アマゾン 株価 リアルタイム。 【AMZN】アマゾンの株価と決算

www.m6mobile.fr Incリアルタイムチャート

アマゾン 株価 リアルタイム

2018年4月の四半期決算に関するブログなどの記事は、以下を御確認下さい。 2018年4月の四半期決算では、他社はそこそこいい決算を出しても何かと株価が上がらないことが多いなか、アマゾンは実に堂々とした決算でした。 ・ nikkei 2018. 28 ・ 投資パンダ 2018. 27 ・ donyarudo. com 2018. 27 ・ アメリカ部 2018. 02 ・ Yahoo! news 2018. 02 ・ jp. techcrunch. com 2018. 27 ・ markethack. net 2018. 27 Q6:アマゾンの株価は米中貿易戦争懸念を受けていますか? アマゾンの株価は2018年3月13日に 1617. 54ドルに達した後、2018年4月では 1352. 88ドル以下までいったん下がりました。 一時的に、250ドルほど下がったといえばやや大きい感じがしますが、高値をつけたあと、 -17%下がったという一休みでした。 上記のような、アマゾンvsトランプ大統領の問題と、アメリカ・中国の貿易戦争の問題が吹き荒れた時期になります。 しかし、アメリカと中国が、互いに関税を掛け合う状態になること自体が、それほどアマゾンのビジネスに影響を与えるとは思えません。 それより、トランプ大統領の方針が世界経済全体に対する不透明感(将来に安定的な見通しをもてない)をもたらしそうなこと、どこに向かうか分からない政策が飛び出しかねないことが、株価に悪影響を与えているものと思われます。 あとはAppleを抜くだけとなっています。 アマゾンは、競合するハイテク企業をぐんぐんと抜いて行った形になります( 10年後は時価総額ランキングがどうなっているか、誰も予測できませんね。 実際の数字としては、圧倒的にトヨタ自動車の方が多くの利益を稼いでいるんですけどね。 eコマースの分野は、単にネットショッピングの大手というだけでなく、物流や倉庫の分野にも改善?工夫?投資?を行って、配送を行って顧客満足度を高めていると言われています。 Q17:アマゾンは、日本事業でどのくらいの売上をあげていますか? シアトルの Amazon Goは、文字通り1号店ですので、実験的な色彩がつよく、この形態で小売業に算入して行くかどうかは不明です。 特に、レジを担当する店員が不要とは言っても、実店舗である以上、まったくの無人とする訳にもいかず、一定の人員配置は必要な店です。 その意味で大幅な合理化効果があるものではありませ。 他方で、無人レジを運営する仕組みとしては、リアルタイムで動画を分析して、来店客1人1人が品物を「かご」にいれたかどうかを把握したりするという方式が用いられているとのことですので、高度な技術力を持っていることの一つの証左は間違いでしょう。 によると、今後、「アマゾン・ゴー」-は、2018年内に6店舗に増えていくとのことです。 jp を参照。 「今後利用者が次々と買い物をしていくデータ蓄積を通じて、行動把握と認識技術をさらに強化していく」 当該記事の末尾 ことがアマゾンをさらに成長させることになりそうです。 16 を参照。 23 を参照。 jp 2018. ただし、強豪がひしめいており、「ひとりがち」だとか、「安泰」であるとまではいえないものと思われます。 現在、アメリカの最強の頭脳を抱えるハイテク企業各社が、競争中といった状況と思われます。 なお、アメリカの連邦政府からの契約も多数獲得できており、そのなかには中央情報局(CIA)を含む情報機関のデータを保管する契約などが含まれているそうです。 nikkeibp. jpの「」も参照。 comの「」も参照。 wsj. comの「」 2018. jpに「」 2018. 6 という記事が掲載されました。 われわれも、たとえばまったく購買意欲がないときにふらっと検索するときはGoogleを使い(人生相談や旅行のプランを練るときなど)、モノを買いたいときはAmazonで検索することがよくあります。 アメリカ人も、何かモノを買いたいときには、google検索ではなく、直接、amazonの検索入力欄に入れることが増えてきているらしいです。 そのため、amazonの検索結果ページに広告を掲出する企業が増え、amazonにとっては広告収入から得られる収益が高まっているようです。 Googleは、過去にその人がどういうWordで検索したかに基づいたユーザーデータを持っているのですが、それと同じようなものですね。 ニュース)によると、2017年で28億ドル、2018年で45億ドル、2019年で66億ドルと、アマゾンの広告事業はどんどん拡大するとのことです。 nikkeibp. jp「」 2017. ただ、アマゾンの場合、 「小売市場」(ヒトがあらゆるモノを買う場面)全体に入っていこうとしている点が大きな特徴です。 アマゾンは書籍のネット通販からスタートし、家電や服や日用品に手を伸ばしていますが、今後、生鮮食料品、ヘルスケア市場、ファッション関係など、いままではネット通販が入りにくかった分野を中心に、まだまだ伸びしろはあるようです。 そこに違いがあるようです。 堀古英司の「」の記事も参照。 その背景には上記のような 「伸びしろ」の違いもありそうです。 同社は、アメリカで高級スーパーマーケットを展開する会社で、430店舗ほどの実店舗を有しています(一部店舗はカナダ、イギリスにもあり)。 店舗も、アメリカの高級住宅地の周辺に多くあると言われています。 2017年6月にアマゾンは137億ドル(約1兆5600億円)での買収を行いました。 アマゾンプライム会員でカードを持っていれば、ホールフーズの生鮮食料品が割引で購入できるといった典型的な連携はさっそく行われているようです。 なお、アマゾンが買収を行った後、同社の複数の幹部は退職をしているという報道がありますが、アマゾンにとっては別に人材がほしかった訳ではなく、スーパーマーケットというリアル店舗がほしかっただけなので、どんどんアマゾン色に塗り替えて行くのでしょう。 jp「」 2017. jp 2017. しかし、これらについて競争の公平性の観点から、日本の公正取引委員会(外国にもそれぞれ似たような組織があります)が、何か判断を示すようなことが考えられます。 もちろん、例えば、航空業界はANAとJALの寡占が続いており、携帯電話業界は大手3社の寡占が続いていますが、ネット通販業についてはそのような意味で、日本でも外国でも「寡占」といった状態ではなく、現状は、さまざまなライバルがひしめき合っている状態です。 しかし、あらゆるライバルを打ちのめすアマゾンは、実質的に強すぎることから、公正な競争が阻害されているのではないかという懸念の声はたえずあるようです。 Q30:アマゾンが「ホームセキュリティー機器企業リング(Ring)」を買収したのは、どういうことでしょうか。 現在、このサービスの展開は 16か国でなされています。 日本におけるプライム会員数はまだまだ200~300万人らしい(ただし別の記事では800万人と書かれていることおある。 )ので、圧倒的に、アメリカでビジネスが先行しているということになります。 会費も、アメリカでは年額119ドル(約13000円)であり、日本はかなり割安な設定になっています。 「送料無料」がメインというよりは、ビデオや音楽などの無料アクセスを含めて利用されているようです。 netの「」 2018. netの「」 2018. 31 Q33:アマゾンの「AmazonPrime」の会員数はどのくらいですか? 2018年4月、全世界で、アマゾンプライムの会員数が 1億人を突破したと説明されています。 それ以前は、アマゾンのプライム会員数について公式には明らかにされてきませんでした(ただし2017年には8000万人以上だと言われていました)。 2018年4月になって初めて、ジェフベゾス自身によって説明された形です(プライム会員という仕組み自体は2005年に開始されたということですので、約12-13年にわたって会員数は公式には説明されていませんでした。 )なお、プライム会員価格が「値上げ」されることになり「強気の経営」がなされていると評されています。 代表的なのが トイザラス(玩具小売り)の破綻や、 メイシーズ(百貨店)の不審などがあげられています。 後記のとおり、2018年6月下旬には、アマゾンが ピルパック社(医薬品薬品ネット通販)の買収することが明らかになると、受け ウォルグリーン・ブーツ・アライアンス(ドラッグストア)の株価も押し下げる結果となりました。 navi「」 2018. 03 Q46:アマゾンは「スマートホーム」に注力しているんですか? 2018年6月下旬、アマゾンが、 オンライン薬局の新興企業である「 ピルパック」を買収することを明らかにしました。 この時期、米中貿易戦争のあおりで、アメリカハイテク株は軟調でしたが、アマゾンの株価は敏感に反応しました。 また、アマゾンが医薬品分野に参入することが表明されたのを受けて、同業他社の株価は大きく下落しました。 一方で、処方薬関係のビジネスは 「利幅が小さく、競争が激しい」(下記Forbes記事)いう指摘もあり、素直に、アマゾンの株価にポジティブに寄与してくれるかは未知数です。 下記の分析記事によると、ピルパック社の買収により「処方薬だけでなく、同時に一般薬や健康関連商品もアマゾンで買い物をするようになる」という予測があるようです。 また、アマゾンアレクサで日用品を購入するという流れについても、パソコン・スマホが苦手な高齢者層に向けた取りくみとも言えそうですね。 こういった分野が伸びると、さらに株価の上昇が期待できるかもしれません。 sbbit. jp 2018. 27 Q55:アマゾンは、Grailという企業に投資しているのですか?.

次の

アマゾン株価のリアルタイムチャート・速報! 今後の見通しや配当はどれくらいなの?!|情報のたまり場ブログ

アマゾン 株価 リアルタイム

【ご注意】• 市場を特定したい場合は、銘柄コードに続けて拡張子(例:4689. t)をつけてください。 各市場の拡張子、詳細についてはをご覧ください。 チャートについては、株式分割などがあった場合は分割日以前の取引値についてもさかのぼって修正を行っております。 前日比については、権利落ちなどの修正を行っておりません。 取引値は、東証、福証、札証はリアルタイムで、他市場は最低20分遅れで更新しています。 全市場(東証、福証、札証も含む)の出来高・売買代金に関しては、最低20分遅れで表示しています。 株式分割があった場合は、配当利回り、1株配当、株価収益率、1株利益、調整1株益、純資産倍率、1株純資産の各項目を表示しません。 各項目の意味と更新頻度については「」をご覧ください。 Yahoo! ファイナンスは、 、 、 、 、 、 、 からの情報提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 当社は、この情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

次の

アマゾン株価のリアルタイムチャート・速報! 今後の見通しや配当はどれくらいなの?!|情報のたまり場ブログ

アマゾン 株価 リアルタイム

アマゾンは1995年創業の世界最大級のインターネット通販企業です。 上場21年で株価2,000ドル、時価総額1兆ドルに到達しましたが、今後も更なる高収益化への準備が進んでおり、長期には一段の成長を遂げていくものと思います。 アマゾンは1995年創業の世界最大級のインターネット通販企業です。 米国の企業ではありますが、日本の生活にも浸透しており、毎日アマゾンで買い物をされている方も少なくないと思います。 同社は上場21年で株価2,000ドル、時価総額1兆ドルに到達しました。 世界中の企業の中で時価総額1兆ドルに到達したのはアップルに次ぐ2社目となります。 今回はそのアマゾンの何が凄いのかを読み解き、株価が今後どうなっていくのかを予想してみたいと思います。 ただ、アマゾンは単なる通販でなく、より人々や企業の日常に入り込むため、グーグルやフェイスブックらと同じく、巨大データセンターというクラウド空間に巨額投資を続け、そこから音楽や映像、電子書籍などのコンテンツを配信します。 世界随一とされるセキュリティもあり、企業や個人のクラウド利用も進んでいます。 AIを駆使したお薦めや、広告事業も急成長中です。 プライム会員になれば様々なコンテンツが無料なので会員数が増え、年間数千億円の年会費が入ります。 サービスやコンテンツに力を入れてきた結果、これらが高利益率事業となって育ってきています。 2017年には実店舗を持つスーパーチェーンも買収しました。 「未来のスーパー」という視点では、中国のアリババの方が一歩先を行っている様子ですが、アマゾンも無人スーパーを想定します。 消費者はスマホで専用アプリを開きながら買い物し、持ち帰ってもいいですが、重い商品(ビールやお米など)があれば全部まとめて1時間後に宅配とし、最後はスマホをかざして無人精算します。 実際それに近い仕組みが北京にあるアリババ傘下のスーパーにできています。 アマゾンが特に最近力を入れているのがスマートスピーカーと呼ばれる音声認識のAIデバイスで、同社の開発した「Alexa」は150カ国以上で数万社が自社製品への搭載を検討しています。 アマゾン自身も「Echo」という自社スピーカーに搭載し、消費者の日常が、キーボード操作(PC時代)から指先でのタッチ(スマホ、タブレット)を経て、今後口頭での操作と変革期を迎える中、先行者として市場を独占しようとしているところです。 人工知能「Alexa」 は現在様々な企業に搭載され、サウンドバー(テレビの前に置く横長の高音質スピーカー)、ヘッドフォン、スマートホーム・デバイス、Windows10搭載の最新PC(Acer、HP、Lenovo製)、そしてBMW、フォード、トヨタなどの車にも採用されようとしています。 するとますます多くのユーザーが、年間1万円程度の年会費(現在日本は初期プロモーションで安い)を払ってプライム会員になるだろうと思います。 例えば毎月千円程度の月額料金を、音楽のために Spotify に、映像コンテンツのために Netflix にそれぞれ入っている人も多いと思いますが、もう少しアマゾンの無料コンテンツが充実してくれば(日々そうなっています)、それだけでもプライム会員になることで節約でき、かつネットショッピングにも特典が付きます。 恐らくそこに決済カードや将来設立の噂されるアマゾン銀行の特典も絡めることで、億人単位となりえるプライム会員料金だけで、年間兆円単位の安定収入を稼ぐ可能性もあると思います。 クラウドサービスであるAWS(アマゾン・ウェブ・サービス)は最も利益率が高く、このところの同社利益増の大半を占めます。 また買収による実店舗の売上高が、3カ月間に5千億円規模ともなり、前年同期比での大幅な増収に貢献します。 3P(サードパーティー)セラーサービスとは、アマゾンが自社で仕入れて直販するのでなく、第三者の商店(出品者)がアマゾンに出品し、梱包、発送、決済までのすべてをアマゾンが代行するサービスで、大きくなっています。 出品者はアマゾンの物流センターとオンラインシステムを利用することでプライム会員に即日配送でき、それに対してアマゾンは手数料を稼ぎます。 そしてメンバーシップ収入の大きな部分がプライム会員による年会費で、あと無料サービスでは視聴できない音楽や映像、デジタル本などの販売を含みます。 そして「その他」売上が3カ月間に2,500億円に迫る規模になっており、これはいよいよ発進したネット広告収益が大きいものです。 こちらも消費者の日常と繋がることで、グーグル、フェイスブックなどを脅かす存在となりえます。 内訳は北米6割、海外3割、AWS1割です。 各四半期末時点での直近12カ月間の営業利益を見てみると、やはり直近で大きく伸びあがっています 同様に各四半期末時点での直近12カ月間の営業利益を見てみると、やはり直近で大きく伸びあがっています。 今後さらに伸びあがっていくと思われ、現時点での株価は(実際の利益額に対して)割高に見えるかもしれませんが、そうしたことを織り込みはじめているのです。 前年上半期に比べ、売上規模が格段に大きくなっていると同時に、原価率が大きく低下し、粗利益率は37. 7%から41. 0%へと拡大しました。 20兆円超売り上げる規模でこの変化は大きいものです。 売上規模の近いトヨタなどでこれほど急激な粗利益率のカイゼンは望めないでしょう。 売上規模の近いトヨタなどでこれほど急激な粗利益率のカイゼンは望めないでしょう 原価以外の費用で多くを占めるフルフィルメント(物流費用)をはじめ、各費用の割合も減少し、営業利益率は2. 2%から4. 7%へと拡大しました。 ただし、同社は半年間に26. 5億ドルという多額の株式報酬を支払って人材を繋ぎとめており、これらは原価をはじめ、各費用に含まれています。 株式報酬は一切の現金支出を生まず、会社にとって本質的な費用とならないため、それらを除外したより本質に近い営業利益は75. このベースの営業利益率は7. 3%になります。 アマゾンのPERは114. 9倍と他を圧倒する割高さですが、同社自身としては過去に例のないほど低くなっています。 1年近く前では260倍もありました。 株価は昨年以降あまりにも急激に上昇しており、短期には割高に思えますが、 高い利益を生み出す仕組みが着々と進んでおり、それを先取りしたものと考えます。 いずれ今の時価総額規模にふさわしい巨額利益を出していくでしょう。 アップルはすでに株価や時価総額に相応しい利益と巨額現金を保有しており、その強固な財務から生み出される株主還元力が魅力となっていますが、アマゾン株は将来の成長期待で付いている値段です。 予告無く変更される場合があります。 また、資産運用、投資はリスクを伴います。 投資に関する最終判断は、御自身の責任でお願い申し上げます。 【関連記事】.

次の