お寺 の お参り の 仕方。 お寺の参拝・お参りの方法・作法・やり方は?マナーや最適な時間も

正しい参拝の仕方》マナー/作法/方法/神社/神宮/寺院/お寺/寺/初詣/参拝料

お寺 の お参り の 仕方

お寺に参拝に行くとき、ご利益を頂きたくて参拝するのではないでしょうか? 私も、金運や出世運、家内安全、交通安全、厄除けのなどのご利益を頂きたく、お寺にお参りに行きます。 特に初詣は一年の始まりとして、必ず参拝に行きます。 お賽銭を納めてから、じっくりと願い事をお祈りさせていただきます。 さて、今回は、開運で有名な千葉県にある長福寿寺の和尚さんから目からうろこのお言葉を頂きました。 たぶん、他のお寺のお参りにも共通すると思いますので、参考までに綴っていきます。 和尚さんのお話は開運についてでした。 内容について、まず、参拝に来た時に本当にご利益があるのだろうかと、疑いの心は持ってはいけないということ説かれております。 仏様はご利益をみなさんに分け与えたい。 だから仏様を信じて、心から祈ることが必要。 長福寿寺には宝くじに当選しましたとか、出世しましたとかの参拝者の声が書かれていますが、これは和尚さんが書いたのではと疑ってはいけない。 事実、当選したり出世した参拝者の手紙や声ですから。 ご利益を信じることが大事なのです。 次に、お祈りをするときは駆け引をしてはいけないと説かれております。 祈っているのだからご利益をくださいというように仏様と駆け引きをしてはいけないということ。 相手は仏様ですし、心からお祈りすることが大事なのです。 そして、お客様気分(観光気分)でのお参りではいけないと説かれております。 わざわざ遠くから来ました・・・とか、お守りを買ってやったという気持ちではいけないですし、観光気分では気持ちが入っていません。 さらに言えば、遠くから来ましたという気持ちは、わざわざ遠くからきてやったとも言えるから決して思ってはいけないということなのです。 本当にご利益を頂きたいなら、自分事として謙虚な気持ちで参拝をさせていただくために参りましたという気持ちが大事ということです。 また、開運を授かるということは、ご利益を授けてくれる仏様を信じること。 仏様と通じ合わないと授けていただくことができないですから。 そして、自分を信じること。 開運パワーは誰でも持っているのです。 でも、むさぼりの心が邪魔をしている。 つまり、それは我欲。 「宝くじで 1億円当たりますように」というような、自分の事だけをお祈りしてはいけないのです。 お祈りをするときには、みんなの幸せも心から祈ることが大切。 幸せをみんなに還元する。 みんなを幸に道びく。 そんな気持ちが大事。 例えば「1億円あれば会社を作って、地域の人に貢献できるからよろしくお願いします」というように。 みんなも幸せになれば、ますます運気が磨かれていくし、自分自身が幸せになれば周りのみんなも、もっと幸せにできる。 ですから、自分のこともみんなのことも含めて、祈りの心を深めて、ご利益を頂くアンテナを張るということが大事。 仏様は、いつもご利益をくださろうとしている。 その仏様のご利益を頂けるよう祈りというアンテナを張っておくことが大事なのです。 併せて、みんなお金持ちになれるのに、きちんと祈らないからなれない説いておられます。 今回の和尚さんの言葉で、自分の事だけではなく、周りのみんなの幸せも祈り、行動にどんどん移したいと思いました・・・というか実行していきます。 そして、キラキラしたものを身に着けることも開運には大事と説いております。 女性はピアス、ネックレスなど。 男性は時計の文字盤やネクタイピンなど。 高い安いは関係ない。 自分が元気になるものでいい。 仏様が金色なのは、開運との関係もあるようですね。 そして何より、キラキラしたものは物質的な物だけではなく、笑顔が大事。 「幸せだから笑顔になるではなく、笑顔だから運気もアップし、幸せになるのです」 笑顔になることで、自分自身のみならず周囲の人たちも良い気分になります。 たしかに、笑顔が多い方は活気に満ち溢れ、輝いているし、その周りにいる方々も輝いている方々が多いように感じます。 私自身も、笑顔が多いときの方が仕事がうまくいっている感じがするし、毎日が楽しいと感じます。 作り笑顔でもいいから、笑顔でいると「心の扉」が開き仏様のご利益を受け取ることができる。 ですから、いつもニコニコ笑顔でいたい。 大変なこともあるけれど、人の役に立つことをして、運気もアップして、みんなで人生をより豊かにできれば楽しいし、これから豊かになるように邁進していきましょう!.

次の

初詣に行く前に!お参りの方法や歴史を復習しよう

お寺 の お参り の 仕方

神社参拝の基本の作法が知りたい! 実は、神社にお参りするときの作法に、厳格なきまりというのはありません。 敬意の表し方は人それぞれ。 なによりも心を込めてお参りすることが大事です。 また、神社や地域によっても特色があります。 とはいえ、できるだけていねいにお参りしたいと思えば、正しい作法を知っておきたいと思うのは当然なこと。 ここでは一般的な参拝作法、マナーをまとめてみました。 鳥居をくぐる前に一礼を 鳥居は神社の外と内を分ける意味があるとされ、ここから中は神様の領域であることを示しています。 目上の人の家を訪問するような気持ちで、一礼してからくぐるのがていねいな所作。 参拝を終えて退出するときも、向き直って一礼するのがよいでしょう。 参道は真ん中を避けて歩く 参道の真ん中は「正中(せいちゅう)」と呼ばれ、神様の通る道だと言われています。 ここを避けて、少し左右に寄って歩くとよいでしょう。 また、横切るときは軽く一礼したり、または中央で神前に向き直って一礼するのも、敬意の表し方ですね。 手水舎では手、口を清める 拝殿など、お参りする場所に近づくと、手水舎(てみずや、ちょうずや)があるはずです。 ここは水でみそぎをして、「心身を清める場」という意味があります。 上手に手水(てみず、ちょうず)を使ってみましょう。 1:ハンカチなどを取り出しやすい場所に用意してから、右手でひしゃくを持ち、水を汲んで、左手を洗う 洗った水が、水盤(きれいな水が貯まっているところ)の中に戻らないように注意。 2:左手に持ち替え、右手を洗う 3:右手に持ち替え、左の手のひらに水を受けて、口をすすぐ ひしゃくに直接口を付けないこと。 含んだ水を出すときはひざをかがめ、左手で口元を隠すとスマートです。 水の状態によっては、水を口に入れることに抵抗がある場合もあるでしょう。 そんなときは無理に行う必要はありません。 神様もきっと事情を察してくださるはず。 4:ひしゃくを立てて、残った水が柄(持ち手)に流れるようにして柄を洗う 5:もとあった場所に伏せて戻す 以上を1杯の水で済ませるのが美しい所作。 水をざばざばと浪費せず、心静かに行いましょう。 ちなみに、茶道でもこの手水の作法はあるのだとか。 お賽銭を納める時の順番は? お賽銭箱の上に鈴があるときは、それを鳴らすことがあります。 その音色で、参拝者をはらい清めるという意味があるそうです。 まず鈴を鳴らし、お参りの気持ちを整えましょう。 その後、お賽銭を入れます。 投げ入れることで穢れをはらうという意味もあるといわれますが、かといって強く投げる必要はまったくありません。 心を込めて、ていねいに入れましょう。 お参りは「二礼二拍手一礼」 二礼二拍手一礼(にれいにはくしゅいちれい)が、現在のお参りの基本作法となっています。 二拝二拍手一拝ともいいます。 1:一度姿勢を正し、深いお辞儀を2回行う 2:胸の高さで、右手を少し引いて(ずらして)手を合わせる。 肩幅程度に両手を開き、2回打つ 3:手をきちんと合わせ、心を込めて祈る 4:深いお辞儀をする 神社によっては、拍手の回数が違うところなども。 もしやり方を教えてくれる看板があれば、それにならうのがいいでしょう。 その他よくあるマナーの疑問Q&A ここからはお参り前に知っておきたい豆知識やマナーをQ&A方式でお伝えします。 御朱印はいつもらえばいい? 御朱印は「参拝した証し」のようなもの。 ですので、参拝した後にいただくようにしましょう。 当然ですが記念スタンプではないので、ノートなどにお願いするのはNG。 御朱印帳を用意しておきましょう。 初めてなら、授与所(社務所)などで購入できます。 受付時間には限りがあり、時間内でも、書き手不在などで授与できない場合もあります。 そもそも御朱印を授与していない神社も多くありますので、行きたい神社のHPを事前に確認しておくのがおすすめです。 引いたおみくじはどうする? 境内の木の枝などに結んで帰ることが多いおみくじ。 「願いごとがしっかり結ばれますように」との思いを込めた行為なのだとか。 枝に結びつけるのは、木の生命力にあやかってのこと。 とはいえ、あまり多いと木も弱るので、専用の結び台が用意されている場合は、そちらに結ぶようにしましょう。 おみくじは、単なる吉凶判断ではなく、書いてある内容から「神意」を感じ取って、その後の生活の指針として役立てていくもの。 持って帰って、ときどき読み返すのもよいとされています。 お守りを買うタイミングは? これも御朱印と同様、参拝を済ませた後にしましょう。 お守りはいくつも持っていていいの? 「たくさん持っていると神様同士がケンカしてしまうのでは?」といわれることもありますね。 でも心配ご無用。 八百万(やおよろず)の神といわれるように、日本にはたくさんの神様がいます。 それぞれの「ご神徳」で守ってくれるので、大事にする気持ちがあればいくつ持っていてもかまいません。 お守りの返し方は? 一年間ご加護を願ったお守りは、年末に神社に納め、お焚き上げをしてもらいましょう。 もちろん、願いが叶うまでずっと身に付けていてもかまいません。 その場合は「願いを叶えていただいた」と感じられたら、感謝の気持ちを込めてお参りに行きましょう。 参拝時の服装に決まりはある? 服装はその時の心の表れ。 厳格なきまりというのはありませんが、目上の人に会うときは身なりを整えるように、神様に対するときは服装を正したいものですね。 特にお宮参りや七五三のお参りで、社殿の中などの特別な場所に参拝する場合は、スーツや着物などの正装をするとよいでしょう。 まとめ 神社の正しい参拝方法、いかがでしたでしょうか。 大事なのは形式ではなく、やっぱり心。 気持ちを込めてお参りできたら、きっとすがすがしい気持ちになれるはずです。 お出かけの際は公式ホームページなどで最新の情報をご確認ください•

次の

正しい参拝の仕方》マナー/作法/方法/神社/神宮/寺院/お寺/寺/初詣/参拝料

お寺 の お参り の 仕方

お寺や神社は私たちが子供のころから何かの節目や年の初めなどに訪れる、とても身近な場所です。 しかし、良く訪れるけれど、実際の正しい参拝方法を知っている人って意外と少ないのです。 ここではお寺にお参りをするときに関しての正しいマナーをご紹介したいと思います。 お寺の入り口にある「山門」の通り方 お寺には「山門」と呼ばれる入口があります。 神社でいうと「鳥居」にあたり、俗世と聖域の境界となります。 そこでお寺には入る前には、帽子などのかぶり物はきちんと脱ぎ、衣服を整えたうえで仏様への敬意を表し、「これからお参りさせていただきます」と山門の前で一礼し、道の端を歩いて敷居をまたいで中へ入ります。 お寺では神社とは違い、この手水舎は必ずあるわけではありませんが、備え付けられているお寺はかなりありますので、自らを清めてしっかりお参りしたいですね。 清め方は下記の順で行います。 右手で柄杓(ひしゃく)を持ち、水を汲んで左手をすすぎます• 柄杓を左手に持ちかえ、右手をすすぎます• 再度柄杓を右手に持ちかえ、左手に水を注ぎその水を口に含み口をすすぎます (柄杓に直接口をつけないようにします。 口は漱ぐだけでお水は飲まないでくださいね。 口をすすいだお水は、口元を隠しそっと下に捨てます。 更に、柄杓を右手に持ちかえ、左手をすすぎます• 最後に柄杓は、水をくむ部分を上にして立てて、残りの水で柄杓の柄の部分を流して元に戻します 一杯のお水で一連の動作を全て行うので、最初にたっぷりとお水を汲むのがポイントです。 手水舎がないお寺では、そそのまま鐘楼 しょうろう 、常香炉、献灯の場所または本堂にすすみます。 鐘がある場所を鐘楼(しょうろう)といい、鐘をつくという行為は祖先の供養であったり、仏様へご挨拶をする意味、煩悩を散らす鐘といわれます。 その響きを聴く者は一切の苦から逃れ悟りに至る功徳があるとされています。 現在では時報を告げる鐘となっていることも多い為、大晦日の除夜の鐘をついたりする以外は一般の方への鐘をつくことを許可していないお寺が多いようです。 もしも鐘をつく場合は手水舎で口と手を清めてから行きます。 参拝を終えて帰るときに鐘をつくのは忌み嫌われている「戻り鐘」と呼ばれる行為なので必ず参拝前にするということをおぼえておきましょう。 香閣や常香炉とは大きな香炉にお線香が供えてありその煙を手であおいで身体に当て、身を清めます。 たいてい香炉の近くでお供え用のお線香を購入することが可能ですのでお線香をお供えしてから一礼します。 この煙には身体の悪いところを治す力があるとも言われていて、現在では頭に煙を当てて頭がよくなりますように、などとやったりするあの場所です。 お線香に火をつけるときは持参したライターやマッチなどで火をつけることをお勧めします。 備え付けのろうそくの火や他人から火を受けると、その人の業(ごう)も受けてしまうと言われているからです。 さまざまなお清めをしてようやく本堂でお参りをします。 まずは本堂に一礼してからお賽銭箱にお賽銭をします。 この時、よくお金を投げ入れる人がいますが、仏様へお供えするものですので、乱暴に投げ入れたりすることはせず、静かにお賽銭箱へ入れるようにしましょう。 その後、上からぶら下がっている音を鳴らす仏具【鰐口(わにぐち)】があれば鳴らしてから、合掌・一礼をします。 合掌をする際は、姿勢を正して目を閉じ、胸の前で手のひらを合わせます。 神社とは異なり拍手は打たないので注意してくださいね。 お祈りが終わったら再び一礼してお参りを終了します。 その他の注意事項 お寺の境内は聖域となりますので、肌の露出の高い服装やサンダルなどでの参拝はできるだけ控えるようにします。 写真撮影なども禁止しているお寺もありますので、参拝時には最低限基本的なルールは守れるように心がけましょう。 最後に お寺は神社とは若干お参りのしかたも異なります。 せっかくお参りに行くのであれば、今一度神社やお寺どちらに行くかによりお参りのしかたもしっかりマスターして気持ちよくお参りに行ってみてはいかがでしょう。

次の