中神 内科。 《予約可》 中神駅のクリニック・病院一覧(全157件、口コミ97件)

大阪大学大学院 健康発達医学 | メンバー紹介

中神 内科

睡眠呼吸障害 ・ 睡眠時無呼吸症候群、上気道抵抗症候群 2. 呼吸器疾患 ・ 気管支喘息、慢性気管支炎、気管支拡張症などの慢性呼吸器疾患 ・ 慢性呼吸不全(慢性肺気腫、肺結核後遺症、間質性肺炎など) ・ その他呼吸器疾患全般 3. 生活習慣病 ・ 高血圧、糖尿病、脂質異常症など 4. 睡眠時無呼吸症候群で受診希望の方 初診は予約制です。 外来受診前に電話で必ずご予約下さい。 電話での問合せは診療時間内にお願いします。 ・土曜日は初診予約を受けておりません。 ・紹介状をいただいている方は、忘れずにお持ち下さい。 呼吸器疾患、一般内科(生活習慣病も含む)で受診希望の方 診療時間内に直接ご来院下さい。 予約は必要ありません。 ご来院の際には、必ず健康保険証をお持ち下さい。 睡眠検査の当日診察スケジュールはをご覧ください。

次の

昭島駅より徒歩10分と駅チカの内科│昭島リウマチ膠原病内科

中神 内科

ご予約またはお電話にてご確認の上、ご来院ください。 しんクリニックの詳細情報 医療機関名 しんクリニック 診療科目 内科/東洋医学科/循環器科 病院開設年 2016年 専門医認定 日本循環器学会 特徴 禁煙治療 漢方の処方 アクセス 中神駅 北口から徒歩1分 (約89m) 住所 〒196-0022 東京都昭島市中神町 1176-17 アーバンパレス中神1F 良かった点:待たされず、診察もお会計もテキパキ 物足りなかった点:無し 医師やスタッフについての感想 先生は、穏やかな印象で優しく私の話しをきちんと、聞いて下さり親切に話しをされる方です。 受付の方も、同様に穏やかで親切な感じです。 治療や診察についての感想 とても良いです。 私の話しを聞いて説明しながら、漢方薬を処方して頂き、ビックリするくらい体調が良くなりました。 この数年は何だったんだろう?内科で時々お世話になっていたのにもっと早く相談すれば良かったと思ってます。 病院内の雰囲気について 土足なのに、ピカピカといつも清潔でアロマの香りがして落ち着きます。 モニターに美しい花などがエンドレスで映し出されており癒されます。 来院からお帰りまでに掛かった時間について 19時まで受付して頂けるので、会社の帰りに予約無しで行くので、10~30分 短時間です。 良かった点:看護師さんは普通に感じは良かったです 物足りなかった点:医師としてあり得ない医師 医師やスタッフについての感想 のどが痛く、風邪気味だった息子と来院しました。 元々漢方主義で、抗生物質を出さない先生なのは知っていましたが血液検査をしないと医師を出せないの一点張りで血がかなり苦手な上当時受験期で思春期外来に通院していた息子からすると恐怖以外の何ものでもなく拒否をすると、検査しないならジャマだから診察室から出ていけ!と冷たく言い放しました。 息子は益々具合が悪くなり他の病院に行き、診察治療を受け難を逃れました。 この時の対応が親子共にトラウマで心が傷付き何があってもこの病院だけは2度と行かないと誓いました。 治療や診察についての感想 医師の態度とは思えない。 しばらくは親子で病院がトラウマになるほどでした。 患者に対してジャマだから出て行けと言う言葉を発する医師がいるとはびっくり。 息子はただ座っていただけなのに。 他に患者もいないのに。 あり得ない、 病院内の雰囲気について 雰囲気は普通に感じは良いです。 アロマを使ったり、看護師さんなのか?女性的なおもてなし感はあります。 来院からお帰りまでに掛かった時間について 歩いて数分のところです。 待ち時間はほとんど無くいつも空いてます。

次の

中神駅の内科の病院とクリニック[JR青梅線]【お医者さんガイド】22件の該当があります

中神 内科

1975年に開設された糖尿病センターを母体に、1978(昭和53)年に独立・開設された講座である。 糖尿病を中心に、脂質異常症、肥満、動脈硬化症、メタボリックシンドロームなど糖尿病・代謝疾患およびその種々の合併症すべてについて、卒前および卒後教育と基礎および臨床研究を担当している。 糖尿病は、インスリン作用不足の結果、慢性高血糖を特徴とする広範な代謝異常を起こし、網膜症、腎症、神経障害や種々の大血管障害を引き起こす、つまり全身の血管障害を引き起こす疾患である。 ますます増加する糖尿病患者に対し、糖尿病・代謝内科と糖尿病眼科は、臨床各科と緊密な連携を保ち、スタッフ一同、チーム医療の実践に努めている。 研究面については、糖尿病眼科は糖尿病網膜症の成因および病態の研究を、糖尿病・代謝内科には8つの研究グループ(小児ヤング、妊婦、心血管障害、足病変、神経障害、肥満脂質異常、腎臓、遺伝関連)がある。 教育内容を参照されたい。 8つの研究グループ(小児ヤング、妊婦、心血管障害、足病変、神経障害、肥満脂質異常、腎臓、遺伝関連)と網膜症研究の眼科グループに分かれて研究をしている。 具体的には、分子生物学的アプローチから糖尿病(1型、2型、その他特定の型)の成因や原因遺伝子解析、新しい治療法の開発、慢性合併症の成因と治療そのリスク因子解析、糖尿病と妊娠に関する研究、肥満や脂質異常症の成因と治療に関する研究、疫学的アプローチから糖尿病発症および合併症発症への予後因子解析など、幅広い研究活動を行っている。 2012年には糖尿病診療に実態に関する大規模前向き観察研究(DIACET)を開始しており、その成果は患者さんへ還元し、明日への治療の改善につなげている。 医学部• 医学部入学案内• 教育の特色• 教室・科目紹介• 基礎医学系• 臨床医学系• 一般教育系• 関連施設• キャンパスライフ• 活躍する先輩たち•

次の