グラニー スクエア 編み 図。 グラニースクエア 編み図 編み方のポイント(初心者でも綺麗に編める。愛猫に編んだ体験談)

グラニースクエア 編み図 編み方のポイント(初心者でも綺麗に編める。愛猫に編んだ体験談)

グラニー スクエア 編み 図

長方形グラニースクエアの材料 今回、ダイソーのコットンヤーンの細い方に、かぎ針は5号を使いましたが、どんな糸でもOKです。 かぎ針も、使用する糸とご自分の手に合うものをお使いください。 ここでは、20に1足した数=21目で作り目しました。 そしてかぎ針から7目めのところに、鎖編みの裏山を拾って長編みを編みます。 端の目だけ、裏山を拾って長編みを編むと目が伸びてしまうので、裏山と半目を拾いました。 これで、長方形グラニースクエアの土台となる部分が完成しました。 この土台の周囲4辺を拾って編んでいきます。 土台の端の長編みの足をそっくり束に拾って長編みを編んでください。 この時、作り目の鎖編みを束に拾うような感じで編みます。 ここでは、1段編むごとに編む方向を変えて編んでいます。 ずっと表を見ながら編むと、少しずつ編み地が歪んでいってしまうので、その歪みを解消するために、平編みの要領で1段編んだら編地をひっくり返して今編んだのと反対に向かって編んでいく方法を取っています。 ただ、歪みは個人差がありますし、例えば小さいサイズのものなど歪みが気にならない場合もありますので、そのような場合はずっと表を見ながら編んでいってもOKです。 糸変えのタイミングもご自由に。 ちなみに、下の大きなひざ掛けは、鎖編み17目で編み始めてます。 こちらのモチーフ繋ぎは、左側の2枚並んだ方が21目から、縦になっている右側の1枚は29目から編み始めてます。 ========== 長々とお付き合いありがとうございます。 思いつくままに書いてみましたが、もし分かりづらいところなどありましたら、コメントやメールなどでご連絡くださいませ。 また、間違いやここはこういう風にしたらもっときれいに編めるよなど編み物ベテランさんからの意見もお待ちしております! 何かありましたら、ぜひご指摘くださいませ。 この記事がお役に立ちましたら、ぜひリツイートしていただけると嬉しいです。 グラニースクエアはわから編み始める正方形が一般的なので、正方形に近いような、少ない作り目は想定しておりませんでした。 作り目5目で編むのであれば、正方形と変わりませんので、あえてこの編み方で編む必要はなく、定番のわの作り目で編む方がきれいに編めます。 また作り目9目でも理論上は編めると思いますが、この場合、長辺と短辺が長編み3目のかたまり1個分しか違わず、ほぼ正方形になります。 なので、あえてこの編み方をする必要はないような… 最低でも、長編み3目のかたまりが1つは入った方がいいと思いますので、作り目は13目以上がいいかと思います。 よろしくお願いします。 コメントは承認制となっております。 内容を確認致しますので、承認されるまでお時間をいただく場合がございますが、ご了承くださいませ。 また以下のようなご質問にはお答えできません。 基本的な編み方に関するご質問(玉編みの編み方が分かりません等) かぎ針編みの基本的な編み方に関しては、書店で基礎本などもたくさん売っておりますし、インターネットで検索するとたくさんの解説サイトが表示されますので、そちらでご確認くださいませ。 サイズ変更に関するご質問について サイズ変更については「」のページをご覧くださいませ。 編み物は、編み手の手の加減でサイズが大きく変わりますので、少し大きくしたいなどの情報だけでは、お答えのしようがありませんので、ご了承ください。 また、古い作品については、サイズやゲージなどが記載されていないものが多くありますが、古い作品ゆえ、メモなども残っておらず、改めてお答えすることができません。 編み方で分からないところがあったら… 編み方等で分からないところをご質問される際は、事前に「」をご確認いただきますよう、お願いいたします。 また、同じ様な質問がコメントされていることがございますので、過去のコメントもご確認いただければと思います。 その際は、過去の質問への答えを参考にしてくださいませ。 時間的にも、全ての質問一つ一つに答えることはできませんので、まずはご質問される前に、ご自分で調べたり、試行錯誤されるなりしてください。 その上で解決しなければ、その時はどうぞお気軽にご質問くださいませ。 また、内容によってはコメントを投稿されても承認されないこともありますことをご了承いただきますよう、よろしくお願い致します。

次の

グラニースクエアの編み方とは?初心者向けの四角いモチーフの編み図11選

グラニー スクエア 編み 図

花畑のグラニースクエアを使ったプロジェクトが完成しました。 春らしいカラフルなショルダーバッグです。 予想どおり、かわいらしいバッグになったと思いますが、いかがでしょう? この花畑のグラニースクエアの編み図を描きました。 拡大画像は で見られます。 5cm角のスクエアが出来ました。 (お好みの色で <編み方> 黄色でくさり4目を編み、最初の目に引き抜いて輪にします。 1段目 花芯):くさり1目で立ち上がり、輪の中に「細編み1目、くさり4目」を8回繰り返して編み、最初の細編みに引き抜きます。 糸を切ります。 2段目(花びら):前段のくさり4目のループのうちのひとつに白糸をつけます。 ループの中に「くさり3目、長々編み2目、くさり3目引き抜き編み1目」を編みます。 くさり1目あみ、次のループに引き抜きます。 これを繰り返し8枚の花びらを編みます。 最初のループに引き抜いて糸を切ります。 3段目(葉):前段の花びらと花びらの間のくさり1目にグリーンの糸をつけます。 くさり1目で立ち上がり、「細編み1目、くさり4目(花びらの後ろを通るように)」を8回繰り返して編む。 立ち上がりのくさりあみに引き抜く。 4段目(葉):前段のくさり4目のループにもう一度引き抜き編みを1目編む。 くさり3段で立ち上がり、同じループの中に長編み2目編み、くさり2目、ふたたび同じループに長編み3目を編む。 四角の角のひとつが出来上がる。 次のループに長編み3目編む。 「次のループに長編み3目、くさり2目、長編み3目編む。 次のループに長編み3目編む。 」「」をあと2回繰り返して最初のたちあがりくさり3目の頭に引き抜き、糸を切る。 5段目(背景)、6段目(外枠):5段目は好みの色糸、6段目は白糸をつけ、4段目と同様に角を作りながら四角く編み上げていきます。 目数は編み図を参照してくださいね。 糸端の始末をしてひとつのモチーフが完成です。 このバッグは花畑スクエア6枚と、ほかに4枚のシンプルなスクエア・モチーフ(花なし)をつなぎ合わせてできています。 グラニースクエアのモチーフはとても便利にいろいろなアイテムに使えます。 アイデア次第で多様な作品が作れるのが魅力ですよね。 配色を考えるのも楽しみのひとつ。 お好きな色を選んで、オリジナルの花畑を作ってみてください。 編んでみたらぜひ、感想を聞かせてください!楽しみにしています。 では、みなさん、素敵な週末をお過ごしください。 ********** 2014年6月追記 花畑のグラニースクエアの を作りました。 このパターンを使って作った作品の画像をシェアしたり、ほかのユーザーさんたちとの交流もできます。 ぜひ、あなたの作品を見せてください!楽しみにお待ちしています。 また、私の Ravelry ページは。 これからもっと充実させていきたいと思ってます。

次の

グラニースクエア(四角モチーフ)の編み方を、写真と動画で詳しく解説します!【編み図あり】

グラニー スクエア 編み 図

グラニースクエアをたくさん編んでいます! DROPS で大量に購入したコットンヤーンを消費するために、グラニースクエアを編んでいます。 モチーフは編みあげたので後はつなぎ合わせるだけなのですが、糸が足りなくなって中断せざるをえないものもあれば、めんどくさくて放置中の物もあります(笑) でも、日本に帰る前までには何としてでも仕上げなくてはと思っているので、ブログにアップすることによって発破をかけようという狙いですw 完成品のグラニースクエア グラニースクエアの作品は、完成品も含めて全部で7種類あります。 ブランケットサイズのものが3種類、小さいサイズのものが4種類です。 あまり考えずに編んだため、色の組み合わせがちぐはぐな感じがします。 初心者的には同系色で編んだらまとまった印象になるというのは理解しているのですが、どうしてもつまらなく思えてしまって、いろんな色を使いたくなるんですよね~。 サイズ的には何かのカバーになりそうなサイズです。 毛糸を入れたかごにかけたらかわいいかも。 こちらは、グラニースクエアのモチーフを編み終えて、余った糸で編んだ大きなグラニースクエアのブランケットです。 1つのモチーフをどんどん大きくしていくだけなので、形は正方形です。 そんな中でも、少しでも統一感が出るように黒で締めたのですが・・・どうでしょう。 全体的にみると、そんなに悪くない気もします。 これはこれで、ちょっと変わった配色で面白いかな?(と思いこむことにするw) そしてこちらは実験として編んでみたグラニースクエアです。 同じ色を使って、同じ配置で編んでいるのですが、1列おきに色を変えるバージョンと2列おきに変えるバージョンで比較してみました。 同じ配色でも印象が変わりますね。 個人的にはこのくらいの小さいサイズだったら、1段ごとのほうが面白みがあるかな~と思います。 製作途中のグラニースクエア このグラニースクエアは、4pl の糸で編んだものです。 全部で100枚以上ありますが、そのうちの30枚ほどは、黒い糸で最終ラウンドを編んでみました。 やっぱり、こちらのほうが統一感が出ますね。 残りの70枚ほどは、つなげるとひざ掛けサイズのブランケットになる予定です。 同じサイズのモチーフを12枚編んで、あとはつなぎ合わせるだけなのですが、やはり糸が足りなくて待機中です。 このブランケットの色の組み合わせにも、かなり不満がありますw(好きな色だけ使おうとすると糸が足りなくなったので、選択肢がなかったのですが。 この組み合わせだけだと面白みがないな~と思ったので・・・ 最後の周をちょっと派手目の色に統一してみました。 なかなかいい感じの組み合わせになってくれたので、これは気に入っています。

次の