イカ と 里芋 の 煮物。 簡単うまい!いかと里芋の煮物のレシピ/作り方:白ごはん.com

どこか懐かしい!イカと里芋煮 作り方・レシピ

イカ と 里芋 の 煮物

この記事の内容を• イカの煮物をやわらかく煮るコツ3つ イカは市場に年中出まわっていますので、手に入りやすくて用途が広い食材ですが、料理を作るときに困るのは下処理に時間がかかることです。 そして、お刺身で食べるときに内臓が入っているイカをさばくとなると、皮をむくのが大変です。 しかし、煮物の場合に皮をむくと、逆においしく仕上がりませんので、そのようなときのコツや煮るときのポイントを3つご紹介したいと思います。 また、イカに切り込みを入れてやわらかくする理由も記事下部に掲載しておりますので参考にしてください。 イカを煮るときのコツ3つ 「やわらかく煮るポイント」• 煮込む場合と煮込まないとき• 水はあまり使わず煮る• イカを煮込む場合 大根とイカを一緒に煮る場合は「 」と同じように時間をかけて繊維の中までやわらかく煮込んで作ります。 「イカ」 「タコ」 この煮かたの場合は、大根に含まれる分解酵素(ジアスターゼ)が手助けをしてくれて、イカが1時間ほどでやわらかくなりますから煮込んでください。 そして、今度は逆に煮込まない場合の方法です。 イカを煮込まないとき 主にイカは、タコと違って身が薄い胴の部分を食べますので、先に大根だけを煮て味がある程度染み込んでから、最後にイカを入れてサッと火を通せばやわらかく仕上がります。 そして、火を止めたあとは、煮汁が冷めていく段階でイカにも味が染み込んでいきます。 また、このイカに火が通るときの特徴として、サッと火を入れた場合は生のときよりもやわらかく、そこから急にゴムのように固くなり、次第に繊維がやわらかくなっていきます。 そして、もうひとつイカと一緒によく煮る食材で里芋や小芋がありますが、こちらは大根のようにやわらかくする手助けをする酵素が含まれていないのと、ある程度時間をかけると芋の方が煮くずれして見栄えが悪くなってしまいます。 ですから、先ほどの「 」のように煮込むとき以外は、水やだしは少量にして濃いめの煮汁でサッと煮からめるように火を通してください。 そして、イカを煮る場合も魚と同じように土しょうがを少し加えると臭み消しの役割をしてくれます。 そして、イカ独特の風味は皮の部分に多く含まれていますので、むかずに煮た方がおいしく仕上がります。 イカに切り込みを入れる理由 【イカの繊維】 中国料理のお店などで花が咲いたようにきれいな包丁目を入れてあるのは見た目にもおいしくいただけます。 そして、他の国の料理でもイカには切り込みが入っています。 【切り込みを入れる理由】 魚や肉などはイカと違って繊維が1方向にしか入っておらず、薄く切ればやわらかくなります。 ですが、イカにはタテとヨコの両方に繊維があります。 そのため、切り込みでどちらかを切ってから薄く切る、または細く切らないと、繊維が残った状態でかたいままになります。 このことから、ほとんどの料理でイカに包丁目を入れて調理をしています。 今回はイカをやわらかく煮るポイントをご紹介いたしましたが、簡単なコツは鮮度のよいものにサッと火を通して煮る!この方法が手早く、そして、やわらかく仕上がると思いますので参考にしてください。

次の

簡単うまい!いかと里芋の煮物のレシピ/作り方:白ごはん.com

イカ と 里芋 の 煮物

里芋といかの下ごしらえ いかは筒切りになったものを購入すればOKですが、自分でさばく場合はを参考にしてください。 胴の中をしっかり洗って、水気を切ったら皮ごと1㎝幅に切ります(エンペラ部分もすべて)。 また、げそは短い足にそろえるように長い足2本の先端を切り落とし、塩でこすって吸盤を落としたら2〜3本単位に切り分けます。 里芋は洗って土を落としたら、無理に形を整えようとせずに、里芋の形に添って、できるだけ薄く皮をむきます。 里芋の煮物の時は里芋の形をできるだけ残してたゴロっとした煮っ転がしにしましたが、いかと煮るときはどちらかというと 味が染みやすいよう、大きい里芋は迷わず2〜3等分にするくらいの気持ちで大きさをそろえるといいと思います。 軽く混ぜて調味料を溶かしたら、里芋を入れます。 里芋を入れてから中火にかけ、 煮汁が沸いたら、いかをすべて入れます(いかもはじめからじっくり煮てあげるのがポイントです!) いかを入れたら箸で軽くほぐし、アクが出てくるのですくい取ります。 また、20〜30分の間、いかをぐつぐつと煮れば、いかの繊維もほぐれて柔らかい食感になってくれます。 アクを取ったら落し蓋をして、火加減を少し弱めます。 煮汁がぐつぐつと煮立つくらいの火を保って、 15分ほど煮ます。 15分煮たら、落し蓋をはずして、煮汁を煮詰めていきます。 火加減はそのままで、さらに 煮汁を少し煮詰める気持ちで5〜10分ほど煮ます。 煮詰め加減がそのまま味の濃さにもつながるので、最後に味見をしてみて、好みの加減のところでストップするとよいと思います。 熱々の状態で煮汁ごと器に盛り付けて完成。 冷めても美味しいですし、翌日以降のより味が染みたものもまた美味しいです。 冷蔵庫で3日ほど日持ちします(目安として)。 食卓に出すときは再度温めてから、弁当に入れるときは作りたてに近いものを使うとよいです(弁当の場合は特に芯まで加熱した後に一度冷ましてから!)。 いかをはじめに数分煮て取り出し、煮汁が煮詰まったころに戻し入れる作り方もあります。 こうした作り方なら、いかはよりプリッとして、里芋は里芋らしい味わいに仕上がります。 白ごはん. comで紹介している作り方は、 もっと里芋もいかも、混然一体となった味わいの煮物です。 また、いかを加えるタイミングを変え、同時に作って比較したことが何度かありますが、 いかの硬さははじめからじっくり煮たほうがやわらかく感じるくらいでした(いかの繊維の感じは少し強まるけど、トータルの食べた感じではよりやわらかい感じ)。

次の

簡単うまい!いかと里芋の煮物のレシピ/作り方:白ごはん.com

イカ と 里芋 の 煮物

この記事の内容を• イカの煮物をやわらかく煮るコツ3つ イカは市場に年中出まわっていますので、手に入りやすくて用途が広い食材ですが、料理を作るときに困るのは下処理に時間がかかることです。 そして、お刺身で食べるときに内臓が入っているイカをさばくとなると、皮をむくのが大変です。 しかし、煮物の場合に皮をむくと、逆においしく仕上がりませんので、そのようなときのコツや煮るときのポイントを3つご紹介したいと思います。 また、イカに切り込みを入れてやわらかくする理由も記事下部に掲載しておりますので参考にしてください。 イカを煮るときのコツ3つ 「やわらかく煮るポイント」• 煮込む場合と煮込まないとき• 水はあまり使わず煮る• イカを煮込む場合 大根とイカを一緒に煮る場合は「 」と同じように時間をかけて繊維の中までやわらかく煮込んで作ります。 「イカ」 「タコ」 この煮かたの場合は、大根に含まれる分解酵素(ジアスターゼ)が手助けをしてくれて、イカが1時間ほどでやわらかくなりますから煮込んでください。 そして、今度は逆に煮込まない場合の方法です。 イカを煮込まないとき 主にイカは、タコと違って身が薄い胴の部分を食べますので、先に大根だけを煮て味がある程度染み込んでから、最後にイカを入れてサッと火を通せばやわらかく仕上がります。 そして、火を止めたあとは、煮汁が冷めていく段階でイカにも味が染み込んでいきます。 また、このイカに火が通るときの特徴として、サッと火を入れた場合は生のときよりもやわらかく、そこから急にゴムのように固くなり、次第に繊維がやわらかくなっていきます。 そして、もうひとつイカと一緒によく煮る食材で里芋や小芋がありますが、こちらは大根のようにやわらかくする手助けをする酵素が含まれていないのと、ある程度時間をかけると芋の方が煮くずれして見栄えが悪くなってしまいます。 ですから、先ほどの「 」のように煮込むとき以外は、水やだしは少量にして濃いめの煮汁でサッと煮からめるように火を通してください。 そして、イカを煮る場合も魚と同じように土しょうがを少し加えると臭み消しの役割をしてくれます。 そして、イカ独特の風味は皮の部分に多く含まれていますので、むかずに煮た方がおいしく仕上がります。 イカに切り込みを入れる理由 【イカの繊維】 中国料理のお店などで花が咲いたようにきれいな包丁目を入れてあるのは見た目にもおいしくいただけます。 そして、他の国の料理でもイカには切り込みが入っています。 【切り込みを入れる理由】 魚や肉などはイカと違って繊維が1方向にしか入っておらず、薄く切ればやわらかくなります。 ですが、イカにはタテとヨコの両方に繊維があります。 そのため、切り込みでどちらかを切ってから薄く切る、または細く切らないと、繊維が残った状態でかたいままになります。 このことから、ほとんどの料理でイカに包丁目を入れて調理をしています。 今回はイカをやわらかく煮るポイントをご紹介いたしましたが、簡単なコツは鮮度のよいものにサッと火を通して煮る!この方法が手早く、そして、やわらかく仕上がると思いますので参考にしてください。

次の