妊娠初期 頻尿。 下痢や頻尿に注意!妊娠初期にまめな水分補給が必要な理由

妊娠超初期|たまひよ【医師監修】生理の遅れは妊娠かも?体の変化やサインとママ体験談

妊娠初期 頻尿

出典元一覧• 山本産婦人科「妊娠初期の出来事」山本産婦人科(,2017年7月5日最終閲覧)• ウィミンズクリニック札幌「妊婦さんへ」ウィミンズクリニック札幌(,2017年7月5日最終閲覧)• フィオーレ第一病院「妊娠の計算の方法」フィオーレ第一病院(,2017年7月5日最終閲覧)• 井上裕美 監 他「病気がみえる vol. 10産科」6(メディクメディア,平成27年)• 日本産科婦人科学会「流産・切迫流産」(,2017年10月5日最終閲覧) 本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。 必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。 なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。 ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはもご覧ください。

次の

妊娠超初期症状: 妊娠超初期の兆候や症状

妊娠初期 頻尿

ドラマなどでは、急につわりの症状があって「もしかして妊娠!? 」と気づくシーンがよくありますが、実際には、生理が10日ほど遅れ、妊娠5~7週ころに気づくケースがほとんどです。 妊娠週数は、28日周期の生理をベースに、最終生理の初日をスタートと考えて、生理初日を0週0日として数えています。 つまり妊娠0週は最終生理の期間。 排卵が最終生理の初日から約2週間後と仮定して、この時期はすでに妊娠2週に入り、それから約7~10日後に受精卵が無事、子宮内膜に着床して初めて妊娠が成立します。 つまり、実際には妊娠3週でようやく妊娠成立となるわけですが、まだこの時期には目立った自覚症状がありません。 受精卵が子宮に着床すると、通常、生理が始まる前に分泌量が減っていく女性ホルモン(黄体(おうたい)ホルモン)が過剰に分泌され、生理のときにはがれ落ちるはずだった子宮内膜がそのまま成長を続けるため、生理がストップします。 生理周期が規則正しい人が、生理予定日より1週間以上遅れたときは、まず妊娠の可能性を考えたほうがいいでしょう。 とはいうものの、生理のリズムは、環境の変化や精神的なストレスなどに影響を受けやすく、生理が遅れるのは珍しいことではありません。 生理の遅れだけで、妊娠と判断するのは難しいので、体調の変化にも気を配り、気になるときは早めに産婦人科の診察を受けましょう。 生理の遅れ以外にも、妊娠をすると女性の体と心はさまざまなサインを発するようになります。 たとえば、つわり。 早い人だと生理の遅れと同時くらいに、ムカムカしたり、吐きけを感じたり、食欲がなくなったりといった症状が出てきます。 ただし、つわりにはかなり個人差があり、まったくつわりを感じない人もいます。 また、乳腺の発達やホルモンの影響で、乳頭が敏感になり、乳房も張って痛みを感じるようになります。 乳頭や乳輪部が黒ずんでくるのも、ホルモンの影響です。 また、ささいなことで涙が出たり、イライラしたり、自分ではコントロールできないほど情緒不安定になることがあります。 なんとなくだるくてしようがない、眠くてしようがないといった症状もあります。 そのほかにも、肌が荒れる、トイレが近い、便秘になる、おりものが増える、風邪のような症状があるなど、さまざまな兆候が現れます。 「基礎体温」とは、人間が本来、生きる上で必要最低限のエネルギーしか使っていないとき、つまり睡眠中の体温のことをいいます。 とはいえ、睡眠中には体温は測ることはできないので、朝、目覚めた直後、布団の中で安静にしているときに、微妙な変化も読み取れる目盛りのこまかい基礎体温計で測ります。 この基礎体温を毎日測って折れ線グラフにすると、多少のギザギザはあるものの、一定の周期でラインが上下するのがわかります。 妊娠していない健康な女性の場合は、高温が続く時期(高温期)と、低温が続く時期(低温期)の2つにラインが分かれます(二相性)。 これは体温を上げる作用のない卵胞ホルモンと、体温を上げる作用を持つ黄体ホルモンが、周期的にきちんと分泌されている証拠でもあるのです。 女性の基礎体温は通常、生理から排卵日までは低温期、排卵から2週間ほどは高温期が続きます。 妊娠していないときは、高温期は約2週間で終わり、体温が下がると、再び、生理の始まりとともに低温期になりますが、妊娠したときは基礎体温が下がらず、そのまま高温期が続きます。 これは体温を上げる黄体ホルモンの働きによるものです。 黄体ホルモンは、子宮内膜を厚くふわふわにして、受精卵の着床をサポートする役割を担っています。 無事に着床したときは、さらに分泌を続け、受精卵を保護するのです。 普通は2週間の高温期が3週間以上続いて、生理が来ないようであれば、妊娠している可能性は大きいと考えていいでしょう。 脳から女性ホルモンに、「卵巣を刺激せよ」との指令が出されると、卵巣では、卵子が成熟して排卵されます。 妊娠超初期に気をつけたいこと 妊娠が判明すると妊娠前や妊娠判明後の生活について、急に不安になることがあります。 おなかの赤ちゃんに影響があるものは何か、妊娠中を健康に過ごすためにも知っておきましょう。 薬 市販薬(風邪薬、便秘薬、鎮痛薬など) 妊娠の可能性があるときや、妊娠判明直後、飲んでしまった薬について不安を感じるママが多いようです。 ほとんどのケースは赤ちゃんに悪い影響はありませんが、妊娠が判明したあとは、自己判断で薬を飲まずに、自分の妊娠中の体の状態を把握しているかかりつけの産婦人科医にまず相談するようにしましょう。 薬の服用にとくに注意が必要なのは、妊娠4~9週末までです。 この時期には中枢神経をはじめ、心臓や四肢(手足)、目、鼻など、赤ちゃんの体の大事な器官がつくられるので、赤ちゃんの体に影響を及ぼす成分の含まれた薬を飲むと、形態異常が起こることがあります。 妊娠4週未満に飲んだ薬は、赤ちゃんへの影響はまず心配いりません。 いずれにしろ、市販薬でも病院でもらった処方薬でも、赤ちゃんに悪影響を及ぼす薬の種類はごくわずかです。 どんな薬も100%安全と言いきることはできませんが、風邪薬や頭痛薬、鎮痛薬などの市販薬を、決められた回数と量を守り、短期間だけ服用したのであれば大きな心配はありません。 処方薬(産婦人科・他科でもらった薬) 妊娠前からなんらかの持病があり、薬を飲み続けている人は、薬を処方した主治医と産婦人科医に、なるべく早く相談してください。 一時的にでも服用をやめたり、影響のない薬に替えることができるかどうかを確認し、妊娠中の薬の使い方について納得するまでよく話し合いましょう。 妊娠したからといって、自分の判断で薬を勝手にやめるのは、母子ともに危険な状態を引き起こすことがあるので絶対にしないでください。 妊娠中も、ママの体の状態や赤ちゃんへの影響を十分に考え、薬を服用したほうがいいと医師が判断した場合は、産婦人科で薬が処方されることがあります。 妊娠中に薬を飲むのは心配……と感じるママも多いようですが、飲まないでいると、かえって悪影響が出ることがあるので、医師の説明をよく聞き、納得した上で服用するようにしましょう。 また、産婦人科以外で診察を受けるときは、必ず妊娠中であることを伝えてください。 すでに産婦人科で処方された薬を飲んでいるときは、他科の医師に薬を飲んでいることを必ず伝えましょう。 ビタミン薬・ステロイド成分の含まれた塗り薬など 妊娠前は気軽に飲んでいたビタミン薬も、妊娠が判明したら服用には慎重になりましょう。 ビタミンの中でも脂溶性ビタミンであるビタミンAやDは、過剰に摂取すると胎内に蓄積され、赤ちゃんにトラブルが起こる可能性があるといわれています。 市販の総合ビタミン薬でも、ビタミンAやDが含まれるものは念のため妊娠4〜7週末は飲むのをやめ、それ以外の時期も用量を必ず守って飲むようにしましょう。 ビタミンBやCは水溶性のビタミンなので、過剰に飲んでも尿に混じって排はい泄せつされてしまうので問題はありません。 また、湿布薬や、ステロイドなどの成分が含まれた塗り薬、目薬などは、使う量も微量で、症状のある部分だけに作用する局所薬です。 用法・用量を守って使えば、含まれている成分がママの体内に吸収されて赤ちゃんに影響を及ぼすことはありません。 薬を飲むときの注意点 1)飲む前にかかりつけの医師に相談しましょう 妊娠中に病気になったら、自分の体の状態をよく理解しているかかりつけの産婦人科医にまず相談しましょう。 2)自分が納得するまで説明を受けましょう 処方された薬に対して、不安なことやわからないことがあるときは、納得するまで、医師から説明を受けましょう。 3)産婦人科で処方された薬はきちんと飲みましょう 産婦人科で処方された薬は、ママと赤ちゃんの健康のために必要な薬です。 自己判断で服用をやめないように。 4)1回に飲む量、1日に飲む回数を守りましょう 指示どおりに飲まないと、薬の効果が薄れたり、思わぬ副作用が現れる可能性もあるので注意が必要です。 5)妊娠がわかったら市販薬はなるべく飲まない 危険な副作用が起こることはほとんどありませんが、妊娠判明後は市販薬をなるべく飲まないようにしましょう。 うっかり妊娠初期に薬を飲んでしまった!なんてことがないように、妊娠判明から妊娠後期までの間、薬がどのように妊娠に影響を与えるのか知っておきましょう。 たばこ ママだけでなく、家族みんなで禁煙を たばこを吸うと、ニコチンの影響で血管の収縮が起こり、おなかの赤ちゃんとママを結ぶ胎盤を流れる血液の量が減るため、赤ちゃんに十分な酸素や栄養が届かなくなってしまいます。 また、たばこの煙に含まれる一酸化炭素が血液中のヘモグロビンと結びついてしまうと、本来、結ばれるはずの酸素と結合できなくなり、母子ともに低酸素状態になります。 たばこを吸う人が吐き出す主流煙より、たばこの燃えている部分から立ち上る副流煙のほうが、数十倍から数百倍もの高い濃度の有害物質が含まれています。 さらに、ニコチンやタールなどの有害物質も胎盤を通じて赤ちゃんに伝わって悪影響を及ぼします。 ママが喫煙者であるときは妊娠をきっかけに禁煙をするのはもちろんですが、ママがたばこを吸わなくても、パパや家族が喫煙するときは、たばこの害を伝えて禁煙してもらうようにしましょう。 禁煙を成功させるには、たばこを吸いたくなったら深呼吸してお茶を飲む、口寂しいときはシュガーレスガムをかむ、また、ウォーキングなど外に出て体を積極的に動かす、食後の一服が欲しくなる脂っこいメニューは避けるなどの方法があります。 周囲の人に禁煙宣言をして、チェックしてもらうのもいいでしょう。 カフェイン コーヒー・紅茶・日本茶の飲みすぎには注意を コーヒーなどに含まれるカフェインは、胎盤を通過して赤ちゃんの体に届きます。 おなかの赤ちゃんは、カフェインを分解するのに、大人より約20倍もの時間がかかるといわれています。 1日に1杯程度であれば問題はありませんが、妊娠中はカフェインが含まれていない麦茶やハーブティーなどの飲み物を選びましょう。 また、紅茶や日本茶にもカフェインが含まれているので、コーヒーと同じように飲みすぎには注意が必要です。 アルコール 妊娠中はアルコールの度数にかかわらず、禁酒を 妊娠中にかなりの量のアルコールを飲み続けると、赤ちゃんに発育障がいなどの影響が表れます。 具体的な量でいうと、ビールなら大びん3本以上、日本酒なら3合以上、ワインはグラス3杯以上を毎日飲み続けた場合とされています。 気分転換にたまにビールをコップ1杯程度なら……と思うママも多いと思いますが、妊娠中のストレスから、酒量が増えていく可能性も考えられます。 妊娠中は「おなかの赤ちゃんのために」と思って、飲酒はやめるようにしましょう。 妊娠検査薬で陽性反応が出ました。 検査前、生理予定日より1週間ほど遅れているころに友だちと飲みに行きました。 忘年会シーズンで、普段は飲まないような強いお酒やシャンパンなどたくさん飲んでしまいました。 妊娠初期は脳や神経などの形成時期と聞きとても心配です。 赤ちゃんに何か悪い影響はありますか? 3日ほど前から吐きけがしてもしかしてと思い病院に行ったら4週でした。 こんなに早くつわりって来るんですか?上の子2人のときもひどいつわりで仕事を辞めました。 再婚して42才での妊娠です。 約20年ぶりの妊娠となりましたが、つわりはやっぱりだんだんひどくなるのでしょうか。 そして高齢出産となるので、大丈夫か心配です。 今妊娠4週です。 介護の仕事なので夜勤があります(月6回ほど)。 つわりと闘いながら勤務していますが、控えたほうがいいでしょうか? 妊娠が判明したのが37日のとき。 時にはワイン1本飲んでいました。 すごく後悔しています。 おなかの子に影響あると考えるとすごく不安です。 いろいろ検索してみると、やはり大事な時期に取り返しのつかないことをしているのだと、怖くてたまりません。 妊娠判明前後あたりから肌の乾燥に悩んでます。 とくに胸のあたり全体がかゆくて、乳首や乳輪の皮がむけてます。 夜中とかにかきむしってる可能性もあるのですが、ブラやシャツに黄色い分泌物がついてることが多々あります。 健診はだいぶ先で、かなり込んでる婦人科に行ってるために先生と会話をあまりできずに終わってしまいます。 皮膚科を受診すべきでしょうか?•

次の

妊娠初期に頻尿になるのはなぜ? 予防と対策方法、注意すること|ウーマンエキサイト(1/2)

妊娠初期 頻尿

出典元一覧• 山本産婦人科「妊娠初期の出来事」山本産婦人科(,2017年7月5日最終閲覧)• ウィミンズクリニック札幌「妊婦さんへ」ウィミンズクリニック札幌(,2017年7月5日最終閲覧)• フィオーレ第一病院「妊娠の計算の方法」フィオーレ第一病院(,2017年7月5日最終閲覧)• 井上裕美 監 他「病気がみえる vol. 10産科」6(メディクメディア,平成27年)• 日本産科婦人科学会「流産・切迫流産」(,2017年10月5日最終閲覧) 本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。 必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。 なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。 ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはもご覧ください。

次の