履歴 書 送付。 履歴書を郵送するときの封筒の書き方やマナーは? 書類送付で知っておきたいポイントまとめ

履歴書提出時の送付状の書き方のポイント【テンプレート付き】

履歴 書 送付

Technique メールで送付するときのマナー(書き方とメール文面サンプル)【履歴書作成ガイド】 履歴書をメールで送付することも一般的です。 メールで送るときの件名やメール本文は、ビジネスマナーを守って簡潔に要件を伝えます。 内容が明確ではない件名にすると、開封してもらえないリスクもありますので特に注意しましょう。 ここでは、メールの書き方やサンプルをご紹介しています。 ぜひあなたの転職活動の参考にしてみてください。 メール送付の件名、本文の書き方 履歴書を送付する際のメールの例として、「選考前」と「選考後」の2パターン用意しました。 また、履歴書を送付する際はパスワードの設定も必要です。 合わせてご確認ください。 田井富 太郎と申します。 これまでの営業経験をぜひ貴社で活かしたいと考え、 今回 営業職に応募させていただきます。 本メールにて履歴書と職務経歴書を添付しておりますので ご査収の程、よろしくお願い申し上げます。 なお、添付のファイルはパスワードを設定しております。 パスワードはこの後のメールにてお送りいたしますので あわせてご確認をお願い申し上げます。 お忙しいところ恐れ入りますが、ご確認、ご検討を頂き 面接の機会をいただけますと幸いです。 何卒よろしくお願い申し上げます。 このたびは、面接の機会を頂きまして 誠にありがとうございます。 ご指示いただきました通り、履歴書と職務経歴書を 本メールに添付いたしました。 ご査収いただければ幸いです。 なお、添付のファイルはパスワードを設定しております。 パスワードはこの後のメールにてお送りいたしますので あわせてご確認をお願い申し上げます。 お忙しいところ恐れ入りますが 何卒よろしくお願い申し上げます。 履歴書といった言葉でメールの振分けをしている採用担当者もいるかもしれませんので必ず件名に含めましょう。 また、漢字でフルネームを入れておくこともマナーです。 メール本文は定型文を活用しよう 本文の構成は基本的に「宛先」「自己紹介」「要件」「締め」「署名」です。 「要件」部分は、「既に選考を受けて、履歴書の送付の指示を受けた場合」と「初めて企業側へ履歴書等を送る場合」とで書く内容が異なります。 それぞれのサンプルを記載しておりますので、ぜひ活用してください。 宛先は正式名称で書く 宛先は全て正式名称で、(株)などと略さず記載します。 「採用ご担当者様」や個人名はフルネームに「様」をつけます。 役職名を付ける場合は「苗字+役職」とし、「様」は付けません。 お世話になっております。 先に送付させて頂きました履歴書ファイルの パスワードをお送りいたします。 パスワードは以下の通りです。 パスワード:A1B2C3D4 お忙しいところ恐れ入りますが 何卒よろしくお願い申し上げます。 com ------------------------------------- 件名には「パスワード」の言葉と「氏名」を入れる パスワードを送るメールの件名もわかりやすく「パスワードの件(氏名)」や「【パスワード】履歴書等送付の件(氏名)」などとします。 具体的には 「パスワードの件(田井富 太郎)」「【パスワード】履歴書等送付の件(田井富 太郎)」 などです。

次の

メールで履歴書を送る場合のマナーとポイント

履歴 書 送付

履歴書を簡易書留で送るのはNG? 簡易書留ではなく普通郵便が無難 履歴書を郵送する際は、 簡易書留などは使わず普通郵便(定形外郵便)で送るのが無難。 「特に郵送方法は気にしない」という企業もありますが、簡易書留では受取人が受領印を押すという手間がかかるため、忙しい企業では迷惑に思われるリスクはあります。 転職hacks編集部が実際に人事担当者に話を聞いたところ、「正直なところ一概にはいえない。 社風や職種によってはマイナスの印象を与えるかもしれない」という声も。 たしかに、 秘書・総務などの事務職や、礼節を重んじる企業に簡易書留で履歴書を送れば「一般常識に欠けている」と思われる可能性もあります。 履歴書の 郵送方法に迷う場合は、簡易書留ではなく普通郵便で送りましょう。 すでに履歴書を簡易書留で送ってしまっていたら? 「既に簡易書留で送ってしまった」と後悔している方もいるかもしれません。 しかし、 郵送方法だけを理由に採用の可否が決まることは通常ありません。 応募書類自体はしっかりと作成できているなら、必要以上に悔やむことはないでしょう。 そもそも簡易書留とはどんなときに使うの? 簡易書留とは、 重要書類を届けたいときに最適な郵便サービス。 主に以下のような特徴があります。 簡易書留は、通常の郵送料金に320円を追加で払うことで利用できます。 履歴書を普通郵便で送るときのポイント (1)封筒は「白・A4サイズ」 履歴書を送る封筒は白色・A4サイズ(角形2号)がおすすめ。 色は白・茶のどちらでも構いませんが、白い封筒の方がよりオフィシャルな印象を与えられます。 また、A4サイズ(角2号)の封筒なら、履歴書を折らずに入れられます。 (2)書類を順序を揃えて入れる 応募書類は、上から 「1. その他書類」の順で重ねて入れましょう。 書類が折れたり雨に濡れたりしてもダメージが少なく済むように、クリアファイルに入れることもポイントです。 細めのものだと字が読みづらくなってしまいます。 (4)「履歴書在中」は表面左下に赤字で 重要書類であることがひと目でわかるよう、 封筒表面の左下に赤字で「履歴書在中」と書き、定規で四角く囲みます。 「履歴書在中スタンプ」を使えばスタンプを押すだけで済むため簡単です。 スタンプは100円ショップや文房具店で販売されています。 万が一料金不足が発覚した場合、郵便物は自分のもとに返送されるか、受取人が不足金額を支払った上で受け取ることになります。 企業の担当者に不足金額を支払わせては失礼なので、 履歴書はできる限り郵便局に持参し、重さを測ってもらいましょう。 また、土日・祝日・夜間など、 郵便窓口の営業時間外に履歴書を提出したいときは「ゆうゆう窓口」を利用すると便利です。 なお、ゆうゆう窓口を設けているのは一部の郵便局のみで、営業時間も窓口ごとに異なります。 履歴書1セット(履歴書1枚、職務経歴書1枚、送付状1枚、クリアファイル1枚、角2封筒1枚)の重さは 約60~70gになるからです。 日本郵便のサイトで詳しい料金計算ができます。 連絡が来ないのが一般的。 どうしても不安なら追跡サービスを利用しましょう。 履歴書を送ったあと、企業から何も連絡がないときちんと受け取ってもらえたか不安になるかもしれません。 しかし、特に大企業ともなれば何百通もの履歴書を受け取っており1人1人に返信する時間がないため、 連絡を行わないことが普通です。 書類選考が終わるまで連絡を待ちましょう。 それでも不安な場合、受取時に受領印のいらない 特定記録郵便を利用してインターネットで追跡確認することをおすすめします。 履歴書を速達や特定記録で送るのはOK? 履歴書は普通郵便で送るのがキホン。 簡易書留はダメでも、速達や特定記録郵便など、ほかの郵送方法はどうでしょうか。 ポストではなく郵便局から出す(できれば本局で)• 朝一番に出す 速達はポストではなく郵便局に直接持ち込むのがおすすめ。 ポストから送ることもできますが、集荷・振り分け作業の手間が生じるため、投函した時間帯によっては若干のロスがあります。 また、 朝一番に郵便物を提出すると良いでしょう。 普通郵便では1日1回の配達ですが、速達であれば1日3~4回配達されます。 持ち込むタイミングが早いほど、届くタイミングも早くなります。 速達をポストから送るときは? ポストから速達で履歴書を送る際は、 封筒の右上に赤い線を入れればOK。 赤い線だけでは心もとない方は、封筒左下に「速達」と書き、四角く囲んで目立つようにしましょう。 そもそも期限ギリギリで送らない 履歴書を速達で送るのはNGではないものの、そもそも履歴書を 期限ギリギリに送るのは避けましょう。 期限が迫り、気持ちの余裕がなくなると、宛名の書き損じや書類の入れ忘れなどのミスが生じやすくなります。 また、雑に文字が書かれていたり書類の入れ方が正しくなかったりすると社会人としての資質不足を疑われる可能性もあります。 履歴書はなるべく余裕を持って郵送しましょう。 【特定記録郵便】配達状況が不安ならOK 「履歴書がきちんと届いたか心配…」など、配達状況が不安な場合、 受取人の受領印が必要ない特定記録郵便を利用しても良いでしょう。 インターネット上で配達状況を確認でき、 通常の料金にプラス160円で利用可能です。 ポスト投函はできず、郵便窓口からのみ送ることができます。 特定記録郵便と簡易書留の主な違いは、以下の表の通りです。 簡易書留は320円、特定記録郵便は160円と料金に差があることからもわかるように、 簡易書留の方が特定記録郵便よりもきめ細かいサービスを受けられます。 ただし前述の通り、簡易書留では受取人に直接手渡しになるので企業にとって手間になることも。 履歴書を郵送する際には使わないようにしましょう。 【メール便や宅配便】ポストに届くとは限らないのでNG 履歴書をメール便や宅配便で送るのはやめましょう。 多くの人が普通郵便などで郵送する中、メール便や宅配便で送ると、企業によってはポストに投函されないこともあり、採用担当者があなたの履歴書に気づかないままになってしまう可能性があるからです。 そもそも 履歴書などの「信書」は法律上、メール便や宅配便で送ることができないとされているため、メール便や宅配便で送るのは非常識と取られる恐れもあります(郵便法第4条)。 履歴書は普通郵便(定形外郵便)で送りましょう。 まとめ 履歴書を簡易書留で送るのは、送り先の担当者の手間になる可能性もあるので避けましょう。 普通郵便で郵便局の窓口から送るのが一般的ですが、必要に応じて速達や特定記録郵便を使っても良いでしょう。 郵送マナー次第で採用担当者の印象が変わる可能性もあるため、マナーを守って就職・転職活動を進めましょう。

次の

履歴書の送付にはマナーがある?ぜひ知っておきたい封筒の書き方・送り方

履歴 書 送付

送付状とは エントリーシートや履歴書、職務経歴書等の応募書類を企業へ郵送するときに同封する挨拶状です。 添え状、カバーレターと呼ばれることもあります。 送付状に記載する内容は以下です。 あいさつ• 誰が誰に宛てて送ったものか• どの書類が何通同封されているか 送付状は 市販されているものではないので、本やインターネットで紹介されているテンプレートを参考に作成すると良いでしょう。 送付状の役割について 送付状は、以下の役割を果たすためです。 応募先へのあいさつ• 同封されている書類について把握しやすくする• そのため、応募書類を直接手渡しする際は送付状は不要です。 誰が誰宛てに、どの書類を何通送ったのかが書かれた送付状が同封されていることにより、人事担当者の作業の負担が軽減されます。 よって、送付状を応募書類に同封することの意味は、単に人事担当者へ同封物を知らせるだけではなく、「応募者が一般的にビジネスマナーを知っているか」の判断基準の一つにもなるのです。 エントリーシートや履歴書に力を入れよう 送付状は必要とはいえ、本当に大切なのはエントリーシートや履歴書などの応募書類です。 よって、送付状を同封し忘れてしまったとしても、そのせいで書類選考に通らないということはありません。 また、送付状の内容についてもそこまで神経質になる必要はありません。 送付状の書き方について悩むよりも、エントリーシートや履歴書など、提出を求められた応募書類の内容に力を入れるべきです。 履歴書の志望動機や自己PRについて不安がある方は以下の記事を参考にしてみてください。 【関連記事】• 送付状に書くべき内容は、「日付」から「同封書類の一覧の説明」まで計9項目と多くあります。 またそれらには順番があるため、執筆の際に注意が必要です。 ここでは、送付状の正しい書き方について1つずつ確認していきましょう。 【準備編】用紙は履歴書のサイズに合わせよう 書類のサイズは基本的に統一させましょう。 B5の履歴書であればB5の送付状、A4の履歴書であればA4の送付状で作成しましょう。 ただし、 ビジネス文書のほとんどはA4サイズで作成されているため、採用担当者の方の管理のしやすさや見やすさを考えると、A4サイズで統一するのが無難とも言えます。 【準備編】送付状はパソコンが一般的 基本的には、どちらでも構いませんが、パソコンが一般的です。 【手書きの場合】• 無地の白い縦書き便箋を用いましょう。 黒のボールペンを使用しましょう。 修正液などNG。 間違えたら、初めから書き直しましょう。 【パソコンの場合】• Wordを使い横書きで作成しましょう。 明朝体、またはゴシック体で文書を統一させましょう。 履歴書を手書きで書くかパソコンで書くかでお悩みの方は以下の記事を参考にしてください。 【関連記事】 【実践編】送付状の構成と各項目での注意点• 日付 日付はビジネス文書を作成する時は必ず右上に記入します。 記入日ではなく、 投函する日時で記載しましょう。 西暦・和暦はどちらでも構いませんが、西暦・和暦を統一することはマナーであるため、どちらかに統一しておきましょう。 同封する履歴書と統一すると良いでしょう。 宛名 日付から一段下げた左上に宛名を書きましょう。 「(株)」のように省略した文字を書くのはNGであるため、「株式会社〇〇」あるいは「〇〇株式会社」と記入しましょう。 採用担当者の名前を把握している場合は「様」を必ずつけ、分からない場合は「採用担当者様」または「人事部御中」と書きます。 署名 「住所」・「氏名」・「電話番号」・「メールアドレス」を記入します。 携帯電話やスマートフォンなどの端末機器でも構わないため、電話番号とメールアドレスは一番連絡がつきやすいものにしておきましょう。 前文(頭語・時候のあいさつ) 送付状はあいさつ状の役割もあります。 そのため、 頭語と結語をペアにして記入するのがルールです。 頭語には「拝啓」と「企業の発展を喜ぶ言葉」を入れましょう。 頭語の後には、1文字分のスペースを開け、「時候のあいさつ」を入れます。 以下参考にしてください。 応募の経緯 企業の求人に応募した経緯を書きましょう。 アナタが利用した求人媒体名なども記載します。 補足 履歴書やエントリーシートでは伝えきれなかった内容を伝える箇所です。 志望動機や自己PRを記入することも可能です。 長すぎる文章はNGです。 また、送付状はあくまでもあいさつ状であるため、中身を詳しく見てもらえる可能性は低いです。 書く内容は補足程度にしておき、見てもらえないことを前提として基本的には応募書類に力を入れるようにしましょう。 面接の申し込み 面接を希望していることを明記しましょう。 「宜しくお願い申し上げます」などで締めるのが一般的です。 結語 これも、頭語と同様に文章に入れなければならないものです。 頭語を「拝啓」にした場合はセットで結語には「敬具」と書きます。 位置は、「面接の申し込み」の2段下げたあたりで、右寄せにします。 同封書類の一覧 同封する書類の一覧を書きます。 「何が」「どれくらい」あるのか分かるように明記しておきましょう。 送付状をせっかく作成したのに、マナーを守れていなかった場合採用担当者のマイナスイメージに繋がってしまいます。 書き方以外のマナーの部分も確認しておきましょう。 以下の3つはNGに値します。 志望動機・自己PRを書きすぎているもの• 誤字・脱字をしているもの• 定型文のみのもの 志望動機・自己PRを書きすぎているもの 送付状の目的は、「応募先へのあいさつと、同封されている書類について把握しやすくする」です。 志望動機や自己PRがメインになるところではありません。 採用担当者からも、目的が理解できていないと思われ、逆効果になる可能性があります。 志望動機や自己PRの書き方について不安がある方は以下の記事を参考にしてください。 【関連記事】• 誤字・脱字をしているもの 送付状は、応募先へのあいさつです。 そこで誤字・脱字があると、「確認してないな」や「一緒に働いた時にミスがありそうだな」と採用担当者に思われてしまう可能性があります。 仕事ではないですが、未来の上司に提出するイメージで送付状を作成しましょう。 定型文のみのもの インターネットから様々な定型文をダウンロードが可能です。 しかしながら、それらのテンプレートは誰でも作成しやすいように出来ています。 そのため、テンプレートに見覚えがある採用担当者も少なくないでしょう。 使い回しているなどのマイナス評価を受けかねないので、オリジナルな送付状を作成しましょう。 送付状を活用する方法には以下の2つあります。 応募書類では伝えきれなかったことを伝える• ネガティヴイメージを払拭する 応募書類では伝えきれなかったことを伝える もちろん、本編は応募書類(履歴書やエントリーシート等)ですが、応募書類では伝えきれなかったことを伝える場として送付状を活用することもできます。 しかし、送付状は応募書類の枚数確認後、中身までをきちんと確認されるまでもなく封筒とともに処分される可能性もあります。 見てもらえない可能性が高いということを理解した上で、応募書類をしっかりと書きましょう。 ネガティブイメージを払拭する 応募者によっては、転職回数が多かったり、前職経験年数が短かったりなど転職に不利な経歴を持っている方もいるでしょう。 そこで、 送付状に「なぜ」そういった不利な経歴に至ったのかを記載することで本編である履歴書やエントリーシートを読む前の緩衝材とすることができます。 見てもらえる、見てもらえないにしろ長文でなければ損はしないでしょう。 ただし、ただの言い訳を並べるのはかえって良い印象を与えないため、避けてください。 その他職歴の書き方に不安がある方は以下の記事を参考にしてください。 書き方の見本とともに分かり易く解説しましたので、まだ作成していない箇所があれば、是非参考にしてみて下さい。 履歴書の全書き方まとめ• 基本概要欄• 学歴・職歴欄• 自己PRや志望動機・本人希望欄の書き方• 履歴書用写真のマナーや撮り方• 職務経歴書の違い• こちらもテンプレートにしていますので、ミスなく効率的に書きたいという方は参考にしてみてください。 手書きで作成する場合• PCで作成する場合•

次の