右 脇腹 痛い。 右脇腹から背中にかけて痛みや違和感が!原因は何?

右脇腹がズキズキ痛むのはなぜ?主な原因6つと病気の可能性|病院は何科?

右 脇腹 痛い

右脇腹から背中にはどんな臓器がある? 右脇腹にある一番大きな臓器というと 肝臓が挙げられます。 肝臓にくっつくようにして胆嚢といわれる、胆汁という脂肪の吸収を助ける分泌液をためておく袋のような臓器もあります。 また、大腸のうち上行結腸と呼ばれる部位や、虫垂という一般に盲腸としてしられている臓器があるのも右脇腹です。 そして背中の方には 腎臓があります。 これらの臓器がダメージを受けると痛みとして現れてきます。 それでは、頻度の高いものから順番に有名な病気を紹介していきます。 ランニング中の脇腹の痛み 誰もが経験したことのある右脇腹の痛みといえば ランニング中の脇腹の痛みではないでしょうか。 これは肝臓の痛みだと思われがちなようですが、実は肝臓ではなく 肺と肝臓を分けている横隔膜の痛みだそうです。 しゃっくりのときに震えるのがこの横隔膜ですね。 ランニングなどにより肝臓が動き横隔膜を引っ張りすぎてしまうと、このような痛みが発生するそうです。 食後には肝臓のすぐ横で横隔膜にも接している胃が広がっていたり、食事のときにガスが入ってきたりしています。 その為、肝臓が横隔膜を引っ張る方向にしか動けなくなり、痛みが起こる確率が高くなってしまうそうです。 この痛みは 生理的な痛みであり、決して病的なものではないので心配しないでくださいね。 対処法としては、 右足を前に出しているときではなく、左足を前に出しているときに呼吸を吸うようにするといいようです。 右足を前に出しているときは肝臓の周りのスペースが少なくなっており上の方に動きやすく、そのときに息を吸うと肺も膨らむため、横隔膜が上からも下からも押さえつけられてしまい痛みを感じるそうです。 左足を前に出している時は肝臓は下の方に動いているので、息を吸っても横隔膜が過度に押さえられる事が無くなり痛みが減ります。 虫垂炎(盲腸 一般に 盲腸と言われる病気ですが、医学的には虫垂炎という名前がついています。 小腸と大腸のつなぎ目のところに袋のような構造になっている行き止まりの部分があり、これが虫垂と呼ばれるのですが、ここの炎症が虫垂炎です。 原因としては 便がたまってしまったり、虫垂の入り口の部分が便で塞がれてしまう事により虫垂の中で菌が繁殖することが一般的です。 また、ストレスなどにより腸の動きが低下していることにより虫垂炎になりやすくなることも言われているようです。 一般的な症状としては 発熱と右下腹部の痛みがあります。 痛みや発熱はかなり酷い人から我慢できる程度の人もいるようです。 虫垂炎をそのままにして放っておくと、自然と治る方もごく少数いるようですが、最悪、虫垂が破裂しお腹中に便がばらまかれ急性腹膜炎を起こし緊急手術になる場合もあります。 必ず病院にかかるようにしてください。 最近では初期の虫垂炎であれば手術せずに薬で治すこともできるようになっています。 腎結石・尿管結石 腎結石や尿管結石の初期の段階では背中が痛くなります。 腎臓というと内臓なのでお腹が痛くなるように勘違いしがちですが、 腎臓はお腹の中でも奥の方にあるので背中の方に強い痛みが発生します。 結石の場合には腎臓に石がとどまっている間は痛みが無いそうなのですが、尿管に移動すると尿管を傷つけ救急車を呼ぶくらいのかなり強い痛みが出ると言われています。 他には 血尿などの症状も見られるようです。 原因としては遺伝などの要因も大きいと言われていますが、 日頃からおしっこの量が少なかったり、腎臓に感染症を持っていたり、癌などの大きな病気のためにカルシウムの代謝バランスがくずれてしまったりと様々な原因があるようです。 放置しておくとそのまま石が流れ出る場合もよくあるのですが、なかにはますます大きくなってしまう場合などもあるので早めに病院にかかるのがよさそうです。 治療としては、排泄をうながす薬をのみながら自然と排出されるのを待ったり、手術で取ったり、内視鏡を入れて石を取ったりといった方法があります。 肝臓は痛みを感じない? 前述の通り右腹部の臓器といえば肝臓が有名ですが、 肝臓は沈黙の臓器とも呼ばれるように痛みを感じる神経が走っていないために痛みは感じないようです。 そのため、肝臓癌などの場合にも右腹部痛は感じず、黄疸や腹水などの別の症状で気づく場合が多く、肝炎などの場合も全身の倦怠感や発熱などのよくある症状しか出ないことも多いようです。 お医者さんなどは肝臓の様子を見るために肋骨の下の方に手をすべらすように入れる事で肝臓が腫れていないか、固くなっていないかを見るようですが、医療関係者以外は難しそうです。 お酒をたくさん飲む方などは、 痛みが無いから大丈夫と考えずに定期検診でしっかりチェックする必要があります。 いかがだったでしょうか? 右脇腹の痛みについて色々と説明させていただきましたが、内臓部に関わることですので、大事に至る可能性だって十分にあります。 どんな病気でも早期発見や早めの治療と言うのがとても大切です。 基本的にちょっとでも痛みや違和感を感じたら病院に一度行く事をおススメします。

次の

お酒の飲み過ぎで右脇腹が痛い原因

右 脇腹 痛い

ホーム 脇腹が痛い原因! 右側か左側?どちらが痛いのか? これらの脇腹の痛み?も人それぞれです(汗) 例えば・・・・ 右脇腹が痛い?左脇腹が痛い? など、痛みの度合いにも個人差があるものです。 そして、脇腹の位置は、ちょうど脇の下から、まっすぐ下へ、ちょうどおヘソの横あたりまでになります。 体を、ねじってしまうような動作に心あたりはありませんか?普段の何気ない動作でも、想定外な痛みにつながる事もあります。 もしかしたら、少し肋骨が弱っている?のかもしれません、このように何かの動作が原因で脇腹にも無理な力が加わり、急性的な痛みが出る場合もあります。 また、風邪をひいて咳が長引いた場合や、蓄膿症や花粉症などでクシャミが連発して出ている?ような状況になると、慢性的に脇腹に負担をかけてしまう事になります(汗) 当然のこと、このような状況が長引けば、知らず知らずのうちに肋骨を痛めてしまい、慢性的な脇腹の痛みに変わってしまいますので、たかが鼻水やクシャミと思わないで、早めの対処が大切になります。 また、スポーツなどをやられる方などは、普通の方よりも脇腹への負荷も多くかかる?事が予想されますので、筋肉痛もしくは肉離れになってしまったりするリスクも多くなるかもしれません。 それ以外にも、仕事がら、ずっと同じ姿勢での作業をして見える方、ずっと、しゃがみ込むような姿勢も、骨には負担です。 普段の当たり前のような生活の中で、気がつかないうちに、慢性的に肋骨を無理させている?のかもしれません。 私達の無意識の動作の中には、意外な落とし穴が結構ありそうです。 その結果、病院で詳しく検査したら、助骨にヒビが入っていた?なんてことも・・・ さらには、それだけにおさまらず、ポキッっと骨まで折れていた?・・・なんてシャレにならない事も、実際にはありますので、普段から注意する必要があります。 疲れたな?と感じたら、一度立ち上がったり、体勢を変えるなどの工夫をして見ると良いかもしれません。 心あたりがある?と言う方、このように負荷が原因で痛みが出る場合は、体を動かした時に痛い!と言う、とても分かりやすい特徴がありますのでご確認下さい。 しかし、特に心あたりがない?場合や、じっとしてても痛い?なんて場合は、内臓が弱り、何らかのシグナルを出してきている場合も、中にはありますので、ストレスから来る場合もありますが、一度血液検査や、画像診断を受けられると良いかもしれません。 脇腹は、下記のように内臓に近い部分にあります。 それゆえに、肝臓や、膵臓、胆のう、腎臓、脾臓、大腸など内臓から発するシグナルになりやすいのかもしれません。 比較的、患部に近い側の脇腹が痛む傾向があります。 脇腹の痛み以外に、他にも症状がないのか?等も重要です!病気を見つける上で、大切な判断材料になりそうです。 胆石症?胆のう炎 胆のうの位置は、見ての通り、脇腹の右側にあります。 右わき腹の痛みの原因として、疑われるものに、この胆石症がありますが、痛みなどの症状がなければ、健康診断などで偶然見つかるケースが多いようです。 小さな胆石でしたら、ビールが効きます。 ビールの成分に、胆石などの小さな石を流す効果がありますので、お好きな方は、ラッキーぃ!と思われるかもしれません(笑) でも、胆石があると言う事は、言わば胆石になりやすい体質なのかもしれません。 胆石によっては、何も悪さをしないで、ただソコにある!ってだけの、非常に大人しいものもありますが、それでも油断は禁物・・・もし胆石が見つかった場合、その大きさにもよりますが、しばらく様子を見ましょう!と言われるかもしれません。 しかし、もし自分に胆石が見つかったら、そのまま放置しないで、薬で散らすなどの対策を、事前にとると思います。 (理由は、後に・・・)まだ小さな胆石であれば薬で散らす事ができるからです。 ですので、胆石が見つかったのであれば、様子見ではなく薬で散らすに超した事はないと思うのです。 あと、胆石を除去する方法として、薬でダメな場合は、レーザーで胆石を砕く方法もあります。 なぜ、胆石は放置しない方が良いのか? たかが胆石?と甘くみると、実は、怖い!!と言うのを、身内が発症した病で知る事となったからです。 胆石くらいだと、病院に行っても、あまり深刻にはならず、適当に様子見的な流れがほとんどです。 自分の身は自分で守るしかない!事を、ある日、痛感しました。 胆石ができても、自然に流れて体外に排出される場合もありますが、移動する途中で胆管に詰まると、男性の方でも、のたうち回る程の、激しい痛みに襲われます。 実は、胆石の怖さは、それだけではありません!胆石をそのまま放置してしまう事で、隣接している臓器にもリスクも伴うからです。 それは、肝臓、胆のう、膵臓です。 この3つの臓器は、言わばチームのようなもので、まさに連携プレー的な臓器です。 このうち、どれか一つの機能が低下したとしたら、この連携プレーが上手くいかなくなるのです。 胆道ジスキネジー あとは、胆のうなどは、ストレスなどの影響も受けやすい臓器です。 ストレスや疲労が蓄積してしまうと、胆道ジスキネジーと言われる病気の発症につながる事もあります。 その場合、胆石症のように、右の脇腹や肋骨などに痛みを伴う事もあります。 ただ、この病は検査しても、胆石や腫瘍らしきものは、見つかるわけではありません。 他の症状としては、熱が出たり吐き気を伴う事があります。 右脇腹の痛み以外に、熱や吐き気があれば、一度この病気も視野に入れてみましょう。 ストレスに影響されやすいので、まずは、心の安定が大切です! 癌化のリスク? 一番初めに、悲鳴をあげた臓器以外に、これらの隣接する臓器の機能まで低下させる事があります。 例えば、そのまま放置された、胆石周辺の患部が、時間の経過と共に、分厚くなる?現象が起こる事があります。 それは、いずれ各臓器を癌化させる事につながります。 それは、胆のう癌や胆管癌のリスクだけでなく、膵臓にも影響し膵臓癌になるリスクまでも増す事になるからです。 私の母もそうだったのです。 胆石症でした。 今は、非常に残念な事に膵臓癌です。 い今は、あまり聞かなくなってきましたが、難病の肝内結石の方も御注意下さい。 胆石で、病院を受診しても、このようなリスクがある事までは教えて頂けませんでした。 後から分かったのは、胆のう癌や膵臓癌になった人は、同時に胆石も見つかるケースが非常に、多いのが現状なのです。 このようなリスクは、回避するに超した事はないと、こうなった今だから、なおの事思うのです。 肝臓からのシグナル? 肝臓の位置は、下記(図を参照)のように、右側にあります。 脇腹の痛み以外に、吐き気などの症状があったり、手足や顔、目の白目部分が黄色くなる事もあります。 このような黄疸の症状は、肝臓に異常がある時にもあらわれます。 また、黄疸に加え、ここのところ疲れやすいなどのダルさはありませんか?1日ぐっすり寝れば治るような疲労的なダルさと違い、肝臓からのシグナルの場合は、慢性的に疲れやすさや、全身の倦怠感も感じます。 盲腸? 盲腸の位置は、下記(図を参照)のように上行結腸下部の下側に、ちょろん?とついている小さな袋状の臓器です。 皆さんご存じの、虫垂炎を発症すると、みぞおちの痛みから始まり、しだいに右側の腹部、つまり盲腸のある位置に近づいてきます。 また、熱や吐き気も伴いやすくなります。 その痛みはどんどん移動しますので、右脇腹の痛みへとつながる可能性もあります。 また、処置が遅れてしまうと、激しい腹痛と共に腹膜炎を起こしてしまいます。 右脇腹の痛み意外に、他にも症状がないか?もご確認下さい。 上行結腸に出来た、大腸憩室症?上行結腸癌 上行結腸の位置は、下記(図を参照)のように、ちょうど大腸の右側を上行する部分になります。 この部分に炎症が起こると、右側の脇腹にも痛みを感じる可能性もあります。 上行結腸は、大腸憩室炎が比較的出来やすい場所でもあります。 右側の下腹痛と同時に、右脇腹の痛みにつながる可能性もあります。 あとは、上行結腸癌にも注意しましょう。 十二指腸潰瘍? 右側のみぞおち、あたりから、右の脇腹周辺にかけて痛みが伴う事があります。 右脇腹にしこり? 右の脇腹に、しこり?らしきものを感じませんか?疲れやすく、黄疸症状も出ていましたら、肝機能低下や、肝臓癌も疑われますので、今の現状を知る為にも、一度血液検査と画像診断をお勧めいたします。 肝機能の低下は、血液検査だけでも一目瞭然です。 左わき腹の痛みは、脾臓や下行結腸癌、S字結腸癌などの病気の疑いもあります 脾臓? 脾臓の位置は、下記(図を参照)のように、膵臓の左側、つまり左脇腹に近い位置にあります。 脾臓内への血液が低下したり、外部からの強い衝撃で。 脾臓内で出血してしまう事にあります。 あと、脾臓に何らかの炎症が起こり腫れたり、脾臓に腫瘍ができる事もあるようです。 左脇腹の痛みの原因は、まさに脾臓の痛み?の可能性もあります。 また、炎症による痛みは、脾臓だけでなく、背中にまで及ぶ傾向があります。 あと、これは異常ではありませんが、脾臓内の血流が急激に減少してしまうと、脾臓が一気に縮んでしまう事があります。 運動などで、走った時などに、急に横っ腹が痛くなる?アレ?です。 あれは、まさに脾臓から来る痛みなのだそうです。 この部分に炎症ができると、左側の脇腹にも痛みを感じる可能性もあります。 S字結腸の炎症? S字結腸の位置は、下記(図を参照)のように、ちょうど大腸の出口部分で、S字状のカーブ付近になります。 この部分に炎症ができると、左側の脇腹にも痛みを感じる可能性もあります。 このあたりの炎症は、左下腹部に痛みが出やすい傾向あります。 また、大腸憩室炎が比較的発生しやすい場所でもあるので、腹痛と同時に、左脇腹の痛みにつながる可能性もあります。 あとは、S字結腸癌にも注意しましょう。 帯状疱疹? これは、皮膚病なんですが、過去に水疱瘡を発症した方にだけ、起こります。 特に、免疫力が低下した時に発症しやすく、まだ症状が軽いうちは、良いのですが、日を追う事に悪化する傾向にあります。 一度、悪化してしまうと、痒みやピリピリ感が増し、かなり苦痛な状況になります。 帯状疱疹の特徴としては、片方だけ症状が出る傾向にあります。 例えば、右脇腹もしくは、左脇腹だけ痛いと言う感じです。 症状には、個人差がありますが、湿疹がでる事が多いので、一度全身の状態をご確認下さい。 何か異常が見つかりましたら、すぐ皮膚科でご相談下さい。 飲み薬と、塗り薬が処方されます。 その場合、 痛みには波がある?場合が多いです。 緊急性がある場合は、浣腸をしお腹をスッキリさせる事で治まります。 ウンチが硬くならないよう、できれば、起きぬけから、マメに水分補給をしていきましょう。 あと、便秘がちな方は、大腸癌のリスクも高くなります。 とても抵抗があるかもしれませんが、2年に1回くらいは、大腸の内視鏡検査で、大腸癌を予防しましょう。 静脈からの麻酔を使った、大腸内視鏡検査でしたら、痛みもなく、寝て起きたら、すべてが終わっています。 ただ、すべての病院で受けられる訳ではないので、受けられる病院を、御自分で探す必要があります。 あと、通常よりお値段は、静脈からの麻酔分だけ、上乗せされるので、少しだけお高くなります。 検査で痛いのが苦手な方や、不安で仕方ない方には、麻酔で苦痛が軽減される分、かなり検査も楽に感じました。 検査前に、下剤を含む液体?を2リットル飲まなくてはいけないなど、検査に伴う、事前処置は、麻酔が有り無し、に関わらず必要になります(汗) 癌は、後悔しないためにも、早期発見が第一ですので、この機にご検討してみては、いかがでしょうか? 腎盂腎炎、尿路結石? 腎臓の位置は、下記(図を参照)のように、胃下部の両側にあります。 例えば、腎臓から、膀胱までをつなぐ道の途中で、結石がつまってしまう事があります。 すると、結石のある方の脇腹に痛みが出てくる事になります。 これが尿路結石です。 腎盂腎炎は、膀胱の炎症から始まり、膀胱の細菌が逆流し、腎臓にまで達してしまうと、腎臓にも炎症が生じてしまいます。 膀胱炎の症状なしに、腎盂炎に悪化する場合もあります。 よって炎症のある側の脇腹に痛みが出やすくなり、同時に背中に痛みを感じる事も多いようです。 炎症が起こるのは、片側だけの場合が多いようですが、中には両側で炎症が起こる場合もあるようです。 熱が出たり、吐き気やおう吐には注意して下さい。 膵臓? 膵臓の位置は、下記(図を参照)のように、中央から、やや左よりに、横たわったような形をしてします。 そして、ちょうど胃の裏側にあり、背中に近いので、膵臓に炎症が起こると、背中の痛みや、右、左、もしくは両側の脇腹の痛みが出る可能性もあります。 膵臓は、左から膵頭、膵体、膵尾(下記の図を参照)となっています。 これらの、どの場所で炎症が起きているのか?で痛む部位も変わってくるかと思います。 胃の裏側なので、胃痛だと思っていたら、実は膵臓の疾患だった?なんて事もあります。 胃の検査で異常がないのに、胃痛あるなら、一度画像検査などで、膵臓にも異常がないか?確認されると良いかと思います。 肋間神経痛? これは、一瞬、胸がキューゥと痛くなるので、心臓や肺などの、何か嫌~な病気?なのでは?と私も思ってしまう事もあるかもしれません。 ちょっと心臓に悪そうな痛みです。 きっと、だれでも経験があるのではないでしょうか?これは、子供にもありますからね・・心配になるのは無理ありません(汗) 胸部には、誰でも左右に肋骨があります。 これは、心臓や肺などの大切な臓器を守る、言わばヨロイ?のような装備に近いもの?とでも言いましょうか?。 胸に襲ってくる、この不快な痛みは、この肋骨に走っている神経から来るものなのです。 何の前ぶれもなく、急に来る場合や、何かの拍子に、キューンと締め付けられたような痛みがきます。 しかし、少し、じっとしていると治まります。 しかし、個人差もあるのか、まれに、繰り返し痛んだり、この痛みが長引く方、また、肋間神経痛により、脇腹に痛みを感じる方もいるようです。 リンパ腺が腫れている? もしかして、リンパ腺に腫れ?や痛みはありませんか?この場合、リンパ腺の腫れが原因となり、腫れている方の、脇腹が痛くなる!事もあります。 御自分で、さわってみて、痛くないか?、一度ご確認下さい。 スポンサードリンク 関連記事.

次の

わき腹が痛い!内臓疾患?神経?ケガ?わき腹の痛みの原因について

右 脇腹 痛い

腹痛は数ある自覚症状の中で最も頻繁に現れるもののひとつで、お腹の右下だけに痛みを感じることもよくあります。 初めはみぞおち辺りが痛いなと感じて、次第にお腹の右下に強い痛みが出てきた• 悪いものを食べたわけではないのにお腹の右下に痛みが出て下痢もある• 突然お腹の右下が痛くなって便に血が混じるようになった お腹の右下に痛みがあるといっても、具体的な症状や経過は人によってさまざまです。 どのような原因によって痛みが起こるのでしょうか。 病気が原因で起こる右下の腹痛 右下腹痛が現れるのは、胃や腸などの消化器の病気が原因になっていることが多く、ほかにも婦人科や泌尿器の病気が影響している可能性もあります。 胃や腸などの消化器の病気による右下の腹痛 胃や腸などの消化器の病気としては、、便秘、、などが挙げられます。 虫垂炎 ちゅうすいえん とは、大腸の一部である盲腸の虫垂が炎症を起こす状態のことで、一般的に「盲腸」と呼ばれている病気です。 最も顕著な症状が右下腹痛で、初めはみぞおちあたりに痛みを感じ、徐々にお腹の右下に痛みが現れるのが典型的です。 また、痛み以外に吐き気やなどの症状が現れる場合もあります。 便秘 便秘とは、排便が順調に行われない状態のことを指し、便がでない場合だけでなく、便の量が少ない、水分の少ない硬い便が出るなども含まれます。 お腹の左下にある大腸の一部のS字結腸に便が滞りやすいことから、左下腹痛が現れることが多いのですが、右下腹痛が生じることもあります。 原因によって異なりますが、腹痛のほかに腹部膨満感や食欲低下、吐き気・嘔吐などの症状が伴う場合もあります。 腸炎 とは、細菌やウイルスによる感染、、薬などが原因となって腸が炎症を起こす病気です。 炎症が起きる部位によっては右下腹痛が現れます。 腹痛のほかに下痢が現れることも多く、原因によっては発熱や吐き気・嘔吐、などの症状が伴うこともあります。 憩室炎 憩室 けいしつ とは、消化管の壁の一部が内側から外側にせり出した袋状のもので、細菌感染によって憩室に炎症を起こす病気のことをといいます。 憩室は大腸にできることが多く、お腹の右側または右下に位置する大腸の上行結腸や盲腸などで憩室ができて炎症した場合には右下腹痛が生じます。 また、発熱することもあり、憩室で出血が起きた場合にはがみられる場合もあります。 炎症性腸疾患 やなど、大腸や小腸に慢性の炎症または潰瘍を起こる病気を総称して炎症性腸疾患といいます。 主な症状には、腹痛、下痢、時にはを伴う下痢などがあります。 いずれもお腹の右下に位置する大腸・小腸の部位に発症すると、お腹の右下に痛みが現れます。 ほかにも発熱や体重減少、などの症状が伴うこともあります。 その他の病気による右下の腹痛 胃や腸以外のものとしては、以下のような病気も考えられます。 婦人科の病気 右下の腹痛が起こる婦人科の病気には、卵巣に腫瘍ができる、卵巣が周囲の血管や組織を巻き込むように捻じれる らんそうけいねんてん 、子宮内膜以外の場所に着床するなどがあります。 卵巣は子宮の左右に一つずつありますが、このうちの右の卵巣に異常が生じた場合に右下腹痛がみられるようになり、では激しい痛みが生じます。 また、でも右下腹痛が起こることがあります。 いずれも早期の治療が必要な事が多いため、女性の激しい腹痛には注意しましょう。 尿路結石 とは、腎臓・尿管・膀胱・尿道など尿の通り道である尿路に結石ができる病気です。 尿路に留まる結石が尿路を下っていく時に引っかかると激しい痛みを感じ、その痛みの程度は数ある病気の中でも最大級といわれています。 主にお腹の右下に位置する尿路の部位に結石ができた時に右下腹痛が現れますが、吐き気や血尿といった症状が伴う場合もあります。 腹部の腫瘍 腫瘍とは、異常に増殖した細胞のかたまりのことで、臓器・組織・骨など体のさまざまな部位に発生します。 このうちの消化管や内性器(子宮や卵巣など)、泌尿器に発生した場合などに右下腹痛が生じることがあります。 しかし、初期にはお腹の右下に違和感を覚える程度だったり無症状であったりする場合も多いといわれています。 受診の目安とポイント 一過性の便秘によって右下の腹痛が生じることも多いですが、他の病気が原因になっていることも考えられます。 激しい痛みやなどがみられる場合には急ぎ受診する事はもちろん、軽い痛みでも長く続いている場合や痛みのほかに下痢など他の症状が現れている場合には受診しておきましょう。 原因によって専門の診療科は異なりますが、まずは頻度の高い胃腸の原因を考え消化器内科への受診、もしくは近くの内科やかかりつけの医療機関などへの受診がよいでしょう。 診察時には、どのような痛みなのか(ズキズキ・チクチク・鈍い痛みなど)、どのように痛みが現れたのか、痛みはいつから続いているのか、他にどのような症状があるのかなどを医師に出来るだけ詳しく伝えましょう。

次の