イタリア 赤十字社 仮想通貨 寄付。 イタリア赤十字社、暗号資産で集めた募金を医療基地に寄付

イタリア赤十字社、暗号資産で集めた募金を医療基地に寄付

イタリア 赤十字社 仮想通貨 寄付

(Image: Shutterstock. com) 新型コロナウイルスによる肺炎のパンデミックが起きているイタリアの赤十字は3月12日、医療インフラ整備のために仮想通貨での寄付を募るキャンペーンを始めた。 目標金額1万ユーロ(129万円相当)の寄付を15日に達成し、同日、さらなる医療体制拡大のため、追加の寄付募集を始めた。 イタリアでは3月16日時点で2万5000人近くが新型コロナウイルスに感染し、死者も1800人を超えた。 致死率は最初にパンデミックが起きた中国・武漢を上回り、医療崩壊の危機にある。 赤十字は「集中治療のためのベッドが足りず、感染のピークはまだ先にある」と訴え、支援を呼びかけた。 集めた資金は医療設備の充実に充てるが、余剰分は医療スタッフのケアに使うという。 イタリア赤十字コッリ・アルバーニ委員会のブルーノ・ピエトロサンティ委員長は、「感染者の数が増え、病院施設内の利用可能な場所が減少しており、新たな入院患者の受け入れ態勢が課題になっている。 Bitcoinのような革新的な資金調達ツールが、この歴史的な危機に際し、入手困難かつ必要な経済的資源を獲得するのに役立つと信じています」と述べた。 また、感染者が1000人を超えたオランダの赤十字も、新型コロナウイルス対策でBitcoinなど主要仮想通貨の寄付を受け付けている。

次の

イタリア赤十字社、コロナウイルス被害のためのビットコイン募金の受付開始 │ COINBOX

イタリア 赤十字社 仮想通貨 寄付

イタリア赤十字社が、コロナウイルス対策のため、仮想通貨(暗号資産)で寄付を募っていることが分かった。 寄付の目標額は1万ユーロ(約120万3000円)で、集まった資金は中心となるインフラの整備や医療品の購入に利用する。 余った分は医療スタッフに提供し、スタッフ自身を保護するために利用してもらうという。 コロナウイルスの感染者は各国で増加しているが、特にイタリアは深刻な状況だ。 イタリア政府は14日、一日としてはこれまでで最も多い3497人の感染が確認されたと発表。 感染者は合計で2万1157人となり、死者の数も1441人に上る。 ローマを拠点にするイタリア赤十字社の組織「Colli Albani Committee」のトップは、感染患者の増加と利用施設の減少による医療への負担を軽減する必要があると説明。 「我々はBTCのような革新的な技術が寄付金の受付に役立つと信じている。 このような歴史的な事態では経済的なリソースを入手することが難しいのだ」と述べている。 本プロジェクトは、仮想通貨業界で事業を展開するフィンテックのスタートアップYoung Srlや、慈善事業や保険業界の透明性を高めるためにプラットフォームを提供するHelperbitらが協力している。 Young SrlのCEOは「このような取り組みにおいて、ブロックチェーン技術は透明性が高く効果的だと強く信じている」と語った。 配信元:.

次の

リップル社がコロナウイルス対策基金に寄付|イタリア赤十字には200万円相当のビットコイン寄付が集まる|仮想通貨ニュースと速報

イタリア 赤十字社 仮想通貨 寄付

伊銀行がBTC取引の提供開始 イタリアの銀行「Banca Sella」は仮想通貨(暗号資産)ビットコインの取引サービスを開始した。 同サービスは独自金融プラットフォーム「Hype」にて利用が可能だ。 サービス提供にあたり同行は、仮想通貨取引所におけるセキュリティリスクを緩和するための仲介として機能することになる。 イタリア国内ではコロナウイルスによる死者が発生源である中国を上回り、政府は現在、国内ほぼ全域で市民の外出を制限する封鎖措置を実施している。 こうした危機的状況の中、Banca Sellaはどこからでも利用可能で安全な送金手段としてビットコインに関心を寄せていると見られる。 すでにHypeのイタリア人利用者数は120万人にのぼり、同プラットフォーム上ではビットコインの売買だけでなく、ビットコインでモノ・サービスの支払いも行える。 Hypeのゼネラルマネージャーは、イタリア国内でビットコインを含む仮想通貨への高い注目を感じとっていると言及した。 15日、イタリア赤十字社は、コロナウイルス対策のため、仮想通貨(暗号資産)で寄付を受け付けていることが明らかに。 集まった資金はインフラの整備や医療品の購入に利用される予定だ。 参考:.

次の