪夢」でのアナベル・ガトーの名言です。 待ちに待った時が来たのだ。 多くの英霊が、無駄死にでなかったことの証のために。 アナベル・ガトー/機動戦士ガンダム0083 — ガンダムシリーズ名言集 gundamrem これは、コウ・ウラキを待っていたアナベル・ガトーがコウに言った一言です。 一年戦争終結後、地球連邦軍のガンダム開発計画にモビルスーツの核武装が含まれるなど南極条約に違反する動きを見せ、地球連邦軍ではアースノイド至上主義が台頭するなど腐敗が進んでいた時期でしたね。 コウ「…こちらウラキ。 今、コロニーを出た…」 スコット「中尉、無事だったんですね!すぐにアルビオンと合流を!」 コウ「あっ?!な…何?!」 スコット「アルビオンは、コロニーの後方8000、7・7・1!もう限界です、急いで!」 ガトー「フッフッフ、腐った連邦に属さねば、貴様も苦しむ事はなかったろうに」 スコット「中尉、どうしました?!中…」 コウ「待っていたのか…オレの為に…」 アナベルガトーの歴代専用機と性能を解説! 1.MS-06R-1A 高機動型ザク 一年戦争時に登場していた機体です。 専用機は、青、緑、白のパーソナルカラーで塗装され、実戦ではサブマシンガンの主兵装としていました。 2.MS-09RS リック・ドム ソロモン撤退戦でアナベル・ガトーが搭乗した機体です。 パーソナルカラーの青と緑で塗装されたのが、ガトー専用機で、ビーム・バズーカを主な装備としてビーム兵器のドライブが可能となっています。 3.MS-14A ゲルググ アナベル・ガトー専用機となったのは「先行量産型ゲルググ」で、シャア・アズナブルにも渡されている機体でもあります。 本作の第1話冒頭でガトーが搭乗してア・バオア・クーの戦闘で勇戦しています。 ちなみに、「ソロモンの悪夢」と呼ばれるようになったのも、この機体に搭乗してからです。 4.RX-78GP02A ガンダム試作2号機 言わずと知れたガンダム試作2号機で、コードネーム「サイサリス」。 バルカン砲やビームサーベルだけでなく、核兵器でもあるアトミックバズーカを装備しています。 また装備している盾は、ラジエーター・シールドでアトミックバズーカ使用時の機体保護の為に特化した装備となっています。 当然のことながら、地球連邦軍から強奪した機体ですから、ガトーの専用機ではありません。 5.AMA-X2 ノイエ・ジール ジオン公国軍残党組織「アクシズ」が開発した試作機です。。 この機体の特徴はなんと言ってもメガカノンやメガ粒子砲、Iフィールドジェネレーターだけでなく、ニュータイプ用の武装をオールドタイプのパイロットでも扱えるように設定されていることです。 またその巨体に似合わない機動性も持ち合わせています。 この機体もアクシズからデラーズ・フリートに譲渡された機体でガトーしか搭乗していません。 アナベルガトーの声優大塚明夫さんプロフィールを紹介 アナベル・ガトーの声を演じたのは、声優の大塚明夫さんです。 大塚さんは、独特の低い声質が特徴の声優さんで、アニメ作品だけでなく、ナレーションから吹き替えまで幅広く活躍されています。 ガンダム作品だと、「新機動戦記ガンダムW」や「ジ・オリジン」のナレーション、「MSイグルー2重力戦線」。 また、「機動戦士ガンダムSEED DESTINY GENERATION of C. 」などガンダムゲームではアナベル・ガトー以外も演じているようですね。 TVアニメ「刃牙」で範馬勇次郎、ブラックジャックやジブリ作品「紅の豚」ではドナルド・カーチスを演じています。 舞台俳優としても、シェイクスピアなど古典から現代劇まで幅広く活躍されているのだとか。 ちなみに、「機動戦士ガンダム0083 STARDUSTMEMORY」のエイパー・シナプス艦長の声を担当されていた大塚周夫さんは、実のお父さんなのだそうです。 ただ、シャアとの比較となると、ニュータイプへと覚醒した分、シャアの方が有利であると思われます。 また、ルウム戦役で名を挙げ「赤い彗星」と呼ばれるようになり、その後ドズル・ザビに艦隊を任されていることからも操縦技術のみならず、指揮能力にも長けていることを証明しています。 とは言え、オールドタイプのパイロットだけで考えれば、アナベル・ガトーはエース級のパイロットなので、決して弱くはないでしょう。 一年戦争開戦時ではシャアと互角くらいの強さだと思いますが、一年戦争終盤のシャアの強さと比較するとシャアが圧倒的に強くなっています。 そしてコウ・ウラキが操るガンダム試作3号機デンドロビウムと死闘を繰り広げます。 また連邦軍がコロニー破壊の切り札として準備を進めたソーラ・システム㈼のコントロール艦を破壊、コロニー内部に侵入し、最終軌道調整を行っています。 そして、連邦軍隊の包囲網から逃げるチャンスを捨て、コウ・ウラキとの一騎打ちを選択。 戦闘は一進一退の攻防であったが、ガトーが弾薬の尽きたコウを捕獲したその時、ソーラ・システム㈼の第二射を受けてしまいます。 その攻撃で機体は中破、コウは行動不能に陥ったのです。 しかしガトーはあえてコウにトドメをささずにその宙域から立ち去っています。 ガトーは味方部隊とともにアクシズ先遣艦隊に到達するため地球連邦軍の包囲網の突破を試みるも圧倒的な数と攻撃によって各所に被弾してしまいます。 そして最後は、雄叫びを上げながらサラミス級宇宙巡洋艦に特攻し戦死したのが最後です。 退却のチャンスを捨て、一騎打ちを受けて立つだけでなく、包囲網を強行突破することを試みるも最後は力尽き、特攻を選択して壮絶な戦死を遂げるのでした。 一年戦争では、ドズル・ザビが指揮する宇宙攻撃軍第302哨戒中隊体調として、ソロモンを中心とした宙域で活躍していました。 また、ソロモン撤退戦ではア・バオア・クーへ撤退するドロス級空母を中心とした艦隊のしんがりも務め、ジム部隊を壊滅状態に追い込み、地球連邦軍に多大な損害を与えています。 この時「ソロモンの悪夢」と言う異名がついたとされています。 一年戦争終結後は、地球連邦軍士官学校の現代戦史教本に掲載されるなど有名となっています。 (ちょっとそれ読んでみたい) アナベルガトーの名言セリフと専用機やシャアとの強さ比較のまとめ 今回は、独断と偏見で 1.「私を敵に回すには君はまだ、未熟!」 2.「私の心は、今の宇宙(そら)のように震えている…!」 3.「ソロモンよ、私は帰ってきた!」 4.「素晴らしい…!まるでジオンの精神が形となったような!」 5.「フフフ、腐った連邦に属さねば、貴様も苦しむことはなかったろうに」 と言う5つの名言を紹介してきました。 アナベル・ガトーはその漢気溢れる生き方が共感を呼びガンダムファンの中でも、生き方がかっこいいと称される人物です。 しかし、一方で、ソロモンの悪夢と呼ばれていたとしてもMSパイロットとしては未熟なコウ・ウラキと互角の強さだけが際立って、大したことのないパイロットに見えてしまうと言う悲しいキャラクターでもあります。 また、ガンダムシリーズ史上最強の悪女ニナ・パープルトンとの関係も含めてガトーと言う人物の魅力ですね。

次の

ガンダムに関する質問です!!①ガトーが敵の機体を倒す時に「南無三」みたいな...

ガトー名言

[3大要素] いちご / 大ぶりのあまおう スポンジ / しっとりやわらかに クリーム / 2種のブレンドに洋酒をプラス 全体の調和を考えて、デザインはごくシンプルに 今日は、「ガトーフレーズ」(フランス語でいちごのケーキの意)のおいしさの秘密についてぜひお聞きしたいです。 トップにちょこんと載っているピスタチオが、看板商品の「レアチーズケーキ」とおそろいで、とても愛らしいですね。 こういうショートケーキのデザインはなかなか珍しいのではないでしょうか。 川越上にいちごを飾ると、それから召しあがる方が多いでしょう。 そうすると、味の全体のバランスが壊れてしまうような気がして、うちでは、上にはいちごを載せていないんです。 こうして取材をさせていただいている間も、ショーケース前に絶え間なく行列ができていますが、ほとんどの方が「レアチーズケーキ」を選ばれているようですね。 お店の代名詞的存在である「レアチーズケーキ」についても教えていただけますか? 川越ありがたいことに、とても多くの方に気に入っていただいていますね。 「レアチーズケーキ」も、創業以来ずっと変わらないレシピでつくっているものです。 デンマーク産の2種類のクリームチーズをあわせて、空気を含ませながら混ぜることで、濃厚かつなめらかに仕上げています。 土台のビスケットは、バターをたっぷり入れて専用に焼きあげたものです。 チーズとビスケットが口の中で混ざり合って、すうっと口に溶けるような食感がおいしいですよ。 この小振りなサイズと、手ごろなお値段も魅力ですね。 川越チーズケーキって、後でしつこくなっちゃうことがあるでしょう。 だからこれくらいの大きさがちょうどいいのだと思います。 改めて、シェフがお菓子づくりで大切にされていることはなんですか? 川越どんなケーキをつくるときでも、 全体の味のバランスを考えながら細部を決めていくようにしています。 ショートケーキだと、いちごだけ、スポンジだけなど、どこか部分が目立ってしまうものではいけません。 やはり3つが合わさったときの統一感が、いちばん大切だと思います。 最後に、シェフにとって、ショートケーキはどんな存在ですか? 川越いやぁ、もちろん好きなんですが、やはり、ショートケーキはあまりにもシンプルというか、一般的すぎてね(笑)。 どちらかというと、モンブランのほうが愛着があるかもしれませんね。 甘露煮を圧力釜で煮てから、裏ごししてつくっているんですよ。 こちらもぜひ食べてみてくださいね。

次の