アシッド アタック。 ディーピカー・パードゥコーン主演、アシッド・アタック被害者の闘いを描く『Chhapaak』

「アシッドアタック」に関するQ&A

アシッド アタック

アシッドアタック(Acid attacks)という言葉をニュースで聞いたことがある方も多いだろう。 アシッドアタックとは強酸(アシッド)を人の顔や身体に浴びせる行為だ。 被害者のほとんどは女性で、その瞬間から彼女たちは即、地獄へと突き落とされる。 その女友だちはカンワルさんが航空会社のキャビンアテンダントに採用されたことをねたんだのだ。 その結果、彼女は鼻を失い、顔のほとんどは酸によって焼けただれた。 html】 マンチェスターの移植専門医アシム・シャマラック博士はカンワルさんを支援する医師の1人である。 まつげと眉毛の移植手術ができる医師は世界でもわずかしかいないが、シャマラック医師はそのなかの1人でもある。 シャマラック博士はパキスタン最大の都市カラチで生まれ、医師資格を取得後に英国に移住して熟練した外科医となった。 その後、人気モデルのカルム・ベスト、元ドイツ代表MFでサッカー評論家のディディ・ハマン、BBCの人気TVシリーズのスターであるマーティン・ロバーツなどのセレブがこぞって、博士から植毛移植手術を受けたことで有名になった。 博士はパキスタンにある慈善団体「Depilex Smileagain」財団創設者でアシッドアタックの犠牲者支援を精力的に続けているマサラット・ミスバ氏を通じて、この活動を開始した。 博士は、「初めてこれらの女性の話を聞いた時は、泣きました。 男性から結婚を申し込まれて断ったために、酸を浴びせられる女性もいるのです。 中世の女性でももう少しましな扱いを受けていたと思ったのです」と語る。 博士は先週カラチを訪れカンワルさんに再会した。 事件後、カンワルさんの眉毛は焼けただれ、彼女は黒のマジックを使って眉毛を描かなければならなかった。 しかし2年前に、カンワルさんは博士から眉とまつげの移植手術を受け、その後順調に新しい眉とまつげが生えてきた。 カンワルさんはそれを誇らしげに博士に見せたという。 カンワルさんを支援する医者たちは過去10年、苦労して彼女の顔の再構築を試みている。 カンワルさんの鼻は、太ももから取った組織を使用して再建したものだ。 先生は私の顔を完全に変えてくれましたし、今は新しい眉とまつげがあることがうれしくてたまりません」と話す。 一方シャマラック博士は、カンワルさんは今まで出会った最も勇敢な女性の一人だと述べる。 そしてカンワルさんが彼女の人生を取り戻して、結婚したニュースを聞いた時には本当に感動したと語る。 博士は今年後半に再建手術を行うチームをパキスタンに連れていき、新たにアシッドアタックの被害者である7人の女性に髪、眉毛、まつげの移植を無料で行う計画をしている。 開業医の妻とマンチェスターに住む2児の父である博士は、カンワルさんや他の女性を助けるために約700万円を自費で賄っている。 そして気の毒な女性の顔を再建する取り組みは、仕事の中で最もやりがいがあることだと話す。 博士は手術の後の女性たちの笑顔を見るだけで、十分な価値があると感じている。 アシッドアタックはパキスタン、バングラディシュ、イラン、インド等の国でしばしば起きている。 要因のひとつにこれらの国では強酸の入手が容易なことがあげられる。 例えばカンワルさんを襲うのに使用された酸は、パキスタンでは路上で約15円で買えるのだ。 インドでは最近、アシッドアタック被害者への救済策が制定されると共に、酸の売買に規制がかけられることになった。 またこれらの国では女性の地位が低いことと、酸なら相手が死ぬことはないので捕まった後の処罰も軽くなると考える加害者も多いという。 アシッドアタックは女性から人生を奪ってしまう最悪の犯罪だ。 このような犯罪が一刻も早くなくなることを切に願う。

次の

【写真】酸を顔にかけられた人たち そのありのままの姿

アシッド アタック

大変な苦悩を乗り越えたケイティ。 元モデルで現在は執筆やテレビ出演など様々な活動を展開しているケイティ・パイパー(35)は、。 顔面を溶かされただけでなく酸の一部が口に入り飲みこんでしまったというが、それから40回以上もの手術を受け、今ではこんなに素敵な笑顔が戻っている。 また2015年にはゴールインし2人の娘の母になったケイティだが、しばらくSNSの更新がなかったため、多くのファンが彼女を心配していた。 そのケイティがこのほどようやくインスタグラムを更新し、ファンにこのようなメッセージを送った。 「ハーイ、みなさん。 今、私はパキスタンにあるジャワッド先生のクリニックにいます。 だから(インスタグラムの)ストーリーをしばらく更新できなかったの。 でも今は回復中よ。 」 「『Famous and Fighting Crime』(TV番組)に関するメッセージを頂いたことに、お礼が言いたかったの。 」 「あまりSNSはできない状態だけど、皆さんのご意見を聞けてうれしいわ。 」 この医師はアシッドアタックの直後にケイティの治療にあたった医師団を率いた人物だが、今回の治療内容については伏せられている。 ちなみにこのアシッドアタックはケイティがネットで知り合った男(ダニエル・リンチ)が計画したもので、ケイティはこの犯行の数日前にリンチに会いホテルで暴行を受けたことも分かっている。 その際には腕を何度も刺され大怪我を負ったが、リンチを恐れ何が起きたかを医師や警官に話せなかったという。 その後リンチは何度も電話で謝罪した末に「インターネットカフェで俺のメールを読んでほしい」とケイティを説得 - しかしそこでケイティを待っていたのはリンチにアシッドアタックを依頼された別人で、はケイティが到着するなり歩み寄り顔面に向け硫酸をぶちまけた。 この事件後に逮捕されたリンチは服役中だが、実行犯はすでに釈放されている。

次の

アシッド・アタックで重度のヤケドを負った女性 回復した顔をネットに公開

アシッド アタック

相手の顔や体を著しく損壊し、多大なダメージを与える「アシッド・アタック」(酸攻撃)。 交際や結婚を断られた男性が、女性に復讐する手段とするケースが多いが、最近では銃やナイフに変わる凶器として英国のギャングたちの間でも使われている。 ロンドンで攻撃に遭い、顔に重度のヤケドを負った女性が、回復した様子をネットに公開して話題を呼んだ。 2016年6月、レシャム・カンさん(Resham Khan)は従兄弟のジャミール・ムクタさん(Jameel Muhktar)と共に、ロンドン東部をドライブしていた。 ちょうど彼女の21歳の誕生日を祝うために、家族のもとへ向かっている最中だった二人。 突然、誰かが車の窓から酸を投げ込み、二人は全身に重度のヤケドを負った。 読者メニュー• 関連リンク• 大紀元日本について• サイト所有会社• 株式会社大紀元(英語名 DJY Japan Inc. TEL:03-6806-8902 FAX:03-6730-2861• EMAIL info djy. jp 運営会社• 特定非営利活動法人エポックメディア• TEL:03-6806-8903 FAX:03-6332-9990• 運営責任者: 金丸真弥• EMAIL info epochtimes. jp 大紀元 Global Group•

次の